ソフトバンクや他社からLINEMOへ乗り換える方法やキャンペーンを解説

ソフトバンクの安定した通信回線が利用できるLINEMOは、2つの料金プランがあり、月間3GBのプランは月額990円(税込)から利用できることが大きなメリットと言えます。

そのため、月々のスマホ料金を節約したいと考えている方の中には、現在契約中の通信サービスからLINEMOに乗り換える手順を詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ソフトバンクや他社回線からLINEMOへ乗り換える方法を解説します。

乗り換えるメリットやキャンペーンも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEMOへ乗り換えるパターンは2種類

2021年3月からサービスをスタートさせたLINEMOへ、別の携帯会社から乗り換えるパターンは大きく2種類に分かれます。

LINEMOに乗り換えるパターン
  • ソフトバンク・Y!mobileから乗り換える
  • 他社の携帯会社から乗り換える

どちらのパターンで乗り換えるかによって手続き方法が異なります。また、ソフトバンク・Y!mobileから乗り換える場合は、一部のキャンペーンが利用できない場合があるので注意しましょう。

LINEMOに乗り換え、利用開始までの主な流れは以下の通りです。

LINEMO 乗り換え2

  1. 申込み画面からLINEMOへ申し込む
  2. 申込み完了後、15:00までに審査が完了した場合、最短即日でSIMカードが発送
  3. SIMカードを受け取る
  4. 通信をするための設定(APN設定)を行い利用開始

LINEMOはオンライン専用プランなので、乗り換えの手続きは基本的にWebで行います。

ソフトバンク・Y!mobileからLINEMOへ乗り換える手順

ソフトバンク・Y!mobileからLINEMOへ乗り換える主な手順
  1. スマートフォンを用意する
  2. SIMタイプを決める
  3. My Softbank/My Y!mobileを更新する
  4. LINEMOに申し込む

LINEMOでは、スマホ端末の販売を行なっていないので、自分でスマホを用意する必要があります。

 ソフトバンクまたはY!mobileで購入した端末以外でもLINEMOは利用できますが、申し込みはソフトバンクまたはY!mobileで購入した端末から操作が必要です。

そのため、LINEMOで利用するスマホは、動作確認端末済みであるか公式サイトで必ず確認しておきましょう。

スマートフォンを用意するのと同時にSIMタイプも選択します。

機種によっては一部機能が利用できない場合もあるので注意が必要です。

LINEMOでは「My SoftBank」または「My Y!mobile」に登録されている情報を、そのまま引き継ぐことができるので、LINEMOへ申し込む前に登録内容を確認してきましょう。

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え方法や手順は、下記記事でも詳しく解説しています。

3GBプランが最大8ヶ月間実質無料!
LINEMO
申し込みはこちら

出典:利用開始までの流れ – LINEMO

他社からLINEMOへ乗り換える手順

1スマートフォンを用意する

LINEMO 乗り換え5

上記でも紹介したように、LINEMOではスマホの販売を行なっていないので、自分でスマホの準備が必要です。

 ソフトバンクまたはY!mobile以外の他社からの乗り換える場合も、利用するスマホが動作確認済みかどうか確認しましょう。

また、他社でSIMカードを利用できないようにSIMロックがかかっているスマホ端末もあります。そのため、SIMロックがかかっていた場合は、購入した携帯電話会社でSIMロック解除を行いましょう。

