カメラ性能の高いスマホおすすめ14選!一眼レフ並みの最強機能を搭載【2024年4月】
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

最近のスマホのカメラは一眼レフ並みの写真が撮れるので、カメラ性能を重視している人も多いでしょう。

実際、NTTドコモ モバイル社会研究所が「スマホ・ケータイ購入時に重視すること」について7,050人にアンケートを募ったところ、5項目の中でカメラ性能を重視している人が最多という結果になりました

そこで今回は、スマホのカメラ性能の高いスマホ(Android・iPhone)おすすめ14選を紹介します。画素数や、望遠レンズ・広角レンズなど搭載されているレンズも比較していきましょう。

  

スマホカメラ性能 フローチャート
気になるスマホをタップすると解説箇所にジャンプします。

※:【調査対象】全国・15~79歳男女【調査方法】Web【調査時期】2021年1月【有効回答数】7,050人【項目】端末のデザイン・カメラ機能・操作性・携帯性・メモリ容量

30秒でわかる!この記事のまとめ

カメラ性能のいいスマホの選び方は7つ📸
❶画素数:
4,800万画素以上が◎
❷F値:
2.0以下が◎
❸レンズの数:
複数あると広角や望遠が撮れる
❹手ぶれ補正:
光学式だと◎
❺ズーム機能:
光学ズームかデジタルズームで特徴が異なる
❻動画撮影スペック:
4Kや立体音響があると◎
❼独自機能:AI技術が搭載されたスマホも

上記の7項目を満たしたのは
  Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
Google Pixelカメラ性能最強

画素数最大5,000画素
F値広角:ƒ/1.68
14端末の中で最小
レンズの数3眼(広角・ウルトラワイド・望遠)
手ブレ補正あり
独自機能マクロフォーカス
消しゴムマジック など
→写り込みに最適🌟
 Google Pixel 8 Proは
Softbankコスパ最強
端末価格(税込)
※割引適用時
Softbank25,896円
au65,400円
docomo94,479円
※256GB

プログラム適用でスマホが激安
Softbankで
スマホを買う
🌟Google Pixel 8 Proが25,896円〜🌟

5,000万画素以上多数
カメラ性能が高い
端末14選
au online shopの端末キャンペーン
au online shop
【人気スマホが最大11,000円割引】
🆕 4/1から対象端末が追加!
Galaxy Z Flip5 / Galaxy Z Fold5
Xiaomi 13T / TORQUE 5G
Galaxy S23 Ultra / Google Pixel 8

適用条件
(1)機種変更で対象機種を購入
(2)現在使用中の端末を12カ月間以上利用
(3)対象プランおよび故障紛失サポート(有料)に加入、
または継続

割引適用後の料金(税込)

Galaxy Z Flip5
2つ折りスマホ
閉じても通知が見れる
3,700mAhの大容量

179,900円
168,000円

Xiaomi 13T
5,000万画素カメラ搭載
暗所でもはっきり撮れる
15分で50%充電が完了

65,000円
54,000円

カメラスペックの高いスマホがお得
au Online Shopを
チェックする
※2024年4月2日時点の情報です
※最新の情報については必ず公式サイトご確認ください
auはiPhone15シリーズも安い!
超高性能カメラ搭載の
iPhone15をauでお得に

超高性能カメラが付いているiPhone15を入手したい

オンラインショップの利用がおすすめ!

オンラインショップなら
❶24時間いつでも申し込みが可能
❷店舗に行く手間なし
送料も無料のためです。

iPhone 安く買う

オンライン限定の割引で店舗購入より安くGET!/

スマホトクするプログラムを
利用した端末価格(税込)
※25カ月目に端末返却した場合
iPhone 15
(128GB)
店頭:71,320円
オンライン:49,320円
iPhone 15 Pro
(128GB)
店頭:94,205円
オンライン:72,205円
iPhone 15
Pro Max

(256GB)
店頭:116,860円
オンライン:94,860円
🌟オンライン購入で22,000円割引🌟
オンライン割引
au
公式サイトはこちら
運営者情報
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

カメラ性能が高いスマホの選び方7選|画質を良くするには?

スマホで写真を撮る頻度が増え、カメラ性能の良さでスマホを選んでいる方も多いのではないでしょうか?

カメラには画素数や性能・レンズなど選ぶポイントが沢山あり、悩んでしまいますよね。まずは、カメラでスマホを選ぶならどのポイントを見るべきか解説していきます。

画素数

カメラの画素数は、撮影した画像の点の数を表していて、基本的に画素数の数値が高ければ高いほど、細かく美しい写真が撮影できます。

画素数

この点のことをピクセルといい、ピクセルが横に1,280個、縦に960個並べられるカメラの性能だと1,280×960=120万個となり、120万画素の性能をもったスマホカメラということになります。

 例えばiPhone11〜14シリーズは1,200万画素、カメラ機能に重点を置いているAndroidスマホのGalaxy S23 Ultraは、2億画素です。

ちなみにA4サイズで高画質の写真を印刷する場合は、900万画素程度が必要です。
画素数利用用途
30万〜50万画素メールやホームページに掲載
100万〜400万画素L判サイズな写真の印刷
500万〜700万画素B5サイズの印刷
800万〜1,000万画素A4〜A3サイズの印刷
1,200万画素以上ポスターサイズの印刷
 ズームする時、撮影した写真をSNSに上げる時、撮った写真を印刷する場合は、1,000万画素以上のカメラを搭載したスマホの機種を選ぶのが良いです。

一方で、画素数が高いほどデータ量は増えるので、容量の大きいストレージやmicroSDカードが別途で必要になることもあることは注意したいポイントでしょう。

F値

F値とはレンズの絞り具合のことで、レンズ内に入る光のサイズを表しています。F値の値が少ないほど、レンズ内に入れる光の量が多くなるので性能の高いカメラと言えます。

 F値が小さいことで一眼レフで撮ったようなぼかした写真が撮りやすく、雰囲気のある映える写真を撮影することができます。

F値

F値が小さいと夜景の撮影の場合は手ブレを抑えて明るく撮影でき、動きのある被写体でも正確に撮影することが可能です。

高性能なF値の基準は2.0以下なので、スマホ選びの基準にしてみてください。
「F値が小さくて性能が高い」と言われているカメラを搭載しているスマホ機種と、そのF値を一覧でご紹介します。
iPhone15 Prof/1.78絞り値(広角)
iPhone14f/1.5絞り値(メイン)
Galaxy S23
Ultra
f/1.7絞り値(広角)
Galaxy Z
Fold5 SCG22
f/1.8絞り値(広角)
Xperia 10 Vf/1.8絞り値(広角)
google Pixel
8Pro
f/1.68絞り値(広角)

