Wi-Fiが繋がらない原因・対処方法は?繋がりやすくする方法も紹介

スマホやパソコンを利用している際にWi-Fiが繋がらなくなるトラブルを経験したことがある方は多いのではないでしょうか?

また、Wi-Fiが繋がらない時の対処方法を詳しく確認しておきたい方もいると思います。

そこでこの記事では、Wi-Fiの繋がらない原因・対処方法を解説。最後にはWi-Fiが繋がりやすくする方法も紹介するので、Wi-Fiが繋がらない時は参考にしてみてください。

Wi-Fiが繋がらなくなった場合に備えて確認しておくのもおすすめですよ。
ポケットWiFiは『THE WiFi』がおすすめ
THE WiFiロゴ
今だけ100GBまで使い放題が4ヶ月間無料
100GBで実質月額3,281円(税込)
30日無料でお試しOK

端末レンタル料金0円
最短即日発送0円
ドコモ・au・ソフトバンクのエリア対応
海外でもそのまま使える
24時間365日いつでも電話申し込み可能
30日以内なら料金負担なしで解約OK

今だけ100GBが4ヶ月間0円
公式サイトはこちら

Wi-Fiが繋がらない要因

通信端末

Wi-Fiが繋がらない要因

Wi-Fiが繋がらない原因の1つが、スマホやタブレットなどの通信を行っている端末である可能性も高いです。

 通信端末が原因の場合は、インターネットの接続設定がうまく行っていないケースが多くなります。

通信端末がWi-Fiに繋がらない場合であれば、Wi-Fiに繋がらな原因を特定しやすいので、最初に確認してみるのがおすすめです。

Wi-Fiを利用する端末の再起動も通信環境の改善に有効な方法です。

ルーター

Wi-Fiが繋がらない要因

Wi-Fiを利用する際に無線ルーターを利用している場合は、無線ルーター本体がWi-Fiの繋がらない原因となる場合があります。

 無線ルーター本体ではなく、LANケーブルや電源ケーブルがWi-Fiに繋がらない原因となっているケースも考えられます。

ホームルーターやポケットWi-Fiでは、無線ルーターを使用することはありませんが、利用している通信端末が原因で繋がらない場合もあることは注意したいポイントです。

利用している通信端末が繋がらない原因となる場合もよくある原因の1つです。

通信回線

Wi-Fiが繋がらない要因

契約している通信サービスの通信回線がWi-Fiが繋がらない原因となっている可能性も考えられます。

 通信サービスの通信回線が利用できない場合は、通信障害や回線のメンテナンスなどを行っている場合が多いです。

また、ポケットWi-Fiなどの基地局から発信された電波を利用する場合は、通信回線の混雑によって繋がらない場合もあるので気をつけましょう。

昼の時間帯や帰宅時間帯は通信回線が混雑しやすいです。

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

接続設定を確認する

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

Wi-Fiが繋がらない時には、スマホやパソコンなどに登録しているの接続設定を見直すことも対処方法の1つです。

 端末の接続設定が繋がらない原因となっている場合は、Wi-Fiがオンなっていないことや接続先が間違っているなどの理由が考えられます。

Wi-Fiが繋がらない時に簡単に確認できる方法の1つなので、繋がらない時は接続設定を確認してみてください。

多くの端末では本体設定からネットワーク設定を確認することができます。

電源・LANケーブルを確認する

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

無線ルーター本体ではなく、利用している電源ケーブルやLANケーブルが抜けていることが、Wi-Fiを利用できない原因となっていることもあります。

 電源ケーブルやLANケーブルが抜けてない場合は、ケーブル内部の断線も考えられます。

そのため、他の対処方法を確認した後もWi-Fiに接続できない場合は、電源ケーブル・LANケーブルを交換してみることもおすすめです。

ケーブルが抜けていることは意外に見落としやすいポイントになります。

ルーターの場所を変える

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

家のWi-Fiが繋がらない時は、ルーターの置き場所が悪い可能性もあります。ルーターの置く場所によって電波受信のしやすさが異なることは注意したいポイントです。

 ルーターは、電波を届きやすくするために、部屋の中央や床から1〜2メートルほどの高い場所に置くのがおすすめです。

また、ホームルーターやポケットWi-Fiなど基地局の電波を利用してインターネットに接続する場合は、窓際など電波を受信しやすい場所に通信機器を置いておくことで繋がりやすくなりますよ。

