スマホを安く買う方法7選!コスパのいいキャンペーンを併せて紹介
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

今回は、スマホを安く買う方法について紹介します。

docomo・auなどの大手キャリアでコスパ良くスマホを買う方法や、格安SIMを使ったスマホを安く買う方法も紹介するので、最安値で購入したい人はぜひ参考にしてみてください。

スマホの機種代を安くしたいなら!
ソフトバンク「Web割」機種代金が最大21,984円割引されるキャンペーン

docomo「5G WELCOME割」5G対応の機種購入で機種代金が11,000円(税込)〜55,000円(税込)割引

ポイント付与がお得!
楽天モバイル「iPhoneトク得乗り換え!」最大24,000円相当分ポイント還元

最新機種のiPhone15を安く買いたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
【最新iPhone 15シリーズ】
お得に買う方法
iPhoneを買うならキャリアのオンラインショップがおすすめ。分割払い支払いサポートや乗り換えキャンペーンの利用で実質負担額が半額程度に抑えられます。

Pro/ProMax/Plus楽天モバイル最安
  端末分割払い+MNPキャンペーン利用

iPhone15(128GB)最安はahamo/ドコモ
  25ヶ月目で端末返却&MNP乗り換え契約
   13ヶ月目に返却するならソフトバンクが最安12円


横スクロールできます>>
-楽天モバイルドコモ・ahamoソフトバンクau
iPhone 15 Pro
128GB
76,336 97,020 79,176 77,705 
iPhone 15 Pro Max
128GB
93,384 119,460 102,496 100,360 
iPhone 15
128GB
53,880 31,570 40,320
13ヶ月目に返却:12円※
32,740 
iPhone 15 Plus
128GB
61,392 85,580 67,056 63,790 
2/21〜iPhone値下げ
rakuten
公式サイトはこちら
2年間支払額最安
ahamo
公式サイトはこちら
iPhone15最安12円
softbank
公式サイトはこちら
オンライン割引
au
公式サイトはこちら
注釈
端末分割払い・MNP乗り換えキャンペーン適用
25ヶ月目に端末返却した時の実質負担額一覧
・楽天モバイル:48回払い「買い替え超トクプログラム・iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」適用時。
・au:24回払い「スマホとくするプログラム」「au Online Shop お得割 」を適用。他社乗り換えの場合。
・ドコモ:24回払い「いつでもカエドキプログラム」「5G WELCOME割」を適用。オンラインショップ価格。
・ソフトバンク:48回払い「新トクするサポート」「オンライン限定 web割」適用。
※ソフトバンク iPhone 15(128GB)については、「新トクするサポート(バリュー)」を適用。48回払いで13ヶ月目に返却した場合の金額。また、MNP乗り換えした際の金額は「オンラインショップ割」21,984円割引を併用した際の金額。
※2024年4月1日時点の情報です。最新の情報については公式サイトをご確認ください。
au Online Shop
4月のスマホキャンペーン!
au online shop機種変更で対象スマホ
最大11,000円相当還元!

【対象スマホ】
Galaxy Z Flip5
Galaxy Z Fold5
Xiaomi 13T
TORQUE 5G
Galaxy S23 Ultra
Google Pixel 8

割引前
(Galaxy Z Flip5が11,000円相当
還元の場合)
割引後
179,900円実質168,900円
さらにスマホトクするプログラム併用で
実質90,200円

ハイスペックスマホが安い
au online shopで
機種変更する

※2024年4月2日時点の情報です

※以下の3つを満たすことが適用条件(1)機種変更で対象機種をご購入(2)直近のご購入機種を12カ月目以上ご利用(3)対象の「料金プラン」および「故障紛失サポート(有料)」に新たにご加入、または継続してご加入

※au Online Shopスペシャルセール:5,500円相当
au PAY 残高還元/5G機種変更おトク割:5,500円割引

※最新の情報については必ず公式サイトご確認ください


 

当コンテンツはスマモバが管理しており、ユーザーの選択をサポートすることを目的に運営されています。本コンテンツで紹介している商品・サービスは全て総務省の登録電気通信事業者届出電気通信事業者として許可を得ています。なお、紹介する商品の一部には広告を含みますがユーザーの利益を第一に考え客観的な視点で商品を評価しています。収益を得ることで一部の商品に優劣をつけることはありません。商品の評価は消費者庁景品表示法比較広告に関する景品表示法上の考え方)に則り、月額料金、通信速度、など公式サイトの情報・ユーザーの口コミや評判を元に点数化しています。詳しくは広告ポリシーコンテンツポリシーをご覧ください。
【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
一般社団法人日本インタラクティブ広告協会が定める「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン
景品表示法に基づく「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」の指定及び「『一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示』の運用基準(いわゆる「ステレスマーケティング規制」)」

スマホを安く買う方法7選

そもそも、iPhoneなどのスマホはどこで購入できるのでしょうか。主な購入場所は、以下の6つが挙げられます。

おすすめ順に紹介していきますので参考にしてみてください。

おすすめの
買い方

ランキング
メリット
デメリット
👑1位👑
公式
オンライン
ショップ
(キャリア)
ショップに行かなくていい
待ち時間0分
オンライン限定のキャンペーンがある
スタッフのサポートを受けられない
2位
キャリア
直営店
スタッフのサポートが受けられる
実端末を触れる
待ち時間がある場合がある
端末の頭金がかかることもある
3位
格安SIM
家からオンラインで購入できる
待ち時間0分
端末セットキャンペーンが
 実施されている場合がある
最新スマホの取り扱いが少なめ
4位
家電量販店
キャリア関係なく
 いろんな機種が触れる
独自キャンペーンを
 行なっていることがある
契約したいプランの
 取り扱いがない場合がある