レンズの数

通常のスマホのカメラは28mm程度の大きさのレンズが搭載されていますが、最近のスマホは複数のレンズを搭載していてそれぞれ機能が異なります。

カメラ性能

複数レンズ搭載の場合、一つ一つのレンズの役割は異なります。広角・焦点に特化したレンズ、色調に特化したレンズ、陰影に特化したレンズなどあり、組み合わせることでいい写真が撮れます

複数レンズのカメラでできること
  • 広角、超広角撮影ができる
  • 背景をぼかすポートレート写真が撮影できる
  • シングルカメラよりコントラストのある写真が撮れる
  • 暗い場所でも光を多く取り込み、明るい写真が撮れる
  • ブレにくい

レンズの数が2つのデュアルカメラ、3つのトリプルレンズのほかに、4つや5つのカメラが搭載されているスマホも登場しています。

 いずれのスマホカメラにも広角や超広角、マクロ、望遠など様々な機能を搭載したレンズがあるので、スペックを比較してみるといいでしょう。

また、広角や超広角などは標準のカメラよりも画角の広い撮影ができるので、風景などをより広く撮影可能です。

様々なパターンで写真撮影を楽しみたいという人はレンズの数が多いカメラを選びましょう。

手ぶれ補正

手ブレ補正

写真撮影の時に手ぶれで振動がスマホに伝わってしまうとピントがズレてしまいますが、最近のスマホには手ぶれ補正のあるスマホが多く、写真のブレを抑えてくれます

 手ぶれ補正は、手ぶれが伝わる方向と逆の方向に補正処理を加えることでブレの無い美しい撮影を撮影できる機能です。

手ブレ補正にはデジタル式と光学式の2種類があり、光学式の方が補正効果は高くなっています。そのため、極力手ぶれを抑えたい人は光学式の手ブレ補正搭載のスマホがおすすめでしょう。

手ぶれ補正機能のあるスマホで自撮りや風景をより美しく撮影しましょう。
カメラ性能を重視!
おすすめのスマホ
14選はこちら

ズーム機能

スマホのカメラには、主に2種類のズーム機能があります。

ズーム機能の種類メリット・デメリット
光学ズーム画質を劣化させずに被写体を綺麗に撮影できる
レンズ部分が大きくなってしまう
デジタルズーム・カメラが出っ張らないスマートなデザイン
・倍率が上がるほど画質が荒くなってしまう

それぞれのメリットデメリットは、上記のとおりです。

光学ズームは、高画質をキープしながら被写体を捉えられるので、監視カメラや野鳥の撮影などで使用されています。

ただ、レンズ部分がどうしても出っ張ってしまうところが残念なポイントです。

一方、デジタルズームは、カメラ本体コンパクトであるため、スマホのデザインを損なわずに済みます

倍率が高くなるほど、画質は荒くなりますが、スマホのデザイン性を重視する方に最適です。

ズーム機能を使って、クオリティの高い写真・動画を撮影したい方は、光学ズーム搭載のスマホを選択しましょう!
カメラ性能を重視!
おすすめのスマホ
14選はこちら

動画撮影スペック

静画だけでなく動画撮影のスペックもこだわりたい方は動画撮影独自のスペックもチェックしましょう。主なチェック項目は以下です。

  • 4K撮影
  • 光学ズーム機能
  • デジタル補正
  • 立体音響
  • エフェクト機能
    etc…

アクティブシーンを撮りたい人は手ぶれ補正、雰囲気のある動画を撮りたい人はエフェクト機能が搭載されているスマホを選ぶのがおすすめです。

また、画質だけでなく音声の収録方法にも着目し、立体音響があるものを選ぶと映画顔負けの臨場感を体感できますよ。

長時間撮影をする方はバッテリー容量が5000mAh以上のスマホを選びましょう。

その他独自の機能

最新のスマホには「ナイトモード」や「AIカメラ」など、機種独自のカメラ機能が搭載されています。

ナイトモードは、室内や夜景など暗い場所でも光を取り込んで鮮明な写真が撮影できます

ナイトモード

他にも様々な機能を搭載しているスマホが多くあるので確認してみてください。

 自動で最適な撮影モードに切り替えてくれるAIカメラは、カメラに詳しく無い人でも美しい写真を簡単に撮影することが可能です。

その他、Google Pixelの「消しゴムマジック」や「編集マジック」を使えば写り込んでしまった通行人を消したり移動させることも。天気だって変えられちゃいます。

iPhone 15 Proでは、マクロ撮影が可能になりました。2cmの近さでもピントが合い、鮮明なアップ写真が撮影できます。

機種独自のスマホ機能を比較して、自分にピッタリあった端末を選びましょう。
出典:OPPO公式サイト
※:Google Pixel 4a以降の機種

【コスパ最強】カメラ性能の高いおすすめのAndroidスマホ10選

ここからは、実際に「カメラ性能が良い!」と人気なスマホをAndroid・iPhone別に14端末紹介。まずはAndroidから紹介します。

5,000万画素超えの一眼カメラレベルの端末も多数ありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

iPhoneが気になる方はこちらからジャンプできます。

横にスクロールできます>>

Galaxy S23
Ultra
Redmi 12
5G
Galaxy
A54 5G
Xperia 1 VXperia 5 VXperia 10 Vgoogle Pixel
8Pro
AQUOS
sense8
OPPO Reno
10 Pro 5G
Galaxy Z
Fold5
Galaxy S23 UltraRedmi 12 5G XIG03Galaxy A54 5GXperia 1 VXperia 5 VXperia 10 VGoogle Pixel 8 ProAQUOS sense8OPPO Reno10 Pro 5GGalaxy Z Fold5 SCG22
解説
特徴
14端末の中で
ダントツの
2億画素
200万
画素

深度センサーで
一眼レフ並み
AIが自動で
写真の解像度をUP
SONYの
一眼カメラ
技術
搭載
SONYの
独自技術で

高彩度かつ
低ノイズ
被写体や
撮影環境を
自動識別
プロ設定
ISO感度や
シャッタースピードを調整可能
光学式(OIS)と電子式(EIS)のダブル手ぶれ
対応
SONYと
共同開発
望遠レンズ搭載
折りたたみ
スマホで
7.6インチ
大画面
最低端末
料金
84,200円〜1円22,100円〜99,840円〜60,800円〜9,840円72,336円〜17,100円〜9,840円125,660円〜
ディス
プレイ
6.8インチ6.8インチ6.4インチ6.5インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ6.1インチ6.7インチ7.6インチ
最大
画素数
2億画素5,000万画素5,000万画素4,800万画素4,800万画素4,800万画素5,000万画素5,030万画素5,000万画素5,000万画素
F値広角:ƒ/1.7
超広角:ƒ/2.2
望遠1:ƒ/2.4
望遠2:ƒ/4.9
メインカメラ
:f/1.8

深度センサー
:f/2.4
超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.8
マクロ:ƒ/2.4
超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.9
望遠:ƒ/2.3-2.8
広角:ƒ/1.9
超広角:ƒ/2.2
超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.8
望遠:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.68
ウルトラワイド
:ƒ/1.95

