【小学生向け】キッズケータイにおすすめの格安SIM・スマホ比較ランキング

子どもに最初に持たせるスマホは、なるべく安くで利用できる会社を選びたいですよね。

そのほかにも「小学生が安全に利用できる格安SIMはどこかな?」「キッズケータイとして格安SIMを利用する注意点を知りたい」など、疑問点が多い人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、小学生のキッズケータイにおすすめな格安SIMを紹介します。

お得なおすすめ格安SIMランキングやキッズケータイを選ぶポイントなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

小学生のキッズケータイにおすすめの格安SIM・スマホ6選

今回は、以下の条件を満たすような格安SIM・スマホをご紹介します。

おすすめポイント
  • リーズナブルな価格設定
  • 端末価格も安い
  • 家族割引が適用される
  • 安全に使える機能がある

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 月々約1,000円から使える
  • 実質1円からスマホが買える
  • 悪質サイトから守るフィルタリングサービスあり

楽天モバイルは、楽天の独自回線とパートナー回線(au)が利用でき、楽天回線エリア内の通信はデータをどれだけ使っても月額3,278円です。

 もし子供がWi-Fiを使わずにスマホをたくさん使っていた場合でも、月額基本料が3,278円を超えることはありません。

機種代金がお得な点も楽天モバイルのメリットで、「スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン※1」を利用すれば、実質1円から5G対応のスマホを購入できます

月額330円の「あんしんコントロール by i-フィルター」に加入すれば、子供を有害なサイトから守る機能も活用可能です。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

基本情報

料金プラン 【Rakuten UN-LIMIT VII】
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
データ通信量 楽天回線エリア内使い放題
※パートナー回線は月間5GBまで
支払い方法 クレジットカード/口座振替/代金引換/デビットカード/楽天ポイント
契約事務手数料 無料
実店舗
オンライン申し込み
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天モバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 終了日未定

ワイモバイル

Y!mobile

ワイモバイルのおすすめポイント
  • 選べる3つの料金プラン
  • 家族で使うと2回線目以降が割引
  • フィルタリングサービスや居場所の履歴機能あり

ワイモバイルは、フトバンク回線が利用できる格安SIMで、月間データ量が異なる3つの料金プランを提供しています。

 「家族割引サービス」の適用があり、2回線目以降の家族は毎月1,188円割引されます。

またワイモバイルでは、子供にとって有害なサイトやアプリの利用を制限できるフィルタリング機能を無料で利用可能です。

子供がどこにいるのかを検索できる居場所の履歴機能も無料で、あらかじめ設定した時間帯で子供の居場所を把握できます。

ソフトバンクのキッズケータイ「キッズフォン2」などの対象機種を利用すれば、子供の位置情報をすぐに確認することも可能です。※1
最大16,000円相当プレゼント!
Y!mobile
公式サイトはこちら

基本情報

料金プラン シンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
データ通信量 シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約事務手数料 3,300円
実店舗
オンライン申し込み
最大16,000円相当プレゼント!
Y!mobile
公式サイトはこちら

ワイモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 別途利用料金がかかります。(月額220円から)

トーンモバイル

トーンモバイル

トーンモバイルのおすすめポイント
  • 月額1,100円でインターネット使い放題
  • 動画視聴を制限できる
  • 安心して見守れる「TONEファミリーオプション」

「トーンモバイル」はドコモ回線が利用できる格安SIMで、月額1,100円でインターネットが使い放題のワンプランを提供しています。

 インターネットは使い放題ですが動画は月間1GBまでなので、子供の利用時間を制限することも可能です。

月額308円の「TONEファミリーオプション」に加入すると、子供をインターネット上の危険から守る機能や、GPSによる位置情報の見守り機能などを活用できます。

年齢に応じた見守り機能の設定を変更できるので、長期間安心して利用できる点もおすすめポイントです。

利用時間やアプリ制限で、小学生のスマホ依存を守る機能などもありますよ。
5G対応スマホが21,780円(税込)
TONE e22
公式サイトはこちら

基本情報

料金プラン 1,100円
データ通信量 インターネット使い放題
※動画は1GBまで
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約事務手数料 3,300円
実店舗
オンライン申し込み 不可
5G対応スマホが21,780円(税込)
TONE e22
公式サイトはこちら

トーンモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 月間データ量か最大速度で選べるプラン
  • 月額660円から利用可能
  • 11個のアプリが入ったジュニアパック

「mineo」は、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線から選べる格安SIMで、月間データ量で選べる「マイピタ」最大速度で選べる「マイそく」の2つの料金プランを提供しています。

