LINEMOの審査時間や厳しさは?審査落ちする原因や対処法を解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

LINEMO(ラインモ)は、月額990円(税込)からの低価格が魅力のソフトバンクの格安スマホブランドです。月々のスマホ代を抑えるために、LINEMOへの乗り換えを検討している人もいるでしょう。

しかし、SNS上には「LINEMOの審査に落ちた」「LINEMOの審査は厳しい」などの評判もあり、審査が不安な人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、LINEMOの審査について詳しく解説。審査内容や審査時間に何日かかるか、審査落ちの原因などを紹介していくので、LINEMOへの申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

LINEMOの審査は厳しい?ゆるい?|審査の内容について

結論から言うと、LINEMOの審査基準は非公表なので、審査が厳しい・ゆるい(甘い)と断言することはできません。厳しいと感じる人、ゆるいと感じる人それぞれ一定数いるのが実情です。

LINEMOの審査は契約審査のみ

LINEMOで行われている審査は、契約審査だけです。他の格安SIMの審査のような「契約審査」「割賦審査」の2種類が行われることはありません。

格安SIM審査の種類
  • 契約審査...契約を締結するかを判断
  • 割賦審査...端末の分割購入が可能かを判断

LINEMOで契約審査だけが行われている理由は、端末販売を行っていないため。端末販売がなく分割する対象がないので、割賦審査そのものが存在しません。

もし今後LINEMOでも端末販売が開始されれば、割賦審査が加わるかもしれません。

LINEMOで実施されている契約審査とは?

LINEMOでも行われる契約審査は、文字通り携帯電話会社と契約できるかを判断する審査です。信用情報機関から申込者の金融情報を収集して、支払い能力があるかをチェックすると言われています。

 契約審査は、これまでにスマホを利用していて特に問題を起こしていない人なら、通過する可能性が高いです。

契約審査は、新規契約・乗り換え(MNP)・機種変更時に実施されます。ただし先述したようにLINEMOでは端末販売がないため、新規契約または乗り換え時が契約審査の対象です。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOの審査時間・結果確認方法

続いてLINEMOの審査時間や結果確認方法について解説していきます。

審査時間は最長で1週間程度かかることもあるため、急ぎの方は早めに申し込むといいかもしれません。

審査時間は即日〜1週間程度

LINEMOの審査時間は申込者により変動するので、一概にどれくらいとは言えません。即日で完了する人がいる一方で、数日ほど待たされるケースもあります。

 キャンペーン期間など申し込み数が増える時期は、一般的に審査完了まで時間がかかる傾向です。

とはいえ、審査時間が長い人でも1週間程度で完了するケースがほとんど。期間は即日〜最長1週間を目安に考えておけば問題ないでしょう。

なお、審査完了=利用開始ではなく、審査完了後に開通作業をしなければ使えません。SIMカード申し込みの場合は、SIMカードを受け取ってから開通作業に取り掛かります。

SIMカード配送は最短翌日なので、SIMカードで申し込む場合は利用開始まで2日程度かかると考えておきましょう。

eSIMなら最短1時間

物理的なSIMカードがないeSIMなら最短1時間で審査が完了して、そのまま開通作業を行えます。申し込み当日から使える人もいるので、とにかく早く使いたい人はeSIMにて申し込むと良いでしょう。

なおeSIMで申し込みできるのは、対応端末を保有している場合に限られます。お持ちの端末がeSIMに対応しているかは事前に確認してください。

 iPhoneに関しては、iPhone XS以降の機種であれば全てeSIMに対応しています。

土日・深夜も審査時間は変わらない

LINEMOでは、土日・深夜に申し込んでも審査時間に大きな変化はありません。SIMカード発送は土日祝日も行われているので、休日を跨ぐからSIMカード到着が遅れるということはないはずです。

平日が仕事などで忙しい人からすると、土日・深夜に申し込みできるのはありがたいでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

結果はメールまたはWebサイトから

審査が完了すると結果がメールで送られてきます。審査通過した場合は「商品発送のお知らせ」という件名にて通知されるので、覚えておきましょう。

 メールの設定によっては迷惑メールと判定されるケースもあるので、メールが届かないと感じたら迷惑メールフォルダもチェックしてください。

メール以外では、自らWebサイトをチェックして審査状況の確認も可能です。申し込み状況確認で「発送中」と表示されていれば、審査に通過したことがわかります。

「登録中」という状態なら、まだ審査が完了していないことになります。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOの審査に落ちる原因!NG行為も紹介

