iPhoneの乗り換え(MNP)キャンペーン6選!お得で安いのはどれ?【2024年4月】
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

格安SIMやキャリアから新しいiPhone乗り換えるとき、どこがお得で一番安いのか気になる人は多いと思います。

30秒でわかる!この記事のまとめ

実施中の
iPhoneキャンペーン
楽天モバイル

乗り換え+
対象iPhone購入で

最大32,000相当お得
→一括払いもしくは24回払いで
 最大20,000円値引き
 +12,000ポイント還元

au対象プラン
+対象サポート加入で

最大22,000円割引
docomo対象iPhoneが
最大44,000円割引
Softbank対象iPhoneが
最大21,984円割引

楽天モバイルならiPhone15が
  実質53,880円(税込)〜で買える
UQモバイルワイモバイルは端末代割引
iPhoneへの乗り換え
  MNP番号の取得不要で簡単!
乗り換え前に契約先のサイトで
  動作確認or取り扱い端末を確認

iPhoneの乗り換えなら
楽天モバイルがおすすめ
 
楽天モバイル
  • iPhone本体価格が
    キャリア内最安
  • 対象iPhone購入で
    最大32
    ,000円相当がお得
    ※20,000円割引+12,000ポイント還元
  • iPhone15端末代+プラン料金が
    最安月3,823円(税込)〜

この記事では、格安SIMとキャリア別でiPhoneの乗り換え時に利用できる各社のキャンペーンを解説します。

iPhoneに安く乗り換えたい方は参考にしてみてください。また、乗り換えで検討している最新iPhone15を簡単に知りたい人はここをタップ。

今なら対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元キャンペーンも!詳しくはこちらでチェックしましょう。

最新iPhone15シリーズについて詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳細に説明しています。
運営者情報
大木恵理子
執筆者
大木 恵理子
ツイッター ロゴTwitter
News picksNews Picks
モバライフでは主に格安SIM・格安スマホジャンルを執筆。複数の通信系メディアの立ち上げ、運営に携わっており、現在はモバライフをメインで執筆。「機会や通信が苦手」な人にもわかりやすい情報を届け、快適な通信環の提案に努めています。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

iPhoneを乗り換えて一括0円・1円で買う方法は?

iPhoneへの乗り換え(MNP)キャンペーンにてiPhoneを、一括0円や1円で購入できたらとてもお得ですよね。

安いiPhoneでも6万円程度はするため、乗り換えのタイミングで格安でiPhoneを手に入れたい方は多いのではないでしょうか。

ただ残念ながら、現在iPhoneを一括0円・1円で購入する方法はありません。詳しく確認してみましょう。

iPhoneを1円でもお得に購入したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhoneを一括0円・1円で買う方法はない

現在、残念ながらiPhoneを一括0円・1円で購入することはできません

その理由は、2023年12月に「電気通信事業法施行規則等」が一部改正されたことにあります。

 この改正を通して、最大割引上限が最大40,000円と定められました。

一括0円販売は総務省の定めによって禁止に。1円も支払うことなく端末を手に入れることはできなくなりました。また、一括1円スマホは高額且つ人気なiPhoneで実施されることはまずないでしょう。

Androidであれば1円スマホをまだ市場で見かけることはありますが、この先なくなる見通しです。

 ただし、過去にはキャンペーンを適用すれば実質1円・一括1円でiPhoneを購入できたことがありました。

現在は終了していますが、1円iPhoneが販売されていたキャリアを下記にまとめました。

ワイモバイルiPhone 8  (認定中古品)
iPhone SE (認定中古品)
楽天モバイル
iPhone SE (第三世代)
iPhone 13

ワイモバイルや楽天モバイルは過去に1円でiPhoneを販売していたことがあるため、他キャリアと比較して、今後一括1円で購入できる可能性が高いといえるかもしれません。

キャンペーンなどのタイミングによっては、iPhoneをより安く買うことができるといえるでしょう。気になる方は、「iPhoneを安く買う方法」について解説した記事もチェックしてみてくださいね。

上記キャリアのキャンペーン情報をこまめにチェックするのもおすすめですよ!
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

iPhone一括1円キャンペーンをリアルタイムで知る方法

2024年4月時点において、iPhoneを一括1円で購入することのできるキャンペーンはありませんが、今後一切実施されないともいえません。

そこで、iPhoneの一括1円キャンペーンが実施されていることをリアルタイムで知る方法をご紹介したいと思います。

X(旧Twitter)の各キャリア・格安SIM公式アカウントをチェック

X(旧Twitter)にはキャリアや多くの格安SIMの公式アカウントがあります。

 公式アカウントではキャンペーンをはじめ、新プランや新たに取り扱いが始まる端末の情報など、新情報を随時発信。使っているキャリアや気になる乗り換え先の情報を逐一知ることができます。

