デビットカードで支払いができる格安SIMおすすめ6選!選ぶ時のポイントも解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

大手キャリアよりもリーズナブルにスマホを利用できる格安SIMは、多くの会社が参入しており、自分に使いやすいサービスを選択することができます。

そのなかには、「デビットカードに対応している格安SIMを知りたい」という人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、デビットカードに対応しているおすすめの格安SIM6選を紹介します。また、6社中4社が口座振替にも対応しているので、支払い方法を柔軟に選択したい方はチェックしてみてください。

※2024年3月12日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

【この記事の結論】
格安SIMデビッド
カード
口座振替
楽天モバイル
LINEMO
ahamo
UQモバイル
mineo
Y!mobile
  • デビッドカードor口座振替なら
    クレカ不要で格安SIMが使える!

  • 支払い手数料・解約金0円
    始めやすく解約しやすい
  • デビッドカードが使える格安SIMなら
    楽天モバイル
    がおすすめ
\他社から乗り換えがお得💰/
楽天モバイル
詳細はこちら
\3/15まで/今のスマホそのままOK!MNP乗り換えで
13,000円相当ポイントプレゼント
📣

各社の料金プランやキャンペーン情報を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
運営情報
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

【デビットカード対応】おすすめ格安SIM6選比較ランキング

格安SIMの支払い方法は、基本的にクレジットカードの場合が多いですが、一部のサービスではデビットカードや口座振替の支払いに対応しています。

 デビットカードや口座振替に対応している会社を選べば、クレジットカードを持っていない人でも格安SIMを利用可能です。

ただし、デビットカードに対応している格安SIMはあまり多くないため、契約前に支払い方法をよくチェックしましょう。

デビットカードとは
口座を開設した銀行から発行されるカード。クレジットカードに似ているが、支払ったその場で口座から引き落とされるため口座の残額以上の支払いができない。基本的に審査不要で15歳以上であれば誰でも利用可能。
参考:日本電子決済推進機構一般社団法人 全国銀行協会

対象のデビットカードの記載がない場合は、問い合わせ以外に口コミも参考になります。

デビットカードに対応しているおすすめ格安SIM6選を比較しランキング化しました。

口座残高にある額しか支払えないため、借金の心配がなく格安SIMを利用できます。口座振替ができる格安SIMも紹介していますので、併せてチェックしてみましょう。

格安SIM

おすすめ
楽天モバイルLINEMOmineoUQモバイルahamoY!mobile
楽天モバイルロゴLINEMOmineoUQモバイルロゴahamoy!mobileロゴ
月3GBあたりの
月額料金(税込)
1,078円/3GB990円/3GB250円/

最大32Kbpsで無制限
1,078円/4GB-1,078円/4GB
月20GBあたりの
月額料金(税込)
2,178円/20GB2,728円/20GB2,178円/20GB

音声通話機能付SIM
3,278円/20GB2,970円/20GB2,178円/20GB
下り平均
通信速度


高速
99.5Mbps


高速
89.9Mbps


中速
45.8Mbps


高速
77.4Mbps


高速
92.6Mbps


超高速
107.2Mbps
速度制限後の
最大通信速度

1Mbps

1Mbps

200kbps

1Mbps

1Mbps

1Mbps
データ容量
1GB〜

3GB〜

1GB〜

4GB〜

20GB〜

4GB〜
回線
楽天/au

ソフトバンク

ドコモ/au/ソフトバンク

au

ドコモ

ソフトバンク
口座振替







銀行のみ




使える
デビットカード

楽天銀行デビットカード
一部の他社発行の
デビットカード

VISA
Master
JCB

一部の他社発行の
デビットカード

一部の他社発行の
デビットカード

一部の他社発行の
デビットカード

VISA
Master
JCB
主なキャンペーンiPhone購入&
MNP乗換
最大33,000円相当
お得
20GB/月プラン
最大10,000円相当
PayPayポイント付与
mineo×モバライフ
事務手数料無料
キャンペーン※
SIMのみ契約&
オプション加入で
最大10,000円相当還元
U22限定
対象端末購入で
20,000円相当進呈
乗り換えで
最大15,000円相当
PayPayポイント
プレゼント
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

