データ通信無制限のおすすめ格安SIM6選!注意点・選び方など解説

格安SIMを契約する際に、1ヶ月に利用できるデータ容量が無制限のプランを利用できるのか疑問に思う方がいるかもしれません。プランの特徴や注意点などを知りたい方も多いでしょう。

YouTubeなど動画コンテンツを楽しみたい、テザリングの活用も考えている方であれば、無制限プランに興味を持つはずです。

そこでこの記事では、格安SIMで無制限で通信が可能なプランについて解説。無制限プラン対応の格安SIMも6社紹介するので参考にしてみてください。

データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

無制限で格安SIMを使いたい方はぜひ参考にしてくださいね。

格安SIMの無制限プランとは?

格安SIM・スマホに乗り換える手順

格安SIMの無制限プランとは、制限なくデータ通信ができるプランです。

 一般的には1ヶ月に利用できるデータ容量が決まっているプランが多いですが、無制限のプランでは利用できるデータ容量が限られていないことが異なるポイントです。

通常のプランでは1ヶ月に決められた容量の高速通信が可能ですが、データ通信量に制限がないプランは音楽や動画を好きなだけ楽しめます。

動画や音楽のストリーミングサービスなどをよく利用する場合も、便利に利用できるでしょう。

無制限プランは1ヶ月に利用できるデータ容量に制限がありませんよ。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

無制限プランの特徴

1ヶ月のデータ容量が決まっていない

格安SIM・スマホに乗り換える手順

無制限プランは、格安SIMで一般的なプランと比較して、1ヶ月のデータ容量が決まっていないことが特徴です。

 1ヶ月に利用できるデータ容量が決まっていないため、これまで利用したデータ通信量を心配する必要もありません。

スマホの通信がメインの通信方法となる方や外出先でインターネット通信を利用する方は便利に使えるでしょう。

データ通信量を心配する必要がないメリットがあります。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

通信速度は遅め

利用できるデータ容量に制限がないプランでは、利用できるデータ容量をある程度制限するために通信速度が遅くなっている場合も多いです。

また、無制限で利用できる条件として最大通信速度があらかじめ決まっている場合もあります。

契約するプランやサービスによって異なるため、事前に通信速度の条件を確認しておくことが重要になるでしょう。

特定ユーザーの使い過ぎを防ぐために速度制限をしています。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

無制限プランの注意点

速度制限がかかる場合もある

利用できるデータ容量に制限がないプランでも、最大通信速度に制約がかかる場合もあります。

 通信速度の制約は、特定のユーザーが通信回線を独占しないための対策として設定していることが多いです。

そのため、通信速度を重視する場合は、定量プランも検討してみるといいでしょう。

通信速度は定量プランの方が速くなる場合もあります。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

プラン料金が高くなる

格安SIMの選び方

1ヶ月に利用できるデータ容量が決まっている定量プランと比較すると、月額基本料金が高い傾向にあります。

そのため、月額料金を重視して格安SIMを選ぶ場合には候補になりにくいでしょう。プランを選ぶ際には、1ヶ月に利用しているデータ通信量使い方に合わせて選ぶことが大切です。

月額料金が高くなることに注意しましょう。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

オプションの加入が必要な場合も

オプションに加入することで、データ通信量の制限がなくなる格安SIMもあります。

オプションに加入しない場合は、定量プランと同じく月間の高速通信のデータ容量が制限があるため、オプションが利用できる場合は加入を検討してみてもいいでしょう。

また、対象のサービスのみが制限なく利用できるオプションもあるので、オプションの内容はよく確認することが重要です。

オプションでも通信制限などの条件を確認しておきましょう。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

格安SIMの無制限プランがおすすめの方

データ通信量が多い方

データ通信量が多い場合は、1ヶ月のデータ通信量に制限がないプランを利用するのもおすすめです。

特に1ヶ月の通信量が格安SIMで契約できる定量プランを超えている場合は、お得に利用できるでしょう。自分の使い方に合わせて契約するプランを選ぶことが重要です。

1ヶ月に利用するデータ容量が多い場合は便利に利用できます。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

モバイルルーターのSIMカードとして利用したい方

モバイルルーターを利用する際に無制限のプランを契約したSIMカードを利用するのもおすすめです。

1ヶ月に利用できるデータ容量の制限がないため、モバイルルーターとの相性も良いメリットもあります。ただし、速度制限にかかる条件最大通信速度などを考慮する必要はあるでしょう。

モバイルルーターの通信回線として無制限プランの利用を検討してみてください。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

メインの通信方法として考えている方

Wi-Fiなどを利用しておらず、格安SIMでの通信がメインの通信方法になるなら無制限のプランを検討してみてもいいでしょう。

 特に自宅だけでなく外出時にもインターネットを利用したいと考えているなら、より便利に利用することが可能です。

ただし、オンラインゲームなど一定の通信速度が必要となるサービスは利用が難しい場合もあるので、使い方やサービスに合わせて無制限のプランを検討してみてください。

高画質の動画視聴やオンラインゲームなどは無制限のプランで利用が難しい場合もあります。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