複数のキャリアや格安SIMの情報を短時間で確認できるため、最もおすすめの方法でしょう。気になるキャリア・格安SIMはフォローしておけばタイムラインで最新情報が流れてくるのでさらに便利ですよ。

X(旧Twitter)公式アカウントがある主なキャリア・格安SIM
au
ドコモ
ソフトバンク
楽天モバイル
LINEMO
Y!mobile
mineo
ahamo
LIBMO
UQモバイル
iijmio
NUROモバイル

また、家電量販店や通販サイトでも端末セールが行われることがあるため、それらの公式アカウントも併せてチェックすると漏れがないでしょう。

各キャリア・格安SIMの公式サイトをチェック

もう一つの手段として各キャリア・格安SIMの公式サイトから最新キャンペーンをチェックするのもおすすめです。

 X(旧Twitter)のように要所のみ記載されているわけではないため、サクッと把握するには適さないかもしれませんが、条件や購入方法など細かい詳細まで知ることができます。

X(旧Twitter)で概要だけ押さえておいて、気になるキャンペーンがあれば公式サイトで詳細を確認する流れがスマートかもしれませんね。

どちらにせよ、公式以外の情報は古い情報が混じっていることもあるため、キャンペーンなど鮮度があるものは必ず公式から確認しましょう。

キャリア・格安SIMの期間限定キャンペーンは1ヶ月間隔で変わることが多いです。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

【どこがお得で安い?】iPhoneへの乗り換え(MNP)キャンペーン|キャリア別

iPhoneへ乗り換える際には、キャンペーンの利用がおすすめです。

楽天モバイル・ドコモ・ソフトバンク・auなどでは、iPhoneに乗り換える時に利用できるキャンペーンを実施中。各社の主なキャンペーンは次の3種類に分けられます。

    • 機種代割引:スマホ端末の割引
    • 購入サポートプログラム
    • 下取りキャンペーン

それぞれキャンペーンの内容や割引額は、下の一覧表で比較してみてください。

スクロールできます>>

iPhone
乗り換え
楽天モバイルドコモソフトバンクau
楽天モバイルドコモロゴソフトバンクau
機種代割引iPhoneトク得
乗り換え
5G WELCOME割オンライン限定
web割
au Online Shopお得割
内容最大32,000円相当還元最大44,000円割引最大21,984円割引
最大22,000円割引
※2024年4月22日時点の情報です。
主な条件対象商品購入&対象商品下取り&新規申し込み&プログラム加入利用者が22歳以下 or
5Gギガホ プレミアを契約
対象機種を購入
&「メリハリ無制限」加入
対象機種購入
期間終了未定終了未定終了未定終了未定
購入サポート
プログラム
iPhoneアップグレードプログラムいつでもカエドキ
プログラム
新トクするサポートスマホトクする
プログラム
内容楽天カード48回払いで購入
25ヶ月目に製品を返却
→残り24回分の
残高支払い不要
残価設定型24回払いで支払い
23ヶ月前に対象機種を返却
→最終回分の
残高支払い不要
48回払いで購入
25ヶ月目に端末を返却
→最大24回分の
残高支払い不要
残価設定型24回払いで支払い
25ヶ月前に対象機種を返却
→最終回分の
残高支払い不要
申し込み後の
iPhone 15 128GB
支払い総額
53,880円〜75,570円12円〜54,820円〜
期間終了未定終了未定終了未定終了未定
下取り
キャンペーン
スマホ下取りサービス下取りプログラム下取りプログラム下取りプログラム
下取り
最高価格
86,400円相当130,000円相当
58,800円相当70,400円相当
対象デバイススマホ
タブレット
Apple Watch
スマホスマホ
ケータイ
タブレットなど
スマホ
タブレット
期間終了未定終了未定終了未定終了未定
公式サイト

※2024年3月8日時点の情報です。

楽天モバイル

ドコモ

ソフトバンク

au

※ 最大下取り金額は2023年4月3日時点の金額です。

※2 2023年4月30日まで

※料金は全て税込です。

 キャンペーンには、利用するための条件や実施期間が決められている場合があります。条件を満たさなかった場合は、キャンペーンの特典内容を適用できないため注意しましょう。

