ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順・タイミングを解説

楽天回線エリア内であればデータ実質無制限で利用できる楽天モバイル。月額3,278円(税込)とリーズナブルなうえ、専用アプリを使用すれば国内通話料も無料と魅力的な格安SIMです。

現在ソフトバンクを利用している人は、「楽天モバイルへ乗り換えたいけど手順が分からない」「乗り換え時の注意点などを知りたい」と気になることが多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順乗り換える際のメリット・デメリットについて解説します。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際のベストなタイミングについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際の嬉しいポイントは、楽天モバイルへの乗り換え手続きは簡単ということ。

本人確認書類の提出なども手持ちのスマホから簡単にでき、eSIM対応のiPhoneの場合、Web申込後なんと約5分で乗り換え可能です。

1スマホの動作確認とSIMロック解除を行う

楽天モバイルの対応製品確認

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際に利用中のスマホをそのまま使いたいという人は、動作確認とSIMロック解除が必要です。

 利用中のスマホが楽天モバイルで動作するかどうかは、公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」ページから調べられます。

またソフトバンクで購入した端末にSIMロックがかかっている場合には、ソフトバンクでSIMロックを解除しましょう

ソフトバンクのSIMロック解除手続きは、ソフトバンクショップ(店頭)もしくはWebサイト「My SoftBank」から可能です。

2021年5月12日以降にソフトバンク取扱店で製品を購入したスマホは、SIMロック解除は不要ですよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

2ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

iPhoneを操作する人

利用中の携帯電話会社から他社に乗り換える際には、MNP予約番号の発行が必要です。MNP予約番号を発行すると、乗り換え先でも同じ携帯電話番号が利用できます

 MNP予約番号は、利用中の携帯電話会社でMNP転出の希望を出して取得しましょう。

ソフトバンクでは、電話・ソフトバンクショップ・My SoftBankからMNP予約番号が発行できます。

My SoftBankからの手続きは24時間申し込み可能なので、時間がないという人におすすめです。

3楽天モバイルへ申し込む

1プランやSIMカードのタイプを選択

楽天モバイルのプランを選択する
MNP予約番号が発行できたら、Webページから申し込みましょう。申し込めるプランは「Rakuten UN-LIMIT VII」のみです。

 SIMのタイプは、物理的なSIMカードとスマホ内蔵型のeSIMの2つから選択できます。

eSIMは「AIかんたん本人確認(eKYC)」という本人確認方法を利用すると申し込みから約5分で開通できるので、すぐに乗り換えたい人におすすめです。

eSIMはSIMカードよりも対応機種が少ないので、事前に確認しておきましょう。

2製品を購入する(スマホをセットで購入する場合)

楽天モバイルの申し込み画面

楽天モバイルへの乗り換え時にスマホを購入したいという人は、プランやSIMのタイプを選択後に購入したい端末やカラー・メモリ容量などを選びます。

楽天モバイルではスマホがお得に購入できるキャンペーンを実施しているので、スマホが古くなった人や対応機種以外のスマホと使っている人は購入を検討してみてください。

スマホの保証オプションの加入や、関連アクセサリーの購入もできますよ。

3契約者情報の確認

楽天モバイル契約者情報の確認画面

プランや購入するスマホを選択したら「この内容で申し込む」を選択して、契約者情報の確認をしましょう。

契約者情報の確認の前に楽天会員へのログインが必要です。楽天会員でない人はこのタイミングでアカウントを作成しましょう。

メールアドレスやお届け先など契約者情報に誤りがある場合には、「契約者情報の変更」から正しい契約情報に修正しましょう。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

4本人確認書類のアップロード

楽天モバイル本人確認書類のアップロード

契約者情報を確認できたら本人確認書類のアップロードを行います。

有効な本人確認書類の一覧
・運転免許証
・運転経歴証明書
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・精神障がい者手帳
・療育手帳
・身体障害者手帳※1
・健康保険証※1
・住民基本台帳カード※1
・日本国パスポート※1
・在留カード(外国籍の方)
・特別永住者証明書(外国籍の方)

eSIMでの申し込みの場合は、本人確認方法で「AIかんたん本人確認(eKYC)」が選択できます。eKYCでは本人確認書類に加えて、自身の顔写真を撮影してアップロードする必要があります。

