シニア(高齢者)向けスマホ5選ランキング!おすすめの安いスマホも
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

この記事では、シニア(高齢者)向けのおすすめな格安スマホ5選をランキング形式で紹介します。

とはいえ「スマホはガラケーより値段が高いイメージがある」「操作できるか不安」といった悩みから、なかなか購入できずにいる人も多いはず。

 大手キャリアで携帯を契約するのが主流だったひと昔前とは違い、今では格安SIM(格安スマホ)を利用して月々の携帯料金のコストを半額以下に下げるユーザーが増えています。

シニア向けの安いスマホをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。後悔しない選び方も解説しています。

シニア向けおすすめスマホはこれ!

トーンモバイル Tone e22の特徴TONE e22
シンプルな画面で操作しやすい

写真もメールも電話もすぐできる

付属の箱の上に置くだけ
操作や故障のトラブル対応

端末料金は21,780円(税込)
財布に優しい

「TONE e22」が買えるのは
TONEモバイル!


トーンモバイル
ドコモ回線が使える格安SIM
月々1,100円(税込)で使える
  シンプルプラン
電話サポート付きで安心
TONEモバイルを
チェック
🌟60歳以上なら最大1年間無料🌟

 

格安SIMでも実店舗で申し込めるものや、シニア世代が使いやすいスマホを厳選して紹介します。
運営情報
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

シニア世代のスマホは格安SIMが安くておすすめ!

「メールや通話ができれば十分」というシニア世代にとっては、スマホに搭載されている便利ツールは必要なく、ガラケーで十分だと考える人も多くいるはずです。

実は、スマホはシニアにとって便利な機能がたくさん。ガラケーと比べるとこんなにできることが広がります。

スマホガラケー
  • 画面が大きくて
    文字が見やすい
  • 写真が綺麗に
    撮れる
  • 健康管理やラジオのアプリなど
    さまざまなアプリが使える
  • 文字が見づらい
  • 写真の画質が
    あまり良くない
  • バッテリー持ちが
    いい

またiPhoneを代表に、スマホは端末代だけでもかなり高額なイメージがあるでしょう。特に3大キャリアは、端末代だけでなく月額料金も高くなりがちです。 ※ドコモ、au、ソフトバンク

そこで多くの方がスマホ代を安くするために利用しているのが『格安SIM』です。実は3大キャリアもそれぞれの格安ブランドを展開しており、3大キャリアから格安ブランドへ乗り換える方もいます。