またキャンペーンとは別に、端末のセールを定期的に実施している通信サービスもあります。

セールとキャンペーンを併用することでお得に契約・端末を購入することができるので、購入前に確認することをおすすめします。

ここからは、今開催しているお得なキャンペーンやセール情報をご紹介していきます。

楽天モバイルのiPhone乗り換えキャンペーンがお得

楽天モバイル 乗り換えキャンペーン

楽天モバイルではiPhoneへの乗り換え(MNP)で利用できるキャンペーンを豊富に実施しています。

ドコモ・au・ソフトバンクと比較して、iPhone15 Pro・Pro Maxの実質負担額は楽天モバイルが最安です。

iPhone 値段

 また、楽天モバイルでは2023年6月1日から無制限エリアの拡大につき、新プランとなる「最強プラン」の提供が始まりました。

今までパートナー回線であったau回線に縛りがなくなり、楽天回線エリアとau回線が無制限エリアになります。

データ通信ヘビーユーザーの方にはより便利になるプランですね。
楽天モバイル|iPhone乗り換え(MNP)キャンペーン

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイル

楽天モバイルで実施されている「iPhoneトク得乗り換え」は、楽天モバイルの乗り換えで最大32,000円相当の楽天ポイントが還元されるキャンペーンです。

対象の端末を利用することが適用条件ですが、最新のiPhone 15シリーズも含まれているので安心してください。

 キャンペーンを適用するためには、申し込みの翌月末までに専用通話アプリ「Rakuten Link」で10秒以上の通話と楽天回線の開通手続きも必要となるので注意しましょう。

楽天ポイントが付与される時期は、プラン開始・通話が確認された翌々月末日頃になります。

キャンペーンの適用条件は、以下の4つです。

適用条件
  1. 対象製品の購入と楽天モバイルに初めて(1回線目)の申し込みをする
  2. 「Rakuten最強プラン」の利用+Rakuten Linkアプリで10秒以上通話※お申し込みの翌月末日の23:59まで
  3. 対象のiPhoneをスマホ下取りサービスに申し込み、送付する
  4. 「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を適用する

還元されるポイントは購入した機種とお申込み種別によって異なるため、しっかり確認しておきましょう。

還元されるポイント対象機種
最大33,000円相当
  • iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Plus
  • iPhone 15
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14
  • iPhone 13

キャンペーンは2023年2月15日(水)から開始しており、終了日未定です。 他社からの乗り換えを検討されている方は、ぜひこの機会に楽天モバイルを利用してみてはいかがでしょうか。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

楽天モバイルのiPhoneアップグレードプログラムの特徴は、iPhoneの端末購入額が半額近い金額で購入できることです。

楽天モバイルiPhoneアップデートプログラムの適用方法
  • 対象のiPhoneを48回払いで購入
    (月々の支払いは楽天カードでの支払いにのみ対応)
  • 24回分の支払いが完了したら25ヶ月目以降に使用したiPhoneを返却
  • 新しいiPhoneに機種変更する

48回の分割払いとなるため月々の負担額が少ないのもメリットと言えます。もし、24ヶ月後にiPhoneを返却せずに使用し続ける場合は月々の分割金額を支払えばOK。

楽天モバイル アップグレードプログラム

48回の支払いが完了した場合は、自動でプログラムが解約となりiPhoneの返却は不要です。

 楽天モバイルで取り扱いのあるiPhoneは全てアップグレードプログラムの対象です。

なお、同プログラムは楽天モバイルの回線契約がなくても適用可能。iPhoneを安く買いたい人におすすめです。

「iPhoneトク得キャンペーン」と併用できるのも嬉しいポイントです。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

docomoのiPhone乗り換えで使えるキャンペーン

続いてはdocomoのiPhone乗り換えキャンペーンを3つ紹介します。

最大44,000円端末割引になるキャンペーンやプログラムを利用してiPhoneをお得にGETできます。

docomoのiPhone乗り換えで使えるキャンペーン

5G WELCOME割

5GWELCOME

5G WELCOME割は5Gに対応している機種を購入することで端末割引になるキャンペーンです。乗り換え以外にも機種変更・新規契約で適用ができます。

 iPhone 15(128GB)に限り、乗り換えで44,000円割引になるので最新機種を狙っている人には嬉しい内容ですね。

iPhone 15シリーズは他にもiPhone 15(256GB、512GB)とiPhone 15 Plus(全量)が対象となります。割引額は乗り換えの場合、22,000円割引です。

