ドコモ光の速さはどのくらい?実際の速度や口コミを紹介します!

インターネットを高速かつ安定した通信が利用できる光回線は、日常生活の中でも便利に使える機会が増えています。

そんな光回線の中でも、フレッツ光の回線が利用できるドコモ光はIPv6にも対応した光回線で人気があります。そのため、ドコモ光の通信速度を知りたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ドコモ光の最大速度やプロバイダごとの平均速度を解説します。

ドコモ光の速度が遅くなってしまった時の対処法も解説していますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の通信速度

ドコモ光の最大速度

ドコモ光

ドコモ光の料金プラン「ドコモ光 1ギガ」は、最大速度1Gbpsの光回線です。

 光回線の最大速度は、1Gbpsで提供している会社が多く、他の固定回線やモバイル回線より安定した通信が利用できます。

また、一部エリアの戸建てでは、最大速度10Gbpsの「ドコモ光 10ギガ」も利用可能です。

最大速度はあくまでも理論値なので、実際にその速度が出るとは限らないことを覚えておきましょう。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の平均速度

iPhoneを操作する人

サービス利用者の通信速度が投稿されている「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を参考にすると、ドコモ光の平均速度は以下の通りです。

平均ダウンロード速度 271.05Mbps
平均アップロード速度 208.44Mbps

※ 2022年3月時点

ダウンロード(下り)速度は動画視聴やデータをダウンロードする際に必要な速度、アップロード(上り)速度はメールなどのデータを送信する際に必要な速度です。

基本的にインターネットを利用する際には、Webサイトの閲覧や動画の視聴などをする機会が多いので、光回線を選ぶ際は下り速度をよく確認しましょう。

270Mbpsで利用できれば、基本的に問題なくインターネットを楽しめますよ。

出典:ドコモ光の通信速度レポート – みんなのネット回線速度

WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

【プロバイダ別】ドコモ光の平均速度

ドコモのプロバイダにはタイプA・タイプBがある

スマホを操作する男性

プロバイダとは、光回線でインターネットを利用する際に必要な会社で、回線事業者・プロバイダの両方を契約すると、光回線でインターネットを利用できます。

 ドコモ光の料金プラン「ドコモ光 1ギガ」には、24の提携プロバイダがあり、タイプAとタイプBに分かれています。

2022年3月時点では、1ギガのプランにはタイプAが18社、タイプBが6社の全24社から選択可能です。※1

自分でプロバイダを選ぶタイプCもありますが、タイプA・タイプBの方が料金はお得で、申し込みもスムーズに行えるでしょう。

プロバイダによっても速度が異なる場合があるので、プロバイダの速度を比較していきましょう。
※1 タイプAのプロバイダ「01光コアラ」は、2021年12月7日から新規申し込みを終了しているので、申し込み可能な提携プロバイダは23社
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

タイプAの平均速度

ルーターWi-Fi

表の平均速度について
・平均速度は2022年3月時点の「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を元に作成しています。
・測定件数はプロバイダによって異なります。
平均下り速度 平均上り速度
ドコモnet 305.47Mbps 240.17Mbps
ぷらら 277.26Mbps 205.58Mbps
GMOとくとくBB 289.96Mbps 229.72Mbps
@nifty 206.64Mbps 217.93Mbps
ANDLINE 197.34Mbps 199.16Mbps
SPEEDIA 82.41Mbps 131.28Mbps
BIGLOBE 304.12Mbps 195.3Mbps
hi-ho 109.24Mbps 148.04Mbps
IC-NET 189.08Mbps 152.84Mbps
タイガースネット 256.53Mbps 205.81Mbps
BB.excite 218.59Mbps 187.39Mbps
エディオンネット 267.33Mbps 177.69Mbps
SYNAPSE 277.68Mbps 178.53Mbps
楽天ブロードバンド 172.27Mbps 172.4Mbps
DTI 250.61Mbps 221.51Mbps
ネスク 240.21Mbps 183.73Mbps
TikiTiki 249.9Mbps 169.0Mbps
01光コアラ 95.9Mbps 95.77Mbps

タイプAのプロバイダの中で、最も平均速度が速い結果となっているのは「ドコモnet」です。

ドコモnetは、ドコモが提供しているプロバイダで、平均下り速度は305.47Mbpsと高い計測結果であることが特徴と言えるでしょう。

タイプAのプロバイダは、タイプBよりお得な月額料金で利用できますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

タイプBの平均速度

パソコンを操作する人

表の平均速度について
・平均速度は2022年3月時点の「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を元に作成しています。
・測定件数はプロバイダによって異なります。
平均下り速度 平均上り速度
OCN 271.41Mbps 197.11Mbps
@T COM 252.47Mbps 184.43Mbps
TNC 298.64Mbps 242.34Mbps
ちゃんぷるネット 1.76Mbps 112.93Mbps
WAKWAK 206.07Mbps 144.47Mbps
アサヒネット 304.78Mbps 243.98Mbps

