楽天モバイルでテザリングを使う方法や注意点などを徹底解説!

楽天が運営する携帯通信ブランド「楽天モバイル」は、楽天回線エリア内データ無制限やお得な料金プランが話題を集めています。

楽天モバイルを現在利用している人・これから利用したいと考えている人の中には、楽天モバイルのテザリングについて知りたいという場合も少なくないでしょう。

そこで今回は、楽天モバイルのテザリングについて解説していきます。

楽天モバイルでテザリングを使う時の注意点なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

そもそもテザリングとは?

スマホを操作する女性

テザリング(tethering)とは、連結する・繋ぐといった意味を持った言葉で、スマホやタブレットなどのデータ通信を利用して、パソコンやゲーム機器などをインターネットに接続することです。

 SIMカードが挿入されているスマホなどが、Wi-Fiルーターの代わりをしてくれるというイメージを持って頂ければ問題ありません。

また、テザリングを利用することで、外出先でもパソコンなどをインターネットに接続して、Webサイトの閲覧・動画視聴などが可能になるため、便利な機能と言えるでしょう。

ポケットWi-Fiを契約しなくても、スマホがルーターの代わりになってくれますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルではテザリングを使用可能

追加料金なしで利用可能

パソコンを操作する人

楽天モバイルでは、追加料金不要でテザリングの利用が可能です。他のキャリアでは、追加料金が必要な場合もあるため、無料で使用できることは嬉しいポイントでしょう。

楽天モバイルの料金プラン

1GBまで 0円
※2回線目以降は1,078円
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB超過後 3,278円

※ 税込価格

楽天モバイルは、使ったデータ量に応じて料金が変化する従量制の料金プランが特徴です。そのため、テザリングで使ったデータ量は、使用データ量として加算されることに注意しましょう。

テザリングあまり使わない月は料金を抑えられるので、無駄なく使うことができますね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天回線エリア内データ無制限

パソコンを操作する人

楽天モバイルでは、楽天回線エリア内であればデータ無制限で利用できる特徴があります。つまり、楽天回線エリア内でのインターネット通信は、データ量を気にせずにテザリングを使用可能です。

 楽天モバイルは、都市部を中心に通信エリアを拡大中で、2022年2月4日時点で人口カバー率は96%を突破しました。

そのため、データを使いすぎて速度制限になってしまうことを不安に感じている人は、データ無制限でテザリングを利用できる楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ポケットWi-Fiの契約を契約している人にも、楽天モバイルはおすすめですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルで利用できるテザリングの種類

楽天モバイルのテザリングの種類
  • Wi-Fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

Wi-Fiテザリング

パソコンを操作する人

楽天モバイルで利用できるテザリングの中で、最も簡単に接続を行える方法が「Wi-Fiテザリング」です。

 Wi-Fiテザリングは、スマホをポケットWi-Fiのように利用する方法で、スマホからの電波をパソコンなどの接続機器(子機)が受信して、インターネットを利用します。

なお、Wi-Fi対応機器であればどんな端末でも利用できるため、パソコンやゲーム機など豊富な種類の端末で、インターネット接続を行えることはメリットの1つでしょう。

複数台の同時接続も可能ですが、同時に接続できる台数は異なるので注意が必要です。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

USBテザリング

USBケーブル

テザリングをしたい端末と接続機器を直接USBケーブルで接続してテザリングするという方法もあります。

 USBを利用したテザリングでは、テザリングでのインターネット接続と同時に、スマホを充電できる点がメリットと言えるでしょう。

また、USBで直接スマホとパソコンを物理的に接続するので、3つのテザリングの中では、最も速度が安定しやすいというメリットもあります。

USBケーブルは、端末にあったタイプを準備しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

Bluetoothテザリング

iPhoneの画面

Bluetoothテザリングは、Wi-Fiと同じく無線での接続が可能な方法で、スマホとパソコンなどの接続したい機器をBluetoothで接続する方法です。

 Bluetooth機能がオンになっていれば、スマホを直接操作することなく、接続したい機器を操作するだけでテザリングを利用できます。

また、Wi-Fiテザリングと比べると電池持ちが良いも特徴で、長時間インターネット接続したいという人におすすめの方法と言えるでしょう。

他の接続方法と比べると通信速度が遅いので、大容量のデータを扱うときには、あまり向いていません。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

【iPhone】楽天モバイルでのテザリングの使い方

Wi-Fiテザリングの手順

iPhoneを持つ手

iPhoneのWi-Fiテザリングの手順
  1.  ホーム画面から「設定」アプリを開く
  2.  「インターネット共有」を開く
  3.  「他の人の接続を許可」をオンに切り替える(パスワードの設定)
  4. ネットワーク名とパスワードを確認して接続したい機器(子機)で接続設定

Wi-Fiテザリングを利用する場合は、パスワードを設定しましょう。パスワードを設定しなくてもテザリングは可能ですが、セキュリティの観点から考えると、パスワードを設定した方がより安全です。

