auからLINEMOへ乗り換える手順は?メリット・デメリットも解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

今回は、auからLINEMOへ乗り換える手順や最適なタイミングを解説します。またauからLINEMOへ乗り換えるメリット・デメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートフォンの使用料金をいかに安くするかは、多くの人にとっての課題と言っても過言ではありません。実際にスマートフォンの料金は毎月発生するため、家計に大きく影響します。

そのため、現在auを契約している人の中にはLINEMOへの乗り換えを検討している方もいるでしょう。しかし、auからLINEMOへ乗り換えることで、どれだけお得になるか気になるところです。

auからLINEMOへ乗り換えるおすすめのタイミングやキャンペーン情報にも触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。
どのくらいお得になる?
auからLINEMO
乗り換えのメリットを解説
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

auからLINEMOに乗り換える際の流れ 

乗り換えの流れ
  1. 対応端末の確認
  2. SIMロックの解除
  3. 申し込みに必要なものを準備する
  4. 公式サイトから申し込む
  5. 回線切替とSIMカードの挿入
  6. APN設定を行う
  7. 再起動とLINE連携

1.対応端末を確認する

まずは、現在利用している端末がLINEMOで利用できるか公式サイトの動作確認端末ページで確認します。なお、現在利用している端末がLINEMOに対応していない場合は買い替えが必要です。

 端末を買い替える場合は、SIMフリースマホを購入して機種変更の手続きを行う手順で進めていきます。

新たなスマホを購入すると初期費用と少しの手間はかかりますが、長期的に見ると月額料金を抑えられる可能性があることから、長期的には大きな節約効果に期待できるでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

2.SIMロックの解除

SIMロックとは、購入した携帯電話会社以外のSIMカードが使用できない状態にすることです。そのため、auで購入した端末はSIMロックを解除しなければ、現在利用中の端末を使用できません。

 購入したキャリアによってSIMロック解除方法は異なるため、au以外で端末を購入した場合は購入先の公式サイトを確認してSIMロック解除を行う必要があります。

また、LINEMOでも各キャリアのSIMロックの解除方法が解説されているため、詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

3.申し込みに必要なものを準備する

LINEMOへの乗り換え申し込みに必要なものは、auから入手したMNP予約番号・本人確認書類・クレジットカードまたはキャッシュカード・メールアドレスの4つです。

MNP予約番号の発行はauのサポートセンターへの通話や全国にあるauショップで行えますが、マイページ「My au」からであれば以下の手順でいつでも手続きできます。

発行手順
  1. My auにログインする
  2. スマートフォン・携帯電話をタッチ
  3. ご契約内容/手続きをタッチ
  4. お問い合わせ/お手続きをタッチ
  5. MNPご予約をタッチ

画面に表示される手順に沿って手続きを完了させましょう。その後、申請した電話番号にMNP予約番号有効期限を記載したSMSが届きます。

そして、MNP予約番号を参照してLINEMOの乗り換え手続きを進める流れです。ただし、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていない場合は手続きできません

MNP予約番号の有効期限は、予約日を含めて15日間までと決められています。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

4.公式サイトから申し込む

LINEMOの公式サイトから申し込みを行い、画面に表示される手順に沿って手続きをしていきます。手続きを進めていくとSIMカードまたはeSIMどちらにするか決める項目が出てくるはずです。

SIMカードはカード型の一般的なSIMで、端末のSIMを差し替えることで利用できます。一方、eSIMはスマホ本体と一体化したSIMカードという違いがあるため、それぞれの特徴を表にまとめました。

項目SIMeSIM
配送ありなし
利用開始時間最短2日最短1時間
利用できる端末の種類多い少ない

eSIMは、通常のSIMと比べて早く利用開始できる点が特徴です。ただし、利用できる端末の種類は限られるため、eSIMを利用する際は対応端末を確認したうえで購入する機種を決めましょう。

すべての記入欄を書き終えると、申し込み完了のお知らせメールが届きます。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

5.回線切替とSIMカードの挿入

SIMカードを希望した場合は、既存のSIMカードと差し替えて配送されたSIMカードを挿入しますが、端末によってSIMトレイの場所やSIMカードを入れる方向が異なるため注意しましょう。

