WiMAXの速度は速い?端末ごとの速度や遅いときの対処法も解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

結論、現時点(2023年7月時点)のWiMAX速度は最大速度で2.7Gbps、下りの平均速度で最大128.62Mbpsが出ています。

調べものなどで必要な通信平均速度が3〜10Mbpsといわれているので、WiMAXの通信速度は十分な速度といえるのかもしれません。

しかし、WiMAXを利用したいと考えている人の中には、WiMAX各端末の通信速度が気になるという人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はWiMAXの通信速度について徹底解説します。

端末ごとの最大速度や端末速度、速度が遅いときのの対処法などを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

WiMAXとは?

WiMAXの概要

WiMAXは、基地局から飛ばされている電波を端末がキャッチしてルーターからWi-Fiを飛ばし、パソコンやスマホなどでWiMAX 2+auの5G回線・4G回線で通信を行うことができます。

 ルーター端末には、コンセントに挿すだけで利用できるホームルーター、本体に内蔵されたバッテリーで外出先でも利用できるポケット型WiFi・モバイルルーターの2種類があります。

現在WiMAXのサービスを提供している会社(プロバイダ)は20社を超えていて、月額料金や契約期間、ルーター端末代金の一例は以下の通りなので、使い方に合わせて選んでみてください。

※表は横にスクロールできます。

スマモバWiMAX+5GUQ WiMAXBIGLOBE WiMAXGMOとくとくBBBroad WiMAXカシモWiMAXVision WiMAX
月額料金2,045円〜4,268円〜4,378円〜4,158円〜2,090円〜1,408円〜1,408円〜
契約期間縛りなし2年1年3年2年・3年2年・3年2年・なし
端末代金21,780円21,780円21,912円0円21,780円0円21,780円

※ 割引適用後の税込価格

WiMAXはデータ実質無制限

WiMAXの大きな特徴の1つに、1ヶ月に利用できるデータ容量が実質無制限という点があります。

 クラウドSIMタイプのポケット型WiFi・モバイルルーターなど、基本的には月間のデータ量が決められているものが多く、決められたデータを超えると速度制限になってしまいます。

WiMAXは、月間のデータ量の上限が決められていないものが多いので、データ量を気にせずにインターネットを利用したいという人におすすめと言えるでしょう。

ただし、あくまで”実質”無制限で、速度制限がかかってしまう条件もあることは注意したいポイントです。

WiMAXの速度制限の条件が一部変更

WiMAXのポケット型WiFi・モバイルルーターやホームルーターは、月間のデータ量は無制限ですが、速度制限の条件が決められており、5G通信が利用できる「WiMAX 5G+」は、2022年2月1日から以下のように条件が変更されました。

これまで直近3日間に15GB以上のデータ通信を行うと送受信最大1Mbpsに速度制限
変更後一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり

簡単に説明すると、これまで決められていた3日15GBという数値と一律制限が撤廃され、今後はネットワークの状況次第で混雑時間帯に速度制限を行なうということです。

5G非対応でWiMAX 2+とau 4G LTEを使うプランは、これまで通り3日合計10GB以上の利用で速度制限となります。

【速い?】WiMAXの端末別の最大速度と平均速度

平均速度について
※ 2023年7月時点の「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を元に作成しています。
端末名最大下り速度平均下り速度
Speed Wi-Fi 5G X112.7Gbps63.03Mbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi2.2Gbps67.48Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX06440Mbps49.89Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L112.7Gbps113.64Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L122.7Gbps128.62Mbps

みんなのネット回線速度(みんそく)

Speed Wi-Fi 5G X11

Speed Wi-Fi 5G X11

「Speed Wi-Fi 5G X11」は、2021年10月にNECから発売されたポケット型WiFi・モバイルルーターで、下り最大速度はWiMAXのポケット型WiFi・モバイルルーター最速の2.7Gbpsとなっています。

