iPhone本体だけを安く購入する方法はある?キャリアでお得に購入する方法も
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

iPhoneの購入を検討している人のなかには、iPhone本体だけを安く購入する方法を知りたいという人も多いのではないでしょうか。

本体だけを買うとなると1番に思いつくのはAppleストアでしょう。しかし、Appleストアは基本的に定価でしか販売してないため、お得とはいえません。

そこで今回は、安くiPhone本体だけ購入する方法について解説します。実は購入方法によって、iPhoneの価格は半額程度異なることも!少しでも安くiPhoneを買いたい人は参考にしてみてください。

吹き出しアイコン

最新iPhoneについても購入方法を紹介しています。
【最新iPhone 15シリーズ】
本体だけ安く買う方法
iPhoneを本体だけ買うならキャリアのオンラインショップで分割支払いがおすすめ。支払いサポートを使って、25ヶ月目以降に端末を返却すれば、残りの割賦額は支払い不要!
実質負担額が半額程度に抑えられます。下記表は

iPhone15上位モデルは楽天モバイルが最安

iPhone型落ちモデルはソフトバンクが安い

横スクロールできます>>
楽天モバイル ロゴソフトバンク ロゴahamo・ドコモ ロゴau ロゴ
iPhone 15 Pro
128GB
87,336 円91,248 円97,020 円99,705 円
iPhone 15 Pro Max
256GB
105,384 円120,120 円119,460 円122,360 円
iPhone 15
128GB
65,880 円36,144 円62,898 円38,240 円
iPhone 15 Plus
128GB
73,392 円85,680 円85,580 円85,790 円
iPhone14
128GB
60,384 円44,016 円22,033 円44,047 円
iPhone13
128GB
54,336 円30,240 円
iPhoneSE3
64GB
31,992 円22,008 円22,154 円22,047 円
注釈
端末分割払いプログラム適用
25ヶ月目に端末返却した時の実質負担額一覧
・楽天モバイル:48回払い「買い替え超トクプログラム」適用時。
・ドコモ:24回払い「いつでもカエドキプログラム」オンラインショップ価格。
・ソフトバンク:48回払い「新トクするサポート」適用。
・au:24回払い「スマホとくするプログラム」を適用。
iPhone本体代が安め
rakuten
公式サイトはこちら
オンライン購入がお得
softbank
公式サイトはこちら
最大44,000円割引
docomo
公式サイトはこちら
旧モデルが安め
au
公式サイトはこちら
※2024年5月7日時点の情報です。最新の情報については公式サイトをご確認ください。
執筆ガイドライン

当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーとコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

iPhoneを本体だけ安く購入する方法は5つ

iPhoneを本体だけ安く購入する方法
大手キャリア
 半額程度支払不要
  📱最新iPhone15やiPhone14が欲しい人におすすめ
格安SIM
 乗り換えなら2万円程度割引
 📱型落ちiPhone(iPhone13/iPhone SE)が欲しい人向け
Appleストア
家電量販店
 SIMフリー・型落ちのiPhoneがお得!
 ショップでアドバイスを聞きたい人におすすめ
中古ショップ
 新品にこだわらない人におすすめ!

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど大手キャリア

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどの大手キャリアで、最新端末を含むiPhoneを購入することができます。

Appleストアではなく、キャリアで購入するメリットは分割払いによるサポートプログラムを利用できる点です。

 サポートプログラムとは、指定の分割払いで端末代を支払い、25ヶ月目以降に端末を返却すると残りの端末代の支払いが不要/残価支払いが免除されるというものです。

このサポートプログラムは、プラン(回線)契約しなくても利用できます。iPhoneを本体だけ購入したいという人にとてもおすすめです。

THE-WI-FI-会話4
キャリアで通信プランの契約をしていない格安SIMユーザーで、最新iPhoneを使いたい人は要チェックです。

このプログラムを利用すれば、端末代の負担額は実質半額程度です。

横スクロールできます>>
※2024年6月7日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。
楽天モバイルSoftbankaudocomo
iPhone 15
128GB
65,880円
本体価格:131,800円
36,144円
本体価格:142,920円
38,240円
本体価格:145,640円
62,898円
本体価格:149,490円
iPhone 15
Plus
128GB
73,392円
本体価格:146,800円
85,680円
本体価格:139,800円
85,790円
本体価格:163,490円
85,580円
本体価格:168,740円
iPhone 15
Pro
128GB
87,336円
本体価格:174,700円
91,240円
本体価格:159,800円
99,705円
本体価格:185,860円
97,020円
本体価格:192,060円
iPhone 15
Pro Max
256GB
105,384円
本体価格:210,800円
120,120円
本体価格:189,800円
122,360円
本体価格:230,360円
119,460円
本体価格:236,940円