 LINEMOは標準SIM・マイクロSIM・ナノSIMのすべてに対応できるマルチSIMであるため、申し込み時にSIMカードのサイズを気にする必要がありません。

もしSIMカードが端末とサイズが合っていない場合でも、切り取ってサイズを調整できるため便利でしょう。そして、SIMカードを挿入した後は、回線の切り替えを行います。

回線切り替えは公式サイトからWEBまたは自動音声通話で行いますが、手順に沿って手続きを行うだけなので、誰でも切り替え手続きを行えるでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

6.APN設定を行う

APN設定とは、スマホにインターネットの接続先を認識させるための設定です。iPhoneはWi-Fi環境下で最新のOSかつキャリア設定がアップデートされていれば、自動でAPN設定が行われます。

 Androidの場合はWi-Fiをオフにして、スマホのホーム画面にある「設定」からLINEMOのAPNを追加する流れです。公式サイトに詳しい手順が記載されているので問題なく設定できるでしょう。

そして、iPhoneのクイックスタート機能同じGoogleアカウントを設定すると簡単にデータを移行できます。

※詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

7.再起動とLINE連携

回線切替手続き・APN設定、データ移行を終えたら端末を再起動してLINEと連携します。

LINEと連携することで、データ消費量ゼロLINEスタンプ使い放題など様々なサービスが利用可能です。LINEMOを活用するためには重要な手順なので忘れずに行いましょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOの基本情報 

おすすめポイント
  • 安い月額料金で利用できる特典が多い
  • オンラインで申し込みできる
  • eSIMも選択可能

LINEMOでは2,728円(税込)のスマホプラン990円(税込)のミニプランが用意されています。

ミニプランはデータ量が3GBで月額料金が1,000円以下と低価格で提供されている点が特徴です。一方で、スマホプランはデータ容量を1ヶ月に20GBまで使用できることがメリットでしょう。

 どちらのプランもLINEデータ消費量はなく、LINEスタンプは使い放題です。その他、キャンペーンによるポイント付与やかけ放題1年間無料などの特典も適用できます。

また、LINEMOはオンラインでの申し込みを行うため、手続きのために店舗へ足を運ぶ必要がありません。そのため、自宅からでもスキマ時間を活用して気軽に申し込みできます。

そして、近年話題を集めているeSIMに対応する点もLINEMOの特徴です。これまではSIMカードの郵送作業が必要でしたが、eSIMの利用によりオンライン上で申し込みを完結できます。

オンラインでの手続きも難しくないため、初心者でも契約できるでしょう。
使用回線ソフトバンク
対応エリア
  • 高速大容量のSoftBank 5G(28GHz、3.7GHz)の新周波数は限定エリアで提供
  • 5G(700MHz、1.7GHz、3.4GHz)のサービスエリアは東名阪、東北および北陸の一部エリアから順次開始
通信速度
  • 平均ダウンロード速度:71.56Mbps
  • 平均アップロード速度:16.37Mbps

※2023年2月25日時点でのみんそくによる調査

通信速度制限最大1Mbps(スマホプラン)
選択可能なSIMカードタイプSIMカード・eSIM
5G対応対応
契約期間・解約金
  • 契約期間:なし
  • 解約金:無料
運営会社ソフトバンク株式会社

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

auからLINEMOへ乗り換えはおすすめ?

携帯電話のキャリアを乗り換えたいと考える人は、通信費を抑えたい・多くの特典を得たいなどの理由が多いのではないでしょうか。

結論から言うと、今現在auを利用している人はLINEMOへの乗り換えがおすすめです。もちろん、キャリアがau以外の人もLINEMOへの乗り換えれば多くのメリットを受けられるでしょう。

 auにも独自のサービスがあること、全国に店舗があるため万が一携帯電話にトラブルが起こった際も近くの店舗ですぐに相談・修理に出せるなどのメリットがあります。

一方で、LINEMOにもストを抑えられることやLINE関連のサービスがお得に利用できるなど、多くのメリットがあるため、特徴を確認して自身のライフスタイルに合う契約先を選ぶと良いでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

auからLINEMOへ乗り換えるメリット

月額料金が安くなる

auの使い放題MAX5G・4Gは最安値で4,928円(税込)です。LINEMOはスマホプランで2,728円(税込)、ミニプランで990円(税込)のため、2,000円〜3,000円近く月額料金を抑えられます

