楽天モバイルからahamoへ乗り換える手順は?デメリットも解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

今回は、楽天モバイルからahamoへ乗り換える手順について解説します。また乗り換えるメリット・デメリットも紹介していきます。

現在では、大手キャリアがメインであったスマートフォン市場に格安スマホが参入してきています。中でも、楽天モバイルは大手キャリアの仲間入りを果たしたと言っても過言ではありません。

そして、楽天モバイルだけでなく、ドコモが提供する格安スマホのahamoにも注目が集まっているため、楽天モバイルからahamoへの乗り換えを検討している方もいるのではないでしょうか。

楽天モバイルからahamoへの乗り換えがおすすめな人や乗り換えのタイミングなども紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

【7ステップ】楽天モバイルからahamoに乗り換える手順 

楽天からahamoに乗り換える時に「自分一人でできるのか不安」という方も少なくないでしょう。

以下の7ステップを解説しているので、ひとつずつチェックしていきましょう。

1.対応端末を確認する

楽天モバイルからahamoへ乗り換える際は、まず対応端末を確認しましょう。ahamo公式サイトにて、iPhone・Android・その他という種類から検索可能です。

対応端末を確認する際はキャリア選択・メーカー選択をして絞り込むと、お目当ての機種が使用できるか簡単に分かります。なお、楽天モバイルで使用できる主な端末は以下の通りです。

主な端末
  • ASUS ZenFone 5
  • Essential Phone
  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • LG Q stylus
  • OPPO Reno7 A
  • Galaxy note 10+
  • AQUOS R compact SH-M06
  • Xperia Ace
  • arrows M04

もちろん上記以外にも多くの端末が対応しています。また、今後も対応端末が増えていく可能性が高いため、乗り換えを検討している方は定期的にチェックしておきましょう。

利用中の端末が対応している場合、SIMを入れ替えることですぐに使用できます。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

2.本人確認書類などの準備

ahamoへ申し込みをするにあたって、必要書類を準備する必要があります。手続きには本人確認書類が必要であり、主に以下の書類が利用可能です。

必要書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証と補助書類(住民票のみ)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類は運転免許証があれば問題なくクリアできます。しかし、運転免許証がない場合は保険証・マイナンバーカード・パスポートなどで代用することが可能です。

また、上記に記載した以外の本人確認書類として、官公庁から発給・発行された書類も挙げられますが、それらを使用した申し込みについては事前に問い合わせておくことをおすすめします。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

3.楽天モバイルでNMP予約番号を発行する

楽天モバイルでMNP予約番号を発行します。MNP予約番号はmy楽天モバイルから以下の手順で発行できるため、手続きをスムーズに行えるよう把握しておきましょう。

MNP予約番号発行手順
  1. my楽天モバイルにログインし各種手続き画面を表示
  2. 各種手続きの「その他のお手続き」から「手続きへ進む」を選択
  3. 「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択
  4. 必要事項を入力し「MNP予約番号を発行する」を選択
  5. 手続き完了

MNP予約番号の発行は決して難しい操作でないため、空いた時間で取得できます。なお、MNP予約番号の有効期限は発行日を含め15日間であり、期限が過ぎてしまった場合は同じ手続き方法で再取得が必要です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

4.公式サイトでの申し込み

MNP予約番号の発行・本人確認書類の準備ができたらahamo公式サイトから申し込みを行います。ahamo公式サイトからの申し込みを行う手順は以下の通りです。

申し込み手順
  1. ahamo公式サイトにアクセスし「今すぐ申し込み」を選択
  2. 契約プラン・オプションを選択
  3. MNP予約番号・現在の電話番号を入力
  4. 本人確認書類を指定の方法でアップロード
  5. 契約情報を入力
  6. ネットワーク暗証番号の設定・受取日時を選択
  7. 支払い方法を選択
  8. 注意事項等を確認のうえ同意

特に難しい操作はなく、基本的にはahamo公式サイトにて表示されている案内通りに進めれば問題ありません。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

5.SIMカードの受け取りと開通手続き

申し込み手続きが完了するとSIMカードが届くので、以下の作業を行いましょう。

SIMカード到着後の作業
  • データのバックアップ
  • 開通手続き

バックアップ方法は使用する端末により異なるため、利用している端末に適した流れを確認しておくことが重要です。なお、開通手続きについては出荷後15日以内に実施する必要があります。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

