mineoでiPhone13は使える?対応機種や設定手順を詳しく解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ドコモ・au・ソフトバンクの3つ回線が選べる格安SIMの「mineo」は、月間データ量や最大速度で選べる料金プランを提供しています。

mineoへの乗り換えを検討していて「iPhone13やiPhone SEはmineoで利用できるのか」「mineoではiPhoneを購入できるのか」「mineoに乗り換える際に注意すべきことはあるのか」について知りたい人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、mineoに対応しているiPhonemineoで購入できるiPhoneなどについて解説します。

mineoにiPhoneで乗り換える方法やメリットなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

mineoはiPhone13も使える!

mineo iPhone

mineoでは、au・ドコモ・ソフトバンクで購入したiPhoneをそのまま利用可能です。mineoでも、iPhoneSEから最新機種のiPhone13まで数種類を販売しています。

mineoで購入できるiPhone(2022年9月時点)
  • iPhone 13
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)

公式サイトによると、mineoユーザーの半数以上(55%以上)がiPhoneを使用しているので、操作性も問題ないと考えられます。

mineoではau回線のeSIMに対応しているので、eSIMに対応しているiPhone(iPhone 13やiPhone 12など)であればeSIMでの乗り換えも可能です。

同じ回線を利用する場合であれば、SIMロック解除不要でそのまま乗り換えられますよ。※1

mineoならau・ドコモ・ソフトバンクのiPhone対応! - mineo

※1 一部SIMロック解除が必要な場合があります。

mineoのiPhone対応機種

2023年8月現在、mineoで利用できるiPhoneはiPhone13をはじめ以下の通りです。ただし種類によって利用できる機能に制限がかかっている場合があるので、事前にチェックしましょう。

例えばドコモのiPhone 5sは、テザリングが利用できません。

mineoのiPhone対応機種一覧
・iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
・iPhone SE(第3世代)
・iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone SE
・iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
・iPhone XS/XS Max
・iPhone XR
・iPhone X
・iPhone 8/8 Plus
・iPhone 7/7 Plus
・iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus
・iPhone 5/5c/5s

キャリアで購入

ドコモ・au・ソフトバンク(3大キャリア)で購入した端末は、iPhone6から最新機種まで利用可能です。そのほかのiPhoneは、購入したキャリアによって利用できるかどうか異なります。

iPhone SE、iPhone 6s3大キャリア+Y!mobile端末
iPhone 5c、iPhone 5sdocomo、ソフトバンクのみ
iPhone 5ソフトバンクのみ

iPhone SE(第2世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone SE(第3世代)
iPhone 13

3大キャリア+楽天モバイル

基本的に、同じ回線で利用を続ける場合はSIMロック解除が不要です。

他社回線をmineoで利用する場合には、SIMロック解除手続きが必要です。

SIMフリー

Appleの店舗やオンラインサイト、家電量販店などで購入したSIMフリーのiPhoneは、SIMロックの解除手続きは不要で乗り換えられます。

SIMフリーのiPhoneは、2013年9月に発売されたiPhone 5s/5c以降のすべての機種がmineoに対応しています。

SIMロックの有無は、iPhoneの設定アプリから「情報→SIMロック」で確認可能ですよ。

【2023年最新】mineoで購入できるiPhone

2023年時点では、mineoでは下記の4機種が購入可能です。

価格
一括払い分割払い(24回)
iPhone 13102,168円〜4,257円〜
iPhone 1292,136円〜3,839円〜
iPhone 12 mini77,880円〜3,245円〜
iPhone SE(第2世代)48,312円〜2,013円〜

できるだけお得な価格のiPhoneをmineoで購入したいという人は、iPhone SE(第2世代)がおすすめです。24回払いの月々の支払い額は2,013円から購入できます。