望遠:ƒ/2.8
標準:ƒ/1.9
広角:ƒ/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
超広角:f/2.2
広角:ƒ/1.8
超広角:ƒ/2.2
望遠:ƒ/2.4
手ブレ
補正
ありなしありありありありありありありあり
ズーム
機能
10倍光学ズーム
100倍デジタルズーム
-10倍デジタル
ズーム
5倍光学ズーム2倍光学
ズーム相当
-5倍光学ズーム
30倍超解像ズーム
光学2倍相当
ズーム
光学2倍ズーム
20倍デジタル
ズーム
3倍光学ズーム
30倍デジタル
ズーム
その他の
主な機能
ナイトポート
レート

ナイトビデオ
天体ハイパー
プラスなど
セルフィーポートレートモード
夜景モード など
ナイトグラフィー
フォトリマスター
オブジェクト消去 など
リアルタイム瞳AF
リアルタイムトラッキング など
ポートレート撮影
Video Creator など
ハンドシャッター機能
光学式手ぶれ
補正など
マクロフォーカス
消しゴムマジック など
AIオート
ポートレートなど
ポートレート
タイムラプスなど
オートフォーカス機能
12倍動画ズーム など
発売日 2023年7月6日2023年10月6日2023年5月25日2023年11月20日2023年10月13日2023年7月6日2023年10月12日2023年11月9日2023年10月6日2023年9月1日

【サムスン】Galaxy S23 Ultra

【サムスン】Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 Ultraのおすすめポイント
  • 背面にプロ仕様のカメラを4つ搭載
  • 最大2億画素の超高彩度で撮影できる
  • ナイトグラフィーで暗いところの撮影もバッチリ

Galaxy S23 Ultraは、Galaxy史上最高の鮮明さで撮影できるカメラを搭載しているAndroidスマホです。

 最大2億画素と、超高彩度な撮影が可能になりました。

デジタルズームは、最大100倍まで対応しており、まるで天体望遠鏡を覗いているかのような写真を撮影できます。

暗闇での撮影に向けて「ナイトポートレート」や「ナイトビデオ」などの機能が搭載されているところも嬉しいポイントです。

Galaxyシリーズでもっともカメラ性能の高いモデルを購入するなら、Galaxy S23 Ultra一択でしょう!
スペック
端末代金
(税込)
164,800円〜
カラーグリーン/クリーム/ファントムブラック
容量256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.8インチ
Dynamic AMOLED 2X(有機EL)
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh
インターネット使用時間:最大25時間
ビデオ再生時間:最大26時間

Galaxy S23 Ultraのカメラ性能

レンズの数4眼(広角・超広角・望遠1・望遠2)
画素数最大2億画素
F値広角:ƒ/1.7
超広角:ƒ/2.2
望遠1:ƒ/2.4
望遠2:ƒ/4.9
手ぶれ補正あり
ズーム機能10倍光学ズーム
100倍デジタルズーム
その他の
主な機能
ナイトポートレート
ナイトビデオ
天体ハイパープラス など

Galaxy S23 Ultra 最安トップ3

audocomoSamsung
84,200円
※割引適用時
197,670円
※オンラインショップ購入時
253,440円
※オンラインショップ購入時

出典:Samsung

【Xiaomi】Redmi 12 5G XIG03

【Xiaomi】Redmi 12 5G XIG03

Redmi 12 5G XIG03のおすすめポイント
  • 暗所や逆光に強い約5,000万画素のメインカメラを搭載
  • 約200万画素の深度センサーにより一眼レフのような撮影が可能
  • レトロな表現ができるフィルムカメラモード

Redmi 12 5G XIG03は、約5,000万画素のメインカメラと、約200万画素の深度センサーを搭載してるAndroidスマホです。

 2種類の背面カメラにより、一眼レフ級の撮影が可能になります。

セルフィーポートレートモードや夜景モードなど、撮影機能も十分に備わっています。

レトロな表現ができるフィルムカメラモードを使えば、スマホ一台でさまざまな雰囲気の写真・動画を撮影できるでしょう。

SNSにこだわりの写真をアップしたい方に最適なスマホだといえます!
スペック
端末代金
(税込)
29,800円〜
カラースカイブルー/ポーラーシルバー/ミッドナイトブラック
容量128GB/256GB
ディスプレイ6.8インチ
フルHD+ディスプレイ
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh

Redmi 12 5G XIG03のカメラ性能

レンズの数2眼(メインカメラ・深度センサー)
画素数最大5,000万画素
F値メインカメラ:f/1.8
深度センサー:f/2.4
手ぶれ補正なし
ズーム機能-
その他の
主な機能
セルフィーポートレートモード
夜景モード など

Redmi 12 5G XIG03 最安トップ3

UQ mobileauXiaomi
1円
※割引適用時
11,047円
※スマホトクするプログラム適用時
29,800円
※オンラインショップ販売価格

出典:Xiaomi

【サムスン】Galaxy A54 5G

【サムスン】Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5Gのおすすめポイント
  • 多彩な機能で思い通りの写真を撮れる
  • 最大500万画素の撮影が可能なマクロカメラを搭載
  • デジタルズームは最大10倍までの撮影領域に対応

Galaxy A54 5Gは、高機能なカメラに加えて、豊富な撮影機能を搭載しているコスパの良いスマホです。

 フォトリマスターやオブジェクト消去など、多彩な機能を利用できます。

フォトリマスターは、AIが自動で写真の解像度を上げてくれる機能です。

色褪せた写真の解像度を上げながら、ノイズを軽減してくれます。

オブジェクト機能は、写真から不要なモノや影、反射などを削除できる便利な機能です。

撮影機能を活用すれば、思い通りの写真を残せます!マクロ撮影も可能です!
スペック
端末代金
(税込)
69,850円〜
カラーオーサム バイオレット/オーサム グラファイト/オーサム ホワイト
容量124GB
ディスプレイ6.4インチ
Super AMOLED(有機EL)
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh
インターネット使用時間:最大20時間
ビデオ再生時間:最大21時間

Galaxy A54 5Gのカメラ性能

レンズの数3眼(超広角・広角・マクロ)
画素数最大5,000万画素
F値超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.8
マクロ:ƒ/2.4
手ぶれ補正あり
ズーム機能10倍デジタルズーム
その他の
主な機能
ナイトグラフィー
フォトリマスター
オブジェクト消去 など

Galaxy A54 5G 最安トップ3

auUQ mobiledocomo
22,100円
※割引適用時
33,800円
※割引適用時
69,850円
※割引適用時

出典:Samsung

【SONY】Xperia 1 V

【SONY】Xperia 1 V

Xperia 1 Vのおすすめポイント
  • デジタル一眼カメラαの技術が注ぎ込まれた一台
  • 夜景やナイトポートレートなどの撮影もバッチリ
  • 高品位な3つのレンズで最大4,800万画素の撮影が可能

