SIMカードを自分で入れ替える方法を解説!iPhone・Android別に手順を紹介
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

今回は、iphone、AndroidのSIMカードの入れ替え方法について解説します。

日々の生活において不可欠な存在と言えるスマートフォンでは、データ通信や通話をするためにSIMカードが必要です。

しかし、機種変更や携帯会社の乗り換えを検討している人の中には、SIMカードの入れ替えについて分からないという方も少なくないでしょう。

30秒でわかるこの記事のまとめ

SIMカードの入れ替えは簡単4ステップ
   ❶
スマホの電源を切る
   ❷ SIMトレイからSIMカードを取り出す
   ❸ 新しいSIMカードをセットしてしまう

   ❹ スマホの電源を入れる
  ※ iPhoneはSIMピンが必要

適応しているSIMカードのサイズと
   種類
を必ず確認

SIMカードの乗り換えなら
  楽天モバイルがおすすめ

  →
データを無制限で使えて月3,278円(税込)
   → キャリアに負けない通信速度で600万回線突破🔥

タイミングや注意点などを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

SIMカードとは?

まずは、SIMカードとはなんなのか?詳しく解説していきます。

SIMカードとは?

SIMカードとは?
  • SIMカードとは「契約者情報が登録されたカード」
  • SIMカードには種類がある
  • 端末によって使えるSIMカードが異なる

SIMカードとは「契約者情報が記録されたカード」

SIMカードは、Subscriber Identity Module(加入者識別モジュール)の頭文字を取っていて、携帯会社の契約者を特定するための情報が記録されているカードです。

 スマホやタブレットに挿入することで、契約者情報が紐付けられて通話や4G・5Gなどのモバイル通信が利用できるようになります。

スマホを利用している間は特に差し替える必要もないため、普段目にする機会は少ないかもしれませんが、機種変更や乗り換えなどの際に必要なので覚えておきましょう。

SIMカードがないと通話やモバイル通信が利用できなくなってしまうので、取り扱いには注意が必要ですよ。

SIMカードには種類がある

SIMカードは、minSIM(標準SIM)・microSIM・nanoSIMという大きさが異なる3つの種類があります。

eSIMとは?

minSIM
(標準SIM)
3G対応のスマホに搭載されていたSIMカードです。
最も大きく、現在ではほぼ使われてません。
・サイズ:25mm×15mm
microSIM2010年頃から普及されたSIMカードで、端末によってはいまだに使われているものもあります。
・サイズ:15mm×12mm
nanoSIM現在最も使われているSIMカードで、大きさ・厚みともに小さくなっています。
・サイズ:12.3mm×8.8mm

3種類のサイズに対応したマルチSIMというSIMカードもあり、チップ周囲の切り込みを切り離すことで自分でサイズを調整することが可能です。

大きさを間違えるとスマホに挿入できないので、スマホのスロットに合ったSIMカードを選びましょう。

また、このSIMカードがスマホ本体に内蔵されているeSIMという新しい規格のSIMカードもあります。eSIMタイプはSIMカードの入れ替えは必要ありません。

端末によって使えるSIMカードが異なる

スマホ端末によって使えるSIMカードは異なり、現在の機種はnanoSIMに対応しているものがほとんどですが、端末によってはminSIM・microSIMに対応している場合もあります。

 古い端末から新しい端末に機種変更する際に、SIMカードのサイズが合わなくて使えない場合があるので注意が必要でしょう。

乗り換えや機種変更の際にSIMカードのサイズが合わない場合には、契約している携帯会社にサイズを変更可能ですが、SIMカードの変更手数料が発生することが多いです。

SIMカードのサイズは、スマホの説明書や携帯会社のホームページで確認可能ですよ。

SIMカードを入れ替える際の事前準備

SIMカードを入れ替える手順を解説する前に必要な準備を解説していきます。

SIMロック解除など事前に確認しておかないと、うまく入れ替えできない可能性もあるので注意しましょう。

SIMカードを入れ替える際の事前準備

SIMカードを入れる前の3つの準備
  1. SIMロックの解除
  2. SIMピンを用意する
  3. データのバックアップを取る

1. SIMロックの解除

SIMカードを機種変更で別の端末に入れ替える際に、まず注意しておきたいポイントがSIMロック」です。

 SIMロックがかかっていると、利用可能な回線が限られます。

例えばドコモの契約者が、auで購入したSIMロックのかかっているスマホを使用するとき、モバイル通信・通話が利用できません。利用できるようにするには、SIMロックの解除が必要です。

