povoの申し込み方法を解説!新規契約や乗り換え時の注意点も
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

月額基本料金0円から始められて、自分で自由にデータを購入できる料金プランが特徴の「povo2.0」は、スマホの料金を見直したい人におすすめの格安プランです。

povo2.0への申し込みを検討している人は、「auから乗り換える方法を知りたい」「新規契約の方法がわからない」このような疑問を持っていませんか?

そこで本記事では、他社からの乗り換えや新規契約など申し込みの方法別にpovo2.0へ申し込む手順を解説します。povoの手続きはオンラインで完了するため、自宅で今すぐに契約可能です。

申し込むうえで注意したいポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

povo2.0への申し込みはオンラインから!

povo ロゴ

povo2.0はKDDIが提供するオンライン専用プランで、公式アプリからの申し込みが可能です。

 オンライン専用プランですが、パソコンからの申し込みはできないので注意しましょう。

契約期間の縛りや事務手数料は発生しないため、気軽に申し込みやすい点がメリットです。ただし申し込みのサポートが店頭や電話で受けられない点が、欠点でもあります。

申し込みに何か不明な点がある場合には、チャットでの問い合わせを活用してみてください。

povo2.0ではスマホを購入できないので、スマホは各メーカーや大手キャリアなどから購入しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

新規契約|povo2.0に申し込む手順

povo2.0に申し込む手順

新規契約でpovo2.0に申し込む際は以下の手順を踏みます。

詳しく解説していますので、チェックしながら手続きを進めていきましょう。

新規契約で申し込む手順
  1. 手続きに必要なものを用意する
  2. povo2.0へ申し込む
  3. 開通手続きをする

1手続きに必要なものを用意する

手続きに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・在留カードのいずれか1つ)
  • クレジットカード情報
  • 利用端末
  • メールアドレス(キャリアメールは不可)

新規契約でpovo2.0へ申し込む際には、事前に上記の4点を用意しておきましょう。

 povo2.0の支払い方法は、クレジットカードにのみ対応しています。

また新規契約の場合、povo2.0で利用する端末を自分で用意する必要があります。SIMとスマホが一体型になったeSIMは対応端末が限られるので確認しておきましょう。

povo2.0に登録するメールアドレスはキャリアメールが使用できないので、フリーメールのアカウントを事前に作成しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

2povo2.0へ申し込む

新規契約の申し込み手続きの流れ
  1. povo2.0アプリをダウンロード
  2. アプリを起動してログイン
  3. 画面に従って必要事項の入力(SIMタイプの選択やクレジットカード情報の入力)
  4. eKYC(電子本人認証)の画面で、利用者情報を入力
  5. eKYC認証完了後に登録アドレスに届くメールを確認
  6. 「本人確認を行う」ボタンを選択
  7. 画面の指示に従って必要事項の入力

povo2.0への申し込みは、アプリのみから行えます。povo2.0の対応機種でアプリをダウンロードして、申し込みをしましょう。

画面に従ってSIMのタイプの選択やクレジットカード情報の入力、重要事項説明などの確認をして、eKYCでの本人確認を行います。

 eKYC(電子本人確認)とは「electronic Know Your Customer」の略称で、オンライン上で本人確認が完結する技術です。

運転免許証などの本人確認書類や顔写真を撮影して利用者情報を入力すると、本人確認の認証がスタートします。eKYCの認証には、10分前後時間がかかる場合があります

eKYCの認証完了後は、画面の指示に従って必要事項を入力すれば、申し込みは終了です。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

3開通手続きをする

SIMカードの場合

SIMカードの場合の開通手続きの流れ
  1. 契約後、SIMカードを郵送で受け取る
  2. SIMカードの有効化を実施
  3. SIMカードを端末に挿入
  4. 通信利用設定を実施
  5. 発信テスト用番号(111)へ発信

SIMカードでの申し込みの場合、契約後にSIMカードが郵送されるので、受け取ってから開通手続きを行いましょう。

 アプリを起動して「SIMカードを有効化をする」を選択し、SIMカード裏面に記載のバーコードをスキャンしてSIMカードを有効化します。

SIMカード有効後は一度端末の電源を切って、SIMカードを端末に挿入します。

再起動後にWi-Fiを切った状態で通信が利用できれば、設定は完了です。端末によっては、APN設定やOSアップデートが必要な場合があります。

最後に発信テスト用番号(111)へ電話をかけて、問題なく通話が確認できればSIM開通手続きは完了です。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

eSIMの場合

eSIMの場合のSIM開通手続きの流れ
  1. eSIMの有効化を実施
  2. eSIMの設定
  3. 通信利用設定を実施
  4. 発信テスト用番号(111)へ発信

eSIMはスマホ一体型のSIMを利用するので、申し込みが完了したら開通手続きを行えます。

 eSIMの開通手続きにはWi-Fiが必要なので、インターネット環境が整った状況で作業をしましょう。

eSIMの有効化は、アプリを起動して「eSIMを発行する」を選択すれば受付が完了するので、有効化が完了するのを待ってください。

eSIMの設定は、「コード入力方式」と「QRコード方式」があります。スマホを複数台持っている人は、シンプルに設定できるQRコード方式の利用がおすすめです。

機種によってAPN設定やOSアップロードなどの手続きが必要になる場合もあるので、画面の指示に従って実施しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