 マイそくは速度が制限された状態で利用できるプランなので、音声通話の利用を目的としてスマホを持たせたいという人にもおすすめです。

1回330円で24時間データ使い放題の追加オプションも利用できるので、休日など高速通信を利用したい時だけ適宜購入可能。

月額220円の「ジュニアパック」に加入すると、フィルタリングサービスや利用制限などができる11個のアプリをセットで利用できます。

ジュニアパックにはジーニアス英和辞典や頭の体操になるゲームアプリなども含まれていますよ。
データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

基本情報

料金プラン
※音声通話対応SIMの場合
【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【マイそく】
スタンダード(最大1.5Mbps):990円
プレミアム(最大3Mbps):2,200円
ライト(最大300kbps):660円
データ通信量 マイピタ:1〜20GB
マイそく:上限なし※1
支払い方法 クレジットカード
契約事務手数料 3,300円
実店舗
オンライン申し込み
データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

mineo

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 月曜〜金曜の12時台や3日間合計10GB以上利用で速度制限があります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 1GB〜30GBまで選べる豊富なプラン
  • Android向けのフィルタリングオプション
  • データ消費がなくなるエンタメフリー・オプション

「BIGLOBEモバイル」は、ドコモとau回線が選べる格安SIMで、1GBから30GBまで6つの月間データ量から選べる料金プランを提供中です。

 BIGLOBE家族割を実施していて、2回線目以降は1回線ごとに毎月220円が割り引きとなります。

有害サイトやアプリから子供を守るAndroidスマホ専用の「i-フィルター for Android」は、月額220円から利用可能です。

また、月額308円から利用できる「エンタメフリー・オプション」に加入すると、YouTubeやABEMAなど21種類の対象サービスのデータ消費がなくなります

エンタメフリー・オプションは、音声通話SIMからの申し込みであれば最大6ヶ月無料で利用できます。※1

基本情報

料金プラン
※音声通話SIMの場合
1ギガ:1,078円
3ギガ:1,320円
6ギガ:1,870円
12ギガ:3,740円
20ギガ:5,720円
30ギガ:8,195円
データ通信量 1GB〜30GB
支払い方法 クレジットカード※2
契約事務手数料 3,300円
実店舗
オンライン申し込み

BIGLOBEモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 終了日未定

※2 データ通信専用SIMは「KDDI請求」での口座振替も可能

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 3つの月間データ量から選べる
  • 2つのフィルタリングサービス
  • 機種代金が最大22,000円割引

「UQモバイル」は、au回線が利用できる格安SIMで、月間3GB・15GB・25GBの3つのデータ量から選べる料金プランを提供しています。

 対象のインターネットサービスや電気サービスとセットで利用すると、1人あたり毎月最大858円が割り引かれる「自宅セット割」も利用可能です。

節約モードを利用すれば、低速通信時のデータ消費がなくなるので、より月間データ量の少ないプランで料金を節約できます。

UQモバイルでは、未成年向けのフィルタリングサービス「未成年WEBフィルター」やauのフィルタリング「あんしんフィルター for au」を無料で加入できます。

オンラインショップからの申し込みで、機種代金が最大22,000円割引されるキャンペーンを実施中ですよ。※1
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大13,000円相当還元

基本情報

料金プラン くりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
くりこしプランL:3,828円
データ通信量 くりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約事務手数料 3,300円
実店舗
オンライン申し込み
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大13,000円相当還元

UQモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 終了日未定

【小学生向け】キッズケータイおすすめランキング!

上記で紹介した格安SIMから、料金を比較し安い順にランキングを紹介します。

各社の割引適用前の月額基本料金の最安値を比較しています。

音声通話対応の料金プランが対象です。

1位:mineo|料金660円(税込)~

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 月間データ量か最大速度で選べるプラン
  • 月額660円から利用可能
  • 11個のアプリが入ったジュニアパック

2位:楽天モバイル|料金1,078円(税込)~

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 月々1,000円程度から使える
  • 実質1円からスマホが買える
  • 悪質サイトから守るフィルタリング

2位:BIGLOBEモバイル|料金1,078円(税込)~

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 1GB〜30GBまで選べる豊富なプラン
  • Android向けのフィルタリングオプション
  • データ消費がなくなるエンタメフリー・オプション

4位:トーンモバイル|料金1,100円(税込)~

トーンモバイル

トーンモバイルのおすすめポイント
  • 月額1,100円でインターネット使い放題
  • 動画視聴を制限できる
  • 安心して見守れる「TONEファミリーオプション」