2021年10月以降に発売されたスマホは全て原則SIMフリー

しかし2021年10月以降、日本ではSIMロックがかかったスマホの販売は原則禁止になりました。そのため、以降発売が開始された全てのスマホは、SIMロックがかかっていない=SIMフリーのスマホです。

 ただし、2021年10月以前に発売されたスマホや中古ショップで購入したスマホなどは、SIMロックがかかっていることがあります。

SIMロックがかかっていると、SIMカードを入れ替える前にSIMロックの解除が必要になるので、注意しましょう。

SIMロックの解除方法は、各キャリアによって異なるので、各社のホームページなどをチェックしてください。

2. SIMピンを用意する

SIMカードを入れ替える際には、スマホに組み込まれているSIMカードのトレイを抜き出すためにSIMピンを用意しましょう。

 SIMピンをトレイにある小さな穴に差し込むことで、SIMカードを取り出せます。

SIMピンは小さな針のようなものなので、安全ピンやペーパークリップ、シャープペンなどでも代用可能ですが、トレイを傷つけないように注意してください。

Androidスマホは、スマホのバックパネルにSIMカードが挿入できるなど、SIMピンが不要な機種もありますよ。

3. データのバックアップを取る

SIMカードを入れ替えて機種変更を行う際には、データ移行をスムーズに行えるようにバックアップを取っておきましょう。

 基本的なバックアップの取り方は、クラウドやパソコン、SDカードに保存する方法などがあります。

パソコンを使用せずにスマホ1つでバックアップを取るには、クラウドまたはSDカードを使用しますが、iPhoneはSDカードを挿入できないので、クラウドを利用してください。

スマホを下取りや買い取りに出さずに手元に残しておくのであれば、データ移行は機種変更後でも問題ありませんよ。

乗り換えでiPhoneのSIMカードを入れ替える方法

乗り換えでiPhoneのSIMカードを入れ替える方法

乗り換えでiPhoneのSIMカードを入れ替える手順
  1. iPhoneの電源をオフにする
  2. SIMトレイの穴にピンを差す
  3. SIMカードを取り出す
  4. 新しいSIMカードをセットしてトレイをしまう
  5. iPhoneの電源を入れる

iPhoneのSIMカードは、本体側面のSIMトレイに挿入されているため、入れ替える際にSIMピンが必要です。

 電源をオフにしたら、SIMトレイの穴にピンを差し込み、軽く押し込むとトレイが引き出されます。

SIMカードは、小さく繊細なカードなので慎重に扱いましょう。SIMカードは四隅のいずれかが欠けているので、方向を間違えずにセットすることができます。

SIMカードを入れ替えたら、電源を入れてAPN設定を行う流れになりますよ。

乗り換えでAndroidのSIMカードを入れ替える方法

乗り換えでAndroidのSIMカードを入れ替える方法

乗り換えでAndroidのSIMカードを入れ替える手順
  1. スマホの電源を切る
  2. SIMトレイからSIMカードを取り出す
  3. 新しいSIMカードをセットする
  4. スマホの電源を入れる

Androidの入れ替える方法も、iPhoneの流れと大きく変わりませんが、AndroidはSIMカードを入れる場所が異なります。

 端末の側面にSIMトレイがある機種もありますが、機種によってはバックパネル(背面)の内側にある場合もあるので、説明書などをよく確認しておきましょう。

なお、バックパネルにSIMカードを入れる機種は手で開けられるので、SIMピンは不要です。

SIMカードを取り扱う際には、金属のIC部分をなるべく触らないようにしてくださいね。

SIMカードを入れ替えた後にする4つのこと

SIMカードを入れ替えた後にする4つのこと

1. APN設定をする

APNとは「Access Point Name」の頭文字を取った言葉で、アクセスポイントは携帯電話網とインターネットなどを接続するための中継としての役割を持っています。