せっかく申し込みをしたのに審査に落ちてしまうと「なんで?」と不安になりますよね。

以下ではLINEMOの審査に落ちる原因を7つ挙げてみました。当てはまる項目がないか確認してみましょう。

ブラックリスト入りしている

信用情報機関にて金融事故情報が登録されている人は、支払い能力が疑われるため審査落ちの可能性が高いです。

事故情報が登録されることを俗にブラックリスト入りと呼びます。例えば、以下のような行為をした場合には、ブラックリスト入りしている可能性が考えられます、

ブラックリスト入りの対象になる可能性がある行為
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を実施
  • 借金を数カ月に渡って滞納
  • 短期間での多重申し込み(不自然な申し込み)

この状態になると、携帯電話だけでなくクレジットカードや各種ローンの申し込みなど、金融に関する様々な契約ができなくなる可能性が高いです。

スーパーホワイトもリスクあり

上記のようなブラックリスト入り状態の経験がなくても「スーパーホワイト」と呼ばれる人も審査落ちの対象です。

 スーパーホワイトは、クレジットカードや各種ローンの利用経験がなく、信用情報にデータが登録されていない状態を指します。

スーパーホワイトは、金融に関する問題を起こしていないのに疑われてしまう損な状態です。現金主義の人もクレジットカードを発行して、クレジットカードの利用実績を作ることをおすすめします。

他社で携帯料金を滞納している

現在契約中の他社で料金の滞納がある人は、各携帯キャリア間で危険人物としてマークされるので審査落ちの可能性が極めて高いです。

信用情報機関のブラックリストと区別して「携帯ブラックリスト」と言われています。

 料金滞納の有無は、TCA(電気通信事業者協会)という団体により、信用情報とは別に携帯会社間で共有されます。

MNP乗り換えにて申し込みする場合、契約中の携帯電話会社が滞納者に対してMNP転出番号を発行しないケースも。MNP転出番号が発行されなければ、審査以前に申し込み自体が不可能です。

乗り換えではなく新規で申し込む場合でも、支払い能力が疑われる人を審査に通すことは考えにくいでしょう。

短期解約した経験がある

過去にLINEMOの契約を短期解約したことがある人は、再び短期解約される可能性を懸念されて、再申し込みの審査が厳しくなる恐れがあります。

LINEMO親会社のソフトバンクで短期解約経験がある人も、注意してください。

具体的に短期解約とみなされる期間は6ヶ月以内と言われています。これは親会社のソフトバンクが短期解約とみなす期間のため、LINEMOでも同様の基準になると考えられるためです。

本人確認書類やクレジットカードの不備

本人確認書類やクレジットカードに以下のような不備があると、審査落ちの原因となります。

提出書類の主な不備
  • 入力情報と本人確認書類の情報が異なる
  • 本人確認書類の画像が不鮮明
  • 本人確認書類の有効期限切れ
  • クレジットカードの名義違い
  • クレジットカード番号・有効期限の入力ミス

例えば、引越し経験のある人が運転免許証を旧住所のままにしており、不備とみなされるケースは少なくありません。正しい情報が記載されている本人確認書類を提出するよう心がけてください。

クレジットカードについては本人名義のみが有効です。たとえ家族でも他人名義のカードは使えないことを覚えておきましょう。

MNPの名義不備・有効期限切れ

MNP乗り換えでLINEMOに申し込みをする人は、名義不備と有効期限切れによる審査落ちにも注意が必要です。

MNP乗り換えは、転入前と転入後の名義が同じでなければ契約できません。本人確認書類やクレジットカードと同様に、名義違いには気をつけましょう。

加えて多いのが、MNP予約番号の有効期限切れです。

 MNP予約番号そのものは取得から15日間と期限が定められていますが、LINEMOの場合は有効期限が10日以上残ってないといけません。

有効期限ギリギリに申し込むと審査落ちしてしまうので、MNP予約番号を取得したらすぐに申し込み手続きを開始しましょう。

仮に期限が切れた場合は、MNP番号を再取得して手続きを進めましょう。

未成年・法人による申し込み

LINEMOと契約できるのは18歳以上の個人です。未成年や法人名義での申し込みは、条件を満たさないので審査通過できません。

 高校生以下の未成年は、両親に契約してもらいましょう。

未成年が両親名義で契約する場合は利用者登録が必須です。契約時に、利用者本人の年齢確認ができる身分証明書を提出してください。

6回線以上を申し込んだ

LINEMOでは、1つの名義に対して契約できるのは5回線までの上限があります。6回線目以降の申し込みは審査落ちになるので、複数回線契約している人は上限を超えていないか気をつけましょう。

