ahamoから楽天モバイルへの乗り換え手順とは?メリット・デメリットも解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

今回は、ahamoから楽天モバイルの乗り換え手順について紹介します。乗り換えのメリット・デメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合ったプランを選ぶことが、携帯電話料金節約のカギです。ドコモが提供するahamoは大容量データ通信をリーズナブルに利用できますが、楽天モバイルの方が安くなる可能性があります。

そのため、ahamoから楽天モバイルへの乗り換えを検討する人もいるでしょう。乗り換える際に必要なものや方法を押さえておくと、スムーズに料金の見直しができます。

乗り換え時の注意点やメリット・デメリットにも触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。
ahamoから楽天モバイルに
乗り換える4つのメリット

楽天モバイル 速度

❶ 料金が安くなる

楽天モバイル3GB:1,078円
20GB:2,178円
無制限:3,278円

ahamo

20GB:2,970円
100GB:4,950円

❷ 端末キャンペーンがある
→乗り換え時に端末購入で
楽天ポイントを
最大32,000円相当お得

❸ 最新iPhoneを安く買える
→iPhone 15が58,392

❹アプリ利用で国内通話0円
→通話アプリ『Rakuten Link』利用で
国内通話何分でも0円

🌟他社から乗り換えで6,000ポイント還元🌟

データ無制限プランがある
楽天モバイルを
チェックする
運営情報
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるために必要なもの

ahamoから楽天モバイルに乗り換える時に必要なものは大きく分けて下記の2つです。

ahamoから楽天モバイルに必要なもの

なお、他社への乗り換え時に必要だったMNP予約番号の発行は、2023年5月24日から施行された「MNPワンストップ」により手続き不要に。他社への乗り換えがしやすくなりました。

MNP 乗り換え

本人確認書類

楽天モバイルへの申込・契約では、手続きの際に本人確認書類を提出する必要があります。Webの申し込みは必要書類を用意し、スマートフォンなどで撮影、アップロードするだけと簡単です。

楽天モバイルが指定する本人確認書類には、運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード(個人番号カード)などがあります。

 健康保険証やパスポートを本人確認書類として提出する場合は、補助書類が必要です。補助書類には、公共料金の領収書・住民票・届出避難場所証明書があります。

これらの補助書類は、発行から3ヶ月以内のものであり、氏名と住所が申込内容と一致している必要があります。

記載の氏名が楽天モバイルの契約者本人ではない場合は利用できないため、公共料金の領収書を使用する場合は注意してください。

申込時に必要にな本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 身体障がい者手帳(補助書類必要)
  • 健康保険証(補助書類必要)
  • 日本国パスポート(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(補助書類必要)
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

支払い情報

楽天モバイルの月額利用料金の支払い方法は、クレジットカード(デビットカード)・口座振替・楽天ポイント利用の3種類あります。

 楽天ポイントを利用する場合は、クレジットカード・デビットカードの支払い設定時にのみ利用可能です。

クレジットカード・デビットカードで支払いする場合はカード情報を、口座振替を選ぶ場合は口座情報を用意しましょう。

口座振替を選択した場合、毎月の引き落とし時に手数料110円(税込)が発生するため注意してください。

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える手順

docomoのサブブランドであるahamoから、楽天モバイルへ乗り換えるおおまかな手順は以下の通りです。

それぞれを詳しく解説していきます。

1.楽天モバイルで使用する端末を決定する

楽天モバイルを契約する際に使用する端末を決めましょう。既に使っている端末を継続して利用する場合は、SIMカードのみを購入します。

楽天モバイルに乗り換えるタイミングで端末を買い替える場合は、楽天モバイルで購入すると良いでしょう。

楽天モバイルのお得な端末キャンペーン
iPhoneトク得乗り換え!
  iPhone購入時に最大12,000ポイント還元
iPhone SE(第3世代)64GB
  最大32,000円相当お得
スマホトク得乗り換え!
  対象Android購入で最大12,000ポイント還元
  ※適用時に条件あり
乗り換えで最大32,000円相当お得
楽天モバイルに
お得に乗り換え

