ahamoのeSIMとSIMカードはどっちがいい?メリットや切替方法も徹底解説

月額2,970円(税込)で20GBのデータ量を利用できるahamo。格安ながらドコモ回線の利用で通信も安定しており、切り替えを検討している人もいるでしょう。

ahamoでは2021年9月より、SIMカードだけでなくeSIMも利用できるように、ますます注目を浴びています。

とはいえ「ahamoを利用するときは、SIMカードとeSIMのどっちがいいの?」「eSIMをahamoで利用するメリットやデメリットについて知りたい」という人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ahamoでeSIMを利用するメリットやデメリットeSIMをおすすめしたい人の特徴などについて解説します。

ahamoでeSIMを開通する手順や、SIMカードからeSIMに切り替える手順も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

2021年9月からahamoでもeSIMに対応

スマホを操作する人

ahamoは、2021年9月からeSIMにも対応しています。eSIMとは、スマホの端末本体に内蔵されているSIMのことです。

 SIM(加入者認識モジュール)には契約者の情報が記録されていて、記録されている内容によってデータ通信が利用できます。

現在も利用されている物理的なSIMカードは小型のチップで、携帯電話会社やスマホを変更する際には入れ替えが必要です。

一方で、eSIMはスマホに直接内蔵されているので、乗り換えや機種変更時の入れ替え作業は必要ありません。

ahamoでeSIMを利用するメリット

ここでは、ahamoを利用する際にSIMカードではなくeSIMを利用するときのメリットについて紹介します。

メリット
  • 申し込みから最短で即日利用可能
  • 破損や紛失の心配がない
  • iPhoneをデュアルSIMとしても活用できる
  • 海外渡航時にも活躍する

申し込みから最短で即日利用可能

スマホを操作する人

ahamoでeSIMを利用する大きなメリットのひとつが、開通までの早さです。ahamoのeSIMを使えば、申し込みから最短1時間で利用を始められます

 SIMカードの場合は、申し込み完了後にカードが発送されるので、受け取るまでに数日かかります。

eSIMの場合は、SIMが既にスマホに内蔵されているので、回線の切り替えや初期設定をすぐに始めることが可能です。

回線切り替えなどの初期設定は、すべてオンライン上で完了しますよ。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

破損や紛失の心配がない

スマホを操作する女性

SIMカードは小型の精密機器なので、取り扱いを間違えると紛失や故障の可能性があります。一方で、eSIMは本体にSIMが内蔵されているので、紛失の恐れはありません

抜き差しが不要な分、SIMカードと比べると故障のリスクも低いと言えるでしょう。

iPhoneをデュアルSIMとして活用できる

通話する人

デュアルSIMとは、1台のスマホに2枚のSIMを使用できる機能で、1台で2つの電話番号や異なる回線を利用できる点が特徴です。

 Androidは2枚のSIMカードでデュアルSIMを使えることがありますが、iPhoneはSIMカードを1枚しか挿入できないのでeSIMと組み合わせる必要があります。

ahamoのeSIMに申し込んで、他の携帯電話会社のSIMカードを利用すれば、iPhoneをデュアルSIMとして活用できます。

仕事やプライベートで電話番号を使い分けたい人やデータ専用の回線が使いたい人などは、デュアルSIMの利用がおすすめですよ。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

海外渡航時にも活躍する

空港にいる男性

ahamoは、国内使用量を含めて20GBまでの海外高速通信が無料(15日を超える場合には速度制限あり)で利用できます。

 ahamoをeSIMで利用して、海外旅行社向けのプリペイドタイプのSIMカードも併用すれば、海外でもお得にインターネットを利用できます。

15日以内の利用などはahamoだけでも十分ですが、もしデータが足りなくなった時は、プリペイドタイプのSIMカードを活用してデータ通信を補いましょう

海外向けのプリペイドSIMは国内でも購入できるので、事前に設定を済ませておくと安心ですよ。

ahamoでeSIMを利用する際のデメリット・注意点

メリットの多いeSIMですが、ahamoで利用する際にはいくつか注意しなければならない点もあります。

デメリット・注意点
  • 対応機種が少ない
  • SIMロック解除が必要な場合がある
  • デュアルSIM(DSDS)は動作保証対象外
  • 乗り換え時にはWi-Fi環境が必要

