中古のiPhoneを激安で購入するには?おすすめの機種も紹介!

最近ではフリマアプリなどを利用して中古のスマホを簡単に購入できることから、中古でiPhoneを購入したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし、iPhoneを中古で購入する際に注意したいポイントを確認しておきたい場合も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、iPhoneを中古で購入する際に確認したいポイントを解説。これからiPhoneを中古で購入したいと考えている場合は参考にしてみてください。

初めてiPhoneを中古で購入する場合は、確認しておくことがおすすめです。
iPhoneを安く買う裏技

最新機種のiPhone13も、楽天モバイルなら月々2,009円(税込)から!他社からの乗り換えや現在お使いのスマホを下取りに出して、お得にiPhoneを購入できます。

端末購入はこちら

iPhone13値下げ中
rakuten
公式サイトはこちら
最大13万5,306円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大10万4,280円割引
au
公式サイトはこちら
最大11万4,120円割引
softbank
公式サイトはこちら
下取りで
最大36,300円還元
UQ
公式サイトはこちら
下取りで
最大57,600円割引
Y-mobile
公式サイトはこちら

iPhoneを購入するなら中古端末も検討しよう

複数のiPhone

これまでにiPhoneは新品でしか購入したことがないという方も少なからずいるでしょう。

しかし、中古のiPhoneも気をつけるポイントを確認しておけば、安心して利用できるiPhoneをお得に購入できることも少なくありません。

 新品のiPhoneと比較すると購入する際に注意したいポイントもありますが、新品より1万〜2万円程度安く購入できることもあります。

この記事では、中古のiPhoneを購入する際に気をつけたいポイント購入する方法などを具体的に解説していくので、初めてiPhoneの中古を購入する方も安心してくださいね。

気をつけるポイントさえ確認しておけば、お得にiPhoneを購入することが可能です。

iPhoneの中古を購入するメリット

新品より本体価格が安い

たくさんの硬貨

中古で販売されているiPhoneは新品より本体価格が安いことが、中古でiPhoneを購入するメリットの1つでしょう。

特にiPhoneを安く購入したいと考えている場合は、新品より中古のiPhoneを購入することがおすすめです。

 新品のiPhoneは、セールや新商品発表後の値下げ以外で安く購入することは難しいですが、中古では時期を問わず新品より安くiPhoneを購入することが可能です。

そのため、すぐにiPhoneを購入したい場合新モデルが発売されるまでに利用できるiPhoneを探している場合でも、中古のiPhoneを購入するメリットが大きいと言えるでしょう。

本体を安く購入する以外でも中古のiPhone購入することがおすすめです。

最新モデル以外も購入できる

スマホを操作する手

大手キャリアや家電量販店で販売されているiPhoneは最新のモデルが多いです。

しかし、中古で販売されているiPhoneはさまざまなモデルがあることから、最新のiPhone以外も購入したい方は嬉しいポイントとなるでしょう。

 古いモデルは最新の機種と比較すると性能などは劣りますが、本体のサイズが小さいことや指紋認証を搭載しているなど最新の機種にはない魅力もあります。

ただし、5G通信などの最新技術を利用するサービスに対応していないなどのデメリットもあることから、自分がiPhoneを利用する際に重視したいポイントを考えておくことも重要です。

現在利用している端末と同じモデルを購入することも可能です。

通信回線に対応した端末を購入できる

スマホの通信設定

iPhoneを大手キャリアで購入した場合は、購入したキャリアの通信回線しか利用できないことも珍しくありません。

そのため、違う通信回線を利用する通信サービスに乗り換えた場合は、新しくiPhoneを購入する必要があります。

 購入したキャリアの通信回線しか利用できないことをSIMロックと言います。SIMロックを解除することはできますが、手続きに時間がかかることや手数料が必要になることもあります。

ただし、購入したキャリアと同じ通信回線を利用する場合全ての通信回線が利用できるSIMフリー端末を利用する場合は、SIMロックの解除手続きは必要ありませんよ。

場合によってSIMロック解除が必要ないことは覚えておきましょう。

iPhoneの中古を購入する3つの方法

中古のスマホを取り扱うショップ

ショッピングセンター

中古のiPhoneは、中古のスマホを取り扱うショップで購入することができます。

最近ではリサイクルショップレンタルビデオショップなどでも中古スマホの取り扱いが増えているため、近くにある場合は確認してみるといいでしょう。

 中古のスマホを取り扱うショップでは、販売されているiPhoneを直接確認できるため、インターネットで購入するより安心して購入することができます。

また、店舗独自の保証が付いている場合もあるので、初めて中古のiPhoneを購入する際には、中古のスマホを取り扱うショップを検討してみてください。

iPhone本体のキズ・汚れなども直接確認することができます。

格安SIM

ジャンプする男性

月額料金などにメリットのある格安SIMでも中古のiPhoneを販売していることがあります。格安SIMで購入した場合は、通信サービスのプランと同時契約できることも嬉しいポイントになるでしょう。

