ソフトバンク格安プランLINEMOとは?申し込み手順や評判を解説!
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ソフトバンクが2021年に導入したオンライン専用の格安プラン「LINEMO」は、月額1,000円以下のお得な料金プランやLINEのデータ消費がされないギガフリーが特徴です。

「LINEMOへ申し込みたい」と考えていて、「乗り換える手順が分からない」「メリットやデメリットを知っておきたい」「無制限はあるの?」「ワイモバイルとの違いは?」という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」の申し込み手順口コミ・評判、メリット・デメリットなどについて解説します。

※詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

ソフトバンク格安プラン「LINEMO」とは
LINEMOとは

LINEMOのプラン詳細
プランミニプランスマホプラン
料金9902,728円
データ量3GB20GB
LINE
ギガフリー
LINE
スタンプ
プレミアム
×
データ量
超過後の
通信速度
300kbps1Mbps
eSIM
契約事務
手数料
無料
→初期費用は月額基本料だけ!
解約料無料
→合わなかったらいつでも解約OK!

📣4月24日から5月7日まで!
他社から乗り換えでPayPayポイント
最大6,000円分プレゼント
→さらに最大6ヶ月間+3GBが0円

スマホプラン
20GB
6,000円分
ミニプラン
3GB
3,000円分
最大5分以内の通話が7ヶ月間0円!
LINEMOに
申し込む

契約期間の縛りや事務手数料もないので、まずはお試しで使ってみるのもおすすめです!
※ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外です。 
※お申し込み時に「現在ご利用中の携帯電話会社」の入力を誤って選択した場合、特典付与の対象外となる場合があります。
運営情報
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」とは?

LINEMO

LINEMOとは
  • 3GBと20GBの2プラン
  • 990円(税込)から使える
  • LINE使用時のデータ消費がない
    「LINEギガフリー」
  • PayPayポイント還元
    通話オプション割引キャンペーン実施中
  • 5分間の国内通話かけ放題オプションが7ヶ月間0円
  • ソフトバンクより安くソフトバンク回線が使える

LINEMOは、ソフトバンクが2021年3月に導入したオンライン専用の格安プランで、ソフトバンク回線の4G・5G通信が利用できます。

 4G通信は全国の幅広いエリアで利用でき、5G通信は現在も提供エリア拡大中です。

新しい番号での契約や他社からの乗り換えは、PayPayポイントが還元されるお得なキャンペーンを利用できます。

SIMカードだけでなく、スマホとSIMが一体になったeSIMでも申し込めますよ。

料金プラン

LINEMOは、月間3GBのミニプラン月間20GBのスマホプランの2つの料金プランを提供しています。

 ミニプランは月額990円から利用できるので、月額料金がお得な格安SIMを利用したい人にもおすすめです。

LINEMO独自のサービスとして「LINEギガフリー」が利用でき、LINEの通話やトーク使用時のデータ消費はありません。

通話オプションは7ヶ月間550円割引されるので、通話準定額の場合無料で利用できますよ。

こちらの記事でもLINEMOの料金について詳しく解説しています。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

基本情報

月額基本料ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
月間データ量ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
国内通話料22秒/30秒
平均下り速度※160.08Mbps
主なキャンペーン※1
  • プラン契約で最大20,000円相当のPayPayポイントプレゼント
  • 通話オプションが7ヶ月間550円/月割引
通話オプション
  • 通話準定額:550円/月
  • 通話定額:1,650円/月
支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

料金プラン - LINEMO

LINEMOの通信速度レポート - みんなのネット回線速度

※1 2022年10月時点

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」のメリット

月額1,000円以下から利用できるお得なプラン

LINEMOの大きなメリットのひとつが、月額1,000円以下から利用できるプランです。

ソフトバンクの主要プランである実質無制限の「メリハリ無制限」や、月間3GBまで高速通信が利用できる「ミニフィットプラン+」との月額基本料の比較は、下記の通りです。※1

LINEMO【ミニプラン】
3GB:990円
【スマホプラン】
20GB:2,728円
ソフトバンク【メリハリ無制限】
3GBまで:5,588円
3GB以降:7,238円
【ミニフィットプラン+】
1GBまで:3,278円
2GBまで:4,378円
3GBまで:5,478円

