格安SIMに乗り換える手順・やることは?おすすめの乗り換えタイミングも紹介

今や、大手携帯キャリアを追い抜く勢いで成長を続ける「格安SIM」。その安さから契約数は1,600万回線を超えるほどで、高い需要を誇っています。

しかし、格安SIMに乗り換えたいと考えていても、どのように手続きをすれば良いかわからない人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、格安SIMに乗り換える手順について解説します。また、厳選した6社の乗り換えにおすすめの格安SIMについても、詳しく紹介します。

格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
※出典:株式会社ICT総研 2021年 MVNO格安SIMの利用者動向調査(https://ictr.co.jp/report/20210526.html/)

格安SIMに乗り換える手順・やること

格安SIMに乗り換える手順・やること

格安SIMには、基本的に以下の手順で乗り換えることができます。

格安SIMに乗り換える手順
  1. MNP予約番号を発行する
  2. 本人確認書類を用意する
  3. 支払いのためのクレジットカードを用意する
  4. 乗り換え先に申し込みをする
  5. 新しいSIMを受け取って端末にセットして設定する
  6. 動作確認などを行う

スムーズに手続き等を進めるためにも、事前に乗り換えの手順や、やることをチェックしておきましょう。

格安SIMに乗り換えれば、月々の携帯使用料金の節約につながる可能性が高いですよ。

1.MNP予約番号を発行する

格安SIMに乗り換える手順・やること

格安SIMに乗り換える場合は「MNP予約番号」が必要です。

MNPとは「携帯電話番号ポータビリティ」のことで、現在使用中の携帯番号をそのまま使うために必要になります。

MNP予約番号がなければ電話番号が変わってしまうため、新しい番号を知り合いに伝える手間が増えてしまうのです。

MNP予約番号は10桁で、現在契約している携帯会社で手続きをすると発行できますなお、番号の有効期間は最大で15日間です。

2.本人確認書類を用意する

格安SIMに乗り換える手順・やること

格安SIMの契約する際は、その会社ごとに決まった本人確認書類を用意しましょう。

主に必要となる本人確認書類
  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 健康保険被保険者証+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 個人番号(マイナンバー)カード

本人確認書類上には、氏名・住所・生年月日の記載があり、申込内容と一致している必要があります。各社の指示に従い、適切な本人確認書類を用意しておきましょう。

3.支払いのためのクレジットカードを用意する

格安SIMに乗り換える手順・やること

格安SIMの支払い方法は、基本的にクレジットカードのみです。そのため、支払いに使うクレジットカードを用意しておきましょう。

一部、銀行の口座振替に対応している格安SIMもありますが、クレジットカードを持っていないと、契約できる格安SIMの選択肢が狭まります。

1社でも多くから選べるようにするために、カードを用意しておくのがおすすめです。

4.乗り換え先に申し込みをする

格安SIMに乗り換える手順・やること

必要な書類等の準備ができたら、契約したい格安SIMの会社を決めて申し込みをしましょう。

もし乗り換え先の会社で契約をする際は、取得したMNP予約番号を使って申請します。

5.新しいSIMを受け取って端末にセットして設定する

契約が完了すると、格安SIMの会社からSIMカードが届くため端末にセットします。セットしたら、初期設定であるAPN設定をしましょう。

設定方法は、設定画面からモバイルネットワーク設定し、APNの情報を入力するだけです。
なおSIMカードが届くまでの期間は、会社によって異なります。

6.動作確認などを行う

格安SIMに乗り換える手順・やること

設定が完了したら、

  • 電波が繋がっているか
  • 電話はできるか
  • アプリは起動できるか

などの動作確認をします。

もしこの段階で何か異常があれば、格安SIMの会社に連絡をしましょう。

SIMロック解除が必要な場合があるので注意しよう

大手携帯キャリア3社が提供している端末は、自社回線しか使えません。自社の回線しか使えないように、SIMロックがかかっているのです。

 他社の回線を使っている格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックの解除が必要です。

乗り換えにおすすめの格安SIM8選

ここからは、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたい方におすすめな格安SIMを8つご紹介します。

