iPhone14が発売!価格やスペックなど最新情報をまとめて紹介

毎年多くのユーザーが発売を待ち望んでいる新作iPhone。2022年9月8日に待望のiPhone 14シリーズの発売が発表されました。

新しいiPhoneをいち早く購入したいと考えていると、「詳しい販売時期は決定している?」「過去モデルと価格やスペックを比較したい」と思う人が多いでしょう。

そこでこの記事では、新たに発売されたiPhone 14について価格やスペックなどを解説します。

iPhone 14がおすすめな人の特徴も紹介しているので、購入を悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。
iPhone14を購入する方法
iPhone14を購入したいなら、オンラインショップの利用がおすすめです。その理由は、24時間いつでも申し込みが可能・店舗に行く手間なし・送料も無料だから。

オンラインショップを利用するメリット

また、オンライン限定の割引もあるので、店舗で購入するより安く、iPhone14シリーズを手に入れられますよ。

端末購入はこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定割引あり
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引
docomo
公式サイトはこちら
オンライン割引あり
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

 

iPhone14の発売は2022年9月9日から

Appleの看板

気になるiPhone14の発売日ですが、AppleでのiPhone14シリーズの発売は以下のとおりです。

予約開始日 発売日
iPhone 14 2022年9月9日21時 2022年9月16日
iPhone 14 Plus 2022年10月7日
iPhone 14 Pro 2022年9月16日
iPhone 14 Pro Max 2022年9月16日

iPhone 14 Plusのみ発売日が2022年10月7日と一ヶ月近く遅くなるので、注意が必要です。

 なお、2022年9月8日時点でApple以外、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)でのiPhone 14シリーズの予約・発売日は未発表です。

例年、大手キャリアでのiPhoneの予約開始はAppleの発表から2〜3日後から予約開始されるケースが多いようです。

また、下記表のとおり過去5年間は毎年秋頃に新作のiPhoneが発売されていたので、今回のiPhone 14シリーズの発表もスケジュール通りといえるでしょう。

いち早く購入するには予約がおすすめです。
iPhone 8
iPhone 8 Plus
2017年9月12日
iPhone X 2017年11月3日
iPhone Xs
iPhone Xs Max
2018年9月21日
iPhone XR 2018年10月26日
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
2019年9月20日
iPhone SE(第2世代) 2020年4月24日
iPhone 12
iPhone 12 Pro
2020年10月23日
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
2020年11月13日
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
2021年9月24日
iPhone SE(第3世代) 2022年3月18日
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone14の価格・スペック最新情報まとめ

iPhone 14解説画像

iPhone14に関するスペックなどがついに発表されました。気になっている人も多いのではないでしょうか?

ここからは、最新iPhone 14シリーズの価格やデザイン、スペックについてご紹介します。

iPhone 14の価格

紙幣を持つ人

iPhone 14の購入を検討している人のなかで、端末価格が気になるという人も多いのではないでしょうか。

発表されたiPhone 14シリーズのAppleでの販売価格はこちらです。

iPhone 14 128GB:119,800円
256GB:134,800円
512GB:164,800円
iPhone 14 Plus 128GB:134,800円
256GB:149,800円
512GB:179,800円
iPhone 14 Pro 128GB:149,800円
256GB:164,800円
512GB:194,800円
1TB:224,800円
iPhone 14 Pro Max 128GB:164,800円
256GB:179,800円
512GB:209,800円
1TB:239,800円

円安の影響は多少受けているようですが、iPhone 13シリーズと価格は大きく変わりません。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone 14のカメラ性能

インカメラのスペック向上

iPhone 14 カメラ

iPhone 14シリーズではインカメラ(フロントカメラ)の性能が大幅に向上しました。主なインカメラの機能はこちらです。

  • オートフォーカスを搭載
  • 暗い場所での性能が最大2.5倍

この機能が搭載されたことで、インカメラで複数人を撮影する場合や、暗い場所での撮影が今まで異常に鮮明に撮ることができます。

今まで以上にセルフィーがしやすくなったと言えるでしょう。

iPhone 14 Pro/Pro Maxはアウトカメラの解像度が4倍

iPhone 14 カメラ

iPhone 14 Pro/Pro Maxでは、アウトカメラの性能がiPhone 13シリーズに比較すると大幅によくなりました。

 iPhone 6sからiPhone 13 Proまで変わっていなかった、メインカメラの画素数がなんと4倍の4,800万画素に向上

さらに、暗い場所での撮影が最大2倍の性能になっています。これにより、いままで写せなかった細部が撮影可能になりました。

画素数があがることで、ズームやトリミングしたときの写真の綺麗さが増します。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone 14のデザイン

iPhone 14シリーズの見た目のデザインはiPhone 13シリーズと大きな変化は少なく、iPhone 13のシンプルでスタイリッシュなデザインが継続されています。