ソフトバンクのミニフィットプラン+とLINEMOのスマホプランを比較しても、月額基本料はLINEMOの方がお得です。

ソフトバンクの料金が高いと感じている人は、LINEMOへの乗り換えがお得と言えるでしょう。

料金プラン - ソフトバンク

※1 割引適用前の月額基本料です。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

LINEギガフリーでデータ消費や通話料が節約できる

LINEMOは、LINE使用時のデータ消費がなくなるLINEギガフリもメリットです。

 データ使用量を節約できるのはもちろんですが、LINEの通話機能を活用すれば通話料も節約できます。

速度制限がかかってもLINE使用時は通信速度が落ちないので、いつでもトークや音声通話、ビデオ通話を楽しめます。

Liveや位置情報の共有など、一部の機能はギガフリーの対象外なので注意しましょう。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

5Gにも対応|ソフトバンク回線を使える

LINEMOはソフトバンク回線の安定した通信速度もメリットのひとつで、格安SIMへの乗り換えで速度面が気になるという人にもおすすめです。

「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参考にすると、LINEMOの平均速度は下記の通りです。

平均下り速度60.08Mbps
平均上り速度16.01Mbps

インターネット利用時に必要な速度は目的によって大きく異なりますが、60Mbps以上の下り速度が出ていれば、Webサイトの閲覧は問題なく利用できるでしょう

5G通信接続時であれば、より高速かつ安定した通信を利用できます。

LINEMOの通信速度レポート - みんなのネット回線速度

※ 2022年10月時点の測定結果です。

PayPayポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中

LINEMOでは、新しい番号での契約や他社からの乗り換えで申し込むとPayPayポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。※1

ミニプラン最大6,000円相当
スマホプラン最大3,000円相当

ミニプランでもスマホプランでもPayPayポイントがプレゼントされますが、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外なので注意しましょう。

還元されたポイントは、全国の加盟店やYahoo!ショッピングなどのオンラインストアでの支払いに使えますよ。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

新規歓迎!フィーバータイム - LINEMO

※1 2024年4月24日~2024年5月7日までの申し込み

※ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外です。 ※お申し込み時に「現在ご利用中の携帯電話会社」の入力を誤って選択した場合、特典付与の対象外となる場合があります。

通話オプションも7ヶ月間割引料金で利用できる

LINEMOでは、選べる2つの通話オプションを7ヶ月間割引料金で利用できるので、携帯電話番号での通話をする機会が多い人にもおすすめです。

通話定額と通話準定額のどちらも毎月550円割り引きとなるため、月額550円の通話準定額は7ヶ月間無料で利用できます。

割引期間内でも通話オプションの解除ができるので、通話をあまり使わない人も加入しておきましょう。

LINEMOでたもんキャンペーン - LINEMO

※1 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」のデメリット・注意点

大容量プランや無制限プランを提供していない

LINEMOは、月間3GBと20GBのプランしか提供していないので、月間20GBを超えるデータ量を消費する人にとっては物足りなく感じるかもしれません。

また、LINE以外のデータ消費を節約する機能がなく、動画視聴などを長時間利用するとすぐ速度制限になってしまう可能性があるので注意しましょう。

速度制限を通常の速度に戻すには、1GBあたり550円(税込)の追加データの購入が必要です。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

申し込みはオンラインのみで店舗は不可

LINEMOはオンラインのみの申し込みのみに対応していて、店舗での申し込みやサポートを受けることができません

そのため、開通手続きも基本的に自分一人で行わなければならないので、手順や作業の流れは公式サイトなどで事前に確認しておきましょう。

手順などに分からない点がある場合には、チャットサポートを活用して疑問点を解消するようにしましょうね。

通信エリアによって速度が不安定になることがある

口コミの情報を参考にすると、基本的には速度が安定しているという意見が多いものの、一部では通信速度が不安定になることがあるという意見も見られました。

 利用者の中には、建物内での電波の入りが悪いという声もあがっています。

LINEMOに限らず、格安SIMは大手キャリアと比較すると利用者の多い場所や時間帯で速度が低下しやすいので注意が必要です。

通信速度が遅い時には、Wi-Fiを活用して速度を改善させましょう。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

