テザリングの利用におすすめの格安SIM5選|メリットや注意点も解説

お得な月額料金でスマホを利用できる格安SIMでは、パソコンなどをインターネットに接続するテザリング機能を利用できる場合があります。

格安SIMへの乗り換えを検討していて、「テザリングが使えるおすすめの格安SIMは?」「格安SIMでテザリングを使うメリット・デメリットが知りたい」という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、テザリングにおすすめな格安SIM5選格安SIMでテザリングを使うメリットや注意点について解説します。

各社それぞれ独自の料金プランやサービスを提供しているので、ぜひ比較してみてくださいね。

テザリングとは?

パソコンやスマホ

テザリングはデータ通信を利用して、スマホやパソコン、ゲーム機などをインターネットに接続する技術です。

 テザリングは、スマホのデータ通信が利用できる場所であればどこでも利用可能なので、自宅だけでなく外出先でもインターネットを利用できます。

普段インターネットをあまり使わないという人は、テザリングを使うことで自宅の固定回線を見直すことも可能です。

セキュリティの観点からフリーWi-Fiを使うのは不安という人も、テザリングの利用をおすすめしますよ。

テザリングにおすすめの格安SIM5選

LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 月額1,000円以下から利用できる
  • テザリングは追加料金不要
  • LINE利用時のデータ消費がない
  • PayPayポイントプレゼントキャンペーン実施中

LINEMOは、ソフトバンクが2021年3月に提供を開始したオンライン専用ブランドで、月額1,000円以下から利用できるお得な料金プランが特徴です。

 LINEMOの魅力のひとつ「LINEギガフリー」は、LINEのトークや音声通話、ビデオ通話などを利用する際にデータ消費がありません。

新しい番号や他社から乗り換えるとPayPayポイントがもらえるキャンペーンを実施中。また月間20GBのスマホプランへ申し込むと、10,000円相当のPayPayポイントが付与されます。※1

月間3GBのミニプランに申し込んだ場合には、990円相当のPayPayポイントが最大8ヶ月付与されるので、実質8ヶ月間基本料金が無料になります。※1

LINEMOではスマホを販売していないので、自分でLINEMOの対応機種を用意して申し込みましょう。

テザリングについて

LINEMOでは、テザリングが追加料金なしで利用可能です。

 LINEMOでテザリングが使える端末は、公式サイトの動作確認端末ページから確認できます。

月間のデータ通信量を超過すると、ミニプランは送受信最大300kbpsスマホプランは送受信最大1Mbpsの速度制限がかかります。

万が一テザリングを使いすぎて速度制限になっても、1GBあたり550円で速度制限を解除可能です。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

基本情報

料金プラン ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
データ通信量 ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
通信速度
※2022年9月現在
平均下り速度:58.44Mbps
平均上り速度:15.57Mbps
オプション LINEギガフリー:無料
支払い方法 クレジットカード※2/口座振替
契約初期費用 無料
実店舗 なし
オンライン申し込み
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMO

LINEMOの通信速度レポート - みんなのネット回線

※1 終了日未定

※2 VISA/Master/JCBのマークがついているデビットカードも利用可能

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

ワイモバイル

Y!mobile

ワイモバイルのおすすめポイント
  • 選べる3つの料金プラン
  • テザリングは追加料金不要
  • 家族で利用すると料金がお得に
  • 機種代金値引きキャンペーン実施中