家族全員が1つの名義で契約している家庭は、上限超えになりやすいですね。

既に5回線を契約している家庭は、成人した家族を個人名義に切り替えるなどで対応しましょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOの審査に落ちた時の対処法

LINEMOの審査に落ちた際の対処法を5つ紹介しています。

どうすればいいかわからない場合は、以下を参考に再申請してみましょう。

入力ミスや書類不備を念入りに確認する

単純な入力ミスや書類不備で審査落ちしているケースなら、ミスをなくせば契約できるはずです。提出前に書類や入力内容のチェックを念入りに行うことを心がけましょう。

申し込み後に入力内容の間違いに気がついた場合は、契約前であれば申し込みをキャンセルできます。

キャンセル後に正しい内容にて再申し込みをしてください。

他社の滞納を清算する

先述したように、料金滞納は各社で情報共有しています。他社での滞納がある場合は、先に清算してから申し込みましょう。

 滞納分がなくなれば携帯ブラックリスト状態からは解消されるので、契約できる可能性は上がります。

ただし親会社のソフトバンク系列で料金滞納をしていた場合は注意が必要です。ソフトバンク独自のブラックリスト「社内ブラック」に入っていると、半永久的にソフトバンク系列にて契約できないケースが想定されます。

「社内ブラック」として登録される基準は、携帯電話会社により異なります。

支払い方法を口座振替にする

クレジットカードの不備で契約できないのであれば、支払い方法を口座振替に変更しましょう。銀行口座なら誰でも保有できるうえ、クレジットカードのように有効期限切れを心配する必要もありません。

対応している金融機関は都市銀行、地方銀行、ネット銀行と幅広いので、持っている銀行口座が未対応のケースはほとんどないでしょう。

 口座振替の場合でも、利用できるのは契約者本人の口座に限られます。

名義を変えて申し込む

5回線申し込み済みの人や未成年・法人の場合など、申し込み条件を満たさないケースは名義を変えて申し込んでみましょう。その他の不備がなければ、名義を変えるだけで審査通過しやすくなるはずです。

具体的には、法人の場合は個人名義、未成年・5回線契約済みの人は、他の家族名義にて申し込んでください。

1回線ずつ申し込む

複数回線を同時に申し込んで審査落ちした人は、1回線ずつ申し込んでみましょう。複数回線の同時申し込みは短期解約を懸念されるため、審査落ちしやすいとも言われます。

 特に、キャンペーン中に複数回線を同時申し込みするのは避けましょう。キャンペーン終了後の解約を疑われて、審査が不利になるケースも考えられます。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMO審査に関する口コミ・評判

LINEMOの審査に通過した人の口コミの傾向

LINEMO審査に通過した人の口コミの傾向
  • 1時間で審査に通った
  • 短期解約歴ありでも審査に通る
  • MNPの有効期限10日未満でも審査通過した

審査に通ったという口コミが多いため、書類不備やこれまでの利用で問題ない人なら、審査通過しやすいでしょう。

短期解約歴がある人やMNP有効期限が10日未満のケースでも、審査通過することもあるようです。

 たまたま審査通過しただけの可能性が高いので、短期解約やMNP有効期限切れでの申し込みは推奨しません。

審査時間については1時間で通過した人がいる一方で、1日以上かかった人もいました。特に月末は混みやすいのか、月末申し込み時には審査時間がかかるという口コミも目立ちました。

LINEMOの審査に落ちた人の口コミの傾向

LINEMO審査に落ちた人の口コミの傾向
  • 2回線目は審査落ちした
  • ソフトバンク系での未納を指摘されて審査落ちした
  • 思い当たる原因がないが審査落ちした

