タブレットはセット購入がお得!おすすめの格安SIM3選を紹介

月額料金にメリットのある格安SIMをタブレットで利用できるのか疑問に感じる方は多いのではないでしょうか?

また、格安SIMで購入できるタブレットについて知りたい方もいるでしょう。

そこでこの記事では、格安SIMで利用できるタブレットについて解説。合わせて格安SIMで購入できるタブレットも紹介するので、これからタブレットを利用したいと考えている方は参考にしてみてください。

タブレットで利用する月額料金の安いSIMカードを探している方は参考になるでしょう。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

格安SIMでタブレットを利用する方法は2パターン

タブレット本体・SIMカードを同時契約する

スマホと書類

タブレット本体・SIMカードを同時契約する手順
  1. 通信サービスで取り扱いのあるタブレットを確認する
  2. タブレット・SIMカードを申し込む
  3. タブレット・SIMカードを受け取る
  4. SIMカードをタブレットに挿入する
  5. 本体設定・APN設定を行う

タブレット本体・SIMカードを同時契約する手順は、5つのステップに分かれています。5つのステップで特に重要なポイントは、インターネットに接続するためのAPN設定です。

 APN設定は、モバイル通信を行うための基地局を接続するために必要な設定です。

APN設定は分かりにくいため、初めて格安SIMを契約する場合は、各通信サービスで紹介されている手順を確認しながら設定することがおすすめですね。

Android端末・iOS端末によってAPN設定の手順が異なります。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

SIMカードのみ契約する

SIMカード

SIMカードのみ契約する手順
  1. 格安SIMに対応しているタブレットを確認する
  2. SIMカードを申し込む
  3. SIMカードを受け取る
  4. SIMカードをタブレットに挿入する
  5. 本体設定・APN設定を行う

SIMカードのみ契約する手順では、格安SIMに対応しているタブレットを確認することが重要になるでしょう。

 通信サービスで動作確認されていないタブレットを使用した場合は、インターネットに接続できないなどのデメリットがあるので注意が必要です。

それ以外の手順はタブレット・SIMカードを購入する手順と変わらないので、これまでに通信サービスを契約したことがある方は簡単に格安SIMでタブレットを利用することができるはずですよ。

タブレットを自分で購入する際は、対応している端末のチェックが必要です。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

格安SIMでタブレットを利用するメリット

月額料金が安くなる

硬貨

格安SIMで契約できるプランは、大手キャリアと比較すると月額基本料金が安い特徴があります。

格安SIMでは月額料金が1,000円以下のことも珍しくないため、タブレットをサブ端末として利用することも可能です。

 契約するプランによって異なりますが、大手キャリアを利用した場合の月額料金は5,000円程度なのでお得に利用することができるでしょう。

そのため、タブレットで利用する通信サービスの月額料金を重視したい場合は、格安SIMを契約することがおすすめです。

格安SIMでもサービスによって月額料金が異なるので比較する必要があるでしょう。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

好きな通信サービスを選べる

choice

格安SIMは大手キャリアと比較すると様々な通信サービスがあることから、自分が使いやすいと感じたサービスを契約できることもメリットの1つになるでしょう。

 通信サービスによって1ヶ月に利用できるデータ容量や利用できるオプションなどが異なります。

また、通信サービスによって利用する通信回線も異なるので、タブレットを利用するエリアで特定の通信回線が利用できない場合も安心です。

大手キャリアと格安SIMを比較して契約するサービスを選ぶ方法もあるでしょう。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

タブレットを安く購入できる

タブレット

格安SIMでは、契約する際にキャンペーンを利用することが可能です。キャンペーンは契約時にお得に利用できる特典で、キャンペーンを適用することで通常よりお得に契約できるメリットがあります。

 さまざまなキャンペーンが実施されていますが、タブレット端末の割引を実施していることもあるため、お得に端末を購入することもできるでしょう。

ただし、キャンペーンを利用する条件実施期間が決められているので、申し込み前にキャンペーンの内容をチェックしておくことが重要です。

実施中のキャンペーンは格安SIMの公式WEBサイトから確認できます。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

タブレットを格安SIMで利用する際に確認したいポイント

タブレットが格安SIMに対応しているか

タブレットを操作する手

格安SIMごとに対応している端末は異なることから、利用するタブレットが契約を検討している格安SIMで動作確認されていることは確認しておきたいポイントの1つです。

 通信サービスに対応しているタブレットは、各通信サービスの公式WEBサイトで確認ができるため、タブレット・SIMカードを申し込む前にチェックしておきましょう。

特に発売から時間が経っているタブレットの場合は、対応していないこともあるため、利用する際はよく対応しているか確認することが重要ですね。

対応している端末を確認した後にタブレットを購入しましょう。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

SIMカードを利用できるタブレットか

チェックリスト

タブレットには、SIMカードが利用できるモデルWi-Fiのみ対応しているモデルの2種類があります。Wi-Fiのみ対応しているモデルでは、格安SIMを利用できないので注意が必要です。

 SIMカードを利用できるモデルであれば、Wi-Fiを利用してインターネット接続もできるため、迷った際はSIMカードが利用できるモデルを選ぶといいでしょう。

ただし、SIMカードを利用できるモデルは、Wi-Fiのみ対応しているモデルと比較すると端末の価格が高くなることは注意したいポイントです。

同じ機種でもSIMカードの利用ができる場合とできない場合があるので注意が必要です。
タブレットを購入するなら!
おすすめの格安SIM
3選をチェック!