新しくスマホを購入して乗り換える場合は、SIMフリー端末の購入がおすすめです。

2SIMのタイプを決める

LINEMO 乗り換え3

ソフトバンクまたはY!mobileからの乗り換えと同様に、SIMカードまたはeSIMのどちらで申し込むか決めましょう。

ただし、eSIMに対応している端末の種類は、あまり多くないので注意が必要です。

3MNP予約番号の取得

ドコモMNP転出

他社の携帯電話会社からの乗り換えで重要となる手続きが「MNP予約番号」の取得です。上記は、ドコモから乗り換える場合のMNP予約番号取得画面です。

 MNP予約番号を取得することで、利用中の電話番号のままLINEMOへ乗り換えられます。

なお、MNP予約番号は乗り換え前の携帯電話会社から手続きすることで取得できます。

MNP予約番号には有効期限があるので、期限内に乗り換えましょう。

4本人確認書類を用意する

LINEMO 乗り換え6

LINEMOの申し込みには、運転免許証・健康保険証などの本人確認書類が必要なので、事前に用意しておきましょう。

また、18歳未満の方の申込は、18歳以上の方に契約してもらって利用者としての申し込みが必要です。

5LINEMOに申し込む

LINEMO乗り換え7

MNP予約番号や本人確認書類などの用意ができたら、公式サイトからLINEMOを申し込みましょう。SIMのタイプを選択した後に、MNP予約番号と有効期限を入力する必要があります。

LINEMO乗り換え8

他にも、プランやオプションなどを選択していきます。

3GBプランが最大8ヶ月間実質無料!
LINEMO
申し込みはこちら

出典:利用開始までの流れ – LINEMO

LINEMOに乗り換えるメリット

LINEMOに乗り換えるメリット
  • 月額料金がお得
  • LINE利用時のデータ消費がない
  • 速度が安定している

月額料金がお得

紙幣とコイン

LINEMOを利用するメリットの1つが、お得な月額料金です。そこで、LINEMOとソフトバンク・Y!mobileの月額基本料金を以下の表にまとめました。

LINEMO※1 【ミニプラン(3BG/月)】
990円
【スマホプラン(20GB/月)】
2,728円
ソフトバンク※2 【メリハリ無制限】
3GBまで:5,588円
3GB以降:7,238円
Y!mobile※3 【シンプルS(3GB/月)】
2,178円
【シンプルM(15GB/月)】
3,278円
【シンプルL(25GB/月)】
4,158円

※ 割引適用前の月額基本料です。

割引適用前の月額基本料を比較すると、LINEMOがお得に利用できることが分かります。

ソフトバンク・Y!mobileには家族セット割引や光回線とのセット割もありますが、LINEMOは端末回線のみの契約でも料金がお得なことは嬉しいポイントでしょう。

ソフトバンク回線の通信サービスをお得に利用したい人は、LINEMOがおすすめですよ。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
注釈・出典
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※1 選べる2つの料金プラン – LINEMO
※2 メリハリ無制限 – ソフトバンク
※3 シンプルS/M/L – Y!mobile

LINE利用時のデータ消費がない

LINEMOでは「LINEギガフリー」という独自のサービスを実施しており、LINEのトーク・通話時のデータ消費がありません。※1

LINEギガフリーとは

 月間データ量を使い切って速度制限になっても、LINEは通常の通信速度で利用可能です。

そのため、友人や家族との連絡をLINEで取ることが多いという人はLINEMOが便利に使えるでしょう。

LINEを活用することで、データ量と通話料を節約できることは嬉しいポイントですね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※1 位置情報の共有・Live機能など一部の機能は除きます。

速度が安定している

スマホを操作する人

LINEMOは、ソフトバンク回線に対応しており、通信速度が安定している点もメリットとして挙げられます。

サービス利用者の速度結果が分かる「みんなのネット回線速度(みんそく)」の結果を参考にすると、LINEMO・ソフトバンク・Y!mobileの平均下り速度は以下の通りです。

LINEMO※1 81.15Mbps
ソフトバンク※2 127.46Mbps
Y!mobile※3 64.69Mbps

※ 2022年6月時点

みんそくによると、ソフトバンクが最も通信速度が速い結果が出ていますが、Y!mobileよりもLINEMOの方が速度が速いという結果が出ています。

なお、YouTubeを視聴する場合に推奨される通信速度※1は、HD 1080pが5Mbps4Kが20Mbpsなので、LINEMOの通信速度であれば動画を快適に視聴できるでしょう。

通信速度は、利用する場所や時間帯によって変動するので注意が必要です。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
注釈・出典
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
※1 システム要件 – YouTube ヘルプ
出典:みんなのネット回線速度

LINEMOへ乗り換える際の注意点

LINEMOへ乗り換える際の注意点
  • 申し込みはオンラインのみ
  • ソフトバンクやY!mobileの乗り換えは利用できないキャンペーンがある
  • スマホが購入できない
  • 自宅セット割が適用できなくなる

