デュアルSIM組み合わせ最強候補|楽天との組み合わせがおすすめ!

データ通信や通話を可能にするSIMカードは、スマホを使う際に必要なアイテムです。しかし、最近では1つの端末で2つのSIMカードを使う「デュアルSIM」が少しずつ普及しています。

デュアルSIMでスマホを運用することによって、複数の通信回線を1台で利用できるなどのメリットがあるため、どんな組み合わせが最強なのか知りたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デュアルSIMのおすすめの組み合わせについて紹介します。

料金プラン・キャンペーンも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最強な組み合わせのデュアルSIMを選ぶには?

デュアルSIMを利用するなら、お得に利用したい方が多いと思います。どんなSIMを組み合わせれば最強になるのか、解説していきます。

まず、格安SIMはデータ通信のみのプランがあります。その場合、通話機能はオプションとして追加できますが、通話オプションのために高いお金を払うのはなるべく避けたいですよね。

専用アプリで通話料が安くなる、通話プランがお得な格安SIMがあります。
 つまり、通話プランがお得なSIMと、自身にあったデータ容量のプランを選んだSIMを組み合わせて使うのが最強と言えるでしょう。

楽天モバイルなら国内通話かけ放題の「Rakuten link」アプリを利用すると国内どこへかけても通話料が無料です。

格安SIMのデータ通信プランに通話オプションをつけるよりも、デュアルSIMの一つを楽天モバイルにすることで通話にかかる料金を抑えられます。

楽天モバイルは1GBまで0円で利用できます。

デュアルSIMは「楽天モバイル」との組み合わせがおすすめ

楽天モバイル

デュアルSIMで利用する組み合わせを選ぶ際に、片方は楽天モバイルの利用がおすすめです。

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 1GBまで0円
  • 楽天回線エリア内ならデータ無制限
  • 専用アプリ使用で国内通話かけ放題
  • 20GB以降どれだけ使っても月3,278円(税込)
  • 大手キャリアの中で顧客満足度No.1
    ※2021年オリコン顧客満足度調査より

楽天モバイルは、お得な従量制の料金プランと国内通話かけ放題の「Rakuten Link」アプリが利用できるため、デュアルSIMとの相性が良いと言えるでしょう。

また、1ヶ月に1GB以上使用しなければ月額料金が0円になるので、月々のスマホ料金を節約することができます。

 楽天回線エリア内であれば、月額3,278円(税込)でデータ使い放題です。使い放題なので、もう1つのSIMカードのデータ消費を節約することもできるでしょう。

楽天回線が利用できるのは、楽天モバイルだけです。他社の回線とも組み合わせやすいですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルの概要

月額料金 1GBまで:0円※1
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
月間データ量 楽天回線内無制限※2
通信回線 楽天回線
パートナー回線(au)
国内通話料 Rakuten Linkアプリ:無料
OS標準:22円/30秒
主なキャンペーン
※終了日未定
・iPhone 13/iPhone 13 Pro購入で最大35,000円相当ポイント還元
・対象のAndroid購入で最大25,000円相当ポイント還元
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
※税込価格
※1:2回線目以降は1,078円(税込)
※2:パートナー回線は月間5GB超過後速度制限

出典:楽天モバイル

デュアルSIM組み合わせ最強候補3パターン

mineo×楽天モバイル

mineo

mineo×楽天モバイルのおすすめポイント
  • 音声通話対応SIMが月額1,298円(税込)〜
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアから選択可能
  • データ通信のみのプランで料金がお得に

mineoは、音声通話対応・データ通信のみの2つのSIMタイプから選べる格安SIMです。ドコモ・au・ソフトバンクの、3大キャリア回線全てに対応しています。

 音声通話対応プランは、月額料金が3ヶ月1,188円(税込)の割引を受けられるキャンペーンを実施しているため、よりお得に利用できるでしょう。

また「パケット放題 Plus」という、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題になるオプションがあります。