電波が届きづらいときはWi-Fiの中継機を使用する方法もあります。

端末・ルーターを再起動する

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

利用している端末・ルーターを再起動することで、Wi-Fiが繋がらないトラブルを改善できることもあります。

 端末・ルーターを再起動するメリットは、適切な接続方法に変更できることです。

特にルーターの再起動は、通信方法をリセットできるだけでなく、本体の熱を放出できるメリットもあるので、Wi-Fiが繋がらない時は試してみてください。

長期間ルーターや端末を再起動していない場合には最も有効な方法です。

通信回線の通信障害・メンテナンス情報を確認する

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

通信回線の通信障害が発生している時通信回線のメンテナンスが行われている場合も、インターネットに接続することができません。

 通信回線の通信障害が発生している時や通信回線のメンテナンスが行われている場合は、通信状況が改善するまでWi-Fiを利用することができないので注意しましょう。

通信回線の通信障害・メンテナンス情報は、通信サービスの公式WEBサイトやSNSから確認できるので、自分で行える対処方法を行ってもWi-Fiを利用できない時は通信障害・メンテナンス情報を確認してみてください。

通信障害は発生している原因によって改善までの時間が異なります。

料金の支払いを確認する

家のWi-Fiが繋がらない時の対処法

利用している通信サービスで料金の支払いができていない場合は、インターネットの回線が利用できないこともあります。

 料金の未払いでインターネットが利用できなくなるのは、料金滞納から数ヶ月後になる場合があることは注意したいポイントになるでしょう。

また、長期の料金滞納によって強制解約や違約金が発生することもあるので、Wi-Fiが利用できない場合は、料金の支払いが行われているか確認してみてください。

クレジットカードの有効期限切れによって料金が支払えていないこともありえます。

スマホ(iPhone・Android)がWi-Fiに繋がらない時の対処法

機内モードを確認する

スマホ(iPhone)がWi-Fiに繋がらない時の対処法

iPhone端末がWi-Fiに繋がらない時は、機内モードがオンになっていないか確認してみましょう。

 iPhone端末では、機内モードのオン・オフを簡単に行えるコントロールセンターが誤作動で表示されやすいことが機内モードになりやすい理由です。

iPhoneをポケットに入れている間に機内モードがオンになっている場合もあるので、Wi-Fiに繋がらない時は機内モードのオン・オフを確認してみてください。

機内モードはWi-FiやBluetoothなどの電波を発する機能をまとめて停止する機能です。

ネットワークの設定を初期化する

スマホ(iPhone)がWi-Fiに繋がらない時の対処法

Wi-Fiが繋がらない時は、利用しているネットワークの設定を初期化してみることも対処方法の1つになります。初期化をすることで通信が接続できない原因が改善できるかもしれません。

 ネットワークの初期化を行うと、インターネット共有やBluetoothの設定情報も初期化されてしまうことは注意したいポイントになるでしょう。

ネットワークの初期化を行うと設定していた情報が消えてしまうことから、再度ネットワーク設定をする必要がありますが、通信を改善しやすい方法のため、Wi-Fiが利用できない時は試してみてください。

iPhoneの本体設定からネットワーク設定の初期化を行えます。

Wi-Fiがオンになっているか確認する

スマホ(Android)がWi-Fiに繋がらない時の対処法

Android端末が繋がらない時は、端末のWi-Fi機能がオンになっているか確認してみましょう。

 利用する端末によってWi-Fiのオン・オフを切り替える方法は異なりますが、本体設定から確認できることが多いです。

また、iPhone端末でもWi-Fiがオフになっている時は、インターネットに接続できないので確認してみるのがおすすめです。

気づかないうちにWi-Fiがオフになっていることもあるので注意しましょう。

接続先を繋ぎ直す

ルーターを利用してインターネットに接続している時は、複数の接続先を利用できることもあります。その際にWi-Fiの接続先を間違えている場合はインターネットに接続ができません。