 SIMカードを入れ替えた後、APN設定を行うことでモバイル通信が可能になります。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えてSIMカードを入れ替える場合には、このAPN設定をしておかないとSIMが大手キャリアのものと認識され、モバイル通信が行えないので注意しましょう。

格安SIMで購入したスマホで、別の格安SIMのSIMカードを使うときにもAPN設定が必要ですよ。

iPhoneのAPN設定

SIMカードを入れ替えてiPhoneを起動したら、APN構成プロファイルをダウンロードします。なお、APN構成プロファイルのダウンロードにはWi-Fiが必要なので注意が必要です。

 「APN構成プロファイル」とは、iPhoneでAPN設定を行う際に必要な各種設定が組み込まれたファイルです。

APN構成プロファイルのダウンロード方法は乗り換え先の会社によって異なりますが、基本的には乗り換え先のホームページにアクセスしてダウンロードします。

構成プロファイルのダウンロードが完了したら、続いてインストールを行います。iPhoneの設定アプリからプロファイルのインストールを行いましょう。

Wi-Fiの接続をしていなくても、モバイル通信でネットが利用できていれば、APNの設定は完了ですよ。

AndroidのAPN設定

AndroidのAPN設定は、端末によっても設定方法が異なる場合があるので、ここでは基本的な流れを説明します。

スマホの設定アプリからモバイルネットワークの「アクセスポイント名」を開くと、あらかじめ登録されているAPN設定の一覧が表示されるので、乗り換え先の回線をタップすればAPN設定は完了です。

 iPhoneのAPN設定と異なり、AndroidでのAPN設定はWi-Fiは不要です。

ただし、使用するAPNがアクセスポイント名の一覧にない場合は、新しいAPNを追加して名前・認証タイプなどの情報を入力する必要があるので注意しましょう。

最近サービスを開始した格安SIMなどは、手動での設定が必要なケースが多いので手順通り設定してくださいね。

2. 通信や通話の確認

APN設定が問題なく完了していれば、モバイル通信・通話ができるようになっているので、Wi-Fiをオフにして利用できるか確認しましょう。

 APN設定後インターネットに繋がらない場合は、モバイル通信がオンになっていないケースや、SIMカードが正しく挿入されていないケースが考えられます。

また、手動でAPN設定を行なった場合は、文字入力に間違いがないか、正しく設定されているかをチェックしてみてください。

通信や通話が問題なく行えれば、SIMカードの入れ替えは成功ですよ。

3. データ移行をする

機種変更などでSIMカードを入れ替える場合には、APN設定後に前のスマホに保存していた必要なデータを新しいスマホに移行しましょう。

なお、AndroidからiPhoneにデータを移行する場合には、Appleが提供している「iOSに移行」というアプリの利用がおすすめです。

あらかじめ不要なアプリやデータは削除しておくと、素早く必要なものだけをデータ移行できますよ。

4. アプリの引き継ぎ

機種変更などでSIMカードを入れ替える場合は、データ移行に加えてLINEやSNSなどのアプリのアカウントを引き継ぐ必要があります。

 iCloudなどでバックアップを取っている人は、アカウント情報を保持した状態でデータが復元できるアプリもあり、作業の手間を省けます。

アカウントを再度ログインする際には、アカウントID・パスワードが必要になるので、事前に確認しておくとスムーズに引き継げるでしょう。

アプリをインストールする際は、モバイル通信量を節約するために、Wi-Fiを利用することをおすすめしますよ。

SIMカードを入れ替えるタイミングはいつ?