8社を一目で比較できるように、月額料金から通信容量などを表にまとめてみました。
LINEMO
楽天モバイル
mineo
UQモバイル
Y!mobile
IIJmio
y.u mobile
BIGLOBE
モバイル
LINEMOロゴ
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
uqモバイルロゴ
Y!mobileロゴ
IIJmioロゴ
y.u mobile_ロゴ
BIGLOBEモバイルロゴ
月額料金
今なら実質0円〜
0円〜
880円(税込)〜
990円(税込)〜
990円(税込)〜
440円(税込)〜
1,070円(税込)〜
550円(税込)〜
月間データ容量
3GB〜
1GB〜
1GB〜
3GB〜
3GB〜
2GB〜
5GB〜
1GB〜
最大通信速度
非公開
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
下り150Mbps
※端末によっては225Mbps
下り428~838Mbps
※全国主要都市の一部エリア
下り1,288Mbps
下り100Mbps
下り約1,288Mbps
※タイプDの場合
使用回線
ソフトバンク
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
au
ソフトバンク
ドコモ、au
ドコモ
ドコモ、au
キャンペーン
他社からの乗り換えで10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
最新iPhone購入で最大30,000円相当還元!6/1〜楽天市場の買い物がポイント最大6倍
mineo×当サイト
事務手数料が無料
キャンペーン中
SIMのみ購入&対象オプション加入で最大12,000円相当還元
親子割の受付は5/31まで!
15GBが月990円(税込)〜
当サイトからの
申し込み限定!

初期費用がさらに割引+1年間1GB増量
月額基本料が初月無料+1,200ポイント進呈
対象端末(iPhoneSEなど)購入で最大20,000円相当
キャッシュバック

LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 3GBプランが990円(税込)
    今なら最大半年間実質無料
  • LINEトーク・通話ならデータ量の消費なし!「LINEギガフリー」
  • ソフトバンク回線だから通信が安定している
  • 他社からの乗り換えで最大10,000円相当プレゼント

LINEMOは、ソフトバンクが提供するオンライン専用の格安SIMサービスです。

サービス開始当初は20GBのワンプランのみでしたが、2020年7月に3GBの「ミニプラン」が登場し、現在は2つのプランから選べます。

 LINEMOの特徴は、LINEアプリのトーク・音声通話・テレビ電話の利用でデータ容量を消費しない「LINEギガフリー」です。

LINE通話を利用すれば、通話料は無料であるとともにデータ容量を消費しません。

データ容量を超えてしまっても、速度制限なくLINEを利用できるのは嬉しいですね。

LINE以外の電話を利用したい方は、

  • 1回5分以内の通話が無料になる「通話準定額(税込550円/月)」
  • 国内通話が無料になる「通話定額(税込1,650円/月)」

のオプションを追加で申し込むこともできます。しかも今なら、国内通話定額オプションが契約から1年間無料キャンペーン中です。

そのほかLINEMOでは、他社からの乗り換えで10,000円相当のPayPayポイントプレゼントや、「LINE MUSIC」が6か月間無料になるキャンペーンを常時開催しています。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

月額料金
(税込)

  • ミニプラン:990円
  • スマホプラン:2,728円

使用回線

ソフトバンク
通信容量
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB
速度制限
  • ミニプラン:最大300kbps
  • スマホプラン:最大1Mbps

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
出典:https://www.linemo.jp/

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 1GBまで0円+プラン料金3ヶ月無料
  • 20GB以降どれだけ使っても月3,278円(税込)
  • アプリ利用で国内通話かけ放題
  • 取り扱うiPhoneは全てSIMフリー
  • 乗り換えで最大25,000円相当分ポイント還元