適用条件
  1. 他社3G回線の指定プランから5Gへの乗り換えもしくは他社4G・5G回線から5Gへの乗り換え
  2. 対象5G端末の購入
    ※機種によって条件あり
割引額対象機種
44,000円iPhone 15(128GB)
22,000円
  • iPhone 15(256GB、512GB)
  • iPhone 15 Plus(128GB、256GB、512GB)※1
  • iPhone 14(128GB、256GB、512GB)
  • iPhone 14 Plus(128GB、256GB、512GB)※1※2
  • iPhone SE(第3世代)(64GB、128GB、256GB)
  • iPhone 13 Pro Max
    (128GB、256GB、512GB、1TB)※1
  • iPhone 13 Pro
    (128GB、256GB、512GB、1TB)※1
  • iPhone 13(128GB、256GB、512GB)※1
  • iPhone 13 mini(128GB、256GB、512GB)※1

5G WELCOME 割

※1:機種利用者が購入時に22歳以下(年齢確認が必要)の人またはeximoを契約(予約申込みは除く)の人が対象

※2:128GB/256GBはドコモオンラインショップで購入の場合、条件が異なります

iPhone14が割引価格で購入できる!
ドコモの
公式サイトへ

いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラム

いつでもカエドキプログラムは残価設定型24回払いで対象端末を購入後、23ヶ月目までに端末を返却することで24ヶ月目の支払い(残価)が不要になるプログラムです。

 早く返却すると分割支払額が割引になる早割も適用。24ヶ月目までの支払いに毎月割引が適用されます。

さらに「いつでもカエドキプログラム+」が使える端末であれば、早期返却で返却した翌月から23回目までの分割支払金および24回目に設定された残価に支払いが不要に。半額程度で端末が購入できますよ。※1

いつでもカエドキプログラム

※1:プログラム早期利用料がかかります

iPhone14が割引価格で購入できる!
ドコモの
公式サイトへ

下取りプログラム

ドコモ 下取りプログラム

docomoの下取りプログラムは、機種購入時に手持ちのスマートフォンを下取りに出すことで端末代が割引になるプログラムです。

 2024年3月現在、最大113,000円(税込)割引に。画面割れや機能不良品も受け付けてもらえます。

回収前にはデータの初期化やネットワーク制限の解除を忘れないようにしましょう。

iPhone14が割引価格で購入できる!
ドコモの
公式サイトへ

iPhoneへの乗り換え(MNP)キャンペーン|格安SIM

続いて格安SIMで、iPhoneに乗り換える時に利用できるキャンペーンを解説していきます。

格安SIMで実施しているiPhoneキャンペーン
UQモバイル

オンラインショップ購入で
最大22,000円割引
※2024年3月8日時点の情報です。

ワイモバイル

オンラインショップ割でのりかえると
最大21,984円割引

UQモバイル|オンラインショップ購入で22,000円割引

UQモバイル キャンペーン

UQモバイルで購入できるiPhoneは2024年3月時点で、iPhone SE(第3世代)とiPhone13のみです。

iPhone購入時に適用できるキャンペーンは下記の通り。

-UQオンラインショップ
おトク割
UQ mobile オンラインショップスペシャルセール
割引金額
(税込)
最大22,000円割引最大22,000円割引
対象機種
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)
  • au Certified
  • iPhone 13
    ※2024/3/31まで
適用条件
  • オンラインショップで対象機種購入
  • トクトクプラン/コミコミプラン+増量オプションII加入
  • オンラインショップにて対象機種を購入
  • 対象の賞金プランおよび故障紛失サポートに加入
  • 直近の購入機種を2ヶ月以上利用

※2024年3月8日時点の情報です。

適用条件にある「データ増量オプションⅡ」とは、月間で使えるデータ容量を増やせるオプションです。

例えば、トクトクプラン(15GB/月)にデータ増量オプションⅡを利用すると、データ容量が+5GB増え、月間20GBまで使えます。

 同オプションは月額550円(税込)ですが、7ヶ月間はキャンペーンが適用され無料です。

割引キャンペーンを適用させるためには申し込み時に同オプションへの加入が必要ですが、不要であれば無料期間に解約すればオプション料金は発生しません

au PAY残高をもらってお得にiPhoneを使いたい人は、「データ増量オプションⅡ」に加入してキャンペーンを利用するのがおすすめです。

au Certifiedとは認定リユース品(中古品)のiPhoneです。
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

ワイモバイル|オンラインストア購入で21,600円割引

ワイモバイル キャンペーン

ワイモバイルではiPhone SE(第3世代)とiPhone 12、2種類のiPhoneを販売中です。最新のiPhone 14シリーズは販売していません。

ワイモバイルでiPhoneをお得に購入するには、オンラインストアからの購入がおすすめ

 他社乗り換えで、シンプルプランM/Lを申し込み、上記のiPhoneを購入すると21,600円端末代が割引されます。

シンプルプランSを申し込んだ場合は、18,000円端末代が割引されます。

他にも、ワイモバイルではソフトバンク認定中古品も販売しており、iPhoneを安く購入できます。

ワイモバイルで実施しているキャンペーンが気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

iPhone乗り換えキャンペーンを適用後の端末価格を比較

本記事で紹介したiPhone乗り換えキャンペーンの適用後価格で端末価格を比較してみました。
※楽天モバイル・docomo・ソフトバンク・auは端末購入サポートプログラムも併用