子機での接続設定は一度のみで、2回目以降はiPhoneでテザリングをオンにすれば自動接続されます。

iPhoneのテザリングのオンとオフは、設定アプリまたはコントロールセンターからできますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

USBテザリングの手順

ライトニングケーブル

USBケーブルを使用したテザリングは、iPhoneとインターネットに接続したい子機をUSBケーブルで直接接続するだけです。

iPhoneのテザリングをオンにすると、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」・「USBのみ」が選べるポップアップが表示されるので、「USBのみ」を選択しましょう。

USB接続時に、「このコンピュータを信頼しますか?」というポップアップが表示されたら「信頼」を選択してください。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

Bluetoothテザリングの手順

iPhoneのコントロールセンター

Bluetoothテザリングを行う場合も、他の2つの方法と同じく「インターネット共有」をオンにします。

また、Bluetooth機能をオンにして、接続したい端末とペアリング行えば設定は完了です。

特に難しくないので、接続方法で迷うことはないでしょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

【Android】楽天モバイルでのテザリングの使い方

Wi-Fiテザリングの手順

スマホを持つ男性

AndroidのWi-Fiテザリングの手順
  1.  ホーム画面から「設定」を開く
  2.  「ネットワークとインターネット」を開く
  3.  「アクセスポイントとテザリング」を開く
  4.  「Wi-Fiアクセスポイント」を開く
  5.  右上のボタンを「オン」にする

AndroidもiPhoneと同様、設定画面からテザリングをオンにします。2回目以降は、初期設定画面の上部をスワイプして表示されるアイコンでもオン・オフが切り替えられます。

なお、テザリングでネットに接続したい子機と接続する際に必要なパスワードは、テザリングの設定画面で設定・確認できるため参考にしてください。

子機で同じネットワーク名を選択して、パスワードを入力すれば設定は完了しますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

USBテザリングの手順

複数のUSBケーブル

Androidのスマホと子機をUSBで接続すると、「USBをファイル転送に使用しますか?」というポップアップが表示されるので「はい」を選択しましょう。

その後は、設定画面で「USBテザリング」をオンにすれば、USBテザリングの設定は完了します。

iPhoneとAndroidのUSB端子は、異なる場合があるので準備する際は注意が必要ですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

Bluetoothテザリングの手順

Bluetoothの設定画面

AndroidのBluetoothテザリングも基本的にはiPhoneの接続方法と同じで、まずはスマホと接続したい子機をBluetoothで接続してペア設定をします。

その後は、設定画面で「Bluetoothテザリング」をオンにすれば、Bluetoothテザリングの設定は完了です。

Bluetoothテザリングの通信は、快適に行えない場合もあるので注意しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルでテザリングが使えない時の対処法

楽天モバイルでテザリングが使えない時の対処法
  • スマホを再起動する
  • Wi-Fiの接続をオフにしてみる
  • ネット接続状況を確認してみる
  • ネットワーク設定をリセットする

スマホを再起動する

iPhone 12

スマホでなぜかテザリングができない時に、原因がよく分からないときは、まずスマホ本体の再起動を実行してみましょう。

 スマホ内のプログラムなどに何らかのエラーが生じている場合、再起動をすることでエラーが改善するケースがあります。

スマホの再起動は簡単にできる対処法なので、テザリングができない時は最初に試してみるといいでしょう。

複数の端末接続時に、どれか1つがテザリングできない時は、子機を再起動してみてください。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

接続をオフにしてみる

スマホを操作する人

次に、テザリングの設定・モバイルデータ通信の設定がしっかりオンになっていることを確認してみましょう。

 オンになっていることが確認できたら、一度オフにして再度オンにすることで、うまく接続できる場合もあります。

また、機内モードをオフにして使ってみるという対処法もあるので、繋がらない場合はぜひ試してみてください。

パソコンやスマホなど接続したい子機のWi-Fiもオフにしてみましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

ネット接続状況を確認してみる

通信速度を測定する人

テザリングは、スマホで受信したモバイル通信をパソコンなどの機器に供給するので、スマホの電波が悪い状況下だと安定したテザリングを利用できません

 スマホ画面上部の電波やオンライン上で、通信速度を確認してみましょう。

そのため、通信が圏外であれば、もちろんテザリングを利用できません。圏外でなくても電波状況が悪いと、テザリングが使えないので、場所を変えて再度試す必要があります。

通信環境が不安定な場合は、USB接続でのテザリングもおすすめの方法です。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

ネットワーク設定をリセットする

iPhoneを操作する男性

もしかすると、Wi-Fiやモバイル通信などの本体設定で不具合が出ている可能性もあるので、再起動などで改善しない場合は、ネットワーク設定のリセットをすると症状が回線する場合があります。