「ワイモバイル」は、ソフトバンクのサブブランドに位置付けられている格安SIMで、選べる3つの料金プラン「シンプルS/M/L」を提供しています。

 シンプルS/M/Lは、余ったデータを翌月まで繰り越せるので、無駄なく利用可能です。

ワイモバイルは「家族割引サービス」を実施していて、2回線以降が毎月1,188円割り引かれるので、家族での乗り換えにもおすすめです。

ワイモバイルオンラインストアでは、他社からの乗り換えで機種代金がお得になるキャンペーンも実施中で、最大36,000円の値引き価格でスマホを購入できます※1

全国の約2,600店舗から申し込めるので、店舗で直接サポートを受けたい人にも安心ですよ。

テザリングについて

ワイモバイルでは、追加料金なしでテザリングが利用できます。テザリングの対応機種は、公式サイトのSIM動作確認済機種一覧ページから確認しましょう。

 データ通信量の範囲内であれば高速通信でテザリングが使えるので、出来るだけたくさん使いたい人には最大5GBまで増量される「データ増量オプション」への加入がおすすめです。

月間のデータ通信量を超過すると、シンプルSは最大300kbpsシンプルMとシンプルLは最大1Mbpsに速度制限がかかります。

速度制限になっても0.5GBあたり550円でのデータチャージも可能ですよ。
最大16,000円相当プレゼント!
Y!mobile
公式サイトはこちら

基本情報

料金プラン シンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
データ通信量 シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
通信速度
※2022年9月現在
平均下り速度:63.96Mbps
平均上り速度:15.37Mbps
オプション データ増量オプション:550円/月
※1年間無料
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約初期費用 契約事務手数料
※オンラインストアは無料
実店舗 あり
オンライン申し込み
最大16,000円相当プレゼント!
Y!mobile
公式サイトはこちら

ワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)の通信速度レポート - みんなのネット回線

※1 終了日未定(ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル(ソフトバンク回線)及びソフトバンク回線MVNOからののりかえは対象外)

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 使用したデータ通信量に応じて料金が変化
  • テザリングの追加料金は不要
  • 楽天回線エリア内はテザリングも使い放題
  • スマホをお得に買えるキャンペーンも実施中

「楽天モバイル」は、楽天の独自回線とパートナー回線(au)が利用可能で、使ったデータ通信量に応じて変化する料金プランが特徴です。

 楽天回線エリア内の利用であれば、データ無制限を月額基本料3,278円で利用できます。

月間3GB以内の月額基本料は1,078円なので、モバイルデータ通信をあまり使わないという人にもおすすめです。

楽天モバイルでは端末がお得に購入できるキャンペーンも実施中で、回線契約と対象のAndroidスマホをセットで購入すると、最大19,000円相当がお得になります。※1

専用アプリ「Rakuten Link」で通話をかけると、国内通話料が無料になる点もメリットです。

テザリングについて

楽天モバイルは追加料金でテザリングが利用でき、楽天回線エリア内であれば月間のデータ通信量の上限はありません

パートナー回線(au)でデータ通信を利用する場合は、月間5GBを超過すると最大1Mbpsに速度制限されます。データチャージの料金は、1GBにつき660円です。

テザリングの対応機種は、公式サイトの楽天回線対応製品ページから確認しましょう。
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

基本情報

料金プラン 【Rakuten UN-LIMIT VII】
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB超過後:3,278円
データ通信量 楽天回線エリア内:使い放題
パートナー回線:5GBまで
通信速度
※2022年9月現在
平均下り速度:53.83Mbps
平均上り速度:25.32Mbps
オプション データチャージ(国内):660円/1GB
支払い方法 クレジットカード/デビットカード/口座振替/代金引換/楽天ポイント
契約初期費用 無料
実店舗 あり
オンライン申し込み
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天モバイル

楽天モバイル(キャリア)の通信速度レポート - みんなのネット回線

※1 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 選べる3つの料金プラン
  • 節約モードでデータ消費がゼロに
  • テザリングは追加料金不要
  • スマホが割引価格で購入できる

