NUROモバイルの速度は遅い?実測値やメリット・デメリットを徹底解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

安さ重視で格安SIMを検討している人から注目を集めているのが、NUROモバイルです。月額料金がほかの格安SIMと比較しても安く、うまく活用すれば通信費用を大きく節約できます。

しかし、実際使うとなると、料金だけではなく通信速度も重要です。

今回は、NUROモバイルの通信速度について詳しく解説していきます
この記事でわかること
  • NUROモバイルの通信速度に関する特徴
  • NUROモバイルの実測値
  • 利用するメリットとデメリット

この記事を読めばNUROモバイルが自分に合うか分かりますよ。
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

NUROモバイルとは?基本情報をチェック

NUROモバイル

おすすめポイント
  • SONYグループが提供する格安SIM
  • 使い方に応じて選べる料金プラン
  • 料金プランが他社格安SIMと比べても安い
  • 通話料金も安い

NUROモバイルは、SONYグループが提供している格安SIMです。「So-net 光 minico」という光回線サービスも行っており、セット割を使えばよりお得になります。

NUROモバイルの料金プランは、データ容量や使用回線、SIMタイプをそれぞれ選択できる自由度の高さが特徴です。音声通話つきSIMのデータ容量は、3GB~40GBと選択肢が広くなっています。

 データ専用SIMのお試しプラン0.2GBなら330円(税込)と、ほかの格安SIMと比べても低い料金設定になっています。

通話定額のオプションもあり、5分・10分・無制限と、通話の利用頻度に応じて選択できます。

基本の通話料金も30秒につき11円(税込)と、ほかの携帯電話会社の半額ほどなのもうれしいポイントです。

NUROモバイルユーザーとデータ容量をシェアしたり余ったデータ容量を翌月まで繰り越せたりできる、便利なサービスもあります。
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
月額基本料金(税込)

3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
※音声通話つきSIMの場合

通話料金(税込)11円/30秒
通話オプション(税込)5分かけ放題オプション:490円
10分かけ放題オプション:880円
かけ放題:1,430円
選択可能なSIMカードタイプSIMカード・eSIM
5G対応対応
契約期間・解約金

契約期間:なし
解約金:無料

運営会社ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

出典:NUROモバイル

NUROモバイルの通信速度の特徴

大手3大キャリアの通信回線から選べる

NUROモバイルは、ドコモ・ソフトバンク・auと、3大キャリアの回線をすべて取り扱っています。

NEOプランはドコモ回線のみ、データ+SMSの場合はドコモとau回線のみなど、プランによっては選べる回線が限定されますが、回線の違いによる月額料金の差はありません。

どのキャリア利用者でも、現在利用している通信回線をそのまま使えるのは嬉しいですね。

5G通信にも対応している

NUROモバイルは、どの回線でも5G通信に対応しており、追加料金もかかりません。5G通信は最新の通信規格で、これまで使っていた4G通信と比較して高速な通信が可能です

 5G通信ができれば、よりスムーズなネット環境になるでしょう。

ただし、5G通信対応のスマホ端末でないと5G通信は使えません。また、SMSつきのドコモ回線も、5G通信g利用できないことも覚えておきましょう。

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

速度制限がかかったときの速度は1Mbps

NUROモバイルでは、契約したデータ容量を使い切ると、高品質SIMプランは最大1Mbpsバリュープラスとかけ放題プランであれば最大200Kbpsに速度が制限されます。

1Mbpsであれば、Webページの閲覧やテキストメールの送受信などといった最低限の操作は、ある程度できるでしょう。ただし、200Kbpsまで速度制限されると、Webページの閲覧も厳しくなってしまいます。

速度制限がかかった場合、容量チャージで高速通信に戻す方法もあります。1GBあたり550円(税込)で追加可能です。

低速時には初速バースト機能もある

NUROモバイルには、

初速バースト機能があります。初速バースト機能とは、速度制限で低速になったとき、最初の数秒間は高速通信になる機能です。

 最も時間がかかるダウンロードは高速通信になるため、速度制限中でもさほどストレスを感じずに済みます。

バースト機能があれば、低速通信中であっても、Webページの閲覧やSNSの投稿などの最低限の操作はできるでしょう。

ただし、動画視聴など長い時間ダウンロードしなければならない操作においては、バースト機能は効果が続きません。 

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

NUROモバイルの通信速度が快適になる3つのオプション

NUROモバイルには、通信速度が快適になるオプションが3つ用意されています。

対象のSNSサービスのデータ通信量がカウントフリー

NUROモバイルには、対象のSNSをデータフリーで使えるサービスがあるのが特徴です。対象のSNSは、契約するプランによって異なります。

カウントフリーになるSNS
  • NEOプラン:LINE、X(旧Twitter)、Instagram、TikTok
  • VM/VLプラン:LINE

NEOプランはそもそも、40GBもしくは20GBと大容量プランですが、さらに4つのSNSがデータフリーとなります。VMプランとVLプランは、LINEのみカウントフリーです。