楽天モバイル:「買い替え超トクプログラム」適用時

au:「スマホとくするプログラム」を適用。他社乗り換えの場合。

ドコモ:「いつでもカエドキプログラム」適用時。オンラインショップ価格。

ソフトバンク:「新トクするサポート」

iPhone本体代が安め
rakuten
公式サイトはこちら
オンライン購入がお得
softbank
公式サイトはこちら
最大44,000円割引
docomo
公式サイトはこちら
旧モデルが安め
au
公式サイトはこちら
※2024年5月7日時点の情報です。最新の情報については公式サイトをご確認ください。

さらに、乗り換え(MNP)でプラン契約すると、上記サポートプログラムと併用して20,000〜30,000円程度お得になる乗り換え(MNP)キャンペーンも各社実施しています。

※2024年6月7日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

キャリア/特典内容条件
楽天モバイル
最大32,000円相当おトク
  • 他社乗り換え
  • 初めてプラン申し込み
  • Rakuten Linkで10秒以上通話
au
最大22,000円割引
  • 他社からauの乗り換え(MNP)
  • オンライン購入
ドコモ/ahamo 
・最大20,000円相当ポイント還元
・最大44,000円割引
  • 利用者が22歳以下の場合
  • eximoを契約の方
  • 他社回線から乗り換えの人
  • ポイント還元時にdポイントクラブ会員であること
ソフトバンク
最大43,968円割引
  • 他社からソフトバンク乗り換え(MNP)
  • オンライン購入
キャンペーンとプログラムを適用した端末価格は以下の通りです。
横スクロールできます>>
※2024年5月7日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。
楽天モバイルSoftbankaudocomo
iPhone 15
128GB
53,880円14,160円
32,740円18,898円
iPhone 15
Plus
128GB
61,392円63,696
63,790円85,580
iPhone 15
Pro
128GB
76,336円47,280
77,705円97,020
iPhone 15
Pro Max
256GB
93,384円98,136円
100,360円119,460円

楽天モバイル:「買い替え超トクプログラム」「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」適用時

au:「スマホとくするプログラム」「au Online Shop お得割 」を適用。他社乗り換えの場合。

ドコモ:「いつでもカエドキプログラム」「5G WELCOME割」適用時。オンラインショップ価格。

ソフトバンク:「新トクするサポート」「オンライン限定 web割」

端末購入だけでなく、プラン(回線)の乗り換えを検討している人はチェックしてみてください。

吹き出しアイコン

iPhoneを安く買う方法はこちらの記事でも詳しく解説していますよ。
iPhone本体代が安め
rakuten
公式サイトはこちら
オンライン購入がお得
softbank
公式サイトはこちら
最大44,000円割引
docomo
公式サイトはこちら
旧モデルが安め
au
公式サイトはこちら

格安SIM

大手キャリアよりも比較的お得な通信プランを提供している、格安SIMでもiPhoneを購入可能です。

 Y!mobileやUQモバイルなど一部の格安SIMでは、iPhone SE(第3世代)やiPhone 13などを購入できます。

また、大手キャリアと同様に端末割引のキャンペーンを実施しているところが多く、お得な料金でiPhoneを購入できる点もメリットと言えるでしょう。

iPhoneにおすすめの格安SIMについて解説した記事もチェックしてみてください。

吹き出しアイコン
最新機種は取り扱っていない場合が多いので注意が必要です
表は横にスクロールできます>>
※2024年4月3日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。
iPhoneを扱う
主な格安SIM
取り扱いのあるiPhone
機種代金(税込)
割引内容
(税込)
UQモバイル
  • iPhone 13(128GBのみ)
    114,720円
    →割引後:92,720円
  • iPhone SE3
    70,935円
    →割引後:48,935円
最大22,000円割引
・他社乗り換えでトクトクプラン/コミコミプラン申込
・増量オプションⅡへ加入
・オンラインショップから購入
Y!mobile
  • iPhone 13(128GBのみ)
    115,200円
    →割引後:97,200円
  • iPhone SE3
    73,440円
    →割引後:55,440円
最大18,000円割引
・他社から乗り換えでプラン契約
・オンラインショップから購入
mineo
  • iPhone 14
    122,760円
  • iPhone 13
    105,336円
  • iPhone SE3
    70,224円
  • iPhone 12 mini(64GBのみ)
    77,880円

