データ通信専用SIMがあるおすすめ格安SIM7選!最安500円台から

格安SIMは主に「データSIM」と「音声通話SIM」の2種類に分けられます。多くの格安SIM会社では、データSIMプランの方が安く、音声通話SIMだと少し値段が上がります。

しかし初めて格安SIMを契約する方は、この2種類の違いがわからず、どちらを選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、データSIM(データ通信専用の格安SIM)について解説。データSIMを契約できるおすすめの格安SIMも7社ピックアップして紹介します。

データSIMの利用を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。
最安は500円台からデータSIMを使える!
データSIMを選べる
おすすめ格安SIM7選

データSIMを選べるおすすめ格安SIM7選

楽天モバイル
mineo
OCNモバイルONE
IIJmio
LIBMO
イオンモバイル
BIGLOBE
モバイル
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
OCNモバイルONE_ロゴ
IIJmioロゴ
LIBMO
イオンモバイル_ロゴ
BIGLOBEモバイルロゴ
月額料金
10/31まで
実質0円〜
660円(税込)〜
550円(税込)〜
410円(税込)〜
528円(税込)〜
528円(税込)〜
550円(税込)〜
月間データ容量
1GB〜
1GB〜
500MB〜
2GB〜
3GB〜
1GB〜
1GB〜
最大通信速度
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
非公開
下り1,288Mbps
非公開
下り1,288Mbps
下り約1,288Mbps
※タイプDの場合
使用回線
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
ドコモ
ドコモ、au
NTTドコモ
ドコモ、au
ドコモ、au
キャンペーン
申し込みで
最大24,000
ポイント還元中!
通話オプション月額料金が
1年間割引
iPhoneセットが
110円(税込)〜
通話オプションが
7ヶ月間
月90円(税込)〜
対象プラン契約で
10,000円分
ポイント還元
乗り換えで最大10,000WAON
ポイントプレゼント
口座振替
テザリング

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの特徴
  • 対象機種購入&新規申し込みで最大24,000円相当分ポイント還元※1
  • 1GBまでの利用なら実質月額0円!※2
  • どれだけ使っても月々最大3,278円(税込)
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話無料
  • 楽天回線エリアはデータ無制限

楽天モバイルは、1GBまでなら実質月額0円で利用することができる格安SIMです。さらに、20GB以上はどれだけ使っても月々最大3,278円(税込)のため、データを使いすぎてしまった月でも安心です。

人口カバー率97%を突破した※3楽天回線エリアなら、データ無制限で使うことができます。また、パートナー回線エリア(au)なら最大1Mbpsで使い放題です。

ワンプランのため、プラン選びに迷うことが少ないでしょう。

楽天モバイルには、無料で利用できる「Rakuten Link」が用意されています。番号の変更不要で、ほかの携帯電話会社のケータイ、固定電話を含む国内通話が無料でかけられます。

 Rakuten Link同士なら、メッセージだけでなく写真や動画、ファイルも送受信でき、最大100人のグループメッセージも楽しめます。
データSIMの月額基本料金(税込) 1GBまで:0円※2
1〜3GBまで:1,078円
3〜20GBまで:2,178円
無制限:3,278円
データSIMで1ヶ月に利用できるデータ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 0円
速度制限時の速度 1Mbps(楽天回線エリア外)
利用回線 楽天・au

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

出典:楽天モバイル公式サイト

※1:【キャンペーン期間】 2021年12月17日(金) 9:00~終了日未定。

※2:2回線目以降は3GBまで月額1,078円(税込)。また、実質0円は2022年10月31日まで

※3:楽天モバイル公式サイト記載。2022年9月末時点。

mineo

mineo

mineoの特徴
  • 大手3キャリアから好きな回線を選択できる
  • データSIM10GBが月額1,705円(税込)と最安級
  • 最大通信速度が1.5Mbpsで無制限の通信が可能なオプションが月額385円(税込)
  • ユーザー同士でデータ容量を分け合える

