格安スマホへの乗り換え手順|格安スマホにしたいならどこがいい?

格安スマホとは、主に海外製の機能性があまり高くない代わりに価格を安く抑えたスマホと、いま話題のUQモバイルY!mobileなど格安SIMを使って、月々の料金を抑えたスマホのことを指します。

格安スマホとは

今回は②の「格安SIMを使って格安スマホにする方法」をご紹介。格安スマホへの乗り換えの手順やポイントなどを解説します。

格安スマホにするためのおすすめの格安SIMを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
格安スマホにしたい方向け!
おすすめ
格安SIM4選

格安スマホに乗り換えるための準備

契約更新月を確認する

格安SIM・スマホに乗り換えるための準備

まず確認しておきたいことが、自分が現在契約しているスマホの契約更新月についてです。

全てではありませんが、契約期間に縛りがあるプランには契約更新月と呼ばれる期間が定められているものがあります。

 契約更新月が定められている場合、契約更新月以外で解約すると違約金などが発生してしまいます。

2年の契約期間だと、契約更新月が25ヶ月目と26ヶ月目であるものが多いです。キャリアによって異なるので、自分のスマホも確認しておく必要があります。

違約金を払ってでもすぐに乗り換えた方が安くなるということもあるので、計算してみましょう。
格安スマホにしたい方向け!
おすすめ
格安SIM4選

電話番号を引き継ぐ

格安SIM・スマホに乗り換えるための準備

事前に手続きを行うことで、電話番号を引き継ぐことができます。引き継ぎに使う制度が「MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)」です。

 MNPを利用すると、他社に乗り換えても現在と同じ電話番号を使用することができます。

まずは、移行する前の通信会社からMNP予約番号を取得しましょう。

有効期限内に予約番号を使用して次の通信会社に申し込みすれば、同じ電話番号を使うことができます。

MNPは「〇〇@docomo.ne.jp」などキャリアのメールアドレスは引き継げないので注意しましょう。
格安スマホにしたい方向け!
おすすめ
格安SIM4選

格安SIMを使って格安スマホに乗り換える手順

1. いまのスマホのSIMロックを解除して乗り換える

格安SIM・スマホに乗り換える手順

現在利用しているスマホの回線と契約しようとしているスマホの回線が異なる場合、SIMロックの解除が必要です。

ドコモ・au・ソフトバンクで契約したスマホは、他の回線で利用できないようにSIMロックがかかっています。

 SIMカードには携帯電話番号などの識別情報と呼ばれるデータが保存されていて、会社ごとに用意されている専用のカード利用しています。

SIMロックを解除することのメリットは、新しい端末を購入しなくても格安SIMへ乗り換えることができることです。大きなデメリットはとくにありません。

店頭で手続きする方法やネットで手続きをする方法があります。

2. いまのスマホに対応したSIMカードを選んで乗り換える

格安SIM・スマホに乗り換える手順

現在利用しているスマホの回線と新しく利用する格安SIMの回線が異なる場合、SIMロックの解除は不要です。

SIMロックの解除が不要であれば、いまのスマホに新しいSIMカードを挿入するだけで利用することができます。

どの回線を利用しているかどうかは、格安SIMの会社のホームページで確認することができます。
格安スマホにしたい方向け!
おすすめ
格安SIM4選

3.新しいスマホも格安SIMの会社で契約する

格安SIM・スマホに乗り換える手順

新しい格安SIMの会社でスマホも新しくする場合、SIMロックの解除などの手続きは必要ありません

現在利用している会社で解約の手続きを済ませて、新しい会社で格安SIMとスマホを契約するだけです。

同じ電話番号を利用したい場合は、MNPの手続きを忘れずに行いましょう。

格安スマホに乗り換えたい方におすすめ!格安SIM4選

LINEMO
楽天モバイル
mineo
ahamo
LINEMOロゴ
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
ahamoロゴ
月額料金
今なら実質0円〜
0円〜
880円(税込)〜
2,970円(税込)
月間データ容量
3GB〜
1GB〜
1GB〜
20GB
最大通信速度
非公開
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
非公開
使用回線
ソフトバンク
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
ドコモ
キャンペーン
他社からの乗り換えで10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
最新iPhone購入で最大30,000円相当還元!6/1〜楽天市場の買い物がポイント最大6倍
mineo×当サイト
事務手数料が無料
キャンペーン中
他社から乗り換え10,000pt
プレゼント

LINEMO

LINEMO

「LINEMO」は、ソフトバンクの回線が使用可能&高速通信の5Gも無料で使える格安SIMです。通話のサービスが充実していることが大きな特徴です。

LINEMOの特徴
  • 3GBが月額990円(税込)
    →今なら最大半年間実質無料
  • 国内通話の定額オプションが1年間無料
  • 他社からの乗り換えでPayPayボーナス10,000円相当プレゼント
  • LINEアプリ使用で通話時のデータ消費なし