SIMカードは、キャリアや格安SIMを変更する際や機種変更のタイミングで入れ替える必要があります。

 現在使っているSIMカードから乗り換え先の新しいSIMカードに入れ替えることで、携帯通信会社を乗り換えることが可能です。

ただし、同一回線内での乗り換えや利用している大手キャリアのサブブランドに乗り換える場合は、SIMカードの変更が不要な場合もあることは覚えておくと役立つでしょう。

SIMカードの入れ替えは、iPhoneとAndroidで手順が少し異なるので、それぞれの流れを抑えておくと安心できますね。

SIMカードを入れ替える時の注意点

SIMカードを入れ替える時の注意点

SIMカードを入れ替える時の注意点
  • SIMカードのサイズを確認する
  • SIMカードの取り扱いは慎重に
  • スマホの電源は落としておく
  • 端末を手放す場合はバックアップを忘れずに
  • SIMカードの入れ替えに迷ったら店舗で相談も可能

SIMカードのサイズを確認する

SIMカードには、端末に合ったサイズがあり、異なるサイズのSIMカードは入れることができないので注意しましょう。

 市販されているSIMアダプターという器具を使用することで、SIMカードのサイズを変更することも可能です。

ただしSIMアダプターは、SIMカードを取り出す際に破損する可能性があるので、SIMカード自体のサイズを変えることをおすすめします。

SIMカードのサイズが異なる場合には、利用しているSIMカードの通信会社で、変更手続きを行ってくださいね。

SIMカードの取り扱いは慎重に

SIMカードは、精密な機器なので取り扱いは慎重に行いましょう。細かい取り扱いについては、付属している説明書を確認しておくと安心できるはずです。

 汚れなども故障の原因となり得るので、金色のIC部分にはできるだけ触れないようにすることも重要なポイントになります。

もし、IC部分に触れてしまった場合は、柔らかい綺麗な布などで、そっと拭いて汚れを落としてください。

また、万が一SIMカードを紛失してしまうと、電話番号などの個人情報が抜き取られてしまう可能性もあるので、取り扱いには注意が必要です。

SIMカードが盗難や紛失してしまった場合には、速やかに通信会社に連絡して回線の停止を行ってくださいね。

スマホの電源は落としておく

SIMカードを入れ替える際には、スマホ本体の電源は落としておくようにしましょう。

 スマホの電源を入れた状態で、SIMカードの入れ替えを行うと、不具合などの発生につながる可能性があります。

iPhoneなどは、スマホの電源がオンの状態でもSIMカードを取り出すことは可能ですが、SIMカードのデータが破損した事例もあるので、本体の電源を切った方が安全です。

入れ替えの作業自体は数分で終わるので、その間は電源を落としておくことを心掛けてください。

端末を手放す場合はバックアップを忘れずに

以前使っていたスマホを下取りサービスや買取などに出したいという人は、SIMカードを入れ替えたら忘れずにバックアップを取りましょう。

 万が一バックアップを忘れてスマホを手放してしまうと、これまでの写真や動画などあらゆるデータが復元できなくなってしまいます。

また、バックアップは一度に行うと時間がかかってしまうこともあるので、可能であれば定期的にバックアップしておくと、スムーズに回線の乗り換え・機種変更を行えるでしょう。

SIMカードを入れ替える前に、バックアップの復元方法も併せて確認してくださいね。

SIMカードの入れ替えに迷ったら店舗で相談も可能

ここまで紹介した通り、SIMカードを入れ替えて回線を乗り換えたり機種変更する時は、注意点を抑えながらいくつかの手順を踏む必要があります。

 手続き・設定に関して不安があるという人は、オンラインよりも店舗での申し込みがおすすめです。

店舗では、専門のスタッフのサポートを受けながら入れ替えができるので、疑問を解消しながら進められるでしょう。

最近では大手キャリアだけでなく格安SIMの出店も増えているので、格安SIMを店舗で申し込むことも可能ですよ。

お得に乗り換えするなら格安SIMがおすすめ!人気6選

スマホを新しくしたい・月額料金が安いスマホに乗り換えたい!と考えている方には、格安SIMの利用がおすすめです。

 格安SIMにすると、ドコモ・auなどの大手キャリアで契約するよりも”格安”な料金で、通信サービスを利用できます。

ただし、回線は大手キャリアのものを借りているので、通信品質は安定しています

格安SIMとは?
格安SIMとは?