タイプBのプロバイダで最も平均速度の結果が良いのは「アサヒネット」です。

みんそくでの測定結果は、平均下り304.78Mbpsとなっているため、タイプBから選ぶ場合はメリットが大きいでしょう。

プロバイダごとに異なるキャンペーンを実施しているので、併せてチェックしてみてくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の速度を測定する方法

通信速度の測定方法

速度判定

光回線の通信速度は、Webサイト上で簡単に測定可能です。

通信速度が測定できるサイトの一例

通信速度は測定するサイトによって、通信速度が異なる場合があるので、複数のサイトで測定することをおすすめします。

Googleで「スピードテスト」と検索することで、簡単に通信速度の測定もできますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

通信速度の目安

iPhoneを操作する人

Webサイトの閲覧や動画視聴など、インターネットの利用目的によって必要な速度が異なります。

コンテンツ毎に必要な下り通信速度の目安は以下の通りです。

メールやLINE 128Kbps〜1Mbps
Webサイト 1〜10Mbps
SNS 3Mbps〜10Mbps
動画視聴 1〜20Mbps
オンラインゲーム 20〜100Mbps以上

※ 利用環境などによって必要な速度が異なる場合があります。

特にオンラインゲームを利用する場合は、通信速度が速いほど快適にプレイできることは確認しておきたいポイントでしょう。

通信速度の実測値が30Mbps程度出ていれば、基本的なネット通信は快適に使えますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の速度の評判・口コミ

ドコモ光の速度に関する良い口コミ

スマホを見つめる女性

ドコモ光の速度に関する良い口コミ
  • 無線で200Gbpsを超える
  • 安定感が抜群
  • オンラインゲームもサクサク動く

ドコモ光は、通信速度の速さや安定性に関する良い口コミが多く見られました。

 平均速度の測定結果や口コミを参考にすると、無線でも高速通信が可能なことが分かります。

また、安定して速いという声も見られていて、オンラインゲームなども問題なく使えることは魅力の1つでしょう。

他社ネット回線からドコモ光へ乗り換えたことで、速度が安定するようになった口コミもありましたよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の速度に関するイマイチな口コミ

パソコンを操作する女性

ドコモ光の速度に関するイマイチな口コミ
  • いきなりWi-Fiに繋がらなくなった
  • 速度が遅くなる時間帯がある

通信速度の速さや安定性で良い口コミがある反面、速度が不安定になるという口コミも見られました。

ドコモ光ではベストエフォート方式を採用していて、利用者が多い時間帯などは速度が通常よりも遅くなることがあるので、速度を重視する方は注意してください。

通信速度が急に遅くなった際には、通信障害の情報なども確認してみましょう。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因

ドコモ光の通信速度が遅くなる原因
  • パソコンやスマホ側の問題
  • VDSL方式を導入している集合住宅
  • ルーターやLANケーブルの問題
  • 通信障害が起きている
  • 利用者が多い

パソコンやスマホ側の問題

パソコンや手帳など

ドコモ光の速度が遅い原因の1つに、スマホ・パソコンなどの通信端末側に問題があることが考えられます。

 原因は様々ですが、特定の端末で速度が不安定になっている場合は、光回線自体に問題はありません。

そのため、インターネットの速度が遅いと感じたら、端末の接続状況を確認してみましょう。

複数の端末で通信速度を計測してみてくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

VDSL方式を導入している集合住宅

マンション

ドコモ光は、マンションやアパートなどの集合住宅で、VDSL方式を導入している場合があります。

 VDSL方式は、建物内の共有スペースまで光ファイバーを使用して、室内へは電話回線で接続する方法です。

1本の光ファイバーをマンション全体で利用しているため、利用者が多い時間帯は回線が混雑しやすく、通信速度が低下することには注意が必要でしょう。

VDSL方式は、ルーターなどの機器を見直すことで、通信速度を改善することができますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ルーターやLANケーブルの問題

Wi-Fiルーター

ドコモ光のインターネットを利用している全ての端末で通信速度が遅い場合は、ルーターやLANケーブルの劣化が原因で速度が遅くなっていることが考えられます。

そのため、ルーターやLANケーブルが問題になっているなら、乗り換えを検討してみてください。

LANケーブルは、内部断線している可能性もあるので注意が必要ですね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

通信障害が起きている

話し合う人たち

通信端末・ルーターなどに問題がない場合は、通信障害が起きている場合もあります。

 通信障害はユーザー側で改善ができないので、通信状況が改善されるまで待つしかありません。

なお、通信障害の情報については、ドコモ光やフレッツ光の公式サイトなどで確認できます。

スマホやルーターなどに問題がない場合は、通信障害が起きてないかチェックしてみましょう。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