Xperia 1 Vは、SONYのデジタル一眼カメラαの技術が注ぎ込まれたAndroidスマホです。

 一眼カメラ級のクオリティで撮影できます。

夜景やナイトポートレートなどの撮影もバッチリです。

どんなシーンでもノイズの少ない、ダイナミックレンジの広い鮮明な撮影を可能にしてくれます。

AIが被写体の瞳を検出して追従してくれる「リアルタイム瞳AF」や、被写体をタップするだけで自動的にフォーカスし続ける「リアルタイムトラッキング」なども便利です。

一眼レフカメラ級のクオリティをスマホカメラに求めるなら、Xperia 1 Vが最適でしょう!
スペック
端末代金
(税込)
194,700円〜
カラーブラック/プラチナシルバー/カーキグリーン
容量256GB/512GB
ディスプレイ6.5インチ
有機EL/4K
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh

Xperia 1 Vのカメラ性能

レンズの数3眼(超広角・広角・望遠)
画素数最大4,800万画素
F値超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.9
望遠:ƒ/2.3-2.8
手ぶれ補正あり
ズーム機能5倍光学ズーム
その他の
主な機能
リアルタイム瞳AF
リアルタイムトラッキング など

Xperia 1 V 最安トップ3

SoftBankaudocomo
99,840円
※割引適用時
116,900円
※割引適用時
218,680円
※割引適用時

出典:SONY

【SONY】Xperia 5 V

【SONY】Xperia 5 V

Xperia 5 Vのおすすめポイント
  • メインカメラに広角・超広角レンズを搭載
  • 2倍相当の光学ズームでの撮影領域に対応
  • 「Exmor T for mobile」により高彩度かつ低ノイズな撮影を実現

Xperia 5 Vは、メインカメラに2眼(広角・超広角)レンズを搭載しているAndroidスマホです。

 最大4,800万画素で撮影可能。2倍相当の光学ズームを利用できます。

SONYの独自技術である「Exmor T for mobile」により、交際度かつ低ノイズな撮影が可能に。

搭載されているカメラは2種類ですが、誰でも簡単にブロ級のクオリティで撮影できます。

一般的なスマホよりも、カメラ性能にすぐれた一台をお探しの方に最適です!
スペック
端末代金
(税込)
139,700円〜
カラープラチナシルバー/ブルー/ブラック
容量128GB/256GB
ディスプレイ6.1インチ
有機EL/Full HD+
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh

Xperia 5 Vのカメラ性能

レンズの数2眼(広角・超広角)
画素数最大4,800万画素
F値広角:ƒ/1.9
超広角:ƒ/2.2
手ぶれ補正あり
ズーム機能2倍光学ズーム相当
その他の
主な機能
ポートレート撮影
Video Creator など

Xperia 5 V 最安トップ3

audocomo楽天モバイル
77,300円
※割引適用時
151,690円
※割引適用時
112,400円
※割引適用時

出典:SONY

【SONY】Xperia 10 V

【SONY】Xperia 10 V

Xperia 10 Vのおすすめポイント
  • メインカメラに3眼(広角・超広角・望遠)レンズを搭載
  • 被写体や撮影環境を自動で判別!簡単にキレイな写真を撮影できる
  • ハイブリット手ぶれ補正によりどんなシーンでもクリアに

Xperia 10 Vは、メインカメラに3眼(広角・超広角・望遠)レンズを搭載しているAndroidスマホです。

 最大4,800万画素のクオリティで撮影できます。

従来のモデルよりもイメージセンサーが大きくなったため、より高画質での撮影が可能に。

被写体や撮影環境を自動で判別してくれるので、誰でも簡単にキレイな写真を撮影できます。

さらに、光学式と電子式を組み合わせたハイブリット手ぶれ補正を搭載!どんなシーンでもクリアに写し出せます!
スペック
端末代金
(税込)
67,100円〜
カラーラベンダー/セージグリーン/ホワイト/ブラック
容量128GB
ディスプレイ6.1インチ
有機EL/Full HD+
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh

Xperia 10 Vのカメラ性能

レンズの数3眼(超広角・広角・望遠)
画素数最大4,800万画素
F値超広角:ƒ/2.2
広角:ƒ/1.8
望遠:ƒ/2.2
手ぶれ補正あり
ズーム機能-
その他の
主な機能
ハンドシャッター機能
光学式手ぶれ補正 など

Xperia 10 V 最安トップ3

楽天モバイル

SoftBankau
17,560円
※割引適用時
31,824円
※割引
適用時
23,290円
※割引適用時

出典:SONY

【Googleストア】Google Pixel 8 Pro

【Googleストア】Google Pixel 8 Pro

Google Pixel 8 Proのおすすめポイント
  • Google Pixel史上最高のカメラを搭載
  • 最大5,000万画素のメインカメラが細部まで捉える
  • 「プロ設定」でより美しい写真を撮影できる

Google Pixel 8 Proは、Google Pixel史上最高のカメラを搭載しているAndroidスマホです。

 メインカメラに3眼(超広角・ウルトラワイド・望遠)レンズを搭載しています。

「プロ設定」機能により、シャッタースピードやISO感度などをこまかく設定可能。

ほかにもGoogle独自の「消しゴムマジック」「編集マジック」など、納得のいく写真撮影に役立つ機能が豊富にあります。

ただ単に高画質な撮影ができるだけでなく、撮影した写真・動画の編集機能も優秀です!
スペック
端末代金
(税込)
159,900円
カラーObsidian/Porcelain/Bay
容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.7インチ
Super Actua ディスプレイ
バッテリーバッテリー容量:5,050mAh

Google Pixel 8 Proのカメラ性能

レンズの数3眼(広角・ウルトラワイド・望遠)
画素数最大5,000万画素
F値広角:ƒ/1.68
ウルトラワイド:ƒ/1.95
望遠:ƒ/2.8
手ぶれ補正あり
ズーム機能5倍光学ズーム
30倍超解像ズーム
その他の
主な機能
マクロフォーカス
消しゴムマジック など

Google Pixel 8 Pro 最安トップ3

auSoftBankdocomo
81,900円
※割引適用時
94,320円
※割引適用時
135,960円
※割引適用時

出典:Googleストア

【SHARP】AQUOS sense8

【SHARP】AQUOS sense8

AQUOS sense8のおすすめポイント
  • 光学式・電子式手ぶれ補正に対応
  • 最大5,030万画素の高解像度で撮影できるメインカメラを搭載
  • レンズアクセサリの装着でプロ級の撮影が可能