mineoは、大手3キャリアの中から好きな通信回線を選べる利点があります

 容量の大きいデータSIMプランの料金は最安級で、10GB:1,705円(税込)/月、20GB:1,925円(税込)/月です。

他にも、最大通信速度が制限される代わりに、データ容量は無制限でデータ通信を行える「マイそく」というプランも利用できます。

月に20GB以上データ通信を使う人は、この「マイそく」が便利に使えるでしょう。

かけ放題などのオプションも利用できます。

専用のコミュニティーサイトが利用できるなどサポート面も充実しているため、初めて格安SIMを利用する方にもおすすめです。

データSIMの月額基本料金(税込) 1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
データSIMで1ヶ月に利用できるデータ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ・ソフトバンク
データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン。指定のリンクからの申込のみ特典が適用されます。
出典:https://mineo.jp/

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの特徴
  • 月500MBが月額550円(税込)〜
  • 他社からの乗り換えで初期費用+実質3ヶ月分の月額料金がキャッシュバック!
  • 使わなかったデータ容量は翌月に繰り越せる
  • 節約モードでデータ容量を消費しないことも可能

OCNモバイルONEは、端末のセールが定期的に実施されていることから、端末を安く購入できる格安SIMです。

 月500MBで月額550円(税込)〜と最安レベルな価格で利用できるのもポイントです。

なお、500MB/月のコースには、最大10分相当/月の無料通話も含まれています。

使用しなかったデータ容量を翌月に繰り越せるため、無駄なく利用できることもメリットになるでしょう。

データの繰り越しは別途手続きする必要もありません。

高速通信と低速通信を切り替えて、データ容量の消費を減らせる「節約モード」も利用できるため、データ容量が少ないプランの契約もおすすめです。

データSIMの月額基本料金(税込) 500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
データSIMで1ヶ月に利用できるデータ容量 500MB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 200kbps
利用回線 ドコモ
docomo回線の通信品質No.1
OCNモバイルONE
iPhoneセットが110円〜

出典:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

IIJmio

IIJmio

IIJmioの特徴
  • 音声SIM2GB+5分かけ放題が最大6ヶ月間500円(税込)/月※1
  • 契約期間しばりなし!解約金も0円
  • 通話オプションが7ヶ月間月額90円(税込)※1
  • 他社から乗り換えでスマホが1,980円(税込)※2
  • 余ったデータは翌月へ繰り越し可能

IIJmioは、データ容量とSIMタイプから好きなプランを選べるメリットがあります。月額料金も安いため、料金を重視したい場合にもおすすめの格安SIMでしょう。

4つのSIMタイプと5つのデータ容量からプランを選べます。

低速時も快適にインターネット通信が利用できるバースト機能を利用できるので、データ容量が少ないプランも便利に利用することができます。

データSIMの月額基本料金(税込) 2GB:740円
4GB:900円
8GB:1,400円
15GB:1,730円
データSIMで1ヶ月に利用できるデータ容量 2GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ
2GB×5分かけ放題が月500円
IIJmio
キャンペーン詳細はこちら

出典:https://www.iijmio.jp/
※1:2022年10月31日まで
※2:2022年10月3日まで

LIBMO

LIBMO

LIBMOの特徴
  • 最大10,000円相当のポイント還元キャンペーン中
  • データSIMプランのみ!最大通信速度が200kbpsで無制限のプランが月額528円(税込)〜
  • ドコモ回線利用で通信速度が安定
  • iPhone SE(第3世代)が購入できる
  • 事務手数料0円で乗り換えやすい

LIBMOは、ポイントサービスなど様々な独自サービスを展開している格安SIMです。プランと同時に契約できるオプションも充実しているため、便利に利用できる場合も多いでしょう。

