【2022】おすすめ格安スマホ人気機種6社の価格比較ランキング

「格安スマホが話題だけど、機種が多すぎてよくわからない…」「格安SIM会社はどこがおすすめなの?」などの悩みを抱えている人は少なくありません。

実際、大手キャリアを利用している人の中には、乗り換えたい気持ちはあるが、よく分からずに契約することに不安を抱えている方もいるでしょう。

そこで今回は、おすすめ格安スマホを6機種ピックアップして徹底解説。また、おすすめの格安SIM(MVNO)も厳選し紹介します。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ格安スマホ人気機種の価格比較ランキング

1ZenFone Live

小学性におすすめな格安スマホ(機種/MVNO)を紹介

ZenFone Liveの特徴
  • 端末購入代金が2万円以下に抑えられる
  • 使用できるアプリや使用時間を制限できるキッズモードを搭載
  • 小さなお子さんの手でもスッと馴染む小型設計

    ZenFone Liveは、端末購入代金を2万円程度に抑えられる格安スマホです。スマホとしての基本的な機能はすべて備わっているので、小学生のお子さんや高齢者の方には最適でしょう。

    また、スマホを持たせる際に、お子さんに悪影響を与えないか心配な親御さんは多いですよね。

    ZenFone Liveなら、使用するアプリや使用時間を制限できるキッズモードが搭載されているのでおすすめです。

    さらにZenFone Liveは、

    • サイズが小さめに設計されているところ
    • スマホ初心者でも簡単に取り扱える「簡単モード」が搭載されているところ

    が特徴です。小学生にぴったりな機能が備わっているスマホと言えるでしょう。

    サイズ(高さ/幅/厚み) 約141.1mm x 約71.7mm x 約7.9mm
    ディスプレイ 約6.4インチ / AMOLED
    メモリ
    (RAM/ROM)
    2GB/16GB
    バッテリー容量 約2,650mAh
    カメラ

    【メインカメラ】
    1300万画素

    【フロントカメラ】
    約500万画素

    SIMフリー
    端末の有無
    ワイヤレス充電 ×
    おサイフ
    ケータイ
    ×
    購入価格 21,384円(税込)

    出典:https://www.asus.com/jp/Mobile/Phones/All-series/ZenFone-Live-ZB501KL/

    2HUAWEI P30 lite

    HUAWEI P30 lite

    HUAWEI P30 liteの特徴
    • トリプルカメラなら、誰でも簡単にプロ並みの写真が撮れる
    • セルフィーが美しくなる高画質なフロントカメラを搭載
    • 画面全体で写真や動画を楽しめる「ノッチデザイン」を採用

      HUAWEI P30 liteは「カメラ機能だけは妥協したくない」という人におすすめなAndroidスマホです。メインとフロントカメラの両方で、約2,400万画素の撮影ができるスマホは滅多にありません。

      画面全体で写真や動画を楽しめるノッチデザインを採用しているところもポイントです。

      余計なフレームがないので、映画などをスマホ全体に映し出すことができます。

      このように、比較的高性能なスペックとなっていますが「おサイフケータイ非対応」「防水設計がされていない」といった残念な点があります。

      サイズ(高さ/幅/厚み) 約153mm x 約73mm x 約7.4mm
      ディスプレイ 約6.1インチ / TFT / 2,312 x 1,080 ドット FHD+
      メモリ
      (RAM/ROM)
      4GB/64GB
      バッテリー容量 約3,340mAh
      カメラ

      【メインカメラ】
      約2,400万画素 広角レンズ / 約800万画素 超広角レンズ / 約200万画素 被写界深度レンズ

      【フロントカメラ】
      約2,400万画素

      生体認証 指紋・顔認証対応
      SIMフリー
      端末の有無
      ワイヤレス充電 ×
      おサイフ
      ケータイ
      ×
      購入価格 32,880円(税込)

      出典:https://consumer.huawei.com/jp/phones/p30-lite/specs/

      3OPPO RenoA

      OPPO RenoA

      OPPO RenoAの特徴
      • アプリや写真・動画を大量に保存できる大容量メモリー
      • キャッシュレス派に嬉しい!おサイフケータイ
      • 2,500万画素の高機能カメラを搭載

        OPPO RenoAは、128GBの大容量メモリーを搭載しているので、アプリや写真・動画を大量に保存できます。

        AndroidアプリはAppStoreの約2倍近くあるので、より多くのアプリを活用するためにはメモリーの容量が重要です。また、最近流行りのキャッシュレス派には嬉しい「おサイフケータイ」に対応しています。

