【2022年3月】au回線おすすめ格安スマホ4選!乗り換えのコツも紹介

速度が安定しているau回線をリーズナブルな料金で利用したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし、au回線を利用できるサービスは増えていることから、どの格安スマホを利用すればいいのか分かりにくいこともあるでしょう。

そこでこの記事では、au回線を利用する際におすすめの格安スマホ4社を紹介。合わせてau回線を利用する際に注意したいポイントなどを解説していきます。

au回線をできる格安スマホについて詳しく解説していきます。

au回線の格安スマホとは?

au回線の格安スマホとは?

au回線の格安スマホとは、au回線の格安SIMを利用したスマホを指します。

 格安SIMには、au回線以外にもソフトバンク・ドコモ回線を利用したサービスがあるため、契約したサービスで利用する通信回線に注意しましょう。

格安スマホには、スマホ端末を安く購入できるサービスの意味もありますが、この記事ではau回線を利用する格安SIMを利用したスマホについて解説していきます。

通信サービスごとに利用する通信回線が異なることは注意したいポイントです。

au回線のおすすめ格安スマホ4選

楽天モバイル
mineo
UQモバイル
BIGLOBE
モバイル
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
uqモバイルロゴ
BIGLOBEモバイルロゴ
月額料金
0円〜
880円(税込)〜
990円(税込)〜
550円(税込)〜
月間データ容量
1GB〜
1GB〜
3GB〜
1GB〜
最大通信速度
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
下り150Mbps
※端末によっては225Mbps
下り約1,288Mbps
※タイプDの場合
使用回線
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
au
ドコモ、au
キャンペーン
最新iPhone購入で最大30,000円相当還元!6/1〜楽天市場の買い物がポイント最大6倍
mineo×当サイト
事務手数料が無料
キャンペーン中
SIMのみ購入&対象オプション加入で最大12,000円相当還元
対象端末(iPhoneSEなど)購入で最大20,000円相当
キャッシュバック

楽天モバイル

au回線のおすすめ格安スマホ4選

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 最新機種や楽天モバイル独自に販売している端末を購入できる
  • 使用したデータ容量によって月額料金が変動する従量制プラン
  • 通話専用アプリを利用することで音声通話が無料になる

楽天モバイルは、最新機種や楽天モバイル独自に販売している端末を購入できるメリットがあります。iPhoneの取り扱い数も多いため、iPhoneシリーズを利用したい方にもおすすめです。

 楽天モバイルでは、1ヶ月に使用したデータ容量によって月額料金が変動する従量制プランを採用しているため、自分の使い方に合わせられることも特徴になります。

また、国内の音声通話であれば専用通話アプリ「Rakuten Link」を利用することで、通話時間・回数に関係なくかけ放題になるため、音声通話をよく利用する方もお得に利用できるでしょう。

通常であれば楽天回線を利用してインターネット通信を行いますが、楽天の回線エリア外であればau回線を利用しますよ。

契約・端末購入時に利用できるキャンペーンが多いことも魅力の1つです。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

楽天モバイルの基本情報

月額基本料金(税込) 0円〜
データ容量 〜無制限
契約事務手数料(税込) 0円
通話料金(税込) 0円※Rakuten Link利用時
低速時の通信速度 1Mbps
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

mineo

au回線のおすすめ格安スマホ4選

mineoのおすすめポイント
  • サポート体制が充実している
  • 複数回線の契約・家族でまとめて契約した場合は月額基本料金が割引される
  • どの回線を利用しても料金が変わらない

mineoは、AIや専属オペレーターによるサポートを受けられることから、初めて格安スマホを利用する方にもおすすめのサービスです。

また、オンラインだけでなく、全国に200店舗以上ある提携店舗でも対面でサポートを受けられることも魅力になります。

 複数回線の契約や家族でまとめてmineoを契約した場合には、毎月の月額基本料金が割引されることも嬉しいポイントです。

mineoでは、契約時に大手キャリア3社の通信回線を選ぶことが可能ですが、どの回線を利用しても月額基本料金が変わらないこともメリットの1つになるでしょう。

通信速度などを確認したい場合は、月額料金が安いお試しプランを契約するのもおすすめです。
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

mineoの基本情報

月額基本料金(税込) 1,298円〜※音声通話SIM利用時
データ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
通話料金(税込) 10円/30秒※mineoでんわ利用時
低速時の通信速度 200kbps
公式サイトで詳細をみる⇒
mineo×当サイト
特典適用はこちら