 平均速度は下り47.49Mbps、上り10.4Mbpsです。

4,000mAhバッテリーを搭載していて、約8時間の連続通信が可能です。本体重量も約174gなので、持ち運びたい方に便利な端末と言えるでしょう。

別売りのクレードルを装着するとさらに安定した通信を利用でき、有線接続も可能になります。
最大速度下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度下り:47.49Mbps
上り:10.4Mbps
対応ネットワーク5G/4G LTE/WiMAX 2+
サイズ約136mm×68mm×14.8mm
同時接続台数最大17台

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」は、2021年4月にサムスンから発売されたポケット型WiFi・モバイルルーターで、最大下り速度2.2Gbpsの高速通信が可能です。

 平均速度は下り79.26Mbps、上り15.37Mbpsと、WiMAXのルーター端末のなかでトップクラスの速度となっています。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、約1,000分(およそ16時間)の連続通信ができることも嬉しいポイントの1つでしょう。

約5.3インチの大きなディスプレイは、卓上カレンダーとして使用することも可能です。
最大速度下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
平均速度下り:79.26Mbps
上り:15.37Mbps
対応ネットワーク5G/4G LTE/WiMAX 2+
サイズ約147mm×76mm×10.9mm
同時接続台数最大11台

Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、2020年1月にNECから発売された下り最大速度440Mbpsのポケット型WiFi・モバイルルーターで、対応ネットワークは4G LTEとWiMAX 2+です。

 平均速度は、下りが40.81Mbps、上りが8.0Mbpsです。

ディスプレイでは通信データ量をひと目で確認でき、表示されたQRコードでかんたんWi-Fi接続もできるため、端末の操作が不安な方も問題なく使えるでしょう。

別売りのクレードルを使用すれば、電波が弱い場所での通信速度が、クレードル無しの時と比べ約60%向上しますよ。
最大速度下り:440Mbps
上り:75Mbps
平均速度下り:40.81Mbps
上り:8.0Mbps
対応ネットワーク4G LTE/WiMAX 2+
サイズ約111mm×62mm×13.3mm
同時接続台数最大16台

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」は、2021年6月にZTEから発売されたホームルーターです。最大下り速度は2.7Gbpsで、5G・4G LTE・WiMAX 2+の通信を利用できます。

 平均速度は下り60.62Mbps、上り12.22Mbpsです。

また、専用アプリである「ZTELink JP」を活用すると、データ通信量・電波状態の確認やルーターの設定などを簡単に行えることもメリットと言えるでしょう。

同時に2台まで有線LANでパソコンやゲーム機などを接続することができ、より安定した通信を使うことができます。
最大速度下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度下り:60.62Mbps
上り:12.22Mbps
対応ネットワーク5G/4G LTE/WiMAX 2+
サイズ約70mm×182mm×124mm
同時接続台数有線LAN:2台
無線LAN:30台

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は、2021年11月にZTEから発売された最大下り速度2.7Gbpsのホームルーターです。5G・4G LTE・WiMAX 2+の通信を利用できます。

 平均速度は下り43.9Mbps、上り7.26Mbpsです。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の後継機と言える端末で、より多くの端末を同時に接続できます。また、「OFDMA」という通信技術によって、遅延が少なくなっていることもメリットでしょう。

「TWT(Target Wake Time」という技術で、スマホやパソコン側の待機時電力を抑制して、余分なバッテリー消費を抑えます。
最大速度下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度下り:43.9Mbps
上り:7.26Mbps
対応ネットワーク5G/4G LTE/WiMAX 2+
サイズ約101mm×179mm×99mm
同時接続台数5GHz:20台
2.4GHz:20台

速度重視な方におすすめなWiMAX

スマモバWiMAX+5G

スマモバWiMAX +5G

スマモバWiMAX+5Gのおすすめポイント
  • WiMAX史上最速下り最大2.7Gbps
  • データ容量・契約期間の縛りなし!
  • 5G対応端末でネット使い放題で月額2,045円(税込)〜
  • 3つのエリア対応でつながりやすい!