※64GB・128GB・256GB・1TBなど複数のデータ容量を取り扱っている場合は一番小さいGBの端末代を記載しています。

Appleストア

Appleストアは、iPhoneを開発しているAppleが運営している直営店で、実店舗またはオンラインストアから購入可能です。

Appleストアで購入できるiPhone(オンラインストア)
  • iPhone15シリーズ
  • iPhone14/Plus
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)

また、Appleストアで購入する場合は、基本的に定価での購入となり、必要に応じてiPhoneの下取りサービスなどを利用できます。

2023年5月時点で、最新iPhone 15シリーズの販売価格は下記の表のとおりです。

iPhone 15iPhone 15 PlusiPhone 15 ProiPhone 15 Pro Max

Apple販売価格
(税込)

128GB124,800円139,800円159,800円
256GB139,800円154,800円174,800円189,800円
512GB169,800円184,800円204,800円219,800円
1TB234,800円249,800円
吹き出しアイコン
製造元で購入できるため、製品の品質を心配する必要はありませんが、割引をほとんど適用できない点がデメリットと言えるでしょう。

なお、Apple Storeでも「ペイディあと払いプランApple専用」を利用すれば、金利0%でiPhoneの分割支払いが可能です。

分割できる支払い回数は36回。24ヶ月目以降に購入した端末を下取りという形でAppleに返却すると、下取り金がもらえます。

 その下取り金は、25ヶ月目〜36回目に支払う予定だった分割払いの残額に充当されます。

また、分割払いの残高を上回った場合は、新しいiPhoneの購入に充てることもできます。

出典:Apple公式サイト

iPhoneをお得に買うには?
4大キャリアで
安く買う方法はこちら

家電量販店

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でもiPhoneを購入することができます。

 Apple製品取扱店の家電量販店であれば、全国各地で最新端末を含むSIMフリーのiPhoneを取り扱っているので、通信回線の種類を心配する必要はありません。

また、家電量販店の中では、キャリアや格安SIMを契約できる場合も多いので、携帯会社の乗り換えを検討している方にもおすすめの方法と言えるでしょう。

家電量販店の
メリット
家電量販店の
デメリット
  • 店頭のサポート
    受けられる
  • 購入した家電量販店の
    ポイントがつく
  • オンライン限定の
    キャンペーンを
    利用できない
  • お得なキャンペーンを
    実施している
    家電量販店を
    探すのが大変
    結局キャリア
    購入した方が安いことも

吹き出しアイコン

店舗で直接説明やサポートを受けながら、端末を購入できる点も嬉しいポイントですね。
iPhoneをお得に買うには?
4大キャリアで
安く買う方法はこちら

中古ショップ

全国の中古ショップ・中古のiPhoneを取り扱っているオンラインショップなどでもiPhoneを購入可能です。

 最新端末だけでなく、現在Appleで購入できない過去に発売された機種を購入できる点は、中古ショップで購入するメリットと言えます。

また、中古なので本体価格も安く、端末代金を抑えたいという人にもおすすめです。ただし、箱やケーブルなどの付属品が付属していない場合があるので注意しましょう。

吹き出しアイコン
中古端末は、傷や使用年数などによって状態が異なるので、細かく確認することが重要です。

中古ショップならハピネスネットがおすすめ

ハピネスネット

ハピネスネットのおすすめポイント
  • 送料・代引き手数料無料!
  • 赤ロム永久保証&1年保障
  • バッテリー容量の記載あり
  • 買い取り前21項目の品質チェック