 通信速度が遅い場合は、ルーターを2重に接続していないかも確認しておきたいポイントです。

また、近くに公衆の無線LANがあった場合は、自動的に公衆の無線LANを接続している場合もあるので、Wi-Fiが繋がらない時は確認してみるといいでしょう。

公衆の無線LANは駅やコンビニなどで利用されています。

パソコンがWi-Fiに繋がらない時の対処法

LANドライバーが古い

パソコンがWi-Fiに繋がらない時の対処法

パソコンでインターネットを接続する際に必要なものがLANドライバーです。このLANドライバーのバージョンが古い場合もインターネットを利用できないことがあります。

 LANドライバーとは、インターネットを接続する際に必要となるソフトウェアです。

また、新しいバージョンにアップデートしても利用できない場合は、ソフトウェアを再インストールすることで改善する場合もあるので参考にしてみてください。

LANドライバーは購入したパソコンにあらかじめインストールされています。

ファイアーウォールを一時的に無効化する

パソコンがWi-Fiに繋がらない時の対処法

パソコンがWi-Fiに繋がらない場合は、インターネットを通じた外部からの不正なアクセスを防いでくれるファイアーウォールが原因となっていることもあります。

 ファイアーウォールは、WindowsなどのOSにもともと搭載されている機能であるため、インストールなどは必要ありません。

また、セキュリティソフトをパソコンにインストールしている場合は、OSに搭載されているファイアーウォールとセキュリティソフトのファイアーウォールが重複している可能性もあることは注意しましょう。

ファイアーウォールは不正なアクセスを防いでくれるため一時的に無効化するのがおすすめです。

Wi-Fiを繋がりやすくする方法

1通信機器からの距離を近くする

Wi-Fiを繋がりやすくする方法

Wi-Fiは無線での通信を行うことから、通信機器と無線ルーターの距離が離れていると繋がりにくいです。

 Wi-Fiができる距離は利用しているルーターや周波数によって異なりますが、直線距離で50〜100メートルほどの範囲で利用できます。

そのため、通信機器と無線ルーターの距離が離れている場合は、端末と無線ルーターの距離を近づけることで繋がりやすくなるでしょう。

鉄筋コンクリートや遮蔽物によって通信可能な距離が短くなるので注意が必要です。

2電波を発信する家電と同時に利用しない

Wi-Fiを繋がりやすくする方法

電子レンジやIHコンロなど電波を発する家電と同時にWi-Fiを利用すると、通信が途切れやすくなる特徴があります。

 電子レンジやIHコンロ利用時に発する電波が、Wi-Fiの電波と同じであることから、電波干渉しやすいことが途切れやすくなる理由です。

また、BluetoothもWi-Fiと同じ電波を発するので、ワイヤレスイヤホンなども干渉しやすいことは注意したいポイントです。

ファイルのダウンロードなどを行っている時は電子レンジなどの利用を控えましょう。

3周波数帯を変更する

Wi-Fiを繋がりやすくする方法

Wi-Fiで利用する電波は、2.4Ghzと5Ghzの周波数帯があります。2つの周波数は、以下の通り利用する無線LAN規格によって異なります。

無線LAN規格 周波数帯
IEEE 802.11b 2.4GHz
IEEE 802.11g 2.4GHz
IEEE 802.11a 5GHz
IEEE 802.11n 2.4GHz・5GHz
IEEE 802.11ac 5GHz
IEEE 802.11ax 2.4GHz・5GHz
 無線LAN規格とは、Wi-Fiを利用する際の通信方法を意味します。

