ahamoには家族割やファミリー割引はある?お得に使う方法を解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

2021年3月からスタートしたドコモの新料金プラン「ahamo」。口コミなどを参考にすると、料金面や速度面での評価が高く、利用者も増加しています。

ahamoへの申し込みを検討しているものの「ドコモのファミリー割引や家族割は適用される?」「ahamoにも、家族で利用すると安くなるサービスはある?」「家族一人だけ乗り換えた場合、家族割はどうなるの?」など、疑問がある人も多いのではないでしょうか?

料金の安いahamoですが、家族で利用する場合、さらにお得になると嬉しいですよね。そこでこの記事では、ahamoのファミリー割引や家族割について解説します。

ahamoの支払い方法の変更や家族で申し込む際の注意点なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

ahamoはドコモの家族割が適用されるの?

ファミリー割引は適用される!

グループ内の家族間通話が無料になるファミリー割引は、ahamoでも利用可能です。

 ドコモの契約回線を含めて、最大20回線までが割引対象となります。

ただしahamoからの発信は無料にはならず、ギガプランなどドコモからの発信が無料になるので注意が必要です。

ahamoは1回5分までの通話が無料なので、5分以内の通話はahamoからの発信でも料金は発生しませんが、5分を超える通話はドコモから発信するようにしましょう。

ファミリー割引の適用は申し込みが必要なので、ahamo公式サイトから申込書をダウンロードして郵送での手続きをしましょう。

みんなドコモ割は非対応

ファミリー割引のグループ内の回線数に応じてプラン料金が最大1,100円割引されるみんなのドコモ割は、ahamoは対象外です。

 家族全員でドコモからahamoに乗り換える場合、みんなのドコモ割を受けることはできません。

ahamoの契約回線は料金の割引は受けられませんが、みんなのドコモ割のカウント対象にはなっているため、ドコモの利用者の割引額は変わりません。

例えば、3人家族の夫婦がドコモのまま子供1人だけahamoに乗り換えても、カウント対象は3回線となり、夫婦の割引額はそれぞれ最大1,100円のままです。

ファミリー割引のグループ内の誰かが乗り換えても、お得な料金のまま利用できるのは嬉しいポイントですね。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ドコモの家族割を徹底解説

ファミリー割引

ドコモ ファミリー割引

「ファミリー割引」とは、ドコモユーザーの家族間国内通話が無料になる割引サービスで、最大20回線までの家族が割引の対象です。

離れて暮らす家族や遠くの親戚も対象で、主回線から三親等以内※1の家族・親族であれば同居・別居問わずに「ファミリー割引」のグループを組めます。

 ファミリー割引はプラン申し込みとは別に申し込みが必要です。

全国のドコモショップや電話、申込書郵送での申し込みができます。店舗からの申し込みの場合は、事前に来店予約をした上で来店するようにしましょう。

電話での申し込みは局番なしの「151」から申し込みできます。申込書を郵送する場合には、公式サイトから書類をダウンロードして必要事項を記入しましょう。

ファミリー割引のグループを組んでから、回線を追加することも可能ですよ。
※1 互いに婚姻の意思を持って夫婦として共同生活を行っている場合(いわゆる事実婚や同性パートナー)を含みます。

みんなドコモ割

みんなドコモ割

「みんなのドコモ割」は、ファミリー割引のグループ内で条件を満たした回線数に応じて、月額料金が最大1,100円割引かれるサービスです。

みんなのドコモ割の割引対象プラン
  • 5Gギガホ プレミア
  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガホ プレミア
  • ギガホ
  • ギガライト

上記の6つの料金プランを利用していれば、ファミリー割引の回線数に応じて月額料金が割り引かれます。

割引額
1回線割引なし
2回線550円
3回線以上1,100円

例えば、夫婦と子供合わせて3回線を利用すれば、それぞれの月額料金から1,100円割り引かれる計算です。

申し込みも不要なので、ファミリー割引の申し込みをしてグループを設定しておけば自動でプラン料金が割り引かれます。

利用するプランによって最大割引額が異なるので、プランごとの割引額を確認しましょう。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ahamoの料金プラン

ahamoの料金プラン

ahamoの料金プランの特徴
  • 月額2,970円から使える
  • オプションで月間100GBまで利用可能
  • 1回5分までの国内通話無料
  • 追加料金なしで海外でも使える

「ahamo」は、ドコモが2021年3月からサービスの提供を開始したオンライン専用プランで、月間20GBの高速通信を月額2,970円から利用できます。

 2022年6月からスタートした月額1,980円の「大盛りオプション」に加入すると、月額4,950円で月間100GBの高速通信が利用可能です。

月間データ量を超過すると最大1Mbpsに速度制限があります。

ahamoは、1回5分までの国内通話が無料で利用できる点がメリットです。5分を超過する通話を利用する機会が多い人は、月額1,100円の「かけ放題オプション」の加入もおすすめです。

国内利用と合わせて月間20GBまで追加料金なしで海外利用もできますよ。※1
月額料金20GB:2,970円
国内通話料1回5分まで無料
5分超過後:22円/30秒
追加オプション大盛りオプション:1,980円/月
かけ放題オプション:1,100円/月

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
※1 15日を超えて海外で利用する場合には速度制限がかかります。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

家族割適用のドコモとどっちがお得?