スマモバWiMAX+5Gでは、通信速度の速い端末「Speed Wi-Fi HOME 5G L11 」 を利用でき、WiMAX史上最速下り最大2.7Gbpsの高速通信が可能です。

さらにWiMAX2+エリアだけでなく、au 4G LTE、au 5Gエリアの3つのエリアに対応しているので、場所を選ばずに快適に利用できます。

 さらに、「月間○GB」や「3日間○GB」までといったデータ通信制限がなく、ネットが使い放題なのも大きな魅力です。

スマモバWiMAXは「通信速度」だけでなく、「対応エリア」「利用料金」のどの面で見ても利用しやすいWiMAXと言えます。

契約期間のしばりがないので解約違約金がかからないのも特徴です。
基本月額料金
(税込)
1~2カ月目:2,045円
3~24カ月目:5,045円
25~36カ月目:5,595円
37カ月目以降:4,990円
※端末代金込み
キャッシュバックなし
初期費用(税込)端末料金:605円(36回払い)
初期事務手数料:3,300円
契約期間なし
データ容量上限なし
最大通信速度

下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
※使用するエリアや通信規格、データ端末により異なります。

速度制限なし
プラスエリアモードは月間15GBを超過した場合、プラスエリアモードにおける通信速度を送受信最大128kbpsに制限。
解約違約金(税込)

なし
36ヶ月間の割賦期間中に解約した場合は、残月数分の割賦残金の支払いが必要です

ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

出典:https://www.smamoba.jp/wimax/

WiMAXの速度が遅いときの対処法

WiMAXの速度が遅いときの対処法
  • 設定を確認してみる
  • 端末の再起動
  • 有線で接続する

設定を確認してみる

WiMAXの通信速度が不安定な原因として、設定が影響している可能性が考えられます。

 WiMAXのルーターには省電力設定というモードがあり、省電力設定によって通信速度が遅くなっていることがあります。

そのため、より高速な通信速度で利用したい人は設定を「ハイパフォーマンス」に変更しましょう。

ハイパフォーマンス利用時は速度が速くなる代わりに、バッテリー消費が多くなるので注意が必要です。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

端末の再起動

速度が遅い原因にルーター端末本体に何らかの不具合が生じている可能性があります。

ルータ本体の設定などを確認して問題がない場合は、ルーターの再起動を行いましょう。

ルーターだけでなく、接続しているパソコンやスマホに問題がある可能性も考えられるので、そちらも再起動することをおすすめします。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

有線で接続する

WiMAXのルーターは、端末によって有線接続できる端末もあるので、速度を安定させたい人は有線接続も試してみましょう。

 ポケット型WiFi・モバイルルーターでも、端末にLANポートがあるものやクレードルを装着することで、有線接続が可能になる端末があります。

無線の場合、Bluetooth機器などの電波の影響を受けてしまうことがありますが、有線接続することによって電波の影響を抑えることが可能です。

端末によって、同時接続できる台数があらかじめ決められているので、多くの端末を接続していないかも併せて確認しましょう。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

WiMAX利用時に必要な速度の目安は?

インターネットを利用する上での必要な速度は、メール送信や動画視聴・ゲームをする場合など目的によって異なります

また、基本的に通信速度は下り(ダウンロード)速度が重要で、主なインターネットの利用目的ごとに必要な通信速度の目安は以下の通りです。

メールやLINE128Kbps〜1Mbps
Webサイト1〜10Mbps
SNS3Mbps〜10Mbps
ビデオ通話5Mbps〜15Mbps
動画視聴1〜20Mbps
オンラインゲーム10〜100Mbps以上