2.4Ghzの周波数は、広い範囲に届きやすいですが、家電やBluetoothなどに利用されている周波数のため電波干渉しやすいデメリットがあります。

対する5Ghzの周波数は、速い速度で通信できることや電波に干渉しにくいメリットがありますが、遮蔽物の影響を受けやすく電波が届きにくいです。

そのため、Wi-Fiが繋がらない時は利用する無線LAN規格を変更して、周波数を変更してみることが方法の1つになるでしょう。

無線LAN規格によって最大通信速度も異なることは注意したいポイントです。

4中継機を設置する

Wi-Fiを繋がりやすくする方法

無線ルーターで発信する電波の距離が原因となり、Wi-Fiが利用できない場合は中継機を設置することもおすすめの方法です。

 中継機は、無線LANと通信端末の電波を届きやすくする機器となっています。

また、電波が届きにくい水回りや鉄筋コンクリートの建物でも中継機を設置することで、通信速度が安定するメリットもあります。

親機と中継機の2つが必要になることは気をつけたいポイントです。

Wi-Fiが繋がらないならTHEWiFiがおすすめ!

THE WiFiなら100GBが4ヶ月0円
THE WiFi

今だけの特別キャンペーン実施中

  • 4ヶ月間基本料金0円
    通常より税込16,412円お得
  • 30日間無料でお試し体験
  • 登録事務手数料が1,000円オフ

THE WiFiなら、実質月額3,281円(税込)で100GBまで使い放題。万が一サービスに満足しなかった場合は、申し込み日から30日以内の申告で、一切の料金負担なく解約OK

端末レンタル料金0円
最短即日発送0円
ドコモ・au・ソフトバンクのエリア対応
海外でもそのまま使える
24時間365日いつでも電話申し込み可能

注目度・価格安心度・アフターケア信頼度の3部門でNo.1を受賞した実績を持つTHE WiFiを、今なら無料で試せるチャンスです。

今だけ100GBが4ヶ月間0円
公式サイトはこちら
※日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年10月期 ブランドのイメージ調査)

よくある質問

Wi-Fiが繋がらない原因は何?

Wi-Fiが繋がらない原因としては、通信端末やルーターが原因となる場合が多いです。

契約している通信サービスの通信回線が原因となっている場合もあるので注意しておきましょう。

Wi-Fiが繋がらない時の対処方法は?

Wi-Fiが繋がらない時の対処方法は、接続設定を確認する方法やルーターの場所を変える方法などがあります。

繋がらない原因によって対処方法が異なるので、Wi-Fiが繋がらない時はトラブルの原因を確認することが重要です。

Wi-Fiを繋げやすくする方法は?

Wi-Fiを繋げやすくする方法は、通信機器とルーターの距離を近くするなどの方法があります。

場合によっては中継機の購入やルーターを変更しなければならないこともあるので気をつけましょう。

Wi-Fiの電波に干渉しやすい家電は何?

Wi-Fiの電波に干渉しやすい家電は、電子レンジやIHコンロなどが該当します。

ワイヤレスイヤホンなどで利用するBluetoothもWi-Fiの電波に干渉しやすいため注意する必要があります。

通信回線の障害・メンテナンス情報はどこから確認できる?

通信回線の障害・メンテナンス情報は、契約している通信サービスの公式WEBサイトから確認できることが多いです。

SNSなどで情報を発信している場合もあるので、Wi-Fiが繋がらない時は確認してみるといいでしょう。

2.4Ghzと5Ghzの違いは?

周波数の2.4Ghzと5Ghzの違いは、電波の届きやすさと電波干渉のしやすさに特徴があります。

Wi-Fiで利用する通信規格によって最大通信速度が異なることも違いの1つになるでしょう。

ルーターを置くおすすめの場所は?

ルーターを置く場所は、範囲を届きやすくするために部屋の中央かつ床から1〜2メートル離れた高さに置くといいでしょう。

ポケットWi-Fiなど電波を受信してインターネットに接続する場合は、電波を受信しやすい窓際に置くのがおすすめです。

まとめ

この記事では、Wi-Fiが繋がらない時の原因・対処方法について解説しました。

Wi-Fiを利用している場合は、トラブルの元になっている原因が分かりにくいですが、トラブルの原因を1つずつ確認しておくことで、Wi-Fiが利用できない原因を特定できるでしょう。

また、Wi-Fiを繋がりやすくする方法も紹介しているので、Wi-Fiが繋がりにくい時は試してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事