申し込みはオンラインのみ

スマホを利用する手

LINEMOはオンライン専用のプランなので、申し込みはオンラインのみです。

 申し込み時の問い合わせも電話やメールではなく、基本的にチャットでの問い合わせのみ対応しています。

なお、チャットサポートは公式サイトまたはLINEアプリから利用可能で、質問したい内容を選択する形です。

申し込み後のキャンセルや盗難・紛失による回線停止手続きなど、一部のケースでは電話サポートが利用できます。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

ソフトバンクやY!mobileの乗り換えは利用できないキャンペーンがある

コインに乗るフィギュア

LINEMOでは、他社の携帯電話会社からの乗り換えがお得になるキャンペーンを実施しています。

 ただし一部のキャンペーンでは、ソフトバンクやY!mobileからの乗り換えだと適用されない可能性があることには注意が必要です。

例えば、乗り換え時にPayPayポイントが還元されるキャンペーンは、ソフトバンク・Y!mobileからの乗り換え時に適用できません。

ソフトバンクやY!mobileからの乗り換えでも利用できる特典もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

スマホが購入できない

iPhoneの画面

LINEMOでは、スマホ端末の販売を行なっていないことも注意したいポイントの1つと言えます。

 LINEMOで使うスマホを機種変更する際には、他の携帯会社やメーカーから端末の購入が必要です。

また、端末の購入時にはLINEMOで動作確認が済んでいるか確認することも忘れないようにしましょう。

eSIMを利用したい場合は、eSIMに対応したスマホ端末を購入してくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

おうち割が適用できなくなる

Wi-Fiの電波

ソフトバンク・Y!mobileからの乗り換える場合は、おうち割が適用できなくなるので注意しましょう。

 おうち割は、スマホとネット・でんきなどのサービスをセット利用することで、スマホ利用料がお得になる割引サービスです。

例えば、ソフトバンク光とソフトバンクのスマホをセットで利用している人が、LINEMOへ乗り換えると、おうち割が適用されません。

申し込みをする前に、LINEMOに乗り換えると料金がお得になるのか、利用中のスマホ料金と比較することがおすすめです。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOへ乗り換えるベストなタイミングは?

契約書にサインする人

他社からLINEMOへ乗り換えるタイミングは、月末から1週間程度前での申し込みがおすすめです。

基本的に大手キャリア・格安SIMでは解約月の料金が日割りにならないことが多いため、月末から1週間程度前に申し込むと費用を抑えやすいでしょう。

 月末ギリギリに申し込むと、解約のタイミングが翌月にずれ込んでしまう可能性もあるので、ある程度は余裕を持って申し込むことが重要です。

また、ソフトバンク・Y!mobile以外の携帯電話会社からの乗り換えはMNP予約番号の取得も必要です。月末から1週間程度前に申し込むのであれば、それより前にMNP予約番号を発行しておきましょう。

LINEMOの初月の料金は、利用日数による日割りで計算されます。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

LINEMOで乗り換え時に利用できるキャンペーン

ミニプラン基本料最大8ヶ月間実質無料キャンペーン

月間3GBのミニプランを新しい番号での契約または他社から乗り換えて申し込むと、最大8ヶ月間実質無料で利用できるキャンペーンを実施しています。

 ソフトバンク・Y!mobile・LINEモバイルからの申し込みはキャンペーンの対象外です。

キャンペーンを適用すれば、ミニプランの月額基本料である990円相当のPayPayポイントが最大8ヶ月毎月付与されるので、8ヶ月間実質無料で利用できます。

開通月が含まれる月の翌々月から、PayPayポイントの付与がスタートします。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※ 終了日未定
出典:ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン –  LINEMO

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

PayPayポイントキャンペーン

月間20GBのスマホプランへの申し込みでも、PayPayポイントを受け取れるキャンペーンを実施中で、他社からの乗り換えは10,000円相当・新しい番号での契約は3,000円相当がそれぞれプレゼントされます。