他社/UQモバイルから乗り換え|povo2.0に申し込む手順

他社またはUQモバイルから乗り換える場合の手順は以下のようになります。

MNP予約番号の取得以外は新規契約とそんなに変わりません。

他社からの乗り換える手順
  1. 手続きに必要なものを用意する
  2. povo2.0へ申し込む
  3. 開通手続きをする

1手続きに必要なものを用意する

他社またはUQモバイルからの乗り換えの場合、手続きの際にMNP予約番号が必要です。

 MNP予約番号を乗り換え前の携帯電話会社で取得して乗り換えることで、povo2.0でも同じ携帯電話番号が利用可能となります。

また、大手キャリア(ドコモとソフトバンク)で購入したスマホにSIMロックがかかっている場合には、購入先でのSIMロック解除の手続きを実施しましょう。

本人確認書類などのその他に用意するものは新規契約の場合と変わりません。povo2.0の登録にはキャリアメールが使えないので、フリーメールなどを用意しておきましょう。

乗り換え後にキャリアのメール持ち運びサービスで、キャリアメールを引き続き利用できますよ。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

2povo2.0へ申し込む

新規契約の手続きと同じく、申し込みはアプリから行いましょう。画面の指示に従って必要事項を入力します。その際に、MNP予約番号を入力する必要があるので用意しておきましょう。

MNP予約番号の有効期限が13日未満の場合は申し込みができなくなるので、取得後は速やかに申し込み手続きを開始しましょう。

3開通手続きをする

開通手続きの流れも、基本的には新規契約の場合と同じです。回線の切り替えが完了すると、それまでに利用していた回線での通話や通信が自動的に利用できなくなります

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

povo1.0から|povo2.0に申し込む手順

povo1.0から乗り換える場合は、本人確認書類やMNP予約番号の取得が不要なため、比較的スムーズに乗り換えることができます。

povo1.0から変更する手順
  1. 手続きに必要なものを用意する
  2. au ID認証とpovo2.0のアカウント作成
  3. povo2.0へ申し込む
  4. 開通手続きをす

1手続きに必要なものを用意する

povo1.0からpovo2.0へプラン変更する場合も、他社からの乗り換え時と同じような手続きが必要です。

 他社からの乗り換えと比べると手順がシンプルで、乗り換えやすい点が特徴です。

申し込みに必要なものはクレジットカード情報と利用端末のみで、本人確認書類やMNP予約番号の取得も不要です。

povo2.0でeSIMを利用したいという人は、利用中のスマホがeSIMに対応しているか確認しておきましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

2au ID認証とpovo2.0のアカウント作成

povo1.0からの変更は、povo1.0で回線契約のある端末から実施しましょう。申し込み手続きの前に、アプリの指示に従ってau ID認証povo2.0のアカウント作成が必要です。

3povo2.0へ申し込む

povo1.0から変更の申し込み手続きの流れ
  1. SIMタイプを選ぶ
  2. 契約者情報を入力
  3. 同意事項の確認

povo2.0からの変更の場合、契約手続きは比較的少ない手順で申し込めます。基本的には画面の指示に従って契約者情報の入力などを進めていけば、問題なく申し込めるでしょう。

povo1.0の支払い方法はpovo2.0へ引き継ぎできないので、申し込み時に改めてクレジットカード情報の登録が必要です。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

4開通手続きをする

開通手続きの流れは、新規契約の場合と大きな違いはありません

SIMカードまたはeSIMを有効化してから通信利用設定を行い、最後に発信テスト用番号に電話をかけて問題がなければSIM開通手続きは完了です。

auからの乗り換え|povo2.0に申し込む手順

auからの乗り換えの場合、他社からの乗り換えと異なり本人確認書類やMNP予約番号の取得が不要なため、手間が少なく乗り換えられます。

auからの乗り換える手順
  1. 手続きに必要なものを用意する
  2. au ID認証とpovo2.0のアカウント作成
  3. povo2.0へ申し込む
  4. 開通手続きをす

1手続きに必要なものを用意する

auからの乗り換えは、クレジットカード情報と利用端末があれば申し込みができます。povo1.0からの変更と同様にSIMロックの解除やMNP予約番号の取得は不要です。

MNP予約番号を取得してしまうと、キャンセルや期限切れになるまでは乗り換えられないので注意しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

2au ID認証とpovo2.0のアカウント作成

auからの乗り換えは、auで回線契約のある端末から実施しましょう。auで回線契約のあるスマホからアプリを立ち上げて、指示に従ってau ID認証povo2.0のアカウント作成が必要です。

3povo2.0へ申し込む

auからpovo2.0への乗り換える申し込み手続きの流れは、povo1.0からのプラン変更と大きな違いはありません

SIMタイプを選択後に契約者情報を入力して、同意事項の確認をすれば申し込みは完了です。

povo2.0はauのキャリアメール利用が有料になるので、事前にフリーメールを準備しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