 格安SIMでは定期的にスマホ端末が安くなるセールも実施しているため、合わせて確認してみることがおすすめです。

ただし、格安SIMで販売されている中古のiPhoneは在庫が限られているため、在庫数は確認しておきたいポイントです。

格安SIMの新規契約・乗り換えを検討している方はチェックしてみてください。

フリマアプリ・オークション

小槌

最近増えている中古iPhoneの購入方法がフリマアプリです。また、フリマアプリが利用される前から個人取引が行われているインターネットオークションでも中古のiPhoneを購入することができます。

 フリマアプリで購入する場合は、値引きなどもできることから、中古ショップや格安SIMと比較して安くiPhoneを購入できることも珍しくありません。

ただし、フリマアプリやインターネットオークションは個人取引となることから、iPhone本体の細かいチェックが行われていないなどのデメリットもあるので、価格だけに注目しないことが重要です。

個人取引はリスクもあるので、不安な方は中古ショップや通信サービスでの購入がおすすめです。

iPhoneの中古を購入する際に確認したいポイント

ネットワーク利用制限

スマホとWi-Fi

中古のiPhoneの中にはネットワーク利用制限がかかっている端末もあります。

ネットワーク利用制限がかかっている場合は、インターネット通信や通話ができない場合があるため購入を控えることがおすすめです。

 ネットワーク利用制限は、分割で購入したスマホの料金が支払われなかったり、支払いが滞った場合に発生します。

購入するショップによっては、ネットワーク利用制限の保証を行っている場合もあるので、ネットワーク利用制限がかかっている端末を購入する場合は必ずチェックしておきましょう。

個人取引で購入する場合は、ネットワーク利用制限にかかっている端末の購入を控えましょう。

バッテリーの最大容量

スマホに接続されたモバイルバッテリー

iPhoneのバッテリーは使用する年数が長くなるほど、バッテリーの最大容量が減ります。

バッテリーの最大容量が減るほど1回の充電で使用できる時間が短くなるため、バッテリー容量は確認しておきたいポイントの1つです。

 バッテリー容量は、iPhoneの本体設定から確認できます。フリマアプリやオークションなどではバッテリー状態が掲載されていることもあるため、チェックしておきましょう。

iPhoneのバッテリーを交換することはできますが、バッテリーを交換する手数料が必要となるため、できるだけバッテリーの最大容量が多い端末を購入しておくことがおすすめです。

バッテリーの最大容量がが80%以下の端末は購入しない方が良いでしょう。

保証内容

iPhoneを持つ女性

中古端末でも購入から期間が経っていない場合は、メーカー保証が利用できる場合もあります。特に発売から時間が空いていないiPhoneであればメーカー保証が付いている場合も少なくありません。

 メーカー保証は、iPhoneの新品を購入してから1年間有効です。中古では3ヶ月ほどメーカー保証が残っている端末もあるので、保証を付けたいなら探してみるといいでしょう。

また、iPhoneの購入から30日以内に手放した端末は、Appleの保証に加入することが可能です。出会える確率は少ないですが、見つけた場合は購入を検討してみてください。

メーカー保証がない場合は、店舗での保証に加入できるか確認してみるといいですね。

付属品

iPhoneに接続されたイヤホン

新品のiPhoneにはスマホ本体以外にもイヤホンや充電器などの付属品が付いています。しかし、中古品の一部では付属品がないことも多いため、付属品は確認しておきたいポイントの1つになるでしょう。

 付属品が付いていないことによって本体価格が安くなる場合もあります。既にiPhoneを利用している場合は使い回せることもあるので、価格を重視したい場合はおすすめです。

2020年10月からに発売されたiPhone12からは、本体に同行している付属品が「USB-C Lightningケーブル」と説明書のみに変更されました。

ケーブルが必要ない場合は、本体のみ販売されている商品を購入する方法もありますよ。

外箱なしでも問題ない場合は更に安く購入することができます。

iPhone本体のキズ・汚れ

ビデオ通話

iPhone本体のキズや汚れが気になる場合は、中古で購入する際によくチェックしておきたいポイントです。特にディスプレイのキズは利用時に目立つことから、キズの有無をよく確認しておくといいでしょう。