対応機種が少ない

iPhone

ahamoでeSIMを利用する際は、事前に対応機種を確認しておきましょう。eSIMはSIMカードと比べると対応機種が少ないので、注意が必要です。

ahamoのeSIM対応機種(2022年9月時点)
・iPhone 14/14 Pro/14 Pro Max
・iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max
・iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
・iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
・iPhone XS/XS MAX
・iPhone XR
・iPhone SE(第3世代)
・iPhone SE(第2世代)
・11インチiPad Pro(第3世代)
・11インチiPad Pro(第2世代)
・11インチiPad Pro(第1世代)
・12.9インチiPad Pro(第5世代)
・12.9インチiPad Pro(第4世代)
・12.9インチiPad Pro(第3世代)
・iPad Air(第5世代)
・iPad Air(第4世代)
・iPad Air(第3世代)
・iPad(第9世代)
・iPad(第8世代)
・iPad(第7世代)
・iPad mini(第6世代)
・iPad mini(第5世代)
・AQUOS R7 SH-52C
・Xperia 1 IV SO-51C

iPhoneは多くの機種が対応していますが、Androidスマホはドコモで販売されている「AQUOS R7 SH-52C」と「Xperia 1 IV SO-51C」の2機種のです。

iPadは、ドコモで購入した機種のみ対応しているので注意しましょう。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

SIMロック解除が必要な場合がある

iPhone 13

ソフトバンクやauで購入したiPhoneでahamoのeSIMを利用する場合には、SIMロックの解除が必要です。

SIMロックは購入先の携帯回線のSIMカードを挿入した場合のみ動作するようになる機能制限のことで、異なる回線のSIMカードを利用する場合には解除手続きをしなければなりません。

 現在販売しているスマホにはSIMロックがかかっていませんが、2021年9月よりも前にauやソフトバンクで購入したスマホにはSIMロックがかかっています。

SIMロック解除は、購入した携帯電話会社で手続きが必要なので、ahamoへ申し込む前に手続きをしましょう。

ドコモで購入したスマホをahamoで利用する場合には、SIMロックの解除は不要です。

デュアルSIM(DSDS)は動作保証対象外

スマホを操作する人

ahamoでは、SIMカードとeSIMを同時に利用するDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)は動作保証対象外なので、サポートを受けることができません。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)は、2枚のSIMで2回線の着信を同時に待ち受けできる機能で、SIMを切り替える必要がないタイプのデュアルSIMです。

サポートは受けられませんが、口コミなどを参考にすると問題なく利用できているようです。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

乗り換え時にはWi-Fi環境が必要

Wi-Fiの電波

ahamoのeSIMへ乗り換える際には、初期設定時にWi-Fiが必要です。インターネット環境が整った状態で作業を行いましょう。

ahamoに回線を切り替える手続きが完了すると、そこからモバイル通信を利用できるようにするためのプロファイルのダウンロードを行うまでは、モバイル通信が利用できません

回線切り替えからプロファイルをダウンロードするまでは、通話などの機能も利用できないので注意が必要です。

SIMカードとeSIMどっちがいい?向いている人を分析

SIMカードが向いている人

スマホとSIMカード

SIMカードが向いている人
  • スマホにあまり慣れていない人
  • 利用中のスマホがeSIMに対応していない人
  • どちらを選べば良いか分からない人

SIMカードは、eSIMと比べると乗り換えや機種変更の手続きがシンプルなので、スマホにあまり慣れていない人に向いています。

また、eSIMは対応機種が少ないので、非対応機種を利用していてスマホの買い替えを考えていない人はSIMカードを利用する必要があります。

ahamoは後からeSIMへの移行も可能なので、どちらを選べば良いか分からない人は、まずSIMカードで申し込みましょう。
すぐに利用できる
ahamoをeSIMで
利用する手順