アフターフォローは期待できない
5位
中古スマホ
販売店
様々な端末が安く買える
購入前に状態を確認できる
別途でSIM契約が必要
故障時の保証がない
6位
通販サイト

通販サイトのポイントが使える
プランと同時契約できない
アフターフォローがない

7位
フリマアプリ
場合によっては破格で購入できる
写真と商品状態が異なる場合がある
個人間のトラブルに注意

1. 公式オンラインショップ

オンラインショップ割

各携帯キャリア会社や格安SIM会社が運営する公式のオンラインショップでは、スマホの購入が可能です。近年では、オンラインで手続きが完結できるものも増えています。

 オンラインショップなら、待ち時間ゼロ。24時間申し込みを受け付けているので、時間を気にせずじっくりプランを選ぶことができます。

キャリア会社によっては、事務手数料など諸費用を抑えることもできます。

わからないことがあれば、基本チャットサポートを利用できます。チャットサポートは、疑問点をいつでも気軽に聞けるのがメリットです。

2. キャリア直営店(携帯ショップ)

スマホの購入場所として最も想像しやすいのが、キャリア直営店(携帯ショップ)ではないでしょうか。その他の場所での購入方法が分からず、「とりあえず...」と購入する方も多いですよね。

キャリア直営店(携帯ショップ)なら、自社の携帯・プランのみを取り扱っており、専門の知識が豊富で信頼できる情報が多いため安心です。

携帯購入後も、困ったことがあれば窓口となって相談に乗ってくれますよ。
 ただしキャリア直営店(携帯ショップ)では、スマホの購入時に頭金が必要になるなど諸費用がかかる場合があります。

また、多くの人が利用することから、待ち時間が長くなることもあります。

3.格安SIM

格安SIMと言われるUQモバイルやY!mobileなどでも、スマホの端末を購入できます。

最新のiPhone 14シリーズは発売していないですが、iPhone 13シリーズなどは、mineoやUQモバイルなどでも購入できます。

なお、格安SIMとセットで申し込むことで端末価格が安くなるキャンペーン端末セールなどを実施しているので要チェックです。

LINEMOなど、一部の格安SIMでは端末を購入できない場合もあるので注意しましょう。

4. 家電量販店

多くの電化製品を取り扱う家電量販店でも、スマホの購入が可能です。家電量販店では、スマホ・iPhone独自のキャンペーンが用意されていることがあります。

携帯ショップなどよりも低価格で購入できることもあります。

家電量販店なら大手キャリアの他に格安スマホの取り扱いもあり、他社の製品と比較しながら検討することができます。

 しかし、購入時に契約必須のプランがあったり、全てのプランが用意されていない店舗もあります。また、販売がメインのためアフターフォローは非対応の場合が多いです。

5.中古スマホ販売店

中古スマホは最新機種の取り扱いがあることも多く、商品の状態を見た上で購入を判断できるため安価かつ安心な購入方法でしょう。

 ほとんどの中古端末販売店で赤ロム保証がされており、前の所有者が端末代を未払いのままでネットワーク制限がかかっていた場合は、端末を交換してもらえます。

ただ、使い込まれていた端末の場合、その分使用できる期間は短くなります。新品で購入した方がかえってお得だったということにならないよう、使用期間も気にするようにしましょう。

使用期間が長い中古スマホはバッテリーの持ちも良くないことが多いです。

6.通販サイト

楽天市場やAmazonなど普段よく使っている通販サイトがあれば利用するのも手でしょう。

 買い物で貯まったポイントを端末購入に利用でき、且つ購入時にはさらにポイントが貯まるのでポイントがたくさんある方はお得感があるのではないでしょうか。

端末を購入するだけなら便利ですが、利用するためには別途でSIMとの契約が必要です。また、購入した端末が契約先のキャリア・格安SIMで動作確認を取れているかも確認しなければなりません。

直接手に取って試せないのもデメリットといえます。

7.フリマアプリ

とにかく安くスマホを購入したい方はフリマアプリを利用している方もいるのではないでしょうか。交渉によっては破格で購入できる場合もあるでしょう。

 しかし個人間のトラブルや、掲載していた写真より状態が悪いケースも。必ずしも満足できる取引になるとは思わない方が賢明です。

キャンペーンを使えば、キャリアの公式オンラインショップや格安SIM経由で安く買うことも十分可能です。本記事で紹介しているキャンペーンを適用すれば、キャリア経由でも24円(税込)から破格で最新スマホが手に入りますよ。

フリマアプリで購入する前には、SIMロック解除されているかの確認も必要です。

大手キャリアでスマホを安く買う方法

では本題の、ドコモ(docomo)・au・ソフトバンク・楽天モバイルの大手キャリアで、スマホを安く買う方法をご紹介します。

楽天モバイルから紹介していきますよ。

楽天モバイルでスマホを安く買う方法

楽天モバイル

楽天モバイルでは、スマホを安く買うためのキャンペーンやプログラムが豊富に用意されています。

この3つの方法がおすすめ!
  • 「スマホトク得乗り換え」を利用する
  • 「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を利用する
  • 「iPhoneトク得乗り換え!」を利用する

