LINEMOのテザリングは無料!使い方やメリット・注意点を解説

ソフトバンクの4G・5G通信が月額990円(税込)から利用できる「LINEMO」。LINEMOでは、月額料金がお得なだけでなく、LINEがデータ消費なしで使えるなどのメリットもあります。

LINEMOへの申し込みを検討していたりすでにLINEMOを利用していたりすると、「テザリングは使用できるの?」「テザリングの使い方を知りたい」このような疑問を持つ人も多いでしょう。

テザリングを上手く活用すれば、固定Wi-Fiを使わずにデータ通信が可能となります。そこでこの記事では、LINEMOでテザリングを使う方法について詳しく解説します。

LINEMOでテザリングを使うメリットや注意点なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOのテザリングは無料

LINEMOのテザリングは無料で使用できます。ここでは、テザリングの概要やLINEMOのテザリングサービスについて解説します。

そもそもテザリングとは

iPhoneを操作する人

テザリングとはデータ通信機能があるスマホを親機として、パソコンやタブレットなどをインターネットに接続することです。

 スマホのデータ通信の電波が拾えるエリアであれば、場所を選ばずにパソコンなどでインターネットを利用できます。

自宅でテザリングを使用すれば光回線などの固定回線の代わりとして利用でき、固定回線のない外出先でもスマホさえあればインターネットが利用できる点がメリットです。

外出先でもパソコンで仕事をしたいという人や友達と外で集まってオンラインゲームをしたいという人などは、テザリングを活用しましょう。

自宅でインターネットをあまり利用しないという人は、テザリングを活用すれば固定回線が不要になるので、料金がお得になりますよ。

LINEMOのテザリングは申込不要で無料

パソコンをテザリングで操作

ソフトバンクが2021年3月に導入したオンライン専用の料金プラン「LINEMO」では、テザリングを申し込み不要で利用できます。

 追加料金もかからず、ソフトバンクの通信エリア内で利用可能です。

ソフトバンク回線は全国の幅広いエリアで利用でき、LINEMOはソフトバンクの5G通信にも対応しています。

5Gの対応エリアは今も拡大中で一部エリアでは利用できないので、通信エリアを確認しておきましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOの料金プラン

LINEMOの料金プラン

「LINEMO」は、月間3GBのミニプランと月間20GBのスマホプランを提供していて、ミニプランであれば月額990円から利用できます

なお、今なら他社からの乗り換えでミニプランを申し込むと、月額料金が最大6ヶ月分実質無料キャンペーンを実施しています。

 月間データ量の範囲内であれば、高速通信でのテザリングが追加料金なしで利用可能です。

速度制限を通常の速度に戻す場合には、1GBあたり550円の追加データを購入しましょう。

LINEMOの特徴のひとつが「LINEギガフリー」で、LINEのトークや通話などの機能を利用する際のデータ消費が無く、速度制限時もLINEは通常速度で利用できます。※1

料金がお得なミニプランですが、速度制限時の速度はスマホプランよりも遅いので注意しましょう。
月額料金 ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
月間データ量 ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
月間データ量超過後に通信速度 ミニプラン:300kbps
スマホプラン:1Mbps
国内通話料 22円/30秒

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※1 トークでの位置情報の共有やLiveの利用など、一部のサービスは対象外です。

LINEMOのテザリングを利用する方法

LINEMOのテザリングを利用する方法
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • USB

Wi-Fi

Wi-Fiの画面

Wi-Fiのテザリングは、手軽に利用できる点が特徴です。対応機種も多く、通信速度も安定しやすいといえます。

スマホの通信回線を無線LAN(Wi-Fi)で飛ばし、その電波をパソコンなどの接続機器がキャッチします。

 また、1度に複数の端末をインターネットに接続可能な点もメリットで、家族や友人などで同時に共有できます。

デメリットは、電波が届く範囲が広いため不正アクセスの危険性がある点です。Wi-Fiテザリングを使用する際には、必ずパスワードの設定を行いましょう

また、他のテザリング方法と比較するとスマホのバッテリーが減りやすいという注意点もあります

外出先でWi-Fiのテザリングを長時間行いたいという人は、モバイルバッテリーなどを携帯しておきましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