 格安SIMでも、シニア向けのスマホは多く販売されています。格安SIMを選ぶことで、スマホの端末代だけでなく、月々の利用料金も抑えることが可能です。

料金比較

また格安SIMは、家族割などの適用によってお得に利用できるケースもあります。期間限定のキャンペーンなども上手く活用すれば、よりお得にスマホを利用できるでしょう。

【後悔しない】シニア向けスマホを選ぶ際のポイント

スマホを選ぶ際、「なるべく料金を安く抑えたい」と月額料金ばかり比較してしまいがちですが、シニア世代であれば、他にもいくつか重視したほうがよいポイントがあります。

ここではシニア世代が格安スマホを選ぶ際のポイントを紹介します。

シニア向けの格安スマホを選ぶポイント

サポートの充実度

シニア向けの格安スマホを選ぶ際には、サポートの充実度を確認しておきましょう。

 ドコモやauなどの大手キャリアは全国に店舗があるので直接サポートが受けられますが、格安SIMは店舗がなくオンラインのみの場合も。

シニア世代でスマホに慣れていないという人は、可能であれば実店舗のある格安SIMを選ぶようにしましょう。

自宅でもサポートを受けたいという人は、追加オプションの電話サポートや遠隔サポートへの加入がおすすめです。

端末の使いやすさ

シニア世代は、端末の安さだけでなく使いやすさもチェックしておきましょう。

格安SIMは大手キャリアと比較すると販売している端末が少なめなので、会社によっては初心者向けのスマホを取り扱っていないこともあります。

 端末代金だけでスマホを選んでしまうと、使い方が分からず慣れるまでに時間がかかってしまうことがあります。

シニア世代でスマホ操作に慣れていない人は、文字やアイコンが大きく表示できるスマホがおすすめです。

またケータイから乗り換える人は、ボタン付きのスマホを選ぶと抵抗感が少なくスマホを利用できるでしょう。

端末がお得に購入できるキャンペーンを実施していることもあるので、申し込み前にチェックしておきましょうね。

通話オプション

シニア世代では、メールやメッセージ機能より通話に慣れていて、よく利用する人も多いでしょう。

通話メインでスマホを使いたい人は、格安SIMを選ぶ際にかけ放題などの通話オプションも確認しておくと安心です。

 通話オプションには、時間や回数無制限でかけ放題のものや、1回10分までかけ放題など時間制限が設けられたものなどがあります。

時間や回数無制限のかけ放題は、いつでも時間を気にせずに通話を利用できますが、他の通話オプションより利用料金が高いので注意しましょう。

ワイモバイルのように、シニア世代の通話オプション利用料がお得になる格安SIMもありますよ。

【安いスマホを買うならここ】シニア向けのおすすめ格安スマホ5選をランキング

今回は、月額料金もリーズナブルでシニア世代用の安いスマホを購入できるおすすめの格安SIMを紹介します。

ランキング形式で紹介しているので迷った時の比較にも役立ててください。

シニアに
おすすめ格安SIM
楽天モバイルTONEモバイルUQモバイルY!mobileイオンモバイル
 -Rakutenmobile TONEモバイルUQmobiley!mobileロゴイオンモバイル
シニアに
おすすめスマホ
aquos4
AQUOS sense6
TONE22TONE 22BASIO activeBASIO activeかんたんスマホかんたんスマホ2+AQUOS sense4AQUOS sense4
月額料金
(税込)
1,078円/3GB1,100円/
無制限動画以外
2,365円/4GB2,365円/4GB1,078円/3GB
通話料金22円/30秒23.1円/1分
(国内携帯電話宛)
22円/30秒22円/30秒11円/30秒
店舗の有無
約1,000店舗

約2,200店舗取扱

約2,700店舗

約7,500店舗

約200店舗
サポート
(税込)/月
スマホ操作遠隔
サポート
550円
遠隔サポートオプション
330円
使い方サポート
649円
セキュリティパックプラス
660円
イオンスマホ電話サポート
330円
使用回線楽天&auドコモauソフトバンクドコモ&au
公式サイト
※全て税込価格
※2024年3月14日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。
当サイトに掲載しているランキングは、格安SIM各社の公式サイトの情報や当サイト独自のアンケート調査結果、公的機関の情報をもとに算出しております。詳細は別ページのランキングの根拠をご確認ください。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 使用データ量によって料金が変わるシンプルなプラン
  • 専用アプリで通話が無料に
  • 店舗サポートや遠隔サポートが利用可能
  • 今ならモバイルWi-Fi端末の本体価格が実質0円!※1

楽天モバイルは、楽天が提供する独自回線とパートナー回線(au)が利用できます。使ったデータ量によって料金が変化するので、どんな人も使いやすい料金プランが特徴です。

 楽天回線エリア内であれば、どれだけ使っても月額基本料金は3,278円で利用できます。

専用アプリの「Rakuten Link」で発信すれば国内通話が無料なので、通話をメインで使いたいシニア世代にもおすすめです。

標準の通話アプリ向けの1回15分までの通話がかけ放題になる通話オプションは、はじめの3ヶ月間無料で利用できるキャンペーンを実施しています。※2

Rakuten WiFi Pocket

今なら、楽天モバイルのプランとモバイルWi-Fi端末「Rakuten WiFi Pocket 2C」を同時契約することで、ポケット型WiFi・モバイルルーターの本体価格が実質1円になります。

さらに、申込み時の契約事務手数料が0円になるので、お得に利用することができます。

店舗でのサポートや遠隔サポートも受けられるので、シニア世代でも安心して申し込めます。

おすすめ機種は「AQUOS sense6」

AQUOS sense6

楽天モバイルでは、SHARPの「AQUOS sense6」が34,980円で購入可能です。「かんたんモード」をオンにすると、スマホに慣れていない人も使いやすいアイコン表示に変更できます。

防水や防塵、耐衝撃などの性能を備えているので、安心して使える点もメリットです。アルコール除菌シートでそのまま拭くこともできます。

楽天モバイルでは、実質15,980円で購入できるキャンペーンを実施中ですよ。※1
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