本人確認書類と契約者情報の氏名や住所などに誤りがないかを確認して、アップロードを行いましょう。

Rakuten UN-LIMIT VII お申し込み方法(お客様情報入力) - 楽天モバイル

※1 公共料金の請求書や領収書などの補助書類が必要です。

5MNP予約番号の入力

楽天モバイルMNP予約番号の入力画面

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えの場合には、本人確認のアップロード後にMNP予約番号の入力が必要です。

事前に取得しておいたMNP予約番号とMNPの有効期限電話番号を入力しましょう。

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

6お届け先と支払い情報の選択

楽天モバイル受け取り方法の選択

次に端末やSIMカードのお届け先と、支払い情報を選択します。

 お届け先は、登録先の住所や近くの楽天モバイルショップを選択可能です。

楽天モバイルの支払い方法は、クレジットカード(デビットカード)、口座振替、代金引換、楽天ポイントの4つです。

月額料金は代金引換は利用できず、製品代金は口座振替を利用できないので注意しましょう。

7申し込み内容や重要事項などを確認

楽天モバイル申し込み内容の確認

最後に、申し込み内容重要事項説明・利用規約を確認すれば申し込み完了です。申し込み完了後に本人確認の審査が完了次第、SIMカードや端末の発送準備が始まります。

本人確認の審査状況や発送状況などは、「my 楽天モバイル」から確認可能ですよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

4MNP開通手続きを行う

SIMカードの場合

iPhoneを持つ人

SIMカードの場合のMNP開通手続き
  1. my 楽天モバイルにログイン
  2. 申込番号から「転入を開始する」を選択
  3. 「MNP転入を開始する」を選択
  4. ソフトバンク回線が使えなくなることを確認
  5. SIMカードを入れ替える

開通手続きは、ソフトバンク回線が利用できる状態で手続きを行います。まず「my 楽天モバイル」にログインして、今回の申し込み番号の「転入を開始する」を選択しましょう。

 注意事項を確認して転入を開始して、しばらく経ってからソフトバンク回線が使えなくなったことが確認できれば開通手続きは完了です。

開通手続き完了後は楽天モバイルのSIMカードを挿入して、楽天回線が利用できるかを確認しましょう

楽天モバイルで購入したスマホを利用する場合には、製品の初期設定が必要です。

eSIMの場合

iPhoneを操作する人

eSIMの場合のMNP開通手続き
  1. 「my 楽天モバイル」アプリをダウンロードして起動
  2. 申込番号から「転入を開始する」を選択
  3. 「MNP転入を開始する」を選択
  4. ソフトバンク回線が使えなくなることを確認
  5. 「my 楽天モバイル」アプリから「開通手続きへ進む」を選択
  6. 「開通手続きが完了しました」という表示を確認

eSIMの開通手続きは「my 楽天モバイル」アプリから行いましょう。基本的な流れはSIMカードと同じですが、eSIMの開通手続きにはWi-Fi環境が必要です。

開通手続き完了後は、Wi-Fiをオフにした状態でインターネットが利用できるかを確認しましょう。

eKYCで本人確認を行うと、申し込みから最短5分から開通手続きを始められますよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

ソフトバンクから楽天モバイル|どのタイミングで乗り換えるべき?

スマホを操作する人

乗り換えるタイミング
  • 締め日を超過しない時期
  • 機種代金の支払いが完了した時
  • スマホの動作が重くなってきた時

ソフトバンクの料金は毎月10日・20日・月末のいずれかが締め日で、締め日を1日でも超過すると翌月分全額の支払いが生じてしまいます。

 楽天モバイルの開通手続きが完了した段階でソフトバンクが解約となるので、余裕を持って締め日の1週間程度前に申し込みを開始するのがおすすめです。

ソフトバンクでは違約金や契約解除料は発生しないので、締め日に気をつければ基本的にはいつ解約しても問題ありませんが、機種代金の残高には注意が必要です。

ソフトバンクで購入したスマホの支払いが残っている場合には、解約後も支払いを継続する必要があるので、機種代金の支払いが完了した時点で乗り換えるとよいでしょう。

利用しているスマホが古く動作が重くなってきたという人も、乗り換える良いタイミングと言えます。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるメリット

メリット
  • スマホの料金が節約できる
  • 国内通話料がお得
  • 乗り換え時の機種変更もお得
  • iPhoneがお得に購入できる
  • キャリアメールが使える
  • 楽天ポイントがお得に貯まる

スマホの料金が節約できる

紙幣を広げる人

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える大きなメリットのひとつは、スマホの料金を節約できることです。

ソフトバンクの主要プランである「メリハリ無制限」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」の割引適用前の月額基本料は下記の通りです。

ソフトバンク※1 7,238円
楽天モバイル※2 3GB:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円

データを20GB以上利用したとすると、楽天モバイルはソフトバンクよりも月々の料金を4,000円程度節約できます。3GB未満しか使わない人であれば6,000円以上の節約も可能です。

使ったデータ量によって料金が変化するので、どんな人も使いやすい点もメリットですね。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

※1 メリハリ無制限 - ソフトバンク

※2 Rakuten UN-LIMIT VII - 楽天モバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

国内通話料がお得

通話する女性

楽天モバイルは、国内通話料がお得な点もメリットです。

 通常の標準アプリ使用時は国内通話が30秒につき22円(税込)の通話料がかかりますが、専用アプリ「Rakuten Link」を使用すれば無料で利用できます。

Rakuten Link同士の通話はもちろん、Rakuten Link以外の電話番号への発信も無料です。

Androidスマホであれば、Rakuten Link経由からのSMSも無料で利用できます。

乗り換え時の機種変更もお得

スマホを操作する人

楽天モバイルではお得なキャンペーンも実施していて、ソフトバンクからの乗り換えと同時の機種変更にもおすすめです。

2022年8月時点でスマホがお得に購入できるキャンペーンは、下記の通りです。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン※1 回線とiPhoneセットで最大24,000円相当のポイント還元
スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン※2 回線とAndroidスマホをセットで最大19,000円相当分お得に

楽天のオリジナルスマホ「Rakuten Hand 5G」は、16,000円の端末値引きと最大3,000ポイントが受けられるので、実質1円で購入できます

特典で獲得した楽天ポイントは、月額料金の支払いや機種代金の支払いに利用可能ですよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

iPhoneをお得に購入できる

iPhoneで写真を撮る人

楽天モバイルは、iPhoneをお得に購入したい人にもおすすめです。楽天モバイルとソフトバンクのiPhone 13シリーズの販売価格の比較は下記の通りです。

iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
楽天モバイル※1 99,800円〜 117,800円〜 144,800円〜 159,800円〜
ソフトバンク※2 116,640円〜 138,240円〜 169,920円〜 187,200円〜

上記の通り2022年8月現在、楽天モバイルはソフトバンクよりも20,000円程度お得にiPhone 13を購入できます

さらに「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を適用して48回払いのiPhoneを25ヶ月目以降に返却して機種変更すると、残りの機種代金が不要になります。

iPhone 13(128GB)を25ヶ月目に返却すると58,904円の支払いが不要です。

※1 iPhone一覧 - 楽天モバイル

※2 製品情報 - ソフトバンク

※記載されている金額はすべて税込価格です。

キャリアメールが使える

ドコモから楽天モバイル キャリアメール

楽天モバイルでは2022年7月から、ソフトバンクの@softbank.ne.jpなどと同様にキャリアメールが利用できるようになりました

 無料で利用することができ、メールアドレスの設定も簡単です。

キャリアメールが利用できることで、容量の大きいメールの送受信が可能になったり、迷惑メールにフィルターをかけることなどが可能になります。

@rakumail.jpいうドメインが使えますよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天ポイントがお得に貯まる

スマホを操作する女性

楽天モバイルユーザーは、楽天市場で獲得できる楽天ポイント倍率がアップするので、楽天市場で買い物を利用する機会が多い人にもおすすめです。

 楽天モバイルの利用者はポイント倍率が+2倍、キャリア決済を利用するとさらに+0.5倍となります。

他にも楽天ひかりや楽天カード、楽天ブックスなどの楽天が提供しているサービスを利用するとポイント倍率が最大16倍まで増加します。

楽天モバイルへ乗り換えた人は、積極的に楽天市場を活用しましょう。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるデメリット・注意点