 ケースなどを利用することでキズや汚れを目立たせなくすることもできるので、本体価格を重視する場合は、キズや汚れがある端末を選ぶ方法もあります。

ただし、ディスプレイが割れている場合は、修理費が高いことやiPhoneの操作性が悪いデメリットがあるので、購入を避けることがおすすめです。

キズ・汚れが気にならない場合は、キズがあるiPhoneを購入してもいいでしょう。

中古が狙い目!おすすめのiPhone3選

iPhone 13

iphone13

iPhone 13のおすすめポイント
  • 最新のカメラ機能を搭載している
  • 本体ストレージの容量が他のiPhoneと比較して多い
  • 長時間利用できるバッテリー容量

iPhone13は、最新のカメラ機能を搭載している特徴があります。特に映画のような映像を簡単に撮影できる「シネマティックモード」や「マクロ撮影」は魅力に感じる機能でしょう。

 本体ストレージの容量が他のiPhoneと比較して多いため、アプリや写真などを本体に保存しておきたい場合にもおすすめの機種です。

また、他のiPhoneと比較するとバッテリー容量も多いため、長時間利用できることもメリットの1つです。

本体の性能を重視する場合にはiPhone13がおすすめです。
ディスプレイサイズ 6.1インチ
本体重量 173g
カラーリング (PRODUCT)RED・スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク
本体ストレージ 128GB・256GB・512GB
バッテリー容量 ビデオ再生:最大19時間
オーディオ再生:最大75時間
iPhone13が購入できるのはこちら

iPhone13が値下げ中
rakuten
公式サイトはこちら
最大13万5,306円割引
docomo
公式サイトはこちら
最大10万4,280円割引
au
公式サイトはこちら
最大11万4,120円割引
softbank
公式サイトはこちら

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-13/

iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE

iPhone SE(第2世代)のおすすめポイント
  • 本体サイズが小さく持ちやすい
  • 本体価格が他のiPhoneと比較してリーズナブル
  • Touch IDを搭載している

iPhone SE(第2世代)は、本体サイズが小さく持ちやすい端末です。そのため、女性の方や片手でスマホを操作したいと考えている方は検討してみるといいでしょう。

 本体価格が他のiPhoneと比較してリーズナブルなことから、コスパの良いiPhoneを購入したい方から人気の端末です。

また、最新のiPhoneは顔認証である「Face ID」を搭載していますが、iPhone SE(第2世代)は指紋認証である「Touch ID」を搭載しているため、指紋認証が使いやすいと感じる方にもおすすめの機種です。

操作性も良く、日常的に使いやすいiPhoneの1つです。
ディスプレイサイズ 4.7インチ
本体重量 148g
カラーリング ブラック・ホワイト・ (PRODUCT)RED
本体ストレージ 64GB・128GB
バッテリー容量 ビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone SE(第2世代)が
購入できるのはこちら

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-se/

iPhone 12

iPhone12

iPhone 12のおすすめポイント
  • 本体性能に対して価格が安い
  • 5G通信に対応している
  • 本体前面にキズに強いガラスを採用している

iPhone 12は、本体性能に対して価格が安い特徴があります。最新の機種ではありませんが、多くの機能を搭載しているため、さまざまなシチュエーションで利用できるでしょう。

 通信速度や1度に送信できるデータ容量にメリットのある5G通信に対応していることも嬉しいポイントの1つです。

また、本体全面にはキズに強いガラスを採用しているので、耐久性に優れたスマホを利用したい方は検討してみてください。

本体性能と価格の両方を重視したい方は、iPhone12を購入することもおすすめです。
ディスプレイサイズ 6.1インチ
本体重量 162g
カラーリング ブラック・ホワイト・ (PRODUCT)RED ・グリーン・ブルー・パープル
本体ストレージ 64GB・128GB・256GB
バッテリー容量 ビデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大65時間
iPhone 12が購入できるのはこちら

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-12/key-features/

中古のSIMフリーiPhoneで契約したいおすすめ格安SIM3選

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 使用しなかったデータ容量を繰り越せる
  • 低速通信に手動で切り替えることができる
  • auが認定した中古のiPhoneを購入できる
最大12,000円相当還元!
UQモバイル
おトク情報はこちら

UQモバイルは、使用しなかったデータ容量を繰り越せることから、無駄なくデータ容量を使用できるメリットがあります。

 高速通信から低速通信に手動で切り替えることもできるので、高速通信のデータ容量が少なくなった場合も安心できるでしょう。

また、UQモバイルではauが認定した中古のiPhoneを購入できることから、UQモバイルの契約と同時に中古のiPhoneを購入することも可能ですよ。

UQモバイルはデータ容量に関連するサービスが多いですね。
月額基本料金(税込) 1,628円〜
データ容量 3GB
契約事務手数料(税込) 3,300円
最低利用期間 なし
通信回線 au
最大12,000円相当還元!
UQモバイル
おトク情報はこちら