回線のみでもOK!「スマホトク得乗り換え!」を利用する

楽天モバイル トク得乗り換えキャンペーン

キャンペーン適用の手順
  1. 楽天モバイル対応製品を確認
  2. 楽天モバイルへ申し込む
  3. プラン利用開始※お申し込みの翌月末日の23:59まで
  4. Rakuten Linkアプリから発信で10秒以上通話

楽天モバイルの「スマホトク得乗り換え!」では、手持ちのiPhoneなどで他社から楽天回線に乗り換えて利用開始すると、最大12,000円相当の楽天ポイントが還元されます。

 回線のみの申し込みでも、最大2,000円分相当のポイントが還元されます。

例えば、製品価格が33,800円(税込)のOPPO A79 5Gを購入する場合、製品価格最大12,000円値引きが受けられるので、実質21,800円(税込)で購入することができます。

なお、このキャンペーンの対象となる主な端末は以下の通りです。

端末本体価格キャンペーン適用後の実質価格
OPPO A79 5G33,800円21,800円
AQUOS sense863,800円51,800円
Xperia 5 V152,400円140,400円
Galaxy S23147,700円135,700円
AQUOS sense744,000 円
1月17日より
値下げ
32,000円
Galaxy Z Flip499,000円87,000円
Redmi Note 11 Pro 5G38,280円26,280円

※:価格は全て税込みです。

新規契約でも8,000ポイントが還元されます。
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

【キャンペーン期間】終了日未定

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を利用する

「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」とは、iPhoneの本体代が最大24回分支払い不要になるオプションサービスです。乗り換え・機種変更いずれの場合でも、申し込みが可能です。

楽天モバイル アップグレード

本体代の支払いに「48回払い」を選択することで、24回分払ったらお好きなタイミングで最新のiPhoneに機種変更が可能です。

このプログラムは、最新のiPhone 15シリーズの購入する場合でも適用されます。

iPhoneの本体代が実質半額になります!
乗り換えで最大32,000円相当おトク!
楽天モバイル
iPhone本体代が最安値

「iPhoneトク得乗り換え!」を利用する

楽天モバイル

楽天モバイルの「iPhoneトク得乗り換え!」なら、iPhone 15シリーズ、iPhone 14シリーズ、iPhone 13シリーズ、iPhone SE(第3世代)いずれかを購入すると、最大32,000円相当分ポイント還元もしくは割引されます。

最大32,000円相当分ポイントを獲得する手順は、以下の3ステップです。
キャンペーン適用の手順
  1. 楽天モバイルに申し込む+対象商品を購入
  2. 買い替え超トクプログラムを利用する
  3. 対象iPhoneを下取りに出す

 ただし、「iPhoneトク得乗り換え!」は解説した「iPhoneアップグレードプログラム」との併用が不可です。「iPhoneアップグレードプログラム」を適用した場合は12,000ポイント還元となります。

2パターンでiPhone 15シリーズを購入したときの実質負担額を以下の比較表に算出してみました。

iPhoneトク得
乗り換え!
iPhoneアップグレード
プログラム
iPhone 15
128GB
99,800円53,880円
iPhone 15
Plus
128GB
114,80061,392円
iPhone 15
Pro
256GB
142,700円75,336円
iPhone 15
Pro Max
256GB
178,800円93,384円
※:価格は全て税込みです。
比較した結果、「iPhoneアップグレードプログラム」の方が最大で半額程度安くなることが分かりました。
 ただし、上記の価格で「iPhoneアップグレードプログラム」を適用する場合は、25ヶ月目に端末を返却する条件があります。
機種変更でまた端末料金がかかるため、長い時間端末を利用したい方は「iPhoneトク得乗り換え!」の方がお得感を感じられるでしょう。

ドコモ(docomo)でスマホを安く買う方法

この3つの方法がおすすめ!
  • 「いつでもカエドキプログラム」を利用する
  • 「5G WELCOME割」を利用する
  • docomo Certified(ドコモ認定リユース品)を購入する

「いつでもカエドキプログラム」を利用する

ドコモ カエドキ

「いつでもカエドキプログラム」は、ドコモで購入する対応機種を24回払いで支払い、端末を返却することで支払い総額を抑えることができるプログラムです。

 ドコモの回線契約がなくても加入・利用することができるため、格安SIMとの併用などにより、月々の料金をさらにお得にすることができます。

例えば、10万円の端末を、24回分=5万円支払ったタイミングで端末を返却することで残りの5万円の支払いが不要になります。

ドコモ プログラム

最新機種に関心があり定期的に機種変更したい方や、最新の機種を低価格で利用したい方は検討してみてください。

スマホを乗り換える頻度が高い人に特におすすめです。

「5G WELCOME割」を利用する

「5G WELCOME割」は、5G対応の機種購入で機種代金が9,900円(税込)〜44,000円(税込)割引されます。

 5G対応の機種は比較的新しいものが多く、最新の機種を低価格で購入できる割引サービスです。

割引の対象機種にはiPhoneやGalaxy・Xperiaなどの人気端末がラインナップされています。iPhone 15(128GB)は44,000円割引されます。

他の割引特典との併用もできます。

5G WELCOME割の主な対象機種は以下の通りです。なお下記金額は、他社からドコモへ乗り換え(MNP)で対象機種を購入した場合の割引額です。

端末割引額
iPhone 15
(128GB)
44,000円
iPhone 14 Pro Max
(128GB)
22,000円
iPhone 13
(256GB/512GB)
22,000円
Google Pixel 822,000円
Xperia 5 IV22,000円