オプションはセキュリティサービスや雑誌読み放題などが用意されています。

最大通信速度が200kbpsで無制限で使えるデータSIMのコースは月額528円(税込)です。

通信速度が多少遅くても気にならない方や、テキストメインの通信が多い方におすすめのプランです。

データSIMの月額基本料金(税込) 200Kbpsで無制限:528円
3GB:858円
8GB:1,320円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
1ヶ月に利用できるデータ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 128kbps
利用回線 ドコモ
最大10,000円分ポイント還元
LIBMO
無制限プランが528円

出典:https://www.libmo.jp/

イオンモバイル

イオンモバイル_ロゴ

イオンモバイルの特徴
  • 1GB月額528円(税込)〜
  • 毎月のデータ通信容量は1GB単位で選べる
  • 余った容量は翌月に繰り越し&容量変更は何度でも可能
  • 全国のイオン200店舗以上でサポートが受けられる

イオンモバイルは、1GB〜50GBまで豊富な料金プランが特徴な格安SIMです。1GB〜10GBまでは、1GBごとに容量を選ぶことができ、自分の利用状況に合わせたプランを選ぶことができます。

データSIMのプランでは、1GBが最安528円(税込)/月〜利用できます。

余ったデータは翌月に繰り越すこともできます。

最低利用期間の縛りがなく解約金も0円なので、気軽に始めることができるでしょう。全国200店舗以上のイオンで、申し込みやアフターサービスが受けられるため、初めて格安SIMを使う方にもおすすめです。

データSIMの月額基本料金(税込) 1GB:528円
2GB:748円
3GB:858円
(10GBまで1GBごとに+100円)
10GB:1,628円
1ヶ月に利用できるデータ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 最大200kbps
利用回線 au・ドコモ

最大10,000ポイントプレゼント
イオンモバイル
キャンペーン詳細はこちら

出典:https://aeonmobile.jp/

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルの特徴
  • エンタメフリー・オプションが人気
  • 音声通話SIMを利用した場合は1年間の月額基本料金が割引される
  • 端末のセールが定期的に行われている

BIGLOBEモバイルは、対象のサービス利用時にデータ容量を消費しない「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMサービスです。

契約から1年間は特典により月額料金が安くなるため、月々のスマホ料金が節約できることもメリットになるでしょう。

音声通話SIMのみ1年間の月額料金が割引されます。

端末のセールも定期的に実施しているため、スマホの購入を検討している方にもおすすめです。

データSIMの月額基本料金(税込) 990円〜
データSIMで1ヶ月に利用できるデータ容量 3GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
速度制限時の速度 200kbps
利用回線 au・ドコモ

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

データSIMとは?

そもそもSIMカードとは、個人情報や電話番号などが記録されたICカードです。このSIMカードをスマホやタブレッドに差し込むことでインターネット通信や通話ができます。

SIMカードは大きく分けて、データSIMと音声通話SIMの2種類に分かれます。

 データSIMとは、インターネット通信のみが利用できるSIMのことです。

一方、音声通話SIMとはその名のとおり、電話番号が記録されたSIMカードなので、アプリなどを利用せずに電話回線をつかった音声通話が利用できます。

データSIMの特徴を詳しく解説していきます。
データSIMの特徴
  • 月額基本料金が安い
  • 電話番号が発行されない
  • データ通信しか利用できない

月額基本料金が安い

データSIMの特徴

データSIMは他のSIMタイプと比較して、通話機能などの利用できる機能が限られていることから月額基本料金が安い特徴があります

 月々に支払うスマホ料金を最安にしたい方は、データ専用SIMを選ぶのがおすすめです。

また、月額料金が安いデータSIMと気になるオプションを組み合わせて契約しても便利に利用できるでしょう。

データSIMは他のSIMタイプと比較して月額基本料金が安くなっています。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