通信速度に関して:2024年3月19日時点「みんなのネット回線速度」の平均通信実測値。100Mbpsは超高速・50〜100Mbpsが高速・50Mbps以下が中速として比較しています。

当サイトに掲載しているランキングは、格安SIM各社の公式サイトの情報や当サイト独自のアンケート調査結果、公的機関の情報をもとに算出しております。詳細は別ページのランキングの根拠をご確認ください。

①楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ無制限が月額3,278円
  • 日本全国で高速通信が可能
  • iPhone 15シリーズ購入で最大13,000円相当分ポイント還元
  • 月々の利用料金は楽天ポイントでの支払いも可能

楽天モバイルは、楽天の独自回線とau回線が利用できる格安SIMで、2023年7月から新料金プランが開始しました。月額3,278円(税込)でデータ通信が無制限で使えます。

取り扱っているデビットカード
  • 楽天銀行デビットカード
  • 一部の他社発行のデビットカード

他社発行のデビットカードは一部は使用可能ですが、各カード会社の判断によるため必ずカード会社に問い合わせをするようにしましょう。

 3GB超過・20GB超過と3段階に分かれており、「先月は30GB使ったけど今月は19GBだった」という場合は自動的に月額料金が安くなりますよ。

楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」を使えば国内通話の通話料が0円になるので、あらゆる面でコストを抑えられるでしょう。

また、楽天モバイルでは、お得なキャンペーンを多数実施しているため、お得に新規契約・乗り換えできるでしょう。

楽天モバイルでデビットカードを使用する場合、楽天銀行デビットカードのみが対象なので注意してくださいね。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
月額料金(税込)3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
使用できる
デビットカード
楽天銀行デビットカード/他社発行のデビットカード
通信回線楽天回線
パートナー回線(au)
国内通話料金Rakuten Linkアプリ:無料
OS標準:22円/30秒
通話オプション15分通話かけ放題:1,100円/月
※OS標準アプリでの通話
主なキャンペーン
※終了日未定
  • プラン契約&対象iPhone購入で最大13,000ポイント還元
  • プラン契約&対象Android購入で最大12,000円相当ポイント還元
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

※ 税込価格
出典:楽天モバイル

②LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 3GB月額990円(税込)
  • 他社乗り換えで
    最大10,000円相当のPayPayポイント付与
  • 5分間国内通話かけ放題が7ヶ月間0円
  • ネットショッピングの代金など「ソフトバンクまとめて支払い」※1可能!

LINEMOは、ソフトバンク回線が利用できる格安SIMで、月額990円(税込)から利用できる月間3GBのミニプランはデータ通信をあまり使わない人におすすめです。

取り扱っているデビットカード
  • VISA
  • Master
  • JCB

支払い方法は、デビットカードのほか、口座振替やPayPay残高支払いにも対応しています。

 LINEMOは、LINEアプリ使用時のトーク・通話でのデータ消費がないため、LINEをよく利用する方は契約するメリットが大きいでしょう。

今なら、他社乗り換えでスマホプラン(月20GB)を申し込むと、PayPayポイントが最大10,000円相当もらえるキャンペーンを実施しています。

通話オプションの割引キャンペーンも実施中で、1回5分までのかけ放題オプションが7ヶ月間無料で利用できますよ。
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る
月額料金(税込)ミニプラン(3GB/月):
990円
スマホプラン(20GB/月):
2,728円
使用できる
デビットカード
VISA/Mastercard/JCB
通信回線ソフトバンク
国内通話料金22円/30秒
通話オプション
  • 通話準定額(5分/回):550円/月
  • 通話定額(無制限):1,650円/月
主なキャンペーン
  • スマホプランに他社から乗り換えでPayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
  • 通話オプションが7ヶ月間550円(税込)割引※2
  • 乗り換えまたは新しい番号契約でミニプラン3GB/月額990円(税込)が最大3ヶ月間実質無料
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード※3
乗り換えキャンペーン実施中⇒
LINEMO
公式サイトを見る
LINEMOの評判は?

