格安SIM9社の速度比較ランキング!速度重視で選ぶ時のおすすめは?

「格安SIMに乗り換えたいけど通信速度が不安…」「通信速度が安定しているMVNOってあるの?」など、最近話題の格安SIMに興味を持っている人は増えています。

そこで今回は、通信速度重視のおすすめ格安SIMを9社ピックアップして徹底解説。また、各社の通信速度を比較したランキングも紹介しています。

他にも通信速度が遅くなる原因や対処法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【通信速度重視】おすすめ格安SIM9選

※記載している通信速度は、各社が公式サイトに記載している理論値です。実測値とは異なることを、予めご了承ください。

LINEMO
楽天モバイル
mineo
UQモバイル
Y!mobile
OCNモバイルONE
IIJmio
y.u mobile
BIGLOBE
モバイル
LINEMOロゴ
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
uqモバイルロゴ
Y!mobileロゴ
OCNモバイルONE_ロゴ
IIJmioロゴ
y.u mobile_ロゴ
BIGLOBEモバイルロゴ
月額料金
今なら実質0円〜
10/31まで
実質0円〜
660円(税込)〜
990円(税込)〜
990円(税込)〜
550円(税込)〜
410円(税込)〜
1,070円(税込)〜
550円(税込)〜
月間データ容量
3GB〜
1GB〜
1GB〜
3GB〜
3GB〜
500MB〜
2GB〜
5GB〜
1GB〜
最大通信速度
非公開
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
下り150Mbps
※端末によっては225Mbps
下り428~838Mbps
※全国主要都市の一部エリア
非公開
下り1,288Mbps
下り100Mbps
下り約1,288Mbps
※タイプDの場合
使用回線
ソフトバンク
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
au
ソフトバンク
ドコモ
ドコモ、au
ドコモ
ドコモ、au
キャンペーン
他社から乗り換えで10,000円相当プレゼント
申し込みで
最大24,000
ポイント還元中!
通話オプション月額料金が
1年間割引
SIMのみ契約&対象オプション加入で最大15,000円相当還元
乗り換えで
最大11,000円
相当プレゼント
iPhoneセットが
110円(税込)〜
通話オプションが
7ヶ月間
月90円(税込)〜
月額基本料が初月無料+1,200ポイント進呈
口座振替
テザリング

LINEMO

LINEMO

LINEMOの特徴
  • 【通信速度】下り:記載なし/上り:記載なし
  • 3GB:月額990円(税込)が最大8ヶ月間実質0円のキャンペーン実施中
  • LINE通話・トークのギガ消費0!ビデオ通話も使い放題
  • 他社からの乗り換えで10,000円相当のPayPayポイントプレゼント1
  • 1回5分以内の国内通話オプションが1年間無料!
  • 速度制限になっても最大通信速度は1Mbps※2

LINEMOは、ソフトバンクの回線を利用する格安SIMです。対応エリアで5G対応端末を使えば、5Gでのデータ通信も可能です。

月3GBのミニプランは、実質月額料金が最大8ヶ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

LINEMOの最大の特徴はLINEのギガ消費量が0で、トーク、ビデオ通話などが使い放題という点です。

LINEギガフリーとは

また、月間データ容量が20GBの「スマホプラン」では、速度制限がかかっても最大通信速度は1Mbpsで利用できるので、ストレスなく使えるでしょう。

プラン 料金/月(税込) 容量 速度制限時
ミニプラン ¥990
今なら最大8ヶ月間実質無料
3GB 最大300Kbps
スマホプラン ¥2,728 20GB 最大1Mbps
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMO

※1:終了日未定

※2:スマホプランの場合。ミニプランの場合、通信速度制限後の最大通信速度は300Kbps です。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの特徴
  • 【通信速度】下り:記載なし/上り:記載なし
  • 月額3,278円(税込)でネット使い放題
  • au・docomo・Softbankと並ぶ注目の新規キャリア
  • 自社回線なので時間帯に関わらず通信速度が安定している
  • 料金プランは格安SIM顔負けの安さ