 ただ、従来のminiモデルが廃止され、iPhone 14よりも一回り大きい6.7インチの「iPhone 14 Plus」が発表されています。

iPhone 14のデザインについて詳細をご紹介していきます。

ノッチが小さく「Dynamic Island」を搭載

iPhone 14 ノッチ

ノッチとは”くぼみや切り抜き”という意味で、iPhoneではディスプレイの上部にあるカメラやスピーカーの部分です。

iPhone 14 Pro/Pro Maxではこのノッチ部分がiPhone 13シリーズよりも小さくなります。

 これにより操作できる画面が広くなることで、通知・アラート・通話や音楽などのアクティビティの操作範囲が広がる「Dynamic Island」が搭載されました。

この機能により、メインの操作をしながらその他の操作を並行して行うことが可能になります。

iPhone 13もiPhone 12と比べるとノッチ部分が少なくなっていますが、iPhone 14 Pro/Pro Maxではさらにノッチが小さくなりました。

ノッチが小さいことで映像などの没入感がより高まりますよ。

新色カラーが登場

iPhone 14 カラー

今回発表されたiPhone 14/iPhone 14 Plusのカラーは5色展開、iPhone 14 Pro/Pro Maxは4色展開です。

 新色でiPhone 13よりも淡いトーンのブルーと、パープルが加わります。

また、iPhone 14 Pro/Pro Maxでは、あらたにディープ・パープルが発売されることが発表されています。

iPhone 14/iPhone 14 Plus ブルー/パープル/ミッドナイト/スターライト/プロダクトレッド
iPhone 14 Pro/Pro Max ディープ・パープル/ゴールド/シルバー/スペースブラック

ProやPro Maxの方が高級感のあるカラー展開が特徴です。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone 14で変わったこと

ロック画面のカスタマイズが可能

iPhone14 ウィジェット

iPhone 14シリーズでは、ロック画面のデザインを自由に操作できるようになります。

 写真のレイヤーを重ねて際立たせることや、日時のフォントや表示するアプリの通知をカスタマイズできます。

今まで以上に自分らしくiPhoneを使うことができそうです。

衝突事故検出機能を搭載

5G

iPhone 14シリーズでは、自動車や自転車に乗っているときに起きてしまった事故を自動的に探知します。

 応答や操作が確認できない場合は、自動的に緊急通報を行い、緊急連絡先に知らせるという機能も搭載しています。

また、北米の一部地域では2022年11月から衛星通信による緊急通報も可能になる予定です。この場合、圏外のエリアで事故が起こった場合でも緊急通報ができます。

速度や方向の急激な変化・衝突時の音などで事故を探知します。

iPhone 14 Pro/Pro MaxはA16 Bionicチップ搭載

iPhone

iPhone 14/iPhone 14 Plusに搭載されるチップはiPhone 13 Proと同じA15  Bionicが採用されました。

 また、iPhone 14の上位モデルにあたるiPhone 14 Pro/Pro Maxでは新たにA16 Bionicが搭載されています。

A16 Bionicは、A15 Bionicに比べると消費電量が20%少なく、動作が20%ほど高速化しています。

これにより、iPhone 14 Pro Maxで最大29時間のビデオ再生が可能になるほどのバッテリー持続力が可能になりました。

A15 Bionicも十分高性能なチップなので、ほとんどの人は気にならないでしょう。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone14が向いている人は?

iPhone 13 mini

iPhone 14の利用が向いている人
  • 価格が上がっても気にならない人
  • 高性能なカメラを使いたい人
  • 緊急時に対応できるスマホがいい人

iPhoneはAndroidスマホと比較すると端末価格が高価な場合が多いですが、iPhone 14は119,800円から購入できます。

 またPro/Pro Maxに関しては、iPhone 13Pro/Pro Maxと比較してスペックが大幅に向上しました。

特にカメラに関しては、インカメラを中心に改良されたほか、Pro/Pro Maxの場合は2,400万画素の高精細な写真が撮影できます。

iPhone 14では他にも、ロック画面のカスタマイズなどメリットがたくさんありますよ。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

iPhone14を買わなくても良い人は?