※ 税込価格
※1:詳しくはSoftBank公式サイトへ。
※2:終了日未定
※3:VISA/Mastercard/JCBのマークがついているデビットカードは利用可能。

出典:LINEMO

③mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • マイピタプラン一律990円(税込)
    月20GB:990円×半年間
  • トリプルキャリア対応で3回線から選べる
  • iPhone14の購入ができる
  • 端末大特価セール中

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線から選べる格安SIMで、音声通話対応SIMまたはデータ通信専用SIM、4つのデータ量から選ぶことができる柔軟性の高い料金プランが特徴です。

取り扱っているデビットカード
  • 一部の他社発行のデビットカード

支払いにデビットカードを使用したい人は事前にカード会社に問い合わせておきましょう。

 今なら、マイピタプランが一律990円(税込)のキャンペーンを実施中。月20GBも990円で使えます。

キャンペーン期間は2024年6月3日まで。適用期間は最大6ヶ月間です。

なお、10GBと20GBのプランは無料で利用できる「パケット放題 Plus※1」は、最大1.5Mbpsでデータ通信が使い放題になるので、データ量を気にせず使いたい人におすすめと言えるでしょう。

専用通話アプリ「mineoでんわ」を利用すると、国内通話料を通常の54%OFFで利用することもできますよ。
mineo×モバライフ
事務手数料無料キャンペーン

モバライフ指定リンクからmineoに新規申し込みの場合のみ、契約事務手数料が無料になります。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年7月1日〜終了日未定
お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外
月額料金(税込)

【音声通話+データ通信】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

【データ通信のみ】
1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円

→キャンペーンにより
990円×6ヶ月間

使用できる
デビットカード
詳細の記載なし
通信回線ドコモ
au
ソフトバンク
国内通話料金mineoでんわ:10円/30秒
OS標準:22円/30秒
通話オプション10分かけ放題:550円/月
かけ放題:1,210円/月
主なキャンペーンマイピタまるっと990円※3
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード※2
mineoの評判は?

※ 税込価格
※1:1GBと5GBのプランは月額385円(税込)
※2:取り扱い可否はデビットカード発行会社に要確認。
※3:キャンペーン適応時。2024年6月3日まで

出典:mineo

④UQモバイル

UQモバイル

※2024年3月12日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

UQモバイルのおすすめポイント
  • 新規・乗り換えで最大10,000円相当をau PAY残高還元
  • iPhone13・ SE(第3世代)購入可能
  • 使い方にあわせて3つのプランから選べる

UQモバイルは、au回線を利用できる格安SIMです。

取り扱っているデビットカード
  • 一部の他社発行のデビットカード

一部デビットカードはもちろん、口座振替や自動振込など、さまざまな支払い方法に対応しています。

 新規・乗り換えで最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを開催中です!