10GBと20GBのコースであれば、無料で利用することが可能。1GBと5GBの場合は、月額385円(税込)です。

データ専用プランは、20GBを1,928円(税込)で利用できるため、デュアルSIMとしても便利ですね。
mineo×モバライフ特別キャンペーン

当サイトからmineoに新規申し込みをすると、契約事務手数料が無料に。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年2月1日〜2022年5月31日

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

mineoの概要

月額料金 【音声通話+データ通信】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【データ通信のみ】
1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
月間データ量 1GB/5GB/10GB/20GB
通信回線 ドコモ
au
ソフトバンク
※3回線から選択
国内通話料 mineoでんわ:10円/30秒
OS標準:22円/30秒
通話オプション mineoでんわ10分かけ放題:935円/月
通話定額30:924円/月
通話定額60:1,848円/月
主なキャンペーン 音声通話+データ通信の月額料金が3ヶ月1,188円割引
※2022/5/31まで
1GB・5GBコースはパケット放題 Plusが最大2ヶ月無料 ※終了日未定
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

※税込価格
※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン。指定のリンクからの申込のみ特典が適用されます。
出典:mineo

OCNモバイルONE×楽天モバイル

OCNモバイル

OCNモバイルONE×楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ通信専用SIMカードでは10GBコースが1,628円/月
  • OCN光サービスとのセットで毎月220円割引!
  • ドコモの回線利用で安定した通信が可能

OCNモバイルONEでは音声対応SIMカード、SMS対応SIMカード、データ通信専用SIMカード、の3つのSIMから目的に合わせたSIMカードを選ぶことができます。

 データ通信専用SIMカードでは10GBコースが1,628円/月で利用できます。

音声対応SIMでは専用アプリなしで、国内通話料が通常22円/30秒のところ11円/30秒とお得になるプランもあります。

ドコモ回線なので楽天回線エリア外をカバーしてくれます。
docomo回線の通信品質No.1
OCNモバイルONE
iPhoneセットが1円〜

OCNモバイルONEの概要

月額料金 【音声通話+データ通信】
500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
【データ通信のみ】
3GB:858円
6G10GB:1,188円
10GB:1,628円
月間データ量 500MB/1GB/3GB/6GB/10GB
通信回線 ドコモ
国内通話料 OCNでんわ:11円/30秒
OS標準:22円/30秒
通話オプション OCNでんわ10分かけ放題:935円
OCNでんわトップ3かけ放題:935円
OCNでんわ完全かけ放題:1,430円
主なキャンペーン 4/26までスマホ最安1円SALE
docomo回線の通信品質No.1
OCNモバイルONE
iPhoneセットが1円〜

※税込価格
出典:OCNモバイルONE

IIJmio×楽天モバイル

IIJmio

IIJmio×楽天モバイルのおすすめポイント
  • 4つのSIMタイプから選択可能
  • eSIMのデータ専用プランあり!月間20GBが月額1,650円(税込)
  • 今なら12ヶ月1GB増量キャンペーン実施中

IIJmioは、SIMカードのタイプ・データ容量を自由に組み合わせられる通信サービスです。

 データ量は月間2GB〜20GBの5種類から選ぶことができ、増量キャンペーンも定期的に実施しています。

また、eSIMのデータ専用プランは、20GBのデータ容量を月額1,650円(税込)で利用できるため、1つのSIMカードはデータ通信だけ利用したいという人にも便利でしょう。

eSIMとデータプランは、ドコモ回線のみ対応しているので注意が必要ですね。
5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら

IIJmioの概要

2ギガプラン 4ギガプラン 8ギガプラン 15ギガプラン 20ギガプラン
音声 858円 1,078円 1,518円 1,848円 2,068円
SMS 825円 1,045円 1,485円 1,815円 2,035円
データ 748円 968円 1,408円 1,738円 1,958円
eSIM※1 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円
月間データ量 2GB/4GB/8GB/15GB/20GB
通信回線 ドコモ/au
国内通話料 標準OS:11円/30秒
通話オプション
※専用アプリ「みおふぉんダイアル」向け
通話定額5分+:500円/月
通話定額10分+:700円/月
かけ放題+:1,400円/月
主なキャンペーン
※2022/3/31まで
対象スマホを購入すると最大10,000円分プレゼント
初期費用半額&1年間1GB増量
5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら
※ 税込価格
※1 データ通信専用プラン