電話番号が発行されない

データSIMの特徴

データSIMは電話番号を記録していないため、電話回線を利用した音声通話やSMSが利用できません

 しかし、インターネット通信は行えるのでLINEやSkypeといったアプリ内の通話サービスを使えば、音声通話が可能です。

そのため、お店の予約など少しでも通話する機会がある場合は、音声通話SIMを選んだほうが良いでしょう。

後から電話番号を取得することもできないので、SIMタイプは慎重に選ぶことが重要です。

後からSIMタイプを変更する場合は手数料が必要になる場合が多いです。

データ通信しか利用できない

データSIMの特徴

データSIMはデータ通信専用のSIMタイプであることから、音声通話を利用することができません。また、ショートメッセージを送受信できるSMS機能も搭載されていない場合があります。

音声通話とSMS機能を利用するためには、音声通話・SMS機能付きのSIMタイプを選ぶ必要があるでしょう。

SMS機能をオプションとして契約する格安SIMもあります。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

データSIMを選ぶメリット

音声通話SIMとデータSIMのどちらを利用するか迷ったときはメリットから決めるのもおすすめです。そこで、データSIMを利用するメリットを3つ紹介していきます。

1.月額料金が安くなる

データSIMを利用する3つのメリット

音声通話・SMS機能を利用する機会が少ない場合は、データ通信のみを利用できるデータSIMに乗り換えることで月々の通信費を抑えることができます。

他のSIMタイプと比較しても1〜2割ほど月額基本料金が安いため、自分の使い方に合わせてデータSIMを検討してみてください。

データSIMを提供している格安SIMの料金プランは、最安500円代(税込)/月から用意されています。

音声通話・SMS機能を利用しない場合はデータSIMを利用してみてもいいでしょう。

2.メイン端末以外に利用できる

データSIMを利用する3つのメリット

データSIMは、スマホ以外の端末で利用するSIMカードとして契約するのもおすすめです。

タブレットやパソコンなどがSIMカードに対応している場合は、インターネット接続をするための通信回線としてデータSIMを選ぶといいでしょう。

ただし、スマホやタブレットでは利用できる通信回線が限られている端末も多いので、対応している回線も確認することが重要になります。

対応している通信回線の確認を忘れないようにしましょう。

3.モバイルルーターとして利用することができる

データSIMを利用する3つのメリット

データSIMを、モバイルルーターの通信回線として利用することも可能です。

モバイルルーターでは、音声通話やSMSの機能が利用できないことからデータSIMとの相性も良いメリットがあります。

他のSIMタイプと比較して月額料金も安いため、データ容量の多いプランを契約してもいいでしょう。

データSIMはインターネットに接続する通信回線として利用することができます。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

データSIMを選ぶデメリット

データSIMにはデメリットもあります。ここでは事前に知っておきたいデメリットや注意点を3つ紹介します。

1.音声通話ができない

データSIMを利用する3つのデメリット

データSIMは電話番号を発行しないことから、音声通話ができないことはデメリットの1つと言えるでしょう。

 しかし、インターネット回線を利用して通話を行う「LINE」や「Skype」などのサービスやIP電話を利用することで通話を行うことも可能です。

契約しているプランのデータ容量を消費することで通話ができるため、通話料金が必要ないインターネット回線を利用した通話サービスを利用するのも方法の1つです。

インターネット通話アプリはアプリのインストールで利用できます。

2.SMS機能が標準で付いていない

データSIMを利用する3つのデメリット

格安SIMでは、基本的にSMS機能付きのSIMタイプとデータ通信専用のSIMタイプに分けられていることからSMSを利用することはできません

そのため、SMSの利用を検討しているなら、音声通話またはSMS機能付きのSIMタイプを選ぶといいでしょう。

また、オプションとしてSMS機能を付与する格安SIMもあるので、SMSを利用する場合はよく確認することが重要です。

3.緊急通報が利用できない

データSIMを利用する3つのデメリット

非常時に簡単な操作で、警察や消防などに連絡する緊急通報もデータSIMでは利用することができません。

 インターネット回線を利用した「LINE」などの通話サービスやIP電話でも緊急連絡を利用できないため注意が必要でしょう。

緊急連絡が利用する機会は少ないですが、もしものために備えておきたいなら音声通話機能付きのSIMタイプを選ぶのがおすすめです。

緊急通報を利用したい場合は、音声通話機能付きのSIMタイプを選びましょう。

データSIMの利用がおすすめな人

データSIMのメリット・デメリットを紹介しましたが、どんな人にデータSIMは向いているのでしょうか?ここでは、データSIMがおすすめな方の特徴を3つ紹介します。

音声通話を利用しない人

データSIMがおすすめな人の特徴

インターネット回線を利用して通話を行う「LINE」や「Skype」などのサービスやIP電話をメインで利用する場合は、データSIMでも問題なく利用することが可能です。