端末だけ購入したい方は以下の一覧表から1番安いキャリアで購入すると、お得に購入できるでしょう。

iPhone 15 Pro Max
(256GB)
iPhone 15 Pro
(128GB)
iPhone 15 Plus
(128GB)
iPhone 15
(128GB)
iPhone 14 Pro Max
(128GB)
iPhone 14  Pro
(128GB)
iPhone 14  Plus
(128GB)
iPhone 14
(128GB)
iPhone 13 Pro Max
(128GB)
iPhone 13  Pro
(128GB)
iPhone 13
(128GB)
iPhone 13 mini
(128GB)
iPhone SE3
(64GB)
楽天
モバイル
72,384円54,336円 40,392円32,880円--34,944円27,384円--21,336円-19,944円
docomo119,460円97,020円85,580円31,570円101,890円-22,176円22,033円--22,033円-22,154円
ソフト
バンク
102,456円79,160円67,056円12円39,096円31,776円46,220円24円--8,256円4,800円24円
au100,360円77,705円63,790円32,820円---2,090円----47円
UQ
モバイル
----------92,720円-48,935円
ワイ
モバイル
----------97,200円-55,440円

※2024年3月18日時点の情報

iPhoneの買い替えはいつがお得?

iPhoneの買い替えは毎年新しい機種が出るごとに購入するか、端末支払いが完了する2年後のタイミングで買い換える人が多いでしょう。

 実は、下取りサービスを利用すると毎年買い替えと2年ごとに買い換える場合では、差額は約3万円ほどしか生じません。

毎年買い換える場合、最新機種のため下取り価格が高くなるからです。

支出が少ない方がお得と感じるか、約3万円の支出で毎年最新のiPhoneが使える方がお得と感じるかは人それぞれでしょう。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

購入月は3月か10月がおすすめ

iPhoneの買い換えを検討している方は「3月」か「10月」に購入するのをおすすめします。

 3月は、新生活キャンペーンが各社で実施されることが多く、対象のiPhoneがかなりリーズナブルな料金で購入できるチャンスでしょう。

また、毎年9月の2週目以降にiPhoneの最新モデルが発売されるため、1つ前の機種が値下がりする傾向にある10月も狙い目です。

2024年1月現在の
iPhone 14(128GB)の価格(税込)
楽天モバイル48,432円
au19,860円
SoftBank12円
ドコモ67,650円
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

iPhoneへ乗り換える方法は2種類ある

お手持ちのスマホからiPhoneに乗り換える方法は2種類。

詳しく解説していきます。

1. 自分でiPhoneを準備する

端末を準備する

iPhoneへ乗り換える方法の1つは、自分でiPhoneを準備する方法です。

端末の性能などから既に利用したいと考えているiPhoneがある場合は、自分でiPhoneを購入してみてもいいでしょう。

 自分でiPhoneを購入する場合は、中古品を購入することもできます。中古のiPhoneは、新品より安く購入できるのがメリットです。

また、利用するiPhoneが通信サービスの回線に対応していれば、最新のモデル以外も買うことができます。

ただ、中古で端末を購入する際にはいくつかの注意点があります。注意点をしっかり踏まえてから購入を検討しましょう。

自分で準備する場合は好きな端末を選べることが、大きなメリットになるでしょう。

2. 通信サービスでiPhoneを購入する

iPhone購入

現在契約している通信サービス(キャリアや格安SIM)でiPhoneの取り扱いがある場合は、通信サービスにあるiPhoneを購入して乗り換えることもできます。

また、通信サービスを新しく契約する際にiPhoneを購入することも可能です。

 通信サービスで取り扱いのあるiPhoneは、通信サービスで利用する通信回線に対応しているメリットがあります。同時に通信サービス側で動作確認されていることも嬉しいポイントです。

ただし、通信サービスによって取り扱いのあるiPhoneが異なるので、自分の使いたい端末がない場合は自分でiPhoneを準備する方法を選ぶといいでしょう。

通信サービスで取り扱いのあるiPhoneは、公式WEBサイトなどから確認することができます。

自分で購入したiPhoneで乗り換える手順

自分でiPhoneを準備して乗り換える手順は、下記の4ステップで行うことができます。

iPhone乗り換え

自分で準備してiPhoneへ乗り換えるための手順
  1. 通信サービスに利用したいiPhoneが動作確認されているか確認する
  2. 利用したいiPhoneを準備する
  3. SIMカードの交換手続きを行う
  4. SIMカードを新しく利用するiPhoneに挿入する