SIMカードのみを購入する場合、現在使用している端末が楽天モバイルに対応しているかを確認します。
 楽天モバイルの公式サイトでは動作確認済み端末が公開されており、端末によっては一部の機能が制限されていることがあります。

また、2021年10月よりも前に発売された端末は、SIMロックを解除しなければ、SIMカードが使えない場合もあるため注意しましょう。

ドコモの場合、SIMロック解除はWeb・電話・店舗で手続きできます。

機種によっては、電話・店舗で手続きすると3,300円(税込)の事務手数料がかかるため、WebからMy docomoにアクセスし自分で解除すると良いでしょう。
SIMロック解除の受付条件(いずれかを満たす必要がある)
  • 購入後100日経過している
  • 分割払いの場合は分割料金の支払いが完了している
  • ドコモの携帯電話料金の支払いをクレジットカードに設定している
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

2.楽天モバイルで申し込む

楽天モバイルで購入する端末や利用するプランが決定した後は、契約・申し込みの手続きをします。以前までは申し込み時にも事務手数料がかかっていましたが、現在は無料です。

楽天モバイルに申し込む際、Webであれば24時間いつでも対応していますが、店舗の場合はショップの営業時間のみ手続きできます。

 暮らす地域によっては近くにショップがない場合もあり、来店時には事前予約が必要なため、場所や時間に縛られない公式サイトがおすすめです。

公式サイトで申し込む場合、プランやSIMのタイプなどを選択した後、ログイン画面に移ります。

既に楽天会員であれば、ログインすることで既存の楽天IDと紐づけられます。楽天会員でない場合は、申し込み時に新しく登録しましょう。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

3.開通手続きを行う

申し込み後は、契約者本人確認完了の際に登録したメールアドレスに完了メールが届きます。本人確認後に申し込みをしたSIMカードが指定の住所に届くため受け取りましょう。

ahamoから楽天モバイルに乗り換える場合は、SIMカードが届いた後にMNP開通の手続きを行う必要があります。

開通手続きには、楽天モバイルで利用する端末とSIMカードの2つが必要です。この手続きが完了することで回線が切り替わり、以前の回線は使えなくなります。

 まずは、スマートフォンやパソコンなどでMy楽天モバイルにアクセス・ログインしてください。その後、該当の申込番号を選択し「転入を開始する」に進みます。

注意事項を確認した上で「MNP転入を開始する」を選択すると手続きが始まり、もともと利用していたスマートフォンが通話不可になると完了です。

MNP開通手続きは、受付時間によって完了する時間が異なるため注意してください。9時から21時までに手続きをすると当日中に完了します。

21時1分から翌8時59分までに手続きすると翌9時以降に完了するため、できるだけ早く楽天モバイルの回線を使いたい人は、手続きの時間を意識しましょう。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

4.APN設定を行う

ahamoから楽天モバイルへ回線を切り替えた後、MNP開通手続きだけでなく端末側でも新しい回線の設定である「APN設定」を行う必要があります。

APNとは「Access Point Name」の略であり、新しいSIMカードを使う場合はアクセスポイントの設定が必要です。

 APN設定の方法はiPhoneやAndroid端末など、種類によって異なる点も注意してください。

iPhoneで新しい楽天モバイルのSIMカードを使う場合、設定メニューのモバイル通信を選択し現在の設定をリセットします。

その後、構成プロファイルをダウンロードすることで完了します。Android端末の場合は、設定画面のモバイルネットワークの設定から、アクセスポイントを設定してください。

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるメリット

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるメリットは以下の6つです。

データ量やサポート、機種変更の観点から見てもメリットが多い楽天モバイル。一度検討してみてもいいかもしれません。

使用したデータ容量分の料金しか発生しない

楽天モバイルは使用したデータ容量の分の料金しか発生しないため、消費量が少ない人でも利用しやすいでしょう。

 