 ネットワーク設定をリセットすると、これまで設定していたWi-Fiなどのパスワードは再度設定する必要があります。

再度パスワードの入力をするのは手間がかかるので、他の方法を試しても効果がない時の最終手段と考えておきましょう。

ネットワーク設定のリセットはiPhone、Androidともに設定アプリから実行可能です。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルでテザリングを使う時の注意点

楽天モバイルでテザリングを使う時の注意点
  • パートナーエリアは月間5GBまで
  • スマホのバッテリー消費が激しい
  • 乗り換え時には対応機種か確認する

パートナー回線は月間5GBまで

パソコンを操作する人

楽天モバイルは、楽天回線とパートナー回線が利用可能で、楽天回線エリア外ではパートナー回線であるau回線に自動で切り替わります。

 楽天回線エリア内であれば、データ無制限で利用可能ですが、au回線では月間5GBを超過すると、最大1Mbpsに速度制限がかかります。

テザリングをする上で、5GBはあまり多いデータ量とは言えず、すぐに速度制限の対象となってしまう可能性があるので注意しましょう。

自動で回線が切り替わるので、テザリング前には利用している回線の確認をしておくと安心できますね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

スマホのバッテリー消費が激しい

iPhone 13を操作する男性

テザリング使用時は、スマホのバッテリーを多く消費するので注意しましょう。特にWi-Fiテザリングをオンしている時は、よりバッテリー消費が早くなります。

 外出先などコンセントがない環境で、テザリングを長時間使用する際には、モバイルバッテリーなどを用意しておくと安心です。

また、USBを接続してテザリングをすれば、スマホを充電しながらインターネット接続できるため、長時間利用する場合は、USBでのテザリングも検討してみてください。

Wi-FiよりもBluetoothでのテザリングの方が、バッテリー消費を抑えることができますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

乗り換え時には対応機種か確認する

4台のiPhoneを持つ手

楽天モバイルでテザリングを使用するためには、使いたいスマホの動作確認ができているか確認することも重要です。

 動作確認ができていない端末の場合、テザリングなど一部機能に不具合が生じる可能性があります。

楽天モバイルでの動作済み端末は、公式WEBサイトから確認できるため、テザリングを利用したいと考えている方はチェックしておきましょう。

楽天モバイルでは、端末をお得に購入できるキャンペーンを実施しているので、乗り換え時に機種変更しても良いですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

テザリングに関するよくある質問

そもそもテザリングってなに?

テザリング(tethering)は、スマホやタブレットなどのデータ通信を利用して、パソコンやゲーム機器などをインターネットに接続することです。

テザリングを利用することで、自宅はもちろん外出先でもWebサイトを閲覧したり、動画を視聴することが可能になります。

楽天モバイルのテザリングの特徴は?

楽天モバイルのテザリングは、追加料金不要でテザリングの利用が可能です。

また、楽天回線エリア内であれば、データ無制限でテザリングが使えるので、データ使用量や速度制限を気にする必要はありません。

楽天モバイルのテザリングの種類は?

スマホからの電波をパソコンなどの接続機器(子機)が受信して、インターネットを利用するWi-Fiテザリングが主な方法です。

その他にも、USBケーブルで子機とスマホを接続するUSBテザリング、Bluetoothで接続するBluetoothテザリングなどを利用できます。

楽天モバイルでテザリングが使えない時はどうすれば良い?

まずは、端末の再起動やWi-Fiやテザリングのオンとオフを切り替えてみるなどの対処法を試してみてください。

通信環境が悪い場合は、場所を移動したり時間を空ける必要があります。どうしても繋がらない時は、ネットワークのリセットも試してみましょう。

楽天モバイルのテザリングの注意点は?

楽天回線エリア内であれば、データ無制限で使用することができますが、パートナー回線では月間5GBを超過すると速度制限になるので注意しましょう。

また、楽天モバイルへ乗り換える時には使用しているスマホが、動作確認済みであるか確認しておきましょう。

楽天モバイルの料金プランについて知りたい

楽天モバイルは、使ったデータ量に応じて料金が変化するプランで、1回線目であれば1GBまでの月額料金は無料です。

1GB超過後は、3GBまで月額1,078円(税込)、20GBまでが2,178円(税込)、20GB超過後は3,278円(税込)と変化していくので、使い方に合わせて利用できるでしょう。

楽天モバイルではどんなキャンペーンを実施している?
楽天モバイルでは、乗り換え時に端末を購入するとポイント還元を受けることができます。

その他にも、ポケットWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2」が本体価格1円で購入できるキャンペーンなども定期的に実施しているためチェックしてみてください。

まとめ

今回は、楽天モバイルのテザリングについて解説しました。

楽天モバイルでは、楽天回線エリア内であれば追加料金なしで、データ無制限のテザリングを使用することができます。

そのため、外出先でもパソコンやゲームでインターネットを利用したいという人は、楽天モバイルのテザリングを利用してみるといいでしょう。

楽天モバイルは、月額料金も最大3,278円(税込)とお得なので、スマホの料金を見直したいという人にもおすすめですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事