mineoの5G通信を利用したいという人は、5Gに対応しているiPhone 13またはiPhone 12を購入しましょう。

現在販売していないmioneo端末も、種類によっては利用できる場合があります。

iPhone - mineo

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

【設定方法】mineoでiPhoneを利用する流れ

1動作確認済みの端末を調べる

mineo動作確認済み端末検索

現在利用中のiPhoneのままmineoへ乗り換える場合には、まず動作確認済み端末検索ページから対応機種かどうかを確認しましょう。

 動作確認済み端末検索ページでは、SIMロック解除の有無についても確認できるので、必要に応じてSIMロック解除を実施します。

mineoでは、iPhoneの購入も可能なので、mineoへの乗り換えと同時に購入したい人は、動作確認済み端末の確認は不要です。

mineoで購入できるiPhoneはSIMフリーなので、SIMロック解除も必要ありませんよ。

2MNP予約番号を取得する

他社の携帯電話会社からmineoへ乗り換える場合には、利用中の携帯電話会社でMNP予約番号の取得が必要です。

 MNP予約番号を取得して申し込み時に入力すると、利用中の電話番号をmineoでも引き続き利用できます。

MNP予約番号には取得から15日間の有効期限がありますが、mineoへの申し込みは有効期限が10日以上残っている必要があるので注意しましょう。

データ通信のみのプランを申し込む場合や新規での契約の場合は、MNP予約番号の取得は不要です。

3mineoに申し込む

対応機種を確認して、MNP予約番号を取得したらmineoへ申し込みましょう。全国のmineo取り扱い店舗公式サイトから申し込み可能です。

公式サイトからの申し込みの場合には、下記の4点を用意しましょう。

申し込みに必要なもの
  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(他社からの乗り換えの場合)
  • 連絡用メールアドレスと電話番号

必要な書類などが用意できたら、画面の指示に従って料金プランの選択や契約者情報の入力などを行います。

Webからの申し込みの場合は、3日から4日程度でSIMや端末が到着します。

4回線切り替えを実施する

SIMカードや端末を受け取ったら、マイページ上からMNP転入(回線切り替え)を実施しましょう。

 手続きからAプラン(au回線)とDプラン(ドコモ回線)は30分程度、Sプラン(ソフトバンク回線)は1時間程度で回線切り替えが完了します。

利用していた携帯電話会社の回線が利用できなくなったことを確認したら、SIMカードを入れ替えましょう

新規契約の場合は、回線切り替えは不要です。iPhoneにSIMカードを挿入して初期設定を行いましょう。

5初期設定をする

iPhoneのSIMカードを入れ替えたら、設定アプリからネットワーク設定をリセットする必要があります。画面の指示に従ってリセットを行うと自動的に再起動がかかります。

 再起動後にはmineoのデータ通信を利用するためのAPN構成プロファイルのダウンロードが必要です。

APN構成プロファイルのダウンロードにはWi-Fiが必要なので、事前にネット環境を用意しておきましょう。

設定アプリから画面の指示に従ってインストールをすれば、mineoのデータ通信が利用できるようになります。

Wi-Fiをオフにした状態で、ネットや電話が利用できれば初期設定は完了です。

mineoでiPhoneを使うメリット

mineoでiPhoneを使うメリット
  • 料金が安くなるケースが多い
  • 基本的にSIMロック解除が不要
  • 最新iPhoneやOSアップデートにも対応

料金が安くなるケースが多い

mineoへ乗り換える大きなメリットのひとつがお得な月額料金で、ドコモやau、ソフトバンクから乗り換えると料金が安くなるケースが多いです。

 公式サイトによると、mineoユーザーの92%以上の利用者は月額2,000円未満の基本料金で利用しています。

例えば、ソフトバンクの主要プラン「メリハリ無制限※1」は月額基本料7,238円なので、mineoに乗り換えれば月々の料金を5,000円以上お得にすることも可能です。

現在利用中の携帯電話会社の料金が高いと感じている人は、まずはmineoの料金プランと比較してみましょう。

mineoは、月間データ量で選べるプランと最大速度で選べるプランを提供していますよ。

基本的にSIMロック解除が不要

ドコモやau、ソフトバンクで購入したSIMロックがかかっているiPhoneで他社回線へ乗り換える場合には、SIMロック解除が必要な場合があります

 SIMロックは、特定のSIMカードのみが動作するように端末に掛けられた機能制限で、各携帯電話会社で別途SIMロック解除手続きが必要です。

しかしmineoは3つの回線すべてを利用できるので、同じ回線の携帯電話会社への乗り換えだと基本的にSIMロック解除は不要です。

現在ドコモで購入したSIMロックのかかっているiPhoneを利用している人でも、mineoのドコモ回線への乗り換えであれば、基本的にSIMロック解除は必要ないということになります。