出典:https://mineo.jp/

UQモバイル

au回線のおすすめ格安スマホ4選

UQモバイルのおすすめポイント
  • 5G通信が利用できる
  • 使用しなかったデータ容量は翌月に自動で繰り越される
  • 契約するプランによっては低速時の速度が1Mbps

UQモバイルは、5G通信が利用できる通信サービスです。5G通信の利用料金もプランに含まれているため、5G通信を利用するためのオプションに別途加入する必要もありません。

 契約しているプランのデータ容量が余った場合でも、データ容量が自動で繰り越されるため無駄なく利用できることもUQモバイルのメリットになるでしょう。

また、「くりこしプランM+5G」または「くりこしプランL+5G」を契約した場合は、データ容量を使い切った後に移行する低速時の速度も1Mbpsになるため、WEB検索などは問題なく利用することができます。

データ容量を使用したくない場合は、低速通信に手動で切り替えることも可能です。
公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元

UQモバイルの基本情報

月額基本料金(税込) 1,628円〜
データ容量 3GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
通話料金(税込) 22円/30秒
低速時の通信速度

くりこしプランS+5G:300kbps
くりこしプランM+5G・くりこしプランL+5G:1Mbps

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大12,000円相当還元

出典:https://www.uqwimax.jp/mobile/

BIGLOBEモバイル

au回線のおすすめ格安スマホ4選

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • 契約から1年間は月額料金が割引される
  • エンタメフリー・オプションがお得
  • 定期的にスマホ端末のキャンペーン・セールを実施している

BIGLOBEモバイルは、契約から1年間は月額料金が割引される特徴があります。家族割などの割引サービスも行っているため、適用することで毎月の通信料金をお得にすることができるでしょう。

 YouTubeなど対象のサービスをデータ通信量のカウントなしで利用できる「エンタメフリー・オプション」も人気のサービスとなっています。

また、定期的にスマホ端末が割引されるキャンペーンやセールも実施しているため、契約と同時にスマホ端末を購入したい方にもおすすめのサービスです。

エンタメフリー・オプションも契約から6ヶ月間は無料で利用できる特典が適用されます。

BIGLOBEモバイルの基本情報

月額基本料金(税込) 1,078円〜※音声通話SIM利用時
データ容量 1GB〜
契約事務手数料(税込) 3,300円
通話料金(税込) 9.9円/30秒※BIGLOBEでんわ利用時
低速時の通信速度 200kbps

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

auからau回線の格安スマホに乗り換えるメリット

月額基本料金が安くなる

auからau回線の格安スマホに乗り換えるメリット

auからau回線の格安スマホに乗り換えることで、月額基本料金が安くなることがメリットの1つになります。

 大手キャリアでは、月額料金が6,000円〜7,000円程度必要になることが多いです。

それに対して格安スマホでは、月額基本料金が1,000円以下で利用できることも珍しくないため、固定費を削減したい場合にもスマホ料金を見直すのは有効な方法になるでしょう。

オプションなどを利用した場合は月額料金が高くなるため注意しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

スマホ端末を安く購入できる

auからau回線の格安スマホに乗り換えるメリット

auからau回線を利用する格安スマホに乗り換えた場合は、スマホ端末を安く購入できるメリットがあります。

 格安スマホでは、国内・海外メーカーの様々なスマホ端末を取り揃えていることも魅力になるでしょう。

また、大手キャリアで取り扱いがないスマホ端末を購入できることも格安スマホの特徴になるため、端末の購入を検討している場合は、取り扱いのある端末を比較するのもおすすめです。