AQUOS sense8は、光学式(OIS)と電子式(EIS)ダブルの手ぶれ補正に対応しているAndroidスマホです。

 写真と動画どちらも手ブレを気にせずに撮影できます。

メインカメラには、最大5,030万画素のクオリティで撮影できる標準レンズを搭載。

別売りのレンズアクセサリを装着すれば、プロ級の撮影が可能になります。

レンズアクセサリを装着できるところは、SHARPならでは面白さです!
スペック
端末代金
(税込)
56,980円〜
カラーPale Green/Light Copper/Cobalt Black
容量128GB
ディスプレイ6.1インチ
IGZO OLED
バッテリーバッテリー容量:5,000mAh

AQUOS sense8のカメラ性能

レンズの数2眼(標準・広角)
画素数最大5,030万画素
F値標準:ƒ/1.9
広角:ƒ2.4/
手ぶれ補正あり
ズーム機能光学2倍相当ズーム
その他の
主な機能
AIオート
ポートレート など

AQUOS sense8 最安トップ3

auIIJmioUQ mobile
33,600円
※割引適用時
33,800円
※乗り換え価格(一括払い
37,800円
※UQオンラインショップ販売価格

出典:SHARP

【OPPO】OPPO Reno10 Pro 5G

【OPPO】OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gのおすすめポイント
  • 約5,000万画素の光学手ブレ補正搭載カメラで撮影可能
  • SONYと共同開発した望遠カメラを搭載
  • ワンタップでポートレートモードを起動

OPPO Reno10 Pro 5Gは、約5,000万画素の光学手ブレ補正搭載カメラで撮影できるAndroidスマホです。

 メインカメラに3種類のレンズ(広角・超広角・望遠)を搭載しています。

望遠カメラには、SONYと共同開発した3,200万画素の望遠カメラを搭載。

光学2倍ズームが可能になり、プロ級の撮影領域に対応しています。

ワンタップでポートレートモードを起動できるので、撮影チャンスを逃しません!
スペック
端末代金
(税込)
86,800円〜
カラーシルバーグレー/グロッシーパープル
容量256GB
ディスプレイ6.7インチ
10億色高精細有機EL
バッテリーバッテリー容量:4,600mAh

OPPO Reno10 Pro 5Gのカメラ性能

レンズの数3眼(広角・望遠・超広角)
画素数最大5,000万画素
F値広角:f/1.8
望遠:f/2.0
超広角:f/2.2
手ぶれ補正あり
ズーム機能光学2倍ズーム
20倍デジタルズーム
その他の
主な機能
ポートレート
タイムラプス など

OPPO Reno10 Pro 5G 最安トップ3

SoftBankIIJmiomineo
22,008円
※割引適用時
37,800円
※乗り換え価格(一括払い)
77,880円
※オンラインショップ販売価格(一括)

出典:OPPO

【サムスン】Galaxy Z Fold5 SCG22

【サムスン】Galaxy Z Fold5 SCG22

Galaxy Z Fold5 SCG22のおすすめポイント
  • PC並みのパワフルなハイエンドモデル
  • 最大30倍までのデジタルズームに対応
  • 写りを確認しながらセルフィーを撮れる

Galaxy Z Fold5 SCG22は、PC並みのパワフルさが自慢のハイエンドモデルです。

 折りたたみ式の本体を広げると、約7.6インチの美しいディスプレイが広がります。

もちろん、カメラ性能も良く、背面に3つのプログレードカメラを搭載

デジタルズームは最大30倍、光学ズームは最大3倍までの撮影に対応しています。

カメラ部分とディスプレイを並べて、写りを確認しながらセルフィーを撮れるところもポイントです。

高性能なメインカメラで、写りを確認しながらセルフィーを撮影できます!
スペック
端末代金
(税込)
298,200円〜
カラーアイシー ブルー/ファントム ブラック/グレー
容量256GB/512GB/1TB
ディスプレイ7.6インチ
Dynamic AMOLED(有機EL)
バッテリーバッテリー容量:4,400mAh
インターネット使用時間:最大17時間
ビデオ再生時間:最大21時間

Galaxy Z Fold5 SCG22のカメラ性能

レンズの数3眼(広角/超広角/望遠)
画素数最大5,000万画素
F値広角:ƒ/1.8
超広角:ƒ/2.2
望遠:ƒ/2.4
手ぶれ補正あり
ズーム機能3倍光学ズーム
30倍デジタルズーム
その他の
主な機能
オートフォーカス機能
12倍動画ズーム など

Galaxy Z Fold5 SCG22 最安トップ3

audocomoSamsung
142,160円
※割引適用時
257,400円
※割引適用時
298,200円
※オンラインショップ販売価格

出典:Samsung

【一眼レフ並み】カメラ性能の高いおすすめのiPhone4選

iPhone15
Pro Max
iPhone15
Pro
iPhone14
Pro
iPhone14
iPhone15 Pro MaxiPhone15 Pro MaxiPhone14iPhone14
解説
最低端末
料金
100,392円〜77,880円〜63,432円〜36,360円〜
ディス
プレイ
6.1インチ6.1インチ6.1インチ6.1インチ
最大
画素数
4,800万画素4,800万画素4,800万画素1,200万画素
F値広角:ƒ/1.78 
超広角:ƒ/2.2 
望遠:ƒ/1.78 
広角:ƒ/1.78
超広角:ƒ/2.2
望遠:ƒ/1.78 
望遠:ƒ/2.8
広角:ƒ/1.78 
超広角:ƒ/2.2
メイン:ƒ/1.5
超広角:ƒ/2.4
手ぶれ
補正
ありありありあり
ズーム
機能
3倍光学ズーム
15倍デジタルズーム
その他の
主な機能
3倍光学ズーム
15倍デジタルズーム
3倍光学ズーム
15倍デジタルズーム
2倍光学ズーム
5倍デジタルズーム
その他の
主な機能
フォーカス機能
ポートレート
モード

ナイトモード
など
フォーカス機能
ポートレート
モード

ナイトモード
など
アクションモード
シネマティック
モード

ポートレート
モード
ナイトモードなど
フォーカス機能
ポートレート
モード

バーストモード など
発売日2023年9月22日 2023年9月22日 2022年9月16日 2022年9月16日

【Apple】iPhone15 Pro Max

iPhone15 Pro MAX

iPhone 15 Pro Maxのおすすめポイント
  • 最大4,800万画素クオリティで撮影可能
  • 5倍光学ズームを使える望遠カメラを搭載
  • 7種類のプロ用レンズにより一眼カメラ級の撮影が可能

iPhone 15 Pro Maxは、人気のiPhoneシリーズの中で、もっともカメラ性能の高いモデルです。

 iPhone 15 Proよりも、ズーム機能の性能が高まっています。

光学ズームは最大5倍までデジタルズームは最大25倍までの撮影領域に対応。

マクロ撮影にも対応しているため、まるで一眼レフのような撮影を可能にしてくれます。

ナイトモードやポートレート機能などを活用すれば、どんなシーンでも美しい写真・動画を撮影できるでしょう。

iPhoneシリーズの中で、カメラ性能の高いモデルを選ぶならiPhone 15 Pro Max一択です!
スペック
端末代金
(税込)
189,800円〜
カラーナチュラルチタニウム/ブルーチタニウム/ホワイトチタニウム/ブラックチタニウム
容量256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.7インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
バッテリービデオ再生:最大29時間
オーディオ再生:最大95時間