ここからは、そんな格安SIMの人気6選をご紹介します。

格安SIMを利用することで、スマホの月額料金がグッと抑えられる可能性が高いので、ぜひ参考にしてみてください。

料金比較

格安SIM

おすすめ
楽天モバイルLINEMOmineoUQモバイルY!mobileIIJmio
楽天モバイルロゴLINEMOmineoUQモバイルロゴy!mobileロゴIIJmioロゴ
月3GBあたりの
月額料金(税込)
1,078円/3GB990円/3GB250円/

最大32Kbpsで無制限
1,078円/4GB1,078円/4GB1850円/2GB
音声通話機能付SIM
月20GBあたりの
月額料金(税込)
2,178円/20GB2,728円/20GB2,178円/20GB

音声通話機能付SIM
3,278円/20GB2,178円/20GB2,000円/20GB
音声通話機能付SIM
下り平均
通信速度


高速
99.5Mbps


高速
89.9Mbps


中速
45.8Mbps


高速
77.4Mbps


超高速
107.2Mbps


高速
53.0Mbps
速度制限後の
最大通信速度

1Mbps

1Mbps

200kbps

1Mbps

1Mbps

300kbps
データ容量
1GB〜

3GB〜

1GB〜

4GB〜

4GB〜

2GB〜
回線
楽天/au

ソフトバンク

ドコモ/au/ソフトバンク

au

ソフトバンク

ドコモ/au
主なキャンペーンiPhone購入&
MNP乗換
最大13,000ポイント
還元
20GB/月プラン
最大10,000円相当
PayPayポイント付与
mineo×モバライフ
事務手数料無料
キャンペーン※
SIMのみ契約&
オプション加入で
最大10,000円相当還元
乗り換えで
最大15,000円相当
PayPayポイント
プレゼント
通話定額オプションが
3ヶ月間90円(税込)〜
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
当サイトに掲載しているランキングは、格安SIM各社の公式サイトの情報や当サイト独自のアンケート調査結果、公的機関の情報をもとに算出しております。詳細は別ページのランキングの根拠をご確認ください。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ無制限で月3,278円(税込)
  • アプリの利用で国内通話がかけ放題
  • iPhone 対象機種に乗り換えで最大24,000円相当ポイント還元
  • 楽天市場での買い物でポイント最大16倍

楽天モバイルは、自社回線の開通と同時に携帯キャリアとしてのサービスを開始した、3大キャリア※1に次ぐ新しい携帯キャリアです。

楽天モバイルでは最新のiPhone 14シリーズの取り扱いもあり、iPhoneの本体価格は4キャリア内で最安値となっています。

 iPhoneをお得に使える「iPhoneアップグレードプログラム」を利用すると、iPhone14シリーズの本体代は、最大60,478円支払い不要になります。

楽天モバイル アップグレード

また「Rakuten Linkアプリ」の使用で、国内通話かけ放題・5G通信利用も無料に。

実施中のキャンペーンも豊富で、対象製品の購入、初めての楽天モバイルへの申し込みと下取り成立で最大24,000円相当分のポイント還元が受けられます。※2

楽天エリアは全国に拡大中で、どこでも快適な通信ができますよ。
月額料金(税込)3GB:1,078円(税込)
20GB:2,178円(税込)
データ無制限:3,278円(税込)
データ容量1GB〜無制限
使用回線ドコモ・au・楽天回線
実施中のキャンペーン※2
  • 初めての申込&対象スマホ購入&下取りで最大24,000円相当分おトク
  • 「Rakuten UN-LIMIT VII」お申し込みと同時に対象製品いずれかを購入で12,000ポイントプレゼント
  • 楽天モバイル紹介キャンペーンで7,000ポイントプレゼント

乗り換えで最大33,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

楽天モバイル

※1:ドコモ、au、SoftBankを指す

※2:終了日未定

LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • LINEトーク・通話データ消費なし!さらに国内通話定額オプション1年間無料
  • 3GB月額990円(税込)が今なら最大8ヶ月間実質無料
  • ソフトバンク回線&5G通信使用可能で繋がりやすい※1
  • 他社から乗り換えで15,000円相当のPayPayポイントプレゼント※2

LINEMOは、LINEアプリを使用した通話はデータ消費しないなど、通話のオプションが充実している格安SIMです。基本プランも2種類で初心者の方にも分かりやすいものになっています。

