povo2.0のキャンペーンを紹介!利用のメリットや乗り換え方法まで

auが提供している格安プラン「povo2.0」は、月額基本料金0円から自分の好きな分だけデータをチャージできます。通信費用の節約につながるため、利用を検討している方もいるでしょう。

とはいえ「お得なキャンペーンは実施されている?」「povoを利用するメリットを詳しく知りたい」このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、povo2.0で実施中のキャンペーンや、キャンペーンを利用する際の注意点について解説します。

料金プランや乗り換える方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2022年最新】povo2.0で実施中のキャンペーン

おともだち紹介プログラム

おともだち紹介プログラム

povo2.0のユーザーから紹介を受けた人がpovo2.0を始めると、紹介者と紹介された人のそれぞれに特典が付与されるキャンペーンです。

 紹介者の特典は、1人につきデータが3GB(30日間)付与され、最大10人まで紹介可能。

紹介された人は、データ使い放題ボーナス(24時間)が1回分自動で進呈されます。

紹介者が事前にアプリから紹介コードを共有しておき、紹介される人が申し込み時に紹介コードを入力して契約を完了するとボーナスが付与されます。

おともだち紹介プログラムを利用する際には、povo2.0のアプリを最新バージョンへアップデートしましょう。


povo2.0のキャンペーンを利用する際の注意点

キャンペーンを利用する際の注意点
  • 同一名義のキャンペーン適用は1回線のみ
  • キャンペーン期間を確認する
  • 適用条件を満たす
  • おともだち紹介プログラムは事前に紹介コードの入力が必要

同一名義のキャンペーン適用は1回線のみ

スマホを操作する女性

ギガが付与されるキャンペーンは、同一名義で2回線以上の契約している場合でも適用されるのは1回線のみです。

 例えば「おともだち紹介プログラム」を適用する場合、紹介される人が入力できる紹介コードは1つです。

また、FIND povoも同一名義で複数回線を契約していても、特典の提供はいずれか1回線分だけという条件があります。

おともだち紹介プログラムで家族を紹介する場合でも、名義は分ける必要があるので注意しましょう。

キャンペーン期間を確認する

スケジュール帳

キャンペーンを利用する際には、実施期間を事前に確認しておきましょう

 「おともだち紹介プログラム」は終了日が決められていません。

キャンペーン終了後に、povoデザイン商品のQRコードを見つけたとしても、抽選には参加できません。

終了日が未定のキャンペーンは、予告なく終了する場合もあるので、利用したいキャンペーンがある人は速やかに申し込みましょう。

適用条件を満たす

スマホを操作する人

povo2.0に限らず携帯電話会社が実施しているキャンペーンにはそれぞれ適用条件があります。

 キャンペーンを利用する際には、自分が適用条件を満たしているかどうかを事前に確認しておきましょう。

また、キャンペーンの注意事項を確認しておくことも大切なポイントです。例えば「FIND povo」の場合は、獲得したプロモコードの転売は禁止されています。

またFIND povoの参加可能な抽選回数は、1日あたり1回までとなっています。

おともだち紹介プログラムは事前に紹介コードの入力が必要

スマホを持つ女性

おともだち紹介プログラムを利用するには、事前に紹介コードの入力が必要です。

 紹介コードを入力せずに申し込んでしまうと、データボーナスが付与されなくなってしまうので注意しましょう。

紹介者側はアプリ画面下部のおともだち紹介プログラムに関する項目の「詳細はこちら」を選択すると紹介コードが表示されるので、LINEやメールなどで共有しましょう。

紹介された人が紹介コードを入力してSIMの有効化まで終わると、紹介者側にメールとSMSで通知が届きます。

povo2.0へ乗り換える方法

新規契約

スマホで操作をする人

新規契約での流れ
  1. 必要なもの(本人確認書類・メールアドレスなど)を用意する
  2. 申し込み
  3. SIM開通手続き

新規契約で申し込む場合に必要なものは、本人確認書類(運転免許証など)・クレジットカード情報利用する端末メールアドレスの4点です。

メールアドレスは申し込みの際に必要ですが、キャリアメールでは登録できないので注意しましょう。

 povo2.0では端末の購入ができません。端末は大手キャリアや各メーカーから、SIMロックのかかっていないスマホを購入しておきましょう。

申し込みはアプリから行えます。画面の指示に従って必要事項などを入力して本人確認を行えば、申し込みは完了です。

povo2.0ではスマホとSIMが一体になったeSIMも対応しているので、eSIMを利用したい人はeSIM対応端末を用意しましょう。

他社からの乗り換え(UQモバイルを含む)

