光回線Wi-Fiを使うには工事が必須!流れやメリット・デメリットを紹介

これからWi-Fiでインターネットを利用したい方の中には、「Wi-Fiを利用する際に工事が必要なの?」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

また、工事をする必要がないWi-Fiがあるのか疑問に感じる方が多いのも事実です。

そこでこの記事では、Wi-Fiを利用する際の工事について解説。最後には工事が必要ないWi-Fiも紹介するので、これからWi-Fiを利用したいと考えている方は参考にしてみてください。

Wi-Fiを利用する際の工事について詳しく解説していきます。

光回線Wi-Fiの利用には工事が必要

光回線Wi-Fiの利用には工事が必要

Wi-Fiを利用する際に光回線で通信を行う場合は、自宅に光ファイバーを導入する回線開通工事が必要です。通常では自宅に光回線で使用する光ファイバーが通っていないことが、光回線の契約後に工事が必要となる理由ですよ。

一見するとデメリットがあるように聞こえますが、光ファイバーは以下のような特徴を持っていることから安定した速度で通信を行えるメリットがあるので、速度を重視する場合は光回線の利用を検討してみてください。

光ファイバーの特徴・メリット
  • 安定した高速通信が行える
  • 通信時にノイズなどの影響を受けることが少ない
  • 大容量のデータを長い距離でも通信できる

光回線が普及する前は、電話回線を利用したADSLと呼ばれる通信方法でインターネットに接続する方法がメインでしたが、通信速度の安定しないことやデータ容量が増えたことから、ADSLではなく光回線を契約することが一般的になりました。

そのため、工事を行うデメリットだけでなく、光回線を利用した際に受けられるメリットを加味して、Wi-Fiを利用するサービスを選ぶことが重要なポイントになるでしょう。

光回線でWi-Fiを利用する場合は回線開通工事が必要であることを覚えておきましょう。

光回線Wi-Fiの工事の流れ

光回線Wi-Fiの工事の流れ

光回線を初めて契約する方は、回線開通工事で行う工事内容に不安を感じるかもしれません。そこで、光回線を契約した後に行う回線開通工事の流れを戸建て住宅・集合住宅ごとに分けて紹介していきます。

戸建て住宅での光回線Wi-Fiの工事の流れ
  1. 近くの電柱から光ファイバーケーブルを建物へ引き込む
  2. 光コンセントの設置
  3. 光コンセントとONUを接続する

戸建て住宅で光回線を利用する際に行う回線工事では、自宅に光ファイバーケーブルを引き込めることが工事を行える条件です。そのため、自宅から電柱までの距離が離れている場合などは回線開通工事を行えないことから光回線を利用できません。

次にマンションやアパートなどの集合住宅で光回線を利用する際に行う回線開通工事の手順を見ていきましょう。

集合住宅での光回線Wi-Fiの工事の流れ
  1. マンション共用部から光ファイバーケーブルを建物へ引き込む
  2. 光コンセントの設置
  3. 光コンセントとONUを接続する

集合住宅に光回線の設備が導入されている場合は、マンション共用部から光ファイバーケーブルを建物へ引き込む工事を行います。もし、建物に光回線の設備が導入されていない場合は、戸建て住宅と同じ流れで回線開通工事を実施します。

 マンション建設時に光回線を導入していた場合や賃貸マンションやアパートなどで前に入居していた方が光回線の設備を残していた場合は、回線開通工事を行わず無派遣工事を行います。

無派遣工事は、NTT側の作業のみで完了する工事であるため、自宅で行う工事が必要ありません。また、工事を行う必要がないため、インターネットが早く利用できることや通常の回線開通工事より工事費用が安いことも嬉しいポイントです。

戸建て住宅と集合住宅で工事内容が異なることは確認しておきましょう。

光回線Wi-Fiの特徴

最大通信速度が1Gbps以上

光回線Wi-Fiの特徴

光回線は最大通信速度が1Gbps以上である特徴があります。1Gbpsの最大通信速度は、Wi-Fiを利用できる他の通信方法の比較した場合でも大きなメリットとなるため、通信速度を重視する方は嬉しいポイントになるでしょう。

 最近注目されている5G通信も1Gbps以上の速度で通信できますが、対応しているエリアが限られていることから、対応しているエリアが広い光回線は速度を重視する場合にメリットがあります。

また、利用できる建物やエリアは限られていますが、最大通信速度が5Gbpsや10Gbpsのプランを契約できる場合もあるので、通信サービスを契約する前にプランを確認してみてください。

利用するルーターによって対応している最大通信速度が異なることは注意したいポイントです。

同時契約できるオプションが豊富

光回線Wi-Fiの特徴

光回線を契約することで、様々なオプションサービスを利用することが可能です。オプションには、光回線を利用した映像配信サービスである「ひかりTV」や「ひかり電話」などがあります。