デメリット・注意点
  • 速度が遅くなることがある
  • 楽天回線エリアが限られている
  • MNPの期限に注意
  • パートナー回線は月間5GBまで
  • ソフトバンクメールの引き継ぎは有料

速度が遅くなることがある

スマホを操作する人

楽天モバイルは、ソフトバンクと比べると通信速度が遅くなりやすいです。

「みんなのネット回線速度(みんそく)」によると2022年8月時点での楽天モバイルとソフトバンクの平均下り速度は下記の通りです。

楽天モバイル 48.48Mbps
ソフトバンク 150.87Mbps

みんそくの結果を参考にすると、楽天モバイルの平均下り速度はソフトバンクの3分の1程度です。ソフトバンクから乗り換えると、通信速度が遅いと感じることがあるかもしれません。

とはいえ50Mbps程度の下り速度があれば、動画視聴やWebサイトの閲覧など基本的なインターネットは問題なく利用できますよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天回線エリアが限られている

スマホを操作する人

楽天モバイルは楽天回線エリア内でデータ使い放題で利用できますが、ソフトバンクと比べると通信エリアは限られています。

 楽天モバイルへ乗り換える際は、自分が利用する地域が楽天回線エリアに対応しているか確認しましょう。

楽天回線エリア外での通信は、パートナー回線(au回線)に自動的に接続されます

楽天回線エリアは、公式サイトの「通信・エリア」ページから確認できますよ。

MNPの期限に注意

カレンダー

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際には、MNP予約番号の有効期限切れに注意しましょう。

 MNP予約番号の有効期限は取得から15日間で、楽天モバイルにWebから申し込む場合は有効期限が7日以上残っている必要があります。

MNP有効期限が切れてしまうと再度取得する手続きが生じてしまうので、MNP取得後はなるべく早く乗り換えの手続きを開始しましょう。

楽天モバイルショップ(店舗)からの申し込みは、MNP有効期間内であれば手続きが可能です。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

パートナー回線は月間5GBまで

スマホを見つめる女性

楽天モバイルのデメリットとして、パートナー回線で高速通信が利用できるのは月間5GBまでということもあげられます。

 パートナー回線でデータ使用量が5GBを超過してしまうと、パートナー回線エリア接続時の通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

知らないうちにパートナー回線に接続されていて5GBを消費してしまうケースも考えられるので、モバイル通信を利用する際には接続されている回線を確認するクセをつけましょう

パートナー回線の速度制限を戻すには、1GBあたり660円(税込)のデータチャージが必要です。

ソフトバンクメールの引き継ぎは有料

@のロゴ

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えると、ソフトバンクのキャリアメールが無料で利用できなくなるので注意しましょう。

 ソフトバンクのメールアドレスを楽天モバイルで利用するには年額3,300円の「メールアドレス持ち運び」サービスへの加入が必要です。

楽天モバイルでは2022年7月から利用料無料のメールサービス「楽メール」の提供が開始しているので、料金をかけたくない人は楽メールを利用しましょう。

楽メールは、Rakuten Linkアプリ内でサービスが利用できますよ。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

メールアドレス持ち運び - ソフトバンク

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えがおすすめな人

笑顔でスマホを見つめる男性

乗り換えがおすすめな人
  • 月額料金を見直したい人
  • 通話を利用する機会が多い人
  • スマホの機種変更を考えている人
  • 楽天市場を利用する機会が多い人

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えると、スマホの月々の料金を見直せます。乗り換え前のソフトバンクのプランによっては毎月5,000円程度節約することも可能です。

 Rakuten Linkを使用すると国内通話が無料になるので、通話料を節約できます。

また乗り換え時にスマホがお得になるキャンペーンを実施しているので、スマホの機種変更を検討している人にもおすすめです。

楽天市場で獲得できるポイント倍率が増加するので、楽天市場をよく利用する人も向いています。

まとめ

今回は、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える手順や乗り換える際のメリット・デメリットについて解説しました。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えると、月額料金や通話料がお得になるなどのメリットがあります。

楽天モバイルへ申し込む際には、楽天回線エリアや対応機種を確認してから申し込むようにしましょう。

楽天モバイルで実施中のキャンペーンを利用して、ソフトバンクからお得に乗り換えてみてはいかがでしょうか。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事