一部機種や別の回線への乗り換えにはSIMロックが必要となるケースがあるので、あらかじめ確認しましょう。

iPhone13や最新OSアップデートにも対応

mineoでは、最新のiPhone13やiPhone SE(第3世代)も動作確認ができています。

 2021年10月以降に発売されたスマホは原則SIMロックが禁止となっており、キャリアで購入したiPhoneもそのまま乗り換えられます。

mineoでは、OSアップデートを行なっても不具合などが発生しないかの確認を行なっているので、安心してiPhoneを使うことが可能です。

OSアップデートによる動作確認の結果は、mineoが運営するコミュニティサイト「マイネ王」から確認できますよ。

mineoでiPhoneを利用する際の注意点

mineoでiPhoneを利用する際の注意点
  • 通信速度が遅くなることがある
  • キャリアメールの引き継ぎは有料

通信速度が遅くなることがある

mineoは、大手キャリアと比較すると、通信速度が遅くなりやすい点がデメリットです。

実際のmineoユーザーの速度が分かる「みんなのネット回線速度(みんそく)」を参考にすると、mineoの平均下り速度は下記の通りです。

平均下り速度41.36Mbps
平均上り速度9.01Mbps

mineoの平均下り速度は40Mbpsを超えているので一般的なネット利用には問題ないのですが、時間帯やエリアによっては速度が遅くなることがあります。

また、最大速度で選べる「マイそく」プランは、平日の12時から13時までの時間帯や3日合計10GB以上を利用すると速度制限がかかります。

速度制限の条件を把握したうえで、Wi-Fiもうまく活用して利用しましょう。

キャリアメールの引き継ぎは有料

mineoへ乗り換えると、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアメールが有料になってしまうので注意しましょう。

 キャリアメールを引き続き利用したいという人は、有料のメール持ち運びサービスへの加入が必要です。

ドコモやau、ソフトバンクは月額330円で提供しています。利用を検討している場合は、解約から31日以内に手続きを済ませましょう。

メールを無料で使いたいという人は、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールの利用がおすすめです。

フリーメールに移行する際には、大切なメールのバックアップを取っておきましょうね。

iPhoneの利用以外にも!mineoをおすすめする理由

mineoをおすすめする理由
  • 使い方で選べる料金プラン
  • 対応端末600種類
  • サポート窓口が充実

使い方で選べる料金プラン

mineoでは、月間データ量で選べる「マイピタ」最大速度で選べる「マイそくの2つの料金プランを提供しています。

 マイピタは、1GB・5GB・10GB・20GBの月間データ量から選択でき、音声通話付きのデュアルタイプとデータ通信のみのシングルタイプによって料金が異なります。

マイそくは、最大速度が3Mbps、1.5Mbps、300kbpsの上限が決められていますが、月間のデータ量に上限はありません

ただし、月曜から金曜の12時台3日間で10GB以上利用すると速度制限の対象となるので注意しましょう。

低速でもできるだけたくさんデータ通信を利用したい人は、マイそくがおすすめですよ。

料金プラン

マイピタ音声通話対応SIM1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
データ通信のみ1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
マイそく※1スタンダード(最大1.5Mbps):990円
プレミアム(最大3Mbps):2,200円
ライト(最大300kbps):660円

料金表 - mineo

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

※1 デュアルタイプ、シングルタイプともに同じ料金です。

対応端末600種類以上

mineoはiPhoneだけでなく幅広いAndroidスマホも利用可能で、600種類以上の機種に対応しています。

AndroidはiPhoneより安くで手に入れられる場合も多いため、端末を安く購入してmineoで利用したいという人にもおすすめです。

サポート窓口が充実

mineoはサポート窓口が充実しているので、初めて格安SIMへ乗り換える人も安心して手続きができます。

 オンラインチャットサービスでは、AIと専属オペレーターに問い合わせが可能です。AIチャットサポートなら24時間質問できます。

また、全国に200店舗以上のmineoの提携店舗があるので、店舗で直接サポートを受けたいという人にもおすすめです。

電話でのサポート(0120-977-384)も9時から21時まで利用できますよ。

まとめ

今回は、mineoに対応しているiPhoneやmineoで購入できるiPhoneなどについて解説しました。

mineoでは、iPhone13やiPhone SEなどiPhone 5以降のiPhoneが対応していて、同じ回線を利用する場合であればSIMロックの解除が不要で乗り換えられます。

mineoは月間データ量で選べる「マイピタ」と最大速度で選べる「マイそく」の2種類から自分にあったプランを選べば、月々の通信料もお得になるでしょう。

mineoは店舗や電話などでサポートを受けられるので、初めて格安SIMを利用する人にもおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事