スマホを販売していない

スマホの販売を行なっている携帯電話会社は、利用者を増やすために他社から乗り換える時にスマホのセット購入でお得になるキャンペーンを実施していることがあります。

 しかし、LINEMOでは端末の販売自体を行なっていないので、乗り換え時にスマホをお得に購入することはできません。

LINEMOで使うスマホを機種変更する際には、他の携帯電話会社やスマホのメーカー、家電量販店などで購入する必要があります。

スマホを購入する前に、必ず動作確認端末かどうか、あらかじめ確認しておきましょうね。

ワイモバイルとLINEMOの違いは?

ワイモバイルはソフトバンクが提供するもう一つの格安SIMです。

LINEMO同様にソフトバンク回線がお得に使えるワイモバイルですが、どちらがいいのかイマイチ違いがわからない人もいるのではないでしょうか?

以下の表で2社の特徴を比較してみましょう。

横スクロールできます>>

LINEMO

ワイモバイル

データ容量3GB/20GB4GB/20GB/30GB
料金(税込)3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
端末販売×
平均通信速度66.16Mbps90.1Mbps
割引の有無×おうち割:毎月最大−1,650円
PayPayカード割:毎月−187円
ワイモバ親子割:毎月−1,100円
特徴LINEアプリがデータフリーデータを翌月に繰り越せる

みんなのネット回線速度にて2024年2月27日に調査

LINEMOは基本料金が安く、割引がなくてもどんな方もローコストでスマホを使うことができます。

 ワイモバイルは、Softbank光・Softbank Air加入者や、5〜18歳の子供がいる場合に割引が適用されますが、適用対象でないと割高になります。

しかし、平均通信速度がLINEMOより高く、通信面を重視したいならワイモバイルの方が満足感を得られるかもしれません。

また、ワイモバイルは契約とセットで機種購入をすれば、安くスマホを手に入れることができます。LINEMOはシンプルでわかりやすい分、サービスの種類はそんなに多くないでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」がおすすめな人

LINEMOがおすすめな人の特徴
  • 利用中のスマホの料金が高いと感じている人
  • モバイルデータ通信をあまり使わない人
  • 速度の安定している格安SIMを使いたい人
  • LINEを使う機会が多い人
  • オンラインでの手続きができる人

LINEMOは、月額1,000円以下から利用できる料金プランが特徴の格安SIMなので、現在使っているスマホの料金が高いと感じている人は乗り換えを検討する価値があります。

 使えるデータ量はミニプランが3GB、スマホプランが20GBまでなので、モバイルデータ通信をあまり使わない人におすすめと言えるでしょう。

また、LINEMOは速度面での評価も高いので、格安SIMへの乗り換えで速度面が気になるという人にも向いています。

ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」へ乗り換える手順

1対応機種を確認する

LINEMO動作確認端末

LINEMOでは端末の販売を行なっていないので、利用中のスマホを引き続き使う必要があります。

 LINEMOの動作確認端末は公式サイトで検索できるので、事前に確認しておきましょう。

また、ドコモやauで購入したスマホでSIMロックがかかっている場合には、SIMロック解除が必要なので、購入した携帯電話会社で済ませておきましょう。

eSIMを利用する場合には、対応機種が限られてしまうので、注意が必要です。

2MNP予約番号を取得する

他社からLINEMOへ乗り換える場合には、MNP予約番号の取得が必要です。

MNP予約番号を取得して乗り換え手続きを行うことで、現在利用している携帯電話番号をそのままLINEMOでも使用できます

 新しい番号で契約する場合やソフトバンクやワイモバイルからの乗り換える場合、MNP予約番号の取得は不要です。

MNP予約番号には15日間の有効期限があり、LINEMOへ申し込む場合には有効期限が10日間以上残っている必要があるので、取得後はなるべく早く申し込み手続きを行いましょう。

MNP予約番号を使用する場合には、乗り換え前の携帯電話会社は自動解約されるので、先に解約しないようにしましょう。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

3必要書類を用意してLINEMOへ申し込む

MNP予約番号を取得したら、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を用意して、公式サイトからLINEMOへ申し込みをしましょう。