 オプションを利用するには、光回線の月額料金とは別にサービスごとの利用料金が必要となるため、気になるサービスがあればオプションへの加入がおすすめです。

「ひかりTV」や「ひかり電話」が人気のオプションになりますが、リモート・訪問サポートが受けられるオプションや動画をストリーミングで楽しめる動画配信サービスを安く利用できるオプションなどもあります。

契約する通信サービスによって利用できるオプション内容が異なります。

契約時に利用できるキャンペーンがお得

光回線Wi-Fiの特徴

光回線を契約した場合には、キャンペーンが利用できる場合も多いです。キャンペーンとは、契約から一定期間の月額料金割引工事費用が割引されるなどのお得な内容を適用できる特典です。

 キャンペーンを利用するには、キャンペーンごとに決められた条件を満たしている必要があることは注意したいポイントの1つです。

また、キャンペーンの中には他社通信サービスから乗り換えた場合に適用できる内容もあります。新規契約以外でも適用できるキャンペーンが実施されているので契約前に確認しておくといいでしょう。

契約時に利用できるキャンペーンは、光回線を提供しているサービスの公式サイトから確認できます。

対応しているエリアが広い

光回線Wi-Fiの特徴

光回線は対応しているエリアが広い特徴もあります。契約する光回線サービスによってカバー率は異なりますが、90%を超えている場合が多いため全国的に光回線を利用できる場合が多いでしょう。

 カバー率は、人口に対した光回線を利用できるエリアの割合を表しており、数値が100%に近くなるほど全国的に利用できるエリアが広いと判断することが可能です。

もちろん、光回線を利用できないエリアもあるため注意する必要があります。光回線に対応しているエリアは、光回線を提供しているサービスの公式WEBサイトなどから確認できるため、申し込み前に確認しておくことが重要です。

対応しているエリア以外では契約することもできません。

光回線Wi-Fiのメリット

通信速度が安定しやすい

光回線Wi-Fiのメリット

光回線のWi-Fiを利用するメリットの1つが、Wi-Fi利用時の通信速度が安定しやすいことです。速度が安定してくることにより、オンラインゲームやファイルのダウンロードなども快適に行えるでしょう。

 契約する通信サービスやWi-Fiを利用する通信方法によって最大通信速度が異なりますが、インターネットを利用する用途によって必要な通信速度が違うことは注意したいポイントです。

そのため、インターネットの通信速度が必要ない用途でWi-Fiを利用する場合は、光回線だけでなく、回線の開通工事が必要ないポケットWi-Fiやホームルーターの契約も検討してみてください。

オンラインゲームや高画質の動画をストリーミングで視聴する場合などは光回線を便利に利用できます。

使用できるデータ容量に制限がない

光回線Wi-Fiのメリット

ポケットWi-Fiやスマホの通信方法で問題になりやすいポイントが、1ヶ月に使用できるデータ容量です。しかし、光回線では1ヶ月に使用できるデータ容量に制限がないため、データ残量を心配する必要がありません。

 ポケットWi-Fi・ホームルーターなどの通信方法では、3日で10GBのデータ容量を使用した際に速度制限がかかる場合もありますが、光回線では速度制限にかかることもありません。

そのため、長時間の動画をストリーミング再生する場合やデータ容量の多いファイル・アプリをダウンロードする場合などのシーンでは、光回線を利用するメリットが大きいと言えるでしょう。

データ容量で悩んでいる方は光回線への乗り換えを検討してみてください。

スマホとのセット割を適用できる

光回線Wi-Fiのメリット

光回線の中には、決められたスマホサービスの月額料金が割引される「セット割」を実施している場合があります。「セット割」を適用することでスマホ料金が割引されるため、申し込み前に確認しておくといいでしょう。

 セット割引はお得な内容となっていますが、セット割を適用できる条件や契約しているプランによって月額料金の割引額が異なるなど、利用する際に注意するべきポイントがあります。

また、現在契約することもできないスマホのプランを利用していた場合も、セット割の対象となる場合があるため、セット割を実施しているサービスの公式サイトなどから対象のプランをよく確認しておくことがおすすめです。

セット割は大手キャリアが提供している光回線で利用できる場合が多いです。

光回線Wi-Fiのデメリット

初期費用が高くなる

光回線Wi-Fiのデメリット

光回線を利用するためには、基本的に光ファイバーを自宅に導入する回線開通工事が必要です。その際には、工事費用が必要のため、初期費用が高くなることは光回線を利用する際に注意したいポイントでしょう。