ハピネスネットは中古のスマートフォン専門販売店です。

ハピネスネットをおすすめする理由は、スマートフォンを高品質&低価格で販売しているからです。

吹き出しアイコン
実際にハピネスネットは、買い取り前に21項目の品質チェックをしています。

現在人気のiPhone12は、最安値のものだと通常価格の半額以下で販売されています。

 なお、購入後はSSランク~Bランクの間であれば1年保障に対応しており、赤ロムはランク関係なく永久保証しています。

赤ロムとは、携帯会社からインターネットの利用制限がかかっているスマートフォンのことを指します。

バッテリー容量については、下一桁までの細かい数字で掲載されています。

おおよそのバッテリー容量は、細かくランクづけされており、SSランク~Sランクが100%~90%、Aランク~Jランクが90%~70%とされています。

吹き出しアイコン
ちなみに、バッテリー容量まで載せている中古ショップは少ないそうですよ。

返品・交換時の気を付けたいポイントとして、お客様都合による返品はできません。なお、万が一不良品だった場合、到着後7日以内であれば返品対応可能です。

最新iPhoneを安く買うならキャリアでの購入がおすすめ

iPhoneをお得に購入するなら、定期的にキャンペーンや特典を実施している4大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)がおすすめです。

ここでは、最新のiPhoneがお得に購入できるキャリアとキャンペーン情報を紹介するので、iPhone本体をお得に購入したいと考えている方はチェックしてみてください。

① 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイル(オンラインショップ)で取り扱っているiPhone
・iPhone 15 シリーズ
・iPhone 14 シリーズ
・iPhone 13/13 mini
・iPhone SE(第3世代)
※ 店頭での購入は在庫状況によって異なります。

iPhoneトク得乗り換え

楽天とくとく

「iPhoneトク得乗り換え」では初めてのプラン申し込み者を対象に、最大32,000円相当分お得になるキャンペーンです。

キャンペーン条件は、以下のとおりです。

  • 対象iPhoneを購入
    (楽天モバイルで取り扱いのあるiPhone全てが対象)
  • MNP乗り換えで申込
  • Rakuten 最強プラン 利用開始
  • Rakuten Linkアプリを使った発信で10秒以上通話
吹き出しアイコン
付与されたポイントは、ショッピングや楽天モバイルの利用料金の支払いとして利用できますよ。
※キャンペーン期間:2024年2月21日(水)〜終了日未定
出典:iPhone激トク乗り換え – 楽天モバイル

買い替え超トクプログラム

買い換え超トク

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムは、48回払いで購入したiPhone機種を返却して、新しい端末に機種変更することで、最大24回分の支払いが不要になります。

 楽天モバイルで購入できる全てのiPhoneにキャンペーンを適用可能なので、次のiPhoneをお得に機種変更できるでしょう。

例えば、本体価格179,800円(税込)のiPhone 15 Pro(128GB)をプログラムを適用して購入すると、最大24回分87,364円(税込)の支払いが不要です。

吹き出しアイコン

48回払いで購入できるので、月々の支払い額が少なくなる点も嬉しいポイントですね。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

② au

au

※2024年4月2日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

au(オンラインショップ)で取り扱っているiPhone
・iPhone 15 シリーズ
・iPhone 14 シリーズ
・iPhone SE(第3世代)
※ 店頭での購入は在庫状況によって異なります。

スマホトクするプログラム

スマホトクするプログラム

「スマホトクするプログラム」は、残価設定型の24回の分割払い契約で、25ヶ月目までに購入した対象機種をKDDIに返却すると最終回分の支払いが不要になります

対象のiPhone機種
  • iPhone 15 シリーズ
  • iPhone 14 シリーズ
  • iPhone 13 シリーズ
  • iPhone 12 シリーズ
  • iPhone SE(第3世代)

例えば、機種代金185,860円(税込)のiPhone 15 Pro(128GB)をプログラムを適用して購入した場合、分割支払金の最終回分86,155円(税込)の支払いが不要です。

スマホトクするプログラム 例

iPhone15シリーズも対象になっているため、最新機種を購入したい方はチェックしてみてください。

吹き出しアイコン

25ヶ月目以降も機種を継続利用する場合は、最終支払い分を再度24回に分割して支払いを続けます。

au Online Shop お得割

auでは、オンラインショップで対象機種を購入すると、最大で22,000円(税込)の割引が受けられるキャンペーンを実施中です。

 auで発売されている全てのiPhoneが割引対象です。

また、新規契約の人は11,000円割引となるので、乗り換え以外の人は申し込む際に注意しましょう

対象機種購入で最大22,000円割引
auの
公式サイトはこちら

※ 終了日未定
出典:au Online Shop お得割 – au

③ ドコモ

ドコモ(オンラインショップ)で取り扱っているiPhone
・iPhone 15 シリーズ
・iPhone 14 シリーズ
・iPhone 13/13 mini/13 Pro
・iPhone SE (第3世代)
※ 店頭での購入は在庫状況によって異なります。