楽天モバイルは、楽天グループが提供する格安スマホ・SIMです。

一般的な格安スマホ・SIM(MVNO)とは異なり、楽天独自の通信回線をもっています。

格安スマホのデメリットとして挙げられる「通信速度」に関しては、楽天モバイルでは2020年9月30日から5Gサービスを開始したことで、将来的に問題はなくなると考えられます。

5G対応の端末もいくつか扱っているため、安い料金で高速通信を可能にしている点は大きな特徴と言えるでしょう。

料金プランもわかりやすく、これからに期待できる格安スマホの一つです。

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

 

月額料金
(税込)

  • 1GB:0円
  • 3GB:1,078円
  • 20GB:2,178円
  • データ無制限:3,278円

使用回線

  • 楽天回線
  • ドコモ回線
  • au回線
通信容量 1GB〜無制限
速度制限
  • 楽天回線エリア:データ無制限
  • パートナー回線エリア(国内):最大1Mbps
  • パートナー回線エリア(海外):最大128kbps
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

mineo

mineo

mineoは、大手3キャリアの回線に対応する珍しい格安SIMです。そのため、現在使っているキャリアの回線を利用することで、MNP転出をする必要がなくなります。

mineoの特徴
  • オプション「パケット放題」で無制限データ通信
  • 解約違約金が一切かからない
  • 他のユーザーとパケットをシェアできる「フリータンク」

面倒な作業なく、現在使っているスマホでそのまま乗り換え可能です。

また、データ容量が不足しそうと困ったときは、他のmineoユーザーと容量をシェアできるサービスが提供されています。

月額料金(税込)
  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円
使用回線
  • au
  • ドコモ
  • ソフトバンク
通信容量 1GB~20GB
速度制限 最大200Kbps
mineo×モバライフ特別キャンペーン

当サイトからmineoに新規申し込みをすると、契約事務手数料が無料に。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年2月1日〜2022年5月31日
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン。指定のリンクからの申込のみ特典が適用されます。
出典:https://mineo.jp/

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルは、継続年数に関係なく月額料金は一定であり、契約年数の縛りもないため使いやすい格安SIMです。

UQモバイルの特徴
  • お客様満足度調査で3冠獲得
  • au回線で通信速度が比較的早い
  • auで購入した端末はSIMロック解除不要で使える

UQモバイルは、以下の3つの顧客満足度調査で1位を獲得しています。

  • 格安SIM満足度ランキング2019 No.1
  • J.D.パワー格安スマートフォンサービス 顧客満足度2年連続 No.1
  • MMD研究所 2019年3月 格安SIMサービスの満足度調査 No.1

また、仮にデータを使い切った場合でも、くりこしプランM・Lであれば最大1Mbpsなので、使いやすさがあります。

なお、節約モードを利用すると最大1Mbpsの速度になりますが、SNSをどれだけ使ってもデータを消費しません。

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元

 

月額料金(税込)
  • くりこしプランS:1,628円
  • くりこしプランM:2,728円
  • くりこしプランL:3,828円
  • データ高速プラン:1,078円
  • データ無制限プラン:2,178円
使用回線 au
通信容量
  • くりこしプランS:3GB
  • くりこしプランM:15GB
  • くりこしプランL:25GB
  • データ高速プラン:3GB
  • データ無制限プラン:無制限
速度制限
  • くりこしプランS:最大300Kbps
  • くりこしプランM:最大1Mbps
  • くりこしプランL:最大1Mbps
  • データ高速プラン:最大200Kbps
  • データ無制限プラン:なし

出典:https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileは、テレビCMで頻繁に放送されており、業界でも比較的大きなシェアを占める格安SIM。

ソフトバンクの回線を利用できるため、通信が比較的安定している点が特徴です。

Y!mobileの特徴
  • Y!mobileショップの店舗でサポートを受けられる
  • 「家族割引」で2回線目以降は毎月1,188円(税込)割引
  • シンプルな「S」「M」「L」プランを用意