 申し込みは24時間いつでも受け付けていて、本人確認審査は10時から19時の間で実施されます。

SIMカードはパソコンやタブレット、スマホからの申し込みができますが、eSIMに申し込む場合はスマホのみです。

他社からの乗り換えの場合には、取得したMNP予約番号と有効期限の入力が必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

4回線切り替え・初期設定を実施する

申し込みと審査が完了すると、SIMカードが郵送されます。15時までに審査が完了すると最短当日でSIMカードが発送されるので、受け取ったら回線切り替えを実施しましょう。

 eSIMの場合はSIMカードなどの受け取りは不要なので、審査完了メールが届き次第、回線切り替えを行えます。

回線切り替えの完了と同時に、利用中の携帯電話会社の契約は自動解約されます。

通信するための初期設定を行い、モバイル通信や通話が利用できることが確認できれば乗り換え作業は終了です。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

ソフトバンクの格安プランLINEMO|口コミ・評判の傾向

LINEMOへの乗り換えを検討するときに、気になるのがLINEMOの評判ですよね。ここからはLINEMO評判を良い評判、悪い評判に分けて解説します。

なお、こちらの記事でもLINEMOの評判を調査していますよ。

良い評判・口コミの傾向

LINEMOの良い評判・口コミ
  • 1,000円以下から利用できる月額料金の安さはかなりお得
  • 通信速度が安定していて、速度面で気になったことはない
  • PayPayポイントが貰えるキャンペーンでお得に始められる
  • 乗り換え手続きがオンライン上で全て完結する。サポートの対応も丁寧だった
  • 20GBで十分だし、速度制限になっても速度が速い
  • LINEのデータ消費がないから、データ量や通話料を節約できる

LINEMOは、料金面や速度面に関して高く評価されている口コミが多くみられました。

 月額1,000円以下で安定した通信速度が利用できるので、大手キャリアからの乗り換えにもおすすめと言えるでしょう。

また、オンラインでのサポートが丁寧な点も良い口コミとして見られたので、安心して申し込みできそうです。

LINEのデータ消費がないので、LINEを利用する頻度が高い人にもおすすめですよ。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

イマイチな評判・口コミの傾向

LINEMOのイマイチな評判・口コミ
  • 建物の中に入ると速度が遅くなることがある
  • 節約モードが無いから、速度制限になりやすい
  • 店舗で申し込みやサポートを受けられないから少し不安
  • スマホを販売していないのが残念だった
  • キャリアメールを無料で使えるようにしてほしい
  • 光回線とのセット割や家族割にも対応してほしい

LINEMOのイマイチな口コミとして、建物内に入ると速度が不安定になるという声がみられました。速度が不安定になった時にはWi-Fiを活用するようにしましょう。

 データ消費の節約モードがない点を残念に感じている人もいるので、データの消費量はこまめにチェックしておくと良いでしょう。

また、店頭でのサポートが受けられない点や端末が購入できない点、キャリアメールが無い点など、大手キャリアで受けられるサービスがLINEMOでは利用できないので注意が必要です。

セット割や家族割などに対応していない点も、イマイチな口コミとして見られました。
端末販売やセット割引は
Y!mobileがおすすめ

Y!mobile同じソフトバンク回線
端末販売あり
セット割や家族割あり

割引を使わないと
  LINEMOより割高

WEB申し込みは事務手数料0円
Y!mobileを
チェックする

まとめ

今回は、ソフトバンクの格安プラン「LINEMO」へ乗り換える手順口コミ・評判、メリット・デメリットなどについて解説しました。

LINEMOはお得な料金で安定した通信速度が利用でき、PayPayポイントのプレゼントや通話オプションの料金割引などのキャンペーンを実施しています。

LINEMOのお得なキャンペーン
  • 5分間国内通話かけ放題オプションが
    7ヶ月間0円
  • ソフトバンク・Y!mobileからの乗り換えで
    初月基本料0円

現在利用している携帯会社の利用料金が高いと感じている人は、この機会にLINEMOへ乗り換えてみてはいかがでしょうか。LINEMOの申し込みで分からないことがある人は、チャットサポートを活用しましょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事