出典:IIJmio

y.u mobile×楽天モバイル

y.umobile

y.umobile×楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ通信のみプランが5GB/月額800円で利用できる!
  • 余ったギガは100ギガまで永久繰り越し可能
  • 20GB/月額3,950円!余ったギガはシェアできる!

y.umobileは、データ通信のみプランが5GB/月額800円で利用できます。ギガが足りなくなったときは1GB/330円、10GB/1,200円でデータチャージでき、もし余ってもギガは繰り越しできます。

 ギガは有効期限なしで、100ギガまで永久に繰り越し可能です!

データSIMのシェアU-NEXTプランでは、月額3,950円/20GBでU-NEXTが利用できます。このプランではギガの繰り越しだけでなく、ギガのシェアもできます。

ドコモ回線で安定した通信速度で利用できます。
5GBがたったの月1,070円!
y.u mobile
公式サイト

y.umobileの概要

SIM プラン 月額料金 データ容量
音声通話SIM シングル 1,070円 5GB
シングルU-NEXT 2,970円 10GB
シェアU-NEXT 4,170円 20GB
データSIM
(SMSなし)
シングル 800円 5GB
シェアU-NEXT 3,950円 20GB
月間データ量 5GB/10GB/20GB
通信回線 ドコモ
国内通話料 y.uでんわ:11円/30秒
OS標準:22円/30秒
通話オプション y.uでんわ10分かけ放題:550円
y.uでんわ無制限かけ放題:1,400円
主なキャンペーン
※終了日未定
毎月の保険料0円修理費は年間最大30,000円までカバー
5GBがたったの月1,070円!
y.u mobile
公式サイト

※ 税込価格
出典:y.umobile

povo2.0×楽天モバイル

povo2.0

povo2.0×楽天モバイルのおすすめポイント
  • 基本料0円でオプションを好きなタイミングで利用できる
  • 使う分だけ買えるからデュアルSIMにピッタリ
  • 330円(税込)で24時間データ使い放題

povo(ポヴォ)2.0は、KDDIが提供している格安SIMで、自分の利用状況に合わせて、データや通話オプションなどを購入できることが大きな特徴です。

 必要に応じてデータ・オプションなどを購入できるため、デュアルSIMにもピッタリでしょう。

また、330円(税込)で24時間データ使い放題になるトッピングも用意されているので、一時的にデータをたくさん使いたいときに利用してみてください。

もう1つのSIMカードに合わせて、使い方を変えることもできますね。

povo2.0の概要

料金 基本料:0円
データ使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
月間データ量 トッピングで自由にカスタマイズ
通信回線 au
国内通話料 22円/30秒
通話オプション 5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
主なキャンペーン
※終了日未定
新規加入で10日分データ使い放題
対象トッピングで合計30日分データ使い放題
※ 税込価格
出典:povo2.0

デュアルSIMとは?

デュアルSIMとは

SIMカード

デュアルSIMとは、1台のスマホで2種類のSIMカードを挿入して、スマホを利用することを意味します。

 通常の場合、1台のスマホには1種類のSIMカードしか挿入できませんが、端末によっては2種類のSIMカードを1台で利用することが可能です。

デュアルSIMを利用することで携帯電話番号を2つ持てることに加えて、複数の通信回線を1台で利用できるため、様々な用途で利用できる点がメリットと言えるでしょう。

最近では、デュアルSIM対応のスマホも増えているので、機種変更を検討している方も要チェックですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