プランが3つに分けられており、シンプルな形態でわかりやすいため、ライフスタイルに適したものを選択しやすいでしょう。また、格安SIMのなかでも店舗でのサポートが手厚い点も特徴です。

シンプルM・Lプランであれば、速度制限がかかっても最大1Mbpsと比較的速いため安定して使えます。
親子割の受付終了まであと6日!
Y!mobile
15GBが月990円から
月額料金(税込)
  • シンプルSプラン:990円
  • シンプルMプラン:2,090円
  • シンプルLプラン:2,970円
使用回線 ソフトバンク
通信容量
  • シンプルSプラン:3GB
  • シンプルMプラン:15GB
  • シンプルLプラン:25GB
速度制限
  • シンプルSプラン:最大300Kbps
  • シンプルMプラン:最大1Mbps
  • シンプルLプラン:最大1Mbps

出典:https://www.ymobile.jp/plan/

親子割の受付終了まであと6日!
Y!mobile
15GBが月990円から

IIJmio

IIJmio

IIJmioは、老舗格安SIMブランドとして実績をもつのが特徴。

かなりプランが細かく分かれているため、必要な機能とデータ容量を組み合わせて利用できる点が特徴です。

IIJmioの特徴
  • 20GBプランが1,650円(税込)~と安い
  • 通話アプリ「みおふぉんダイアル」での電話で通話料金50%オフ
  • 名義変更なく家族ごとMNP転入手続きができる

余ったデータ容量は翌月に繰り越せるため無駄がなく、MNP転出料や契約解除料は発生しない点も利用しやすい理由です。

また、他社からの乗り換え時に契約名義が異なる場合でも、名義変更の手続きなく、一括でMNP転入手続きが可能です。
5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら
月額料金(税込)
  • 2ギガプラン:440円~858円
  • 4ギガプラン:660円~1,078円
  • 8ギガプラン:1,100円~1,518円
  • 15ギガプラン:1,430円~1,848円
  • 20ギガプラン:1,650円~2,068円
使用回線 au・ドコモ
通信容量 2GB~20GB
速度制限 最大200Kbps

出典:https://www.iijmio.jp/

5/31まで!初期費用がさらに割引
IIJmio×当サイト
限定キャンペーンはこちら

y.u mobile

y.u mobile

とにかくシンプルなのが魅力のy.u mobile。プランは3種類だけのラインナップなので、選びやすいでしょう。

y.u mobileの特徴
  • U-NEXTの月額料金を含めたプランや、2人で使えるシェアプランあり
  • チャージ後に有効期限がない「永久不滅ギガ」
  • 年間最大30,000円(非課税)の「スマホ修理費用保険」
5GBがたったの月1,070円!
y.u mobile
公式サイト

仮に容量が足りなくなった場合は、1GB330円(税込)で追加購入できるため便利です。

10GBまとめてチャージの場合は1,200円(税込)とお得になります。

また、データ容量が余った場合は繰り越しが可能で、残容量100GBまでは有効期限がないため、余ったデータを有効活用できます。

月額料金(税込)
  • シングル:1,070円
  • シングル U-NEXT:2,970円
  • シェア U-NEXT:4,170円
使用回線 ドコモ
通信容量
  • シングルプラン:5GB
  • シングル U-NEXT:最大20GB
  • シェア U-NEXT:最大30GB
速度制限 最大128Kbps

出典:https://www.yumobile.jp/

5GBがたったの月1,070円!
y.u mobile
公式サイト

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、auとドコモの回線を使用しており、マルチキャリアに対応している点が特徴です。

余ったデータは翌月に繰り越せるため、無駄なくデータ容量を使えます。

BIGLOBEモバイルの特徴
  • YouTubeなど見放題!エンタメフリー・オプション
  • 「シェアSIM」で複数枚のSIMカードをまとめられる
  • 全国で利用できる「BIGLOBE Wi-Fi」
    ※月額275円(税込)