 回線開通工事の費用は、集合住宅で20,000円〜50,000円程度、集合住宅で10,000円〜30,000円程度と高額になっているため注意する必要があります。

ただし、新規契約・乗り換え時の回線開通工事に必要な工事費用が無料になるキャンペーンを実施している通信サービスも多いため、契約前にはキャンペーンの確認を忘れないようにしたいですね。

キャンペーンを利用するには条件が決まっていることが注意したいポイントです。

回線開通工事が必要

光回線Wi-Fiのデメリット

光回線を利用するデメリットの1つが回線開通工事が必要なことです。特にマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、借りている部屋で工事を行って良いのか確認することも重要なポイントになるでしょう。

 工事の許可が下りていないマンションやアパートにおいて無断で工事した場合は、退去時に原状回復の費用を請求されることや損害賠償を請求される可能性があるため、事前に工事の許可をもらっておくと安心です。

また、以下のような場合は事前に回線開通工事ができないと判断される場合があるため注意する必要があります。

回線開通工事ができないケース
  • 電柱が地中に埋め込まれている(戸建て)
  • 住んでいる建物の老朽化が進んでいる場合(戸建て)
  • 回線を利用する設備が利用できない場合(集合住宅)

ただし、集合住宅でマンションの回線設備が利用できない場合は、戸建てタイプを契約することによって電柱から利用できる光ファイバーを引き込むことが可能です。マンションの回線設備が利用できない場合は検討してみてください。

光回線の対象エリアではない場合も回線開通工事を行うことができません。

自宅以外で利用できない

光回線Wi-Fiのデメリット

光回線は自宅で利用できるインターネット回線となっているため、自宅以外で利用することができません。そのため、外出時にWi-Fi接続をしたい方は、ルーターを持ち運びできるポケットWi-Fiを選ぶと良いでしょう。

 ポケットWi-Fiは、ルーターが手のひらサイズで持ち運びができる通信サービスです。回線が利用できるでエリアであれば、どこでもWi-Fi接続ができるメリットがあります。

ただし、ポケットWi-Fiと光回線を比較すると、光回線には安定した通信が行えるメリットがあるため、自分の使い方や重視するポイントに合わせて選ぶことが重要です。

契約前に光回線のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

おすすめ光回線3選

auひかり

auひかり

「auひかり」は、KDDIが提供している光回線です。Webからの申し込みで、他社から乗り換えると最大131,000円のキャッシュバックや違約金を満額負担する特典などを受けることができます。

auひかりの特徴
  • Webからの申し込みで最大131,000円キャッシュバック
  • 「auスマートバリュー」毎月のスマホ料金がお得に
  • 開通月の月額料金無料

当サイト限定!最大13万1,000円還元
auひかり
限定キャンペーンはこちら

auではスマホと光回線セットでの利用で「auスマートバリュー」で、最大1,100円(税込)/月の割引を受けることができます。

auスマートバリューとは、au携帯電話と「auひかり」のセット利用で、au携帯電話の利用料金を割引くサービスです。

他にも、キャッシュバックや開通月の月額料金が無料などお得なキャンペーンを実施しています。

月額基本料金(税込)

【戸建タイプ】
6,160円〜
【マンションタイプ】
4,730円〜
初期費用(税込) 登録料:3,300円
戸建て工事料:41,250円
マンション工事料:33,000円
主なキャンペーン(税込) auひかり公式サイトからの申し込みで最大131,000円還元
開通月の月額料金無料
主なオプション(税込) auひかり 電話:550円/月
auひかりテレビサービス:618円/月
※初回加入時より15日間無料
セット割引 auのスマホとセットで永年割引(auスマートバリュー)

出典:https://kddi-hikari.com/?id=no

当サイト限定!最大13万1,000円還元
auひかり
限定キャンペーンはこちら

eo光 (イオ光)

eo光 (イオ光)

「eo光 (イオ光)」は、関西電力グループのオプテージが提供する光回線です。1年間プラン料金を2,200円割引で利用することができます。

eo光 (イオ光) の特徴
  • プラン料金が最大12ヶ月毎月2,200円割引
  • Netflixとセットでお得な料金に
  • 無線ルーター12ヶ月無料レンタル

Web限定!15,000円分プレゼント
新規申し込み
キャンペーンはこちら

eo光 (イオ光)のおすすめポイントは、無線ルーターを12ヶ月レンタルでき、工事費も実質無料になるので初期費用を抑えられる点です。プラン料金も1年間割引料金になります。