※:価格は全て税込みです。

docomo Certified(ドコモ認定リユース品)を購入する

docomo Certified(ドコモ認定リユース品)とは、ドコモの公式オンラインショップで購入可能な、厳しい検査基準をクリアした高品質なリユース品(中古品)です。
全ての製品に画面や本体の割れ・欠けが無く、製品の状態によってランクが三段階に分かれています。

商品の受取りから30日間の故障は郵送で無償交換できるため安心です。
低価格で購入したい方は要チェックです。
最大12回分の支払いが不要!
ドコモの
公式サイトへ

auでスマホを安く買う方法

この3つの方法がおすすめ!
  • 「スマホトクするプログラム」を利用する
  • 「au Online Shopお得割」を利用する
  • au Certifiedを購入する
  • UQモバイル→au移行プログラム
  • 使い放題MAX 5G ALL STAR パック

※2024年3月7日時点の情報です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

「スマホトクするプログラム」を利用する

au スマホとくする

auの「スマホトクするプログラム」は、24回払いで購入した機種代金のうち、最終回の支払い分が不要となる割引プログラムです。

 購入したスマホを25ヶ月目にauに返却することによって、適用されます。

例えば、96,600円の端末を購入した場合、最終回の支払金額は38,640円です。この金額は25ヶ月目に端末を返却すれば支払い不要

支払いが必要なのは、残りの57,960円のみ。2〜24ヶ月の間に分割で支払えば良いので、月額2,415円を支払えばOKです。

au iPhone

この割引プログラムは最新のiPhone 15シリーズにも適用することができますよ。

対象機種購入で最大22,000円割引
auの
公式サイトはこちら

「au Online Shopお得割」を利用する

au キャンペーン

「au Online Shopお得割」は、au Online Shopで対象の機種を購入すると、機種代金が最大22,000円(税込)が割引されます。

iPhoneやGalaxy、AQUOS、Xperiaなどの幅広い機種が対象です。

最新のiPhone 15も割引対象ですよ。
上記で解説した「スマホトクするプログラム」との併用も可能。2つの割引を併用した場合のiPhone 15シリーズの実質負担額は以下の通りです。

※表は横にスライドできます。価格は税込表示です。

 iPhone 15iPhone 15
Plus
iPhone 15
Pro
iPhone 15
Pro Max
128GB32,740円〜63,790円〜77,705円〜-
256GB65,630円〜74,830円〜90,930円〜100,360円〜
512GB85,985円〜95,415円〜109,560円〜119,105円〜
1TB128,420円〜137,850円

au Certifiedを購入する

「au Certified」とは、KDDIの下取りプログラムやアップグレードプログラムなどで回収したauスマートフォンをリユースした製品です。

また、さらに厳しい基準をクリアした「au Certified Premium」もラインナップされており、中古品に不安がある方も安心です。

購入と同時にオプションサービス「故障紛失サポート」にも加入できます。

全ての商品が、専門の業者による厳しい検査を通っており、さらに専用ソフトによるデータ消去で完全初期化が完了しています。

対象機種購入で最大22,000円割引
auの
公式サイトはこちら

UQモバイル→au移行プログラム

現在UQモバイルの利用者であれば、auへの乗り換えで月額2,288円(税込)〜でスマホを利用することができます。

 データ利用量が3GB以下だとさらに1,650円割引となります。

また、auに乗り換えるだけでも2,640円(税込)の割引が適用され、加えて支払い時にau PAYカード利用すると110円(税込)割り引かれるので毎月2,760円(税込)の割引が1年間適用されます。

対象プランは”使い放題MAX 4G/5G”と”auマネ活プラン”です。
対象機種購入で最大22,000円割引
auの
公式サイトはこちら

世界データ定額

世界データ定額

世界データ定額とは、世界160カ国以上の国や地域で使えるau/UQ mobile/povo1.0の海外データ定額サービスです。

 Wi-Fiルーターなどは不要で、ご利用のスマホをそのまま海外でも利用することができます。

日本国内で事前予約すると490円/24時間(早割キャンペーン対象外の国・地域だと690円/24時間)、事前予約しない場合は980円/24時間で利用できます。

旅行が趣味な方や、海外でも気軽にスマホを利用したい方におすすめです。

音声通話、テレビ電話、SMS等は別途追加料金がかかるため、注意が必要です。

ソフトバンクでスマホを安く買う方法

この3つの方法がおすすめ!
  • オンライン限定の「オンラインショップ割」を利用する
  • 「新トクするサポート」を利用する
  • SoftBank Certified(認定中古品)を購入する

オンライン限定の「オンラインショップ割」を利用する

オンラインショップ割

「オンラインショップ割」は、機種代金が最大21,984円割引されるキャンペーンです。

 最新のiPhone15シリーズや Google Pixelも対象で、SoftBank Certified(認定中古品)の購入時にも適用可能です。

機種ごとに割引額が異なるため、詳しくはソフトバンク公式オンラインショップをご参照ください。

iPhoneやAQUOS、Xperiaなど人気の端末も対象です。

※2022年6月15日(水)より、一括または24回割賦での購入時にも適用されます。

ソフトバンクの公式サイトはこちら

「新トクするサポート」を利用する

「新トクするサポート」は、支払いの途中で購入した端末を返却すことで機種代金をお得にできるキャンペーンです。

48回割賦で毎月の支払額を抑え、25ヶ月目以降に端末を返却することでそれ以降の支払いは不要になります。

ソフトバンク トクするサポート

iPadやApple Watchなどのデバイスも対象となります。

なお、オンラインショップ割申し込みかつ「新トクするサポート」が適用された場合の、安く買えるスマホを一部ご紹介します。※

端末本体価格キャンペーン適用後の
実質負担額
iPhone 15 Pro
128GB
185,760円79,176円
iPhone 14 Pro
128GB
173,520円31,776円
iPhone SE3
64GB
73,440円24円
Google Pixel 894,320円24円