基本情報

料金プラン【Rakuten UN-LIMIT VII】
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
月間データ量楽天回線:上限なし
パートナー回線:5GBまで
通話料通常:22円/30秒
Rakuten Link:無料
通話オプション15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
店舗あり
サポート
  • スマホ操作遠隔サポート:550円/月
  • あんしん操作サポート(店舗):550円/月
セキュリティ対策ノートンモバイルセキュリティ:220円/月
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天モバイル

※1 終了日未定

※2 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

トーンモバイル

トーンモバイル

トーンモバイルのおすすめポイント
  • 60代以上は月額基本料金が最大1年間0円
  • スマホが動かなくなった時は付属の箱の上に置くだけで自動修復!
  • 家族が遠隔で操作できる「スマホサポート機能」を搭載
  • ガラケーのような画面も選べるのでスマホ初心者も使いやすい
  • ネット使い放題+電話もできて月1,100円(税込)
    ※動画は1GBまで

トーンモバイルは、ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)のドコモ回線が利用できる格安SIMです。シニア世代が利用しやすい、オリジナルのスマホを提供しています。

プランは、月額料金1,100円のワンプランです。

 60歳以上でAndroidスマホをお持ちの方にはシニア割が適用され、最大1年間月額基本料金が無料になります。

上記のシニア割が適用されるには、Androidプランに加入していることや60歳以上であること、月間の利用量が300MB未満であることが条件です。

月間の規定利用量を超えると月額基本料1,100円(税込)が発生するのでご注意ください。

データ通信を全く利用しない場合はシニア割失効となるので、月に1度は必ずインターネットを利用しましょう。

なお、トーンモバイルでは来店して申し込むと、10GBのデータ増量クーポンがもらえるキャンペーンを実施中です。

オンラインからの申し込みが不安な人は、下の画像をクリックして来店申し込みするのがおすすめです。

トーンモバイル 来店

おすすめ機種は「TONE e22」

トーンモバイルでは、オリジナルのシニア向けスマホ「TONE e22」が21,780円(税込)から購入できます。ガラケーのような画面を選べるので、はじめてスマホを使う方におすすめです。

トーンモバイル Tone e22の特徴

シニアの方がスマホの利用を躊躇する理由の1つとして「使い方・操作方法がわからないから」が挙げられますよね。TONE e22は、そんな悩みを解決してくれる一台です。

 スマホが動かなくなったり、操作方法がわからなくなったら、購入時の箱の上にスマホを置くだけで自動修復してくれる機能を搭載。また、家族が遠隔でスマホを操作することもできます。

トーンモバイル 置くだけサポート

もちろん、電話でサポートセンターに相談することも可能です。これだけの機能が携わっていれば、急にスマホが動かなくなっても安心でしょう。

活動量に応じて10大疾患の発生目安がわかるアプリが入っているのも、シニア世代には嬉しいポイントです。

基本情報

料金プラン1,100円
月間データ量使い放題
※動画は1GBまで
通話料トーンモバイル同士:無料
国内携帯電話宛:23.1円/1分
国内一般加入電話宛:14.3円/3分
通話オプション音声通話かけ放題:770円/月
 店舗あり
サポート遠隔サポートオプション:330円
セキュリティ対策
  • 安心パック(端末保証・遠隔サポート):550円/月
  • ウイルスチェックオプション:330円/月

トーンモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

UQモバイル

uqモバイル

※2024年3月14日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

UQモバイルのおすすめポイント
  • 公式サイトや全国2,700店舗以上でサポートが受けられる
  • 選べる3つの通話オプション
  • 各種キャンペーン適用で端末購入代金がお得に

UQモバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMで、余ったデータ量を翌月まで繰り越せる「ミニミニプラン」「トクトクプラン」「コミコミプラン」を提供しています。

 auショップやUQスポットなど、全国2,700店舗以上で対面サポートが受けられます。

通話時間などが異なる3つの通話オプションを提供しているので、利用状況に合った通話オプションに加入できる点も特徴です。

対象のインターネットや電気サービスとセットで利用すると適用される、「自宅セット割」も実施していますよ。

おすすめ機種は「BASIO active」

BASIO active

UQモバイルでは、スマホ初心者でも利用しやすい「BASIO active」を28,800円(税込)で販売中です。他社からの乗り換えで「増量オプションⅡ」へ加入すると6,800円(税込)から購入できるキャンペーンも実施しています。※1