家族割を適用したドコモの料金プラン「5Gギガホ プレミア」「5Gギガライト」とahamoの料金を比較したものが以下の表になります。

月額料金
ドコモ※15Gギガホプレミア3GBまで:4,565円
3GB以降:6,215円
5Gギガライト1GBまで:2,365円
3GBまで:3,465円
5GBまで:4,565円
5GB以降:5,665円※2
ahamo20GB:2,970円/月
100GB:4,950円/月

※ 割引適用前の月額基本料金

上記の通り、家族割を適用したドコモの料金プランとahamoの料金を比較すると、基本的にはahamoの方がお得に利用できることが分かります。

ただし、ドコモの5Gギガライトは家族割を適用すると1GBまで月額2,365円で利用できるので、ほとんどスマホを使わないという人はドコモの方が月々の料金がお得です。

ドコモでは、ドコモ光とセットで利用すると最大1,100円割り引かれる「ドコモ光セット割」も実施していますよ。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※1 ファミリー割引の回線数が3回線以上の場合
※2 7GB超過後は最大128kbpsの速度制限があります。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ahamoを利用するメリット

ahamoを利用するメリットは以下の4つです。

なんと言っても月額料金や通話料金がお得なのは、大きなメリットなのではないでしょうか。

月額料金がリーズナブル

ドコモの料金プランと比較すると、ahamoは月額料金がリーズナブルでお得に利用できます

 現在ドコモを利用していて、料金を見直したいという人はahamoへのプラン変更がおすすめです。

家族3人でドコモの「5Gギガホ プレミア」をそれぞれが月間20GB利用したとすると、家族割を適用しても合計18,645円※1がかかります。

一方で、家族3人でahamoをそれぞれ月間20GB利用したとすると、合計8,910円なので、毎月1万円分程度のスマホ利用料がお得になる計算です。

回線数が2回線以下だとドコモの家族割引は割引額が少ないので、よりahamoの方がお得に利用できます。
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※機種代⾦別途
※1 ドコモ光セット割などの割引は含みません。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

安定した通信速度

ahamoはドコモ回線の安定した通信速度もメリットです。

利用者の速度の測定結果が分かる「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を参考にすると平均速度は以下の通りです。

平均下り速度126.42Mbps
平均上り速度14.35Mbps

※ 2022年7月時点

みんそくの結果によると、平均下り速度は120Mbpsを超えています。

YouTubeを視聴する場合、4K動画の再生に推奨される速度は40Mbpsなので、ahamoの通信速度であれば快適に動画視聴ができることが分かります。

利用する場所や時間帯によっては速度が遅くなることもあるので、その際にはWi-Fiを活用して速度を改善しましょう。

1回5分までの通話が無料

ahamoからの発信の場合、家族間の通話でもファミリー割引を適用できませんが、国内通話は誰にかけても1回5分まで無料で利用できます。

 5分以内であれば何度かけても無料なので、5分を超過する場合でも一度通話を切ってから再度発信すれば通話料は発生しません。

もしも5分以上通話する機会が多いという人は、月額1,100円のかけ放題オプションに加入しましょう。

かけ放題オプションに入れば、5分以上の電話を何回かけても通話料はかかりませんよ。※1
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※ 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
※1 海外からの発信や特番など一部の番号への発信は通話料が発生します。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

大盛りオプションで最大100GB利用可能

ahamoは、大盛りオプションを利用すれば最大100GBの大容量プランも利用できます。

 大盛りオプションは1ヶ月のみの利用もできるので、旅行や出張などでデータをたくさん使いたい月だけ加入することも可能です。

また、大盛りオプションはテザリングにも対応しているので、Wi-Fiの代わりとしても使えます。

インターネットをあまり使わないという人は、固定回線が不要になる可能性も十分ありますよ。

ahamoに乗り換える際のデメリット・注意点

続いてahamoを利用するデメリットを4つ紹介します。

ahamoを申し込む際やサポートを受けたい際、オンラインしか方法がないため、操作に不安がある方には不便に感じてしまうこともあるでしょう。

申込は基本的にオンラインから

ahamoの申し込みは基本的にオンラインからで、ドコモショップでの店頭サポートは3,300円の利用料金がかかります。

 ドコモショップで受けられるahamoのサポートは操作手順の指示で、申し込みに関する操作自体は利用者自身が行います。

ドコモショップでのサポートは利用料金が発生してしまうので、可能であれば自分で申し込みましょう。

公式サイトの申し込み手順の案内通りに進めていけば、基本的には問題なく乗り換えられますよ。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ahamoとドコモでサポートの窓口が異なる