※:価格は全て税込みです。
※:終了日未定

対象のスマホが、半額程度の実質負担額で購入できます。なかには上記のように超破格の最新機種もあるため購入して損はないでしょう。

SoftBank Certified(認定中古品)を購入する

ソフトバンク 中古

SoftBank Certified(認定中古品)は、ソフトバンクの公式オンラインショップで購入可能なソフトバンク認定中古品iPhoneです。

乗り換えユーザーなら、web割適用時にはiPhoneの本体代が480円〜購入できます。

適用可能なキャンペーンを検討することで、さらにお得に購入できます!
公式サイトには、SoftBank Certifiedのサンプル画像も掲載されているため、オンラインショップでの購入でも製品の状態がわかりやすくなっています。
iPhone15 支払い額最安!
ソフトバンク
公式サイトへ

格安SIMでスマホを安く買う方法

格安SIMといえばスマホ端末に入っているSIMカードをイメージしますが、実はUQモバイルY!mobileなどの格安SIM会社では、スマホ端末を購入することが可能です。

 格安SIMとスマホ端末をセットで購入することで、割引が適用されたり、キャッシュバックを受けられる可能性もあります。

スマホを安く買いたいなら、格安SIM会社で売っているスマホもチェクしてみましょう。

格安SIMでスマホを安く買う方法
  • 格安SIMのキャンペーンを利用する
  • 持っているスマホを下取りに出す
  • 中古のスマホ端末を購入する
スマホを安く買いたいなら!
おすすめ
格安SIM6選

1. 格安SIMのキャンペーンを利用する

格安SIMでは、スマホが安く購入できるキャンペーンを数多く実施しています。

 例えばUQモバイルは、最大10,000円相当が還元されるキャンペーンを実施中。Y!mobileならPayPayポイント10,000円相当プレゼントなど、各ブランドによって様々です(2024年4月現在)。

キャンペーン内容や機種によっては、スマホ端末を実質1円程度で購入できることもあり、スマホをできるだけ安く購入したいという人には最適なキャンペーンでしょう。

キャンペーンには終了時期や適用条件などを満たさないと利用できない場合もあるので、注意しましょう。
スマホを安く買いたいなら!
キャンペーンを実施中の
おすすめ格安SIM6選

2. 持っているスマホを下取りに出す

格安SIMによっては、今まで使っていたスマホの下取りをしてくれるところもあります。

 また、docomo・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでも、スマホの下取りプログラムはあります。

持っているスマホを下取りに出すことで、新たに購入するスマホ端末が割引されたり、ポイント還元などが受けられます。

下取りできる機種や割引額などは会社によって異なるので、比較しでみましょう。
スマホを安く買いたいなら!
キャンペーンを実施中の
おすすめ格安SIM6選

3. 中古のスマホ端末を購入する

一部の格安SIMでは、中古のスマホが購入可能です。中古の端末を購入することで、お得にスマホを買い替えることができます。

中古と言っても、動作がきちんと動くかなどの確認が取れている状態の良い端末を取り扱っている場合が多く、日常での使用には問題ないでしょう。

中古端末は個体によって状態が異なるので、購入前にしっかり確認しておきましょう。

スマホを安く買う注意点4選

適用条件がある

スマホが安く購入できる端末割引キャンペーンはあらゆるキャリアや格安SIMで行われています。割引額が1番大きい会社から購入しようとしている方も多いのではないでしょうか。

 しかし、多くの端末割引キャンペーンには適用条件があります。条件を確認せずに安いからといって購入しようとすると、かえって損をする可能性もあります。

基本的には、「他社からの乗り換えおよび、対象プラン・オプションへの申し込み」といった内容が多いため、乗り換えのタイミングで機種を買い換えるのがおすすめです。

期間や実際支払う価格とは異なる"実質価格"にも気をつけましょう。

プログラムの返還時期をチェックしておく

大手4キャリアで対象端末を購入すると、サポートプログラムを適用できることがあります。名称はキャリアによって異なり、「いつでもカエドキプログラム」「スマホトクするプログラム」などと呼ばれています。

 支払い回数に応じて特定の期間にスマホを返還することで、約半額程度までコストダウンできるメリットがある一方、返還を忘れてしまうと全額を支払わなければなりません。
また、残価設定型と半額免除型で微妙に支払い方法や構造が異なるため、ある程度の理解は必要になります。

プログラムは他社に乗り換え後も適用され続けます。
スマホを安く買いたいなら!
キャンペーンを実施中の
おすすめ格安SIM6選

すぐに売り切れる可能性がある

年末年始やブラックフライデーなどの期間限定で、1円スマホなどの通常のキャンペーンよりさらにお得な端末割引キャンペーンが行われることがあります。

 割引額が高いキャンペーンはその分注目度が高く、すぐに売り切れることも。検討している間に終わってしまったなんてこともあり得るでしょう。

機種変更を検討している方は、普段から欲しいスマホをチェックしておいたり実際に店頭で使用感を確認するなど、事前にチェックしておくとスマートですよ。

サポートプログラムとキャンペーンは基本的に併用できます。

欲しい機能があるか事前に確認する

端末の購入前には、普段どんな機能を多用しているか、どれくらいの容量が必要か思い浮かべておくことをおすすめします。

 どれだけお得な端末キャンペーンをやっていても、自分に合った端末でなければ後で後悔することになるかもしれません。

「データ容量/バッテリー容量/カメラ画素数/生体認証の種類/耐久性」は最低限確認しておくといいでしょう。各情報は端末ページのスペック情報から確認ができます。

ゲームをよくする人はCPUなどの処理能力の高さを意識して選びましょう。
スマホを安く買いたいなら!
キャンペーンを実施中の
おすすめ格安SIM6選

スマホを安く買うのにおすすめな格安SIM5選

格安SIM

おすすめ
mineoUQモバイルY!mobileIIJmioBIGLOBE
モバイル
mineoUQモバイルロゴy!mobileロゴIIJmioロゴBIGLOBEモバイルロゴ
月3GBあたりの
月額料金(税込)
250円/