片手でも操作しやすいサイズ感や大きな文字で、ボタンひとつひとつが押しやすいデザインが特徴です。

ディスプレイの下には電話・メール専用ボタンが搭載されているので、スマホに慣れていない人も安心して使えます。

最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

基本情報

料金プランミニミニプラン:1,078円
コミコミプラン:3,278円
トクトクプラン:990〜2,178円
※割引適用後
月間データ量ミニミニプラン:4GB
コミコミプラン:20GB
トクトクプラン:1GB/15GB
通話料22円/30秒
通話オプション
  • 通話パック(60分/月):550円/月
  • かけ放題(10分/回):880円/月
  • かけ放題(24時間いつでも):1,980円
    👵60歳以上は永年1,100円割引で月額880円
店舗あり
サポート
  • 使い方サポート:649円/月
  • 店頭設定サポート(データ移行・保護シート貼りなど):2,200円〜
セキュリティ対策安心フィルター for au:無料
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

UQモバイル

増量オプションⅡ

※1 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

ワイモバイル

Y!mobile

ワイモバイルのおすすめポイント
  • 家族割引で料金がお得に
  • 60歳以上なら通話がずっと割引になる
  • 全国約4,000店舗で申し込み可能

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドに位置付けられている格安SIMで、余ったデータ量を翌月まで繰り越せる料金プランが特徴です。

 ワイモバイルでは家族割引で入ると、2回線目以降が毎月1,188円割引されます。血縁関係があれば、離れて暮らす家族も対象です。

60歳以上通話割

60歳以上の利用者は、通話オプションが割引されるキャンペーンを実施中※1です。月額1,870円の「スーパーだれとでも定額(S)」が永年毎月1,100円割引されます。

オンラインだけでなく、全国約4,000店のワイモバイルショップや取扱店での申し込みが可能です。

おすすめ機種は「かんたんスマホ2+」

かんたんスマホ2+

ワイモバイルでは、シニア世代でも使いやすい「かんたんスマホ2+」を31,680円で販売中です。

 大きなアイコンでアプリが見やすく、ホーム画面にはよく使う連絡先を4件まで登録できます。

電話やメール専用のボタンがあるので、ケータイと同じ感覚で使える点も特徴です。

困ったときには「サポート」ボタンを押すだけで操作のサポートが無料で受けられます。(9時から20時まで)

PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

基本情報

料金プランシンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
月間データ量シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
通話料22円/30秒
通話オプション
  • だれとでも定額(1回10分):770円/月
  • スーパーだれとでも定額(時間・回数無制限):1,870円/月
店舗あり
サポートネットトラブル相談室
セキュリティ対策セキュリティパックプラス(迷惑電話ブロック・みまもりマップなど):660円/月
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

ワイモバイル

※1 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

イオンモバイル

イオンモバイル_ロゴ

イオンモバイルのおすすめポイント
  • 全国のイオンで申し込み可能
  • 60歳以上向けの料金プラン
  • かけ放題と電話サポートがセットになったオプション