ahamoとドコモは、問い合わせ先が異なるので注意しましょう。

 ドコモはWebだけでなく店頭や電話などの手厚いサポートが受けられますが、ahamoは基本的にオンラインのチャットサポートを利用することになります。

ahamoも申し込み時は、利用料金を支払えば店頭でのサポートを受けられますが、契約後の申し込み以外のサポートはオンライン専用のチャットサポートを利用しましょう。

ahamoの有人チャットサポートは、午前9時から午後8時まで年中無休で利用可能です。

キャリアメールの利用は有料

ドコモからahamoにプラン変更した場合、「〇〇@docomo.ne.jp」のドコモメールが無料で利用できなくなるので注意が必要です。

 ドコモメールをahamoで使うには月額330円の「ドコモメール持ち運び」サービスを利用する必要があります。

ahamoでドコモメールを引き継がないという人は、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを新しく用意しておきましょう。

ドコモメールで残しておきたいメールについては、乗り換え前にバックアップを取ることも大切です。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

月額料金が高くなる場合がある

ahamoは月額2,970円から利用できるお得な料金プランが特徴ですが、利用しているプランやデータ使用量によってはドコモよりも月額料金が高くなることもあります。

 大盛りオプションを利用すると月額4,950円がかかってしまうので、料金をできるだけ安くしたいという人はなるべく利用は避けましょう。

月間1GBもスマホのモバイル通信を行わない人などは、ドコモの「5Gギガライト」の方が料金が安い場合もあるので、一度利用料金を確認しておきましょう。

ahamoは解約金が発生しないので、まず一度乗り換えてみるのもおすすめですよ。

ahamoはこんな人におすすめ

ahamoはこんな人におすすめ
  • スマホの料金を見直したい人
  • 安定した速度の格安SIMを使いたい人
  • 通話もお得に使いたい人

ahamoは月額2,970円から利用できるので、大手キャリアを利用している人でスマホの利用料金を見直したいという人におすすめです。

 データを使わずに無駄にしてしまっている人や現在のスマホの通信料が高いと感じている人は、まずは料金を確認してみましょう。

格安SIMへの乗り換えを検討している人のなかで速度面が不安な人にもahamoはおすすめです。ahamoは、ドコモ回線の安定した4G・5G通信が利用できます。

また、通話料が1回5分まで無料で利用できるので、通話をお得に利用したいという人もahamoへの乗り換えを検討してみてください。

とくにドコモからの乗り換えの場合は、手続きも簡単でスムーズにプラン変更が可能ですよ。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら

ahamoをお得に始めるポイント

ahamoをお得に始めるポイント
  • dカード特典を利用する
  • キャンペーンを適用する

dカード特典を利用する

ahamoの料金の支払いはクレジットカードと口座振替に対応していますが、「dカード」または「dカード GOLD」で支払うと、毎月使えるデータ量が増量されます。

 dカードは年会費無料で利用でき、dカード GOLDは年会費が11,000円かかりますが、お得なサービスを受けられるクレジットカードです。

dカードでの支払いは1GB、dカード GOLDでの支払いは5GB、毎月のデータ量が増量されます。

また、支払い方法の変更はドコモオンラインから手続きすることができますよ。

クレジットカードを新しく作りたいと考えている人はこの機会に発行してみてはいかがでしょうか。

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら


キャンペーンを適用する

ahamoでは時期によってポイント還元や端末代金割引などのお得なキャンペーンを実施しています

 とくに他社からの乗り換えの場合は、キャンペーンが利用できるケースが多いので、申し込む前に必ず確認しましょう。

またキャンペーンには適用条件が定められていることが多いので、自分がキャンペーンの条件を満たしているか確認することも大切です。

キャンペーンに関して不明な点がある際には、チャットサポートを活用して問い合わせましょう。

ahamoと併せてチェックしたいおすすめ格安SIM3選

mineo

mineo

おすすめポイント
  • 家族割引で月額55円(税込)OFF
  • 1人で複数回線契約でも割引対象
  • 割引前の基本料金も格安
  • 国内通話料は他社相場の半額以下
  • 3大キャリアの回線に対応

mineo(マイネオ)は、関西電力グループが運営する格安SIMです。最大5回線まで適用される家族割引は1回線ごとに月額55円(税込)OFF。別姓や事実婚、離れて暮らす家族も対象になります。