最大32Kbpsで無制限
1,078円/4GB1,078円/4GB1,850円/2GB
音声通話機能付SIM
1,320円/3GB
月20GBあたりの
月額料金(税込)
2,178円/20GB

音声通話機能付SIM
3,278円/20GB2,178円/20GB2,000円/20GB
音声通話機能付SIM
5,720円/20GB
下り平均
通信速度


中速
45.8Mbps


高速
77.4Mbps


超高速
107.2Mbps


高速
53.0Mbps


中速
17.02Mbps
速度制限後の
最大通信速度

200kbps

1Mbps

1Mbps

300kbps

200kbps
データ容量
1GB〜

4GB〜

4GB〜

2GB〜

1GB〜
回線
ドコモ/au/ソフトバンク

au

ソフトバンク

ドコモ/au

ドコモ/au
主なキャンペーンmineo×モバライフ
事務手数料無料
キャンペーン※
SIMのみ契約&
オプション加入で
最大10,000円相当還元
乗り換えで
最大10,000円相当
PayPayポイント
プレゼント
通話定額オプションが
6ヶ月間90円(税込)〜

-
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
当サイトに掲載しているランキングは、格安SIM各社の公式サイトの情報や当サイト独自のアンケート調査結果、公的機関の情報をもとに算出しております。詳細は別ページのランキングの根拠をご確認ください。

mineo

mineo

mineoのおすすめポイント
  • データ使い放題&音声付SIMが月額660円(税込)※1
  • iPhone14が購入可能!
  • ドコモ・au・ソフトバンクの端末がそのまま使える
  • 携帯番号そのまま他社から乗り換え可能
  • 月額330円(税込)のお試しプランあり!

mineoでは、mineoユーザー同士で余ったデータ容量をシェアできたり、月1GBまで分けてもらえるなど嬉しいサービスがあります。

料金プランは、データ通信のみの「シングルタイプ」と、音声通話とデータ通信の「デュアルタイプ」の2つ。データ通信のみなら1GBが月880円(税込)〜利用できます。

 2022年9月からは、最大300Kbpsの通信速度でデータ使い放題の「マイそくライト」が登場。月額660円(税込)〜使えます。

動画視聴やダウンロードなどが少なく、テキストメインの通信が多い方におすすめのプランです。

また、格安SIMではまだ取り扱いが少ない、iPhone14の購入も可能です。全量取り扱いしています。

mineoでは、ドコモ/au/ソフトバンクの回線を選べるのも嬉しいポイントです。
mineo×モバライフ
事務手数料無料キャンペーン

モバライフ指定リンクからmineoに新規申し込みの場合のみ、契約事務手数料が無料になります。

3,300円分トクしたい方は、下記ボタンからの申し込みがおすすめです♪
キャンペーン期間:2022年7月1日〜終了日未定
お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外
月額料金(税込)
※データ通信のみ
1GB:880円
5GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
通信回線ドコモ/au/ソフトバンク
購入できる端末の例iPhone 14/iPhone 13/iPhone SE(第3世代)/AQUOS sense8/OPPO A79 5Gなど
主なキャンペーン20GBが最大6ヶ月間990円(税込)
支払い方法クレジットカード

UQモバイル

uqモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • eSIM単体の契約&オプション加入で最大10,000円相当のauPAY残高還元
  • 4GBが月額1,078円(税込)〜
  • iPhone13・iPhone SE(第3世代)が購入可能

UQモバイルはauのサブブランドであり、au回線を利用できる格安SIMです。

auで購入したスマホであれば、原則SIMロック解除不要なため、auスマホから乗り換えの方に特におすすめの格安SIMです。

 比較的新しい機種のiPhone13やiPhone SE(第3世代)も販売しており、64GBが48,935円(税込)〜購入できます。

また、UQモバイルでは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

通信速度を300Kbpsにする節約モードがあり、データ残量に合わせて、自分で切り替えられるのでデータ容量をコントロールでるのも魅力です。

トクトク/コミコミプランでは、速度制限がかかっても最大1Mbpsで通信できますよ。
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

月額料金(税込)ミニミニプラン:2,365円
トクトクプラン:3,465円
コミコミプラン:3,278円
通信回線au
購入できる端末の例iPhone 13/iPhone SE(第3世代)/Xperia 10 Ⅴなど
主なキャンペーン最大10,000円相当のauPAY残高還元
支払い方法クレジットカード/インターネットバンキング/コンビニエンスストア
最大10,000円相当還元
UQモバイル
公式サイトはこちら

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileの特徴
  • 4GBが月1,078円(税込)〜
  • 最大10,000円相当のPayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • オンラインストア限定スマホセール実施中!
  • 余ったデータは翌月末まで繰り越しできる
  • 半年間無料で月々のデータを増量