デュアルSIMの仕組み

大手キャリアから格安SIMへの乗り換え手順

なぜ2種類のSIMを1台のスマホで利用することで、料金が抑えられるのでしょうか?デュアルSIMで月額料金が抑えられる仕組みを解説していきます。

各社通信会社の料金プランは大きく分けて、「音声通話+データ通信」「データ通信専用」「通話専用」の3つに分けられます。

大手キャリアのプランは、ネットも通話も利用できる「音声通話+データ通信」が一般的ですが、便利なプランなので値段は高くなっています。

 楽天モバイルなど格安SIMの、データ通信専用・通話専用プランでは、どちらかに用途を限定することでプラン料金が抑えられます。

価格が抑えられた「データ専用」と「通話専用」の2種類のSIMカードを組み合わせることで、月額料金を節約することが可能です

データ専用のプランでは、データ無制限でも月3,000円〜4,000円程度とお得な格安SIMもあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

デュアルSIMの種類は4種類ある

スマホを操作する人

デュアルSIMの種類
  • DSSS(Dual SIM Single Standby)
  • DSDS(Dual SIM Dual Standby)
  • DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)
  • DSDA(Dual SIM Dual Active)

一言にデュアルSIMといっても、特徴によって4種類に分けられるので注意が必要です。

ここでは、デュアルSIMの種類をそれぞれ解説するので、デュアルSIMを検討している方は確認してみてください。

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

DSSS(Dual SIM Single Standby)

複数のSIMカード

DSSSは、スマホに挿入した2つのSIMカードのうち、どちらか片方の有効にしているSIMカードでのみ通話・データ通信を使用できます。

 どちらのSIMカードを使用するかは、スマホから手動操作によって切り替えが必要です。切り替えるまでは、有効にしていないSIMでは通話・データ通信が利用できません。

そのため、有効にしていないSIMカードは圏外の扱いとなり、電話をかけても圏外と通知されるので注意しましょう。

DSSSでは、SIMカードを有効にする必要があることは、確認しておきたいポイントですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

DSDS(Dual SIM Dual Standby)

スマホとSIMカード

DSDSは、スマホに挿入した2つのSIMカードの切り替えが不要で、どちらのSIMに着信があっても通話が可能です。

 どちらのSIMカードでも着信を受けられますが、片方の通話が始まると、もう片方の通信ができなくなることは注意したいポイントでしょう。

手動での切り替えが必要なく、どちらのSIMでも通話を利用できるので、仕事・プライベートで電話番号を分けたいという人にピッタリです。

4G通信を利用できるのは、片方のSIMカードのみで、もう一方は3G通信になってしまうことも気をつけたいポイントですね。

DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)

SIMカード

DSDVは、両方のSIMで同時利用が可能で、DSDSの高機能版に位置付けられています。

 片方のSIMカードで通話を始めると、もう一方が通信できなくなる点はDSDSと同じですが、両方のSIMで4G通信が利用可能です。

そのため、安定した速度で通信できる点やどちらのデータ量も無駄なく消費できる点が大きなメリットと言えるでしょう。

DSDSと似ていることも特徴の1つですね。

DSDA(Dual SIM Dual Active)

SIMカード

現在利用可能なデュアルSIMの種類の中で、最も高機能と言えるのがDSDAです。

 DSDAは、どちらSIMも同時利用ができるので、片方で通話をしながら、別のSIMでデータ通信を行うことが可能です。

もちろん、SIMの手動での切り替えも不要で、通話中でも片方のSIMカードでデータ通信を行うなど、幅広い使い方ができることが最大のメリットでしょう。

DSDAは便利ですが、対応しているスマホが少ないことは注意点ですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

SIMカードとeSIMについて

スマホをチェックする人

eSIMは、「Embedded SIM(組み込み型のSIM)」の略称で、元々スマホに組み込まれているSIMを利用します。

eSIMの仕組みとしては、元々スマホ本体に組み込まれているSIMカードに契約情報を書き込む形になるため、従来のように物理的なSIMカードを使わずにモバイル通信が可能です。

 デュアルSIMは、eSIMと物理SIMカードの2つを利用することもできます。

なお、eSIMを利用すれば、契約から利用開始までの期間が短いSIMカードの故障を心配する必要がないことが大きなメリットとして挙げられるため、eSIMの利用も検討してみてください。