6.SIMの取り付けとAPN設定

開通手続きが完了したら、端末にSIMカードを取り付けます。ahamoから届いたSIMカードを使用端末に挿入して、APN設定を行いましょう。

APN設定とは「Access Point Name」のことで、データ通信するために必要な設定です。そして、ahamoでのAPN設定は以下の手順で行います。

APN設定方法
  1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」を選択
  2. 「モバイルネットワーク」を選択
  3. 「アクセスポイント名」を選択
  4. 右上の「+」ボタンを選択
  5. 「名前」に任意のものを入力
  6. 「APN」を「spmode.ne.jp」に設定
  7. 「認証タイプ」は「未設定」あるいは「なし」を選択
  8. 「APNプロトコル」を「IPv4/IPv6」に設定
  9. 右上の三点を選択して「保存」をタップ
  10. 設定したAPN設定にチェックを入れて完了

上記はAndroid端末における設定手順です。Androidのバージョンや機種により異なる場合もありますが、大きく変わらないため、事前に確認しておくことをおすすめします。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

7.利用開始

ここまでの流れを完了させると、楽天モバイルからahamoへの乗り換えが完了して利用を開始できます。基本的には楽天モバイルまたはahamoの公式サイトの指示に従えば、問題なく手続きできるでしょう。

ただし、必要書類など自身で準備しなければいけないものもあるため、スムーズに乗り換えを行うためにも、手続きの手順を確認しておくことが重要です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天モバイルからahamoへ乗り換える7つのメリット

利用スタイルにより月額料金が安くなる場合がある

楽天モバイルからahamoへ乗り換えた際、利用スタイルによっては月額料金を抑えられます。それぞれの料金を以下表にまとめたので、比較するためにも内容を確認しておきましょう。

キャリア名月額料金(税込)
楽天モバイル※1
  • 0GB~3GB:1,078円
  • 3GB超過後~20GB:2,178円
  • 20GB超過後~:3,278円
ahamo※2
  • 20GB:2,970円
  • 100GB:4,950円(大盛りオプション80GB追加)

楽天モバイルとahamoの月額料金を比較すると、楽天モバイルの方がお得な印象を受けるでしょう。しかし、通話が多い人はahamoの方がお得に利用できる可能性があります

 例えば、それぞれ20GBまでデータ容量を使用する場合、楽天モバイルは月額2,178円(税込)、ahamoは月額2,970円(税込)であり、楽天モバイルの方が月額料金は安いです。

しかし、楽天モバイルはRakuten Linkアプリを利用しない限り30秒あたり22円(税込)の通話料金が発生します。一方で、ahamoは5分までは無料です。

このように楽天モバイルは1分で44円(税込)、5分で220円(税込)の通話料金が発生するため、毎月電話をする回数・時間が多いとahamoの月額料金を超えてしまいます。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

プラチナバンド対応で繋がりやすい

ahamoはプラチナバンドに対応しているため、さまざまなエリアで繋がりやすいです。なお、ahamoはドコモが提供しているため、回線とバンド(周波数帯)は同じものを利用します。

 ドコモの4GLTE回線では、Band1・Band3・Band19が使用されることが多いです。そのうち、Band19はプラチナバンドに該当します。

プラチナバンドとは700MHz~900MHzの周波数帯を中心とした電波帯域を示す俗称です。周波数が低いと、障害物があっても安定して通信を行うことができます。

そのため、他の周波数帯を利用するキャリアより電波が悪くなりにくいでしょう。また、楽天モバイルはプラチナバンドに対応していないため、ahamoに乗り換えれば快適に通信できる可能性も高まります。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

5分以内の音声通話がかけ放題

ahamoは5分以内の国内通話料金が無料であるため、短時間での通話であれば何度利用しても料金は発生しません。

 楽天モバイルも国内通話においてRakuten Linkアプリを利用すると無料です。ただし、通常の音声通話は30秒あたり22円(税込)かかるので注意しましょう。

また、楽天モバイルではかけ放題となるサービスを提供していますが、インターネット回線を利用して通話を行うことから電波によっては安定しない可能性があることも確認しておきたいポイントです。

普段から電話をする機会が多い人は、ahamoの方が活用しやすいでしょう。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ドコモ家族割の対象に含まれる

ahamoはドコモの家族割を適用できませんが、家族割の回線としてカウントすることは可能です。ドコモが提供する家族割「みんなドコモ割」は回線数で割引率が変わるサービスであり、家族内に対象者が多いほどお得に利用できます。

