povoは0円運用できる?お得に利用する方法やメリット・注意点を解説

自分の好きな時にデータをチャージして使える「povo2.0」は、これまでのスマホにない新しい料金プランで注目を集めています。

povo2.0は月額基本料金が無料なので、利用を検討している人も多いでしょう。

とはいえ「すっと無料のまま使える?」「0円運用の仕方や注意点を詳しく知りたい」このような疑問を持っていて、なかなか踏み出せずにいませんか?

そこでこの記事では、povo2.0を0円で運用するポイントや注意点について解説します。

povo2.0のメリットやデメリット、申し込み方法なども解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

povo2.0は0円運用可能!まずは基本情報をチェック

povo2.0

povo2.0の料金プラン
  • 月額基本料金0円
  • 好きな時にデータをトッピング
  • トッピングなしでもデータ通信可能
  • 通話やコンテンツのトッピングも

「povo2.0」は、au回線が利用できるオンライン専用の格安SIMで、月額基本料金0円から利用を始められます。

 自分の好きなタイミングでデータトッピングを購入すると、モバイルデータの高速通信が使えるように。

データトッピングの利用が終了しても、送受信最大128kbpsでデータ通信が可能です。

データトッピング以外に発生する料金としては国内通話料があり、30秒につき22円(税込)の料金が発生します。

通話トッピングやコンテンツトッピングなどのトッピングで、自分の好きにカスタマイズできますよ。
月額基本料金 0円
データトッピング(税込) 1GB(7日間) 390円
3GB(30日間) 990円
20GB(30日間) 2,700円
60GB(90日間) 6,490円
150GB(180日間) 12,980円
データ使い放題(24時間) 330円
国内通話料(税込) 22円/30秒

povo2.0を0円運用する方法

コイン

povo2.0では、使い方次第では月額0円での運用ができます

好きなタイミングでデータトッピングができますが、データトッピングをしなくても低速(送受信最大128kbps)でのデータ通信が可能だからです。

 ただし、180日間以上有料トッピングの購入が無いと利用停止や契約解除となる場合があるので、注意しましょう。

高速通信を利用する場合でも長期間利用できるトッピングを購入すれば、翌月以降からの0円運用が可能です。

例えば、90日間60GBのデータを利用できるトッピングを購入すれば、購入した翌月と翌々月は高速通信を月額0円で運用できます。

標準の通話アプリで通話サービスを使うと料金が発生してしまうので、0円での運用はできなくなってしまいますよ。

povo2.0を0円運用するポイント

povo2.0を0円運用するポイント
  • 通話はLINEなどを活用する
  • 自宅ではWi-Fiに接続する
  • 180日以内にトッピングを購入する
  • サブ回線としての利用にもおすすめ
  • おともだち紹介プログラムを活用する

通話はLINEなどを活用する

メッセージアプリのアイコン

povo2.0では30秒で22円(税込)の通話料が発生するので、0円運用をするためには標準の通話サービスを利用しないことが大切です。

 標準の通話アプリでの通話を利用しないためには、LINEなどの無料通話が利用できるアプリを使用しましょう。

LINEはLINE間のメッセージや通話を無料で使用できるため、povo2.0で活用することで0円運用が可能になります

通信速度が最大128kbpsに制限されていると、音声が途切れることがあるので、可能な限りWi-Fiを活用しましょうね。

自宅ではWi-Fiに接続する

Wi-Fiルーター

povo2.0で0円運用をするためには、送受信速度が128kbpsに制限されてしまうので、可能な限りWi-Fiに接続するようにしましょう。

 スマホをWi-Fiに接続すれば、速度制限の有無に関係なく高速通信でインターネットが利用できるようになります。

通信速度が128kbpsに制限された状態の場合、SNSの閲覧や動画視聴などが思うように利用できないので注意が必要です。

外出先などでは、カフェや飲食店などで利用できるフリーWiFiの利用がおすすめですよ。

180日以内にトッピングを購入する

紙幣を数える人

povo2.0で0円運用をする際に気をつけておきたいポイントが、180日以内に必ず有料トッピングを購入するということです。

 180日間以上データトッピングや通話トッピングなどの購入がない場合には、利用停止や契約解除となることがあります。

裏を返せば、180日以内に1度でも有料トッピングを購入すれば、利用停止や契約解除はありません。

1日分だけトッピングしたいという場合には、330円(税込)の「データ使い放題」がお得です。

また、エンタメアプリ「smash.」の有料プランが24時間利用できるコンテンツトッピングも1回220円(税込)で購入可能です。

サブ回線としての利用にもおすすめ

スマホを操作する人

povo2.0は基本料金0円で利用でき、適宜データを購入して高速通信を使用できるようにするので、2回線目(サブ回線)としての利用もおすすめです。

 メイン回線で通話を利用すれば、サブ回線のpovo2.0を0円運用することは十分可能です。

普段メイン回線を使用してpovo2.0を0円運用しておき、旅行や出張などデータをたくさん使いたい時だけ「データ使い放題」をトッピング利用するなどの使い方ができます。