メールやLINE、Webサイトの閲覧、SNSなどを目的にネットを利用する場合は、10Mbps程度の速度が出ていれば問題なく利用できるでしょう。

しかし、動画視聴やオンラインゲームなどのデータを読み込む量が多いものを利用する際には、10Mbps以上の通信速度が必要となるので注意が必要です。

動画視聴やオンラインゲームなどは、コンテンツの内容や品質によって必要な速度が大きく異なるので事前に確認しておきましょう。

WiMAXを選ぶポイント

WiMAXを選ぶポイント
  • ルーター端末
  • 月額料金
  • キャンペーンや特典

ルーター端末

WiMAXを選ぶうえで、どんな端末を利用するかは重要なポイントのひとつです。

 ポケット型WiFi・モバイルルーターとホームルーターの2種類があるので、自分の利用目的に合わせて選びましょう。

また、ポケット型WiFi・モバイルルーターやホームルーターの中にも複数の端末があり、通信速度ディスプレイサイズが異なるので、自分にとって使いやすい端末を選ぶことも重要なポイントです。

通信速度を重要視したいという人は、平均速度も参考にしながら選びましょう。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

月額料金

WiMAXのサービスを提供している会社は、それぞれ月額料金が異なります。

 契約年数が長いほど比較的月額料金はお得になるので、料金を安く利用したいという人は契約年数の長いもの選ぶと良いでしょう。

月額料金は、1年目や利用開始の数ヶ月は割引料金で利用できる場合も多いですが、割引期間終了後の料金も考慮して、月額料金の安いプランを選ぶ方法がおすすめです。

基本的には、1年から3年の継続利用を前提としているので、通常の月額料金が安いプランを選ぶことが大切ですよ。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

キャンペーンや特典

WiMAXのサービスを提供している会社の多くが、様々なキャンペーンを実施しています。

 キャンペーンには、月額料金割引や端末割引、キャッシュバック、オプション割引などがあります。

端末代金は通常2万円程度かかってしまいますが、キャンペーンによって0円で購入できる会社も少なくありません。端末代金を抑えたい人はぜひ利用してみてください。

他社のネットサービスから乗り換えで発生する違約金を負担してくれる特典もありますよ。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら

WiMAXに関するよくある質問

WiMAXとは?

WiMAXは、ルーターからWi-Fiを飛ばし、WiMAX 2+・au 5G・au 4G LTEなどを利用して、パソコンやスマホなどでインターネット通信を行います。

ホームルーターやポケット型WiFi・モバイルルーターなどの端末を使うことによって、工事不要で利用できることがメリットの1つと言えるでしょう。

WiMAXの通信量は?

WiMAXは月間のデータ量上限が決められていないものが多いので、データ量を気にせず使うことができます。

ただし、一定期間に大量のデータを使うと速度制限になってしまうこともあるので、完全無制限ではありません。

インターネット利用時に必要な速度の目安は?
インターネットを利用する上で必要な速度は、利用目的によって異なります。

Webサイトの閲覧やSNSなどは10Mbps程度の速度で十分利用可能ですが、動画視聴やオンラインゲームにはそれ以上の速度が必要となる場合があるので注意しましょう。

WiMAXの端末の最大速度は?
5G対応の端末「Speed Wi-Fi 5G X11」や「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」などは、下り最大速度は2.7Gbpsです。
WiMAXの端末で平均速度が速いのは?

「みんなのネット回線速度(みんそく)」の測定結果を参考にすると、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの下り平均速度79.26Mbpsが最速です。

WiMAXの速度が不安定なときの対処法を知りたい
設定を確認して省電力設定になっている場合は、ハイパフォーマンスに設定しましょう。

また、ルーターやスマホの再起動をしても速度が改善しない場合は、有線での接続も試してみてください。

WiMAXを選ぶポイントを知りたい

WiMAXには、様々なルーター端末があるので、自分に合った端末を選ぶことが大切です。

また、月額料金やキャンペーンは会社によって異なるので、お得に利用できるものを選びましょう。

まとめ

今回は、WiMAXの通信速度について解説しました。

WiMAXの端末に決められている最大速度は、あくまで理論値なのでその速度が出るというわけではありません。

そのため、速度重視でWiMAXの端末を選ぶときには、平均速度も重視して選ぶことが大切です。

今回紹介した通信速度や選ぶポイントなどを参考にして、自分に合った端末を選んでください。
ネット使い放題で月2,210円〜
スマモバ WiMAX+5G
最短即日発送はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事