iPhone 13

iPhone 14を買わなくても良い人
  • リーズナブルなiPhoneを購入したい人
  • 最新のiPhoneでなくても良い人

iPhone 14の大きなデメリットは、端末価格です。

iPhone 14が発売されると旧モデルのiPhone 13の価格が値引きされる可能性が高いので、お得な価格でiPhoneを購入したい人は旧モデルの購入を検討しましょう。

 iPhoneをできるだけお得に購入したいという人は、iPhone SE(第3世代)もおすすめです。

iPhone 14は、スタンダードモデルでもハイスペックなことが発表されましたが、その機能が必要ない場合は旧モデルの購入をおすすめします。

最新のiPhoneに拘らないという人は、iPhone 13やiPhone SE(第3世代)などの購入がおすすめですよ。

iPhone14以外におすすめの機種

iPhone13

iPhone 13

iPhone 13のおすすめポイント
  • 6色のカラーバリエーション
  • パワフルなA15 Bionic
  • 映画のような映像が撮れる

iPhone 13は、2021年9月に発売された5G対応のiPhoneで、6色の豊富なカラーバリエーションから選べます。

 現行のチップで最新の「A15 Bionic」は、バッテリーを節約しながらパワフルな動作を実現します。

iPhone 13からカメラ機能に追加された「シネマティックモード」は、自動で焦点が切り替わるので映画のような動画を撮影可能です。

対衝撃や防水にも優れているので、丈夫なスマホを使いたいという人にもおすすめです。
端末価格※1 99,800円〜
カラー スターライト/ミッドナイト/ブルー/ピンク/グリーン/(PRODUCT)RED
サイズ
※高さ×幅×厚さ
146.7mm×71.5mm×7.65mm
ディスプレイ 6.1インチ

iPhone 13 - Apple

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 Apple Storeオンラインの場合(2022年8月時点)

iPhone13が購入できるのはこちら

最大24,000ポイント還元
rakuten
公式サイトはこちら
最大13万3,320円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大12万5,880円割引
au
公式サイトはこちら
最大13万7,880円割引
softbank
公式サイトはこちら
SIMフリー版を販売
mineo
公式サイトはこちら

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)

iPhone SE(第3世代)のおすすめポイント
  • コスパ抜群のモデル
  • 片手で操作できるコンパクトさ
  • ホームボタンで指紋認証可能

iPhone SE(第3世代)は2022年3月に発売された5G対応のiPhoneで、お得な価格で購入したい人におすすめです。

 片手で操作できるコンパクトさとiPhone 13と同じチップを搭載している高性能さを兼ね備えています。

ホームボタンが付いている点もメリットで、ホームボタンによる指紋認証が利用可能です。

最大15時間のビデオ再生ができるので、外出先でもバッテリーを気にせずスマホを楽しめますよ。
端末価格※1 62,800円〜
カラー スターライト/ミッドナイト/(PRODUCT)RED
サイズ
※高さ×幅×厚さ
138.4mm×67.3mm×7.3mm
ディスプレイ 4.7インチ

iPhone SE - Apple

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 Apple Storeオンラインの場合(2022年8月時点)

iPhone SE3を購入できるのはこちら

iPhoneの購入はオンラインショップがおすすめ

iPhoneを持つ人

iPhoneを購入する場合には、携帯電話会社のオンラインショップからの購入をおすすめします。

携帯電話会社が運営するショップでは回線契約不要で利用できる場合もあり、オンラインショップであれば来店不要で自宅から申し込める点がメリットです。

 携帯電話会社では、キャンペーンやスマホをお得に購入できるプログラムなどを利用できる場合もあります。

例えば、楽天モバイルの「iPhoneアップデートプログラム」は、購入した端末を返却することで、iPhoneの端末代が最大24回分支払い不要になります。

オンラインショップでは付属品の販売や事前予約なども利用できるので、スムーズにiPhoneを購入したいという人にも向いているでしょう。

予約日によって受け取れる時期が遅れてしまうことがあるので、iPhone 14を購入したい人は入荷情報を確認しておきましょうね。
楽天モバイル iPhoneアップデートプログラムとは?
楽天モバイル アップグレードプログラムこのプログラムを利用すれば、iPhoneの端末代が約半分の金額で購入することが可能です。
iPhone 14の購入はキャリアがお得!
購入するならこちら

iPhone本体代が最安
rakuten
公式サイトはこちら
WEB限定21,600円割引
softbank
公式サイトはこちら
最大144,940円割引円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大16万円支払い不要
au
公式サイトはこちら
格安SIMで使える
ahamo
公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、2022年9月8日に発表された最新のiPhone 14の価格、カメラ、デザインなどについて解説してきました。

特にPro/Pro Maxのモデルは搭載されているチップも最新になり、より使いやすくなることが見込まれます。

iPhoneの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

費用を抑えてiPhoneを購入したい人は旧モデルの購入もおすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事