        スマホだけで買い物に出かけたい人にとって、必須の機能だと言えるでしょう。

        さらに「高機能カメラを搭載している」ことや「約6.4インチの大画面設計が施されている」など、お値段以上の機能が備わっているスマホを探している方におすすめです。

        サイズ(高さ/幅/厚み) 約158.4mm x 約75.4mm x 約7.8mm
        ディスプレイ 約6.4インチ / AMOLED
        メモリ
        (RAM/ROM)
        6GB/128GB
        バッテリー容量 約3,600mAh
        カメラ

        【メインカメラ】
        約1,600万画素 (カラー) + 約200万画素 (カラー)

        【フロントカメラ】
        約2,500万画素

        防水/防塵  IPX7/IP6X
        生体認証 指紋・顔認証対応
        SIMフリー
        端末の有無
        ワイヤレス充電 ×
        おサイフ
        ケータイ
        購入価格 35,800円(税込)

        出典:https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno-a/specs/

        4AQUOS sense3

        AQUOS sense3

        AQUOS sense3の特徴
        • 動画鑑賞に便利な大画面×ステレオスピーカー
        • スマホでゲーム派には嬉しい、高性能CPUを搭載
        • AI対応の2眼カメラでSNS映えする写真が簡単に撮れる

          AQUOS sense3は、約6.0インチの画面とステレオスピーカーで動画鑑賞が楽しめるAndroidスマホです。日常的にスマホで映画やライブ映像を楽しむ人には、ぴったりのスマホだと言えます。

          高性能なCPUも搭載されているので、3Dグラフィックを使用したゲームにも対応しています。

          長時間遊んだとしても、約4,000mAhの大容量バッテリーがあれば、電池残量を気にせずに済みますね。

          さらに、AI対応の2眼カメラが搭載されているのもポイントです。急速充電にも対応しているなど、3万円台のスマホの中でかなり優秀な一台だと言えるでしょう。

          サイズ(高さ/幅/厚み) 約160mm x 約75mm x 約8.7mm
          ディスプレイ 約6.0インチ / TFT
          メモリ(RAM/ROM) 6GB/64GB
          バッテリー容量 約4,000mAh
          カメラ

          【メインカメラ】
          約1,220万画素 + 約1,310万画素 (広角)

          【フロントカメラ】
          約800万画素

          防水/防塵 IPX5/IPX8/IP6X
          生体認証 指紋・顔認証対応
          SIMフリー
          端末の有無
          ワイヤレス充電 ×
          おサイフ
          ケータイ
          購入価格 36,720円(税込)

          出典:https://jp.sharp/products/shv45/

          5iPhone SE3

          iPhoneSE3

          iPhone SEの特徴
          • スマホ最速のA15 Bionicチップを搭載
          • SEでも5G!超高速ダウンロード、安定した接続が可能
          • スマートHDR4のカメラ搭載!明るさ、肌のトーンを自動で微調整
          • ロックの解除もアプリへのサインインも可能なホームボタン付き
          • 20W以上のアダプタにつなげばわずか30分で最大50%の高速充電

            iPhone SEは、iPhoneシリーズの中で比較的コスパの良い商品です。スマホ最速の「A15 Bionicチップ」を搭載しているので、アプリの起動やゲームで遊ぶ時もストレスを感じません。

            光の量が低めから中程度のシーンでもピクセルごとに異なる露出を把握し、ディテールをとらえた写真に仕上げます。

            これは、SNSなどに写真や動画を頻繁に投稿する人にとって重要な機能ですよね。iPhoneシリーズの中からコスパの良い製品を選ぶなら、iPhone SE一択でしょう。

            サイズ(高さ/幅/厚み) 約138.4mm x 約67.3mm x 約7.3mm
            ディスプレイ 約4.7インチ / True Toneテクノロジー搭載Retina HDディスプレイ
            メモリ
            (ROM)
            64GB/128GB/256GB
            カメラ

            【メインカメラ】
            12MP(メガピクセル)広角カメラ

            【フロントカメラ】
            7MP(メガピクセル)

            防水・防塵  IP67
            生体認証 指紋認証対応
            SIMフリー
            端末の有無
            ワイヤレス充電
            おサイフ
            ケータイ
            Apple Pay
            購入価格

            62,800円(税込)

            出典:https://www.apple.com/jp/iphone-se/

            6ZenFone 6

            ZenFone 6

            ZenFone 6の特徴
            • 写真の幅が広がる、電動駆動式のフリップカメラを搭載
            • 最大35日間使用できる約5,000mAhの大容量バッテリー
            • 画面占有率92%の大画面スクリーン