最大還元を達成するための条件は、

  • 乗り換え(MNP)でSIMカードのみ、またはeSIMのみを契約
  • 増量オプションⅡに加入

だけです。たった2つの条件を達成するだけで、回線切り替えが完了した翌月下旬以降に10,000円相当のau PAY残高を受け取れます。

なお、増量オプションⅡは、毎月使えるデータ容量を増やすためのサービスです。月額料金適用月から7ヶ月間無料で利用できます。

人気のiPhoneを購入できるところや、料金プランを選びやすいところにも定評があります!
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら
月額料金(税込)【トクトクプラン】
1GBまで:990円/月※1
15GBまで:2,178円/月※1
【コミコミプラン】
20GBまで:3,278円/月
【ミニミニプラン】
4GBまで:1,078円/月※1
使用できるデビットカードVISA/Mastercard/JCB
通信回線au
国内通話料金22円/30秒
通話オプション
  • 通話放題(無制限):1,980円/月
  • 通話放題ライト(10分/回):880円/月
    ※超過後22秒/30円
  • 通話パック(60分/月):550円
    ※月間累計額から最大2,640円/月を減額
主なキャンペーン
  • 新規・乗り換えで最大10,000円相当還元
  • 対象プランの加入でAmazonプライム3ヶ月間無料
支払い方法口座振替(銀行)
クレジットカード
自動振込(郵便局)
デビットカード※2
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

※ 税込価格
※1:「自宅セット割」適用時の料金。
※2:取り扱い可否はデビットカード発行会社に要確認。
出典:UQモバイル

⑤ahamo

ahamo

ahamoのおすすめポイント
  • 20GB月額2,970円(税込)のワンプラン
  • 月額1,980円(税込)の大盛オプション追加で+80GB
  • ahamoの支払いがdカードGOLDなら月々5GB増量
  • 国内通話が1回5分まで無料!海外ローミングも20GB無料

ahamoは、ドコモの回線が利用できる格安SIMで、20GBのデータ容量を月額2,970円(税込)で利用できるシンプルなプランが特徴です。※機種代⾦別途

取り扱っているデビットカード
  • 一部の他社発行のデビットカード

支払いにデビットカードを使いたい人は、契約前にカード会社に問い合わせておくと安心でしょう。

 1回5分までの国内通話が無料なので、使い方次第では追加料金なしで通話を利用することもできます。

また、+80GB月額1,980円(税込)の大盛りオプションを付けることもでき、他のデバイスにもデータを使いたい人はポケット型WiFiを契約するより、オプションをつけてテザリングした方がお得です。

海外ローミングも、国内利用と合わせて月間20GBまで追加料金なしで利用できるため、海外に行く機会が多い人にもおすすめのサービスと言えるでしょう。

ahamo経由でNetflixやディズニープラスに申し込むとdポイントが還元されます。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
月額料金(税込)20GB/月:2,970円
使用できる
デビットカード
詳細の記載なし
通信回線ドコモ
国内通話料金1回5分まで無料
5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。
「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
通話オプションかけ放題オプション:1,100円
主なキャンペーンU22限定!対象スマホ購入で20,000ポイント進呈
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード※2
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
ahamoの評判は?

ahamo公式

※1税込価格

※2ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

※3海外ローミング利用開始から15日経過後、送受信最大128kbpsに速度制限。

※4取り扱い可否はデビットカード発行会社に要確認。

※5ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

※6:15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。

⑥Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • 他社からの乗り換えで最大15,000円相当PayPayポイントプレゼント※1
  • 月額550円のデータ増量オプションが半年間無料
  • 余ったデータは翌月に繰り越し可能!

Y!mobileは、ソフトバンク回線が利用できる格安SIMで、月間4GB・20GB・30GBのプランを契約できます。余ったデータは翌月に繰り越しできるので、データ容量を無駄なく使えることはメリットの1つでしょう。

取り扱っているデビットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

支払いにデビットカードを利用したい人は、上記ブランドであれば問題なく利用できるでしょう。

 月間5GBのデータ容量が増量できる「データ増量オプション」は、半年間無料で使えるキャンペーンを実施中。

また、お得な割引サービスも特徴で5〜18歳が対象の「ワイモバ親子割」を適用すると、翌月から12ヶ月間毎月1,100円割引。家族割は2回線目からが対象ですが、親子割の場合は子供だけでも割引になるのが特徴です。