LINEMOでは、他社からの乗り換えで10,000円相当のPayPayボーナスプレゼントキャンペーンも実施※1しています。

頻繁に通話する人には嬉しいサービスが豊富です。
今ならキャンペーン価格で、国内通話定額オプションが契約から1年間無料です。さらに、LINE MUSICも6ヶ月間無料で利用できます。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

月額基本料金(税込)
  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円
初期費用(税込) 事務手数料:0円
回線 ソフトバンク
購入可能なスマホ端末の例

なし

主なキャンペーン(税込) 他社から乗り換えでPayPayボーナスポイント10,000円相当プレゼント
主なオプション(税込) データ追加:550円(1GBごと)
通話定額(国内通話時間無制限):1,100円
支払い方法 クレジットカード/口座振替

※1:終了日未定
出典:https://www.linemo.jp/

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

 

楽天モバイル

楽天モバイル

「楽天モバイル」は、楽天が提供している新キャリアです。

データ通信をたくさん使う人も、あまり使わない人にもおすすめな料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」が特徴です。

楽天モバイルの特徴
  • 全ての人に最適なワンプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」
  • プラン料金3ヶ月無料
  • iPhoneもAndroidも割引キャンペーンあり

楽天モバイルは契約事務手数料0円プラン料金3ヶ月無料で始めることができるので、初期費用を抑えたいという人におすすめです。

楽天モバイルは契約期間に縛りがなく、契約解除料も0円です。

自分が使ったデータ量に応じてプラン料金が変化し、20GB超過後は楽天回線内であればデータ無制限で利用できます。

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

 

月額基本料金(税込) 【Rakuten UN-LIMIT VI】
1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
初期費用(税込) 契約事務手数料:0円
回線 楽天回線/au
購入可能なスマホ端末の例 iPhone12:101,176円〜 ※キャンペーン適用で22,000円割引
Rakuten
Hand:実質0円
Galaxy S10:実質71,980円
主なキャンペーン(税込) iPhone22,000円割引キャンペーン
対象のAndroidとセットで最大25,000円相当分ポイント還元
主なオプション(税込) 10分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
支払い方法 クレジットカード/口座振替/楽天ポイント利用など

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

 

mineo(マイネオ)

mineo

「mineo(マイネオ)」は、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線にしているので、いま使っているスマホのSIMカードを差し替えるだけで利用できます。

一部対応していない端末があるので、詳細は動作確認済み端末を確認しましょう。

mineo(マイネオ)の特徴
  • 3大キャリアの回線に対応
  • 選べる4つの料金プラン
  • 家族や友人とパケットシェア

1GB・5GB・10GB・20GBの4つの料金プランから選ぶことができます。

5G通信を利用したい場合は月額220円(税込)のオプションへの加入が必要です。

未使用品の中古の端末から新品の端末まで幅広いスマホ端末を取り扱っているので、スマホを買い替えたいという人にもおすすめです。

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

 

月額基本料金(税込)
※音声通話+データ通信の場合
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円
回線 ドコモ/au/ソフトバンク
購入可能なスマホ端末の例 iPhone 8(未使用品):32,736円〜
iPhone SE(第2世代):51,480円〜
Xperia 10 III Lite:48,840円〜
主なキャンペーン(税込) 対象のスマホ購入で電子マネーギフトプレゼント
主なオプション(税込) 5Gオプション:220円/月
パケット放題 Plus:385円/月 ※10GB以上のコースを契約すると無料
支払い方法 クレジットカード

出典:https://mineo.jp/

公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

 

ahamo(アハモ)

ahamo

「ahamo(アハモ)」は、NTTドコモが2021年から導入した格安SIMで、現在ドコモの回線を利用している人におすすめです。

月額基本料金2,970円(税込)のワンプランのみで、わかりやすいプラン内容となっています。

ahamo(アハモ)の特徴
  • 月額基本料金2,970円(税込)のワンプラン
  • 5G通信にも対応 ※一部エリアのみ
  • 今ならahamoに乗り換えでdポイント7,000ptプレゼント

ahamoは、海外でも20GBまで無料で利用できるので旅行や仕事で海外に行くという人にもおすすめです。

事務手数料が0円なので基本料金とスマホ代だけで始めることができます。

ドコモユーザー以外の人ももちろん申し込み可能で、今なら乗り換えでdポイント7,000ptを貰うことができます。

公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら

 