いつでもカエドキプログラム

「いつでもカエドキプログラム」は、対象機種の価格から残価を差し引いた金額を23回の分割で支払い、端末をドコモに返却すると24回目の残価の一部または全部の支払いが不要になるプログラムです。

いつでもカエドキプログラム 仕組み

対象のiPhone機種
  • iPhone 15 シリーズ
    ※いつでもカエドキプログラム+
  • iPhone 14 シリーズ
  • iPhone 13 シリーズ
  • iPhone SE(第3世代)

192,060円(税込)のiPhone 15 Pro(128GB)をプログラムを購入する場合、23ヶ月目に機種を返却すると24回目の95,040円(税込)の支払いが不要になります。

さらに、いつでもカエドキプログラム+の対象になっているiPhoneはいつでも返却が可能。翌月以降の分解支払金※最大11回分と残価の支払いが不要なので毎年iPhoneを買い替えたい人はさらに安く最新機種を使えますよ。

そのため、最新のiPhoneをお得に購入したい方は、見逃せないキャンペーンの1つでしょう。

吹き出しアイコン
プログラム適用せずに支払いを続ければ、そのまま使い続けることも可能ですよ。

スマホおかえしプログラム

「スマホおかえしプログラム」は、36回払いで対象機種を購入して、24ヶ月目までに機種を返却すると最大で12回分の支払いが不要になるサービスです。

対象のiPhone機種
  • iPhone 12 Pro/Pro Max
  • iPhone 11 シリーズ
  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone SE

スマホおかえしプログラムを適用して、57,024円(税込)のiPhone SE(第2世代)を購入すると、月々の支払額は1,584円(税込)で、最大19,008円(税込)の支払いが不要になります。

スマホおかえしプログラム

最新機種は対応していませんが、幅広いiPhoneシリーズが対象になっているため、気になる方は詳しいキャンペーン内容を確認してみてください。

吹き出しアイコン

24回目以降の支払いを続けることで、そのまま同じ機種を使うことも可能ですよ。
※ 終了日未定
※ 2024年4月時点で対象端末の在庫なし

下取りプログラム

ドコモでは、現在利用中のiPhoneやAndroidのスマホを下取りに出すことで、購入機種代金から最大99,000円(税込)の割引を受けられる「下取りプログラム」を実施中です。

 auやソフトバンクなど、他社で購入したスマホも下取りの対象なので、使わない端末があればサービスを活用できるでしょう。

ただし、下取り価格は商品状態によって異なるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

吹き出しアイコン
512GBのiPhone 12 Pro Maxを下取りに出すと、状態の良いもので、最大49,000円(税込)の割引を受けることができますね。
最大12回分の支払いが不要!
ドコモの
公式サイトへ
※ 終了日未定

④ ソフトバンク

ソフトバンク(オンラインショップ)で取り扱っているiPhone
・iPhone 15 シリーズ
・iPhone 14 シリーズ
・iPhone 13 シリーズ
・iPhone 12 
・iPhone SE(第3世代)
※ 店頭での購入は在庫状況によって異なります。

新トクするサポート

ソフトバンクでは、対象機種を48回払いで購入して25ヶ月目以降に機種を返却すると、最大で24回分の支払いが不要になる「新トクするサポート」を実施中です。

対象のiPhone機種
  • iPhone 15 シリーズ
  • iPhone 14 シリーズ
  • iPhone 13 シリーズ
  • iPhone 12
  • iPhone SE(第3世代)

例えば、通常機種代金229,680円(税込)のiPhone 15 Pro Max 256GBをこのサポートを適用して購入すると、最大で105,280円(税込)の支払いが不要になります。