これらのプランで使用し続けると料金はどうなるか、月・年数ごとに以下表にまとめました。比較しやすいように切りの良い金額を記載しているため、一つの指標として目を通してみましょう。

利用期間MAX5G・4Gスマホプランミニプラン
1ヶ月5,000円3,000円1,000円
3ヶ月15,000円9,000円3,000円
6ヶ月30,000円18,000円6,000円
12ヶ月60,000円36,000円12,000円
24ヶ月120,000円72,000円24,000円

表からも分かる通り、2年経過時のMAX5G・4Gとミニプランの金額差は10万円に近いです。そのため、スマホの使用頻度が少ない人はミニプランへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

国内通話かけ放題がお得に利用できる

LINEMOの魅力の一つとして、国内通話かけ放題のオプション料金が安い点が挙げられます。auとLINEMOの通話かけ放題オプション料金を比較すると以下の通りです。

通話オプション内容au料金(税込)※1LINEMO料金(税込)※2
5分かけ放題880円550円
無制限かけ放題1,980円1,650円

どちらのかけ放題においても、auよりLINEMOの方が手頃な料金設定です。そのため、通話をよくする人はLINEMOへの乗り換えで料金を抑えられるでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEの通話がギガフリー

LINEギガフリーとは、LINEの対象機能を使用する際の通信をデータ容量消費なしで利用できる機能です。そのため、データ使用量を気にせずLINEの音声通話あるいはビデオ通話を楽しめるでしょう。

また、音声通話あるいはビデオ通話以外でも、LINEギガフリーは以下の機能を対象としています。

ギガフリーの対象機能
  • トーク(スタンプ・画像・動画などを含む)
  • アルバムやノートの表示・編集
  • LINE VOOMの表示・投稿・シェア(アプリ限定)
  • LINE Payの利用

LINEの音声通話・ビデオ通話など、LINEのサービスを頻繁に利用する人はLINEMOがおすすめです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

ソフトバンク回線が使える

LINEMOはソフトバンク回線を使用可能で、場所を気にせず一定の通信速度を維持できる点は魅力的です。都心はもちろん、都心部以外でも安定した速度で通信を行えます。

 通勤・通学など人混みの中でも通信速度を維持しやすいため、あまりストレスを抱えず操作ができる点はソフトバンク回線のメリットです。

そのため、通信速度・安定性を重視する場合は、ソフトバンク回線を利用できるLINEMOが適しているでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

追加料金なしで5G通信が使える

5Gとは移動通信規格の第5世代のことで、4Gと比べて大幅に機能がアップしています。しかし、4Gと5Gの違いは少し分かりづらいので、各通信規格の特徴を表にまとめました。

項目4G5G
最高伝達速度最大1Gbpsおよそ10Gbps(下り最大20Gbps・上り最大10Gbpsとされている場合も)
通信速度110Mbps〜約1Gbps(下り最大1Gbps程度・上り最大数百Mbps程度)10Gbps(下り最大20Gbps・上り最大10Gbps)
同時接続数約10万台/k㎡100万台/k㎡
遅延速度約10ミリ秒約1ミリ秒

それぞれの通信規格を比較すると、おおよそ10倍近く機能がアップしたと分かります。また、LINEMOでは5G通信を追加料金なしで使える点もメリットの1つです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

留守番電話サービスが利用可能

留守番電話サービスでは、伝言メッセージ30件を最大72時間まで残すことができます。なお、留守番電話サービスは大手キャリアの格安プランであるahamo・povoでは提供していません。

そのため、忙しくて電話が取れなかった、怪しい人からの電話かもしれないため留守番電話にしたいという人にとって助かります。そして、留守番電話サービスの詳細は以下の通りです。

留守番電話サービスの内容
  • 保存件数:3分以内の伝言を30件まで
  • 保存期間:72時間

固定電話をよく使ってた人が携帯電話を使うと、留守番電話サービスがなくて不便に感じる可能性も考えられるでしょう。その点、LINEMOでは留守番電話サービスにより不便なく使用できます。