povo2.0ではテザリングも利用できるので、ポケット型WiFi・モバイルルーターの代わりとして利用することも可能です。

おともだち紹介プログラムを活用する

手を繋ぐ人

povo2.0では、紹介した人がpovo2.0を始めるとギガがプレゼントされる「おともだち紹介プログラム」を実施しています。

 紹介する人は1人紹介するごとに3GB(30日間)が付与され、最大10名までを招待可能です。

また、これからpovo2.0を始めるという人は、povo2.0のユーザーの紹介で始めればデータ使い放題が1回付与され、データトッピング購入でボーナスも受けられます。

おともだち紹介プログラムを活用して、無料でデータを獲得して0円運用に活用しましょう。

povo2.0を利用するメリット

povo2.0を利用するメリット
  • 好きな時にデータチャージできる
  • データ使い放題トッピングがある
  • 通信速度が安定している

好きな時にデータチャージできる

スマホを操作する人

povo2.0の大きなメリットのひとつが、基本料金0円で好きな時にデータチャージができることです。

 データチャージをしなくても、低速でのデータ通信が使えます。

リモートワークやオンライン授業で自宅にいる時間が多く、スマホはほとんどWi-Fiを利用しているという人であれば、0円運用も可能といえるでしょう。

データトッピングを購入する場合には、より利用期間の長いトッピングを購入した方がお得ですよ。

データ使い放題トッピングがある

スマホを操作する女性

povo2.0は、データ使い放題のトッピングが利用できる点もメリットです。

 1回330円(税込)で24時間データ使い放題になるので、普段0円で運用して外出時だけ高速通信を使いたいという人の利用にも最適です。

テザリングにも対応しているので、24時間データ使い放題を購入すればパソコンやゲーム機でデータ容量を気にせずインターネットを利用できます。

データ使い放題は、トッピングを購入完了した時点から24時間の高速通信が利用できるようになります。

通信速度が安定している

Galaxy S21

povo2.0は、au回線の安定した通信速度が利用できます。利用者の速度測定結果が分かる「みんなのネット回線速度(みんそく)」によると、2022年7月時点での平均速度は下記の通りです。

平均下り速度 81.3Mbps
平均上り速度 14.9Mbps

格安SIMへの乗り換えで速度面が不安という人は、povo2.0への乗り換えをおすすめします。

みんそくによると、povo2.0は平均下り速度が80Mbpsを超えているので、SNSや動画視聴などの基本的なインターネットは快適に利用できるでしょう。

上記の結果はあくまで高速通信利用で、0円運用の場合は通信速度が制限されるので注意が必要です。

povo2.0を利用するデメリット・注意点

povo2.0を利用するデメリット・注意点
  • 完全な0円運用はできない
  • 乗り換え時には動作確認端末を確認する
  • 手続きやサポートはすべてオンライン