オンラインストアからの申し込みで、1円で購入できるスマホもありますよ。
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店
月額料金
(税込)
シンプル2 S(4GB/月):1,078円
シンプル2 M(20GB/月):2,178円
シンプル2 L(30GB/月):3,278円
※割引適用時
使用できるデビットカードVISA/Mastercard/JCB
通信回線ソフトバンク
国内通話料金22円/30秒
通話オプション
  • だれとでも定額(10分/回):770円/月
  • スーパーだれとでも定額(無制限):1,870円/月
主なキャンペーン
  • ワイモバ親子割
  • データ増量オプション月額550円/月が半年間無料
  • 他社からの乗り換えで最大15,000円相当のPayPayポイントプレゼント※1
支払い方法口座振替
クレジットカード
デビットカード※2
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

※ 税込価格
※1:終了日未定
※2:VISA/Mastercard/JCBのマークがついているデビットカードのみ利用可能。
出典:Y!mobile

格安SIMの支払いをデビッドカードで行うメリット

一方、格安SIMの支払いをデビットカードで行うメリットは、下記のとおりです。

メリットについても、それぞれ詳しく紹介していきます。

格安SIMの支払いをデビットカードで行うメリット

クレジットカードを作成せずに済む

デビットカードは、クレジットカードに抵抗がある方におすすめです。

 口座にある金額以上は引き落とされないので、使いすぎの心配がありません。

また、デビットカード一体型のキャッシュカードであれば、財布の中身をスッキリさせられます。

キャッシュカードやデビットカード、ポイントカードなど、複数枚のカードを持ち歩かずに済むところは、デビットカードならではのメリットだといえるでしょう。

クレジットカードに怖さや煩わしさを感じる方におすすめです!

未成年でも審査なしで作成できる

デビットカードは、15歳以上(中学生を除く)から作成できます。

 入会審査はありません。1〜3週間程度でカードを手に入れられます。

VISAやMastercard、JCBなどの加盟店で支払えるカードを、未成年でも気軽に入手可能。

格安SIMの支払いだけでなく、ネットショッピングやオンラインゲームへの課金などにも利用できる便利なカードです。

楽天モバイルなら、未成年の方でも本人名義で申し込めます!
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

格安SIMでデビッドカード支払いする際の注意点

格安SIMでデビットカード支払いする際の注意点は、下記のとおりです。

人によっては、デビットカード支払いが最適ではない可能性があります。

契約難航・審査落ちのリスクがある

格安SIMをデビットカード支払いで申し込むと、契約難航・審査落ちのリスクがあります。

 クレジットカードとは違い、口座残高がないと引き落としができなくなるからです。

なお、厳密には審査基準を公開していないため、絶対に契約難航・審査落ちしやすくなるとは言い切れません。

他にも、格安SIMの審査難航・審査落ちのリスクが高まると予想される原因はいくつかあります。

審査難航・審査落ちのリスクが高まる原因
  • 信用情報に問題がある
  • 携帯料金の支払いが遅れた経験がある
  • クレジットカードやローンの未払い・滞納履歴がある

上記の原因に思い当たる節がある方は、格安SIMの審査に通りにくくなるかもしれません。

また、一般的な審査期間よりも、大幅に時間がかかる可能性も懸念されます。

万が一審査落ちしてしまった場合は、別のデビットカード払いに対応している格安SIMに申し込んでみてください。

デビットカード支払いは、信用能力が低くなってしまうところが残念なポイントです。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

口座残高に注意する必要がある

デビットカードで格安SIMの料金を支払う場合、口座残高に注意する必要があります。

 毎月の引き落とし日までに、月額料金分の金額を確保しておかなければなりません。

万が一引き落とし日に口座残高が不足していた場合、未払いの状態になってしまいます。

後日、振込書、または銀行振込などの方法で対応できますが、振込書の場合、発行に対して手数料が上乗せされているケースがほとんどです。

また、延滞料金を上乗せされる可能性もあるため、デビットカードと紐づく銀行口座には、常に資金を確保しておくべきでしょう。

クレジットカードとは違い、定期的に口座残高をチェックする必要があります。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