小学生向けキッズケータイ|格安SIM・スマホの選び方

料金の予算を設定しておく

お札を数える人

スマホが1台増えると家計への負担もその分増えてしまいます。小学生の子供にスマホを持たせる場合でも、なるべく料金がお得なスマホを選びたいのではないでしょうか。

 格安SIMはドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアよりも料金がお得な傾向にありますが、どの格安SIMを選ぶかで大きく異なります。

どのくらいの範囲の料金を利用したいか予算を決めたうえ、格安SIMやプランを選びましょう。また、乗り換えでなく新規契約の場合には初期費用としてスマホの機種代金もかかります

格安SIMでは、機種代金がお得になるキャンペーンを実施している場合も多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

セキュリティ・サポート面が充実しているか確認する

2人の子供

小学生の子供にスマホを持たせるうえで、重視したいポイントとしてセキュリティ面やサポート面もあげられます。

格安SIMで利用できるセキュリティ面やサポート面を比較する際には、主に下記の4点をチェックしましょう。

フィルタリング 有害なサイトやアプリにアクセスしないように事前にブロックする機能
GPS 子供の居場所を即時または時間帯で把握できる機能
利用制限 特定のアプリを利用しないように設定できる機能
時間制限 決められた時間帯や曜日のスマホ利用を制限できる機能

上記の3つとは別に他の独自サービスを提供している場合もあります。例えばトーンモバイルでは、不適切な自撮り画像の撮影をAIが自動で規制する機能が利用可能です。

利用制限や時間制限の機能を活用することで、小学生の子供のスマホ依存を未然に防げますよ。

使用頻度に見合うプランを選ぶ

スマホを操作する人

小学生の子供は、家庭での制限などを設けると、使用頻度が大人よりも少なくなる場合が多いです。

 子供の使用頻度に合ったプランを選んで、無駄な料金が発生しないようにしましょう。

子供の位置情報を把握したり、電話を使用したりするだけの場合、通信データ量の多いプランを利用する必要はありません。

自宅にいる時にゲームや動画を楽しみたいときも、Wi-Fiを活用してデータ量を節約できます。

使用頻度は子供と相談し、それに見合うプランを見つけることが大切です。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

家族で同じ格安SIMにできないか検討する

砂浜を歩く家族

小学生の子供の格安SIMを選ぶうえでは、親の使っているスマホと相性の良い格安SIMを選ぶこともポイントです。

 異なる携帯電話会社を利用する場合には、サポート窓口が異なるので手続きに手間がかかってしまいます。

家族で同じ格安SIMを利用すると、サポートだけでなく支払いの管理もしやすくなるでしょう。

家族割引が適用される格安SIMも増えていますよ。

契約期間

カレンダー

子供の成長に応じて格安SIMを見直す予定がある場合には、格安SIMの契約期間もチェックしておきましょう。

 ほとんどの格安SIMでは契約期間が定められていませんが、一部は契約期間内に解約すると解除料が発生するケースもあります。

例えばトーンモバイルは、課金開始日を含む月を1ヶ月目として24ヶ月目の末日までに解約すると1,000円(不課税)の違約金が発生します。

また、端末の分割払いが終わっていない段階での解約は、機種代金を一括での支払いを求められるケースもあるので注意が必要です。

契約期間と併せて、申し込みや解約時にかかる費用も事前に確認しておきましょうね。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

割引やキャンペーン

コイン

格安SIMは、新規契約や他社からの乗り換え時に割引やキャンペーンを実施しているケースが多いです。料金をよりお得に利用したいという人は、キャンペーン情報も比較しましょう。

 格安SIMによっては機種代金が割引されるキャンペーンも実施しているので、機種をお得に購入したい人はチャンスです。

また、家族で利用すると月額料金が毎月お得になる家族割を実施している格安SIMもあります。

ワイモバイルでは、「家族割引サービス」を提供していて、家族で利用すると2回線目以降のプラン料金が毎月1,188円割引されます。

格安SIMはオプションが最初の数ヶ月無料で利用できるキャンペーンも多いので、ぜひチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、小学生のキッズケータイにおすすめな格安SIM6選と料金比較ランキングを紹介しました。

小学生の子供に持たせるスマホで格安SIMを利用する際には、月額料金だけでなく、セキュリティやサポート面などをチェックしたうえで選びましょう。

また、格安SIMでは機種代金やオプションがお得になるキャンペーンも実施していることが多いので、申し込み前に確認しておくことも大切です。

子供にスマホを持たせる際には、利用方法や利用時間などのルールをきちんと話し合っておきましょうね。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事