eSIMが向いている人

スマホを操作する人

eSIMが向いている人
  • eSIMに対応している機種を使っている人
  • iPhoneをデュアルSIMとして活用したい人
  • スマホの設定などを1人でもできる人
  • すぐに乗り換えたい人
  • Wi-Fi環境が整っている人

eSIMを利用する際は、大前提としてeSIM対応の機種を持っていなければなりません。ahamoでeSIMを利用する際には、公式サイトからeSIM対応機種かどうかを確認しておきましょう。

 eSIMの初期設定は、SIMカードと比べるとやや複雑なので、スマホに慣れている人におすすめです。

最短即日で乗り換えられる点も強みなので、すぐにahamoへ乗り換えたいという人はSIMカードよりもeSIMが向いているでしょう。

他社からahamoのeSIMに切り替える手順

1申し込み・回線切り替え手続き

他社の携帯電話会社から乗り換える場合には、申し込み後にまず回線切り替えが必要です。「eSIM利用開始手続きのご案内」というメールが届いたら手続きを開始しましょう。

1ahamoにログインする

ahamo 受付番号でログイン

ahamoのアプリ、または公式サイトのログインページを開きます。アプリの場合は、「配送状況・開通へ」を選択して、受付番号や携帯電話番号、暗証番号を入力してログインしましょう。

公式サイトからのログインは、申し込み時に登録したdアカウントでログインをします。

2「回線切り替え」を選択して開通情報を確認する

手続き状況確認ページ

開通手続きに必要な手順を確認してから、「回線切り替えへ」を選択すると開通情報を確認するページへ移ります。

開通する電話番号に誤りがないかや注意事項を確認して、ページ下部にある「回線切り替えを行う」を選択しましょう。

完了画面が表示されて、乗り換える前の回線が利用できなくなったら切り替えは完了です。
今なら100GBが実質月2,970円!
ahamo
公式サイトはこちら

2eSIMプロファイルのダウンロード

iPhoneを操作する人

回線切り替え後には、ahamoのデータ通信を可能にするためにプロファイルのダウンロードを実施します。

 プロファイルのダウンロードにはWi-Fiが必要なので、インターネット環境が整った状態で作業を行いましょう。

また、QRコードを表示するためのパソコンや別のスマホが必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。QRコードは公式サイトのeSIM開通の手順ページで確認できます。

もし他にインターネットを利用できる端末がなくても、アドレスの直接入力も利用できますよ。

iPhoneの場合

iPhone 13 Pro

eSIMプロファイルダウンロード手順
  1. Wi-Fiに接続する
  2. eSIMの設定を行う(QRコードの読み取り)
  3. モバイル通信プランを追加してアクティベートする

iPhoneでWi-Fiに接続したら、設定アプリから「モバイル通信」を選択して、モバイル通信プランの追加を行います。

 モバイル通信プランの追加にはQRコードの読み取りが必要なので、パソコンや別のスマホを準備しましょう。

QRコードを表示する端末がない場合やQRコードが読み取れない場合には「詳細情報を手動で入力」を選択して、公式サイトのeSIM開通の手順ページからアドレスをコピーして入力します。

QRコードの読み取りが完了するとページが移動するので、「モバイル通信プランを追加」を選択します。

副回線のアクティベートがオンになることが確認できれば、iPhoneでのプロファイルダウンロードは完了です。

Androidの場合

2台のスマホ

eSIMプロファイルダウンロード手順
  1. Wi-Fiに接続する
  2. eSIMの設定を行う(QRコードの読み取り)
  3. eSIMのオンオフを切り替える

AndroidスマホをWi-Fiに接続したら、設定アプリのネットワークとインターネットから「モバイルネットワーク(ネットワークを追加)」を選択します。

 eSIMを追加する(ダウンロードする)を選択すると、ページが移動するので、プロファイルに必要なQRコードを読み取りましょう。

AndroidスマホもiPhoneと同様に、QRコードが読み取れなくてもアドレスの手動入力が可能です。

回線が有効になったことを確認したら、「ネットワークとインターネット」でSIMの使用をオンにしましょう。
今なら100GBが実質月2,970円!
ahamo
公式サイトはこちら