イオンモバイルは、流通大手のイオンが手がける格安SIMで、全国のイオンで申し込みやサポートを受けられます。

 60歳以上の利用者向けの「やさしいプラン」を提供していて、音声通話対応のプランは月額748円から利用できます。

イオンモバイルで提供しているシェアプランは、月額220円で回線を1つ追加できるので、夫婦や家族での利用にもおすすめです。

シニア世代向けの「やさしい10分かけ放題」は、1回10分のかけ放題と電話サポートがセットになったオプションです。

おすすめ機種は「AQUOS sense4 やさしいスマホ2」

AQUOS sense4 やさしいスマホ2

イオンモバイルでは、シニア世代でも使いやすい「AQUOS sense4 やさしいスマホ2」を33,880円で販売してます。

見やすいアイコンが大きく表示される「AQUOSかんたんモード」が購入時点で設定されているので、スマホ初心者でも簡単に操作できます。

省エネ性能の高いディスプレイを採用しているので、消費電力を抑えて長時間連続使用することも可能です。

基本情報

料金プラン
※60歳以上向け
【やさしいプラン】
音声プラン:748円〜
シェア音声プラン:1,408円〜
データプラン:638円〜
月間データ量音声プラン:200MB〜8GB
シェア音声プラン:1.5GB〜4GB
データプラン:3GB〜8GB
通話料11円/30秒
通話オプション
  • やさしい10分かけ放題:935円/月
  • 5分かけ放題:550円/月
  • フルかけ放題:1,650円/月
店舗あり
サポートイオンスマホ電話サポート:330円/月
セキュリティ対策イオンモバイルセキュリティPlus:220円/月

イオンモバイル

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

高齢者・シニアがスマホを持つメリット3選

高齢者・シニアがスマホを持つメリットは以下の3つです。ガラケーからスマホに乗り換えるのは色んな懸念点もありますが、日常がさらに便利になり大切な家族や友人と連絡が取りやすくなりますよ。

ガラケーより画面が見やすい

1つ目のメリットはディスプレイが大きくなることで、サイトの文字や写真が見やすくなることです。

 ガラケーの平均的な画面の大きさは3インチなのに対し、スマホは6インチと倍程度の大きさ。それでも見えないときは、2本指で画面を広げるように動かせば簡単に拡大することができます。

また、スマホはディスプレイの解像度も高く、動画やグラフィックを綺麗に映し出します。

解像度が高いなめらかな写真が撮れることも特徴です。

LINEなどの連絡アプリが使える

スマホではLINEアプリが使えるため、メールや電話より気軽にメッセージを送り合うことができます。

 ガラケーでも2018年まではLINEアプリが使えましたが、現在はサービスを終了しており、LINEアプリが使いたい人はスマホに乗り換える必要があります。

LINEアプリを使うことでメッセージはもちろん、アプリ内で無料通話も可能。通話料金を気にせず家族や友人との会話を楽しめますよ。

アプリ内でビデオ通話もできます。

生活に役立つ情報がすぐ手に入る

ガラケーでも気になる情報を知ることはできますが、スマホでは天気や現在地などがすぐわかる便利なアプリが多数。検索しなくてもアプリを開くだけであらゆる場所の天気予報や、目的地までの行き方がわかります。

 他にもメモアプリ・電車乗り換えアプリ・電子決済アプリなど、スマホ一つあれば完結することが増え、今後ますます便利なアプリが誕生することでしょう。

離れた家族や友人と頻繁に会う人はカレンダー共有アプリを入れると、毎回メッセージでやり取りしなくてもお互いの空いている日を知ることができるため、日程調整がしやすいですよ。

個人情報を入力するアプリは安全性を確かめてから入力するようにしましょう。

高齢者・シニアがスマホを持つデメリット3選

高齢者・シニアがスマホを持つデメリットは以下の3つです。ガラケーに比べてできることが増えた分、操作はやや複雑になります。店頭スタッフや家族に教えてもらいながら確実にマスターしていきましょう。