自分でiPhoneを準備する場合に気をつけたいポイントは、利用したいと考えているiPhoneが通信サービスで動作確認されているか確認することです。

 動作確認されていないiPhoneでは、インターネットに接続できないこともあるので、購入する前に公式WEBサイトから動作確認されているかチェックすることが重要でしょう。

また、通信サービスによって利用する通信回線も異なります。

キャリアで購入したiPhoneは、基本的に購入したキャリアの通信回線しか利用できないため、SIMフリー端末以外を購入する場合は注意する必要があります。

SIMフリー端末は料金が高いですが、全ての通信回線を利用することが可能です。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

自分で用意したiPhoneで格安SIMに乗り換える具体例

自分で準備したiPhone

自分でiPhoneを準備して乗り換えるには、具体的にどうしたら良いのでしょうか?今回は、LINEMOを例にして解説します。

 LINEMOはソフトバンクの回線を利用した格安SIM(通信サービス)で、LINEのデータ消費がゼロという特徴があります。

なお、LINEMOでは端末の販売を行っていないので、iPhoneが手元にあり、格安SIMに乗り換えたい方におすすめの通信サービスです。

なお、契約手続きをしてから、LINEMOの利用開始までの流れは以下の通りです。

LINEMO申し込みの流れ

  1. 申込み画面からLINEMOへ申し込む
  2. 申込み完了後、15:00までに審査が完了した場合、最短即日でSIMカードを発送
  3. SIMカードを受け取る
  4. 通信をするための設定(APN設定)を行い利用開始

1.LINEMOでiPhoneの動作確認をする

まず、使いたいiPhoneがLINEMOで動作確認が取れているか、確認します。

LINEMO動作確認済み端末

LINEMOでは、他のキャリアで購入したiPhoneでもSIMロック解除すれば、利用できるiPhoneが多くあります

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

2.利用するiPhoneを準備する

端末の動作確認がとれたら、LINEMOの契約手続きを進めましょう。

まずは、電話番号をそのまま使用するか、新しい電話番号で契約するかを選択します。

LINEMO申し込み手順

3.SIMタイプ・利用予定の端末を決める

次にSIMカードのタイプを選びます。

iPhone X以降のiPhoneは、eSIMに対応しているので、使いたいiPhoneに合わせて選択しましょう。

eSIMとは?
eSIMとは、スマホ一体型のSIMのことです。
eSIMとは

LINEMO SIMタイプ選択

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

4.本人確認書類

SIMタイプ・利用端末の選択が終わると、申込み前に準備するものを確認します。

LINEMO 申し込み前の確認

  1. 本人確認書類
  2. 端末のSIMロック解除(SIMフリーの端末であれば不要)
  3. クレジットカード、または口座振替
 従来の乗り換え方法ではここでMNP予約番号の取得が必要でしたが、今後は予約番号の取得が不要になります。

MNP転出手数料はウェブでは無料ですが、電話や店舗での申込みは1,100円以下の手数料がかかる場合があるそうです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る
※ 出典:総務省"携帯電話ポータルサイト"より

5.プラン・オプションを選ぶ

必要なものが用意できたら、LINEMOの申込み画面へ進みます。

最初にプラン・オプションを入力します。

LINEMOのプラン・オプション選択

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

6.個人情報を入力する

次に氏名、住所、支払い方法などを入力し、本人確認書類をアップロードします。

その後、入力情報の確認などをして、申込み完了です。

7.申込み完了お知らせメールを受信

申込みが完了すると、問題がなければ1〜2時間後に、申込み完了のお知らせメールが届きます。

申し込み完了メール

その後、審査が完了すると、「審査完了のお知らせ」をメールで受信します。15:00までに審査が通った場合は即日発送されます。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

8.SIMカードの受け取り・通信設定する

SIMカードが届いたら、同梱されているマニュアルに沿って初期設定を進めましょう。

回線切替

回線切替、SIMカードの挿入、通信をするための設定などを行い、再起動します。

問題がなければ、LINEMOへの乗り換え完了です。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

キャリアや格安SIMでiPhoneを購入して乗り換える手順

通信サービスでiPhoneを購入して乗り換える手順は、下記の5ステップで行うことができます。

iPhone乗り換え手順

端末を購入してiPhoneへ乗り換えるための手順
  1. 通信サービスに取り扱いのあるiPhoneを確認する
  2. iPhoneを購入する
  3. SIMカードの交換手続きを行う
  4. iPhone・SIMカードを受け取る
  5. SIMカードを新しく利用するiPhoneに挿入する

