デュアルSIMはiPhoneで使える?デュアルSIMの使用方法やメリットを解説

1つのスマホで2つの回線や電話番号を持つことができるデュアルSIMは、格安SIMの普及に伴い、利用者が増えつつあります。

そのため、iPhoneでデュアルSIMを使いたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デュアルSIMをiPhoneで使う方法やメリット・デメリットなどについて紹介します。

デュアルSIMのおすすめの組み合わせも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

デュアルSIMとは?

2枚のSIMカードを挿入して使える機能のこと

スマホや固定電話の割引があることも

デュアルSIMとは、1台のスマートフォンに2枚のSIMカードを挿入して利用できる機能のことです。

 SIMカードには契約者の情報などが記録されていて、その情報を元にモバイル通信・音声通話が可能になります。

通常であればスマホ1台に1枚のSIMカードを挿入しますが、デュアルSIMは2枚のSIMカードを挿入することで、2つの電話番号異なる通信回線が利用できるため、様々な使い方ができるでしょう。

1台のスマホで2台分の働きをしてくれるので、使い方次第では2台持ちをする必要がなくなりますよ。

デュアルSIMには4つの種類がある

スマホとSIMカード

デュアルSIMは、主にDSSS・DSDS・DSDV・DSDAの4種類があり、それぞれ特徴が異なるので注意しましょう。

同時待ち受け SIMの切り替え 発信 着信
DSSS × 手動 優先設定しているSIMのみ 優先設定しているSIMのみ
DSDS 自動 どちらのSIMからも発信可能 どちらのSIMからも着信可能
DSDV 自動 どちらのSIMからも発信可能 どちらのSIMからも着信可能
DSDA 自動 どちらのSIMからも発信可能 どちらのSIMからも着信可能

また、2枚のSIMカードを使用してデュアルSIMにする方法に加えて、eSIMを契約する方法もあります。

eSIMは、スマホ一体型のSIMで物理的なSIMカードを必要としないため、スマホ内部のeSIM・1枚のSIMカードを組み合わせることでデュアルSIMを利用可能です。

iPhoneでは、2018年9月発売のiPhone XS・iPhone XR以降の端末がeSIMに対応していますよ。

デュアルSIMに対応しているiPhoneは?

スマホを操作する人

iPhoneは、デュアルSIMに対応していますが、デュアルSIMの方法によって対象機種が異なるので注意が必要です。

デュアルSIMのやり方としては、2枚のSIMカード(nano-SIM)を使う方法eSIMとSIMカードを使う方法の2つが考えられるでしょう。

2枚のSIMカードを使う iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS Max
iPhone XR
eSIMと1枚のSIMカードを使う iOS 12.1以降を搭載したiPhone XS、iPhone XR 以降の機種

また、

  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini

ではeSIMを2つ有効にすることも可能なので、物理的なSIMカードなしでデュアルSIMも利用できます。

eSIMを利用するには、eSIMに対応している通信会社に申し込む必要があるので注意してくださいね。

iPhoneでデュアルSIMを使用する方法

iPhone

iPhoneでデュアルSIMを使用する際、2枚のSIMカードを使う場合とeSIMと組み合わせる場合のどちらでも、基本的な流れは同じです。

 SIMカードを2枚挿入する場合は、SIMカードトレイの両側にそれぞれSIMカードを装着します。

ただし、eSIMはネットで回線契約を行い、発行されたQRコードを読み込むことで開通手続きを行うことは、大きな違いと言えるでしょう。

ここではiPhoneでデュアルSIMを使うための設定のポイントを解説していきます。

プランにラベルをつける

iPhone 13

2つ目のプラン(回線)をアクティベートしたら、プランにラベルを付けておきましょう

 例えば、1つ目のプランに「仕事」、2つ目のプランに「プライベート」と付けておくと電話をかける時や連絡先の把握などに役立ちます。

ラベルの付け方は、設定から「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」のどちらをタップした後に、ラベルを変更したい番号を選んで「モバイル通信プランの名称」から行うことができます。