ドコモのahamoも基本的なプランは1つしかありませんが、20GBで2,970円(税込)と大容量のプランしかありません。

3GBまでしか利用しない人にとっては楽天モバイルの方がお得です。普段は多くのデータを利用する人でも、使用量が少ない月があれば無駄な支払いがありません。

さらに、20GBまでの料金も楽天モバイルの方が安く無制限にも対応しているため、データを多く使用する人にとってもメリットがあります。

楽天モバイルの店舗が全国にある

楽天モバイルは全国に店舗があるため、オンラインだけでなく実際に足を運び手続きや相談が可能です。

 それに対して、ahamoはオンラインでしか対応していないため、全国にあるドコモショップでは手続き・契約ができません。

切り替えの手続きなどに不安がある場合でも店舗での対応は不可となるため注意が必要です。楽天モバイルであれば、近隣の店舗を利用することにより安心して手続きできるでしょう。

楽天モバイルのショップは店舗によって営業時間が異なり、来店する際には事前予約が必要です。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

楽天ポイントを貯める・使用できる

楽天モバイルに契約すると、毎月の支払い料金100円(税抜)につき、楽天ポイントが1ポイント貯まります。

普段から楽天市場や楽天トラベル、楽天カードなど楽天関連のサービスをよく利用し、ポイントを貯めている人であれば、より効率良くポイントを貯められるでしょう。

 さらに、楽天モバイルのプランである「Rakuten最強プラン」では、楽天ポイントの倍率が上がる特典もあります。

例えば、楽天市場での買い物でのポイント獲得が大幅にアップし最大16倍も貯まります。

貯まったポイントは楽天モバイルの月額料金に充当できるため、普段からポイントを貯めることでより料金を抑えられるでしょう。

キャンペーン・セールでお得に乗り換えることができる

楽天モバイルではキャンペーンやセールなどを定期的に実施しており、タイミングによってはお得に乗り換えることができます。

例えば、現在では5G通信に対応している端末であるRakuten Hand 5Gを、条件を満たすことで端末料金を実質1円で購入できます※1。(終了時期未定)

他にも、対象のAndroid端末は最大で16,000円分の値引きが適用され、3,000円相当のポイントが還元されるキャンペーンも実施しているためお得です※2。(終了時期未定)

 楽天モバイルへ乗り換える際に、既に利用している端末が古くなっており買い替えを検討している場合は、このようなキャンペーン・セールを利用すると良いでしょう。

ただし、キャンペーンの内容によっては適用条件が細かく設定されていたり、有効期限が短かったりするため注意してください。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

取り扱い端末が多い

楽天モバイルは取り扱っている端末の種類が多い点もメリットです。ドコモのahamoでも端末は購入できるものの、種類は少ないため選択肢は狭くなります。

 その点、楽天モバイルはiPhoneの最新モデルやAndroidのスマートフォンなどを幅広く扱っています。自分が欲しい機能・性能を持つ端末を選びやすいです。

例えば、最新モデルのiPhone14シリーズも扱っており、Plus・Pro・Pro Maxも選べます。さらに、楽天モバイルのみが扱っているオリジナルのスマートフォンも購入可能です。

他にも、楽天モバイルではApple WatchやWi-Fiルーターなども扱っているため、便利に利用できるデバイスを用意できることから通信環境を整えられます。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

専用の通話アプリで国内通話がかけ放題

楽天モバイルでは契約者なら誰でも使える通話アプリ「Rakuten Link」があります。

 標準通話アプリなら国内通話が22円/30秒かかるところが、「Rakuten Link」なら何時間でも0円でかけられますよ。

さらに「Rakuten Link」同士なら国際通話も0円。国内通話の数倍高い国際通話も0円になるなんて、使わない手はないですね!

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるデメリット

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるデメリットは以下の4つです。

大きなデメリットにはなりませんが、気になる方はもう一度考え直した方がいいかもしれません。

ドコモ関連の割引が適用されない

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えることで、ドコモ関連の割引が適用されなくなります。

 ファミリー割に申し込むことによりahamo回線からの発信は対象外になるものの、ファミリー割のグループ回線からahamoへの発信については無料です。

ただし、楽天モバイルは専用アプリを利用することで通話料が無料になり基本料金を抑えやすいため、デメリットにはならないでしょう。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