審査落ちした人の特徴としては、ソフトバンク系列での未納を指摘された人や原因不明な人、2回線目以降の申し込みなど様々です。

原因不明で審査落ちした人は、ソフトバンクやY!mobileの自社回線から移行しようとした人が多い傾向。未納・滞納歴がない人でも、自社からの移行だと審査落ちしやすいとの意見もありました。

もちろんソフトバンク・Y!mobileからの移行でも審査通過している人もいるので、参考程度に覚えておきましょう。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOに乗り換える手順

LINEMOの画像

LINEMOと契約する手順は、以下の3つに大別されます。

契約方法によって契約までの手順も変わりますが、ここでは多くの人が対象となる他社からの乗り換え(MNP)手順について紹介します。

LINEMOにMNPで乗り換える手順
  1. SIMフリー(ロック解除済み)のスマートフォンを用意
  2. MNP予約番号を取得
  3. 申し込み(SIMカード・eSIMの選択や本人確認書類提出など)
  4. LINEMOによる契約審査
  5. 審査完了後にSIMカード受取(SIMカードの場合のみ)
  6. 回線切替してSIMカード挿入(SIMカードの場合のみ)
  7. 初期設定・再起動・LINE連携

    乗り換え手順そのものは他社と同様なので、特につまづく点はないでしょう。なお、新規契約時の手順はほぼ同じで、MNP予約番号を取得する過程が省略されます。

    乗り換えキャンペーン実施中⇒
    LINEMO
    公式サイトを見る

     

    LINEMOと併せてチェックしたい格安SIM3選

    楽天モバイル

    楽天モバイル

    おすすめポイント
    • 審査は最短即日完了
    • 全国に1,000以上ある実店舗で申し込みできる
    • 電話による申し込みサポートあり
    • お急ぎ便ならWeb申し込みから最短30分で受取
    • 1人で最大5回線まで契約可能

    楽天モバイルでは端末販売を行っているため、審査は契約審査と割賦審査の2種類です。SIMだけの契約も可能であり、その際はLINEMO同様に契約審査のみとなっています。

    審査基準は非公表なので、審査が厳しい・甘いとは一概には言えません。ただし、他社と比較しても特別厳しくはないと推測できるので、信用情報の傷や書類不備がなければ通過しやすいでしょう。

     楽天モバイル公式サイト内でも、審査落ちの原因として書類不備が挙げられています。

    楽天モバイルは実店舗があるので、店舗でスタッフのサポートを受けながら手続きできるのもメリット。Web申し込みでは不安な人にも安心できる環境です。

    店舗に行けない人も、電話にてオペレーターのサポートを受けられるサービスもあります。

    申し込みから利用開始までの時間も早く、実店舗なら最短20分※1で契約と端末(SIM)受取が完了。Web申し込みでも対象地域なら最短30分で端末が到着します。

    ※1:事前準備と来店予約が必須
    ※ 2:東京都世田谷区、神奈川県川崎市(一部地域を除く)

    乗り換えで最大32,000円相当おトク!
    楽天モバイル
    iPhone本体代が最安値

    楽天モバイルの基本情報

    月額基本料金
    (税込)
    【Rakuten最強プラン】
    3GBまで:1,078円
    20GBまで:2,178円
    20GB超過後:3,278円
    国内通話料(税込)
    • Rakuten  Linkアプリ:無料
    • OS標準:22円/30秒
    • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
      ※初めての申込みで1ヶ月無料
    回線楽天回線・au(パートナー回線)
    低速時の通信速度最大1Mbps
    (パートナー回線エリアで5GB/月超過後)
    主なキャンペーン(税込)
    • 対象iPhone購入&下取りで最大19,000円相当ポイント還元
    • 対象のAndroid購入で最大29,000円相当ポイント還元
    支払い方法クレジットカード/口座振替(楽天銀行のみ)/楽天ポイント利用など