利用者が多い

スマホを操作する人たち

ドコモ光は、ベストエフォート方式を採用しているので、利用者が多いと通信速度が遅くなることがあります。

 ベストエフォート方式では、常に一定の速度が出ることはありません。

特に、夕方〜夜間やお昼頃の時間帯は利用者が増えるので、通信回線が混雑した場合に通信速度が遅くなることは事前に確認しておきましょう。

19〜24時頃は通信速度が低下しやすい傾向にありますね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法

ドコモ光の通信速度が遅い時の対処法
  • 接続端末やルーターの再起動
  • 接続機器を減らす
  • 周波数を変更する
  • ルーターの場所を変える
  • 有線接続を試してみる

接続端末やルーターの再起動

MacBook

ドコモ光の通信速度が遅い時に行える対処法の1つが、スマホやパソコンなどの通信端末やWi-Fiルーターの再起動をすることです。

 通信端末やルーターに何らかの不具合が起きている場合は、再起動をすることで症状が改善されることがあります。

なお、電源ボタンがないルーターは、コンセントを一度抜くことで再起動ができます。

コンセントを抜いて30秒程度置いてから、再度コンセントを挿せば再起動できるので試してみてください。

再起動については各ルーターの説明書などで確認してみましょう。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

接続機器を減らす

パソコンを操作する人

Wi-Fiルーターには、同時に接続できる端末に限度があります。

 一度にたくさんの端末を接続している人は、まず端末の接続台数を減らしてみましょう。

また、1度に接続可能な台数はルーター端末によって異なるので、ルーターの説明書などで確認してみてください。

端末が自動でWi-Fiに接続している場合もあるので、Wi-Fiをオフにしておきましょう。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

周波数を変更する

スマホを操作する女性

無線ルーターでは、基本的に2.4GHz帯・5GHz帯の周波数を利用します。2つの周波数はそれぞれ特徴が異なるので、ポイントを押さえておきましょう。

 2.4GHz帯は広範囲に電波が届きやすく、5GHz帯は通信エリアが狭い代わりに高速通信を利用可能です。

そのため、ルーターと離れた場所でインターネットを利用したい人は、壁や床などの遮蔽物の影響を受けにくい2.4GHz帯の周波数を利用することがおすすめです。

2.4GHz帯は、Bluetoothや電子レンジなどの電波干渉を受けやすいので注意してくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ルーターの場所を変える

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターの置く場所が悪いと、通信速度が遅くなることも考えられるので、置き場所を変えてみましょう。

 Wi-Fiの電波は、壁が遮蔽物となる可能性があるので、1m程度離して置くことが望ましいです。

また、家具なども遮蔽物となってしまうので、できれば高い位置にルーターを置いてみてください。

より遠くの場所で安定した通信が使いたい人は、中継機の導入も検討してみてくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

有線接続を試してみる

Wi-Fiルーター

通信端末を無線接続している場合は、有線接続を利用することによって、通信速度が向上する可能性もあります。

 有線接続は、通信端末とWi-FiルーターをLANケーブルで直接接続する方法です。

有線で接続することで、遮蔽物や電子レンジなどの電波の影響を受けなくなるので、安定した高速通信が利用できます。

同時に有線接続できる台数は、ルーターによって異なるので注意してくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光の速度を上げるIPv6とは?

IPv6とは

ノートパソコン

IPv6とは「Internet Protocol Version 6」の略で、従来の「IPv4」よりも高速で安定した通信を行える通信方法です。

 IPv6では「IPoE」という通信方式を採用しているので、一度に複数の端末でインターネットを接続しても、速度が安定しやすいメリットがあります。

そのため、IPv4利用しているという人は、まずはPCの設定画面でIPv6の接続状況を確認してみましょう。

また、ドコモ光ではプロバイダの公式サイトでも、IPv6に接続できているか確認できます。

IPv6を利用するには、IPv6対応のWi-Fiルーターを使用する必要がありますよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

ドコモ光でIPv6を使用する方法

パソコンを操作する人

ドコモ光でIPv6を使用するためには、IPv6に対応しているプロバイダの契約が必要です。

ドコモ光で利用できるプロバイダの多くがIPv6に対応していますが、一部プロバイダは非対応なので注意しましょう。

 既にドコモ光を利用している場合、プロバイダの変更手続きで簡単にプロバイダ変更が可能です。

IPv6対応のプロバイダを選んだら、IPv6に対応したルーターを準備してください。IPv6に対応しているかどうかは、説明書や商品の外箱などで確認できます。

IPv6は高速かつ安定した通信が利用可能なので、活用することがおすすめですよ。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら

まとめ

今回は、ドコモ光の最大速度やプロバイダごとの平均速度を解説しました。

ドコモ光は、平均通信速度が超える200Mbpsの高速通信が可能で、速さに関する口コミでも良い評判が多くみられました。

ぜひ、IPv6にも対応したドコモ光で、高速通信を利用してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光で速度が遅くなってしまった場合は、今回紹介した対処法を試してみてくださいね。
WEB申込で20,000ptプレゼント
ドコモ光
WEB限定特典はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事