エンタメフリーオプションがあり、YouTubeやAbemaTV・U-NEXTなどの動画配信サービスを利用する際に、データが消費されません。

また、2つの回線を利用していることから、比較的通信速度や通話の品質が安定しています。

取り扱っている端末の種類が豊富なため、新しい端末を購入する場合は選びやすいでしょう。
月額料金(税込)
  • 1ギガプラン:1年間770円(以後、1,078円)
  • 3ギガプラン:1年間770円(以後、1,320円)
  • 6ギガプラン:1年間1,320円(以後、1,870円)
  • 12ギガプラン:1年間3,190円(以後、3,740円)
  • 20ギガプラン:1年間5,170円(以後、5,720円)
  • 30ギガプラン:1年間7,645円(以後、8,195円)
使用回線 au・ドコモ
通信容量 1GB~30GB
速度制限 最大200Kbps

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

乗り換える格安SIMの選び方

魅力的な料金形態や特徴を持つ格安SIMは、数多くあります。では格安SIMに乗り換えたい場合、料金以外にどういった点に注目すれば良いのでしょうか?

よりお得に格安SIMを使い続けるには、自分にとって適切なキャリアを選ぶことが重要です。

ここからは、格安SIMに乗り換える際の選び方について見ていきましょう。

データ量に合ったプランを選ぶ

乗り換える格安SIMの選び方

データ容量のプランはそれぞれ異なるため、自分に合っているかが重要です。適切なプランを選ぶためにも、まずは現在のデータ容量の消費具合を確認しましょう。

平均的なデータ容量のプランで安いものがあれば、よりスマホ料金を下げられます。

また容量を若干超過してしまうと想定される場合は、余ったデータ容量を、

  • 翌月に繰り越しできるか
  • 家族間や会員間でシェアできるか

などをチェックしておきましょう。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

通信回線のタイプを決める

乗り換える格安SIMの選び方

回線は大手3キャリアのものを借りているため、居住・行動範囲エリアに強いものを選ぶことが重要です。

 面倒な作業を省きたい方は、現在使っている通信回線と同じ回線を使っている格安SIMを契約することで、SIMロック解除の必要がありません。

キャンペーンの有無も要チェック

格安SIM業界での競争が激しいため、期間限定のキャンペーンを実施していることがあります。

キャッシュバックキャンペーンが適用されると、お得に乗り換えできる可能性があるのでチェックしておきましょう。

自分に合っているプランを提供する会社をいくつか厳選し、最後の判断材料としてキャンペーンを比較してみるのがおすすめです。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安SIMに乗り換える3つのメリット

毎月の携帯料金を安く抑えられる

格安SIMに乗り換えるメリット

大手キャリアと同じ通話・データ容量のプランでも、低価格で利用できる点が格安SIMの特徴であり、メリットです。

格安SIMに乗り換えることで月数千円ほど節約できる場合があり、これを年間に置き換えると10,000円以上変わってきます。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

 

オプションがわかりやすい

大手キャリアが提供するプランにも、オプションをつけることは可能です。しかし、どうしても複雑で内容がわかりにくいと感じている方も多いでしょう。

 場合によっては、利用する頻度の少ないオプションに加入してしまい、料金を無駄に支払ってしまう可能性もあります。

一方、格安SIMの場合、対面でオプションの加入を勧められることがなく、Webサイトの画面上で確認できるため、わかりやすいのが魅力です。

もしオプションがいらないと判断した際も、ネット上の手続きだけで簡単に外すこともできます。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

少データ容量プランが豊富

格安SIMに乗り換えるメリット

料金形態がシンプルなプランを提供している会社が多いため、大手キャリアよりも比較がしやすく選びやすいのがメリットです。

 データの容量ごとに細かくプランが分かれているうえ、内容もわかりやすいです。

結果的に、自分のライフスタイルに合うものを選びやすいのは、格安SIMのメリットだと言えるでしょう。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安SIMに乗り換える際の注意点3つ

違約金を負担しなければいけない場合がある

格安SIMの注意点やタイミング|乗り換えると違約金がかかる?