スマホを操作する人

他社から乗り換える流れ
  1. 必要なもの(本人確認書類・メールアドレスなど)を用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 申し込み
  4. SIM開通手続き

他社からpovo2.0へ乗り換える場合、利用中の携帯電話番号を引き続き利用するためにMNP予約の取得が必要です。

 MNP予約番号は申し込み時に利用するので、事前に利用中の携帯電話会社で取得手続きをしておきましょう。

povo2.0の場合、MNP予約番号の有効期限が13日未満だと申し込みができないので、取得後は速やかに申し込むようにしましょう。

大手キャリアからの乗り換えはメール引き継ぎサービスを利用しない限り、キャリアメールが使えなくなるので注意が必要です。

povo1.0からの変更

スマホ

povo1.0から変更する流れ
  1. 必要なもの(クレジットカード情報など)を用意する
  2. au ID認証とpovo2.0のアカウントを作成する
  3. 契約手続き
  4. SIM開通手続き

povo2.0の旧サービスである「povo1.0」へのプラン変更は、クレジットカード情報と利用端末の2つがあれば申し込めます。

 povo1.0からのプラン変更は、MNP予約番号を取得してしまうと手続きができないので注意しましょう。

povo1.0からの変更手続きは、povo1.0で契約回線がある端末から実施する必要があります。

povo1.0は新規受付を終了しておりpovo2.0へ移行後に戻ることはできないので、料金等を確認しておきましょう。

auからの乗り換え

スマホを操作する人

auから乗り換える流れ
  1. 必要なもの(クレジットカード情報など)を用意する
  2. au ID認証とpovo2.0のアカウントを作成する
  3. 契約手続き
  4. SIM開通手続き

auからの乗り換えは、povo1.0からのプラン変更と同様に手続きが少ない点がメリットです。

 MNP予約番号の発行やauで購入したスマホであれば、SIMロックの解除は必要ありません。

ただしauかんたん決済など、auで利用できていたサービスの一部が使えなくなるので、注意しましょう。povo2.0の支払い方法はクレジットカードのみです。

キャリアメールの引き継ぎはできますが、povo2.0のアカウントには利用できないのでフリーメールなどを用意しておきましょう。

povo2.0の基本情報

povo2.0

povo2.0の特徴
  • 基本料金0円から始められる
  • 好きな時にデータを追加できる
  • 通話やコンテンツのトッピングも利用できる

「povo2.0」は月額基本料金が0円で、自由にデータトッピングを購入することで高速通信が利用できる格安料金プランです。

 データトッピングを使っていない間は、送受信最大128kbpsの低速通信になります。

国内通話料は通常30秒あたり22円(税込)ですが、通話を利用する機会が多い人に向けた2つの通話トッピングも提供しています。

760円(税込)で「DAZN」が7日間使い放題になるといった、コンテンツトッピングも利用できますよ。
月額基本料金 0円
データトッピング(税込) 1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
データ使い放題(24時間) 330円
国内通話料(税込) 22円/30秒