操作に慣れるまで時間がかかる

スマホは操作面がガラケーと大きく異なります。ガラケーのボタン操作に慣れていた人は、スマホのタッチ操作に戸惑うのも無理はないでしょう。

 スマホは指が乾燥していたり、画面を強く押しすぎると反応しづらい傾向があります。最初は思うように操作できずやきもきすることもあるでしょう。

一人で解決しようとせず、携帯ショップの店頭で実施されるスマホ教室に足を運んだり、スマホに詳しい家族に質問することで早くスマホをマスターすることができます。

携帯通信会社のスマホ教室は基本的に0円です。

ワンクリック詐欺に注意が必要

スマホはワンタッチで表示されているURLにサイト遷移できるため、なんとなくタッチしたサイトが悪質サイトで不正請求されるケースも少なくありません。

 怪しいメールやサイトの識別がつかないと、突然の請求に戸惑い指定された口座に振り込んでしまう人も多く、スマホの危険性をしっかり理解する必要があります。

身に覚えのない不正請求は支払い義務がなく、無視をすることが最も正しい対応といえます。再請求されないようにサイトやアプリは削除しましょう。

もし支払いに応じたり直接請求先に連絡してしまった場合は、警察のサイバー犯罪相談窓口国民生活センターなどに相談しましょう。

利用料が突然高くなることがある

スマホ契約時に最初の数ヶ月〜1年間だけ無料で使えるサービスやプランに加入する人もいるでしょう。

 いつまで無料で使えるのか把握できていないと、突然月額料金が高くなって混乱を招くことがあります。

カレンダーアプリなどを使ってしっかり記録すると安心です。登録した日時に近づくと通知が届くようにしておけば、さらに忘れにくいでしょう。

気に入ったサービス・プランであればそのまま契約し続けることも可能です。

シニア世代が格安スマホを使う際の注意点

格安スマホは端末代だけでなく月額料金を抑えられる点も魅力のひとつです。しかしシニア世代だからこそ、注意しておくべき点もいくつかあります。

自分で初期設定を行うケースがある

docomoやauなどの大手キャリアでは店舗で直接サポートを受けられますが、格安SIMをオンラインで申し込んだ場合、設定を自分で行う必要があります

 初期設定の仕方は、説明書やホームページに詳しく記載されていますが、スマホにあまり慣れていない人は設定に苦労する可能性があります。

初期設定や操作に不安のある人は、店舗のある格安SIMへの申し込みがおすすめです。

店舗での申し込みは事前に来店予約が必要な場合があるので、確認しておきましょうね。

セキュリティ対策を活用する

スマホをインターネットに接続して利用する際は、ウイルスや詐欺などのリスクについても理解しておきましょう。

 少しでも不安がある人は、追加オプションのセキュリティサービスへの加入がおすすめです。

セキュリティサービスはスマホに侵入するウイルスを未然に防ぐことができるので、事前にトラブルを防ぐことが可能です。

オプションによっては、スマホを紛失した際に位置情報を確認できるサービスも利用できますよ。

通話に関する料金を把握しておく

格安スマホは月額基本料金に加えて、自分が発信した通話の時間に応じて通話料が発生する場合が多いので、あらかじめプランを確認しておきましょう。

 通話オプションに加入せず長電話をすると、月々の料金が高くなってしまうので、通話メインでスマホを使う場合はオプションへの加入がおすすめです。

一部の格安SIMでは専用の通話アプリを使用して発信すると、通話料がお得になるケースもあります。例えば楽天モバイルの場合、Rakuten Linkアプリを使用して発信した場合の国内通話量は無料です。

LINEなどのメッセージアプリを活用しても、通話料をお得にできますよ。

シニア向けスマホに関するよくある質問

シニア向けのスマホはなにがおすすめ?
シニア世代が選ぶスマホは格安SIMを利用したスマホがおすすめです。なかでもトーンモバイルは、60代以上は月額料金が最大1年間0円になる割引などシニア世代に嬉しいキャンペーンを実施しています。
シニア向けスマホを選ぶときのポイントは?
シニア世代がスマホを選ぶ時のポイントは、月額料金の安さだけではなく、サポートの充実度・端末の使いやすさ・通話オプションなどの点を抑えることが重要です。
シニア世代が格安SIMのスマホを使う時の注意点は?
シニア世代がスマホを使う時の注意点は、自分で初期設定を行うケースがあることなどが挙げられます。

また、格安SIMではセキュリティサービスはオプションとなる場合が多いため、気になる人は事前にセキュリティサービスに加入する必要があります。

シニア世代が格安SIMのスマホを選ぶメリットは?
シニア世代が格安SIMのスマホを選ぶメリットは、月額料金が安くなるなどのメリットがあります。また、最近では格安SIMのオリジナル端末も発売されており、他の端末に比べ、比較的低価格で購入することができます。

まとめ

今回はシニア世代におすすめのスマホと、安いスマホを購入できる格安SIM5選ランキングを紹介しました。格安SIMは料金を抑えて利用できるため、初めてスマホに挑戦する人にもおすすめです。

ただしこれからスマホデビューをする上で、申し込みや設定に不安があるという人は、店舗で手続きできる格安SIMを選びましょう。

また料金だけでなく、シニア世代でも使いやすい、困ったときにサポートを受けられるといったポイントを重視して選ぶと安心です。

必要に応じて通話オプションやセキュリティオプションなども検討して、自分に合ったスマホを探してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事