回線の障害情報などは公式サイトでチェックすることができます。

世界中の映画などが観られる動画配信サイトNetflixも最大1年分無料で利用可能です。

月額基本料金(税込) 1年目:
3,248円/月〜
通常料金:
5,448円/月
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円
標準工事費:29,700円
※キャンペーン適用で実質無料
主なキャンペーン(税込) プラン料金が最大12ヶ月毎月2,200円割引
主なオプション(税込) Wi-Fiレンタル:
550円/月
eoセキュリティーパック:275円/月
セット割引 ネットとテレビ同時申し込みで地デジ・BSコースが1年間実質無料
出典:https://eonet.jp/
Web限定!15,000円分プレゼント
新規申し込み
キャンペーンはこちら

ソフトバンク光

ソフトバンク光

「ソフトバンク光」は、ソフトバンクが提供している光回線です。工事費用が無料になるお得なキャッシュバックを実施しています。

ソフトバンク光の特徴
  • インターネット会員数4年連続No.1
    ※公式サイトより
  • 開通するまでポケットWi-Fiを無料レンタル
  • ソフトバンクのスマホとセットで月々1,100円(税込)割引

18〜24時でお得なタイムセール実施
Softbank 光
キャンペーンはこちら

ソフトバンク光では、乗り換え時に発生する違約金の満額還元や、スマホとセットでまとめて割引などの特典を受けることができます。

他社からの乗り換えでは、最大24,000円のキャッシュバックを実施していて、工事費のサポートを受けることができます。

光回線開通までの間は、ホームルーターもしくはポケットWi-Fiを無料でレンタルできるので、引越し先でも安心です。

月額基本料金(税込)
※2年自動更新プランの場合
【集合住宅】
4,180円
【戸建住宅】
5,720円
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円
開通工事費(立会い工事あり0);26,400円
主なキャンペーン(税込) 他社からの乗り換えで他社への違約金満額還元
他社からの乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
主なオプション(税込) 光BBユニット(Wi-Fiルーター)レンタル:513円/月
セット割引(税込) ソフトバンクのスマホとセットで通信料から毎月1,100円割引

出典:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

18〜24時でお得なタイムセール実施
Softbank 光
キャンペーンはこちら

【よくある質問】工事不要で利用できるWi-Fiはある?

工事が必要なWi-Fiとは?

Wi-Fiを利用する際に工事が必要となるのは、光ファイバーを自宅に導入する光回線です。

光回線の導入時には、自宅で回線開通工事を行う必要があることは注意したいポイントの1つになるでしょう。

光回線を利用するメリットは?

光回線を利用するメリットは、通信速度が安定しやすいことや使用できるデータ容量に制限がないメリットがあります。

契約する光回線によっては、対象のスマホでの月額料金が割引されることもメリットの1つになるでしょう。

工事不要で利用できるWi-Fiはある?

回線開通工事が必要ないWi-FIは、ホームルータとポケットWi-Fiがあります。

ホームルータは自宅で利用する場合、ポケットWi-Fiは外出時にインターネットを利用したい場合に契約することがおすすめのWi-Fiサービスです。

ポケットWi-Fiを利用するメリットは?

ポケットWi-Fiを利用するメリットは、回線を利用できるエリアであればどこでもインターネットが利用できることです。

外出時でもインターネットを利用できるためスマホのデータ通信量を減らせるメリットもあります。

ホームルーターを利用するメリットは?

ホームルーターを利用するメリットは、コンセントに差すだけでインターネットを利用できることです。

光回線を利用する際に必要となる回線開通工事を行わないため、回線開通工事なしでインターネットを利用する場合にはおすすめの通信方法です。

Wi-Fiを利用する際には光回線・ポケットWi-Fi・ホームルーターのどれがおすすめ?

初期費用を抑えたい場合や回線開通工事を行いたくない場合は、ホームルーター・ポケットWi-Fiを選ぶと良いでしょう。

安定した通信速度を重視する場合や自宅でしかインターネットを利用しない場合には光回線がおすすめです。

ポケットWi-Fi・ホームルーターは使用できるデータ容量に制限がある?

ポケットWi-Fi・ホームルーターの両方において契約するサービスで使用できるデータ容量に制限がかけられている場合もあります。

特にWiMAX回線を利用したWi-Fiサービスでは、3日に10GBのデータ容量を使用した際に速度制限になる場合もあるので注意する必要があるでしょう。

まとめ

この記事では、Wi-Fiを利用する際に必要な工事を解説しました。

Wi-Fiを利用する通信方法は、光回線・ポケットWi-Fi・ホームルーターの3種類に分けられますが、工事が必要となるのは光回線のみであることは確認しておきたいポイントです。

しかし、光回線だけでなく、Wi-Fiを利用できるポケットWi-Fi・ホームルーターそれぞれにも、メリットとデメリットがあります。

自分に合わせた通信方法を選んでみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事