Bluetooth

iPhone 13

Bluetoothのテザリングは、Wi-Fiのテザリングと同様に無線でインターネットに接続します。

1対1の通信を目的とした無線接続方法なので、Wi-Fiテザリングと比べるとセキュリティが高い接続方法と言われています。

 Wi-Fiのテザリングよりもバッテリー消費が少なく、長時間継続的に利用することも可能です。

ただし、Wi-Fiのテザリングと比較すると速度が遅くなりやすいです。容量の多いデータの送受信をする場合時間がかかってしまうので、他の接続方法を利用しましょう。

簡単なWebサイトの閲覧やSNSなどであれば、手軽に利用できるのでおすすめですよ。

USB

iPhoneとケーブル

USBのテザリングは、スマホとパソコンやゲーム機などを直接USBケーブルで接続する方法です。

 有線での接続なので、無線を利用するWi-FiやBluetoothよりも速度が安定しやすい点がメリットです。

また、パソコンに繋ぎながらネットが利用できるので、スマホを充電しながらテザリングを使用できます。

USBケーブルでパソコンと接続機器を直接繋ぐので携帯性には優れてはいませんし、スマホ1台に対して1台の機器しか接続できない点などがデメリットです。

USBケーブルで直接繋ぐので、セキュリティ面は優れていますよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOでテザリングを使う際の設定方法

LINEMOのテザリングは、Wi-Fiを利用して利用できます。ここではその設定方法について解説します。

iPhoneの場合

iPhone13

iPhoneでテザリングを利用するには、下記の手順での設定が必要です。

iPhoneのテザリング設定手順
  1. 設定アプリから「インターネット共有」を選択
  2. Wi-Fiのパスワードを設定(8文字以上)
  3. 「ほかの人の接続を許可」を有効にする
  4. 接続したい機器で自分のiPhoneを選択
  5. 設定したパスワードを入力

パスワードは半角英数字で8文字以上という決まりがあります。他の人に不正にアクセスされないように、推測されにくいパスワードを設定することが大切です。

テザリング終了時には「ほかの人の接続を許可」の項目を無効にしておきましょう。

Androidの場合

Galaxy S21

Androidでテザリングを利用するには、下記の手順での設定が必要です。

Androidのテザリング設定手順
  1. 設定アプリから「ネットワークとインターネット」を選択
  2. 「アクセスポイントとテザリング」を選択
  3. アクセスポイント名とパスワードを決める
  4. 「Wi-Fi アクセスポイント」を有効にする
  5. 接続したい機器から設定したアクセスポイント名を選ぶ
  6. 設定したパスワードを入力

基本的な流れはiPhoneのテザリングと変わりませんが、Androidは機種によって項目名や設定方法が少し異なることがあるので注意が必要です。

詳しいテザリングの設定方法については端末ごとの説明書で確認しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOのテザリングを利用するメリット

LINEMOのテザリングを利用するメリット
  • お得な月額料金でテザリングが使える
  • 外出先でもパソコンなどでネットが使える
  • 通信速度が安定している

お得な月額料金でテザリングを使える

コイン

LINEMOはお得な月額料金でテザリングが利用できます。ミニプランは月間3GB、スマホプランは月間20GBの高速通信が利用可能です。

ソフトバンクの5G対応プラン「メリハリ無制限」の料金とLINEMOの料金の比較は、下記の通りです。メリハリ無制限では、月間30GBのテザリングが利用できます。

ソフトバンク メリハリ無制限:7,238円
LINEMO ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円

※ 割引適用前の月額料金です。

メリハリ無制限はデータ実質無制限(テザリングは30GBまで)のプランですが、料金面だけを比較すると、LINEMO(スマホプラン)の方が4,500円程度お得に利用できます。

月額料金を抑えつつテザリングも利用したいという人は、LINEMOの方がおすすめと言えるでしょう。

自分がどのくらいデータ通信やテザリングを使用したいかを確認したうえで料金プランを選ぶことが大切ですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

外出先でもパソコンなどでネットが使える

机に置かれたスマホ

テザリングを利用すれば、外出先でも場所を選ばずにパソコンやゲーム機などをインターネットに接続できます。

 外出先でインターネットを利用するためにポケット型WiFi・モバイルルーターを使っている人でもテザリングを活用すれば、ポケット型WiFi・モバイルルーターが不要になります。

テザリングを利用する機会が多いという人は、月間20GBまで高速通信が利用できるスマホプランがおすすめです。

駅やカフェなどで利用できるフリーWi-Fiと比べると、セキュリティ面にも優れている点もメリットです。

通信速度が安定している

パソコンを操作する人

格安SIMへの乗り換えを検討している人のなかには、速度が不安定にならないか心配という人もいるのではないでしょうか。

LINEMOは安定した通信速度が利用できる点もメリットで、利用者の速度が分かる「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を参考にするとLINEMOの平均速度は下記の通りです。

平均下り速度 76.19Mbps
平均上り速度 16.33Mbps

※ 2022年7月時点

みんなのネット回線速度の結果を参考にすると、LINEMOは平均下り速度が70Mbpsを超えています

WebサイトやSNSの閲覧、動画視聴など、基本的なインターネットの利用には約20Mbpsの下り速度があれば十分なので、LINEMOでも安心してインターネットが利用できるでしょう。