月額基本料金(税込) 【20GB/月】2,970円
初期費用(税込) 事務手数料:0円
回線 ドコモ
購入可能なスマホ端末の例

iPhone 11:49,390円〜
Xperia 1 II SO-51A:71,500円〜
Galaxy S20 5G SC-51A:62,700円〜

主なキャンペーン(税込) ahamoに乗り換えでdポイント7,000ptプレゼント
主なオプション(税込) データ追加:550円
かけ放題オプション:1,100円
支払い方法 クレジットカード/口座振替

出典:https://ahamo.com/

公式サイトで詳細をみる⇒
ahamo
キャンペーンはこちら

 

格安スマホに乗り換える際のチェックポイント

格安スマホにしたい場合は、乗り換える格安SIMについて事前にチェックすべきポイントがあります。主に以下の3点を確認しておきましょう。

乗り換えのチェックポイント
  • スマホ端末の品揃えや価格
  • 月額料金
  • サポート

1. スマホ端末の品揃えや価格

格安SIM・スマホに乗り換える際のチェックポイント

乗り換える格安SIMを選ぶうえで、スマホ端末の品揃えや価格はチェックしておきたいポイントです。

スマホの取り扱いについては、それぞれの会社によってかなりの差があります。

 中古を取り扱っている会社もあり、とにかく安い端末が欲しい人におすすめです。

また、キャンペーンなどで価格が割り引かれるサービスもあり、同じ端末でも数万円料金が変わる場合も少なくありません。格安SIMのホームページを比べて、前もって確認しておきましょう。

5Gエリアを利用したい人は、欲しい端末が5Gに対応しているか注意が必要です。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

2. 月額料金

格安SIM・スマホに乗り換える際のチェックポイント

格安SIMはその名前の通り、大手キャリアと比べると毎月の料金を安く利用することができる点もポイントです。

格安SIMが安い理由は、ドコモやソフトバンクなどの通信設備を借りて運営しているからです。

 格安SIMを提供している会社はMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれます。

それぞれのMVNOや料金プランによって、料金にかなり違いがあります。気になる料金プランを比較して、自分の予算にあった月額料金のプランを選ぶことが大切です。

キャンペーンなどで料金が安くなることもあるので、チェックしてみましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

3. サポート

格安SIM・スマホに乗り換える際のチェックポイント

格安SIMを選ぶうえで、サポート面について不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

格安SIMを提供しているMVNOは、大手キャリアに劣らないサポートを提供している会社が増えてきています。

 スマホや通信などにあまり詳しくない人はとくにサポート体制が整っている格安SIMを選びましょう。

チャットやメール、電話、遠隔操作などでユーザーをサポート。契約や利用時に困ったらすぐに対応してもらうことができます。

店舗を構えている格安SIMは、店頭での申し込み・設定も可能です。

サポートは月額料金がかかるものもあるので、必要なものだけを選ぶようにしましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安スマホに乗り換えるメリット

格安スマホに乗り換えるメリット
  • 月々の料金が安くなる
  • 自分にあったデータ容量を選べる
  • 縛りなしプランなら契約期間なし

月々の料金が安くなる

格安SIM・スマホのメリット

まず、格安SIMのメリットはなんといっても月々のスマホを利用に支払う料金が安くなるということです。

選ぶ料金プランやオプション内容にもよりますが、半分以下の料金になったというケースも少なくありません。

 まずは現在の月に利用できるデータ量とそのプラン料金を確認してみてください。

MM総研の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態※」によると、3大キャリア利用者の月額利用料金の平均は6,378円となっています。

一方で、楽天モバイルを含むMVNO利用者の月額利用料金は平均2,103円という結果となりました。

月額利用料金の平均は大手キャリアよりも4,000円以上安い結果になりました。

※出典:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=472 2020年12月時点

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

自分にあったデータ容量を選べる

格安SIM・スマホのメリット

格安SIMは、豊富な料金プランも魅力です。自分にあったデータ容量を選ぶことができます。

 契約期間内でもプランを途中で変えられる格安SIMもあります。

あらかじめ月のデータ量を決めるプランや、使用したデータ量に応じて料金が変更するプランなど、さまざまな種類があるのも格安SIMの特徴です。

自分にあったプランはどれか、現在の利用状況と比べながらぴったりのプランを選びましょう。

できるだけ多くのプランを比較することをおすすめします。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

縛りなしのプランなら契約期間がなし

格安SIM・スマホのメリット

格安SIMには契約期間に縛りのないものもあり、契約期間に縛りのないものはいつ解約しても解約金などの費用が発生しません

契約期間が定められていて、自動更新のものなどは知らない間に更新されてしまっていて解約のタイミングを逃すことが多々あります。

 契約更新月を逃してしまうと解約金などが発生してしまいます。

格安SIMの契約期間に縛りのないプランは、そういった解約金などの心配はありません。

縛りなしの場合、少し料金が高くなってしまいますが、途中で契約期間に縛りのあるものに変更できるなど柔軟な対応も可能です。

乗り換えをすることに不安な人は、縛りなしのプランで試してみるのもおすすめです。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安スマホに乗り換えるデメリット