povo2.0を利用するメリット

povo2.0を利用するメリット
  • ギガを獲得できるキャンペーンを実施中
  • データを自由に追加できる
  • 通信速度が安定している

ギガを獲得できるキャンペーンを実施中

スマホを持つ人

2022年7月時点でpovo2.0では、ギガを獲得できる「FIND povo」と「おともだち紹介キャンペーン」という2つのキャンペーンを実施中です。

そのため通信データをよく利用する人は、キャンペーン実施中の申し込みをおすすめします。

 身近な人がpovo2.0をすでに利用しているという人は、その人に紹介コードも貰ってから申し込むようにしましょう。

キャンペーンを適用する際には、実施期間や適応条件を確認しておきましょう。

データを自由に追加できる

スマホを操作する女性

povo2.0は月額基本料金が0円で、好きなタイミングで自由にデータを追加できる点もメリットです。

期間やデータ量によって異なる6種類のデータトッピングを提供していて、1回330円(税込)で丸1日データ使い放題になるトッピングも利用可能です。

 povo2.0はテザリングにも対応しているので、24時間使い放題を活用すればデータ量を気にせずパソコンやゲーム機でインターネットが使えます。

音声通話を利用せずにトッピングを購入しなければ追加料金が発生しないので、低速環境下であれば月額0円での運用もできます。

自由にデータ購入できるので、データをあまり使わない人もデータをたくさん使う人にもおすすめですよ。

通信速度が安定している

スマホを見つめる男性

povo2.0はau回線の4Gと5G通信を使用しており、通信速度が安定している点もメリットだといえます。

「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参考にすると、2022年7月時点でのpovo2.0の平均下り速度は81.3Mbpsです。

 実際の速度は通信エリアや時間帯によっても異なりますが、下り速度が80Mbpsを超えていれば安定したインターネットを利用可能です。

例えばYouTubeを視聴するのに推奨される持続的な速度は4Kが20Mbpsで、HD 1080pが5Mbpsとされているので、povo2.0では十分快適に視聴できると言えるでしょう。

通信速度を重視して格安SIMを選びたいという人にも、povo2.0はおすすめです。

povo2.0を利用するデメリット・注意点

povo2.0を利用するデメリット・注意点
  • 乗り換え時に利用できるキャンペーンが多くない
  • キャリアメールの引き継ぎは有料
  • 180日以内に有料トッピングを利用する

乗り換え時に利用できるキャンペーンが多くない

封筒に入った紙幣

携帯電話会社では乗り換え時に料金や端末の割引を実施しているケースが多いですが、povo2.0ではギガが獲得できるキャンペーンのみです。

 povoは端末の販売を行っていないので、割引がありません。

povo2.0では利用料金や端末などの割引キャンペーンを実施していませんが、通常の料金がお得なので、乗り換えることでスマホの料金を見直せます。

乗り換え時に特典を受けたい人は、おともだち紹介プログラムを活用しましょう。

キャリアメールの引き継ぎは有料

メールアプリ

povo2.0でezweb.ne.jpなどのキャリアメールを利用したい人は、ドコモやauなどのキャリアが提供している有料のメール持ち運びサービスを申し込む必要があります。

 例えばauの場合は、au解約後31日以内に申し込むと月額330円(税込)でキャリアメールの持ち運びが可能です。

持ち運びを利用しない場合は、事前にフリーメールなどを別途作成しましょう。

キャリアメールを引き継がない人は、解約前にキャリアメールを利用している会員情報などを変更しておくべきです。

180日以内に有料トッピングを利用する

iPhone 13

povo2.0は、低速通信であればデータトッピング不要で利用できます

 ただし、180日以内にデータトッピングなどの有料トッピング購入がない場合には、契約解除や利用停止となるケースもあるので注意しましょう。

できるだけデータトッピングを使わずにpovo2.0を利用したいという人でも、定期的にトッピングを購入する必要があります。

料金をできるだけお得に利用したい人は、330円(税込)のデータ使い放題(24時間)がおすすめです。

まとめ

今回は、povo2.0のキャンペーンやキャンペーンを利用する際の注意点について解説しました。

povo2.0への申し込み時には、紹介コードを入力することでデータが受け取れる「おともだち紹介プログラム」が利用可能です。

povo2.0は月額基本料金0円から自由にデータを購入できるので、スマホをたくさん使う人にもあまり使わない人にも向いているでしょう。

ぜひpovo2.0へ申し込んで、スマホ料金を見直してみてはいかがでしょうか?
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事