基本的には自分で端末を準備する方法と同じ流れですが、通信サービスで取り扱いのあるiPhoneを購入することが大きな違いです。

 通信サービスで販売されているiPhoneは、動作確認がされているため安心です。事前に通信回線や動作確認済みの端末を調べる必要がないため、自分で準備する手間も省けます。

ただし、通信サービスごとに取り扱いのあるモデルが異なることや販売されているiPhoneの本体価格が異なるので、申し込み前によく比較することは忘れないようにしましょう。

乗り換える方法を迷った時は通信サービスで購入することもおすすめです。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

通信サービスでiPhoneを購入して乗り換える具体例

iPhone 購入

通信サービスでiPhoneを購入して乗り換える具体的な方法を解説します。

今回は、iPhoneを購入するのにキャンペーンが豊富な楽天モバイルを例に挙げて説明するので、ぜひ参考にしてください。

1.楽天モバイルのキャンペーンを活用してiPhoneを購入する

楽天モバイルでは、iPhoneの端末代が最大24,000円相当の楽天ポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

お得にiPhoneを購入したい方は見逃せないキャンペーンとなっています。

楽天モバイルのキャンペーンを活用してiPhoneを購入する

キャンペーン画面から、購入したいiPhoneを選びます。

なお、楽天モバイルでは、「iPhoneアップグレードプログラム」で、端末代がさらにお得に購入できます

「iPhoneアップグレードプログラム」とは?
iPhoneアップグレードプログラムとは、購入した端末を返却することで、iPhone本体価格の分割払い金額が、最大24回分不要になるサービスです。

楽天モバイル アップグレード

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

2.楽天にログインする

カートに追加すると、楽天会員ログイン画面に遷移します。ログインもしくは、新規登録して申込みを進めます。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

3.カートに追加する

ログインすると、メモリや、支払い方法などを選択できる画面になるので、選択してカートに追加します。

続けて、アクセサリなど購入が必要なものがあれば、カートに追加しましょう。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

4.プランを選択する

端末が決まったら、プランを選択する画面に代わります。楽天モバイルはデータ容量を使わない分だけ安くなる「Rakuten UN-LIMIT」が特徴です。

プランを選んだら、通話オプションやセキュリティ、SIMタイプなどを選択していきます。

楽天モバイル オプション選択

最後に「この内容で申し込む」をタップし、次に進みます。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

5.契約者情報の確認・本人確認書類のアップロード

次のページでは、契約者情報の確認を行います。氏名・住所に相違がないか確認しましょう。

次に、本人確認書類の提出方法を選択します。

本人確認書類

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

6.電話番号の選択

電話番号を新規で発行するか、他社からの乗り換えで電話番号を継続して利用するかを入力します。

 ここでもLINEMOと同様にここでMNP予約番号の取得が必要でしたが今後は不要です。

最後に、受け取り方法と支払い方法を入力して、楽天モバイルの申込みが完了します。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

7.MNP開通手続き

申込み完了後、製品・SIMカードが届いたら、「my 楽天モバイル」にアクセスして手続きを進めます。

開通手続き

手続きが終われば、楽天モバイルでのiPhone購入・乗り換えが完了です。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

iPhoneへ乗り換える際に確認したいポイント

iPhone乗り換え時のポイント

iPhoneへ乗り換える際の注意点を3つ解説します。

慌てないよう事前に確認しておくことをおすすめします。

通信サービスで動作確認されている端末か

動作確認済みの端末一覧

自分でiPhoneを準備する際に気をつけたいポイントが、利用したいiPhoneが契約する通信サービスで動作確認されているかです。

動作確認済の端末は、各通信サービスの公式WEBサイトから確認することができます。

 発売から時間が経っているiPhoneは、対応していないことも多いです。また、最新モデルのiPhoneも発売してからすぐは利用できないこともあるので、注意する必要があるでしょう。

利用する通信サービスによって動作確認済み端末の調べ方は異なりますが、購入したキャリアや機種名などを選択することで簡単に調べられるので、端末を購入する前にチェックしてみてください。

動作確認済みと同時に対応しているサービスなども確認することができます。

取り扱いのあるiPhoneの種類・価格

楽天モバイル iPhone取り扱い

通信サービスでiPhoneを購入する場合は、iPhoneの本体価格をチェックする必要があります。

さまざまな通信サービスでiPhoneの取り扱っていますが、それぞれの通信サービスごとにiPhoneの価格が異なるので、比較しておくといいでしょう。

 後ほど紹介するキャンペーンを利用することで、iPhoneを通常より安く購入することも可能です。キャンペーンもチェックしておくとお得にiPhoneを購入することができます。