ラベルはいつでも変更可能なので、使いやすくなるように設定を変えてみてくださいね。

デフォルトの番号を設定する

iPhoneを操作する人

デュアルSIMを使う際には、まだ連絡先に登録していない人に電話をかけたり、メッセージを送信したりするときに使うデフォルトの番号を選択しておきましょう。

 設定の「モバイル通信」から「デフォルトの音声回線」をタップすることで、使用する回線を選択できます。

また、どっちのデータ通信を利用するか選択することも可能で、「モバイルデータ通信の切替を許可」をONにしておくと電波状況によって回線が自動で切り替わります。

テザリングは、使用する回線を選択した上でインターネット共有をONにすれば、好きな回線でテザリングが行えますよ。

2つの電話番号を使う

通話する女性

iPhoneでデュアルSIMを使用すると、2つの電話番号を設定できるようになります。そのため、連絡先に登録してある人に電話をかける際に、どちらの番号を使うか設定しておくと便利でしょう。

 設定する連絡先を開いて、「優先モバイル通信プラン」から連絡先で使いたい番号を選択すれば設定は完了です。

なお、着信に関しては着信画面に表示される電話番号の下にラベル名が表示されるので、どちらの電話番号にかかってきたのかを簡単に判断できます。

通話を発信する際に画面上部のラベルをタップすることで、電話番号の変更も可能ですよ。

出典:2 枚の nano-SIM カードでデュアル SIM を使う – Apple

デュアルSIMを使うなら「楽天モバイル」と組み合わせるのがおすすめ

楽天モバイル

デュアルSIMで利用する通信回線を選ぶ際は、楽天モバイルを主軸とすることをおすすめします。楽天モバイルは柔軟な料金プランでどんな人にもおすすめです。

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 使ったデータ量で料金が変化する従量制プラン
  • 1GBまで月額0円
  • 楽天回線エリア内データ無制限

楽天モバイルは、使ったデータ量によって料金が変化するプランが特徴で、デュアルSIMでも月額料金を節約して利用できます

 例えば、データ通信を別のSIM中心で使用して、楽天モバイルを1GB以内に抑えると楽天モバイルの月額基本料金は0円になります。

また、楽天回線エリア内なら月額3,278円でデータ無制限使えるので、データをたくさん使いたいという人も便利に使えるでしょう。

eSIMにも対応しているので、デュアルSIMとしての使用にも最適ですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT VI】
1GBまで:0円※2
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
通信回線 楽天回線/au
国内通話料 Rakuten Link:無料
OS標準:22円/30秒
主なキャンペーン
※2022/5/11まで
・乗り換えと同時に端末を購入すると最大35,000円相当のポイント還元
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

※ 税込価格
※ 楽天回線エリア外は月間5GB超過で速度制限あり
※2 2回線目以降は3GBまで1,078円

出典:楽天モバイル

iPhoneユーザー向け!デュアルSIMの組み合わせ5選

LINEMO × 楽天モバイル

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 月額990円から利用できる
    今なら最大半年間実質無料!
  • LINE使用時のデータ消費なし
  • PayPayボーナスプレゼント実施中

LINEMOは、ソフトバンク回線が利用できる格安SIMで、楽天モバイルと組み合わせると、ソフトバンク・au・楽天回線の3つの回線が利用できます。

 月間3GBのミニプランは月額990円なので、料金を抑えてデュアルSIMとして活用できます。さらに今なら、最大半年間実質無料のキャンペーンを実施しています。

また、LINEMOではLINE使用時のデータ消費がないので、LINEをよく利用するという人は月々のデータ消費量を減らせるでしょう。

今なら、最大10,000円相当もPayPayボーナスプレゼントキャンペーンを実施中ですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
月額料金 ミニプラン(3GB/月):990円
※最大半年間実質無料のキャンペーン中
スマホプラン(20GB/月):2,728円
通信回線 ソフトバンク
国内通話料 22円/30秒
主なキャンペーン ・最大12,000円相当のPayPayボーナスプレゼント 
・通話オプション1年間550円割引 ※終了日未定
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※ 税込価格
出典:LINEMO

mineo×楽天モバイル

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 1GBが月額110円(税込)
  • 乗り換え時にSIMロック解除の必要なし
  • 電話番号そのままで大手キャリア3社から乗り換え可能
  • 当サイトから新規申し込みで契約事務手数料が無料