端末の分割購入をできない可能性が高い

格安SIMの支払い方法をデビットカード支払いに設定した場合、スマホ端末を分割購入できない可能性があります。

 ほとんどの格安SIMが、デビットカード支払いでの分割購入に対応していません。

また、デビットカード払いを利用できたとしても、一括購入に限定されてしまうケースがほとんどです。

最近では、端末価格が100,000円を超えるスマホが主流であるため、分割購入しにくいところは大きなデメリットだといえます。

スマホ本体を一括払いでしか購入できないとなると、なかなか負担がかかりますね。

デビットカード支払いに対応している格安SIMは少ない

デビットカード支払いに対応している格安SIMは少数派です。

 どうしてもデビットカードで支払いたい場合、選択肢が少なくなってしまいます。

多くの格安SIMは、支払い方法をクレジットカード支払いに限定しています

本記事で紹介している6社は、デビットカード支払いに対応していますが、別の格安SIMを希望する場合は、事前に確認が必要です。

気になる格安SIMが非対応だと、残念な気持ちになりますね。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

デビットカード対応の格安SIMを選ぶときのポイント

デビットーカード対応の格安SIMの選び方

支払い方法

格安SIMを選ぶ際に気をつけたいポイントの1つが、支払い方法です。

 特にクレジットカードを持っていないという人は、口座振替やデビットカードでの支払いになるので、利用できる格安SIMは絞られます。

格安SIMを選ぶ際には、料金・キャンペーンなども気になるかと思いますが、クレジットカードが無いという人は、まず自分に合った支払い方法ができる格安SIMを選びましょう。

特定のクレジットカードで支払うとお得になる格安SIMもあるので、この機会にクレジットカードを作成しても良いですね。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

月額料金

格安SIMの中でも契約するサービス・プランによって料金は異なるため、各社の月額料金を比較して選ぶことも重要です。

 料金が安くてもすぐに速度制限になってしまっては本末転倒なので、自分の必要なデータ合ったプランを選びましょう。

また、通話料なども考慮しておくことも重要です。通話料金は通常30秒ごとに22円(税込)が発生しますが、専用アプリで通話料金がお得になる格安SIMもあります。

通話をよく利用するという人は、通話オプションの加入がおすすめですね。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

キャンペーン

格安SIMでは、各社が様々なキャンペーンを実施しています。

 キャンペーンには、月額料金割引や端末代金割引、データ増量などがあるので、自分に合ったキャンペーンを選びましょう。

例えば、乗り換えと同時にスマホを購入したいという人は、機種代金割引やポイント還元などを実施している格安SIMがおすすめです。

キャンペーンは、適用条件や利用期間が決められていることも多いので注意が必要ですね。
支払い方法の種類が豊富
LINEMO
詳しくみる

【監修者が回答】格安SIMのメリットとデメリットを教えてください

格安SIMメリット デメリット

監修者
河村亮介
ツイッター アイコンTwitter

1987年生まれ。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。大学卒業後、会社員を経て起業しGreenEchoes Studioを立ち上げる。通信系記事の監修・執筆・公正・サイト設計・運営支援など、ウェブサイト周りのサービスを提供する。インターネット回線選びの専門家として、WEB媒体を中心に光回線・ポケット型Wi-Fi・格安SIMなどに関する記事の執筆や監修・校正を手がける。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは下記の3点です

格安SIMのメリット
  • 月額料金が安い
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 小容量プランも選択できる

やはり、キャリアと比較すると、月額料金が安いというメリットが挙げられます。通信費用を節約したい方がキャリアから乗り換えようと思うきっかけの大半が費用が安いということからではないでしょうか