最近では、eSIM・物理SIMカードの両方を同時に利用している方も増えていますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

デュアルSIMのメリット・デメリット

デュアルSIMのメリット

スマホや固定電話の割引があることも

デュアルSIMのメリット
  • 1台で2つの電話番号が使える
  • 異なる回線が使用できる
  • スマホの料金が節約できる場合も
  • 海外でも使いやすい

デュアルSIMを利用するメリットは、1台で2つの電話番号を持つことが可能で、異なる通信回線を利用できる点です。

 2つの回線が利用できるので、どちらかの回線が遅い時にはもう片方に切り替えられることができます。そのため、片方で通信障害などが発生しても高速通信が利用できるでしょう。

また、料金がお得な格安SIMを組み合わせることで、月々の利用料金を節約できるメリットもあります。

お得に利用できるデュアルSIMの組み合わせは後ほど紹介しますね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

デュアルSIMのデメリット

スマホを操作する女性

デュアルSIMのデメリット
  • スマホのバッテリー消費が早くなる
  • 機種によってSDカードと併用できないことも
  • プラン内容によって料金が高くなることもある

デュアルSIMを使用すると、スマホのバッテリー消費が早くなることは注意したいポイントでしょう。

 どちらも音声通話対応したSIMカードの場合は、両方のSIMカードが同時に通話を待ち受ける形になるため、バッテリー消費がより早くなります。

また、デュアルSIMでは料金が節約できる場合もありますが、2つの回線を契約するため、組み合わせによっては料金が高くなってしまうこともあります。

機種によってSDカードと併用できないこともあるので、スマホ端末もチェックしてくださいね。

デュアルSIMに関するよくある質問

デュアルSIMとは?

1台のスマホに対して、2つのSIMカードを入れることで、2種類の回線を利用できる機能です。また、デュアルSIMでは電話番号を2つ持つこともできます。

デュアルSIMのメリットは?

1つのスマホで、電話番号が2つ持てること、異なる回線が使える点がメリットと言えるでしょう。

SIMカードの組み合わせによっては、利用料金が節約できることも嬉しいポイントの1つです。

デュアルSIMのデメリットは?

デュアルSIMで利用することによって、バッテリーの消費が早くなりやすいです。

また、機種によってはmicro SDと併用できないこと、組み合わせによっては料金が高くなってしまうことがデメリットと言えるでしょう。

デュアルSIMにおすすめの組み合わせは?

楽天モバイルを軸にして、もう片方を別の格安SIMと合わせることをおすすめします。

楽天モバイルは、使用したデータ量に応じて料金が変化する料金プランで、楽天回線エリア内であれば、データ無制限で利用することが可能です。

mineoの料金プランとは?

mineoは、音声通話SIM・データ通信専用SIMの2つが提供されています。

データ通信のみのプランであれば、月間20GBを月額1,925円(税込)で利用できます。

povo2.0の料金プランとは?
povo2.0は基本料0円で、自分の利用状況に合わせてデータや通話オプションなどを購入することができます。

24時間データ使い放題のトッピングもあるので、一時的にデータをたくさん使いたい時にもおすすめです。

IIJmioの料金プランとは?

IIJmioは、SIMタイプとデータ量を自由に組み合わせられることが特徴です。

データ量は、月間2GB・4GB・8GB・15GB・20GBから選ぶことが可能で、キャンペーンも定期的に実施中なので、お得に契約できるでしょう。

まとめ

今回は、デュアルSIMのおすすめの組み合わせについて紹介しました。

デュアルSIMを利用する場合は、データ量に応じて料金が変化する楽天モバイルがデュアルSIMと相性が良いでしょう。

また楽天モバイルは、楽天回線エリア内であれば、月額3,278円(税込)でデータ使い放題になることも見逃せないポイントです。

今回紹介したおすすめの格安SIMを参考に、自分に合ったデュアルSIMの組み合わせを選んでみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事