iPhone 15 Pro Maxのカメラ性能

レンズの数3眼(メイン・超広角・望遠)
画素数最大4,800万画素
F値メイン:ƒ/1.78絞り値
超広角:ƒ/2.2絞り値
望遠:ƒ/2.8絞り値
手ぶれ補正あり
ズーム機能5倍光学ズーム
25倍デジタルズーム
その他の
主な機能
ナイトモード
マクロ写真撮影
フォーカス機能 など

iPhone15 Pro Max 最安トップ3

楽天モバイルSoftBankau
72,384円
※割引適用時
101,160円
※割引適用時
116,860円
※割引適用時

出典:Apple公式サイト

iPhone15 Pro

iPhone15 Pro

iPhone 15 Proのおすすめポイント
  • 最大4,800万画素の高解像度レンズ搭載
  • ポートレートを自動に感知
  • 3Dビデオが撮影できる

「iPhone 15 Pro」は、2023年9月22日に発売されるiPhone最新機種の1つです。iPhone史上初のチタニウムをボディーに採用し、Proシリーズの中で最も軽く頑丈なモデルになりました。

 最大4,800万画素のカメラが搭載され、息を呑むような写真がシャッターを押すだけで撮影できます。

さらに、Appleが7月に発表した「空間ビデオ」が体験できるVision Proにも対応。3DビデオをiPhone15 Proで撮影し、Vision Proでまるで追体験をしているような立体映像をお楽しみいただけます。

長年採用されてきたLightning端子を廃止し、USB Type-Cで接続ができるようになりました。
スペック
端末代金
(税込)
159,800円〜
カラーナチュラルチタニウム/ブルーチタニウム/ホワイトチタニウム/ブラックチタニウム
容量128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.1インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
バッテリービデオ再生:最大29時間
オーディオ再生:最大75時間

iPhone 15 Proのカメラ性能

レンズの数3眼(メイン・望遠・超広角)
画素数最大4,800万画素
F値広角:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
望遠:ƒ/1.78 絞り値
手ぶれ補正あり
ズーム機能3倍光学ズーム
15倍デジタルズーム
その他の
主な機能
3倍光学ズーム
フォーカス機能
ポートレートモード
ナイトモード など

iPhone15 Pro 最安トップ3

楽天モバイルauSoftBank
54,336円
※割引適用時


94,205円

※割引適用時

101,160円
※割引適用時

出典:Apple公式サイト

iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro 解説画像

iPhone 14 Proのおすすめポイント
  • カメラを激しく動かしても映像がぶれないアクションモード
  • 最大1TBの大容量ストレージ
  • 望遠カメラ搭載で暗い場所でもハッキリ撮影

「iPhone 14 Pro」は、2022年9月に発売されたiPhone 14シリーズの1つで、高性能な機能が利用できるハイエンドモデルです。

 カメラは広角・超広角・望遠機能が搭載していて、繊細な写真が撮影可能です。

iPhone 14シリーズから搭載された「アクションモード」は、手振れによる映像のブレを抑えるので映画のようなシーンを撮影できるのが魅力のポイントでしょう。

画素数は4,800万画素と従来の1,200万画素と比較して格段に画素数が上がったので、解像度の高い写真が撮影可能です。
スペック
端末代金
(税込)
149,800円〜
カラーディープパープル/シルバー/ゴールド/スペースブラック
容量128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.1インチ
ProMotion搭載Super RetinaXDRディスプレイ
バッテリービデオ再生:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間

iPhone 14 Proのカメラ性能

レンズの数3眼(望遠・広角・超広角)
画素数最大4,800万画素
F値望遠:ƒ/2.8 絞り値
広角:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
手ぶれ補正あり
ズーム機能3倍光学ズーム
15倍デジタルズーム
その他の
主な機能
アクションモード
シネマティックモード
ポートレートモード
ナイトモード など

iPhone14 Pro 最安トップ2

SoftBankdocomo
53,760円
※割引適用時
在庫なし
※2024年2月現在

出典:Apple公式サイト

iPhone 14

iPhone 14

iPhone 14の特徴
  • F値1.5でiPhone13より向上
  • アクションモードで手ぶれ補正が強化
  • 暗い場所での撮影が最大2.5倍の性能
  • シネマティックモードは4K撮影に対応
  • インカメラはオートフォーカスを搭載

iPhone14は、2022年時点におけるiPhoneの最新機種です。カメラ機能は広角レンズと超広角レンズのデュアルカメラで、見た目では前身のiPhone13との違いがほぼありません。

ところが、広角レンズのF値は1.5に向上しており、光を49%多く取り込めるようになっています。明るい写真にこだわる人は、iPhone13からの進化を実感するでしょう。

 「Photonic Engine」という新機能もあり、暗い場所での撮影もより鮮明に。広角レンズで最大2.5倍、超広角レンズで最大2倍の性能を誇ります。

センサーシフト式の手ブレ補正は、新機能の「アクションモード」でさらに強化。走りながらでも滑らかに動画撮影できるため、別途ジンバルを用意する必要もないでしょう。

動画撮影においては、シネマティックモードも4K撮影に対応して、さらに進化を遂げていますよ。

インカメラではオートフォーカスを搭載しました。複数の被写体に同時に焦点を合わせられるので、グループショットでのセルフィーも鮮明に撮影できます。

なお、iPhone14よりも高性能のカメラを求める人は、最大4,800万画素でトリプルレンズのiPhone14 Proもおすすめです。

スペック
端末代金
(税込)
112,800円〜
カラーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED /ブルー/パープル/イエロー
容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
バッテリービデオ再生:最大20時間
オーディオ再生:最大80時間

iPhone 14のカメラ性能

レンズの数2眼(メイン・超広角)
画素数最大1,200万画素
F値メイン:ƒ/1.5絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
手ぶれ補正あり
ズーム機能2倍光学ズーム
5倍デジタルズーム
その他の
主な機能
フォーカス機能
ポートレートモード
バーストモード など

iPhone14 最安トップ2

SoftBank楽天モバイル
24円
※割引適用時
27,384円
※割引適用時

出典:Apple(2024年3月時点)