              ZenFone 6は、最大35日間使用できる約5,000mAhの大容量バッテリーを搭載。急速充電にも対応しているので、短時間でも電池残量を蓄えてくれます。

              また、電動駆動式のフリップカメラは自由に角度を調整できるので、今までスマホで撮れなかった新しい写真を撮影できるでしょう。

              約6.4インチの画面占有率が92%なので、スマホで映画鑑賞をするのに向いています。

              ただし、おサイフケータイや防水規格などの機能が備わっていないことに加え、価格が少し高額であることがデメリットです。

              サイズ(高さ/幅/厚み) 約159.1mm x 約75.4mm x 約9.1mm
              ディスプレイ 約6.4インチ / フルHD+ 2,340 x 1,080 IPS液晶 (LEDバックライト)
              メモリ
              (RAM/ROM)
              6GB/128GB
              バッテリー容量 約5,000mAh
              カメラ

              【メインカメラ】
              4,800万画素カメラ内蔵

              【フロントカメラ】
              1,300万画素広角カメラ内蔵

              SIMフリー
              端末の有無
              ワイヤレス充電 ×
              おサイフ
              ケータイ
              ×
              購入価格 69,500円(税込)

              出典:https://www.asus.com/jp/Mobile/Phones/ZenFone/ZenFone-6/

              おすすめの格安SIM(MVNO)4選

              ここからは、おすすめの格安SIMをご紹介します。

              大手キャリアのスマホから格安SIMへの乗り換え方法を先に知りたい方は、こちらをクリック。

              UQモバイル
              BIGLOBE
              モバイル
              IIJmio
              mineo
              uqモバイルロゴ
              BIGLOBEモバイルロゴ
              IIJmioロゴ
              mineoロゴ
              月額料金
              990円(税込)〜
              550円(税込)〜
              410円(税込)〜
              660円(税込)〜
              月間データ容量
              3GB〜
              1GB〜
              2GB〜
              1GB〜
              最大通信速度
              下り150Mbps
              ※端末によっては225Mbps
              下り約1,288Mbps
              ※タイプDの場合
              下り1,288Mbps
              下り172Mbps
              ※Sプランの場合
              使用回線
              au
              ドコモ、au
              ドコモ、au
              ドコモ、au、
              ソフトバンク
              キャンペーン
              SIMのみ契約&対象オプション加入で最大15,000円相当還元
              通話オプションが
              7ヶ月間
              月90円(税込)〜
              通話オプション月額料金が
              1年間割引
              口座振替
              テザリング

              UQモバイル

              UQ mobile

              UQモバイルおすすめポイント
              • UQ学割を利用すれば、お子さんだけでなく家族もお得に
              • 「あんしんフィルター」や「家族みまもりパック」などの安心プランが充実
              • auのサブブランドなので通信速度に定評アリ

                UQモバイルは、UQ学割という学生向けのプランを展開している格安SIM会社です。お子さんだけでなく、家族も毎月の利用料金が抑えられるのは大きなメリットでしょう。

                公式サイトで詳細をみる⇒
                UQモバイル
                最大15,000円相当還元

                また「あんしんフィルター」や「家族みまもりパック」などのお子さん向けのプランが充実しています。

                SNS上でのいじめや、危険なサイトからお子さんを守ってくれます。安心してスマホを持たせられるでしょう。

                さらに、auのサブブランドなのもポイントです。通信速度が安定しているので、お子さんだけでなく家族みんなが快適に利用できます。

                プラン 通常料金
                (税込)
                UQ学割適用後
                (税込)
                くりこし
                プランS
                1,628円 990円
                くりこし
                プランM
                2,728円 990円
                くりこし
                プランL
                3,828円 2,090円

                出典:https://www.uqwimax.jp/

                公式サイトで詳細をみる⇒
                UQモバイル
                最大15,000円相当還元

                BIGLOBEモバイル

                BIGLOBEモバイル

                BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
                • 2020年オリコン顧客満足度調査No.1
                • お得キャンペーンを使えば利用料金を最大限に抑えられる
                • エンタメフリーオプションなら特定の動画配信サービスなどの通信量がゼロに

                  BIGLOBEモバイルは、利用料金がとにかく安い格安SIM会社です。

                  2020年オリコン顧客満足度調査No.1の実績もあるので、通信速度やサポート体制にも定評があると言えます。※出典:BIGLOBEモバイル公式サイト

                  「エンタメフリーオプション」を契約すると、YouTubeやAppleMusicなどの特定のサービスで利用する通信量が、ゼロになります。

                  通勤・通学中に頻繁に動画音楽鑑賞をする方にとって、非常に魅力的な内容でしょう。

                  プラン 通常料金
                  (税込)
                  1年間の特典料金(税込)
                  1ギガ 1,078円 770円
                  3ギガ 1,320円 770円
                  6ギガ 1,870円 1,320円
                  12ギガ 3,740円 3,190円
                  20ギガ 5,720円 5,170円
                  30ギガ 8,195円 7,645円