ソフトバンク回線なので、全国の幅広いエリアが対応エリアですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOでテザリングを使う際の注意点

LINEMOでテザリングを使う際の注意点
  • データ消費が多くなる
  • バッテリーが減りやすい
  • 機種によってはテザリングに対応していない
  • セキュリティ対策が必要

データ消費が多くなる

スマホを操作する女性

テザリングはデータ消費が多くなってしまうので、速度制限になりたくない人は使用したデータ量をきちんと把握することが大切です。

 ミニプランは月間3GB超過で最大300kbpsの速度制限、スマホプランは20GB超過で最大1Mbpsの速度制限があります。

データ消費を節約する対策を取りたい場合は、動画やアプリのダウンロードなどは極力避けるようにしましょう。

動画やアプリのダウンロードやオンラインゲームなどは、光回線などのWi-Fiを利用している時に行うことで、LINEMOのデータ消費を節約できます。

LINEMOの使用したデータ量や残りのデータ量は、「My menu」または「LINE」から確認できますよ。

バッテリーが減りやすい

スマホを持つ人

テザリングを使用するとスマホのバッテリー消費が通常よりも早くなるので注意しましょう。

 Wi-Fi・Bluetooth・USBの接続方法のなかでは、Wi-Fiでのテザリングのとき特にバッテリー消費が早いです。

USBでのテザリングは充電をしながらテザリングできるので、充電を減らしたくない人はUSBでのテザリングを使用するようにしましょう。

テザリングを使用しない時には、スマホのテザリングをオフにしておくこともバッテリーを節約する大切なポイントですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

機種によってはテザリングに対応していない

スマホをテザリングで使用

LINEMOでテザリングを使用する際には、事前にテザリングの動作確認が取れているか確認することが大切です。

 使用する端末がLINEMOでテザリングを使用できるかどうかは、LINEMOの公式サイトから確認できます。

比較的新しい端末はテザリングに対応している機種が多いのですが、古い機種やソフトバンク以外のキャリアで購入した機種はテザリングに対応していない場合があります。

LINEMOではスマホを販売していないので、乗り換え時に機種変更したい人は各メーカーや大手キャリアで購入しましょう。

セキュリティ対策が必要

パソコンを操作する人

LINEMOに限らず、テザリングを使用する際には必ずパスワードを設定して、きちんとセキュリティ対策を取るようにしましょう。

 パスワードを設定しないでテザリングをオンにしてしまうと、自分以外の人も利用できるようになるので、悪用される危険性があります。

また、他人にデータ通信を行なわれてしまうので、データ消費も早くなり、すぐに速度制限の対象となってしまう可能性も考えられます。

安全面を考慮したい人はBluetoothやUSBでテザリングを使用するようにしましょうね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOでテザリングを使って速度制限になった際の対処法

テザリングで速度制限になった際の対処法
  • データを追加で購入する
  • できるだけWi-Fiを使うようにする
  • 連絡にはLINEを使う

データを追加で購入する

スマホを操作する女性

テザリングを使いすぎて速度制限になってしまった際に、どうしても速度を戻したい人は、データを追加で購入しましょう

 データを追加購入すると通常速度に戻すことができます。利用料金は1GBにつき550円です。

データの追加購入はMy menuの「チャージする(予約購入)」の項目から購入できます。

また、速度制限がかかる度に自動でデータを追加購入してくれる「オートチャージ」という機能もあるので、速度制限にかかりたくない人は設定しておきましょう。

データの追加購入は割高なので、料金が高くなりすぎないように注意が必要ですよ。
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。

できるだけWi-Fiを使うようにする

Wi-Fiルーター

料金をできるだけ抑えるためにデータを追加購入をしたくないという人は、可能な限りWi-Fiを利用するようにしましょう。

 Wi-Fiに接続している間は速度制限は関係なく、安定したインターネットが利用できます。

また、自宅に光回線などのWi-Fiがあるという人は、速度制限になる前からWi-Fiを活用してLINEMOのデータ消費を節約することも大切です。

とくにミニプランを利用する場合には、データのダウンロードはWi-Fiを接続している際に行うようにしましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

連絡にはLINEを使う

メッセージアプリのアイコン

速度制限になってしまうと通常の速度と比べて速度が大幅に制限されてしまうので、メールのやり取りなどを不便に感じてしまうかもしれません。

 LINEMOではLINE利用時のデータ消費がない「LINEギガフリー」があり、速度制限下でもLINEは通常速度で使用できます。

LINEでは、メッセージのやり取りや音声通話、ビデオ通話などがあるので、連絡手段として問題なく利用できるでしょう。

画像や動画などの送受信もLINEギガフリーの対象ですよ。

LINEMOと併せてチェックしたいテザリングがお得な格安SIM・キャリア3選

楽天モバイル

楽天モバイル

おすすめポイント
  • 月額3,278円(税込)でデータ通信無制限
  • 通信量少ない月は費用を抑えられる
  • テザリングの申し込みや追加料金はなし
  • 自社回線で高速通信も可能