電話がかかってきてから72時間経過するとメッセージは自動的に削除されるため、自身で削除の操作をする必要もありません。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

携帯電話料金の支払いにPayPay残高が使える

PayPayとはスマホで支払いができるキャッシュレス決済です。現金での支払いは時間がかかる、財布を持ち歩くことが煩わしいなど、支払いに関して不便に感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

その点、LINEMOではPayPayの残高で携帯電話料金を支払うことが可能です。また、支払いはマイメニューから進められるため、PayPay残高で支払いを行う際でも手間がかかりません。

コンテンツ情報料やソフトバンクまとめて支払いなどは適用されないため注意が必要です。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

eSIMなら即日開通が可能

LINEMOでは近年話題となっているeSIMを即日開通することが可能です。これまでだとSIMの郵送作業をするのが一般的でしたが、eSIMはネット上で手続きを完結できます。

そして、回線が必要になったときにeSIMであればすぐに開通できる点もメリットと言えるでしょう。手続き方法も簡単なため、ネットの知識がなくてもすぐに進められます。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

乗り換えに事務手数料がかからない

auからLINEMOへ乗り換える際、事務手数料無料で初期費用がかかりません。また、その他の手数料・auのMNP転出手数料・LINEMOのMNP転入手数料も無料です。

大抵の場合は乗り換えの際に違約金がかかるため、乗り換えをためらうケースは少なくありません。しかし、auからLINEMOへは初期費用なしで乗り換えられるため、負担を気にせず乗り換えられます。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

auからLINEMOに乗り換えるデメリット

大容量プランがない

大容量プランの容量は30GBや50GBが一般的ですが、LINEMOではミニプランが3GB・スマホプランが20GBであり、他社と比較すると大容量とは言えません

そのため、多くのデータ量を使いたい人には物足りないと感じる可能性が考えられます。LINEMOはデータ量などを抑えることで月額料金を安くしているため、大容量を求める人には向いていないでしょう。

LINEMOはあくまでコスパを重視して使いたい人におすすめです。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

利用できない端末もある

LINEMOは一部の端末で利用できないこともあるため、申し込み前に公式ホームページで動作確認端末が必要です。

 もし自身の端末が利用できない場合は、端末の買い替えを検討する必要があります。乗り換えによって出費が発生する可能性があることはLINEMOのデメリットと言えます。

しかし、LINEMOの月額料金を踏まえれば、総合的な出費を抑えられる可能性も考えられるでしょう。

※詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

店舗での対面でのサポートがない

LINEMOはオンラインでの申し込みとなり、実店舗がないため対面でのサポートは受けられません。ただし、オンラインでのサポートは充実しています。

 公式サイトからサポートという項目を押すことで、問い合わせ・よくある質問・チャットサポート(契約相談)などを受けることが可能です。

そのため、LINEMOの乗り換え手続きで困ったときは、オンラインのサポートを活用すると良いでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

キャリアメールの継続利用は有料

auからLINEMOへ乗り換えるとauのキャリアメールは利用できません。もし、auのキャリアメールを継続利用を希望する際は月額330円(税込)の持ち運びサービスの契約が必要なので注意しましょう。

しかし、月額料金の支払いは必要ですが、auのキャリアメールを持ち運びできるため便利です。キャリアメールを頻繁に利用している人は、持ち運びサービスの利用をおすすめします。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

LINEMOでは端末の販売がない

auで端末を乗り換える場合は、実店舗やオンラインショップで端末を購入することで機種変更が可能です。しかし、LINEMOでは端末が販売されていないため、機種変更の方法が分かりにくいかもしれません。

 LINEMOでは端末が販売されていないため、ソフトバンクやワイモバイルなどの店舗でSIMフリースマホを購入したうえで機種変更をする必要があります。

SIMフリースマホの購入は決して難しくありませんが、今までauショップで端末を購入していた人にとっては機種変更の手順が異なるため、煩わしさを感じる可能性も考えられるでしょう。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

auからLINEMOへ乗り換えるおすすめのタイミング

月末に乗り換える

月初めに乗り換えると月末までの料金が無駄になることは注意点です。次の月初めまでスマホを利用しないことは難しいため、実質auプランとLINEMOの月額料金を二重で支払う必要があります。