格安スマホに乗り換えるデメリット
  • 最新端末が購入できないことがある
  • 通信速度が不安定なことがある
  • キャリアのメールが使えなくなる

最新端末が購入できないことがある

格安SIM・スマホのデメリット

大手キャリアと比べると、購入できるスマホの端末が少ないというデメリットがあります。

格安SIMでは、SIMカードだけでなく格安スマホを販売しています。

 格安SIMが取り扱っているスマホは型落ちのモデルや中古のモデルが多いため安く買える反面、最新機種の取り扱いが多くありません。

最新機種を購入したい場合は、メーカーから直接購入するなどしなければなりません。その際には、格安SIMの動作確認ができているか確認しましょう。

最新機種は多いとはいえませんが、格安SIMではキャンペーンなどでかなりお得にスマホを購入できます

取り扱い端末については、各サイトを確認してみてください。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

通信速度が不安定なことがある

格安SIM・スマホのデメリット

格安SIMはMVNOが大手キャリアから回線を借りて、サービスを提供しています。

借りている回線はあくまで一部なので、大手キャリアと比べると速度が不安定になることがあるのです。

 格安SIMはとくに平日の昼間の外出している人が多い時間帯に混みやすいと言われています。

しかし、格安SIM全ての速度が遅いというわけではありません。最近では、一部エリアで5G通信も利用できるようになりました。

回線の速度状況などを公式サイトに随時アップしている会社もあるので、確認してみてください。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

キャリアのメールが使えなくなる

格安SIM・スマホのデメリット

大手キャリアを契約している人の多くが「〇〇@docomo.ne.jp」や「〇〇@softbank.ne.jp」などのキャリア独自のメールアドレスを利用しているのではないでしょうか。

このキャリアメールは、格安SIMに乗り換えると使用できなくなります

 電話番号はMNPで同じものが使えますが、キャリアのメールアドレスは使用できなくなるので注意が必要です。

ただし、グーグルなどのフリーメールは継続して使うことができるので大きな支障はありません。

アカウント登録などでキャリアのメールを利用している人は前もって変更しておく手間が発生してしまうので覚えておきましょう。

格安SIMにも独自のメールアドレスを利用できる会社もあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

格安スマホの乗り換えに関するよくある質問

格安スマホに乗り換えるために準備すべきことは?
まずは、現在利用している契約の更新月を確認しておきましょう。

そして、乗り換え先でも同じ電話番号を利用できるようにMNPの手続きもしておくと便利です。

今のスマホのまま格安SIMに乗り換える方法は?
現在利用中の回線と乗り換え先の回線が異なる場合は、SIMロックを解除する必要があります。

回線が同じ場合は、今のスマホに格安SIMのSIMカードを挿入するだけで利用できます。

スマホも機種変更したい場合の手続き方法は?
乗り換えと同時にスマホも機種変更する場合も、特別な手続きはありません。

解約の手続きをしてから、新しい会社で格安SIMとスマホの契約をしましょう。

格安スマホに乗り換えるときのポイントは?
格安SIMを提供している会社(MVNO)の、スマホの品揃えや価格を確認しましょう。またプランの月額料金も大切なポイントです。

また、あまり詳しくないという人はサポートが充実している会社を選ぶことをおすすめします。

格安スマホのメリットは?
格安スマホは月額料金が安く、自分にあったデータ容量を選べることがメリットです。

また、契約期間に縛りのないプランを選ぶこともでき、解約金などが発生しないメリットもあります。

格安スマホのデメリットは?
最新端末が購入できないことがあったり、キャリアのメールが使えなくなることがデメリットとしてあげられます。

MVNOは大手通信会社の回線を一部をレンタルしているので、大手と比べると速度が不安定になることがあります。

おすすめの格安SIMは?
ahamo楽天モバイルLINEMOの3つがおすすめです。

料金プランがシンプルでわかりやすく、スマホ端末の品揃えも充実しています。

まとめ

今回は、格安スマホに乗り換える方法やポイントなどを解説しました。格安SIM・スマホに乗り換える際には次の3つに注意しましょう。

  • スマホ端末の品揃えや価格
  • 月額料金
  • サポート

今回紹介したおすすめの格安SIMなどを参考に、自分にぴったりな格安SIM・スマホを選んでください。

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事