無制限プランの選び方

通信制限の条件

一定のデータ通信を行うと速度制限がかけられる場合も多いため、通信制限になる条件を確認しておくことが重要です。

 特に3日で10GB以上のデータ通信を行うと、制限がかかるケースも多いので注意が必要でしょう。

通信制限によってアプリ・サービスを快適に利用できない場合もあるので、速度を重視する場合は定量プランを検討してみてみるのもおすすめです。

3日で10GBなどのデータ容量を使用することで通信制限にかかる場合があります。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

月額基本料金

格安SIMに乗り換えるメリット

制限がないプランでも、格安SIMごとに月額基本料金が異なります。

そのため、1ヶ月のデータ通信量に制限がないプランを検討している場合は、サービスごとの月額料金を比較することが重要です。

オプションの加入が条件となる場合は、月額料金とオプション料金を合わせた合計料金を比較するといいでしょう。

格安SIMごとに月額料金が異なるため、料金の比較を忘れないようにしましょう。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

最大通信速度

1ヶ月に利用できるデータ容量に制限がないプランでは、あらかじめ最大通信速度が決まっている場合もあるので注意が必要です。

そのため、申し込みを行う前に最大通信速度も確認しておく必要があるでしょう。

また、契約するサービスによって最大速度が異なるため、プランの内容をよく比較することが重要です。

最大通信速度も無制限のプランを選ぶ際に確認したい項目です。
データ通信無制限!
格安SIM
おすすめ6選徹底解説

データ通信無制限プランでおすすめの格安SIM6選

楽天モバイル
mineo
LIBMO
NUROモバイル
BIGLOBE
モバイル
スマホドッグ
モバイル
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
LIBMO
NUROモバイル_ロゴ
BIGLOBEモバイルロゴ
スマホドッグモバイル
月額料金
10/31まで
実質0円〜
660円(税込)〜
528円(税込)〜
627円(税込)〜
550円(税込)〜
5,368円(税込)〜
契約期間
-
-
-
-
-
なし
月間データ容量
1GB〜
1GB〜
3GB〜
3GB〜
1GB〜
無制限
最大通信速度
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
非公開
下り788Mbps
※ドコモ回線
下り約1,288Mbps
※タイプDの場合
非公開
使用回線
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
NTTドコモ
ドコモ、au、
ソフトバンク
ドコモ、au
ドコモ
キャンペーン
申し込みで
最大24,000
ポイント還元中!
通話オプション月額料金が
1年間割引
対象プラン契約で
10,000円分
ポイント還元
対象プラン申込で15,000円
キャッシュバック
-
口座振替
テザリング

楽天モバイル

楽天モバイル

おすすめポイント
  • 使用したデータ容量に応じて月額料金が変動する
  • 無制限で高速データ通信が可能
  • 専用通話アプリを利用することで国内料金が無料になる

楽天モバイルは、使用したデータ容量によって月額料金が変動する従量制を採用しています。

1ヶ月でデータ使用量が20GBを超過した場合は、月額3,278円(税込)でデータ容量に制限なくインターネット通信が可能なため、データ通信をよく利用する場合でもお得に利用することが可能です。

1ヶ月に1GBまでのデータ通信量であれば月額料金が無料になります。

専用の通話アプリである「Rakuten Link」を利用することで、国内通話が無料になることも楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。

月額基本料金(税込) 0円〜
通話料金(税込) 0円
契約事務手数料(税込) 0円
速度制限時の通信速度 1Mbps
利用回線 楽天

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

mineo

mineo

おすすめポイント
  • 契約時に大手キャリアの通信回線を好きに選べる
  • データ通信が無制限で利用できる「パケット放題Plus」が利用可能
  • パケットギフトなどの独自サービスを展開している

mineoは、契約時にau・ドコモ・ソフトバンクの通信回線を自由に選べるマルチキャリアの格安SIMです。

月額385円(税込)の「パケット放題Plus」に加入することで最大1.5Mbpsの通信速度で無制限の通信が可能になります。

10GB・20GBのプランを契約した場合はパケット放題Plusを無料で利用できます。

データ容量を分け合える「パケットギフト」などの他社にない独自サービスも展開しているため、便利に利用できる格安SIMの1つです。

月額基本料金(税込) 1,298円〜
通話料金(税込) 22円/30秒
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の通信速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ・ソフトバンク
データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン、指定のリンクからの申込のみ事務手数料が無料になります。
出典:https://mineo.jp/

LIBMO

LIBMO

おすすめポイント
  • 無制限プランがリーズナブルな価格で利用できる
  • 独自のサービス・オプションを多数提供している
  • 新規契約時に利用できる特典・キャンペーンが豊富