 国内通話の定額オプションが契約から1年間無料で利用できます。さらに、海外でも追加料金無しで使用することができます。

さらに、今なら3GB月額990円(税込)のプランが最大12ヶ月間実質無料になるキャンペーンも行っています。

他社からの乗り換えで15,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされるなど、電子マネーを活用している方には嬉しいキャンペーンも実施中です。

通信制限がかかっても、LINEアプリなら通信速度は落とさず使用できます。
月額料金(税込)ミニプラン:990円(税込)
スマホプラン:2,728円(税込)
データ容量ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
使用回線SoftBank
実施中のキャンペーン
  • 他社から乗り換えで15,000円相当PayPayポイントプレゼント※2

公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
3GB:990円/月が実質無料

※1:LINEMO公式サイトより
※2:
ミニプランは対象外 終了日未定
出典:https://www.linemo.jp/

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • データ使い放題&音声通話つきSIMが月660円(税込)〜
  • 乗り換えの際にSIMロック解除の必要なし
  • 電話番号そのままで3大キャリアから乗り換え可能

mineoは、「SIMロック解除が面倒な方」や「毎月のデータ通信量に不安がある方」に特におすすめな格安SIMです。

さらに、データ通信量に対する無料オプションが豊富なのが特徴的です。友人や家族に容量をプレゼントしたり、全国のmineoユーザーでシェアできます。

 2022年9月からは、300kbpsの速度でデータ使い放題が月660円(税込)で利用できる「マイそくライト」プランが登場しました。

専用通話アプリ不要の、かけ放題サービスの割引キャンペーンも実施しており、1年間割引された金額で利用できます。

マイそくプランは、通信速度が速いプランもありますよ。
月額料金(税込)

【マイそくプラン】
スタンダード:990円
プレミアム:2,200円
ライト:660円             
スーパーライト:250円 

【マイピタプラン】
(データ通信のみ)
1GB:880円
5GB:1,265
10GB:1,705
20GB:1,925

データ容量1GB〜無制限
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
実施中のキャンペーン
  • 10分かけ放題オプション割引キャンペーン※  
  • 紹介アンバサダー制度で一人当たり最大3,500円分の電子マネープレゼント

※終了日未定
出典:https://mineo.jp/

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 増量オプションⅡ加入で最大10,000円のauPAY還元
  • 4GB月額1,078円(税込)から※1
  • 余ったデータは翌月くりこし可能※2
  • auの4GLTE回線だからサクサク繋がる!
  • WEBで購入しても、契約後は店舗サポートがあるから格安SIM初心者でも安心

UQモバイルはauのサブブランドで、auの4GLTE回線を利用することができます。通信速度・通信品質ともに高評価を獲得※3しています。

 搭載されている「節約モード」を使用することで、SNS利用によるデータ消費がされません。

自宅セット割・au PAYカード支払い割適用により4GBが月1,078円(税込)から利用でき、基本料は契約以降変わることがありません。さらに契約期間の縛りもなく、契約解除料は0円です。

また今なら、のりかえでSIMのみの契約と適用月から7ヶ月無料の増量オプションⅡ加入で最大10,000円分のauPAYが還元されます。

auで購入したスマホなら、原則SIMロックの解除が不要なので簡単に乗り換えることができます。
月額料金(税込)
  • ミニミニプラン:2,365円
  • トクトクプラン:2,178円
    1GB未満の場合:1,188円割引
  • コミコミプラン:3,278円
データ容量
  • ミニミニプラン:4GB
  • トクトクプラン:15GB
  • コミコミプラン:20GB
使用回線au
実施中のキャンペーンオンラインショップでのりかえでe-SIMの契約と増量オプションⅡ加入で最大10,000円のauPAY還元
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

※1:各種割引適用後 ※2:くりこし容量には上限あり ※3:J.Dパワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査による
出典:https://www.uqwimax.jp/

Y!mobile

ymobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • キャリア決済で最大15,000相当のPayPayポイントプレゼント※1
  • 全プラン5G対応!SoftBank回線利用でサクサク
  • 家族割適用で2回線目以降、毎月1,188円割引