「Y!mobile」はソフトバンク回線の格安SIMで、余ったデータは翌月末まで繰り越しできる3つのプランが特徴です。

家族で加入すると2回線目以降は月額1,188円(税込)割引されるので、家族での利用にもおすすめです。

月額料金(税込)シンプル2S(4GB):2,365円
シンプル2M(20GB):2,178円
シンプル2L(30GB):3,278円
通信回線ソフトバンク
購入できる端末の例iPhone SE(第3世代)/iPhone 13/Google Pixel 7a/AQUOS wish3 など
主なキャンペーン
※終了日未定
  • オンラインストア限定スマホセール
  • データ増量オプション:半年間無料
支払い方法クレジットカード/口座振替
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

【スマホがお得に買える特典】下取りプログラム

ワイモバイル 下取り

「下取りプログラム」は、これまで使っていた機種を下取りして機種に応じて特典を付与するプログラムです。

終了日未定で、PayPayポイントの付与か購入する機種の代金割引のどちらかを選択することができます。

下取り対象の端末はiPhoneやGalaxy、Xperia、AQUOSなどで、最大100,200円相当まで還元されます。
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店

Y!mobile公式サイトより

IIJmio

IIJmio

IIJmioの特徴
  • 他社からの乗り換えでスマホが110円(税込)〜
  • 音声SIM2ギガ+5分かけ放題が最大6ヶ月間月額500円(税込)
  • 大容量プランが最大3ヶ月間5GB増量
  • 新品から中古まで幅広い端末
  • ドコモとauの2つの回線から選べる

「IIJmio」は、豊富な料金プランが特徴の格安SIMで、データ通信のみのプランなど利用用途に合わせて選ぶことができます。

また、一部端末では状態の比較的良い中古品も取り扱っているので、端末をお得に購入したいという人におすすめです。

シェアNo. 1記念キャンペーン

シェアNo.1記念キャンペーン IIJmio

IIJmioでは、音声プランに限り月額料金割引キャンペーンを行っており、最大6ヶ月間お得にIIJmioを利用できます。例えば2ギガプランに5分のかけ放題オプションをつけると850円割引の500円(税込)になります。

 同時に大容量プランではデータ増量も行っており、30〜50GBで申し込むと最大3ヶ月間+5GB増量。さらに月額料金は半額になりますよ!

また、乗り換え時に対象端末を購入すると最安で110円(税込)から購入可能。5,000万画素で防水機能も搭載されたスマホがこの価格で買えるのはなかなかないことでしょう。

2年縛りや解約金もないため気軽に乗り換えができますね!
通話オプションが月90円〜
IIJmio
公式サイトはこちら
月額料金(税込)
※音声プランの場合
2ギガプラン:858円
4ギガプラン:1,078円
8ギガプラン:1,518円
15ギガプラン:1,848円
20ギガプラン:2,068円
通信回線ドコモ/au
購入できる端末の例iPhone 13/iPhone SE3/OPPO A79 5G/AQUOS wish3 など
主なキャンペーン
  • 音声SIM限定で月額料金最大6ヶ月間割引
  • データ増量キャンペーン
支払い方法クレジットカード
通話オプションが月90円〜
IIJmio
公式サイトはこちら

IIJmio公式サイトより

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの特徴

家族割で、2回線目以降は全プランが毎月200円割引

  • エンタメフリー・オプションが最大2ヶ月無料
  • ドコモとauの選べる2つの回線

「BIGLOBEモバイル」は、ドコモとauの2つの回線から選べる格安SIMで、家族割で2回線目の全プランを毎月200円割引で利用することができます。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションは月額308円からYouTube など対象の動画や音楽サービスがデータ消費ゼロで利用できるオプションです。

月額料金(税込)
※音声通話プランの場合
【プランS(1ギガ)】
1年目:1,078円
それ以降:858円
【プランR(3ギガ)】
1年目:1,320円
それ以降:1,100円
【プランM(6ギガ)】
1年目:1,870円
それ以降:1,650
通信回線ドコモ/au
購入できる端末の例iPhone SE(第3世代)/AQUOS sense8/Redmi 12 5G など
主なキャンペーンエンタメフリー・オプション最大2ヶ月無料
支払い方法クレジットカード/口座振替

BIGLOBEモバイル公式サイトより

1円スマホ・2円スマホは販売されてる?

スマホを安く購入したい方にとって魅力的なのが1円から購入できる破格のスマホ。家電量販店や格安SIMでたまに販売されているのを見かけることもあるのではないでしょうか。

新品で機能性も十分なのにも関わらず、ほぼ0円で購入できるのは驚きますよね。2024年4月現在、1円スマホはどこで発売しているのかまとめてみました。

2023年11月から1円スマホの規制が開始

消費者にとっては残念なニュースですが、1円スマホの販売に関する規制が2023年11月から開始されました。

 総務省が発表した「モバイル市場競争促進プラン」によると、1円スマホが独占禁止法でタブーとされている不正な取引方法の不当廉売にあたる可能性があるとされています。

2024年4月現在、まだ1円スマホが完全に廃止されたわけではありませんが、今後は徐々に廃止となる可能性が高いでしょう。

1円スマホの購入を検討している方がいたら、オンラインショップや家電量販店にて1円スマホを見かけたタイミングでの購入をおすすめします。

2024年4月現在、1円スマホはどこで売ってる?

