eSIMに対応しているキャリアはどこ?おすすめ人気格安SIM5選を徹底比較

物理的なSIMカードを必要とせず、簡単に申し込みができるeSIMは、様々な端末で利用することができます。

そのため、eSIMのスマホを利用したい人の中には、どんなキャリアでeSIMが利用できるか、詳しく知りたい場合もあるでしょう。

そこで今回は、eSIMに対応しているキャリアを紹介していきます。合わせて、eSIM対応のおすすめ格安SIMも比較していくので、リーズナブルにeSIMを利用したい方もチェックしてみてください。

eSIMとはスマホに内蔵されたSIM

スマホとSIMカード

eSIMは、スマホ端末の内部に内蔵されている新しい規格のSIMカードです。

 契約者情報などが記録されているSIMカードがスマホに内蔵されているので、物理的なSIMカードを挿入せずに、モバイル通信や音声電話が可能になります。

日本ではまだあまり認識されていないeSIMですが、欧米などを中心に導入が進んでいて、今後さらに広まる可能性が高いでしょう。

eSIMを利用することで、従来より簡単に新規契約・乗り換えが行えますよ。

eSIMを利用するメリット

スマホを操作する人

eSIMの主なメリット
  • すぐに始められて乗り換えも簡単
  • デュアルSIMとして活用できる
  • SIMカードの故障や紛失のリスクがない

eSIMはSIMカードが不要で、モバイル通信を利用することができるため、簡単な設定をすればすぐに利用を始められるメリットがあります。

 契約後に発行されるQRコードを利用したい端末で読み込んで、設定を行えば利用できるため、自宅で手続きを完結できます。

また、デュアルSIMとして活用できる点もメリットです。eSIMとSIMカードを1つのスマホで使うことによって、2つの電話番号・通信回線を利用できるので、これまでより使い方の幅が広がるでしょう。

SIMカードが不要なので、故障・紛失などのリスクがありませんよ。

eSIMを利用するデメリット

飲み物を飲みながらスマホを見つめる女性

eSIMの主なデメリット
  • 手続きを自分で行う必要がある
  • 利用できるキャリアが限られる
  • 機種変更がSIMカードよりも面倒

eSIMの申し込みは、基本的には全てオンライン上で完結するので、店舗での手続きはありません。しかし、申し込み後の設定を自分で行う必要があります

 ネットやスマホにあまり詳しくないという方は、各通信会社の手順書などを参考にしながら、設定を進めていきましょう。

また、eSIMは現在普及中のサービスなので、格安SIMでは対応していない場合もあります。乗り換えなどをする際には、乗り換え先がeSIMに対応しているかも確認しておきましょう。

eSIMは機種変更時にオンライン上で、手続きが必要になる点もデメリットとして挙げられますね。

eSIMは対応機種かどうかをチェック

iPhoneのカメラ性能

eSIMを利用する際には、現在利用中の端末やこれから購入する予定の端末が、eSIMに対応しているか確認するようにしましょう。

 eSIM対応の端末は増加してきていますが、過去の端末や一部AndroidスマホではeSIMに対応していない場合があります。

また、iPhoneはeSIMへの対応が進んでおり、2018年9月発売のiPhone XR以降に発売された機種は全てeSIMに対応しています。

Android端末を購入する際には、eSIMに対応しているか確認することが重要ですね。

eSIMに対応しているキャリア

大手キャリアは全て対応済み

スマホを操作する人

大手キャリアのeSIMは、2021年に導入が進み、ドコモ・au・ソフトバンクの3社全てがeSIMに対応しています。

 eSIMに対応している機種であれば、大手キャリアでeSIMを使用することが可能です。

大手キャリアへの申し込みも基本的には、オンライン上での申し込みになります。ただし、物理SIMからeSIMへの移行は、店舗での申し込みが必要な場合もあるので注意しましょう。

大手キャリアは、豊富な端末が購入できることや充実したサポート体制がメリットですね。

格安SIMでは一部で対応済み

iPhone

大手キャリアより料金的なメリットが大きい格安SIMでは、一部でeSIMの対応が進んでいます。

 特にY!mobileやUQモバイルなどの大手キャリアが手がけている格安SIMは、eSIMの対応が進んでいます。

また、格安SIMは月額料金がお得なので、デュアルSIMの1つとして契約することもおすすめと言えるでしょう。

各社の料金プランやオプションなどを比較して、自分に合った格安SIMを選んでください。

おすすめのeSIM対応格安SIM5選を徹底比較

楽天モバイル
UQモバイル
Y!mobile
ahamo
楽天モバイルロゴ
uqモバイルロゴ
Y!mobileロゴ
ahamoロゴ
月額料金
0円〜
990円(税込)〜
990円(税込)〜
2,970円(税込)
月間データ容量
1GB〜
3GB〜
3GB〜
20GB
最大通信速度
非公開
下り150Mbps
※端末によっては225Mbps
下り428~838Mbps
※全国主要都市の一部エリア
非公開
使用回線
楽天、ドコモ、au
au
ソフトバンク
ドコモ
キャンペーン
最新iPhone購入で最大30,000円相当還元!6/1〜楽天市場の買い物がポイント最大6倍
SIMのみ購入&対象オプション加入で最大12,000円相当還元
親子割の受付は5/31まで!
15GBが月990円(税込)〜
他社から乗り換え10,000pt
プレゼント