    楽天モバイルは、最近キャリア参入し「料金プランが格安SIM並み」だと注目を集めています。

    以前はdocomo回線とau回線を借りていましたが、自社回線を提供し始めてからは通信速度が非常に安定するようになりました。
    また「料金プランは1つだけ」といたってシンプルで、使用したギガ数に応じて毎月の利用料金が決まる仕組みです。
    仮に上限である20GBを超えたとしても、月額3,000円程度で利用できるのは大きなメリットでしょう。
    プラン 料金/月(税込)
    1GBまで 実質¥0
    3GBまで ¥1,078
    20GBまで ¥2,178
    20GB以降 ¥3,278
    申し込みで最大24,000円相当還元!
    楽天モバイル
    iPhone本体代が最安値

    楽天モバイル

    ※:2022年10月31日まで

    mineo

    mineo

    mineoの特徴
    • 【通信速度】下り:記載なし/上り:記載なし
    • データ使い放題&標準通話10分かけ放題が6ヶ月間660円(税込)/月〜
    • iPhone 13の購入可能!
    • 大手キャリア(au・docomo・Softbank)の3回線から選べる
    • 「マイネ王」で日々の通信速度をチェック可能
    • 余ったパケットは友人や家族と分け合える

      mineoは、大手キャリア(au・docomo・Softbank)の3回線に対応している格安SIMです。

      公式サイトである「マイネ王」で、日々の通信データ速度を日・時間帯別で確認できます。

      回線が混雑する時間帯を、意図的に避けて使用することが可能です。

      また、余ったパケットは友人や家族と分け合えるオプションが用意されています。速度制限になったとしても、無料で復活できる可能性があるのは大きな利点です。

      プラン 音声対応SIM
      料金/月(税込)
      データ通信専用SIM
      料金/月(税込)
      1GB ¥1,298 ¥880
      5GB ¥1,518 ¥1,265
      10GB ¥1,958 ¥1,705
      20GB ¥2,178 ¥1,925
      データ無制限が月額660円!
      mineo
      通話オプションもお得

       

      mineo

      ※mineoとの提携サイト限定のキャンペーン。指定のリンクからの申込のみ特典が適用されます。2022年8月31日まで

      UQ mobile

      uqモバイル

      UQモバイルの特徴
      • 【通信速度】下り:最大150Mbps/上り:記載なし
      • 他社からの乗り換えで最大18,000円相当(不課税)のau PAY残高還元!
      • 大手キャリアであるauのサブブランド
      • 建物内などの回線が不安定な場所でも問題なし
      • 速度制限になっても最大1Mbpsで利用可能

        UQモバイルは、大手キャリアであるauのサブブランドです。Y!mobileと同じく大手キャリアのサブブランドなので、通信速度に関しては問題ありません。

        速度制限時の最大通信速度についても、Y!mobileと同じ速度で利用可能です。

        公式サイトで詳細をみる⇒
        UQモバイル
        最大15,000円相当還元

        「建物内などの回線スピードに支障がでやすい場所でも、問題なく使える」といった声もあります。

        現在使用中の端末がauならUQモバイル、SoftbankならY!mobileがおすすめです。

        プラン 料金/月(税込) 容量 基本データ容量超過時・
        節約モード時
        くりこしプランS ¥1,628 3GB 最大300Kbps
        くりこしプランM ¥2,728 15GB 最大1Mbps
        くりこしプランL ¥3,828 25GB 最大1Mbps
        公式サイトで詳細をみる⇒
        UQモバイル
        最大15,000円相当還元

        UQ モバイル

        ※:2022年6月30日まで 

        Y!mobile

        Y!mobile

        Y!mobileの特徴
        • 【通信速度】下り:最大75Mbps/上り:最大25Mbps
        • 大手キャリアであるSoftbankのサブブランド
        • 通信速度がSoftbankと大差ないと評判
        • 速度制限になっても最大1Mbpsで利用可能
        • 余ったデータは翌月へ繰り越し可能

          Y!mobileは、Softbankのサブブランドとして知名度が高い格安SIMです。

          通信速度に定評があり「Softbankと大差ないのでは」といった声もあります。
          最大11,000円相当プレゼント!
          Y!mobile
          公式サイトはこちら