5G通信の対応エリアはahamoの方が広い

楽天モバイルでは5G通信に対応しているため、同じ料金プランで高速通信を利用できます。例えば、人口が多い都市部では5G通信の利用が可能です。

しかし、楽天モバイルの5Gエリアはまだ狭く、ahamoのドコモの回線の方が5Gの対応エリアは広くなっています。

 楽天回線の5G通信エリアは現在進行形で拡大しており、将来的には今よりも広い範囲で利用できることが期待されています。

楽天モバイルの公式サイトでは5G拡大予定エリアを公開しているため、5G通信を利用したい人は対応エリアだけではなく拡大予定エリアもチェックしておいてください。

将来的には現在よりも幅広い範囲で5G通信を利用できますが、日本全国どこでも利用できるまでにはまだ時間がかかりそうです。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

dポイントは貯まらない

ahamoは月額料金1,000円(税抜)ごとにdポイントが最大10%還元されます。かなり高い還元率でポイントが貯められるので、美味しいポイ活として魅力を感じている人もいるのではないでしょうか。

 楽天モバイルで貯まるポイントは楽天ポイントのため、乗り換えるとdポイントが還元されることはまずないでしょう。

毎月の支払い時にポイント還元はありますが還元%は1%。ahamoに比べるとあまり美味しい内容ではないですね。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

海外で使いづらくなる

ahamoも楽天モバイルも国際ローミングが使える格安SIMではありますが、エリアや内容に差異があります。

 ahamoが91カ国でデータ通信できるのに対し、楽天モバイルは71カ国と、20カ国ほど使える国が少なくなります。

また、データ使用量もahamoは20GBまで無料で使えますが、楽天モバイルは2GBまでで、海外利用が多い人にとってはかなりの懸念点といえるでしょう。

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるベストなタイミングは?

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるベストなタイミングは以下の3点です。

ahamoから楽天モバイルへ乗り換えるベストなタイミング
  • 料金を見直したいとき
  • ahamoの端末支払いを終えたとき
  • 機種変更をしたいとき
  • 月末

ahamoで端末を購入して分割支払いしている方は、楽天モバイルに乗り換えても端末代金は支払い続けなければならないため両社から請求が来ることになります。

 請求元が2件あるのがややこしいと感じる方はahamoの端末支払いを終えてからの方がいいでしょう。

また、楽天モバイルでは乗り換え時のみ適用できる端末キャンペーンも実施中。機種変更を検討中の方はプラン契約と同時に機種購入すると賢い買い物ができるでしょう。

ahamoは解約月の月額料金が日割りされないので、解約する日にちにも気をつけたいところです。なるべく月末ギリギリに解約をすることでコストを最小限に抑えられますよ。

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える際の注意点

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える際の注意点は以下の3つです。

ahamoの月額料金と端末料金を考えて、乗り換えのタイミングを決めるのがベターといえます。

乗り換え時の月額料金は日割り計算されない

ahamoの料金プランでは月末締めの翌月払いであり、月の途中で解約したとしても料金は日割り計算されません。

ahamoの通常の料金プランでは20GBのデータ通信容量で基本料金は2,970円(税込)です。例えば、その月の1日あるいは25日に解約しても、料金は2,970円(税込)で変わりません。

楽天モバイルの契約月の料金も日割り計算されませんが、料金は利用したデータ使用量によって変わります。

 そのため、大容量が使えるahamoのデータ通信容量を多く使用した月末辺りで乗り換えると良いでしょう。

仮に、ahamoから楽天モバイルへその月の1日に切り替えた場合、ahamoの料金である2,970円(税込)と、楽天モバイルの約1ヶ月分のデータ通信容量分の料金が発生します。

楽天モバイルで15GBまで利用すると2,178円(税込)になるため、合計5,148円(税込)がかかります。

そこで月末辺りに乗り換えて楽天モバイルのデータ通信容量を3GBまでに抑えると1,078円(税込)に。ahamoの1ヶ月分の料金を加えると合計4,048円(税込)になるためお得です。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

プランを選ぶことができない

楽天モバイルのデメリットは、料金プランが1つしかない点です。他の携帯電話会社の場合、料金プランが複数用意されていることが多く、自分に最適なものを選びやすいです。

しかし、楽天モバイルは1つしかプランがなく、実際に使用したデータ通信容量に合わせて料金が決まります。自分に合ったプランを選びたいと考えている人にはデメリットに感じかねません。