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 使用したデータ量に応じて変化するプラン
  • 楽天回線エリア内ならデータ使い放題
  • 専用通話アプリ「Rakuten Link」使用で国内通話がかけ放題

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、使用したデータ量に応じて料金が変化することが特徴です。

なお、1GB以内であれば月額料金が0円で、20GB超過後も3,278円(税込)で利用できるため、誰にでも使いやすいプランと言えるでしょう。

 楽天回線エリア外での利用は、月間5GBまでとなり、5GB超過後は最大1Mbpsの速度制限がかかります。

また、楽天モバイルの専用通話アプリ「Rakuten Link」を使用して通話をかけると、料で国内通話ができることも嬉しいポイントです。

楽天モバイルでは、スマホをお得に購入できるキャンペーンも実施しているので、乗り換えと同時の機種変更もおすすめですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
月額料金 1GBまで:0円※1
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
通信回線 楽天回線
パートナー回線(au)
国内通話料 Rakuten Linkアプリ:無料
OS標準:22円/30秒
通話オプション 10分通話かけ放題:1,100円/月
※OS標準アプリでの通話
主なキャンペーン
※終了日未定
・iPhone 13/iPhone 13 Pro購入で最大35,000円相当ポイント還元
・対象のAndroid購入で最大25,000円相当ポイント還元
・iPhone SE(64GB)本体代1円キャンペーン(ショップ限定)

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
※ 税込価格
※1 2回線目以降は1,078円(税込)
出典:楽天モバイル

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 余ったデータは翌月に繰り越せる3つの料金プラン
  • オンラインショップからの申し込みで最大13,000円相当のau PAY残高還元
  • UQ応援割と自宅セット割で月額料金が最大1,958円(税込)割引

UQモバイルは、auの4G LTE・5G回線に対応した格安SIMで、余ったデータを翌月に繰り越すことができるため、データを無駄なく使用できます。

 オンラインショップで乗り換えると、最大10,000円(不課税)相当のau PAY残高還元のキャンペーンを実施中で、eSIMはさらに3,000円(不課税)相当が増額されることもメリットの1つです。

通常料金は月額1,628円(税込)からですが、家族割やauひかり・auでんきとのセット割などを適用すると、月額料金がお得になる点も嬉しいポイントでしょう。

家族割(UQ応援割)・自宅セット割を一緒に利用すると、月額料金が最大1,958円(税込)割り引かれますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元
月額料金 くりこしプランS +5G(3GB/月):1,628円
くりこしプランM +5G(15GB/月):2,728円
くりこしプランL +5G(25GB/月):3,828円
通信回線 au
国内通話料 22円/30秒
通話オプション ・通話パック(60分/月):550円/月
・かけ放題(10分/回):770円/月
・かけ放題(24時間いつでも):1,870円/月
主なキャンペーン
※終了日未定
・UQスマホおトク割:機種代金から最大22,000円
・くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン
・SIMのみの申し込みで最大10,000円相当のau PAY還元(eSIMはさらに3,000円相当増額)

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元
※ 税込価格
出典:UQモバイル

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • 余ったデータは翌月まで繰り越し可能
  • オンラインストアからeSIMの申し込みでPayPayボーナス7,000円相当プレゼント
  • 家族割などのお得な割引サービス

Y!mobileは、ソフトバンク回線が利用できる格安SIMで、月額2,178円(税込)のリーズナブルな価格で利用できることがメリットと言えるでしょう。

 Y!mobileのオンラインストアから、eSIMを新規または乗り換えで申し込むと、PayPayボーナスが7,000円相当プレゼントされるキャンペーンも実施中です。

また、Y!mobileには「家族割引サービス」と「ワイモバ親子割」の2つの割引サービスがあり、家族割引サービスは2回線目以降の月額料金が毎月1,188円(税込)割引されます。