完全な0円運用はできない

紙幣とコイン

これまで解説してきた通りですが、povo2.0は180日以上有料トッピングを購入しないと利用停止や契約解除となる場合があるので、完全な0円運用はできません

 0円運用を目的にpovo2.0へ乗り換えるという人も、180日以内に何らかの有料トッピングを購入が必要です。

また、0円運用時の速度は送受信最大128kbpsなので、インターネットの利用に不便に感じることがあるでしょう。

povo2.0の月額料金をお得に利用したいという人は、自宅のWi-Fiを活用してデータを節約しましょう。

乗り換え時には動作確認端末を確認する

スマホを持つ人

povo2.0では端末の販売を行なっていないので、povo2.0で使用するスマホは自分で用意する必要があります。

 現在利用中のスマホをpovo2.0でも使いたい人は、乗り換え前の必ず動作確認端末かどうかを確認しましょう。

また、新しくスマホを購入したいという人も、購入前に動作確認端末かどうか確認することが大切です。動作確認端末は、povo2.0公式サイトから確認できます。

スマホにSIMが内蔵されたeSIMは対応機種が少ない場合があるので、注意しましょう。

手続きやサポートはすべてオンライン

スマホを操作する人

povo2.0は、オンライン専用プランなので、申し込み手続きやサポートは全てオンラインです。

 auショップでの申し込みも対応していないので、基本的に自分でスマホやパソコンからの申し込みが必要です。

サポートは9〜21時のチャットサポートのみ利用できます。

手順通りに進めていけば、そこまで難しい手続きはありませんよ。

povo2.0に申し込む手順

新規契約

スマホを操作する女性

新規契約の流れ
  1. 動作確認端末か確認する
  2. 必要なものを用意する(本人確認書類など)
  3. 申し込む
  4. SIM開通手続きをする

新規契約の場合は、povo2.0で利用するスマホを購入しておく必要があります。動作確認済みの端末か、事前に確認したうえで申し込みましょう。

 申し込みには、本人確認書類とクレジットカード情報が必要です。

また申し込みにはpovo2.0で登録するメールアドレスも必要になるので、フリーメールなどで作成しておきましょう。キャリアメールでは登録できません

povo2.0アプリから申し込みを行います。申し込み完了後、SIMカードが届き次第端末のSIM開通手続きをしましょう。

eSIMはSIMカードが不要なので、SIMカードでの申し込みよりスムーズに開通手続きができますよ。

他社からの乗り換え

Wi-Fi

他社から乗り換える流れ
  1. 動作確認端末か確認する
  2. 必要なものを用意する(本人確認書類など)
  3. MNP予約番号を取得
  4. 申し込む
  5. SIM開通手続きをする

他社かの乗り換えと新規申し込みの大きな違いは、「MNP予約番号の取得」の有無です。

MNP予約番号を利用中の携帯電話会社で取得し、povo2.0への申し込み時にその番号を入力すれば、携帯電話番号を引き継ぐことが可能です。

 MNP予約番号には有効期限があるので、取得後はできる限り早く申し込むようにしましょう。

また他社からの乗り換えの場合、キャリアメールが無料で利用できなくなります

大手キャリアからの乗り換えでpovo2.0でもキャリアメールを使いたい人は、各キャリアが実施している有料のメール持ち運びサービスを利用しましょう。

大手キャリアで購入したスマホの場合は、機種によってSIMロックの解除が必要な場合もあるので確認が必要です。

povo1.0からの変更

スマホとコップを持つ人

povo1.0から変更する流れ
  1. 動作確認端末か確認する
  2. 必要なものを用意する(クレジットカード情報など)
  3. au ID認証と、povo2.0のアカウント作成
  4. 申し込む
  5. SIM開通手続き

povo1.0は、povo2.0の前に提供されていたサービスです。MNP予約番号を取得すると、povo1.0からの変更ができないので注意しましょう。(MNP予約番号はキャンセル可能です。)

povo1.0からの変更の場合は、本人確認書類は不要で、クレジットカード情報とpovo2.0に対応している端末だけで申し込めます。

SIMカードは変更となるので、申し込み後に再度開通手続きが必要になります。

auからの乗り換え

笑顔でスマホを見つめる男性

auからの乗り換えの流れ
  1. 動作確認端末か確認する
  2. 必要なものを用意する(クレジットカード情報など)
  3. au ID認証と、povo2.0のアカウント作成
  4. 申し込む
  5. SIM開通手続き

auからの乗り換えの流れは、povo1.0と同じような流れになっています。MNP予約番号を取得すると申し込めないので、注意しましょう。

auのメールアドレスを引き続き利用するには、メール持ち運びサービスへの申し込みが必要です。

povo2.0はこんな人におすすめ

スマホを操作する人たち

povo2.0はこんな人におすすめ
  • スマホを0円運用したい人
  • 大手キャリアから乗り換える人
  • 月に使うデータ量に差がある人
  • 自宅ではWi-Fiを利用できる人
  • サブ回線として利用したい人

povo2.0は、月額基本料金が0円なので、0円でスマホを運用したい人におすすめです。ただしずっと0円で使えるわけではなく、180日以内に必ず有料トッピングの購入が必要となります。

 使い方次第ではありますが、大手キャリアからの乗り換えでスマホの利用料金を大幅に節約することも可能です。

自分で必要に応じてデータトッピングを購入するので、月によって使用するデータ量に差があるという人にも向いています。

自宅でスマホを使う際にはWi-Fiを活用することで、使用するモバイルデータ量が節約できるので、料金がよりお得になるでしょう。

使わない時は料金が発生しないので、サブ回線としての利用にも活用してみてください。

まとめ

今回は、povo2.0を0円で運用するポイントや注意点について解説しました。

povo2.0は月額基本料金が0円で、データトッピングは好きなタイミングで購入できるので、月額0円での運用は十分可能です。

ただし、0円運用は速度が大幅に制限され、180日以内に有料トッピングの購入が必要などの注意点もあります。

今回紹介した0円運用のポイントなどを参考にしながら、povo2.0でお得にスマホを利用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事