【14端末比較】スマホのカメラ性能ランキングTOP3

本記事で紹介したカメラ性能が高いスマホをさらに最大画素数で比較してランキング形式にしてみました。

一般的な一眼レフカメラの平均画素数
→ 約1,800~5,060万画素

一般的なスマホカメラの平均画素数
→ 約800~2,300万画素

一般的な一眼レフカメラの平均画素数が約1,800~5,060万画素といわれています。また、一眼レフカメラの特徴の一つとして大口径レンズであることが挙げられます。
レンズが大きいことでF値が小さくなり、背景を美しくぼかしてくれます。一眼レフ並みの写真が撮りたい人はF値も併せて参考にしてみてください。
メインカメラのF値が2.0以下であればカメラ性能がいいスマホだといえるでしょう。

1Galaxy S23 Ultra
2億画素

【サムスン】Galaxy S23 Ultra

一位はサムスンのGalaxy S23 Ultraです。最大画素数は2億画素とダントツの一位。圧倒的な美しさを収めることができます。

 トリミングやズームをしても鮮明さはそのまま。また、メインカメラのF値がƒ/1.7で夜間の撮影でも明るく、光の条件に振り回されない自由自在な撮影が可能でしょう。

メインカメラの他にも4つのレンズを搭載。望遠レンズは光学ズームの倍数が異なる2種類を状況によって使い分けられ、撮りたいその瞬間に適した方法で撮影ができますよ。

Galaxy S23 Ultra 最安トップ3

audocomoSamsung
84,200円
※割引適用時
197,670円
※オンラインショップ購入時
253,440円
※オンラインショップ購入時

出典:Samsung

2AQUOS sense8
5,030万画素

【SHARP】AQUOS sense8

第2位はSHARPのAQUOS sense8です。メインカメラのF値はƒ/1.9で、背景とのコントラストを美しく作り出します。

 「光学式」と「電子式」の2種類の手ぶれ補正を搭載。2種の手ぶれ補正機能を使い分けることによって、写真でも動画でも手ぶれを抑えた鮮明な仕上がりになります。

また、シャッターボタンを押しやすい位置に移動することができるので、片手撮影もお手のもの。片手が塞がっていても気軽に撮影が行えるでしょう。イン/アウトの切り替えも片手で簡単にできますよ。

AQUOS sense8 最安トップ3

auIIJmioUQ mobile
33,600円
※割引適用時
33,800円
※乗り換え価格(一括払い
37,800円
※UQオンラインショップ販売価格

出典:SHARP

3Google Pixel8 Pro
5,000万画素

【Googleストア】Google Pixel 8 Pro

第3位はGoogleのGoogle Pixel8 Proです。メインカメラのF値がƒ/1.68で、他に紹介している5,000万画素のスマホより鮮明度が少しだけ上回ることから選出しました。

 昼夜関係なく、美しさをそのまま映し出します。さらにISO感度からシャッタースピードまで、まるで一眼レフカメラのような設定がスマホで調整できるため、とことんこだわりたい人にもおすすめです。

Google Pixel独自の技術「Google AI 」を活用すれば、写り込みやうっかり瞬きをしてしまっても加工機能で消したり部分的に写真を差し替え可能。イメージ通りの写真に仕上げられるでしょう。

Google Pixel 8 Pro 最安トップ3

auSoftBankdocomo
81,900円
※割引適用時
94,320円
※割引適用時
135,960円
※割引適用時

出典:Googleストア

【DxOMarkが評価】人気スマホのカメラ性能をスコア化

DxOMarkとは一眼レフやスマートフォンなどカメラ機能が搭載されているあらゆるガジェットを評価するベンチマークです。

 2008年に設立された会社ですが、近年は最新スマホが発売されるたびにDxOMarkの評価にますます注目が集まっています。

公平性や採点項目の構成が疑問視されていることもあり、一概に信用すべきとは言えませんが、参考程度に上のランキングと併せてDxOMarkによるランキングもチェックおきましょう。

2024年3月27日時点の
Top Smartphones by Camera score
1位Honor Magic6 Pro:158
2位Huawei Mate 60 Pro+:157
2位Oppo Find X7 Ultra:157
4位Huawei P60 Pro:156
5位Apple iPhone 15 Pro Max:154
5位Apple iPhone 15 Pro:154
7位Google Pixel 8 Pro:153
7位Oppo Find X6 Pro:153
9位Honor Magic5 Pro:152
10位Oppo Find X6:150

カメラ性能の高いスマホが多いおすすめメーカー

カメラ性能の高いスマホが多いおすすめメーカー

SONY

SONYは、日本を代表するカメラメーカーの一つで「Xperiaシリーズ」を展開しているメーカーです。

 世界初となるフルミラーレス一眼カメラの「αシリーズ」を開発しています。

従来の一眼カメラよりも高画質なイメージセンサーを搭載した、αシリーズの技術は、Xperia 1 Vに生かされています。

そのほかのXperiaシリーズもカメラ性能が高く、プロ級の写真・動画を撮影したい方にピッタリのモデルです。

シャッタースピードやISO感度などをこまかく設定できる「Photography Pro」は、SONY独自の撮影機能です!
SONYのおすすめスマホ

【SONY】Xperia 1 V【Xperia 1 V 】
最大4,800万画素の撮影が可能
SONYのデジタル一眼カメラαの
技術が満載
\最安はSoftbankの99,840

Google

Googleは、独自の写真・動画編集機能を搭載した「Google Pixelシリーズ」を展開しています。

 消しゴムマジックや編集マジックなど、写真・動画のクオリティアップに役立つ機能が満載です。

中でも、Google Pixel 8 Proのカメラ性能は非常に優れています。

プロの写真家から「被写体や目的によっては一眼カメラよりも便利」といった声もあり、本格的な写真をスマホで撮影したい方に最適です。

一眼レフカメラを持ち歩くよりも、お手軽なところはスマホカメラならではの魅力ですね!
Googleのおすすめスマホ

【Googleストア】Google Pixel 8 Pro【Google Pixel 8 Pro 】
消しゴムマジックや編集マジックなど
話題の技術が使える
最大5,000万画素
\最安はauの81,900円

※参考:プロのフォトグラファーに聞いた Google Pixel カメラの魅力

サムスン(SAMSUNG)

サムスン(SAMSUNG)は、「Galaxyシリーズ」を展開する、韓国に本社を構える大手メーカーです。

 2022年にAppleを抜き、世界の機種シェア1位を獲得しています。

一般的なスマホの画素数は、1,200万画素程度ですが、サムスンは最大2億画素Galaxy S23 Ultraを展開。

背面に4つの高性能カメラを搭載することで、天体撮影や星空の撮影など、難しいシーンの撮影に対応しています。

カメラ性能だけでなく、デザイン性やチップ性能の高さなども定評を得ています!
サムスンのおすすめスマホ

【サムスン】Galaxy S23 Ultra【Galaxy S23 Ultra 】
最大2億画素
プロ仕様の4つのレンズ搭載
\最安はauの84,200

モバイル端末シェア/日本ではApple、世界ではSamsungがトップ【アウンコンサルティング調査】:MarkeZine(マーケジン)