格安スマホごとに取り扱いのあるスマホ端末が異なる点には注意しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

キャンペーン・セールを利用できる

auからau回線の格安スマホに乗り換えるメリット

au回線を利用できる格安スマホでは、スマホ端末を購入する際にキャンペーン・セールを利用できることも特徴になります。

 キャンペーン・セールを利用すると、対象の端末が通常の価格より割引されます。

ただし、キャンペーン・セールは不定期で開催しているため、あらかじめ公式WEBサイトなどから実施しているキャンペーン・セールの情報を確認しておくことが重要です。

格安スマホのSNSなどでもキャンペーン・セールの情報を発信している場合があります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

少し前に発売された端末を購入できる

auからau回線の格安スマホに乗り換えるメリット

大手キャリアでは最新の機種をメインに販売していることから、発売から時間が経った端末を購入するのが難しいケースもありますが、格安スマホでは発売から時間が経った端末を購入できるケースが多いです。

 在庫状況などによっては大手キャリアなどでも、少し前に発売された端末を取り扱っていることもあります。

ただし、格安スマホでは最新機種が取り扱いされていないデメリットもあるので、スマホ端末を購入する場合は申し込み前に購入できる端末のラインナップを確認しておきましょう。

オンライン上と実店舗では取り扱いのある端末が異なる場合もあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

auからau回線の格安スマホに乗り換えるデメリット

大手キャリアと通信速度が異なる

auからau回線の格安スマホに乗り換えるデメリット

auとau回線を利用する格安スマホを比較すると通信速度が遅くなる傾向があります。

 au回線を利用している格安スマホでは、auから借りている通信回線に上限があるため、回線へのアクセスが集中すると速度が遅くなります。

特にスマホでの通信が多くなる昼の時間帯は速度が遅くなることが多いです。安定した通信速度を重視する場合は注意する必要があるでしょう。

通勤時間帯もスマホを利用する人が多くなるため通信速度が遅くなることがあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

自分で端末設定をする必要がある

auからau回線の格安スマホに乗り換えるデメリット

格安スマホでは、スマホ端末を購入した後に自分で端末設定をする必要があります。

 主に自分で行う設定は、スマホ本体の設定と通信回線を近くの通信基地を接続するAPN設定の2つです。

特にインターネット接続するために必要なAPN設定は、利用する端末ごとに設定方法が異なるため、自分が利用するスマホ端末での設定方法をよく確認することが重要になるでしょう。

Android端末とiOS端末で設定方法が異なります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

店舗で手続きできないことも

auからau回線の格安スマホに乗り換えるデメリット

格安スマホは、実店鋪を展開していないことも多く、インターネットでのみ手続きができる場合もあります。

 端末などのサポートもオンラインのみ対応している場合があるため、注意する必要があるでしょう。

大手キャリアと比較すると大きな違いの1つになるため、格安スマホへ乗り換える際には確認しておくことが重要です。

格安スマホでも店舗を展開している場合もあるので事前に確認しておくと安心できるでしょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

スマホがau回線でのデータ通信に対応していない場合がある

auからau回線の格安スマホに乗り換えるデメリット

スマホ端末にSIMロックがかかっている場合は、au回線でデータ通信を行うことができません。

 SIMロックは、購入したキャリアの通信回線しか利用できないことを意味します。

そのため、ソフトバンクやドコモで購入したスマホ端末を、au回線では利用できないことは注意したいポイントの1つになるでしょう。

SIMロックがかかっている場合は解除の手続きを行うことでデータ通信を利用できます。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

au回線の格安スマホへ乗り換える際に確認すべきこと

支払い方法

au回線の格安スマホへ乗り換える際に確認すべきこと

大手キャリアと比較すると格安スマホでは、支払い方法の種類が少なくなっていることは注意したいポイントの1つです。

 格安スマホでは、クレジットカードがメインの支払い方法となっており、口座振替やコンビニ払いなどは対応していないケースも多くなっています。

そのため、クレジットカード以外の支払い方法を検討している方は、申し込み前に対応している支払い方法を確認しておくと安心できるでしょう。

口座から料金を即時引き落としを行うデビットカードも利用できないケースがあります。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