通信サービスで利用する回線に対応しているか

スマホの通信回線

スマホと同じようにタブレットでも、購入したキャリアの通信回線のみしか利用できないSIMロックがかかっている場合があります。

そのため、対応している通信回線は申し込み前にチェックしておく必要があるでしょう。

 SIMロックがかかっている場合は、購入したキャリアの通信回線しか利用できませんが、SIMロック解除の手続きを行うことで、全ての通信回線でインターネット接続を行えます。

また、購入時より全ての通信回線が利用できるSIMフリーのタブレットもあるため、これからタブレットを購入する場合はSIMフリーのタブレットも検討してみてください。

既にタブレットを所有している場合は注意したいポイントです。

タブレットをセット購入できる格安SIM3選

mineo
IIJmio
LIBMO
mineoロゴ
IIJmioロゴ
LIBMO
月額料金
880円(税込)〜
440円(税込)〜
528円(税込)〜
月間データ容量
1GB〜
2GB〜
3GB〜
最大通信速度
下り172Mbps
※Sプランの場合
下り1,288Mbps
非公開
使用回線
ドコモ、au、
ソフトバンク
ドコモ、au
NTTドコモ
キャンペーン
mineo×当サイト
事務手数料が無料
キャンペーン中
当サイトからの
申し込み限定!

初期費用がさらに割引+1年間1GB増量
対象プラン申込で最大12,000円
相当還元

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • 通信回線・データ容量から好きなプランを選べる
  • サポート体制が充実している
  • mineo独自のサービスを利用できる

mineoは、通信回線や1ヶ月に使用できるデータ容量から好きなプランを選べる格安SIMです。

他社通信サービスと比較するとサポートも充実しているため、格安SIMを初めて契約する方も使いやすいと感じるでしょう。

 家族や友達とパケットを分け合える「パケットギフト」などmineo独自のサービスも提供している特徴があります。

そんなmineoで取り扱いのあるタブレットが以下の通りです。

mineoで取り扱いのあるタブレット
  • Lenovo Tab M8
  • HUAWEI MediaPad M5 Lite

mineoで取り扱いのあるタブレットは、端末価格が安いので、これからタブレットを購入したいと考えている方は候補に入れてみてくださいね。

他社で提供されていないサービス・オプションも多いので確認してみるといいでしょう。
月額基本料金(税込) 880円〜※データ通信専用プラン
1ヶ月のデータ容量 1GB〜
タブレットの価格(税込) 23,760円〜
低速時の速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ・ソフトバンク
mineo×モバライフ特別キャンペーン

当サイトからmineoに新規申し込みをすると、契約事務手数料が無料に。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年2月1日〜2022年5月31日
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン。指定のリンクからの申込のみ特典が適用されます。
出典:mineo公式サイトより

IIJmio

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • eSIMに対応している
  • 5G通信を無料で利用できる
  • 使用しなかったデータ容量を翌月に繰り越せる

IIJmioは、SIMカードを必要としないeSIMに対応している特徴があります。

通信速度にメリットのある5G通信も対応しているため、料金以外に重視したいポイントがある場合にもおすすめのサービスです。

 契約したプランで使用しなかったデータ容量は翌月に繰り越せるため、データ容量を無駄なく利用できることもメリットの1つになるでしょう。

そんなIIJmioで取り扱いのあるタブレットが以下の通りです。

IIJmioで取り扱いのあるタブレット
  • ATab-1
  • Xiaomi Pad 5
  • LAVIE T11 T1175/BAS
  • LAVIE T11 T1195/BAS

格安SIMの中では取り扱いのあるタブレットが多いですが、在庫がなくなることも多いので注意する必要がありますよ。

月額基本料金も安いので2回線目の契約としてもおすすめです。。
月額基本料金(税込) 748円〜※データ通信専用プラン
1ヶ月のデータ容量 2GB〜
タブレットの価格(税込) 38,280円〜
低速時の速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ
5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら

出典:IIJmio公式サイトより

LIBMO

LIBMO

LIBMOのおすすめポイント
  • LIBMO独自に提供しているオプションが多い
  • さまざまな用途で利用できるTOKAIグループのポイントが貯まる
  • 契約時に利用できるキャンペーンがお得

LIBMOは、独自に提供しているオプションが多い特徴があります。

LIBMOを契約することで、さまざまな用途で利用できるTOKAIグループのポイントも貯まるため、長期的に利用する場合でも使いやすいサービスと言えるでしょう。

 契約時に利用できるキャンペーンもお得な内容となっているため、タブレット・SIMカードの契約前に確認しておくことが重要です。

そんなLIBMOで取り扱いのあるタブレットが以下の端末です。

LIBMOで取り扱いのあるタブレット
  • MediaPad M5 lite 8
取り扱いのあるタブレットは1種類のみですが、使いやすい端末のため、初めてタブレットを購入する場合にもおすすめの機種ですよ。