Y!mobileは、Softbank回線を直接利用できるSoftbankのサブブランドで、全国どこでも安定したデータ通信が可能です。

また「シェアプラン」利用により、2台目以降の端末は契約なしでデータ通信が可能です。

 全国に4,000のY!mobile取り扱い店舗があるため、手続きに不安がある方や急なトラブルにも安心です。

また、家族割を利用すれば、月額990円(税込)〜利用できます。オンライン限定タイムセールを毎日開催するなど、キャンペーンも豊富に揃っています。

 

月額料金(税込)シンプルS:2,178円(税込)
シンプルM:3,278円(税込)
シンプルL:4,158円(税込)
データ容量シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
使用回線SoftBank
実施中のキャンペーン
  • キャリア決済で最大15,000相当PayPayポイントプレゼント※1
  • ご契約後、対象期間中のPayPay支払いで最大20%還元(付与上限は6,000円相当)※2023年6月30日まで
  • 新規申し込みでデータ増量オプションが1年間無料※2023年6月13日まで

IIJmio

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • ギガプランをMNP転入でSIMのみ契約した方限定で、1,000円分の選べるe-GIFTをプレゼント+期費用無料通話定額オプション6か月無料
  • 1台まで対象端末を特別価格で提供
  • データ量が余ったり足りなくなったら家族とシェア可能

IIJmioは、docomoとau回線が利用可能な格安SIMです。IIJmioの特徴は、家族や友人との通話が低価格で長時間無料になるところです。

 さらに今なら、「1契約者様(mioID)あたり1台まで」対象端末を特別価格で提供するキャンペーンを実施中です。

音声SIM2ギガの場合、月額料金は850円(税込)〜利用することができます。

月額料金(税込)
※キャンペーン適応の場合
2GB:850円(税込)
4GB:990円(税込)
8GB:1,500円(税込)
15GB:1,800円(税込)
20GB:2,000円(税込)
データ容量2GB〜20GB
使用回線ドコモ・au
実施中のキャンペーン
  • 【ギガ増量!スタートキャンペーン】MNP転入(SIM単体)で1,000円分のギフト券プレゼント+初期費用無料+通話定額オプション6か月無料※2023年7月3日まで
  • 【ギガ増量!スタートキャンペーン】スマホ大特価セールで対象スマホがお得に買える※2023年7月3日21時59分まで
  • 【IIJmioサプライズセール】対象機種が特別価格で購入可能※2023年7月3日21時59分まで

通話オプションが月90円〜
IIJmio
公式サイトはこちら

出典:https://www.iijmio.jp/

SIMカード入れ替えに関するよくある質問

SIMカードを入れ替えるとデータはどうなる?

SIMカードを入れ替えても、データのバックアップを取っていれば消えてしまうことなどはありません。

バックアップの方法はSDカードに保存する方法や、クラウドやパソコンにアップロードするなどの方法があります。

SIMカードを入れ替える方法は?

SIMカードを入れ替える方法は、SIMカードが入っているトレイを引き出し、SIMカードを入れ替えれば完了です。

iPhoneとAndroidでSIMトレイがある場所などが少し異なりますが、大きな差はありません。

SIMカードを入れ替えるときの注意点は?

SIMカードのサイズやバックアップのし忘れなどに注意しましょう。また、SIMカードは小さく精密な機器なので取り扱いは慎重に行いましょう。

iPhoneのSIMカードカード入れ替え方法は?

iPhoneの電源を切り、端末の側面にあるSIMトレイの穴にピンを指しSIMカードを取り出します。新しいSIMカードカードに入れ替えてもとに戻せば完了です。

AndroidのSIMカード入れ替え方法は?

スマホ端末の電源を切り、SIMトレイからSIMカードを取り出します。SIMトレイがある場所は端末によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

新しいSIMトレイがカードを入れ替えれば完了です。

まとめ

今回は、iPhoneとAndroidのSIMカードの入れ替え方法について解説しました。

SIMカードの入れ替えは決して難しいものではありませんが、取り扱いを誤ると上手く乗り換えや機種変更ができない場合もあるので注意が必要でしょう。

今回紹介した入れ替え手順や注意点などを参考にしてSIMカードを入れ替えてみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
3GB:990円/月が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事