2024年4月時点で販売されている1円スマホを取り扱っている格安SIMは以下です。乗り換え・新規契約・機種変更によって金額が変わることもあるため、必ず公式サイトでも併せて確認しましょう。

UQモバイル

  • Redmi 12 5G
  • arrows We
LIBMO

  • OPPO A77
  • moto g13

とくにarrows Weは操作しやすいシンプルさが魅力。キッズスマホやスマホ初心者用としてもおすすめです。

購入を検討している方は在庫が売り切れる前に早めに購入しておきましょう。

安く買えるおすすめの型落ちスマホ3選

安い型落ちスマホ
  • iPhone SE(第3世代)
  • Galaxy A23
  • AQUOS sense7

iPhone SE(第3世代)/Apple

iPhone SE(第3世代)

「iPhone SE(第3世代)」は、2022円3月に発売されたApple社の手がけるiPhoneシリーズの低価格なモデルです。低価格ながらも高い性能が特徴のスマホです。

iPhoneシリーズは10万円を超える機種が多いなか、iPhone SE(第3世代)は6万円程度で購入可能です。

指紋認証や耐水性能も備えており、普段使いで利用する分には十分な性能を備えています。多くのキャリアや格安SIMで取り扱っている点もメリットです。

端末価格(税込)62,800円〜
容量64GB/128GB
カラーホワイト/ブラック/(PRODUCT)RED 
画面サイズ4.7インチ
バッテリービデオ再生:最大15時間
オーディオ再生:最大50時間
その他の特徴Touch ID(指紋認証)
耐水(推進1メートルで最大30分間)
iPhone SE3を購入できるのはこちら

iPhone SE公式サイトより

Galaxy A23/SAMSUNG

Galaxy A23 5G

「Galaxy A23」は2022年11月に発売されて5G通信に対応したスマホで、5.8インチの大画面とわかりやすいUIで初めてのスマホにもおすすめです。

4,000mAhの大容量バッテリーでこまめに充電する必要がありません。

カメラは、約5,000万画素のレンズを搭載。旅行先や日々の思い出を美しく残します。

さらに位置情報通知や緊急時にSOSを送れる「みまもり機能」も。キッズスマホとしても向いていますね。

端末価格(税込)25,800円
容量64GB
カラーブラック/レッド/ホワイト
画面サイズ5.8インチ
バッテリー4,000mAh
その他の特徴約5,000万画素カメラ
防水・防塵

Galaxy A23公式サイトより

AQUOS sense7/SHARP

AQUOS sense7

「AQUOS sense7」は、2023年1月に発売されたスマホです。4,570mAhの大容量バッテリー且つ、アイドリングストップ機能が消費電量を最小限に留めます。

高性能CPUも搭載していて、前年に発売されたAQUOS sense6と比べると処理性能が約2倍向上しています。

広角と、5,030万画素の標準レンズの2つのカメラや顔認証センサー、防水機能などの機能も搭載されていて、低価格で必要な機能が揃っているスマホです。

端末価格(税込)
※公式オンラインストアより
48,950円
容量128GB
カラーライトカッパー/ブラック/ブルー
画面サイズ約6.1インチ
バッテリー4,570mAh
その他の特徴顔認証・指紋センサー
防水・防塵

AQUOS sense7公式サイトより

スマホを安く買う方法に関するよくある質問

docomoでスマホを安く買う方法は?
「いつでもカエドキプログラム」では48回払いのスマホを24回払いで返却することで25回目以降の支払いが不要です。

「5G WELCOME割」では5G対応機種を最大44,000円(税込)割引で購入できます。

auでスマホを安く買う方法は?

「au Online Shop お得割」は新規契約、他社から乗りかえで対象端末を購入すると最大22,000円割引になるキャンペーンです。

ソフトバンクでスマホを安く買う方法は?
「オンラインショップ割」は、機種代金が最大21,984円割引されます。

「新トクするサポート」は、48回割賦で購入したスマホを25ヶ月目以降に返却し、以降の支払いは不要になるサポートです。

格安SIMでスマホを安く購入する方法は?

月額料金割引やポイント還元などのキャンペーンを利用することでスマホを安く買えます。

他にも使っていたスマホの下取りや中古品を購入するという手段もあります。

SIMフリーのスマホを安く買う方法は?
SIMフリーのスマホは、Apple Storeや格安SIMなどで購入できます。また、2021年10月以降、楽天モバイル・ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでもSIMロックが廃止され、SIMフリーのスマホが購入できるようになりました。

各キャリアの割引プログラムなどを活用すると、SIMフリーのスマホがお得に購入できます。

スマホの購入方法は?
格安SIMは各メーカーの公式ストアや家電量販店、格安SIMなどで購入できます。

格安SIMを使っている場合は、動作確認ができているか確認しておきましょう。

スマホを選ぶポイントは?
まずは予算を設定してその範囲内で選びましょう。一括りにスマホと言っても10万円以上価格に差があります。

また、どのキャリアを利用するかも大切なポイントです。安く利用したい人は格安SIMがおすすめです。

まとめ

今回はスマホを安く買う方法について紹介しました。

大手キャリアや格安SIMでさまざまなキャンペーンを実施しています。キャンペーンを上手に使い、自分に合った端末やキャリアを選びましょう。

今回紹介したスマホ端末や格安SIMを参考に、ピッタリのスマホを見つけてください。
PayPayユーザーにおすすめ
Y!mobile
最大10,000円相当還元
端末購入がお得オンラインショップ yahoo店
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
・ポケット型WiFi/モバイルルーターの記事において、ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ソフトバンク社が販売・提供するモバイルWiFiルーターの登録商標(商品名)になります。
おすすめの記事