          また、速度制限時でも1Mbpsで利用できるのは、大きなメリットでしょう。

          プラン 料金/月(税込) データ容量 速度制限時
          シンプルS ¥2,178 3GB 最大300Kbps
          シンプルM ¥3,278 15GB 最大1Mbps
          シンプルL ¥4,158 25GB 最大1Mbps

          出典:https://www.ymobile.jp/

          最大11,000円相当プレゼント!
          Y!mobile
          公式サイトはこちら

          OCNモバイルONE

          OCNモバイルONE

          OCNモバイルONEの特徴
          • 【通信速度】下り:最大988Mbps/上り:最大75Mbps
          • 月額基本料金は550円(税込)〜
          • docomo回線通信品質 二期連続総合評価No.1
          • 2020年オリコン顧客満足度No.1
            オリコン 端末のラインナップ 満足度ランキング
          • NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM

            OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。特筆すべきなのは、docomo回線通信品質で二期連続・総合一位評価を獲得している点です。
            MM総研 2020年10月 MVNOネットワーク品質調査

            主要MVNO5社の中でも、高い評価を受けていることを表しています。

            したがって、docomo回線で通信速度の速い格安SIMを探している方なら、OCNモバイルONE一択だと言えるでしょう。

            docomo回線の通信品質No.1
            OCNモバイルONE
            iPhoneセットが110円〜

             

            プラン 音声対応SIM
            料金/月(税込)
            データ通信専用SIM
            料金/月(税込)
            1GB/月コース ¥770
            3GB/月コース ¥990 ¥858
            6GB/月コース ¥1,320 ¥1,188
            10GB/月コース ¥1,760 ¥1,628

            出典:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

            docomo回線の通信品質No.1
            OCNモバイルONE
            iPhoneセットが110円〜

            IIJmio

            IIJmio

            IIJmioの特徴
            • 【通信速度】下り:最大1,288Mbps/上り:最大131Mbps
            • データ通信のみ2GBが月額440円(税込)〜とお得
            • 契約期間に縛りなし、違約金もなし
            • 余ったデータは翌月に繰越し可能
            • 取り扱いスマホ40機種以上

              IIJmio(アイアイジェイミオ)は、老舗の格安SIMブランドで、1993年にインターネットサービスプロバイダとして創業した企業です。好みに応じて「SIMの機能」と「データ量」を自由に組み合わせることができます。

              また、契約期間に縛りがないため、解約したい時に違約金なしで解約できます。月額料金の値上がりの心配もありません。

              一ヶ月で使いきれなかったデータは翌月に繰り越せます。家族で利用している場合は、データのシェアも可能です。

              また、スマホの機種を豊富に取り揃えている点も魅力です。最新スマホからMVNO限定スマホまで、合計40機種以上から選べます。

              格安SIMへの乗り換えを機に、スマホを新調したい方におすすめです。

              2GB×5分かけ放題が月500円
              IIJmio
              キャンペーン詳細はこちら

               

              プラン 音声通話SIM
              料金/月(税込)
              データ通信専用SIM
              料金/月(税込)
              2ギガプラン ¥858 ¥748
              4ギガプラン ¥1,078 ¥968
              8ギガプラン ¥1,518 ¥1,408
              15ギガプラン ¥1,848 ¥1,738
              20ギガプラン ¥2,068 ¥1,958

              出典:https://www.iijmio.jp/

              2GB×5分かけ放題が月500円
              IIJmio
              キャンペーン詳細はこちら

              y.u mobile

              y.u mobile

              y.u mobileの特徴
              • 【通信速度】下り:記載なし/上り:記載なし
              • 余ったギガは永久に繰り越しOK(100GBまで)
              • docomo回線だから繋がりにくい三陸部や離島もカバー
              • 2人で最大30GBまで使えるシェアプランあり

                y.u mobileは、docomo回線の格安SIMです。

                公式サイトで日々の回線スピードを公開しており、計測値はy.u mobileの本社がある東京都品川区で計測しています。そのため都内在住の方なら、ほぼ同じスピードで利用できると考えられるでしょう。