 二重支払いを防ぐためには月末に乗り換えた方が良いでしょう。auのプランの月額料金はおよそ5,000円なので、2重支払いがなければ大きく節約できます。

また、auもお得なサービスが充実しているため、急ぎでなければ月末まで使い続けるのがおすすめです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

端末代金の支払いが終わってから乗り換える

LINEMOでは端末の販売がないため、あらかじめ端末を購入する必要があります。なお、端末を購入する際は2重支払いを避けるためにも、前に使用していた端末の支払いを終わらせておきましょう。

また、スマホ端末は様々な場所・方法で購入できるため、予算やラインナップから購入先を検討することがおすすめです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

MNP予約番号を取得してから乗り換える

auからMNP予約番号を取得してから乗り換えた方がスムーズに手続きが進みます。MNP予約番号の発行方法は電話・店頭でも行えますが、「My au」なら24時間いつでも手続きが可能です。

 My auからの手続きはMNP予約番号の項目をタッチして、画面に表示される手順に従って手続きします。その後、SMSが届いたらLINEMOの申し込み手続きをしましょう。

ただし、LINEMOの申し込みを先に行うと、手続きの途中でMNP予約番号を入力できません。また、MNP予約番号の有効期限は予約日を含め15日間までと決められているので注意が必要です。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

【2024年2月】auからLINEMOへの乗り換えで使えるキャンペーン

LINEMOでは2024年2月時点で以下のキャンペーンを開催しています。

キャンペーン情報
  • 最大20,000円相当PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • 通話オプション割引キャンペーン

【終了間近】最大20,000円相当PayPayポイントプレゼントキャンペーン

linemo キャンペーン

キャンペーンを適用して他社から乗り換え、かつPayPay残高で買い物することで、ミニプランなら最大10,940円、スマホプランなら最大20,000円相当のPayPayポイントを受け取ることができます。

 キャンペーン期間は2024年2月14日から2月29日までのごく短期間のため、早めにチェックしておきましょう。

ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えはキャンペーンの対象外となります。

買い物の際は対象加盟店にて、PayPay決済を行った場合のみ、キャンペーン対象になるので気をつける必要があります。
キャンペーン期間2024年2月14日(水)~  2月29日(木)
キャンペーン対象条件
  • LINEMOの「ミニプラン」「スマホプラン」を新しい番号で契約、または他社からの乗り換えで契約
  • 適用期間中に対象加盟店でPayPay決済した場合、決済金額の最大20%相当を付与(スマホプラン付与上限:4,000円相当/期間・2,000円相当/回、ミニプラン付与上限:5,000円相当/期間・2,000円相当/回)
キャンペーン特典
  • 【スマホプラン】
    最大20,000円相当PayPayポイントプレゼント
  • 【ミニプラン】
    最大10,940円相当PayPayポイントプレゼント

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

通話オプション割引キャンペーン

通話オプション割引キャンペーンは、5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」が通常月額550円(税込)のところLINEMO契約から7ヶ月間無料で利用できます。

 通話時間・回数ともに無制限で国内通話かけ放題の通話オプション「通話定額」も、通常月額1,650円(税込)のところLINEMO契約から1年後まで月額1,100円(税込)で利用可能す。

通話の機会が多い人は出費を抑えられるため、チェックしておくべき内容でしょう。なお、キャンペーン対象条件はLINEMOを契約中かつ通話オプションに加入していることです。

乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る

まとめ

この記事では、auからLINEMOへ乗り換えるメリット・デメリットや手順、乗り換えのタイミングなどを紹介しました。

結論から言うと、LINEMOへの乗り換えは月額料金を軽減できる可能性が高いためおすすめです。また、ソフトバンク回線が使える、追加料金なく5G通信に対応する点もメリットと言えるでしょう。

そして、乗り換え時に事務手数料がかからず、無駄な出費がない点は契約する側にとって魅力的です。一方で、LINEMOには大容量プランが無い、利用不可端末がある点には注意する必要があります。

LINEMOに魅力を感じた場合は乗り換えを検討してみてください。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事