 みんなドコモ割はファミリー割引グループ内にて、条件を満たした回線数に応じ月額料金を最大1,100円(税込)割引するという内容です。

代表回線から三親等以内の親族であれば、同居・別居のどちらでもグループを組めます。そのため、ドコモを使う家庭ではahamoで契約した回線が家計に貢献するでしょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

海外で利用できるデータ量が増える

楽天モバイルの場合、海外で使用できるデータ通信量は1ヶ月で2GBです。また、2GBを超過してからの通信速度は最大128kbpsに制限されます。

一方で、ahamoは海外データ通信が20GBまで無料であるため、楽天モバイルと比較して活用しやすいでしょう。データ通信を行える対象国も、日本人が渡航する国の95%をカバーしています。

 ahamoで海外データ通信を使用するにあたって、申し込みは必要ありません。追加料金不要で、海外82の国と地域でデータ通信を利用できます。

海外でデータ通信を使用する際はスマートフォンのデータローミングをオンに設定します。なお、大盛りオプション加入していても、海外での月間利用可能データ量は20GBから変わりません。

公式サイトで対応エリアを検索できるため、渡航の際はチェックしておきましょう。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

dポイントの付与がある

ahamoを利用することで契約回線の利用料金1,100円(税込)につき、dポイントが10ポイント付与されます。

 dポイントを獲得できる対象の利用金額は、基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料です。

獲得したdポイントはドコモ商品の購入や端末代金、携帯利用料金などの支払いに使えます。さらに、以下の方法で付与されたポイントを活用することが可能です。

dポイントの使い道
  • コンビニ・ファーストフード店などでの支払い
  • iDキャッシュバック
  • 商品との交換

普段からdポイントを活用している人であれば毎月の携帯料金の支払いで貯まるため、よりメリットを感じられるでしょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

乗り換え手数料がかからない

楽天モバイルからahamoに乗り換える際、コストが気になる人も多いでしょう。しかし、MNP予約番号の発行およびMNP転出手数料は無料です。

 契約解除料も無料であるため、無駄な出費なくahamoへの乗り換えられます。

乗り換えに手数料が発生する場合、コストがかかってしまうことから乗り換えを躊躇ってしまうかもしれません。その点、余計な費用を必要としない点は、乗り換えを考える人にとって大きなメリットです。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天モバイルからahamoに乗り換える5つのデメリット

楽天回線エリアでのデータ無制限がなくなる

楽天モバイルは、楽天回線エリア内ではデータ通信が制限なしで使い放題です。また、対応エリアであれば5G通信も無制限で利用できます。

しかし、ahamoに乗り換えることで楽天回線エリアでのデータ通信を無制限で使えなくなるため、動画やスマホアプリなどのコンテンツを思う存分楽しめない可能性も考えられるでしょう。

 楽天モバイルの公式サイトによると、楽天回線エリアは全国各地に広まっており、データ無制限で使えるエリアは人口カバー率98%を突破しています。

今でも繋がるエリアは続々と広がっており、地下駅・地下鉄でも楽天回線エリア化は推進中です。このような楽天モバイルの強みを活かせない点は、ahamoへ乗り換えるデメリットとして挙げられます。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

店頭でのサポートサービスがない

ahamoでは申し込みや問い合わせを店頭でサポートしてもらえません。すべてオンラインで対応してもらう形であるため、スマートフォンに対する知識が乏しい人はデメリットに感じるでしょう。

ドコモが提供する格安スマホなだけにドコモショップで対応してもらえるという認識の人もいるかもしれません。しかし、ドコモショップでもあくまでオンラインの案内を行う形を取っています。

ドコモショップにおけるahamoのサポート内容
  • ahamo WEBお申込みサポート
  • ahamo WEBお手続きサポート

ahamo WEBお申込みサポートは、ahamoの新規契約・他社からの乗り換え・ドコモのギガプランなどから料金プラン変更の申し込みサポートなどを実施しています。

 ahamo WEBお手続きサポートは、契約後の各種手続きにおける申し込みをサポートしてくれる内容です。

なお、各サポートを受けると3,300円(税込)の手数料がかかります。一方の楽天モバイルは、店舗でスタッフが対応してくれることから、操作が不慣れな人にとっては楽天モバイルの方が使いやすいでしょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天ポイントの付与がなくなる

楽天モバイルからahamoに乗り換えることで、楽天ポイントが付与されないことは注意点の1つです。

 楽天モバイルを使用していると、月々の支払い1,100円(税込)ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。固定費として毎月支払う分でポイントを貯められる点はメリットです。