楽天モバイルは、月額最大3,278円(税込)でデータ通信を無制限で利用できる携帯キャリアです。テザリングで大容量を必要とする人に向いているでしょう。

 テザリングの申し込みや費用は不要なので、契約者は誰でも気軽にテザリング機能を使えます。

料金プランは使った分だけ支払いのワンプランのため、通信量が少ない月は最安1,078円(税込)まで月額を抑えられるのもメリット。月額料金を下げたい人にもおすすめです。

自社の楽天回線を利用しているため、MVNOの格安SIMより通信速度は速い傾向ですよ。
月額基本料金(税込) 〜3GB:1,078円
3GB超〜20GB:2,178円
20GB超:3,278円
追加データ購入費用(税込) なし
テザリング費用(税込) 無料
利用回線 楽天
通信速度実測値
みんなのネット回線速度参照
下り:56.87Mbps
上り:25.74Mbps
通信制限時の最大速度 1Mbps
※パートナー回線エリアで5GB超過後
申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

出典:楽天モバイル

mineo

mineo

おすすめポイント
  • テザリングは無料かつ申し込み不要
  • 低速無制限プランが月額660円(税込)から
  • 1.5Mbpsで使い放題のオプションあり
  • 3大キャリアの回線を選べる

mineo(マイネオ)は関西電力グループが提供する格安SIMで、テザリングの利用は無料かつ申し込み不要です。プランは容量制限ありと低速無制限の2種類に大別されます。

 低速無制限は、最大通信速度に応じて料金が変動。最大速度300kbpsのプランなら月額660円(税込)の低価格で無制限利用も可能です。

容量制限ありのプランでも、容量超過後は1.5Mbpsの速さで使い放題になるオプションを用意。10GBプラン以上での契約なら、使い放題のオプションが無料になりお得です。

当サイトから申し込んだ方限定で事務手数料無料特典が適用されるため、ぜひチェックしてみてください。

au・ドコモ・ソフトバンクのキャリア全てに対応しているので、保有端末のSIMロック解除なしで契約できますよ。
月額基本料金(税) 1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
無制限(300kbps):660円
無制限(1.5Mbps):990円
無制限(3Mbps):2,200円
追加データ購入費用(税込) 385円/月
※10GB以上のプランは無料
テザリング費用(税込) 無料
利用回線 au・ドコモ・ソフトバンク
通信速度実測値
みんなのネット回線速度参照
下り:40.65Mbps
上り:9.06Mbps
通信制限時の最大速度 200kbps
※マイピタの場合

出典:mineo
※終了時期未定

UQモバイル

uqモバイル

おすすめポイント
  • テザリングは無料かつ申し込み不要
  • 増量オプションが7ヶ月間無料
  • auと同一回線で高速通信を実現
  • 速度制限後も1Mbpsで通信可能

UQモバイルはauが提供するサブブランドで、テザリングは申し込み不要かつ無料で利用できます。セット割適用により3GBプランは月額990円(税込)の低価格です。

 データ通信量は月間3GB・15GB・25GBの3つがあり、オプション活用で5GB・20GB・30GBに増量可能。最初の7ヶ月は増量オプション無料の特典がついてお得です。

auと同一回線を利用しているため、格安SIMの中でも通信速度は高速。実測値比較でもLINEMOとほぼ同等の数値を記録しています。

節約モードや速度制限時でも1Mbpsの速度で通信できるので、サイト閲覧やメッセージ送受信などはストレスなく行えますよ。
月額基本料金(税込) 3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
追加データ購入費用(税込) 【増量オプションⅡ】
550円/月
(2〜5GB追加)
【データチャージ】
100MB:220円
500MB:550円
テザリング費用(税込) 無料
利用回線 au
通信速度実測値
みんなのネット回線速度参照
下り:79.44Mbps
上り:14.18Mbps
通信制限時の最大速度 1Mbps
※3GBプランは300kbps
公式サイトで詳細を見る⇨
UQモバイル
最大13,000円相当還元

出典:UQモバイル

まとめ

今回は、LINEMOでテザリングを使う方法やメリット・注意点などを解説しました。

LINEMOでは追加料金なしでテザリングが使用でき、ミニプランで契約すれば月額990円(税込)からテザリングを使用できます。

LINEMOでテザリングを使いたいという人は、乗り換え前に利用中の端末がLINEMOのテザリングに対応しているかを確認しておきましょう。

ぜひLINEMOに乗り換えて、お得な料金でテザリングを使用してみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事