4開通手続きをする

開通手続きはSIMカードかeSIMによって手続きが少し異なりますが、流れ自体は新規契約の場合と大きな違いはありません

SIMカードを有効後に通信利用設定を実施して、発信テスト用番号に電話をかけて無事通話ができればSIM開通手続きは完了です。

povo2.0の申し込み方法は4種類

申し込みの種類
  • 新規契約
  • 他社/UQモバイルからの乗り換え
  • povo1.0からの変更
  • auからの乗り換え

povo2.0への申し込み方法は上記の4パターンがあります。申し込み方法によって手続きの仕方が異なるので、自分がどれに分類されるのかを確認しましょう。

 povo2.0と同じKDDIが提供している「UQモバイル」からの乗り換えは、他社からの乗り換えと同じ手続き方法です。

他社やUQモバイルからの乗り換えにはMNP予約番号の取得やSIMロック解除などの手続きが必要です。他の乗り換え方法よりも準備するものが多いので注意しましょう。

povo2.0へ申し込む際は、利用するスマホが対応しているかどうかをあらかじめ公式サイトで確認しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

povo2.0に申し込む際に注意したいポイント

povo2.0に申し込む際に注意したいポイント
  • 対応端末を確認する
  • povo2.0では端末の販売がない
  • キャリアメールが有料になる
  • 支払いはクレジットカードのみ

対応端末を確認する

povo2.0へ申し込む際には、対応している端末であるか確認しましょう

 対応端末は、povo2.0の公式サイトから確認できます。

対応端末の確認は、SIMの種類や購入したキャリアなどで検索できます。とくにeSIMは、SIMカードよりも対応端末が少ないので注意が必要です。

購入した場所によって対応状況が異なる場合もあるので、検索条件を間違えないように検索をしましょうね。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

povo2.0では端末の販売がない

povo2.0では端末の販売を行なっていません。

 povo2.0で機種変更をしたいという人は、各メーカーや大手キャリア、家電量販店などでスマホを購入する必要があります。

また、端末によってはSIMロックを解除しなければならないので、注意が必要です。

機種変更時にも、povo2.0の対応端末かどうかを必ず確認しましょうね。

キャリアメールが有料になる

大手キャリアからpovo2.0へ乗り換えると、これまで無料で使えていたキャリアメールが使えなくなってしまうので注意しましょう。

 キャリアメールをpovo2.0でも使いたい場合は、各キャリアが実施しているメール持ち運びサービスへの申し込みが必要です。

そもそもpovo2.0への登録にはキャリアメールを使用できないので、申し込み時にフリーメールを使用してそのまま継続利用しても良いでしょう。

キャリアメールを引き継がないという人は、大切なメールのバックアップを取ってから乗り換えるようにしましょう。

支払い方法はクレジットカードのみ

2022年7月時点ではpovo2.0の支払い方法はクレジットカードのみに限定されていて、口座振替などのその他の支払い方法では乗り換えができません。

 クレジットカードを持っていないという人は、事前に作らなければpovo2.0へ申し込めないので注意しましょう。

クレジットカードは支払いに利用するだけでポイントが貯まるので、まだ持っていない人はこの機会での入会もおすすめです。

支払いの状況などは、povo2.0のアプリで確認できます。紙の請求書の発行はしていません。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

povo2.0への乗り換えはこんな人におすすめ

povo2.0がおすすめな人
  • 利用料金を見直したい人
  • 月によって使うデータ量が変わりやすい人
  • 料金やデータ量の管理ができる人

povo2.0は月額基本料金が0円で、好きなタイミングでデータを追加できるので、スマホの利用料金を安く抑えたい、見直したいという人におすすめです。

追加できるデータ量は1GBから150GBと幅が広いので、通信データをよく使用する人も、あまり使わない人にも利用しやすいプランだといえます。

 データを購入する量によって月々の料金が変わるので、月によってデータ使用量が変わりやすい人も向いているでしょう。

ただし、データトッピングは自分の判断で購入しなければならないので、データを購入しすぎないように注意してください。

データトッピングの購入状況によっては、大手キャリアよりも料金が高くなってしまう可能性もあります。

料金やデータ量をきちんと管理して、お得にスマホを利用しましょう。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

povo2.0の利用料金

最後に、povoの利用料金を以下にまとめます。60GBもしくは150GBのトッピングの購入が、最もお得です。

月額基本料金0円
データトッピング(税込)1GB(7日間)390円
3GB(30日間)990円
20GB(30日間)2,700円
60GB(90日間)6,490円
150GB(180日間)12,980円
データ使い放題(24時間)330円
国内通話料(税込)22円/30秒

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから

まとめ

今回は、申し込みの方法別にpovo2.0へ申し込む手順を解説しました。povo2.0は現在利用している携帯電話会社によって申し込み方法が異なりますが、すべてpovoアプリからの申し込みとなります。

他社からの乗り換える場合には、MNP予約番号の発行やSIMロックの解除などが必要です。

povo2.0はお得な月額料金で利用できる格安プランなので、ぜひこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

\初めての方はアプリで確認/
povo2.0
詳しくはこちら

※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちらから
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事