新トクするサポート

また、iPhone SE(第3世代)も対象となっているので、少し前のモデルを購入したい方にも利用するメリットがあるでしょう。

吹き出しアイコン

支払い回数が48回払いなので、毎月の支払いの負担も軽減できる点も嬉しいポイントです。

【オンライン限定】オンラインショップ割

softtbank.campaign

ソフトバンクのオンラインショップからの申し込み限定で、他社からの乗り換えで機種代金が最大43,968円(税込)割引されるキャンペーンを実施中です。

 5〜22歳以下は上記と割引額は同額ですが、条件が新規契約のみになりますので注意が必要です。

また、新トクするサポートを併用するとiPhone 15 Pro(128GB)が185,760円→24円(税込)に!値下げを待たなくても購入できる金額になりますよ。

吹き出しアイコン
iPhone SE(第3世代)に2つの割引を適用すると、なんと24円(税込)で購入できます。
iPhone15 支払い額最安!
ソフトバンク
公式サイトへ

※ 終了日未定
出典:【オンライン限定】オンラインショップ割 – ソフトバンク

iPhoneの本体価格はいくら?キャリア・機種ごとに価格を徹底比較

iPhoneを本体だけ購入するメリット

iPhoneを本体だけ購入するメリットとしては以下の2点が挙げられます。

通信回線を自分で選べる

格安SIMで取り扱っているiPhoneは、ほとんどが最新モデルより1〜2世代前のものになります。よって、最新のiPhoneを購入したい方は他の場所から買う必要があります。

 しかし、大手キャリアからiPhoneを購入してそのまま回線を利用した場合、購入したキャリアの回線しか使えません。

大手キャリアでSIMフリー端末を本体だけ安く購入しておけば、どの通信回線でも利用できて、いつでも他の回線に変えられるのでビジネス面でとても便利でしょう。

吹き出しアイコン
キャリアが直接提供している格安SIMを使えばサクサク繋がります。

格安SIMに契約すれば月々のコストを抑えられる

大手キャリアの場合、基本料金が高く、データ容量によりますが毎月4,000〜8,000円程度はかかるでしょう。

 iPhoneを本体だけ購入して格安SIMに契約すれば、月々のコストを半分以下に削減することも可能です。

また、大手キャリアでiPhoneを安く買う際に利用した返却プログラムは、格安SIMに契約しても引き続き適用できるため好きなタイミングで返却可能ですよ。

THE-WI-FI-会話3
24〜25ヶ月目に返却をするとiPhoneの支払いが半額程度で済みます。

iPhoneを本体だけ購入するデメリット

iPhoneを本体だけ購入するデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

キャリアの端末割引キャンペーンを使えない

大手キャリアで本体だけを購入する場合は返却プログラムは使えますが、端末が割引になるキャンペーンは使えないケースがほとんどでしょう。

 大手キャリアの端末割引は他社からの乗り換えや新規契約が条件になることが多く、それらを使わずに購入することになります。

とはいえ、Apple Storeで直接購入すると定価で購入することになるため、回線契約なしでもプログラムが使える大手キャリアで購入した方がお得です。

店頭でサポートを受けられない場合がある

大手キャリアで端末購入と同時にプラン契約した場合、全国に1,000〜2,000店舗ある実店舗に行けば手続きやプラン変更のサポートを受けることができます。

 しかしiPhoneを本体だけ購入して格安SIMと契約した場合、サポートがオンラインのみもしくは有償になる可能性があります。

申し込みや手続きに不安がある人は、格安SIMでも実店舗にてサポートを受けられる会社を選ぶといいでしょう。

実店舗がある主な格安SIM
・楽天モバイル
・Y!mobile
・イオンモバイル

格安SIMとは?乗り換えるメリット

格安SIMとは、スマホの電話回線を利用する機能には欠かせないSIMカードを、大手携帯電話会社※1より格安で契約できるものです。

格安SIMを提供している会社はMVNOと呼ばれ、大手キャリアから通信設備を借りることでコストを抑え、格安でサービスの提供を行っています。

格安SIMとは?
一般的に格安SIMと言われるサービスは大きく2つに分けられます。
①大手キャリアの格安プラン・サブブランド
②大手キャリアの回線を借りてサービスを展開しているMVNO。料金が安いことや独自のサービスを展開しているのが特徴
格安SIMとは

吹き出しアイコン

通信設備を自前で持つと多大なコストがかかるため、借りることで大幅なコスト削減になります。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで、月々の携帯料金がはるかに安くなります。