利用するスマホ端末

au回線の格安スマホへ乗り換える際に確認すべきこと

これまでに利用してきたスマホ端末をau回線を利用する通信サービスで利用する場合は、スマホ端末がau回線で利用できるか確認しましょう。

 ソフトバンクやドコモで購入したスマホ端末は、購入したキャリアの通信回線しか利用できないSIMロックがかかっています。

ただし、購入時から全ての通信回線が利用できるSIMフリー端末SIMロック解除済みのスマホ端末であれば、au回線を問題なく利用できるため安心してください。

スマホ端末を利用する際にはSIMロックがかかっているか確認しましょう。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

キャリアメール

au回線の格安スマホへ乗り換える際に確認すべきこと

大手キャリアでは、キャリア側で発行されたメールアドレスを使用することができますが、格安スマホでは基本的にメールアドレスが発行されないことに気をつけましょう。

 格安スマホのメールアドレスは、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを利用するのが一般的です。

また、格安スマホへ乗り換える際にもキャリアメールの内容を引き継ぐことはできないため、重要なメールはあらかじめバックアップを取っておきましょう。

オプションによってメールアドレスを発行できる場合もあるので確認してみてください。
公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

よくある質問

au回線の格安スマホとは?

au回線の格安スマホとは、au回線の格安SIMを利用したスマホになります。

契約するサービスによってソフトバンク回線・ドコモ回線を利用する場合があるので、au回線を利用したい場合は注意する必要があるでしょう。

格安スマホを利用するメリットは?

格安スマホを利用する1番のメリットは、月額料金が安くなることでしょう。

キャンペーンやセールも定期的に実施しているため、端末をお得に購入できることも嬉しいポイントになります。

au回線を利用する際におすすめの格安スマホは?

au回線を利用する際におすすめの格安スマホは、UQモバイルやBIGLOBEモバイルなどがあります。

通信サービスごとに違った特徴があるため、申し込み前に利用できるサービスの内容を確認しておきましょう。

格安スマホのau回線を利用する際の注意点はある?

格安スマホでau回線を利用する際の注意点は、支払い方法が限られていることやキャリアメールを利用できないことになります。

ソフトバンクやドコモで購入したスマホ端末であれば、SIMロック解除の手続きが必要となることも気をつけたいポイントです。

格安スマホの支払い方法は限られている?

格安スマホでは、クレジットカードでの料金支払いがメインとなっているため注意が必要です。

口座振替やコンビニでの料金支払いを検討している方は、申し込み前にチェックしておくと安心できるでしょう。

格安スマホを選ぶ時は何を重視すればいい?

格安スマホを選ぶ際には、月額基本料金やオプションの内容などを重視するといいでしょう。

スマホ端末を購入する場合は、取り扱いがある端末のラインナップを確認しておくことも重要なポイントになります。

スマホの端末設定はどのようなことを行う?

スマホの端末設定では、端末本体の設定とインターネットするために必要なAPN設定の2種類を行います。

APN設定は、利用する端末によって設定方法が異なるため、設定方法をよく確認しておくといいでしょう。

まとめ

この記事では、au回線を利用できる格安スマホについて解説しました。

格安スマホでもau回線を利用できる通信サービスは複数あるため、月額基本料金やサービス内容を比較することが重要になるでしょう。

また、au回線を利用する際に注意したいポイントなども紹介したため、これからau回線の格安スマホを利用したいと考えている方は参考にしてみてください。

公式サイトで詳細をみる⇒
楽天モバイル
新プラン情報はこちら

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事