出典:UQモバイル公式サイト

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • 家族割などの割引サービスが実施されている
  • 低速時の速度が1Mbps
  • 契約から1年間は使用できるデータ容量が増える
親子割の受付終了まであと8日!
Y!mobile
15GBが月990円から

Y!mobileは、家族割などのさまざまな割引サービスを提供している特徴があります。

ソフトバンクの通信サービスと合わせて利用することで、スマホ料金が割引されるセット割も適用できるため、確認してみるといいでしょう。

 データ容量を使い切った後に移行する低速時の速度も1Mbpsなので、通信速度を重視しないサービスであれば低速時でも快適に利用することができます。

キャンペーンを利用すれば契約から1年間は、1ヶ月に使用できるデータ容量が増えることも嬉しいポイントの1つです。

他の通信サービスと比較する際は割引適用後の料金を比較するといいでしょう。
月額基本料金(税込) 2,178円〜
データ容量 3GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
最低利用期間 なし
通信回線 ソフトバンク
親子割の受付終了まであと8日!
Y!mobile
15GBが月990円から

出典:Y!mobile公式サイト

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 音声通話SIMの新規契約から1年間は特典料金で利用できる
  • 契約時に利用できるキャンペーン・セールが豊富
  • エンタメフリー・オプションがお得

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIMの新規契約から1年間は特典料金で利用できるので、月額料金を重視したい方におすすめの通信サービスです。

 契約時に利用できるキャンペーン・セールが豊富なので、通常よりお得に契約・乗り換えすることもできるでしょう。

また、YouTubeなど対象のサービス利用時にデータ容量を消費しない「エンタメフリー・オプション」も便利に利用できるオプションなので、対象のサービスを利用する場合は加入を検討してみてください。

エンタメフリー・オプション以外も便利に利用できる様々なオプションが提供されています。
月額基本料金(税込) 1,078円〜※音声通話SIM契約時
データ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
最低利用期間 12ヶ月※音声通話SIM契約のみ
通信回線 au・ドコモ

出典:BIGLOBEモバイル公式サイト

中古のiPhoneに関するよくある質問

iPhoneの中古端末とは?

iPhoneの中古端末とは、1度誰かの手に渡って使用されたiPhoneです。

誰かに使用されたiPhoneですが、問題なく利用できることも多いため、状況に応じて中古端末を購入することもおすすめです。

iPhoneの中古を購入するメリットは?

中古のiPhoneを購入するメリットは、新品より本体価格が安いことや最新モデル以外も購入できることなどがあります。

所有しているiPhoneで利用できる通信回線が限られている場合は、通信回線に対応した端末を購入できることも中古端末を購入するメリットになるでしょう。

中古のiPhoneはどこで購入できる?

中古のiPhoneは、中古のスマホを取り扱うショップや格安SIMなどで購入することができます。

個人で取引を行えるフリマアプリ・オークションでも販売されているため、中古のiPhoneを購入する場合はチェックしてみるといいでしょう。

中古のiPhoneを購入する際に確認するポイントは?

中古のiPhoneを購入する際に確認するべきポイントは、ネットワーク利用制限や保証内容などがあります。

バッテリー最大容量やiPhone本体のキズ・汚れ、付属品も確認できるならチェックしておくといいでしょう。

中古のiPhoneでおすすめの機種は?

中古のiPhoneでおすすめの機種は、iPhone13やiPhone SEなどがおすすめです。

5G通信に対応したコスパの良いiPhoneを購入したい場合は、iPhone12を購入してもいいでしょう。

大手キャリアで中古のiPhone端末を購入することはできる?

中古のiPhoneを取り扱っている大手キャリアはauのみとなるため、大手キャリアで中古のiPhoneを購入したいと考えている場合は注意する必要があるでしょう。

auの中古端末はメーカーで整備された商品ではありませんが、厳しいチェックを行っているので、auを利用している場合は確認してみることがおすすめです。

Apple認定整備済製品と中古品の違いは?

Apple認定整備済製品は、キャンセルや返品などの理由から一度手に渡った商品や中古品をAppleが整備した後に販売している商品です。

対する中古品は、Appleが整備や点検を行っておらず、メーカーの保証が付いていませんが、Apple認定整備済製品と比較するとリーズナブルに購入できるメリットがあります。

まとめ

この記事では、iPhoneの中古を購入する際に重視したいポイントについて解説しました。

iPhoneを新品で購入する場合より確認するべきポイントは多くなりますが、新品より安く購入できることや最新モデル以外も購入できることは、新品を購入する場合と比較したメリットになるでしょう。

また、中古で購入する際におすすめのiPhoneや中古iPhoneと相性の良い格安SIMも紹介したので、これからiPhoneを利用したいと考えている方もチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事