 さらに、豊富な料金プランから自分に合ったプランを選ぶことで、よりコストを抑えることができます。

平均月額基本料

MVNOは大手携帯電話会社の通信設備を借りているため、通信エリアや堅牢性は大手キャリアと同等です。そのため、災害や緊急時にも特別弱いということはありません。

※1:au、SoftBank、docomo

iPhoneにおすすめの格安SIM6選!乗り換えるメリット・デメリットとは

iPhone本体を購入できるおすすめ格安SIM

通信速度に関して:2024年3月19日時点「みんなのネット回線速度」の平均通信実測値。100Mbpsは超高速・50〜100Mbpsが高速・50Mbps以下が中速として比較しています。

当サイトに掲載しているランキングは、格安SIM各社の公式サイトの情報や当サイト独自のアンケート調査結果、公的機関の情報をもとに算出しております。詳細は別ページのiPhone本体だけ購入できる格安SIMのランキング根拠PDFをご確認ください。

mineo

mineoが取り扱うiPhone(税込)

iPhone 15
  • 128GB:135,168円
  • 256GB:150,480円
  • 512GB:181,368円
iPhone 14
  • 128GB:122,760円
  • 256GB:138,072円
  • 512GB:168,696円
iPhone SE(第3世代)
  • 64GB:70,224円
  • 128GB:77,880円
iPhone 13
  • 128GB:117,480円
  • 256GB:132,792円
  • 512GB:163,944円
iPhone 12mini
  • 64GB:77,880円
  • 128GB:84,480円

※一部店舗限定販売

mineoのおすすめポイント
  • 電話番号そのままで乗り換え可能!
  • 通話かけ放題が初月無料
  • 取り扱うiPhoneはすべて国内版SIMフリー
  • iPhone 15が購入できる
  • ドコモ、au、ソフトバンクから好きな回線が選べる

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクから好きな回線が選べる格安SIMです。乗り換え時の契約事務手数料が無料※1で、使っている電話番号もそのまま使うことができます。

また、取り扱っているiPhoneはすべて国内版SIMフリーで、他の国内通信事業者のSIMカードも利用できます。iPhoneの取扱数や対応端末数が多いことが特徴です。

吹き出しアイコン

サービスエリアは大手キャリアと同じで、安心の通信速度です。

mineo×モバライフ
事務手数料無料キャンペーン

モバライフ指定リンクからmineoに新規申し込みの場合のみ、契約事務手数料が無料になります。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年7月1日〜終了日未定
お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外

※1:mineoとの提携サイト限定のキャンペーン、指定のリンクからの申込のみ事務手数料が無料になります。
出典:https://mineo.jp/

UQモバイル

※2024年5月7日時点の情報です。

UQモバイルが取り扱うiPhone(税込)

価格は、①MNP他社乗り換え②指定プラン・指定オプションを利用したときの金額です。

iPhone13128GB:92,720円
iPhone SE(第3世代)
  • 64GB:48,935円
  • 128GB:60,190円
  • 256G:81,415円

上記以外でも「au Certified(認定中古品)」というauが認定した高品質なリユーススマホも購入できます。

※一部店舗限定販売

UQモバイルのおすすめポイント
  • 11/22〜
    iPhone13の取り扱いスタート
  • 自宅セット割で4GB月1,078円(税込)
  • 新規契約or乗り換え
    最大10,000円相当auPAY還元
  • SNS使用のデータ消費ゼロ
    ※節約モード設定時
  • 余ったデータは翌月に繰り越し可能
  • オンラインショップなら
    iPhoneが最大22,000円割引

UQモバイルは、au回線を使用した格安SIMです。モバイル専門の調査機関が行った調査では、格安SIM(MVNO)の通信速度部門にて4年連続で1位※2を獲得しています。

さらに、UQモバイルのオンラインショップでiPhoneを購入すると、待ち時間ゼロ・配送料無料・最短翌日配送と快適に行うことができます。

吹き出しアイコン

料金プランもシンプルでわかりやすく、オンラインでの申し込みも可能です。
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

※1:2021年11月12日(金)~終了日未定 
※2: https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1850.html
出典:https://www.uqwimax.jp/

Y!mobile

Y!mobileが取り扱うiPhone(税込)