mineoは、電話番号の変更不要で大手キャリア3社から好きな回線に乗り換えることができる格安SIMです。また、乗り換えの際はSIMロック解除の必要もありません。

1GB月額110円から利用できるので、気軽に始められますね。

かけ放題割引サービスでは、最大1年間割引が適用されかけ放題サービスが月額440円(税込)から使うことができます。

さらに、当サイトからの新規申し込みで、契約事務手数料(3,300円分)が無料になります。開催中のキャンペーンと併せて、お得に利用したい方は要チェックです。

※au、ドコモ、ソフトバンクを指す。

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

月額料金

1GB:110円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

通信回線 au、ドコモ、ソフトバンク
国内通話料 22円/30秒
主なキャンペーン ・月額料金割引キャンペーン※1
・かけ放題サービス

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

※税込価格
※1:【キャンペーン期間】2022年2月1日(火)~2022年5月31日(火)
出典:mineo

IIJmio×楽天モバイル

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • 5GBが月額990円(税込)
  • 初期費用2,200円割引など当サイト限定キャンペーン実施中
  • データ量が家族と分け合える
  • 専用通話アプリでの電話で通話料金50%オフ

IIJmioは、豊富なデータ容量から利用するプランを選べます。また、専用通話アプリ経由で通話を行うと、家族間の通話料金も30秒あたり8.8円(税込)に割引されます。

5Gオプションを切り替えることで、無料で高速の5G通信が利用できます。

データ量が余ったり足りなくなった時には、家族間でシェアできるため無駄なく使うことができます。

さらに、契約条件なしで5GB月額990円(税込)から利用できるキャンペーンも開催中です。豊富なデータ容量プランから、用途にあったものをお得に利用できます。

※【キャンペーン期間】2022/05/31まで

5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら

月額料金 2GB:850円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
通信回線 au、ドコモ
国内通話料 11円/30秒
主なキャンペーン ・最大12ヶ月間データ1GB増量キャンペーン(ギガプラン)

5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら

※税込価格
出典:IIJmio

ahamo× 楽天モバイル

ahamo

ahamoのおすすめポイント
  • 月間20GBのワンプラン
  • 安定したドコモ回線
  • 1回5分の国内通話が無料

ahamoは、ドコモ回線の格安SIMで、月間20GBを月額2,970円から利用できるシンプルなワンプランが特徴です。

 ahamoは、ドコモ回線なので楽天モバイルとの相性も良く、1回5分までなら国内通話無料で使えます。

また、海外ローミングも国内利用と合わせて月間20GBまで無料で使用できるため、海外へ行く機会が多い人にも便利に使えるでしょう。

他社からの乗り換えで、dポイント10,000ptプレゼントキャンペーンも実施していますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら
月額料金 20GB/月:2,970円
通信回線 ドコモ
国内通話料 5分/回:無料
超過後:22円/30秒
主なキャンペーン
※終了日未定
・他社からの乗り換えでdポイント10,000ptプレゼント
公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら

※税込価格
出典:ahamo

BIGLOBEモバイル × 楽天モバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 音声通話プランが月額1,078円から
  • データ通信専用プランも契約可能
  • YouTubeなどがデータ消費なし

BIGLOBEモバイルは、音声通話対応プランだけでなくデータ通信専用プランもあるので、デュアルSIMの副回線をデータ通信専用にしたい人にもおすすめです。

 音声通話対応のプランも月額1,078円から利用できるため、月額料金を節約できるでしょう。

また、月額308円の「エンタメフリー・オプション」は、YouTubeやSpotifyなど全21種類の対象サービスがデータ消費なしで利用可能です。※1

エンタメフリー・オプションは今なら2ヶ月無料のキャンペーンも実施中ですよ。
月額料金
※一例
【音声通話SIM】
プランS(1ギガ):1,078円
プランR(3ギガ):1,320円
プランM(6ギガ)1,870円
【データ通信専用SIM】
3ギガプラン:990円
12ギガプラン:2,970円
20ギガプラン:4,950円
通信回線 ドコモ/au
国内通話料 BIGLOBEでんわ:9.9円/30秒
OS標準:22円/30秒
主なキャンペーン
※2022/3/31まで
・エンタメフリー・オプション最大2ヶ月無料

※ 税込価格
※1 データSIMプランは月額1,078円

出典:BIGLOBEモバイル

デュアルSIMをiPhoneで使うメリット

デュアルSIMをiPhoneで使うメリット
  • プライベートと仕事を1台で分けられる
  • 1台で2つの回線が使える
  • 組み合わせによって料金の節約が可能