                  出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

                  IIJmio

                  II jmio

                  IIJmioのおすすめポイント
                  • 取り扱いスマホの種類が豊富
                  • より携帯料金を抑えたい人におすすめなeSIMも展開
                  • 5G回線が無料で利用可能

                    IIJmioは、取り扱いスマホが40機種以上あるので、格安SIMの契約と同時に新規端末の購入を検討している方におすすめです。

                    また、eSIMというSIMカードが不要な格安プランにも対応しています。

                    一般的な格安SIMよりもさらに携帯料金を抑えたい方は、eSIMを検討してみてもいいでしょう。
                    2GB×5分かけ放題が月500円
                    IIJmio
                    キャンペーン詳細はこちら

                    さらに、5G回線が無料で使えるのもポイントです。今後どんどん展開されるであろう5G回線をお得に使うなら、II Jmioを契約してみてはいかがでしょうか。

                    プラン 通常料金
                    (税込)
                    eSIM
                    (税込)
                    2ギガ 858円 440円
                    4ギガ 1,078円 660円
                    8ギガ 1,518円 1,100円
                    15ギガ 1,848円 1,430円
                    20ギガ 2,068円 1,650円

                    出典::https://www.iijmio.jp/

                    2GB×5分かけ放題が月500円
                    IIJmio
                    キャンペーン詳細はこちら

                    mineo

                    mineo

                    mineoのおすすめポイント
                    • 数々の顧客満足度調査でNo.1を獲得
                    • データ容量を選ぶだけのシンプル料金プラン
                    • 大手3キャリアからの乗り換えが比較的簡単

                      mineoは、数々の顧客満足度ランキングでNo.1を獲得する、人気の格安SIM会社(MVNO)です。
                      ※出典:受賞一覧│格安スマホ・SiM【mineo(マイネオ)】

                      「料金プランが複雑でよくわからない」という方には、通信容量を選ぶだけでいいシンプルな料金プランがぴったりです。
                      データ無制限が月額660円!
                      mineo
                      通話オプションもお得

                      また、大手3キャリア(au/docomo/Softbank)の3回線に対応しているのもポイントです。

                      乗り換える際に新規端末を購入したり、SIMロック解除をしたりせずに済むのは大きなメリットでしょう。

                      プラン 通常料金(税込)
                      1ギガ 1,298円
                      5ギガ 1,518円
                      10ギガ 1,958円
                      20ギガ 2,178円

                      出典:https://mineo.jp/

                      データ無制限が月額660円!
                      mineo
                      通話オプションもお得

                      大手キャリアから格安SIM(MVNO)に乗り換える方法

                      大手携帯会社(au/docomo/Softbank)から乗り換える方法

                      大手キャリアから格安SIM(MVNO)へ乗り換える方法は、とてもシンプルです。

                      格安SIMはインターネットからの申し込みに対応しているため、契約したい会社の公式ページから手続きをするだけです。

                      大手キャリアから乗り換えるポイント
                      • 乗り換える際に手数料などは不要
                      • SIMカードを入手したら、端末に差し込むだけでOK
                      • 機種が対応していれば、新しく買い替える必要なし
                      • 機種が回線に対応しているか確認必須

                        大手キャリア(au/docomo/Softbank)から乗り換える際に、手数料などの支払いは不要です。しかし、契約解除料(違約金)がかかるケースもあります。

                        新しく契約した格安SIM会社のSIMカードを入手したら、所有している端末に差し込み簡単な初期設定を行いましょう。

                        また、格安SIM会社ごとに対応している回線が異なります。まずは、既存の端末に対応しているか確認し、非対応なのであれば新規端末を購入するか検討しましょう。

                        まとめ

                        ここまで、2022年版の本当に使える格安スマホランキングや、毎月の携帯料金を抑えるためにおすすめな格安SIM会社をご紹介しました。

                        大手キャリアから乗り換える際に手数料はかからないので、携帯料金を抑えたい方はすぐに格安SIMを契約するべきだと言えます。また、対応機種は会社ごとに異なるので、必ず事前に確認しましょう。

                        小学生のお子さんにどのスマホを持たせるか悩んでいた親御さんは、記事の中でご紹介した格安スマホと格安SIM会社をぜひ参考にしてみてください。

                        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                        おすすめの記事