「UQモバイル」は、auでもおなじみのKDDIが提供している格安SIMで、余ったデータを翌月まで繰り越せる選べる3つの料金プランがあります。

 アプリで節約モードをオンにすると、速度が制限される代わりにデータ消費がなくなるので、無駄なデータ消費を減らすことが可能です。

対象のネットや電気サービスとセットで利用すると、毎月最大858円割引される「自宅セット割」もあるので、自宅のネット環境などを見直したい人は検討してみましょう。

UQモバイルのオンラインショップでは、機種代金が最大22,000円割り引かれるキャンペーンを実施しているので、スマホを買い替えたい人にもおすすめです。※1

UQスポットやauショップ、家電量販店などで直接サポートを受けられるので、スマホに詳しくない人も安心して手続きできますよ。

テザリングについて

UQモバイルのテザリングは申し込み不要で、利用料も無料です。

 UQモバイルのテザリングに対応している機種は、動作確認端末一覧ページで事前に確認しておきましょう。

UQモバイルでテザリングをたくさん使いたいという人は、月間最大5GBまでデータ通信量が増量される「増量オプションⅡ」への加入がおすすめです。今なら1年間無料キャンペーンも実施しています。※1

月間のデータ通信量超過後は、くりこしプランSは最大300kbpsに、MとLは最大1Mbpsに速度が制限されます。
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大13,000円相当還元

基本情報

料金プラン くりこしプランS +5G:1,628円
くりこしプランM +5G:2,728円
くりこしプランL +5G:3,828円
データ通信量 くりこしプランS +5G:3GB
くりこしプランM +5G:15GB
くりこしプランL +5G:25GB
通信速度
※2022年9月現在
平均下り速度:51.25Mbps
平均上り速度:10.43Mbps
オプション 節約モード:無料
増量オプションⅡ:550円/月
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約初期費用 事務手数料:3,300円
実店舗 あり
オンライン申し込み
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大13,000円相当還元

UQモバイル

UQ mobileの通信速度レポート - みんなのネット回線

※1 終了日未定

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • SIMの機能で選べる豊富な料金プラン
  • 最大30GBの大容量プランも利用可能
  • データ消費がなくなるエンタメフリー・オプション

「BIGLOBEモバイル」は、auとドコモの回線が利用できる格安SIMで、1GBから30GBまで選べる豊富な料金プランを提供しています。

 データ通信のみのプラン(ドコモ回線のみ)も提供しているので、データ通信やテザリングをメインで使いたい人にもおすすめです。

月額308円から利用できる「エンタメフリー・オプション」は、YouTubeやU-NEXT、Apple Musicなどの全21種類の対象サービスのデータ消費がなくなります。

音声通話対応SIMで「エンタメフリー・オプション」に加入すると、初回最大6ヶ月無料になるキャンペーン※1も実施中です。

テザリングについて

BIGLOBEモバイルでのテザリングは、テザリングに対応している機種であれば、追加料金なしで利用可能です。

 テザリング対象機種は、公式サイトの動作確認端末ページで確認しておきましょう。

エンタメフリー・オプションは、テザリングによる視聴時でも適用されるので、パソコンなどの大画面でYouTubeやU-NEXTなどを楽しみたい人にもおすすめです。

複数台・複数アプリでの同時視聴を行うと、エンタメフリーの対象外となることがあるので注意しましょう。

基本情報

料金プラン 【音声通話対応SIM】 【データ通信のみ】
1ギガ:1,078円
3ギガ:1,320円
6ギガ:1,870円
12ギガ:3,740円
20ギガ:5,720円
30ギガ:8,195円

3ギガ:990円
6ギガ:1,595円
12ギガ:2,970円
20ギガ:4,950円
30ギガ:7,425円
データ通信量 1GB〜30GB
通信速度
※2022年9月現在
平均下り速度:11.46Mbps
平均上り速度:7.46Mbps
オプション エンタメフリー・オプション:308円/月
※データSIMは1,078円/月
支払い方法 クレジットカード/口座振替※2
契約初期費用 申込手数料:3,300円
SIMカード準備料:433.4円
実店舗 あり
オンライン申し込み