また、インターネット回線を利用する通話ではビデオ通話が行えることもメリットになるでしょう。

ただし、インターネット回線を利用する通話・ビデオ通話は使用するデータ容量が増えるため、契約するプランのデータ容量は気をつける必要があります。

インターネット通話がメインなら音声通話機能が必要ありません。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

月額料金を安くしたい人

データSIMがおすすめな人の特徴

データSIMの月額基本料金は、音声通話SIMやSMS機能付きSIMと比較しても最安になるので、月額料金を節約したい場合におすすめです。

 複数の回線を音声通話で利用している場合は、データSIMに乗り換えることでスマホ料金を大幅に節約できるでしょう。

音声通話・SMS機能を利用していないのであれば、データSIMへの乗り換えを検討してみてください。

データSIMを選ぶことで月々のスマホ料金を安くすることができます。

インターネットを利用したい端末がある人

データSIMがおすすめな人の特徴

タブレットやSIMを搭載しているパソコンなどインターネットを利用したい端末がある場合は、データSIMを契約してみるのもおすすめです。

 スマホの通信回線を利用する「テザリング」でもインターネットに接続できますが、スマホのバッテリー消費が早くなるなどのデメリットもあります。

データSIMでは月額料金が安いため、接続する手間などを考えるとデータSIMを利用を検討してみてもいいでしょう。

データSIMの容量は利用するサービスや頻度に合わせて選びましょう。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

データSIMに関するよくある質問

データSIMの特徴は?

データSIMは、インターネット通信のみを利用できることが特徴になります。その分、月額料金も抑えられ、通信費を最安レベルにすることができるでしょう。

音声通話やSMS機能は基本的に利用できないため、電話やSMSを利用したい場合は他のSIMタイプを選びましょう。

データSIMを契約する際に注意したいポイントは?

音声通話・SMSが利用できないことです。

SMS機能は、SMS付きのプランやオプションへの加入によって、利用できる場合があるので確認しておきましょう。

データSIMを利用するメリット・デメリットは?

データSIMを利用するメリットは、月額料金を最安にできることやメイン端末以外に利用できることが挙げられます。

対するデメリットは、音声通話やSMS機能などが利用できないことになるでしょう。

データSIMでSMS(ショートメッセージサービス)は利用できる?

データSIMでSMSを利用することは可能です。

オプションへの加入やSMS機能付きのSIMタイプの契約が条件となっている場合があるので注意しましょう。

データSIMで音声通話は利用できる?

データSIMでは、音声通話を利用することができません。

インターネット回線を利用した通話サービスやIP電話を利用することで通話をすることが可能です。

データSIMはどんな場合におすすめ?

データSIMは、メイン端末以外でインターネットを利用する場合におすすめです。

音声通話や月額料金を安くしたい場合でもデータSIMが便利に利用できます。

データSIMで利用できないことは?

データSIMでは、基本的に音声通話とSMS・緊急連絡が利用できません。

インターネット通信のみ利用可能なため、使い方に合わせてSIMタイプを選ぶことが重要なポイントになります。

まとめ

今回は、データ通信やデータSIMについて解説しました。

データSIMでは音声通話やSMS機能を利用できないデメリットもありますが、モバイルルーターやメイン端末以外でも利用可能なSIMタイプになっています。

使い方によっては便利に利用できるため、条件にあっていればデータSIMを検討してみるのもいいでしょう。
データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事