また、通信サービスごとに取り扱いのあるiPhoneの種類も異なるので、使用したい端末がある場合は確認しておくことが重要なポイントです。

通信サービスで取り扱いのある端末・価格を事前にチェックしておく必要があります。

本体のデータ移行

現在利用しているスマホからiPhoneに乗り換える場合は、本体のデータ移行も必要です。データ移行の方法は利用していた端末によって異なるため、事前にチェックしておくことが重要です。

 iPhoneから新しいiPhoneへ乗り換える場合は、端末同士を近づけることで簡単にデータを移行できる「クイックスタート」が利用できます。

「クイックスタート」は複雑な操作なくデータ移行できますが、iOSのバージョンが12.4以降である必要がある点に注意しましょう。

Android端末からiPhoneに乗り換える場合は、アップル社公式のデータ移行アプリ「iOSへ移行」の利用オンラインストレージなどを利用する方法があるので、自分が使いやすい方法でデータ移行を行ってみてください。

全てのデータが移行できるわけではないことは、注意したいポイントの1つです。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

iPhoneの乗り換えに関するよくある質問

iPhoneを自分で準備する方法と通信サービスで購入する方法の違いは?

iPhoneを自分で準備する場合は、家電量販店やフリマアプリなどから自分が利用したいと考えているiPhoneを購入する方法です。

通信サービスで購入する場合は、現在利用している通信サービスや乗り換えを考えている通信サービスで取り扱いのあるiPhoneを購入する方法です。

iPhoneの購入は自分で準備する方法と通信サービスで購入する方法のどちらがおすすめ?

自分の利用したいiPhoneが通信サービスで購入できる場合は、簡単に手続きを行えることから、通信サービスでiPhoneを購入する方法がおすすめです。

通信サービスで利用したいiPhoneの取り扱いがない場合や中古端末を購入したいと考えている場合は、自分でiPhoneを準備する方法を選ぶといいでしょう。

iPhoneへの乗り換え時に利用できるキャンペーンとは?

iPhoneへの乗り換え時に利用できるキャンペーンでは、通信サービスの新規契約時や端末購入時などにスマホ本体やプランの月額料金が割引されるなどのお得な特典を受けることができます。

キャンペーンによって実施期間や利用できる条件が異なるため、利用する際は公式WEBサイトからキャンペーンの内容をよく確認する必要があります。

iPhoneへの乗り換え時にキャンペーンを利用するメリットは?

通常よりお得に契約できることが、iPhoneへの乗り換え時にキャンペーンを利用するメリットの1つでしょう。

通信サービスによっては時期ごとに端末割引のセールも実施しているため、定期的に確認してみることをおすすめします。

iPhoneへの乗り換え時にキャンペーンが利用できる通信サービスは?

iPhoneへの乗り換え時にキャンペーンが利用できる通信サービスは、大手キャリア3社と楽天モバイルなどがあります。

月額料金が安い格安SIMでは、OCNモバイルONEがiPhoneの乗り換え時に利用できるキャンペーンを実施しているため確認してみるといいでしょう。

iPhoneへ乗り換える際に注意したいポイントは?

iPhoneへ乗り換える際には、通信サービスで動作確認済みかチェックすることや取り扱いのあるiPhoneの種類・価格などに注意する必要があります。

古い端末からデータ移行が必要な場合は、データ移行する方法を確認しておくことも重要です。

iPhoneの乗り換えは簡単に行える?

iPhoneの乗り換えは、自分で端末を準備する方法と通信サービスで購入するの2種類から選べますが、どちらも比較的簡単に行うことができます。

自分でiPhoneを準備する場合は、利用する回線や動作確認済み端末であるかチェックが必要なので、不安な方は通信サービスで購入する方法を選ぶといいでしょう。

まとめ

この記事では、iPhoneへ乗り換える手順について解説しました。

主に自分で端末を準備する方法と通信サービスで購入する2つの方法から選べますが、どちらも簡単に手続きを行えるので、自分の行いやすい方法でiPhoneへ乗り換えるといいでしょう。

また、iPhoneへ乗り換える際に実施しているキャンペーン内容についても解説したので、これからiPhoneへ乗り換える際にはキャンペーンを利用してお得に乗り換えを行ってください。

乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
モバライフは、スマートモバイルコミュニケーション株式会社が運営する格安SIM(スマホ)・モバイルルーター・光回線など、暮らしに関わる通信サービスの情報を発信する比較メディアです。
※詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事