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの通信速度レポート - みんなのネット回線

※1 終了日未定

※2 口座振替はデータ通信専用SIMのみ

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

格安SIMでテザリングを使うメリット

格安SIMでテザリングを使うメリット
  • ルーターや光回線の契約が不要
  • 場所を選ばずにインターネットが使える

ルーターや光回線の契約が不要

紙幣

テザリングを使うことで、スマホだけでパソコンをインターネットに接続できるようになるので、ルーターや光回線の契約が不要になります。

 テザリングはスマホの回線契約があれば追加料金なしで利用できる場合が多く、料金の節約が可能です。

光回線の利用料金は会社や建物の構造によっても異なりますが、おおよそ4,000円から7,000円程度かかるケースが多いです。

テザリングのみで十分という人は、光回線などの固定回線を見直すことで、年間のネット利用料を大幅に節約できるでしょう。

格安SIMのテザリングをたくさん使いたい人は、容量の多いプランの申込がおすすめです。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

場所を選ばずインターネットが使える

パソコンをテザリングで利用する

格安SIMでテザリングを利用するメリットは、自宅だけでなく外出先でも場所を選ばずにインターネットが使えることも挙げられます。

 自宅だけでなく外出先でパソコンを利用する機会が多い人は、テザリングを活用しましょう。

外出先ではフリーWi-Fiを活用することでインターネットが使えますが、セキュリティ面に不安があるという人も多いはず。

テザリングは自分でパスワードを決めて他人が利用できない設定にできるので、安心してインターネットが利用できます。

5Gの対応エリア内であれば、5Gの高速通信でのテザリングも利用可能ですよ。

格安SIMでテザリングを使う際の注意点

格安SIMでテザリングを使う際の注意点
  • 利用できる条件が限られている
  • バッテリーの消費が早くなる
  • 通信データ量の減りが早くなる

利用できる条件が限られている

スマホを操作する女性

格安SIMでテザリングを使う際には、利用できる条件が限られていることが多いので注意が必要です。

 格安SIMでも豊富な端末がテザリングに対応していますが、一部端末はテザリングが利用できない場合があるので事前に確認しておきましょう。

また、光回線などの固定回線と比べると時間帯や通信エリアによって速度が不安定になりやすいので、速度が不十分に感じることがあるかもしれません。

できるだけ通信速度を安定させたい場合には、USBで直接接続してテザリングを使用すると良いでしょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

バッテリーの消費が早くなる

充電中のスマホ

テザリングを使用すると、スマホのバッテリー消費が早くなりやすい点もデメリットとして挙げられます。

 Bluetoothを使用するテザリングは、Wi-Fiのテザリングよりもバッテリーの消費が少ないのでおすすめですが、速度が遅くなりやすい傾向に。

有線での接続が可能な場合には、USBのテザリングを利用しましょう。USBでパソコンなどと繋ぐことでスマホを充電しながらテザリングが利用できます

外出先でテザリングを使用する際には、念の為モバイルバッテリーを持ち運んでおくと安心ですよ。

通信データ量の減りが早くなる

パソコンを操作する人

格安SIMでテザリングを使用する際にとくに注意しておきたいポイントが、通信データ量の消費が早くなることです。

 月間のデータ量を超過してしまうとデータチャージしない限り、速度制限がかかってしまいます。

テザリングを使用する際には、どのくらい通信データ量を使用しているかをこまめに確認しておくことが大切です。

データ量が物足りないと感じた場合には、プランの見直しも検討してみましょう。

まとめ

今回は、テザリングにおすすめな格安SIMや格安SIMでテザリングを使うメリットや注意点について解説しました。

格安SIMでテザリングを活用することで、場所を選ばずにパソコンなどをインターネットに接続できます。

また、ドコモやauなどの大手キャリアから格安SIMへ乗り換えると、月額料金がお得になる可能性も高いのでスマホの通信料を見直したい人にもおすすめです。

格安SIMでテザリングを利用する際には、対応機種や速度制限などに注意しましょうね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事