プライベートと仕事を1台で分けられる

iPhone

デュアルSIMの大きなメリットの1つが、プライベート・仕事を1台のスマホで分けられるので、スマホを2台持ちする必要がないという点です。

 スマホ1台で利用できるので導入コストも安く、万が一故障や不具合があっても、1台分の修理費用で済みます。

また、iPhoneであればラベルをつけることで、どちらの番号を使用しているのか簡単に判断できるため、ビジネスとプライベートの切り替えもしやすいでしょう。

デュアルSIMの種類によっては、SIMの切り替えをしなければ、片方の着信を受け付けない設定にもできますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

1台で2つの回線が使える

iPhoneを操作する人

デュアルSIMは、電話番号だけでなく通信回線も2つ利用できます。

 2つの回線を利用すると、通信障害などで特定の回線が遅くなった時に影響を受けにくいことが、大きなメリットと言えるでしょう。

また、通信エリアや周囲の環境によっては、通信速度が遅くなってしまう回線もありますが、デュアルSIMなら速度が安定しない状況でも片方の回線でカバーできます

片方のSIMをデータ通信専用にすることで、料金を抑えつつ毎月のデータ量を増やすこともできますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

組み合わせによって料金の節約が可能

紙幣とコイン

デュアルSIMは、好きなキャリア・格安SIMを組み合わせられるので、お得なプランを組み合わせれば月額料金をお得にできます

 例えば、片方のプランをデータ通信専用にすると、1ヶ月に使用できるデータ量を増やしながら、月額料金を安くできるでしょう。

特に、デュアルSIMをお得に利用したいという人は格安SIMがおすすめで、組み合わせ次第では1,000円以下でも利用可能です。

現在のスマホ料金が高いと感じている人は、デュアルSIMの申し込みと同時に料金を見直してみても良いですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

デュアルSIMをiPhoneで使う注意点・デメリット

デュアルSIMをiPhoneで使う注意点・デメリット
  • eSIMは機種変更に別途手続きが必要
  • 料金が高くなってしまう場合がある
  • バッテリーの消費が早い

eSIMは機種変更に別途手続きが必要

パソコンを操作する人

2枚のSIMカードでデュアルSIMを利用する場合は、機種変更時にSIMカードを差し替えれば良いですが、eSIMを使う場合は機種変更時に手続きが必要となります。

 eSIMはスマホ内蔵型のSIMなので、SIMの差し替え作業はありませんがオンラインからの手続きが必要となり、別途手数料がかかる場合もあります。

また、iPhoneは比較的eSIMに対応している端末が多いですが、機種によってはeSIMを2つ利用できない端末もあるので注意しましょう。

eSIMはオンライン上での手続きがメインなので、手続きに不安がある人はSIMカードの申し込みをおすすめしますよ。

料金が高くなってしまう場合がある

財布からお札を出す男性

デュアルSIMは組み合わせ次第で料金をお得に利用できますが、2つのSIMを契約するので、契約内容によっては料金が通常よりも高くなってしまうこともあります。

 例えば、大手キャリアの2社でデュアルSIMを利用すると、1万円以上かかってしまうことも珍しくありません。

そのため、月額料金を抑えながらデュアルSIMを使いたい人は、格安SIMを組み合わせることを検討してみてください。

各社お得なキャンペーンを実施しているので、プラン料金などと併せてチェックしておきましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

バッテリーの消費が早い

スマホを見つめる女性

デュアルSIMは、同時に2つの回線を使用するので、通常よりもバッテリー消費が早くなるというデメリットがあります。

 同時待ち受けができるデュアルSIMは、1つSIMを使用する場合よりもバッテリー消費が早くなることは気をつけたいポイントです。

そのため、外出の際にはあらかじめ充電を完了させておいたり、モバイルバッテリーを携帯しておくと良いでしょう。

バッテリーをできるだけ抑えたい人は、あまり使わないSIMの回線をOFFにしておくこともおすすめですね。

まとめ

今回は、デュアルSIMをiPhoneで使う方法やメリット・デメリットなどについて紹介しました。

月額料金を抑えてiPhoneでデュアルSIMを利用したい人は、格安SIMを組み合わせることをおすすめします。

各社お得なキャンペーンも実施しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事