                料金体系がシンプルで分かりやすいのも魅力です。
                 シングル U-NETX・シェア U-NETXのプランでは、22万本以上の動画と150誌以上の雑誌が読み放題な「U-NEXT」の月額料金が含まれています。

                今なら利用開始月の月額料金が無料になるキャンペーンを実施中なので、お得に利用することが可能です。

                5GBがたったの月1,070円!
                y.u mobile
                公式サイト

                 

                プラン 料金/月
                (税込)
                データ
                容量
                シングル ¥1,070 5GB
                シングル
                U-NEXT
                ¥2,970 最大20GB
                シェア U-NEXT ¥4,170 最大30GB

                出典:https://www.yumobile.jp/

                5GBがたったの月1,070円!
                y.u mobile
                公式サイト

                BIGLOBEモバイル

                BIGLOBEmobile

                BIGLOBEモバイルの特徴
                • 通信速度】下り:最大1,288Mbps/上り:最大131Mbps
                • au・docomoの2回線から選べる格安SIM
                • 余ったデータは翌月へ繰り越しできる
                • 混雑時でも、LINEやSNSなどは問題なく利用可能
                • 特定のサービスなら通信料を消費しない「エンタメフリーオプション」が便利

                BIGLOBEモバイルは、大手キャリアであるau・docomoの2回線から好みの回線を選べる格安SIMです。

                時間帯によって回線スピードは変動しますが、混雑時でもLINEやSNSなどの最低限のサービスは、快適に利用できるようになっています。

                「エンタメフリーオプション」に加入すれば、YouTubeやU-NEXT、Apple Musicなどのサービスが通信料を消費せずに利用できます。

                動画、または音楽配信サービスのヘビーユーザーの方に非常におすすめな格安SIMです。

                プラン 料金/月(税込)
                1ギガプラン ¥1,080
                3ギガプラン ¥1,320
                6ギガプラン ¥1,870
                12ギガプラン ¥3,740
                20ギガプラン ¥5,720
                30ギガプラン ¥8,195

                出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

                おすすめ格安SIM通信速度比較ランキング

                ※このランキングは、各社公式サイトに記載されている最大通信速度を比較して作成しています。

                1BIGLOBEモバイル

                BIGLOBEmobile

                BIGLOBEモバイルの特徴
                • 【通信速度】下り:最大1,288Mbps/上り:最大131Mbps
                • au・docomoの2回線から選べる格安SIM
                • 混雑時でもLINEやSNSなどは問題なく利用可能
                • 特定のサービスなら通信料を消費しない「エンタメフリーオプション」が便利

                1IIJmio

                IIJmio

                II Jmioの特徴
                • 【通信速度】下り:最大1,288Mbps/上り:最大131Mbps
                • 契約期間に縛りなし、違約金もなし
                • 余ったデータは翌月に繰越し可能
                • 取り扱いスマホ40機種以上
                2GB×5分かけ放題が月500円
                IIJmio
                キャンペーン詳細はこちら

                3OCNモバイルONE

                OCNモバイルONE

                OCNモバイルONEの特徴
                docomo回線の通信品質No.1
                OCNモバイルONE
                iPhoneセットが110円〜

                4UQ mobile

                uqモバイル

                UQモバイルの特徴
                • 【通信速度】下り:最大150Mbps/上り:記載なし
                • 大手キャリアであるauのサブブランド
                • 建物内などの回線が不安定な場所でも問題なし
                • 速度制限になっても最大1Mbpsで利用可能
                公式サイトで詳細をみる⇒
                UQモバイル
                最大15,000円相当還元

                リアルタイム通信速度の比較方法

                リアルタイムの回線スピードを比較するには

                リアルタイムの回線スピードを測定するための方法は、いくつかあります。

                自分が利用していない格安SIMのリアルな回線スピードを知るには、一度自分自身で試さなければならないのがネックですよね。

                そんな方におすすめしたいサービスが「みんなのネット回線速度」です。ポイントは下記の3つです。

                みんなのネット回線速度のポイント
                • 各格安SIM業者のリアルな回線スピードが調べられる
                • 場所・時間帯ごとに、全国の人が計測した情報が一目でわかる
                • 直近3か月以内のデータをもとにした「格安SIMの通信速度ランキング」公開されている