続いて、料金プランがキャリアと比較してわかりやすいというメリットがあります。キャリアの料金形態は、利用したパケット通信量に応じて自動で料金が変わってしまうプランが多いため、わかりにくい印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

 格安SIMであれば、明確に月間パケット上限が決まっているプランが多いのでわかりやすいと言えるでしょう。

最後に、小容量プランが選択できるのも魅力の一つです。特に、電話専用機として待受け用に利用したい方は、格安SIMが良いでしょう。

監修者
パケット上限が少ないプランを選択すれば、維持費を安くした上で電話専用機を持つことができます。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリットは下記の5点です。

格安SIMのデメリット
  • SIMカード入れ替えや設定などすべて自分でやる必要がある
  • 通信速度がキャリアと比べると遅い
  • 家族割が無いケースが多い
  • 家族間通話が無料にはならないケースがある
  • スマホセット割が適用されない

もっとも大きなデメリットは、設定などを自分でする必要があるということでしょう

ワイモバイル、UQモバイル、BIC SIM、イオンモバイルに加入する場合は店舗での手続きも選択可能となっており、店舗スタッフの設定補助が受けられる可能性がありますが、それ以外の格安SIMでは、基本的にすべてオンラインで手続きを行う必要があります。

 MNP予約番号の発行からSIMカードが到着してスマホへ挿入、通知設定など、すべてご自身の責任のもとで実施する必要があります。

また、前述したように、キャリアと比較すると通信速度が遅い点も気になる部分です。

特に通信速度に関しては、利用する事業者によって大きく差があるため、実測通信速度を「みんなのネット回線速度」などの情報サイトで確認することをおすすめします。

家族割がないケースや、光回線とのセット割がないケースは、トータルで見れば格安SIMへ乗り換えた場合の方が料金が安くなるケースが多いため、そこまで気にしなくても良いでしょう。

監修者
格安SIM事業者によっては、家族間通話が無料とならない場合が多いため、LINE通話に切り替えるなどの対策が必要です。

デビットカードが使える格安SIMに関するよくある質問

デビットカードとは?

デビットカードとは、カードでの支払いと同時に利用者の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。

デビットカードで格安SIMが使える?

一部の格安SIMでは、デビットカードでの支払いに対応しています。

デビットカードの種類によっては利用できない場合があるので、格安SIMやカード発行会社への確認を忘れないようにしましょう。

格安SIMで口座振替とデビットカードが使えるものは?

口座振替・デビットカードがどちらも使える格安SIMは以下の5つです。

  • 楽天モバイル
  • LINEMO
  • ahamo
  • UQモバイル
  • Y!mobile
VISAデビットカードで携帯料金を支払える?

当記事で紹介している格安SIMの中で確実に利用できるのはLINEMOとY!mobileです。他の格安SIMは公式サイトに詳細が記載されていないため、事前に問い合わせの必要があります。

格安SIMではどんなキャンペーンを実施している?

月額料金割引や端末代金割引、データ増量などのキャンペーンが実施されています。

キャンペーンには、適用条件・利用期間があらかじめ決められている場合が多いので、事前に確認しておきましょう。

格安SIMの端末料金をデビットカードで分割払いできる?

デビットカードは即時引き落としとなるため、一括払いにしか対応していません。

格安SIMでは通話料金がかかる?

基本的には、30秒につき22円(税込)の通話料金が発生しますが、専用の通話アプリを利用することで通話料金がお得になる格安SIMもあります。

また、通話をよく利用するという人は、かけ放題オプションへの加入も検討してみてください。

まとめ

この記事では、デビットカードに対応しているおすすめの格安SIM6選を紹介しました。今回は口座振替の可否や月額料金、通信速度などを比較してみました。

格安SIMでデビットカードを利用できる会社もありますが、対応しているサービスは多くないため、デビットカードを使いたい人はまず支払い方法を確認しましょう。

今回紹介した6社を参考にして、自分に合った格安SIMを選んでくださいね。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事