LIBMOで購入したタブレット以外でも保証オプションに加入できるメリットがあります。
月額基本料金(税込) 528円〜※データ通信専用プラン
1ヶ月のデータ容量 1GB〜
タブレットの価格(税込) 29,040円
低速時の速度 128kbps
利用回線 ドコモ
1万円分還元!公式サイトはこちら⇒
LIBMO
無制限プランが528円

出典:LIBMO公式サイトより

格安SIMで購入するタブレットの選び方

本体の性能

様々なアイコン

タブレットごとに本体の性能が異なるので、購入する際はタブレットごとの性能も比較しておきたいポイントです。

 タブレットの本体性能を比較するポイントは利用用途によって異なりますが、バッテリー容量やカメラ性能などを確認しておくことがおすすめです。

また、タブレットに搭載しているOSはAndorid・iOSの2種類があるため、パソコンやスマホと連携する場合は、タブレットのOSを確認しておくことが重要なポイントの1つでしょう。

自分がタブレットを利用する用途からタブレットの性能を比較しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

ディスプレイサイズ

タブレットを操作する男性

タブレットの利用用途が動画視聴やゲームなどであれば、迫力や操作しやすさにメリットのある大きいディスプレイのタブレットを購入することがおすすめです。

 さまざまなサイズのタブレットが販売されていますが、10インチ程度のディスプレイサイズがゲームや動画をメインとした場合に使いやすいと言われています。

また、外出先でタブレットを利用したいと考えている方は、持ち運びやすさにメリットのあるディスプレイが小さいサイズのタブレットを購入するといいでしょう。

テレビに接続できるタブレットならば、小さいディスプレイのタブレットを買う方法もあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

ストレージ容量

importantの文字

タブレット本体に写真やアプリを保存するために必要なものがストレージ容量です。

ストレージ容量が多いほど様々な用途で利用できるため、タブレットを購入する場合はチェックしておきたい項目の1つになるでしょう。

 Androidのタブレットでは標準で外部メモリであるSDカードを利用できますが、iPadではSDカードを使えないことから元々のストレージ容量を確認しておくことが重要です。

ただし、最近ではインターネットを利用して写真などを保存できるオンラインストレージも利用できることから、ストレージ容量以外を重視する方法もおすすめですよ。

iPadでもSDカードリーダーを別途購入することで読み込むことが可能です。
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

タブレットの格安SIMに関するよくある質問

格安SIMでタブレットを利用する方法は?

格安SIMでタブレットを利用する方法は、タブレット・SIMカードを同時に契約する方法とSIMカードのみを契約する方法があります。

利用する方法によって契約する手順が異なるため、自分の使い方を事前に決めておくとスムーズに手続きができるでしょう。

格安SIMでタブレットを利用するメリットは?

格安SIMでタブレットを利用することで、月額料金が安くなることや好きな通信サービスを選べるメリットがあります。

格安SIMで実施しているキャンペーンなどの割引サービスを利用することで、タブレットを安く購入できることもメリットの1つになるでしょう。

タブレットを格安SIMで利用する際に確認したいポイントは?

タブレットを格安SIMで利用する際には、タブレットが格安SIMに対応していることや利用する通信回線に対応していることなどが確認しておきたいポイントです。

タブレットによってはSIMカードを利用できないモデルもあるため、自分でタブレットを購入する場合は確認しておく必要があるでしょう。

プランとタブレットをセット契約できる格安SIMは?

プランとタブレットをセットで契約できる格安SIMは、mineoやIIJmioなどがあります。

オプションが充実しているLIBMOもプランとタブレットを同時に契約することができるため、自分が使いやすいと感じた格安SIMを選ぶことができます。

格安SIMで利用するタブレットの選び方は?

格安SIMで利用するタブレットは、本体の性能やディスプレイサイズを重視して選ぶことがおすすめです。

SDカードが利用できない場合は、写真やアプリなどを保存できるストレージ容量をチェックしておくといいでしょう。

タブレットで利用できる通信回線の確認方法は?

タブレットで利用できる通信回線の確認方法は、タブレット本体の設定から確認することができます。

iOS端末とAndroid端末によって確認する手順が異なるため、自分が利用したいタブレットに合わせて対応している通信回線を確認してみてください。

タブレットは格安SIMでの購入と自分で準備する方法のどちらがおすすめ?

格安SIMで取り扱いのある端末を使いたいと感じた場合は、プランとセットで契約できる格安SIMを契約することがおすすめです。

あらかじめ自分が利用したい端末がある場合は、自分でタブレットを準備する方法を選ぶといいでしょう。

まとめ

この記事では、タブレットで利用できる格安SIMについて解説しました。

SIMカードを利用できるタブレットであれば、格安SIMを利用することができますが、対応している通信回線や機種は事前に確認しておく必要があるでしょう。

また、格安SIMで購入できるタブレットも紹介したので、これからタブレットの購入を検討している方は参考にしてみてください。

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事