                  格安SIMだけでなく光回線などの通信速度もリアルタイムで計測しているので、ぜひ参考にしてみてください。
                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  速度制限が原因?格安SIMで通信速度が遅くなる理由

                  速度制限が原因?通信速度が遅くなる理由を紹介

                  格安SIMを契約した後に「速度制限にかかったのかな?」と思うほど、通信速度が遅くなる場面があるかもしれません。通信速度が遅くなる原因は、速度制限以外にもいくつかあります。

                  まずは、通信速度が遅くなってしまう理由についてみていきましょう。

                  1.大手キャリアから回線を借りているから

                  格安SIMは自社回線がなく、大手キャリアから回線を借りています。一般的に多くの回線を借りている業者は回線速度が速くなりますが、借りている回線数を調べるのは困難でしょう。

                   各格安SIM業者のHPに記載されている通信速度は、あくまで期待値です。

                  したがって、リアルタイムの回線速度や口コミを調べるなどして、契約する前に通信速度に欠点がないか確認するのがおすすめです。

                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  2.利用ユーザーが増えてきているから

                  速度制限が原因?通信速度が遅くなる理由を紹介

                  格安SIMは大手キャリアから借りた回線を、ユーザー同士で分け合う仕組みです。

                   事前に借りてある回線数が少なければ、ユーザーが分け合う回線比率は少なくなってしまいます。

                  ユーザーの増加と共に回線を増設しますが、増設完了までに時間がかかります。

                  利用ユーザーの増え方が増設スピードを上回っている状態では、十分な回線速度は提供してもらえないと考えられます。
                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  3.時間帯・場所に問題があるから

                  速度制限が原因?通信速度が遅くなる理由を紹介

                  時間帯・場所に問題がある場合も通信速度が遅くなります。

                  たとえば、通勤・通学時間やお昼休みの時間に該当する時間帯は、多くの人が回線を利用するので回線速度が落ちてしまいます。

                  また、都市部や駅構内などの多くの人が集まる場所でも回線が混雑するので、通信速度が遅くなるのです。

                  上記のようなケースは大手キャリアでも起こりますが、より顕著に感じてしまうのが格安SIMのデメリットでしょう。
                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  格安SIMの通信速度が遅くてストレスを感じた場合の対処法4つ