 一方で、ahamoの料金プランも1つしかなく20GBで2,970円(税込)です。これに大盛りのオプションを加えることで、100GBで4,950円(税込)になります。

そのため、ahamoから楽天モバイルに乗り換えることで、データ通信容量をあまり消費しなかった月に関しては料金を安く抑えられるでしょう。

実際に20GBまでの料金で比較すると、楽天モバイルの方がahamoよりも安くなります。また、20GBを超える容量を使用した場合でも楽天モバイルの方がお得です。

乗り換え後も端末の分割費用は支払いが必要

今までの端末を使い、新しいSIMカードのみを購入してahamoから楽天モバイルに乗り換えるとき、端末の分割費用が残っている場合は乗り換え後も支払う必要があります。

特に新しいスマートフォンの契約内容によっては、契約期間の縛りを設けることにより端末料金の分割払いを割引で相殺するものがあります。

 このようなケースでは途中で乗り換えることにより割引の適用がなくなるため、分割払いの残債を支払わなければなりません。

そのため、楽天モバイルの料金に加え端末の料金も支払う必要が出てくることから、乗り換え前よりも月々の携帯電話料金の合計が増えるケースがあります。

分割払いの残債が残り少ないときは一括払いへの変更が可能なため、乗り換えと同時に支払いを完了させましょう。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

楽天モバイルの基本情報

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 楽天&au回線でデータ無制限で月額3,278円(税込)
  • 独自で通信回線を保有するMNO事業者であり料金が安い
  • 消費するデータ通信量に応じて段階的に料金が変化するため無駄がない
  • 使用するデータ容量は無制限にも対応しており、国内通話も無料

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクと並び、国内で独自の回線を提供している通信サービスです。

自社の回線を保有するMNO(Mobile Network Operator)でありながら、3大キャリアと比較すると基本料金が低い点が魅力。

 「Rakuten最強プラン」という1つのプランのみを提供しており、データの通信容量に応じて、その段階に沿った料金が適用されます。

そのため、データ使用量が少ない月3GB以下であれば1,078円(税込)、データ使用量が多く20GBを超える場合は3,278円(税込)です。

なお、20GB以降はデータ無制限利用できます。3,278円(税込)以降は料金が高くなることはありません。

他にも、Rakuten Linkアプリを使うことで、国内通話が無料になる点も大きな魅力です。

データ通信量や通話量が多い人にも適しているプランといえるでしょう。
月額料金(税込)0GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
(楽天&au回線エリアで無制限)
通話料金(税込)30秒あたり22円
※Rakuten Linkアプリを使用することで、国内通話は無料
通信回線楽天回線、パートナー回線(au回線)
支払い方法クレジットカード・デビットカード・口座振替

最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

ahamoから楽天モバイルへの乗り換え時に違約金はかかる?

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える際、違約金はかかりません。

ahamoには契約期間の縛りがないため解約しても違約金はかからず、MNP転出における手数料もありません。さらに、楽天モバイルに乗り換える際の契約事務手数料や転入費用も発生しません。

 ただし、ahamoで利用していたスマートフォンを継続して使うとき、端末の分割料金の残債がある場合は継続して発生するため注意してください。

つまり、スマートフォン本体の費用が支払い済みである場合であれば、回線を切り替えるだけであるため料金は発生しません。

ahamoから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめの人

毎月の通信データ容量が変わる人

毎月の通信データの容量の変動が激しい人は、ahamoから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめです。

 楽天モバイルでは使用したデータ容量に応じて料金が変わります。データ容量に変動がある人はその月の使用量に適した料金しか発生しません。

例えば、テレワークなどで普段から自宅で過ごし、家のWi-Fi環境下にいることが多く、3GBまでしか使わなかった月は1,078円(税込)になります。

外出先でもスマートフォンでインターネットを利用した場合でも、20GBまでであれば2,178円(税込)でありahamoの料金よりも安いです。

毎月のデータ通信量が20GB以内である人はお得になるだけでなく、月によって変動がある場合はさらに安くなります。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