 割引額自体は大きくないですが、元々の基本料金はahamoより安く20GBプランは月額2,178円(税込)です。1GB・5GB・10GBプランなら、さらに月額を下げられます。

なお、1人での複数回線契約でも月額55円(税込)OFFが適用。家族が別の会社と契約していても割引を受けやすい点はメリットでしょう。

当サイトから申し込んだ方限定で適用される事務手数料無料特典も用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

専用アプリからの発信で、通話料を10円/30秒に抑えられるのもお得ですね。
月額基本料金(税込)1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
無制限(300kbps):660円
無制限(1.5Mbps):990円
無制限(3Mbps):2,200円
家族割引適用後の月額基本料金(税込)1GB:1,243円
5GB:1,463円
10GB:1,903円
20GB:2,123円
無制限(300kbps):605円
無制限(1.5Mbps):935円
無制限(3Mbps):2,145円
利用回線au・ドコモ・ソフトバンク
通信速度(実測値)
みんなのネット回線速度より
下り:40.65Mbps
上り:9.06Mbps
国内通話料(税込)10円/30秒
※mineoでんわからの通話時
契約事務手数料(税込)3,300円

出典:mineo(2022年12月時点)
※:終了時期未定

UQモバイル

UQモバイル

※2024年3月14日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

おすすめポイント
  • 親子応援割適用で20GBが月額1,958円(税込)
  • 18歳以上の家族にも自宅セット割を適用可能
  • auと同回線で高速通信
  • 節約モードで通信量を抑えられる
  • MNP乗り換えで最大10,000円相当を還元

UQモバイルはauが展開するサブブランドです。家族割引は5〜18歳の家族とのグループ契約で、契約翌月から1年間の基本料金が月額1,320円(税込)OFFになります。

 親子割適用後の月額は20GBプランが1,958円(税込)です。18歳以下は12ヶ月間+10GBとなるため30GBで使えます。

家族が18歳以上のみの場合でも、自宅セット割を家族で10回線まで適用可能。さらに7ヶ月間0円の増量オプションⅡをつければ、5GB増量で19歳以上の家族は25GB、18歳以下は35GBとなります。

オンラインショップからMNP乗り換えすると、最大10,000円相当が還元されますよ。
月額基本料金(税込)4GB:2,365円
15GB:3,465円
20GB:3,278円
家族割引適用後の月額基本料金(税込)20GB:1,958円
※自宅セット割条件満たす場合のUQ親子割適用時(2年目以降は料金変動)
利用回線au
通信速度(実測値)
みんなのネット回線速度より
下り:79.44Mbps
上り:14.18Mbps
国内通話料(税込)22円/30秒
契約事務手数料(税込)3,850円
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

出典:UQモバイル(2024年3月時点)

Y!mobile

Y!mobile

おすすめポイント
  • 家族割引で2回線目以降1,188円(税込)/月OFF
  • 親子割で翌月から1年間は追加で1,100円(税込)/月OFF
  • 家族割引は親等数の制限なし
  • データ増量オプションが1年間無料
  • ソフトバンクと同じ回線で高速通信

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクが展開するサブブランドです。家族割引は2回線目以降が月額1,188円(税込)OFFになるので、家族でまとめるとスマホ代を大幅に節約できます。

 利用者の中に5〜18歳の家族がいると、家族割に加えて親子割が適用。契約から1年間は1回線目も含めて月額1,100円(税込)OFFになります。

割引に加えて、通常月額550円(税込)のデータ増量オプションも最大7カ月間無料に。毎月2〜5GB増量されるので、通信量に余裕を持って使えるでしょう。

回線はソフトバンクと同じため、格安SIMの中でも通信速度は速い傾向です。
月額基本料金(税込)3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
家族割引適用後の月額基本料金(税込)3GB:990円
15GB:990円
25GB:1,870円
※ワイモバ親子割適用時の2回線目以降(2年目以降は料金変動)
利用回線ソフトバンク
通信速度(実測値)
みんなのネット回線速度より
下り:71.84Mbps
上り:17.39Mbps
国内通話料(税込)22円/30秒
契約事務手数料(税込)3,300円
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

出典:Y!mobile(2022年12月時点)

まとめ

今回は、ahamoのファミリー割引や家族割について解説しました。

ahamoでは家族間通話が無料になるファミリー割引に一部制限があり、料金が割り引かれる家族割引は利用できません。

しかし、ドコモから家族一人だけがahamoに乗り換えても、ドコモを契約している家族が引き続き家族割の恩恵を受けられることは家計の助けになるでしょう。

また、割引を適用しなくてもお得な料金で安定した通信速度を利用できるので、ドコモだけでなく他社の携帯電話会社からの乗り換えにもおすすめです。

まずは現在利用している携帯電話会社とahamoの料金を比較してみてくださいね。
5分以内の通話が無料!
ahamo
公式サイトはこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事