しかし、ahamoに乗り換えることで楽天ポイントの付与が行われません。また、還元率が下がる点もahamoへ乗り換えるデメリットとして挙げられるでしょう。

楽天市場での買い物は通常還元率1倍のところ、楽天モバイルの利用で最大+3倍となります。また、楽天モバイルのキャリア決済で支払えば還元率は+0.5倍されますが、乗り換えると還元率は上がりません。

ahamoはdポイントを貯められますが、楽天ポイントユーザーにとっては魅力が減るでしょう。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天のオリジナル端末は使えない可能性がある

楽天モバイルではオリジナル端末「Rakuten Hand 5G」を展開しています。名前の通り5G通信に対応しており、スリムなボディが特徴です。

また、6,400万画素の高品質なカメラを搭載しており、SNS時代に適した端末と言っても過言ではありません。しかし、ahamoではRakuten Hand 5Gが使えない点に注意する必要があります。

 ahamoの対応端末一覧には、Rakuten Hand 5Gの名前がありません。そのため、楽天オリジナル端末を使いたい人はデメリットに感じるでしょう。

楽天モバイルで取り扱いのある端末すべてがahamoで使用できないわけではありません。オリジナルシリーズ以外は、多くの機種がahamoに対応しているため、端末を引き続き利用できることの方が多いでしょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽メールの継続使用には料金は発生する

楽メールとは楽天モバイルが提供する公式メールサービスです。「@rakumail.jp」にてメールアドレスを設定することで、メールサービスを利用できます。

また、楽メールは楽天ドメインのメールが使用できることに加えて、楽天モバイルのRakuten Linkアプリ内でメールサービスが無料で利用できることも特徴と言えるでしょう。

 ahamoに乗り換えて楽メールを使用する場合は、「楽メール持ち運び」を利用する必要があります。なお、楽メール持ち運びを利用するには月額330円(税込)の料金が必要です。

月額料金で考えると決して大きい金額ではありませんが、年間で考えると3,960円(税込)です。そのため、支払い続けるとなれば大きな出費を感じてしまうかもしれません。

楽天ドメインのメールが不要な人は問題ありませんが、乗り換え後も楽メールを継続して利用したい場合は、月額料金が発生することを把握しておきましょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ahamoの基本情報

ahamo

おすすめポイント
  • シンプルなプランで分かりやすい
  • 国内・海外で繋がりやすい
  • 申し込みはオンラインで24時間いつでも受付可能

ahamoの特徴として、料金プランがシンプルで分かりやすい点が挙げられます。20GBで基本料金2,970円(税込)※機種代⾦別途のプランを提供しており、複雑な内容のプランは一切ありません。

また、データ通信量の消費が激しい人は100GBで4,950円(税込)のahamo大盛りプランが便利でしょう。20GBの基本プランに、80GBの大盛りオプションを追加しており、データ容量をあまり気にせずに使えます。

 80GBの大盛りオプションの料金は月額1,980円(税込)です。ahamo大盛りでもテザリングを利用できるため、外出時に別の端末をインターネットに接続しても問題ありません。

そして、ahamoは高品質な4G・5Gネットワークにより時間帯による速度制限がないことも特徴です。ドコモ回線を使用しており、通信サービスエリアにて安定した通信を行えます。

申し込みは24時間いつでも受け付けているため、空いた時間を活用して手続きを進めることも可能です。申し込みサイトはシンプルで分かりやすいため、操作が不安な人でも問題なく手続きできるでしょう。

国内通話料金は5分無料であり、通話が多い人にとっても使い勝手が良いです。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
使用回線ドコモ
対応エリア全国
通信速度
  • 平均ダウンロード速度:151.2Mbps
  • 平均アップロード速度:16.76Mbps

※2023年2月時点の「みんそく」による調査

通信速度制限最大1Mbps
選択可能なSIMカードタイプSIM・eSIM
5G対応
契約期間・解約金なし
運営会社株式会社NTTドコモ

ahamo公式

※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天モバイルからahamoへの乗り換えがおすすめな人 

楽天モバイルに繋がりにくさを感じている人

楽天モバイルの通信エリアは、2022年10月時点で人口カバー率98%を突破しており全国各地で繋がります。また、パートナー回線であるauの電波を利用するエリアでも通信を行うことが可能です。

 楽天モバイルでも通信は可能ですが、プラチナバンドに対応していません。一方で、ahamoはドコモ回線を使用するためプラチナバンドに対応しています。

プラチナバンドに対応することで障害物がある場所、地下駅・地下鉄などでも繋がりやすいです。そのため、楽天モバイルを使い繋がりにくさを感じている場合、ahamoにすることで悩みを解決できるかもしれません。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