大手キャリアを解約する場合、契約の縛りがあると違約金(契約解除料)が発生します。

近年、徐々に契約の縛りは緩和されているものの、対象となれば9,500円の支払いが命ぜられる場合があるため、乗り換えのタイミングには注意が必要です。

 規制緩和の対象の場合、違約金は1,000円で済みます。ドコモは2019年10月1日以降、ソフトバンクは2019年9月13日以降に契約した方は、緩和対象です。

ちなみに大手キャリアには、解約しても違約金(契約解除料)が発生しない「契約更新月」があります。

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えを考えている方にとっては、その月が乗り換えにベストなタイミングと言えるでしょう。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

携帯を使えない期間が発生する場合がある

格安SIMで電話番号を変えずに乗り換えをする場合、MNP転出が必要になります。

MNP予約番号は、乗り換える格安SIMと契約するときに手続きする必要があるものです。

しかし、MNP転出の手続きを行うとその時点で回線が切り替わってしまうため、自宅にSIMカードが届くまでは新たな端末は使えません。

SIMのサイズを確認しておく

格安SIMに乗り換えると違約金がかかる?注意点やタイミング

SIMカードのサイズはいくつか種類があるため、乗り換える際はセットする端末のSIMカードサイズを確認しておきましょう。

今使われている端末の場合、ほとんどはmicroSIM・nanoSIMに対応していますが、念のため確認しておくことをおすすめします。

iPhoneで使える格安SIMは「iPhoneにおすすめの格安SIM6選」で紹介しています。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安SIMに関するよくある質問

格安SIMはなぜ安い?

大手キャリアから回線を借りており、自社でネットワークの設備を持っていないため、メンテンナンスなどを行う必要がありません。回線提供に必要なコストを省くことができるため、格安での提供を実現しています。

格安SIMのネット回線は安全?

提供しているネットの回線自体は、大手キャリアのものです。独自の回線ではないことから、回線自体のセキュリティレベルは大手のものと大きく変わらないため、安心して使用できます。

格安SIMに乗り換えるデメリットはある?
今まで使っていたキャリアメールが使えなくなる場合があることや、キャリア独自のサービスは使えなくなる点はデメリットとして挙げられます。また、店舗が少ない場合は、足を運び相談がしにくい点もデメリットと言えるでしょう。
格安SIMが使えないことはある?
格安SIMに対応していない端末があります。例えば、2015年4月以前の端末は、SIMロックができない仕様になっているため注意が必要です。
格安SIMの通信速度は速い?

一般的に大手キャリアの通信回線よりも安く利用できますが、その分、通信速度は遅くなる傾向にあります。普段の利用ではネット利用に影響はない程度ですが、回線が混雑する時間帯は速度に影響を与える可能性は否めません。

格安SIMの契約はどうすれば良い?
基本的にWeb上での申し込みになります。大手キャリアと比較すると店舗数が少なく、サービスエリアが狭いためオンラインを推奨しているためです。
ネットや電話の空白期間ができないようにするにはどうすれば良い?
現在では空白期間ができないよう、即日MNPに対応しているものが増加傾向にあります。すべての格安SIMが即日MNPに対応しているわけではないので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、格安SIMに乗り換える手順ややること、乗り換えにおすすめの格安SIMなどを紹介・解説しました。

MNP予約番号を発行や新しいSIMを受け取ってからの設定方法など、事前に手順を把握することでスムーズに利用開始まで運べます。

また、数ある格安SIMから適切なものを選ぶ場合は、データ量に合ったプランがあるもの、使用している通信回線、キャンペーンの有無などをチェックしましょう。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事