 対象のSNSをよく使うなら、データ容量を気にせず使えるのでおすすめです。

ただし、LINEのビデオ通話やInstagramのビデオチャットなど、一部対象外のサービスもあるので、注意しましょう。

データ容量がもらえるGigaプラスサービスがある

NEOプランとVMプラン、VLプランは、データ容量がもらえる「Gigaプラスサービス」があります。もらえるデータの容量は。プランによって異なります。

Gigaプラスサービスでもらえるデータ容量
  • VMプラン:3GB
  • VLプラン:6GB
  • VLLプラン:9GB
  • NEOプラン:15GB

3ヶ月ごとに大容量のデータがもらえるのは大きな魅力です。もらったデータ容量は翌々月まで持ち越し可能で、自分のペースで消費できます。

月額料金が安いうえ、さらにデータ容量がもらえるのはかなりお得です。ただし、自動的にもらえるわけではなく、マイページにログインして手続きする必要があります。

あげ放題サービスがある

動画や画像、音声ファイルなどをアップロードする際には、多くのデータ容量を消費します。しかしNUROモバイルの場合、アップロードにデータ容量を消費しないオプションプラン、「あげ放題」があります。

[ただし、あげ放題のオプションが使えるのはNEOプランのみです。バリュープラスの場合は、あげ放題をつけられません。 

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

実測値!NUROモバイルの通信速度

格安SIM選びで重要なのは、実際にどのくらいの通信速度が出ているのかという点です。直近3ヶ月に実測した平均値を確認していきましょう。

時間帯平均Ping値通信速度
(平均ダウンロード速度)
通信速度
(平均アップロード速度)
42.53ms100.22Mbps19.73Mbps
52.06ms25.41Mbps12.07Mbps
夕方44.96ms69.88Mbps15.92Mbps
44.4ms39.88Mbps9.43Mbps
深夜48.3ms31.85Mbps8.31Mbps

※2024年3月19日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

通信速度において注目すべきは、ネット上にあるデータを受信するスピードを示す、ダウンロード速度です。「ダウンロード速度が速い=通信速度が速い」と考えていいでしょう。

どのくらいの速度が出ていれば快適かは用途によりますが、動画視聴なら3Mbps~25Mbpsあれば十分です。

 NUROモバイルの通信速度は、昼にぐんと落ちています。しかし、動画視聴ができる通信速度は出ており、遅くはなりますが使えないわけではありません。

そのほかの時間帯はある程度の速度が出ており、昼に通信速度が落ちることをのぞけば支障なく使えるといえます。

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

 出典:みんなのネット回線速度

NUROモバイルと他社の格安SIMの速度を比較

格安SIMを検討する際、複数の格安SIMと比較する人が多いでしょう。直近3ヶ月に実測した、格安SIMの通信速度の平均値を比較してみます。

料金プラン通信速度(平均ダウンロード速度)
NUROモバイル60.67Mbps
ワイモバイル81.64Mbps
UQモバイル107.06Mbps
mineo52.03Mbps
IIJmio 48.03Mbps
楽天モバイル141.78Mbps

※2024年3月19日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauのサブブランドです。3大キャリアの格安SIMなので、他の格安SIMよりも多くの帯域を利用できます。

そのため、通信速度の時間帯による差が少ないのが特徴で、平均値も高めです。楽天モバイルも自社の回線を拡大しており、通信速度を高めています。

NUROモバイルの通信速度は、ワイモバイルとUQモバイル、そして楽天モバイルに次いで速いという結果になりました。
しかし、mineoやIIJmioと比べると通信速度がずっと速く、NUROモバイルは格安SIMにしては優秀な通信速度といえるでしょう。
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

NUROモバイルのメリット

格安SIMのなかでも特に安い月額料金

NUROモバイルの特徴は、月額料金の安さにあります。どの料金プランにおいても、最安値級の価格帯になっているのが特徴です。

例えばドコモの格安ブランド「ahamo」も、20GBのプランを提供していますが、月額料金は2,970円(税込)です。一方で、NUROモバイルの20GBは2,699円(税込)と、200円以上安くなっています。

ahamoはもちろん、povoやLINEMOよりも安くなっています。

小容量プランは特に安く、スマホを使う頻度が少ない人ならよりお得に利用できるでしょう。

3つの回線から選べる

3大キャリアのうち、ひとつの通信回線でサービスを展開する格安SIMが多いなか、NUROモバイルはドコモ、ソフトバンク、auと3大キャリアの回線すべてを用意しています。

 どの回線でも料金は同じで、好きな回線を選択できるのは大きなメリットです。

現在使用している回線と同じものを選べば、SIMロック解除の手間がありません

ただし、NEOプランはドコモ回線のみなど、プランによっては自由に回線を選択できない点には注意が必要です。

ヤマダ電機対象店舗でも申し込める

NUROモバイルはネット申し込みが基本ですが、エントリーパッケージを購入して手続きもできます。

エントリーパッケージとは、NUROモバイルの申し込みのためのエントリーコードが記載されたパッケージです。

 ネット申し込みでは登録事務手数料として3,300円かかりますが、エントリーパッケージは2,000円で購入できお得です。

エントリーパッケージは、ヤマダ電機の店舗と、公式サイトであるヤマダウェブコムでも購入できます。

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

初月料金が無料になる

NUROモバイルは、契約初月のみ無料で使えます。

契約時には登録事務手数料がかかるので、支出が増えてしまいますが、NUROモバイルなら基本料金がかからないので安心です。ただし、通話料は通常通り請求されます。

初月中のプラン変更はできないので、気を付けてくださいね。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

NUROモバイルでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるため、使い切らなかった分も無駄になりません

例えば、20GBのプランを契約しており12GBしか使用しなかった場合は、翌月28GB使えることになりますなお、繰り越せるデータ容量は契約データ量が上限で、繰り越したデータは翌月末まで使えます。

データの使用量が月によって変動する人も、データを繰り越せるなら多めのプランを選んでも損しませんね。

 

通話料が半額になる

スマホの代金は、基本料金とは別に通話料金がかかります。電話でついつい長話しすぎて、請求額が高くなったことがある人もいるでしょう。

NUROモバイルの通話料金は、国内通話料が11円/30秒(税込)となっています。

 大手キャリアをはじめ、多くの携帯電話会社の通話料金は22円/30秒。相場の半額で通話できるのは大きなメリットです。

他社では、専用アプリからかけると半額などといったサービスがありますが、NUROモバイルの場合は専用アプリが不要です。

NUROモバイルからかけた通話は自動的に半額になるので、手間がかかりませんし安心して通話できます。

いくら通話料が安くても回数が多いと高くなるため、通話頻度が高いならかけ放題オプションがおすすめです。
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

NUROモバイルのデメリット

速度制限がかかるとかなり遅い

速度制限がかかったとき、NEOプランは最大1Mbps、バリュープラスであれば最大200Kbpsに速度が制限されます。

 NEOプランは、制限されてもWebページの閲覧などはできる程度の速度ですが、バリュープラスの場合かなり遅いでしょう。

バリュープラスで低速になってしまうと、ほとんど操作できずストレスを感じる可能性が大です。

速度制限がかからないよう気をつけたり、ユーザー同士でパケットをシェアしてもらったりといった対策をするといいでしょう。

途中で回線の切り替えはできない

契約した回線のつながりが悪い、といった理由でほかの回線に変えたいということもあるかもしれません。

ドコモ、ソフトバンク、auの通信回線が選べるNUROモバイルですが、はじめに決めたキャリア回線は変更不可です。

 もし変更したい場合は、一度解約して再度契約しなければなりません。

気軽に通信回線を変更できない点は、デメリットです。

対面でのサポートはない

NUROモバイルは店舗を保有しておらず、申し込みは基本的にオンラインのみです。

ヤマダ電機でもエントリーパッケージが販売されていますが、専門スタッフが在籍しているわけではなく、契約にまつわる相談は対応していません。手続きや初期設定も自分で行います。

 オンライン手続きや万が一のトラブルが不安な人にとって、対面でのサポートが受けられないのはデメリットでしょう。

サポートが必要なら、有料オプションの「遠隔サポート」や「訪問サポート」つける。もしくは、チャットや電話などを活用する方法があります。

解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

NUROモバイルの料金プラン

プラン名/データ容量音声通話つき(税込)

データ+SMS
(税込)

データ専用(税込)
NEOプランW 40GB3,980円

-

-

NEOプラン 20GB2,699円--
VSプラン 3GB792円792円627円
VMプラン5GB Giga+990円990円825円
VLプラン10GB Giga+1,485円1,485円1,320円
かけ放題プラン1GB1,870円

-

-

お試しプラン0.2GB-495円330円

NUROモバイルの料金プランは、通話とデータ通信ができるNEOプランとデータ通信のみのバリュープラスの2つに分かれています。

データ容量が20GB、40GBと多いNEOプランは、スマホの利用頻度が多い人向けのプラン。バリュープラスは、スマホの利用頻度が多くなく、スマホ料金を抑えたい向けのプランです。

 3ヶ月ごとに追加データ容量がもらえるのは、NEOプランとVMプラン、VLプランです。

ほかにも、データ通信よりも通話の頻度が高い人向けの「かけ放題プラン」や、NUROモバイルの使用感を試してみたい人向けの「お試しプラン」など、用途に応じて選べるプランがたくさん用意されています。

端末補償や通話かけ放題など、オプションプランも充実!使用方法に応じた料金プランを設定できます。
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み

出典:NUROモバイル

まとめ

今回は、NUROモバイルの通信速度について解説しました。NUROモバイルの魅力は、カスタムのしやすさと安い料金設定にあります。

音声通話つきSIMのデータ容量は、3GB~40GBと選択肢が広く、通話オプションも豊富です。

通信速度は、混雑しがちな昼間に弱いという、格安SIMならではの弱点があります。しかし、それ以外の時間帯はある程度速度が出ており、十分に使えるでしょう。

通信費用を抑えたいなら、月額料金が安いNUROモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。
解約金0円!お試しプランあり(公式)
NUROモバイル
特典でおトクに申し込み
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事