楽天エリア圏内で毎月20GB以上の通信を行う人

楽天モバイルでは、20GBを超える場合の月額料金は3,278円(税込)であり、100GBや200GBを使ったとしても料金は変わりません。

データ通信容量は無制限であるため、普段から通信容量が多い人でもお得に利用できるでしょう。

 外出先などでパソコンやゲーム機を利用する場合は、楽天モバイルと契約しているスマートフォンのテザリングを利用すると屋外でもインターネットを使えます。

楽天モバイルのテザリングは申し込みする必要がなく、オプション費用もかかりません。そのため、ポケットWi-Fiなどを利用している場合は、その分の通信料を削減できます。

ただしこれらは楽天回線のエリアに限定されるため、契約する前に対象エリアかどうか確認しましょう。

毎月の通話時間が長い人

毎月の通話時間が長い人も、楽天モバイルへの切り替えがおすすめです。ahamoでも5分以内の国内通話は無料になりますが、5分以上通話する人は楽天モバイルの方がお得です。

楽天モバイルにはRakuten Linkというアプリがあり、このアプリを利用することによって国内通話がかけ放題になり通話料は発生しません。

 使用する電話番号はそのままであり、相手のキャリアやスマートフォン、固定電話に関係なく利用できます。

また、アプリを利用して通話しますがデータ利用料のカウントはされないため通信量を気にする必要がありません。

さらに、楽天回線以外にて低速モードになっている場合でも通話可能です。ストレスなく通話への意識を持っていける点も、楽天モバイルにてアプリ通話が利用できる魅力と言えます。

Rakuten Link同士であれば、メッセージや写真・動画などのファイルの送受信もでき、最大100人のグループを作成し、やり取りを楽しめます。

通話やメッセージの他にも、楽天ペイアプリやスマホ決済など楽天関連のサービスを便利に利用できます。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える際のよくある質問

ahamoから楽天モバイルに乗り換えるタイミングは?
ahamoは月の途中で解約しても日割計算が行われないため、満額請求されます。データ容量をしっかり使い切った月末に乗り換えるのがおすすめのタイミングです。
海外で使うならahamoと楽天モバイルどっちがいい?
ahamoの方がおすすめです。ahamoは91カ国で20GBまで無料で使えるのに対し、楽天モバイルは71カ国で2GBまでしか無料になりません。数日間の旅行なら問題ないですが、長期滞在となると追加でデータ購入するか別途でポケット型WiFiを借りる手間が生じます。
ahamoから楽天モバイルに乗り換える人はどんな人がおすすめ?
毎月データを3GB程度しか使わない人は、乗り換えた方が快適といえます。

ahamoは20GBのワンプランしかなく、少ししかデータを使わなくても同額請求されます。楽天モバイルに乗り換えれば3GB以下は1,078円(税込)しかかかりません。

また、20GB以上使いたい人は4,950円(税込)で100GBのahamo大盛りプランが使えますが、楽天モバイルは3,278円(税込)で無制限が使えるためグッとお得になります。

ahamoから楽天モバイルに乗り換えて解約金は発生する?
発生しません。ahamoは契約縛りがないため、いつ解約しても無料で解約することができます。また、楽天モバイル契約時も事務手数料は発生しないので、初期コストは端末代金のみとなります(契約と同時に機種変更する場合)。

まとめ

この記事では、ahamoから楽天モバイルの乗り換え手順について紹介しました。ahamoから楽天モバイルに乗り換えることにより、毎月の料金を抑えられる可能性があります。

楽天モバイルは使用したデータ通信量によって料金が変わるため、使用量による料金の無駄が発生しません。そのため、その時々の使い方に見合った料金がかかるといったイメージです。

また、20GB使用した際の料金もahamoよりも安いです。さらに国内通話はかけ放題であり費用は発生しないため、通話時間が長い人にも適しているでしょう。

ahamoから楽天モバイルへ乗り換える際の手数料や違約金は発生せず安心です。毎月の料金を抑えたい人は乗り換え方法を押さえておきましょう。
最短5分で乗り換え可能!
楽天モバイル
公式サイトで詳しくみる
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事