家族にドコモユーザーがいる人

家族にドコモを使用する人がいる場合は、楽天モバイルからahamoに乗り換えることでドコモの家族割である「みんなドコモ割」に影響することも見逃せません。

 ahamo自体は家族割適用外ですが、家族割の回線としてカウントされます。ドコモの家族割は回線数に応じて割引率が変わるため、カウントされる回線が1つでも多いとお得です。

つまり、楽天モバイルからahamoに乗り換えることで、家族にドコモユーザーがいる場合は家計の負担軽減に繋がります。回線数に応じて月額最大1,100円(税込)割引されるため、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

代表回線から三親等以内の親族の場合、同居・別居関わらずグループを組めます。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

海外への旅行や出張が多い人

楽天モバイルは海外でのデータ通信について、対象国で毎月2GBまで無料です。なお、海外で利用する場合はプランのデータ容量に2GBが加算されて、2GB超過後は最大128kbpsで通信を行います。

 ahamoは海外データ通信が20GBまで無料であるため、旅行や出張で出かける機会が多い人にとっては魅力を感じられるでしょう。

また、楽天モバイルは69の国と地域を対象としていますが、ahamoは日本人の渡航先の約95%である海外82の国と地域で利用可能です。

そのため、海外に行く機会が多い人はahamoに乗り換えることでよりメリットを感じられるでしょう。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

楽天モバイルからahamoへの乗り換える良いタイミングとは?

楽天モバイルからahamoへ乗り換えるベストなタイミングとして、使用データ量に達するぎりぎりのラインが挙げられます。その理由として、楽天モバイルの料金体系が関係しているのです。

 楽天モバイルは使用データ量により月額料金が変わるため、契約プランが0GB~3GBの場合は3GBに達するまで使用することをおすすめします。また、20GBまでのプランも同様です。

そして、ahamoの申し込み月は開通日から月末まで日割りで計算されるため、いつ契約しても問題ありません。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

 

【2023年最新】楽天モバイルからahamoへの乗り換えで利用できるお得なキャンペーン

ahamoでディズニープラスを楽しもうキャンペーン

ahamo公式

楽天モバイルからahamoへ乗り換えた際、ディズニープラスも契約することで豪華な特典がもらえるというキャンペーンです。対象者はahamoへ乗り換えでディズニープラスにドコモから入会した人で、以下の特典を受けられます。

特典内容
  • 期間・用途限定dポイント3,900ポイントプレゼント(対象者全員)
  • オリジナルQUOカード5,000円分(抽選5名様)
  • オリジナル限定壁紙(対象者全員)

期間・用途限定のdポイント3,900ポイントとオリジナル限定壁紙は、対象者全員に対してプレゼントされます。また、オリジナルQUOカード5,000円分については抽選で5名様に当選する形です。

キャンペーン自体は2022年4月1日(金)から開催されており、終了時期は未定です。ただし、賞品および特典は申し込む月によって異なる場合があるため、定期的にチェックしておくことをおすすめします。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

 

キャンペーン期間2022年4月1日(金)~終了時期未定
キャンペーン対象条件
  • 他社からahamoへ乗り換えてディズニープラスにドコモから入会した人
  • キャンペーンサイトからdアカウントにてエントリーした人
  • ahamoサイトで他社から携帯電話ポータビリティ(MNP)を利用し端末購入を伴うことなくahamoを契約した人
  • エントリーした月にahamoの利用開始の手続き完了した人
  • エントリーした月の月末時点でディズニープラスの契約があること
  • エントリーしたdアカウントと手順のなかで契約・開通したahamo回線に登録しているdアカウントが同一であること
キャンペーン特典
  • 期間・用途限定dポイント3,900ポイントプレゼント(対象者全員)
  • オリジナルQUOカード5,000円分(抽選5名様)
  • オリジナル限定壁紙(対象者全員)

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、楽天モバイルからahamoへの乗り換え手順、乗り換えのメリット・デメリットなどを解説しました。

楽天モバイルからahamoに乗り換えることで、使い方によっては料金を抑えられます。また、プラチナバンドに対応することから繋がりやすくなるため、現状の電波状況が不満な人は要チェックです。

そして、ahamoはドコモ家族割の回線としてカウントされるため、家族にドコモユーザーがいる場合にも便利なサービスでしょう。

ahamoが気になった方は、乗り換えを検討してみてくださいね。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事