3再起動後に発信テストを行う

通話する女性

eSIMプロファイルのダウンロードが完了したら、一度端末の再起動を行いましょう。

再起動後に、発信テスト用番号(111/通話料無料)に発信して、問題なく通話が利用できていれば乗り換え手続きは完了です。

ahamoのSIMカードからeSIMに切り替える手順

eSIMに切り替える手順
  1. ahamoにログインする
  2. dアカウントでログインする
  3. メニューの「その他の手続き」→「eSIM発行・再発行のお手続き」を選択
  4. eSIM情報を入力する
  5. 入力内容を確認して注文する
  6. プロファイルのダウンロードを実施する

現在ahamoをSIMカードで利用している人も、オンラインで手続きをすればeSIMの発行が可能です。SIMカードからeSIMへ切り替える際の料金は無料です。

 ahamoへログイン後、「その他の手続き」から「eSIM発行・再発行のお手続き」を選択すると、申し込みページへ移ります。

発行するeSIMの利用機種は「新しい機種(持ち込み)でeSIM発行」を選択して、内容を確認すると注文が完了します。

注文完了後は、他社からの乗り換えの場合と同じ流れで、プロファイルのダウンロードが必要です。

SIMカードからeSIMにする場合は、eSIMに対応しているかを確認してから申し込むようにしましょうね。

ahamo以外におすすめしたい格安SIM

LINEMO
楽天モバイル
mineo
LINEMOロゴ
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
月額料金
今なら実質0円〜
1,078円(税込)〜
660円(税込)〜
月間データ容量
3GB〜
1GB〜
1GB〜
最大通信速度
非公開
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
使用回線
ソフトバンク
楽天、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
キャンペーン
12/4まで!
他社から乗り換え
13,000円相当プレゼント
申し込みで
最大24,000
ポイント還元中!
通話かけ放題が
1年間割引
口座振替
テザリング

LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 3GBプランが今なら最大8ヶ月間実質0円
  • LINEのデータ消費量ゼロ!速度制限中でも使い放題
  • 他社からの乗り換えで10,000円分のPayPayポイントプレゼント
  • 国内通話定額オプションが1年間無料
  • 追加料金なしで5G通信対応&ソフトバンク回線で繋がりやすい
  • iPhone SE(第3世代)・iPhone 14シリーズが使える!

LINEMOとは、ソフトバンクが展開する格安ブランド。ソフトバンクと同じ高速通信ができることからか、顧客満足度No1を受賞しており、利用者からの評判も良い格安SIMです。

提供しているプランは、月3GBの「ミニプラン」と月20GBの「スマホプラン」の2つ。今ならミニプランを最大8ヶ月間実質0円で利用できるキャンペーンを実施しています。

 そんなLINEMOの最大の特徴は、LINEアプリをいくら使ってもデータ量が消費されない『LINEギガフリー』です。

LINEギガフリーとは

通常であれば、データ消費量の大きいビデオ通話でさえ、LINEアプリを使えばデータ量を消費しません

普段LINEを使って通話やメッセージをする方に、嬉しいポイントですね。

さらに、LINEMOでは、他社から乗り換えで10,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされるなど、お得なキャンペーンが複数実施されています。

通信費は抑えつつ、通信速度などは妥協したくない方におすすめの格安SIMです。

月額料金
(税込)
  • ミニプラン:今なら最大8ヶ月間0円
  • スマホプラン:2,728円
使用回線 ソフトバンク
通信容量
  • ミニプラン:3GB
  • スマホプラン:20GB
速度制限時の
最大速度
  • ミニプラン:最大300kbps
  • スマホプラン:最大1Mbps
対応端末
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ   他