下記価格は、オンラインショップ割18,000円引きを適用した際の金額です。

iPhone13128GB:97,200
iPhoneSE(第3世代)
  • 64GB:55,440円
  • 128GB:63,360円
  • 256GB:81,360円

※オンラインストアからの購入等の各種割引適用後

Y!mobileのおすすめポイント
  • 11/15〜
    iPhone13の取り扱いスタート
  • ソフトバンク認定中古品
    iPhoneが1万円以下※オンライン限定
  • 自宅のネットとセットで
    最大1,650円毎月割引
  • 実店舗は全国に約2,500店

Y!mobileはソフトバンクの回線を使用しているため、大手キャリア同様、場所や時間に左右されない安定した通信速度で利用できます。

オンラインストアでは、5G対応のiPhone SE(第3世代)の販売もあります。オンライン限定のタイムセールやキャンペーンも頻繁に実施されているため、検討中の方は要チェックです。

吹き出しアイコン

SIMカードは、申し込みから最短当日発送で届けられます。
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

出典:https://www.ymobile.jp/

iPhoneに関するよくある質問

iPhoneを本体だけ購入する方法は?

主にApple Store・大手キャリア・格安SIM・家電量販店・中古ショップの5つで購入することが可能です。

よりお得に購入したいという方は、大手キャリアの購入サポートやキャンペーンを適用して購入することをおすすめします。

Appleストアではどんな機種を取り扱っている?

2024年5月時点で、オンラインストアでは、iPhone 15 シリーズ・iPhone 14シリーズ・iPhone 13・iPhone SE(第3世代)の全8機種が購入可能です。

実店舗のAppleストアでは、その他の端末も在庫があれば購入できます。

出典:Apple公式サイト

ドコモではどんなサポートやキャンペーンを実施している?

残価設定でiPhoneを分割払いで購入し、端末をドコモに返却すると、24回目の残価の一部または全部の支払いが不要になる「いつでもカエドキプログラム」があります。

iPhone 15シリーズはさらにお得になる「いつでもカエドキプログラム+」が適応でき、いつでも返却できるため最大11回分の分割支払い料金と残価が支払い不要になります。

また、36回払いで購入して24ヶ月目までに機種を返却すると、最大で12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」もあるので確認してみてください。

出典:ドコモ公式サイト

auではどんなサポートやキャンペーンを実施している?

残価設定型の24回の分割払い契約で、25ヶ月目までに購入した対象機種をKDDIに返却すると、最終回分の支払いが不要になる「スマホトクするプログラム」を利用可能です。

オンラインショップでauに乗り換え・新規契約で対象機種を購入すると、最大22,000円(税込)割引される「au Online Shop お得割」も実施中なので、お得に端末を購入できるでしょう。

出典:au公式オンラインショップ

ソフトバンクではどんなサポートやキャンペーンを実施している?

対象機種を48回払いで購入して、25ヶ月目以降に機種を返却すると、最大で24回分の支払いが不要になる「新トクするサポート」を実施中です。

また、オンライン限定で、他社からの乗り換えで機種代金が最大43,968円(税込)割引されるキャンペーンも実施しています。

出典:ソフトバンク公式サイト

楽天モバイルではどんなサポートやキャンペーンを実施している?

楽天モバイルへの乗り換え時にiPhoneを購入することで、最大32,000円相当のポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

また、「買い替え超トクプログラム」を利用することで、48回払いで購入したiPhoneの最大24回分の支払いが不要になるキャンペーンも実施しています。

格安SIMではどんな端末が購入できる?

格安SIMでは、基本的にiPhone 14シリーズ・iPhone 13シリーズ・iPhone SE(第3世代)などを取り扱っていることが多いです。

サービスによって取り扱いのある端末が異なるので注意しましょう。

まとめ

今回は、iPhone本体だけ安く購入する方法について解説しました。

iPhoneを本体だけ購入する方法は主に下記の5つです。

  • 大手キャリア
  • 格安SIM(スマホ)
  • Appleストア
  • 家電量販店
  • 中古ショップ

中でも、大手キャリアで購入する場合は、割引サポートやキャンペーンなどが充実しており、支払い金額を半分近くに抑えることもできます。

吹き出しアイコン
また、最新機種でなければ、格安SIMでもiPhoneを購入することができますよ。
おすすめの記事