使わなかったデータ容量は、翌月に繰り越せますよ。
親子割の受付終了まであと6日!
Y!mobile
15GBが月990円から
月額料金 シンプルS(3GB/月):2,178円
シンプルM(15GB/月):3,278円
シンプルL(25GB/月):4,158円
通信回線 ソフトバンク
国内通話料 22円/30秒
通話オプション だれとでも定額(1回10分まで):770/月
スーパーだれとでも定額(無制限):1,870円/月
主なキャンペーン
※終了日未定
・データ増量オプション(550/月)が1年間無料
・オンラインストアで最大21,600円の端末代金割引
・eSIMの申し込みでPayPayボーナス7,000円相当プレゼント
親子割の受付終了まであと6日!
Y!mobile
15GBが月990円から
※ 税込価格
出典:Y!mobile

ahamo

ahamo

ahamoのおすすめポイント
  • 月間20GBが2,970円(税込)のシンプルなプラン
  • 1回5分までの通話が無料
  • 他社からの乗り換えでdポイント10,000ptプレゼント

ahamoは、ドコモが2021年3月から新料金プランとしてサービスを開始した格安SIMで、月間20GBを月額2,970円(税込)で利用できるお得なプランが特徴です。

 ahamoは、1回5分までの通話料と20GBまで海外ローミングを追加料金なしで利用できるので、通話をよく利用する方・海外旅行に行く方にもおすすめです。

また、ahamoの料金支払いを「dカード」もしくは「dカード GOLD」に設定すると、毎月のデータ量が最大で5GB増量されるので、最大25GBまで高速通信が利用できる点も魅力と言えるでしょう。

他社から乗り換えると、dポイント10,000ptがプレゼントされるキャンペーンも実施中ですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら
月額料金 20GB:2,970円
通信回線 ドコモ
国内通話料 1回5分まで無料
※超過後22円/30秒
通話オプション かけ放題オプション:1,100円/月
主なキャンペーン
※2022/3/14まで
他社からの乗り換えでdポイント10,000ptプレゼント
公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら
※ 税込価格
※ 海外ローミングは15日を超える利用について速度制限があります。国内利用と合わせての容量上限です。

出典:ahamo

povo2.0

povo2.0

povo2.0のおすすめポイント
  • 基本料0円から自分の好きなトッピングでカスタマイズ
  • 1回330円(税込)で24時間データ使い放題
  • 新規加入で10日分データ使い放題キャンペーン

povo(ポヴォ)2.0は、KDDIが提供している格安SIMで、データ容量や通話オプションなどを自由にトッピングできる点が大きな特徴です。

 一般的な格安SIMの料金プランは、あらかじめデータ量が決められていますが、povo2.0はユーザーが好きな形でオプションを選べるため、自由度の高いプランと言えるでしょう。

特に1回330円(税込)で24時間データ使い放題できるオプションは人気なので、データ容量をたくさん使う日に利用してみてください。

新規加入者は、10日分データ使い放題で利用できるキャンペーンも実施中ですよ。
料金 基本料:0円
データ使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
通信回線 au
国内通話料 22円/30秒
通話オプション 5分以内かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
主なキャンペーン
※終了日未定
新規加入で10日分データ使い放題
対象トッピング購入で合計30日分データ使い放題
※ 税込価格
出典:povo2.0

eSIMに関するよくある質問

そもそもeSIMとは?

eSIMは、スマホ端末の内部に内蔵されている新しい規格のSIMカードです。

本体の設定を書き換えることによって、モバイル通信・通話を行うことができます。

eSIMのメリットは?

eSIMはSIMカードなしでモバイル通信を利用できるため、簡単な設定をすればすぐに利用を始められる点がメリットです。

また、eSIMとSIMカードを1つのスマホ利用すると、2つの電話番号・通信回線を利用できることもメリットと言えるでしょう。

eSIMのデメリットは?

eSIMの申し込み後に、接続設定を自分で行う必要があることはデメリットの1つです。

また、格安SIMではeSIMに対応していない場合がある点もデメリットと言えるでしょう。

eSIMを使ううえでの注意点は?

利用する端末がeSIM対応していることを忘れずにチェックしておきましょう。

過去の端末や一部Androidスマホでは、eSIMに対応していない場合もあるので注意が必要です。

eSIMは大手キャリアで使える?

大手キャリアのeSIMは、2021年に導入が進み、ドコモ・au・ソフトバンクの3社全てがeSIMに対応しています。

eSIMは格安SIMで使える?

一部はeSIMに対応していて、大手キャリアが手がけている格安SIMはeSIMの対応が進んでいます。

格安SIMを利用するメリットは?

大手キャリアと比較した場合、格安SIMは月額料金がお得であることがメリットです。

また、契約できるプランも多いので、自分の利用状況と合致した料金で利用できることも嬉しいポイントでしょう。

まとめ

この記事では、eSIMが対応しているキャリア・eSIMが利用できるおすすめ格安SIMを紹介しました。

eSIMはオンラインで手続きが完結するので、月額料金がお得な格安SIMへの乗り換えも簡単に行えるでしょう。

また、格安SIMによってはeSIM限定のキャンペーンを実施している場合もあるので、お得に契約できる場合も少なくありません。

キャンペーンなどを利用して、eSIMに対応したお得な格安SIMを契約してくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事