                  スマホ

                  格安SIMに変更した後に、通信速度が遅くてイライラする機会があるかもしれません。

                  そんなときに役立つ「通信速度を改善する方法」を3つご紹介します。

                  1.モバイルデータ通信のON・OFF

                  回線やスマホ自体に問題はなく、なんらかの障害によって通信速度が遅くなるケースは稀に起こります。

                  通信速度が遅くなったときに、回線に問題があると感じたら、モバイルデータ通信のON・OFFをしてみましょう。

                  モバイルデータ通信は、インターネットを接続・解除するためのものです。接続をやり直すことで通信速度が復活する可能性があります。

                  2.スマホ本体を再起動

                  通信速度が遅くてストレスを感じた場合の対処法

                  通信速度が遅くなっている原因は、回線自体が問題ではない可能性があります。

                   長時間スマホを利用し続けているのであれば、一度電源を切って再起動してみましょう。

                  スマホ自体が長時間稼働し続けて疲弊しているのであれば、少し休ませた後に再度電源を入れれば復活するかもしれません。

                  3.場所・時間帯をずらす

                  通信速度が遅くてストレスを感じた場合の対処法

                  場所・時間帯によっては回線が混雑するため、通信速度が低速になる可能性があります。

                  もし、都市部や地下鉄、ビルの内部などの人が集中している、または電波が繋がりにくい場所で不満を感じたら、移動してみるのも一つの手です。

                   お昼時や通勤・退勤時間帯は多くの人がスマホを利用するので、回線が混みあってしまいます。

                  毎日同じ時間帯に通信速度が落ちるのであれば、その時間帯はWi-Fi環境に行くなどの対策をしましょう。

                  4.速度制限時の最大通信速度を確認しよう

                  格安SIMの通信速度が遅いときの対処法について解説してきましたが、格安SIMを選ぶときにも、通信速度でストレスを感じないための対処法があります。

                   通信速度重視で格安SIMを選ぶ際は、月間データ容量を超えたあとの「速度制限時の最大通信速度」を基準に選ぶのも1つの手です。

                  速度制限がかかると多くの場合、200〜300Kbps程度になり、メールなどの簡単な通信しかできず、WebやSNSの閲覧が難しくなります。

                  しかし、格安SIMのプランによっては速度制限になっても最大通信速度が1Mbpsで利用できるところがあります

                  1Mbpsでは、LINEやTwitterなどのテキストメインのSNSや、Webの閲覧などがストレスなく使えます。

                  ただし、高画質の動画視聴や、オンラインゲームなどをする場合は、最大通信速度が1Mbpsだと不便に感じてしまうでしょう。

                  速度制限時の最大通信速度が1Mbps以上の格安SIM

                  格安SIMを選ぶ際は、速度制限時の最大通信速度が1Mbps以上のところを選ぶのが良いでしょう。主な格安SIMとプランは以下の通りです。

                  格安SIM プラン
                  LINEMO スマホプラン
                  楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅶ
                  mineo マイそく
                  UQモバイル くりこしプランM +5G
                  くりこしプランL +5G
                  Y!モバイル シンプルM
                  シンプルL
                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  格安SIMを選ぶとき回線スピード以外の注意すべきポイント

                  回線スピード以外に注意すべきポイント3選

                  格安SIMを契約する際に、速度以外にも注意すべきポイントが3つあります。

                  それぞれ詳しく紹介しますので、格安SIM選びの参考にしてみください。

                  1.料金プラン・データ容量

                  料金プラン・データ容量についても、しっかりと確認しましょう。通信速度だけで選んでしまうと、データ容量などその他の部分で困ることもあるでしょう。

                  通信速度に定評のある業者を複数社に絞り込み、自分に合った料金プラン・データ容量のところと契約するのが良いでしょう。
                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料

                  2.所有している端末がそのまま利用できるか

                  回線スピード以外に注意すべきポイント3選

                  いざ契約しようと思った格安SIMが、自分の所有している端末に対応していないケースがあります。その場合、別の業者を選びなおすか、対応している端末を新たに購入しなければなりません。

                  また、SIMカードの種類も端末によって対応しているものが異なります。

                  気になる格安SIMがあれば、公式HPから対応機種を調べてみると良いでしょう。
                  iPhoneに対応している格安SIMは「iPhoneにおすすめの格安SIM6選」で紹介しています。

                  3.格安SIMが借りている回線元について

                  回線スピード以外に注意すべきポイント3選

                  格安SIMの回線元がどこなのか確認しましょう。すでに所有している端末と同じキャリアであれば、そのまま利用できる可能性が高まります。

                  現在契約しているキャリアとエリアの相性がいいのであれば、同じ回線を使っている格安SIMがおすすめです。

                  同じ回線なら、現在暮らしているエリアとの相性良い可能性が高いでしょう。
                  例えば、ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、通信速度に関してソフトバンクとほとんど大差がないと評判です。
                  最大11,000円相当プレゼント!
                  Y!mobile
                  公式サイトはこちら

                  まとめ

                  ここまで、格安SIMの通信速度ランキングや、リアルタイムの回線スピードを調査する方法などをご紹介しました。

                  数ある格安SIMの通信速度の速さを比較するのは困難なので、今回ご紹介したおすすめの格安SIMの中から、自分に合ったものを選択するのがおすすめです。

                  また、通信制限のような回線速度が遅い環境はストレスを感じるので、安定して利用できるWi-Fi環境に行くなど対策を取りましょう。

                  公式サイトで詳細をみる⇒
                  LINEMO
                  月額990円が実質無料
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                  ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                  ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                  おすすめの記事