    乗り換えで最大32,000円相当おトク!
    楽天モバイル
    iPhone本体代が最安値

    ahamo

    ahamo

    おすすめポイント
    • 審査は最短即日完了
    • eSIMなら申し込みから最短1時間で開通
    • オンラインで24時間申し込みできる
    • ドコモ含めて5回線まで契約可能

    ahamo(アハモ)はドコモが展開する格安ブランドです。端末とセットで契約もできるので、分割払いで端末購入する際は契約審査・割賦審査の2種類があります。

    審査基準は他社同様に非公表ですが、書類不備や料金滞納があると審査通過しにくいことは変わりません。また、ドコモのサービスなので、ドコモでの短期解約歴があると不利になる可能性があります。

     審査は最短即日で完了し、eSIMでの申し込みなら最短1時間で開通することも。すぐに利用したい人はeSIM申し込みが便利です。

    なお、申し込みはオンラインから24時間いつでも行えます。店舗に行く手間がないので、日中は忙しい人でも申し込みやすいでしょう。

    有料にはなりますが、ドコモショップでスタッフのサポートを受けながら手続きを進めることも可能です。

    ドコモを含めて1人で最大5回線まで契約できます。1人で複数回線の契約や家族分をまとめて契約したい人にも向いているでしょう。

    5分以内の通話が無料!
    ahamo
    公式サイトはこちら

    ahamoの基本情報

    月額基本料金
    (税込)
    20GB/月:2,970円
    100GB/月:実質2,970円
    ※2022年12月31日まで
    国内通話料(税込)5分/回:無料
    5分超過後:30秒/22円
    回線ドコモ
    低速時の通信速度最大1Mbps
    主なキャンペーン(税込)大盛りオプション初めての利用で12月までの月額料金が実質0円
    支払い方法クレジットカード/口座振替
    5分以内の通話が無料!
    ahamo
    公式サイトはこちら

    ※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

    mineo

    mineo

    おすすめポイント
    • eSIM申し込みなら最短即日から利用開始
    • SIMロック解除なしで申し込める
    • エントリーコード利用で事務手数料が無料
    • 1人あたり最大5回線・同一住所で最大10回線まで契約可能

    mineo(マイネオ)は、関西電力グループが展開する格安SIMです。端末販売も行っているので、端末の分割購入をするなら契約審査に加えて割賦審査も行われます。

    審査基準は非公表ですが、注意するポイントは他社とほぼ変わりません。mineoはeSIMにも対応しているので、最短即日から利用開始も可能です。

     au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアの回線に対応しているので、SIMロック端末でも解除せずに申し込みできます。

    mineo申し込み時には、エントリーコードを活用すれば事務手数料が無料に。エントリーコード自体は有料ですが、数百円程度のため事務手数料を支払うよりもお得に申し込めます。

    審査落ちした場合でも、原因次第では同じエントリーコードを再利用できますよ。

    mineoでは1人につき5回線まで、同一住所で10回線まで契約可能。複数回線割で回線ごとに月額55円OFFの特典もあるので、複数回線を契約したい人はお得です。

    ※終了時期未定

    mineoの基本情報

    月額基本料金
    (税込)
    【マイピタ】
    ※音声通話+データ通信
    1GB:1,298円
    5GB:1,518円
    10GB:1,958円
    20GB:2,178円

    マイそく※1
    最大3Mbps:2,200円
    最大1.5Mbps:990円
    最大300kbps:660円
    国内通話料(税込)
    • 10円/30秒(mineoでんわ)
    • 10分かけ放題:550円/月
    • 無制限かけ放題:1,210円/月
    回線ドコモ/au/ソフトバンク
    低速時の通信速度200kbps
    主なキャンペーン(税込)かけ放題オプションが初月無料
    支払い方法クレジットカード

    ※1 月曜〜金曜の12時台は最大32kbpsとなります。音声通話は制限時間中も問題なく使えます。

    まとめ

    今回は、ソフトバンクの格安SIMであるLINEMOの審査について解説してきました。LINEMOでは端末販売を行っていないので、申し込み時は契約審査だけが実施されます。

    審査基準は非公表ですが、提出書類・MNP番号の不備や信用情報に問題がなければ審査に通過する可能性は高いでしょう。

    審査時間は最短1時間〜1週間程度で完了し、eSIM申し込みなら審査完了後すぐに開通手続きが可能です。

    乗り換え(契約)手順も特別難しい点はないので、スムーズに乗り換えられるはずですよ。
    乗り換えキャンペーン実施中⇒
    LINEMO
    公式サイトを見る
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    ・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
    おすすめの記事