Apple

Appleは、国内シェア率No.1の「iPhoneシリーズ」を展開している有名メーカーです。

 カメラ性能の高さはもちろん、Apple製品との連携にすぐれています。

撮影した写真・動画データをAirDropですぐにMacへ転送できるのは、Appleならではの魅力でしょう。

PhotoshopやFINAL CUT Proなどを利用して、より本格的な写真・動画を作り出せます。

最新のiPhone 15 Proシリーズのカメラ性能は、文句なしの高さです!3〜5倍光学ズームや、15〜25倍のデジタルズームに対応しています!
Appleのおすすめスマホ
iPhone15 Pro Max

【iPhone15 Pro Max】
iPhone史上最強レンズ
最大4,800万画素
\最安は楽天モバイルの72,384

スマホのカメラで写真を綺麗に撮るコツ

スマホのカメラで写真を綺麗に撮るコツ
  • グリッド線を表示させる
  • 構図を考える
  • HDRを使う

グリッド線を表示させる

グリッド線とは、撮影時にプレビュー画面にて縦横を3分割する補助線のことです。

 グリッド線を表示させることで被写体を水平・垂直に撮れるようになります。写真が斜めってしまう方におすすめですよ。

また、次で紹介する構図にもグリッド線は大いに役立つため、設定しておいて損はないでしょう。

風景の撮影にも向いています。

構図を考える

構図とは、被写体を美しく見せるための配置のことです。余白や角度によって写真のイメージは大きく変わります。

 上記で紹介したグリッド線を使うことで、線や交点の下に何を配置するか意識し、バランスの取れた構図で撮ることができます。

被写体は中央に置くだけでなく、あえてずらしたり対比させる要素を加えることで、また違った魅力を引き出せるため意識してみてください。

構図には「三分割法」や「日の丸構図」など10種類以上あります。

HDRを使う

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは明暗の差がはっきりある環境時に、明も暗も美しく撮ることができる機能です。

 さまざまな露出度の写真を高速で撮影後、明るい部分と暗い部分それぞれが最も美しい写真を自動合成。白飛び・黒潰れのない鮮明な写真にしてくれます。

光が反射している時や強い日差しがあるシーンに最適な一方、花やお菓子など彩度が高いものに対しては発色を抑えてしまうこともあり向いていません。

iPhoneの場合、HDRが最適だと思われるタイミングで自動的に使われます。

【監修者が回答】カメラ性能に特化したスマホのおすすめは?

カメラ性能に特化したスマホ

監修者
河村亮介
ツイッター アイコンTwitter

1987年生まれ。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。大学卒業後、会社員を経て起業しGreenEchoes Studioを立ち上げる。通信系記事の監修・執筆・公正・サイト設計・運営支援など、ウェブサイト周りのサービスを提供する。インターネット回線選びの専門家として、WEB媒体を中心に光回線・ポケット型Wi-Fi・格安SIMなどに関する記事の執筆や監修・校正を手がける。

現時点でカメラ性能に特化したおすすめスマホは下記の3機種です。

端末名特徴
iPhone15ProMax瞳AFやスローモーションビデオ、ナイトモードなど、多彩な撮影機能を備える
Xperia Pro-12000万画素以上のカメラを搭載しており、瞳AFやシネマ品質の4K動画が撮影できる機能なども魅力
Galaxy S23 Ultra光学ズームを搭載した機種で、カメラ性能が高くカメラの満足度が高いと評価されることが多い

スマホのカメラ性能に関しては、レンズ品質や画素数以外にも、内部処理が重要だと考えています。

 ただし、写真の色味などについては個人の主観や好みによるものが大きいため、ぜひご自身で確かめてください。

また、高性能カメラを搭載したスマホは20万円以上と高額になる場合が多いです。

個人的な主観になりますが、スマホにそれくらいの予算をかけるのであれば、一眼レフカメラも購入できるため、カメラのみの性能を求めるのであれば、そちらも検討することをお勧めします。

スマホに関するよくある質問

カメラ性能の高いおすすめのスマホは?
iPhone15 Pro Max」がおすすめです。
iPhoneシリーズの中で最もカメラ性能が高く、最大4,800万画素のレンズが暗闇でもズームでも鮮明に捕らえます。また、7種類のレンズが一眼レンズ並みの写真に仕上げてくれるでしょう。
カメラでスマホを選ぶときのポイントは?
画素数やF値、レンズの数、手ぶれ補正機能などを比較して選びましょう。

端末によって独自の機能がある場合も少なくないので、どういった機能が利用できるかも比較しておくことがポイントです。

画素数とは?

カメラの画素数は撮影した画像の点の数を表していて、基本的に画素数の数値が高ければ高いほど、細かく美しい写真を撮影できます。

スマホで撮影した写真をポスターなど大きなサイズに引き伸ばしたい場合は、より画素数の高いカメラ性能が必要となることは気をつけたいポイントです。

F値とは?

F値とはレンズ内に入る光のサイズを表していて、F値を調節することでシャッター速度やボケ具合などをコントロールできます。

F値が小さいと夜景の撮影の場合は手ブレを抑えて明るく撮影でき、動きのある被写体でも正確に撮影することが可能です。

レンズの数はどう違う?

通常のスマホのカメラは28mm程度の大きさのレンズが搭載されていますが、最近のスマホは複数のレンズを搭載していてそれぞれ機能が異なるので注意しましょう。

基本的にはレンズが多いほど超広角や望遠などの撮影が可能です。

手ぶれ補正機能とは?

手ぶれ補正は、手ブレが伝わる方向と逆の方向に補正処理を加えることで、ブレの無い美しい写真を撮影できる機能です。

写真撮影の時に手ぶれで振動がスマホに伝わってしまうとピントがズレてしまいますが、手ぶれ補正機能があれば写真のブレを自然に抑えてくれます。

スマホをお得に購入する方法は?
スマホは、格安SIMの料金プランとセットで申し込むことで割引を受けられることがあります。

格安SIMは通信料金もお得に利用することができるので、同時に乗り換えを検討してみてください。

格安SIMはなぜ安い?
格安SIMは自社の回線を持たず、費用を抑えられるため安い料金で提供しています。

格安SIMでは比較的料金の安いスマホも取り扱っているので、キャンペーンや特典などを利用してお得な料金でスマホを購入できるでしょう。

まとめ

今回は、カメラ性能の高いおすすめのスマホ14選を紹介しました。

それぞれのスマホカメラの性能の比較やスマホカメラ選び方を紹介しました。また独自の機能がついているスマホカメラもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

スマホカメラの性能を比較して、自分に合ったスマホを選びましょう。

口コミ調査の概要

調査方法インターネット調査
調査対象Galaxy S22 Ultra SC-52C ・Galaxy S22 SCG13を利用したことがある、10代〜60代の男女
調査期間2022年9月15日〜2022年9月21日
回答数14件
調査地域日本
調査方法クラウドワークス
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事