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMO

※J.D.パワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ無制限で月額3,278円(税込)
  • 専用アプリを使えば国内通話かけ放題が無料
  • 今なら!通話オプション月額1,100円(税込)が3ヶ月無料
  • スマホ端末が実質1円〜購入できる
  • 2022年7月1日〜キャリアメールサービス開始
  • iPhone SE(第3世代)iPhone 13シリーズが購入できる

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクと同様に、自社の回線をもつ新しい携帯キャリアです。

料金プランは、使わないとどんどん安くなるワンプランで、他の携帯キャリアに比べると料金が手頃で格安SIM並と話題になっています。

 楽天モバイルはどれだけ使っても最大月3,278円(税込)と、月額料金がお得なのが最大の魅力です。

さらに、楽天市場のお買い物が最大16倍になる会員特典や、貯まったポイントで楽天モバイルの料金が支払えるなど、ポイント還元のメリットが多いのも特徴です。

iPhoneなどの端末を購入する際も「iPhoneアップグレードプログラム」という、iPhone代を最大24ヶ月分支払わなくて済むプログラムを利用できます。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

iPhoneの端末価格だけでなく、スマホ端末代が最大19,000円相当お得になるキャンペーンなど、お得なキャンペーンが多いのも魅力の1つです。

 iPhoneやスマホだけでなく、初めて楽天モバイルに申し込んだ方は、ポケット型Wi-Fi・モバイルルーターの端末代がなんと実質0円とお得です。

楽天モバイルオリジナルのスマホなら実質1円で購入できますよ。

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

月額料金
(税込)

1GBまで:実質0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限:3,278円

使用回線 楽天
通信容量 -
速度制限時の最大速度 パートナー回線エリア内:1Mbps(国内)
購入できる端末
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ 
  • Rakuten Hand 他

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • データ使い放題が月660円(税込)〜
  • 乗り換えの際にSIMロック解除の必要なし!
  • ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応!好きな回線を選べる
  • 提携店舗は全国200店以上

mineoは、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMです。2021年「オリコン顧客満足度調査」の格安SIM部門において、第1位を受賞しています。

mineoの特徴は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの回線に対応しており、乗り換えの際のSIMロックの解除が不要なこと。SIMカードを入れ替えればすぐに使えます。

 2022年9月からは、月額660円(税込)で最大300Kbpsの通信速度でデータ無制限+音声通話つきのプランが登場しました。

専用通話アプリ不要のかけ放題プランも1年間月額料金が割引されるキャンペーンとも併用可能です。

データ無制限をお得に使いたい方はmineoがおすすめです。
ちなみにmineoの半数以上のユーザーは、iPhoneシリーズを利用しているそうです。iPhoneユーザーでも安心して乗り換えることができるでしょう。

データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

月額料金
(税込)

【データ通信のみの料金】

  • 1GB:880円
  • 5GB:1,265円
  • 100GB:1,705円
  • 20GB:1,925円

【マイそくプラン】

  • スタンダード:990円
    ※最大1.5Mdpsで無制限
  • プレミアム:2,200円
    ※最大3Mbpsで無制限
  • ライト:660円
    ※最大3Mbpsで無制限
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
通信容量 1GB〜無制限
速度制限時の最大速度 200Kbps
購入できる端末
  • iPhone 13
  • iPhone 12
  • Xperia 10 Ⅳ  他

データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

mineo

mineo受賞一覧

※公式サイトより

まとめ

今回は、ahamoでeSIMを利用するメリットやデメリットeSIMがおすすめな人の特徴などについて解説します。

ahamoのeSIMは、最短即日で利用開始できる点や、故障や破損の心配がない点、デュアルSIMが使用できて海外渡航時にも活用できる点などがメリットです。

ただし、Androidスマホの対応機種が少ないことや乗り換え時にWi-Fiが必要といった注意点もあるので、事前に確認しておきましょう。

eSIMの対応機種を使っている人で手続きや設定に不安がない人は、ahamoのeSIMを利用してみてはいかがでしょうか。
今なら100GBが実質月2,970円!
ahamo
公式サイトはこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事