LIBMOは、最大通信速度が200kbpsの無制限プラン月額1,078円(税込)で利用できることが特徴になります。

雑誌読み放題オプションや料金の支払いに充当できる「TLCポイント」など独自のサービス・オプションを多数提供していることもメリットの1つになるでしょう。

TLCポイントはギフト券や他社ポイントサービスへの交換も可能です。

新規契約時に利用できる特典・キャンペーンも豊富なので、新しく契約する場合もお得に利用することが可能です。

月額基本料金(税込) 1,078円〜
通話料金(税込) 22円/30秒
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の通信速度 128kbps
利用回線 ドコモ

出典:https://www.libmo.jp/

最大10,000円分ポイント還元
LIBMO
無制限プランが528円

NUROモバイル

おすすめポイント
  • データ通信が無制限で利用できるプランがある
  • 月額料金が安いお試しプランもある
  • 継続利用でデータ容量がプレゼントされる

NUROモバイルは、月額3,828円(税込)でデータ通信が無制限で利用できるプランを契約可能な格安SIMです。

月額料金330円(税込)のお試しプランもあるので、利用できるエリアや通信速度が心配な場合でも、リーズナブルな料金でサービスを試すことができます。

データ通信が無制限のプランでは音声通話を利用できないことに注意しましょう。

契約するプランによっては、継続利用で3ヶ月ごとにデータ容量を受け取れる特典が利用できるため、長期的な利用でもお得な格安SIMと言えるでしょう。

月額基本料金(税込) 330円〜
通話料金(税込) 22円/30秒
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の通信速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ・ソフトバンク
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
乗り換えで15,000円還元

出典:https://mobile.nuro.jp/

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

おすすめポイント
  • 「エンタメフリー・オプション」が利用できる
  • 光回線とのセット割や家族割などの割引サービスが豊富
  • 専用通話アプリを利用することで通話料金が半額になる

BIGLOBEモバイルは、対象のサービス利用時にデータ容量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMです。

通常の月額料金もリーズナブルですが、光回線とのセット割家族割などの割引サービスも実施していることもメリットになるでしょう。

エンタメフリー・オプションを利用することで実質無制限通信も可能になります。

専用の通話アプリである「BIGLOBEでんわ」を利用することで通話料金が半額になることも魅力の1つです。

月額基本料金(税込) 1,078円〜
通話料金(税込) 22円/30秒
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の通信速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

スマホドックモバイル

おすすめポイント
  • ドコモ回線を利用した無制限通信が行える
  • 最低利用期間・解約手数料がない
  • モバイルルーターの契約もできる

スマホドックモバイルは、ドコモ回線を利用した1ヶ月のデータ通信量に制限がないプランを利用できます。

最低利用期間・解約手数料がないこともスマホドックモバイルを利用するメリットになるでしょう。

契約できるプランは月額5,368円(税込)のプランのみとなります。

モバイルルーターの契約もできるので、自宅で利用するインターネット回線としてもおすすめのサービスになっています。

月額基本料金(税込) 5,368円
通話料金(税込) データ通信のみ利用可能
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の通信速度 700kbps
利用回線 ドコモ

出典:https://sdmobile.jp/

データ通信無制限の格安SIMに関するよくある質問

無制限のプランにはどんな特徴がある?

1ヶ月に利用できるデータ容量に制限がない特徴があります。

一般的な格安SIMのプランでは、データ容量が決まっているため、データ通信量が多い方は便利に利用できるでしょう。

無制限プランの注意点は?

通信制限が遅くなる場合があることや料金が上がる可能性があることは注意したいポイントです。

別途オプションの加入が必要になる場合もあるので、申し込み前に条件を確認することも重要になるでしょう。

無制限のプランはどんなときに契約するのがおすすめ?

データ容量に制限がないプランを利用したい場合におすすめです。

光回線やポケットWi-Fiではなく、スマホの通信がメインの通信方法となる場合にも便利に利用できるでしょう。

モバイルルーターのSIMカードとして無制限のプランは利用できる?

無制限のプランを契約したSIMカードをモバイルルーターの通信回線として利用することは可能です。

1ヶ月に利用できるデータ容量も制限がないため、モバイルルーターとの相性も良いメリットもあります。

無制限のプランでテザリングはできる?

基本的にはテザリングを利用することが可能です。

契約するサービス・プランによってはテザリングが利用できない場合もあるので注意しましょう。

無制限プランと定量プランはどっちがおすすめ?

月々に使用するデータ容量が決まっている場合は、定量プランを契約するのがおすすめです。

格安SIMで利用できるプラン以上のデータ通信を行う場合は、1ヶ月に利用できるデータ容量が決まっていないプランを契約してもいいでしょう。

無制限のプランを利用できる格安SIMサービスは?

「楽天モバイル」や「LIBMO」では、1ヶ月にデータ容量が決められていないプランを提供しています。

オプションに加入することが条件となる格安SIMもあるので、契約前にサービス・プランの内容を確認しておくことが重要です。

まとめ

本記事では、無制限プランがある格安SIMについて解説しました。

無制限のプランには、デメリットもありますが、利用するデータ容量に制限がないことは大きなメリットになるでしょう。

また、オプションの加入が無制限で通信ができる条件となる場合もあるので、この記事で紹介した格安SIMを参考にしてみてください。

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事