 ミニプラン半年間実質無料キャンペーン同様、ソフトバンク・Y!mobileからの申し込みは対象外です。

また、開通日が含まれる月から4ヶ月後まで同じプランを継続利用することが条件となっていることも注意したいポイントでしょう。

PayPayポイントは、開通月が含まれる月から5ヶ月後の上旬に付与予定です。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※ 終了日未定
出典:PayPayポイントあげちゃうキャンペーン – LINEMO

通話オプション割引キャンペーン

通話オプション割引キャンペーン

LINEMOには2つの通話オプションがあり、LINEMO契約から1年後まで毎月550円の割引が受けられます。

 月額550円の「通話準定額」は1回5分の国内通話がかけ放題で、月額1,650円の「通話定額」は国内通話がかけ放題のオプション内容です。

このキャンペーンでは、通話オプションが1年後(契約月を含む13ヶ月間)まで毎月550円割り引かれるので、「通話準定額」は1年間無料で利用できます。

音声通話をよく利用するという人は、キャンペーンを活用することがおすすめです。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料

※ 終了日未定
※ 記載されている金額はすべて税込価格です。
出典:通話オプション割引キャンペーン – LINEMO

LINEMOに匹敵!おすすめ格安SIM3選

LINEMOへの乗り換え手順など解説してきました。ここかからは、ソフトバンクから乗り換えるのにおすすめな格安SIM3選をご紹介します。

楽天モバイル
mineo
UQモバイル
楽天モバイルロゴ
mineoロゴ
uqモバイルロゴ
月額料金
10/31まで
実質0円〜
660円(税込)〜
990円(税込)〜
月間データ容量
1GB〜
1GB〜
3GB〜
最大通信速度
非公開
下り172Mbps
※Sプランの場合
下り150Mbps
※端末によっては225Mbps
使用回線
楽天、ドコモ、au
ドコモ、au、
ソフトバンク
au
キャンペーン
申し込みで
最大24,000
ポイント還元中!
通話オプション月額料金が
1年間割引
SIMのみ契約&対象オプション加入で最大15,000円相当還元
口座振替
テザリング

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • データ無制限で月額3,278円(税込)
  • 1GBまで実質無料!※2022年10月31日まで
  • 専用アプリを使えば国内通話かけ放題が無料
  • 今なら!通話オプション月額1,100円(税込)が3ヶ月無料
  • スマホ端末が実質1円〜購入できる
  • 2022年7月1日〜キャリアメールサービス開始
  • iPhone SE(第3世代)iPhone 13シリーズが購入できる

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクと同様に、自社の回線をもつ新しい携帯キャリアです。

料金プランは、使わないとどんどん安くなるワンプランで、他の携帯キャリアに比べると料金が手頃で格安SIM並と話題になっています。

 楽天モバイルはどれだけ使っても最大月3,278円(税込)と、月額料金がお得なのが最大の魅力です。

さらに、楽天市場のお買い物が最大16倍になる会員特典や、貯まったポイントで楽天モバイルの料金が支払えるなど、ポイント還元のメリットが多いのも特徴です。

iPhoneなどの端末を購入する際も「iPhoneアップグレードプログラム」という、iPhone代を最大24ヶ月分支払わなくて済むプログラムを利用できます。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

iPhoneの端末価格だけでなく、スマホ端末代が最大19,000円相当お得になるキャンペーンなど、お得なキャンペーンが多いのも魅力の1つです。

 iPhoneやスマホだけでなく、初めて楽天モバイルに申し込んだ方は、ポケットWi-Fiの端末代がなんと実質0円とお得です。

楽天モバイルオリジナルのスマホなら実質1円で購入できますよ。

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

月額料金
(税込)

1GBまで:実質0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限:3,278円

使用回線 楽天
通信容量 -
速度制限時の最大速度 パートナー回線エリア内:1Mbps(国内)
購入できる端末
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ 
  • Rakuten Hand 他

申し込みで最大24,000円相当還元!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • データ使い放題が月660円(税込)〜
  • 乗り換えの際にSIMロック解除の必要なし!
  • ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応!好きな回線を選べる
  • 提携店舗は全国200店以上

mineoは、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMです。2021年「オリコン顧客満足度調査」の格安SIM部門において、第1位を受賞しています。

mineoの特徴は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの回線に対応しており、乗り換えの際のSIMロックの解除が不要なこと。SIMカードを入れ替えればすぐに使えます。

 2022年9月からは、月額660円(税込)で最大300Kbpsの通信速度でデータ無制限+音声通話つきのプランが登場しました。

専用通話アプリ不要のかけ放題プランも1年間月額料金が割引されるキャンペーンとも併用可能です。

データ無制限をお得に使いたい方はmineoがおすすめです。
ちなみにmineoの半数以上のユーザーは、iPhoneシリーズを利用しているそうです。iPhoneユーザーでも安心して乗り換えることができるでしょう。

データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

月額料金
(税込)

【データ通信のみの料金】

  • 1GB:880円
  • 5GB:1,265円
  • 100GB:1,705円
  • 20GB:1,925円

【マイそくプラン】

  • スタンダード:990円
    ※最大1.5Mdpsで無制限
  • プレミアム:2,200円
    ※最大3Mbpsで無制限
  • ライト:660円
    ※最大3Mbpsで無制限
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
通信容量 1GB〜無制限
速度制限時の最大速度 200Kbps
購入できる端末
  • iPhone 13
  • iPhone 12
  • Xperia 10 Ⅳ  他

データ無制限が月額660円!
mineo
通話オプションもお得

mineo

mineo受賞一覧

※公式サイトより

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 3GBが月額990円(税込)〜
  • 速度制限時でも最大1Mbpsで通信できる
  • 余ったデータは翌月へ繰り越しできる
  • auの回線で通信速度が安定!5GBも使える
  • 口座振替での支払可能!クレジットカードがなくてもOK
  • 店舗数が多くサポートが充実!全国2,700店舗
  • SIMのみの契約&最大13ヶ月無料の増量オプションⅡに加入で最大15,000円相当還元

UQモバイルは、auのサブブランドです。回線もauのものを利用しているため、通信速度が速く安定していると評判です。

2021年お客様満足度1位を獲得しており、以下の項目で最高評価でした。

  • 通信品質
  • サービスメニュー
  • 手続き・サポート対応
  • 提供端末

UQモバイルは通信速度だけでなく、余ったデータは翌月に繰り越せるなど、プランも充実しています。

データ容量の繰り越しとは

他にも、節約モードが利用でき、SNSやネット検索などどれだけ使ってもデータ消費がゼロになります。切り替えが簡単なのも嬉しいポイントです。

 また今なら、データ容量を毎月最大+5GB増やせる「データ増量オプションⅡ」550円(税込)/月が13ヶ月無料のキャンペーンも実施しています。

データ容量が足りるか不安な方におすすめなオプションです。

全国2,700店舗以上で対面サポートを受けられるのも安心できるポイントですね。

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大15,000円相当還元

月額料金
(税込)
  • くりこしプランS+5G:1,628円
  • くりこしプランM+5G:2,728円
  • くりこしプランL+5G:3,828円
使用回線 au
通信容量
  • くりこしプランS+5G:3GB
  • くりこしプランM+5G:15GB
  • くりこしプランL+5G:25GB
速度制限時の最大速度
  • くりこしプランS+5G:300Kbps
  • くりこしプランM+5G:1Mbps
  • くりこしプランL+5G:1Mbps
購入できる端末
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • Xperia 10 Ⅳ SOG07  他

公式サイトで詳細をみる⇒
UQモバイル
最大15,000円相当還元

※:2022年7月31日まで

※:J.D.パワー2021年携帯電話サービス顧客満足調査・バリューキャリア部門No.1

まとめ

今回は、ソフトバンクや他社回線からLINEMOへ乗り換える方法を解説しました。

大まかな乗り換え手順は同じですが、ソフトバンクと他社回線から乗り換える方法は少し異なるので注意しましょう。

また、LINEMOは定期的にお得なキャンペーンを実施しているので、乗り換え時には活用することがおすすめです。

お得に使える通信サービスへ乗り換えたい方は、LINEMOを検討してみてくださいね。
公式サイトで詳細をみる⇒
LINEMO
月額990円が実質無料
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事